『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

いつもお世話になっています。実は、公売についてなのですが、知り合いの土地が市から公売通知をうけました。その理由は、固定資産税の滞納によるものでした。この事を知ったのは、最近なのですがその滞納した人間は

退院をしたのですが、足を悪くなってしまい、はって動くしかありませんでした。その事もあり、退院後、妻が税金の支払いを代わりに払っていたらしいです。平成14年から支払いをはじめていたのですが、妻の方も体が丈夫ではなく、支払いの方が、市役所が税金を請求したらば、今手元にある金額を支払うスタイルをとっていたみたいです。しかし、妻の方が眼の病気が進行して、全然物や人が見れない状態になってしまいました。それにプラスして、何年か前から、持っていた、心の病気もあり、うつ病になっていました。

そんな折、市役所が納税者の家にきて、公売予告通知を持ってきたらしいです。その時に、たまたま別居していた娘がきており、初めて、滞納の現状をしらされて、何月に公売されると言うことを知りました。その後、娘は、市役所に行って、どうにか公売をやめて欲しいと行ったらしいです。

現在延滞金が結構ついており、固定資産(100万)と国民健康保険など溜まってる税金は、総額で200万近くになります。もし取り下げて欲しいのならば、今月までに半分払ったら取り下げるといわれたそうです。

しかし、娘も突然公売ということを知らされて、急には集めることはできず、集めても30万弱しかない状態らしいです。しかし、今後は、父と娘が二人で月々支払いをしていくといっています。ここで、一つ問題なのが、公売で差し抑えをしたのが、土地3ヶ所だそうです。しかし、土地一つ3千万以上です。2ヶ所は隣同士なのでわかるのですが、どう考えても、差し押さえすぎではないでしょうか?どの場所も道路にも面しています。

市役所の言い分は、妻の方が売ってもいいと言ったので、他の場所も公売することにしたとか言っていたらしいです。しかし、妻は、眼が悪いことも市役所に毎回言っていたらしいし、病気が進行していて、前回の公売予告もわからずまともに判断できない状態で、売るともはっきり言っていなかったらしいんです。また、納税者(夫)には市役所は、公売のことも言わずに、妻の判断だけで、してしまったらしいです。

夫は、判断能力もあります。市役所の言い分は、妻にも半分の権利があるからといって、勝手に手続きをしたらしいです。(名義はすべて夫です)こちらにも非はありますが、言ってもいなく、まともに判断できない人間の発言ですし・・不服申し立てや解決策なありますでしょうか?
宜しくお願いしま

A 回答 (3件)

 税金の滞納に対する差押処分には所有者等の同意は不要です。

ですから本人や妻が承諾した/しないというのは問題になりません。
 超過差押ではないかという疑念はあります。土地3ヶ所の内訳がわからないと何ともいえませんが、もしその中に本人が住んでいる土地があるのでしたら「他の土地を公売にかければ充分回収できるので、ここは解除してほしい」とお願いすることは可能だと思います。
 なお異議申し立て先やその方法については、差押通知文書に記載してあるはずです。また納付誓約をすることで差押が解除されることもあります(あくまで誓約の内容と市役所の対応次第ですが)。このときポイントとなるのは、「今後どのように滞納額を圧縮していくのか」という具体的な方法を提示することです。たちまち30万円を納めることはできるようですが、その後は毎月いくらずつ納められるのか、その結果どれぐらいで滞納をなくすことができるのか説明できないと、市役所も他の市民との兼ね合いから首を縦にふってはくれないと思います。

 公売にかかると意外と安く買い叩かれます。差押が解除されたら、思い切って土地の幾つかを売ってしまうのもいいかもしれません。
    • good
    • 0

ざっと拝見したところでは、土地所有者の承諾を得ていない点、および回収に必要な額をはるかに超える土地を手続に乗せようとしている点で、市役所の対応に違法性が見出せるものと思います。



したがって、異議申立てをなさってもよいものと思います。

異議申立ての前に専門家へご相談なさることも、ご検討ください。
    • good
    • 0

まとめると、



父、足が悪く這ってでないと歩けない
母、目が悪い、うつ病

とりあえず障害者認定を受けてください。
固定資産税は減免されませんが、その他の税金に減免措置があります。

さて、解決策は金目のものが無ければ土地を売却するしかありません。
「差し押さえすぎではないでしょうか?」とのことですが、
”売れるかどうかも分からない土地”なのですからいくら差し押さえても良いのです。
差し押さえられた=市の物になった。という訳ではありませんから。
余ったお金も当然返ってきます。

母親の発言が「錯誤」であったことは、申し立てれば認められると思いますが
滞納問題とは話が別です。
土地にこだわりが無ければ、公売に任せてしまったほうが一番の解決策かと思われます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング