教えてください。
イラレで2色(特色+スミ)のデータを作りました。写真や地図はグレースケールにして、2色変換しました。
他のプロセスカラーが使われていないか確認するために、PDF化⇒アドバンスド⇒出力プレビューで見ると、プロセスを使ってしまっています。
担当者曰く、不透明設定がされていると、2色で作っても後ろに他のプロセスカラーが混ざりこんでしまうため、結果4色になってしまう、というようなことを言われました。
どのようにしたら2色のデータを作れるのでしょうか?不透明設定の調整はどのようにしたらよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>不透明設定がされていると、2色で作っても後ろに他のプロセスカラーが混ざりこんでしまうため、結果4色になってしまう、というようなことを言われました。



それは無いと思いますよ。2色で作る前提で制作に入っているんだから、不透明設定がされているオブジェクトも当然、色がつくのなら2色のうちどちらかが付くはずです。どこかにプロセスがついているわけですね。それがどこなのかを調べれば解決します。

調べ方はウィンドウ>ドキュメント設定>オブジェクトを選んで、オブジェクトを、それぞれ選択していけばプロセスにオブジェクト数が表示されているオブジェクトが出てきます。それがプロセスになっているオブジェクトです。

>PDF化⇒アドバンスド⇒出力プレビューで見ると、プロセスを使ってしまっています。

わざわざPDF化しなくてもイラストレーターに機能がついていますし、オブジェクトの特定もできます。入稿時には必ず使用する機能ですよ。
    • good
    • 0

最終的に印刷会社で印刷するものとしてお答えします。


特色+スミの2色分解の場合、特色をプロセスカラーの中のシアンまたはマゼンタに置き換えて版を作ります。(デザインします)
※イメージしているデザインとは色調が違ってしまいますから、クライアントに見せる場合は特色を使って別にデザインする必要があるでしょう。

イラストレータのベースデザインは、スミとマゼンタのみ使って、他の色を指定しないように気を付けて制作します。
写真や地図のフルカラーのものは、フォトショップを使って2色分解版を作ります。グレースケールでダブルトーンにしてはいけません。
4色にしてから、イメージ→色調補正→チャンネルミキサーでマゼンタとスミの2版にだけデータがあるように作ります。作り方は出力チャンネルのタブでシアンを選び0%にし、次ぎにイエローを選び同じく0%にしこの2つのチャンネルには一切色が残らないようにします。これでマゼンタとスミの2版の掛け合わせが出来ていると思います。しかし2版を抜いたわけですから写真は薄っぺらな調子になっています。今度はタブのマゼンタ版を選びイエローを少し足してやり、スミ版を選びシアンを少し足してやります。足す割合は写真の調子を見るなど少し経験と試行錯誤が必要でしょう。
写真は.epsで保存し、イラストレータに配置します。

これで、完全にマゼンタとスミ2色の版ができました。マゼンタ版を指定の特色で印刷するように、印刷会社に間違いなく指示して出来上がります。

私の環境はフォトショップ5、イラストレーター8でかなり古いですから、基本は変わっていないと思いますが操作方法は違うかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4色使用のイラストレーターのデータを簡単に2色にする方法は?

CMYKの4色を使用したイラストレーターのデータがあるのですが、
このデータを二色刷りで使用する必要があります。

そこで、CとKのみを使用したいと思うのですが、
簡単にMとYを削除する方法はないでしょうか?

フォトショップですと、
MとYのチャンネルを削除することで
簡単にCとKだけにすることができますが、
イラストレーターではどのようにすればよいのでしょうか?

アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

イラストレータCS2で、CMYKの4色データのMYを削除してCKの2色にするには、

色変更したいオブジェクトを選択します。
メニューバーの「フィルタ」→カラー「カラー調整」で表示されるダイアログで、マゼンタ(M)とイエロー(Y)のスライダを左へ動かなくなるまでドラッグしてください。
このとき、「プレビュー」にチェックを入れておくと、効果の適用が目で見てわかるので便利です。
塗りと線が単色の塗りであるなら、この方法でOKです。

ただし、CS2までは、グラデーションやパターンの色変更はできないという制限があります。
グラデーションやパターンを地道に変更していくのが、イラスト資源の再利用という目的には無難ですが、時間がないときや作業が困難なときは、オブジェクトの分割・拡張をします。
オブジェクトの分割・拡張をすると、グラデーションは単色の塗りの集合体に、パターンは通常のイラストレータオブジェクトに変換されます。
この状態で「カラー調整」をかけると、色変換されます。
ただし、ものによってはかなり複雑なオブジェクトになるので、出力エラーにご注意を。

複雑化したグラデーションやパターンは、メニューバーの「オブジェクト」から「ラスタライズ」でビットマップ化します。
リンクパレットで埋め込み画像が増えていることをご確認ください。
効果メニューのラスタライズでは、見た目の効果だけで、データ的には画像にはなりません。

ちなみにCS3では、
「編集」→「カラー調整」→「カラーバランス調整」で同じ作業ができますが、こちらはパターンやグラデーションまで、一発変換で色変換してくれます。
CS2からCS3のバージョンアップで、一番うれしかった機能です。
ライブカラーの影に隠れて、あまり話題にもなりませんでしたが、地味にグッジョブな進化でした。

イラストレータCS2で、CMYKの4色データのMYを削除してCKの2色にするには、

色変更したいオブジェクトを選択します。
メニューバーの「フィルタ」→カラー「カラー調整」で表示されるダイアログで、マゼンタ(M)とイエロー(Y)のスライダを左へ動かなくなるまでドラッグしてください。
このとき、「プレビュー」にチェックを入れておくと、効果の適用が目で見てわかるので便利です。
塗りと線が単色の塗りであるなら、この方法でOKです。

ただし、CS2までは、グラデーションやパターンの色変更はできないとい...続きを読む

Q2色(DIC124+ブラック)印刷の入稿データ作りについてお伺いしたい

2色(DIC124+ブラック)印刷の入稿データ作りについてお伺いしたいのですが。

2色の経験がほとんどなく、ご経験のある方にご教授お願いいたします。

以前、2色(DIC124+ブラック)で入稿したのですが
その時は、イラストレーターで写真はなく、文字だけアミは使用せずベタのみで掛け合わせないものを作成入稿しました。
その時は、イラストレーター上でDIC124を作りました。
(※DIC124+ブラックは指定色です。ちなみにDIC124は少し赤みのある黄色です。)

今回は、
1.イラストレーター上で(DIC124+ブラック)アミや掛け合わせをしたいと思っています。
2.フォトショップ(CS4)上でカラー写真(DIC124+ブラック)をアミや掛け合わせをしたいと思っています。
それぞれの入稿データはどのように作成し、入稿、保存形式などどのようにしたら良いのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

返答有り難うございました。

恐らく、Y版に特色指定をするのが嫌がられる要因は(印刷会社によってスクリーン角度が違いますが、)Y版は他の版(CMK)と干渉しやすい15度振りになっている事が多く、目立たないイエローから特色に刷り色を置き換えた際にモアレが発生しやすいという点ではないでしょうか?
ただ、通常と同じスクリーン角度を用いなくてもRIP時に印刷屋の方で網角度を変更する事もできますし、各版のスクリーン角度を(0,45度や30,60度に)指定する事も可能なはずです。


私なりに特色、作業時注意する点(恐い箇所)を挙げておきます。

・(指示ミス・勘違いにより)刷り版を取り違える
 それを防ぐ為にも完成イメージの出力紙やDICのカラーチップを添付する。
・分版をミスしてしまい、オブジェクトが印刷されない(関係ない版にデータがあったり)
・顧客や自分が思っていたイメージと印刷結果が合わない(本機校正や立ち会い、顧客への十分な説明が必要)
・意図しない特色乗せ部分のオーバープリント(部分的に色が変になっている、墨版の下を抜きたいときは下に白いオブジェクトを置いておくのが堅い)
・前回と同じ特色で刷っているのに刷り順を変えたら色が変わった。(印刷屋変えた時も注意)
・前回と同じ特色で刷っているのに紙を変えたら色が変わった。
・スポットカラーに対してドロップシャドウや乗算等の透明効果を使ってしまいとんでもないデータになった(特色に透明効果は使わない)
・ダブルトーンのプロセスインキの表記名のバグ?(シアンはcyanにリネーム)
http://kb2.adobe.com/jp/cps/236/236096.html

あと、ダブルトーンは1チャンネルしか持てず、トーンカーブの変更で色味を変更するぐらいしかできません。(2版・3版としてもチャンネルは1つ)
オーバープリントを有効にしてイラレ上で複数ファイルを重ねて...と言う方法はあまりお奨めしません。

グレースケールに新規スポットカラーチャンネル(DIC124)を追加したpsdデータが使えれば一番楽なのですが、下版時に問題無いか事前にテストデータを印刷屋に渡して検証しておいた方が良いでしょう。(PDFにしてしまえば関係ないのかも知れませんが)

昔から使われているのはCMYKの各版に特色インクを割り振り、下版時に特色指示する方法です。安定かなぁ..と思い今回、奨めさせていただいたのですが…υ

それでは、下阪する印刷屋の推奨する方法で、(印刷屋と十分にコミュニケーションを取って)十分に気をつけて作業して下さい。

黒×DIC124なら掛け合わせなら、頑張れば金メタリックとかも再現できそうですね
頑張って下さい。

返答有り難うございました。

恐らく、Y版に特色指定をするのが嫌がられる要因は(印刷会社によってスクリーン角度が違いますが、)Y版は他の版(CMK)と干渉しやすい15度振りになっている事が多く、目立たないイエローから特色に刷り色を置き換えた際にモアレが発生しやすいという点ではないでしょうか?
ただ、通常と同じスクリーン角度を用いなくてもRIP時に印刷屋の方で網角度を変更する事もできますし、各版のスクリーン角度を(0,45度や30,60度に)指定する事も可能なはずです。


私なりに特色、作業時注意する...続きを読む

Q特色の一括変換方法につきまして

イラストレータで特色2色のチラシを作成していましたが、
急遽、特色の指定色変更の必要が生じました。
この場合、DICナンバーを変更することで一括して変更することは可能でしょうか?

今の私の作業では特色(DIC○○○)の100%色を選択して色を変換すると、
同じ100%部分は選択できているのですがその同色の80%、60%・・・などは選択できません。
それぞれの色を個別で変えなければならず、さらに線と面とでも別々の作業が必要となり、とても作業工数が多くなってしまいそうです。
もし上記作業を一括で変換できる方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
イラストレータのバージョンはCCを使用しております。
何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Illustrator CS5.1 15.1.0

DIC100 を DIC117 に変更を例に

1 まず変更したいDIC117をDICカラーガイドからスウォッチリストに登録します
2 登録したDIC117をダブルクリックしてスウォッチオプションを出し
  グレーアウトしてますが C0, M90, Y93, K0 数値を控えます。
3 数値を控えたらDIC117をスウォッチリストから削除します。

4 変更するスウォッチリストにある「DIC100」のスウォッチオプションを出し
  カラーモードを「CMYK」にして控えておいた
  DIC117の数値「C0, M90, Y93, K0 」に書き換えます。
  この段階でプレビューにチェックが入って入れば、ドキュメントの色も置き換えがみられます。
  名前もDIC100 → DIC117に変更して
  カラーモードはCMYKのまま(スウォッチにするともどってしまう)「OK」を押します。

5 スウォッチリストが「DIC117」になっているか確認
6 スウォッチオプションでカラーモードがスウォッチに変わっているか確認
7 スウォッチリストの未使用項目を選択での確認
8 分版プレビューや分版でプリント等で確認

ほかにもやり方あるでしょうが、一例です。

Illustrator CS5.1 15.1.0

DIC100 を DIC117 に変更を例に

1 まず変更したいDIC117をDICカラーガイドからスウォッチリストに登録します
2 登録したDIC117をダブルクリックしてスウォッチオプションを出し
  グレーアウトしてますが C0, M90, Y93, K0 数値を控えます。
3 数値を控えたらDIC117をスウォッチリストから削除します。

4 変更するスウォッチリストにある「DIC100」のスウォッチオプションを出し
  カラーモードを「CMYK」にして控えておいた
  DIC117の数値「C0, M90, Y93, K0 」に書...続きを読む

QPhotoshopで2色分解の方法

Photoshopで2色分解の方法を
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
まず、2色分解とダブルトーンは違うものです。
ダブルトーンはグレースケールに2色以上のインキを使用して深みを持たせるものです。

Photoshopでの2色分解ですが、
1.イメージ→モード→CMYKカラーに変更。
2.描画色を白にする。
3.チャンネルパレットを開いてシアン、イエローチャンネルをAlt+Delキーで白に塗りつぶす。
これですでに満足できるなら完成です。
チャンネルごとに分解する必要があるならチャンネルパレットの横にある矢印から「チャンネルの分割」をすればOKです。

思っていたような色が出ていないならマゼンダ、ブラックともにトーンカーブでそれぞれ変えて調整してみては。

いやいや、まだ満足できない、C版、Y版が飛んでしまうのでその階調もM版、K版に生かしたいというなら、
最初に白で塗りつぶす前に、
イメージ→演算から、第1元画像のチャンネルをブラックorマゼンダに、第2元画像のチャンネルをシアンorイエローにして
乗算してみてはどうでしょう?
もちろん不透明度を調整する必要があります。
演算ダイアログにある「生成」は「新規ファイル」を選択した方がわかりやすいと思います。
その演算で出来た新規ファイルをコピーして、演算の時に第1元画像に設定したチャンネル
(ブラックorマゼンダ)にペーストし、シアン、イエローチャンネルを非表示にして様子を見る。
ダメなら演算をやり直したり、さらに違うチャンネルをためしてもよいかもしれません。
OKならシアン、イエローチャンネルを白で塗りつぶせば完成です。
思ったような作品に仕上がるといいですね。

こんにちは、
まず、2色分解とダブルトーンは違うものです。
ダブルトーンはグレースケールに2色以上のインキを使用して深みを持たせるものです。

Photoshopでの2色分解ですが、
1.イメージ→モード→CMYKカラーに変更。
2.描画色を白にする。
3.チャンネルパレットを開いてシアン、イエローチャンネルをAlt+Delキーで白に塗りつぶす。
これですでに満足できるなら完成です。
チャンネルごとに分解する必要があるならチャンネルパレットの横にある矢印から「チャンネルの分割」をすればOKです。

思...続きを読む

Qイラストレーターで2色刷りの原稿を作る?

当方、MacOSX、イラストレーター10.0、フォトショップ7.0を使用しています。イラストレーターで原稿を作り、印刷会社に印刷してもらおうと作業しています。

黒とマゼンタ、など、2色刷りの原稿をフォトショップとイラストレーターで作成しようとしているのですが、黒一色、フルカラーとは勝手が違い、手順が皆目見当つかず・・・・

素人くさい質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

ちなみに、http://homepage2.nifty.com/kay/McPLW/Mr2C/のソフトを使ってみたのですが、イラレ10.0には対応していないみたいで。苦戦しています。

Aベストアンサー

本印刷用ならIllustratorはCMYKモードのままで2色印刷できます。

要は色をKとMだけで作ればいいのです。
もしマゼンタを金赤などに変えたければ、色見本をつけて印刷するときマゼンタ版にその色のインクを使ってもらいます。
印刷発注する時、印刷所にそのむねちゃんと伝えてください。

PhotoShopの場合、カラー画像のチャンネルからCとYを削除すれば同様になりますが、この場合wwaさんのイメージ通りの色になるかどうかは分かりません。
ちょっとハイテクニックが要求されますので、
文章では説明しにくいのです。
マニュアル誌などで2色分解とかダブルトーン画像の作り方などを参照してください。
その方法によっては、Illustratorの使用色もPhotoShopで使った色と合わせる必要もでてきます。

入稿前に印刷所にwwaさんの意向を伝えて、難しい処理は印刷所にお任せするほうがいいかもしれません。

ちなみに私も民生用のフラットベットスキャナですが、これでスキャンした画像はアタリ用としてしか使わず、印刷所で専用スキャナでスキャンし直してもらっています。

本印刷用ならIllustratorはCMYKモードのままで2色印刷できます。

要は色をKとMだけで作ればいいのです。
もしマゼンタを金赤などに変えたければ、色見本をつけて印刷するときマゼンタ版にその色のインクを使ってもらいます。
印刷発注する時、印刷所にそのむねちゃんと伝えてください。

PhotoShopの場合、カラー画像のチャンネルからCとYを削除すれば同様になりますが、この場合wwaさんのイメージ通りの色になるかどうかは分かりません。
ちょっとハイテクニックが要求されますので、
文章では説明しに...続きを読む

QDTP 2色刷りでのデータ入稿方法について

書籍のDTP制作を行っております。

今回、2色刷りの紙面制作を依頼されたのですが、
下記のような入稿指示がありました。

●入稿データは、プロセスのCとKで分けて頂き、
 印刷時にはDICなどで色指定してください。

知識不足で私には、どういう形式でデータを入れればよいかが分かりません。
アドバイスをお願いしたいと思います。
よろしくお願いいたします。

制作はInDesgin CS2を使用し、InDesgin CS2で書き出したPDFファイルを入稿しています。

Aベストアンサー

使用したい色がプロセスカラーCMYKのうちの2色なのでしたら、そのままその2色を使って作成します。(残りの2色は使わない。)
データ入稿もその色のままでOK。

もしKとスポットカラー(特色)1色の組み合わせなら、それで作成しデータ入稿の際にスポットカラーをCなどに変換し先方にDIC指定をすればOKです。KとCの2版が作成されますがCは指定した特色で印刷されます。

さらに2色ともスポットカラーの場合も同様にそのまま作成し、データ入稿の際にスポットカラーをCMYKのどれか2色に変換し先方に2色のDIC指定をします。

※逆にCMYKで作成しておいて校正用をスポットカラーに変えてプリントアウトする方法もありますが、作成中のイメージ確認がむずかしいと思います。

Q2色刷り書籍のデータの作り方を教えて下さい

フリーでデザインやDTP等の仕事をしています。
この度2色刷り(2色はKとMです。)の書籍の仕事を頂きました。
しかし、大変お恥ずかしい話ですが、書籍はCMYK入稿の経験しか無く、
2色の入稿の経験がありません。
表紙はカラーですので心配ありませんが、
中の本文には、illustratorの図やphotoshopの図がところどころ入ります。

その図と本文をindesignで組んでいきますが、
indesign、illustrator、photoshopの各々の
データは色に関してどのように作成すれば良いか教えて頂けると幸いです。

また、4色のphotoshopepsデータを2色に改変するには
1度グレースケールにしてダブルトーン2版にという方法をとってみましたが、どうしても色が汚くなってしまうため別の方法がありましたらこれに関しても教えて頂けると大変助かります。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すでにご存じかもしれませんが、基本的に知っておくべきことを書きます。

印刷は、C・M・Y・Kの版ごとに印刷機を通します。
つまり、4色フルカラーの本を作るということは、4回印刷機を通すということです。
当然ながら、2色の本を作るときは、2回印刷機を通します。

したがって、先行回答者がいうとおり、イラレでもフォトショでもインデザでも、
KとMしか使ってはいけないということです。

逆に、KとMを混ぜて使うことには問題ありません。
ただし、ここで注意しなければならないことがあります。
図版(写真・グラフィック)にはKとMを混在させても問題は少ないのですが、
文字のカラーにKとMを混ぜて使うことには、相当慎重になるべきです。

2色刷の本は、先ほど言ったように、印刷機を2回通すわけですが、
印刷される紙は、湿度などによって微妙に伸縮するため、
「版ズレ」という現象が起きがちです。
「版ズレ」というのは、本来のデータ上はKもMもまったく同じ位置にあるのに、
印刷したときに微妙にずれが生じることです。
文字に対して版ズレが起きると、文字が二重に見えてしまい、
非常に見にくい本に仕上がってしまいます。

この版ズレは、0.0何ミリという単位で起きるのが普通なので
(仮に0.1ミリ以上ずれたら、印刷会社の落ち度で刷り直しです)
大きなタイトル文字、ゴチック体などならOKのことも多いですが、
小さな本文文字、明朝体のように線の細い文字には使うべきではありません。

また、図版であっても、0.1ミリといった細い罫線にKとMを混在させると、
1本の線が2本に見えてしまうと言ったトラブルの原因になりますから、これも要注意です。

ですので、MとKの混在は、塗りの部分などの使うと考えた方がよいでしょう。

すでにご存じかもしれませんが、基本的に知っておくべきことを書きます。

印刷は、C・M・Y・Kの版ごとに印刷機を通します。
つまり、4色フルカラーの本を作るということは、4回印刷機を通すということです。
当然ながら、2色の本を作るときは、2回印刷機を通します。

したがって、先行回答者がいうとおり、イラレでもフォトショでもインデザでも、
KとMしか使ってはいけないということです。

逆に、KとMを混ぜて使うことには問題ありません。
ただし、ここで注意しなければならないことがあります...続きを読む

QIllustrator上で色をDIC指定したいのですが

お世話になります。
ちょっと無知な質問かもしれませんが許してください。
イラレ上で作業している時に色を特色(DIC)で表示させるのはどうやってするんでしょうか?
カラーボックスの欄にDIC000と表示されていてちゃんとその色で表示されています。通常のCMYKの色からどうやってDIC特色の色の設定をしているのか教えてください。

Aベストアンサー

illustratorのヴァージョンによって違うかもしれませんが
スウォッチを表示させたいのであれば
上のメニューバー、ウインドウ~スウォッチライブラリ~DICcolor で出ませんか?

特色をCMYK分解するのは可能ですが、逆はできないと思います。

外部出力の際に特色で指定するには、Kのみ使用でdataを作成して色番号を指定すればよろしいかと。
data欄外ににdicで塗った四角と番号を書き加えておくのです。
さらに担当者に念押しして万全を計りましょう。

Qイラレで特色データを単色データに変換する方法

DTP初心者です。
MAC イラストレータCS4
DICの特色でつくられた、つまりCMYKの4色掛け合わせで作られたデータを、例えばスミ1色の単色データに変換する方法なんですが、編集~カラーを編集~オブジェクトを再配色を選んでKのスライダーを100%にし、他の3色は0にしてOKでいいのでしょうか。
他にもグレースケールに変換して、再度調整で濃度を100%にしても出来そうですが。
またはほかにもかんたんなやりかたがあるでしょうか。
変換することで元のアミ濃度とかのバランスが変わるのが心配で。
お願いします。

Aベストアンサー

DICの特色で作成しているなら、CMYKの4色掛け合わせではなく、特色箇所はスウォッチライブラリのDICカラーガイドで色を指定しているはずだと思うんですが・・・
特色使ってるのに、4色掛け合わせってどういう意味でしょう?

まあ、普通に特色のオブジェクトを選択して、「編集」→「カラーの編集」→「グレースケールに変換」でOKだと思います。

ただ、元の特色をそのままグレースケール化しますから、塗り100%のオブジェクトがK100%になる訳ではないですね。
元の濃度100%のオブジェクトをそのままK100%に変換したいなら、、「編集」→「カラーの編集」→「オブジェクトを再配色」で、変換先のカラーグループを「グレースケール」にし、「彩色方法」を「色調を維持」にして変換すればOKです。

ご参考まで。

QIllustrator上でDICカラーでのグラデーションをかける方法

DICについて知識があまりなく困っています。
ご存じでしたら教えてください。
制作の環境はWIN XP/Illustrator10使用です。

仕事でDICの特色指定をしなければならないのですが、
グラデーションが入っているデータで指定の方法が分かりません。
まずDICでグラデーションをかけることは可能なのでしょうか?
可能であればどのようにして設定をすればよいのでしょうか?
グラデーションはデータ上で2箇所あり、
一つはオレンジ系のDICからK20%のものと
もう一つは指定するとすれば系DICからDICへのグラデーションです。

もう一つご質問があり、DIC自体についての質問です。
特色に関して知識がなく大変申し訳ないのですが、
DICの色指定をする時、Illustrator上に表示できるDICカラーチャート
の番号どおりに印刷会社に指定して大丈夫?なのでしょうか…
何か注意点等ありませんでしょうか?

申し訳ございません、よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

特色(DICに限らず)でグラデーションは絶対不可です。
Illustrator上ではエミュレートされているように
表示されますが
あれは実際は「勝手に」色分解されているのです。
色彩鮮やかにグラデーションがかかりますが
実際の印刷では予想も付かないヘンテコな色になります。

なぜかと言えば
「それが特色なんです」
印刷では通常4色印刷でカラー印刷されますが
CMYKのかけあわせでどうしても出来ない色があります。
解り易い色だと「金色」等の金属色ですね。
それらを補う為のものが「特色」なんです。
ですのでベタ塗り以外は「やってはいけない色」それが特色です。

Illustratorで特色指定する場合はDICカラー通りに
手馴れた印刷所で対応はしてくれますが
本来はレイヤー分けをするとか分解色と明確に分ける必要があります。
手馴れていないところに渡すと「四色分解」されます。
四色分解されると「特色っぽく」はなりますが
場合によってはかなり色が違う場合が起こりえます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報