教えてください。
イラレで2色(特色+スミ)のデータを作りました。写真や地図はグレースケールにして、2色変換しました。
他のプロセスカラーが使われていないか確認するために、PDF化⇒アドバンスド⇒出力プレビューで見ると、プロセスを使ってしまっています。
担当者曰く、不透明設定がされていると、2色で作っても後ろに他のプロセスカラーが混ざりこんでしまうため、結果4色になってしまう、というようなことを言われました。
どのようにしたら2色のデータを作れるのでしょうか?不透明設定の調整はどのようにしたらよいのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>不透明設定がされていると、2色で作っても後ろに他のプロセスカラーが混ざりこんでしまうため、結果4色になってしまう、というようなことを言われました。



それは無いと思いますよ。2色で作る前提で制作に入っているんだから、不透明設定がされているオブジェクトも当然、色がつくのなら2色のうちどちらかが付くはずです。どこかにプロセスがついているわけですね。それがどこなのかを調べれば解決します。

調べ方はウィンドウ>ドキュメント設定>オブジェクトを選んで、オブジェクトを、それぞれ選択していけばプロセスにオブジェクト数が表示されているオブジェクトが出てきます。それがプロセスになっているオブジェクトです。

>PDF化⇒アドバンスド⇒出力プレビューで見ると、プロセスを使ってしまっています。

わざわざPDF化しなくてもイラストレーターに機能がついていますし、オブジェクトの特定もできます。入稿時には必ず使用する機能ですよ。
    • good
    • 0

最終的に印刷会社で印刷するものとしてお答えします。


特色+スミの2色分解の場合、特色をプロセスカラーの中のシアンまたはマゼンタに置き換えて版を作ります。(デザインします)
※イメージしているデザインとは色調が違ってしまいますから、クライアントに見せる場合は特色を使って別にデザインする必要があるでしょう。

イラストレータのベースデザインは、スミとマゼンタのみ使って、他の色を指定しないように気を付けて制作します。
写真や地図のフルカラーのものは、フォトショップを使って2色分解版を作ります。グレースケールでダブルトーンにしてはいけません。
4色にしてから、イメージ→色調補正→チャンネルミキサーでマゼンタとスミの2版にだけデータがあるように作ります。作り方は出力チャンネルのタブでシアンを選び0%にし、次ぎにイエローを選び同じく0%にしこの2つのチャンネルには一切色が残らないようにします。これでマゼンタとスミの2版の掛け合わせが出来ていると思います。しかし2版を抜いたわけですから写真は薄っぺらな調子になっています。今度はタブのマゼンタ版を選びイエローを少し足してやり、スミ版を選びシアンを少し足してやります。足す割合は写真の調子を見るなど少し経験と試行錯誤が必要でしょう。
写真は.epsで保存し、イラストレータに配置します。

これで、完全にマゼンタとスミ2色の版ができました。マゼンタ版を指定の特色で印刷するように、印刷会社に間違いなく指示して出来上がります。

私の環境はフォトショップ5、イラストレーター8でかなり古いですから、基本は変わっていないと思いますが操作方法は違うかも知れません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qphoto shopで、特色の分版データを作りたい!

photoshopでお仕事中です。

特色2色の任意掛け合わせの製版データを作りたいのですが、
方法がわかりません。

ダブルトーン指定では出来ないのです。

どうやったらよいか、どなたかご存じないでしょうか???

印刷入稿が迫っており、焦っています。
うー!
よろしくおねがいいたします!

Aベストアンサー

チャンネルを使うとできます。
新規チャンネルを作るときに、任意のスポットカラーに設定するのです。(画面モードはCMYKで)。
しかしながらこのチャンネルを使ったスポットカラーデータ作成はレイヤーが使えないので、ちょっとトリッキーな操作が必要になることも多いです。(7は使ってないのですが‥6まではできなかったと)

なので、私は実際にはCとKなど、CMYKのなかの任意のチャンネルを使って色を振り分け、それを分版出力してもらうほうが多いです。「C版をDIC135で印刷する」というようなことですね。
どういうふうに見えるのかな?というのを見るために、上の方法でスポットカラーチャンネルを作り、実際の色を確認したりはしますが。
ダブルトーンは結局「モノクロ印刷」をサポートするものなので、特色分版はできません。

Q2色印刷(青・緑)をデータの作り方について。

2色(青・緑)刷りのチラシを印刷会社に発注しようと思っています。Illustoratorでデータを持ち込んで印刷してもらう予定です。
紺・緑の2色の場合、印刷方法は、リソグラフ印刷がよいのでしょうか?その場合、赤・黒の2色でデータを作成しないといけない、ということで、出来上がりがとても不安です。
かといって、紺と緑をCMYを使ってデータを作成してしまうと、4色刷りと価格は変わらないような気がするのですが、、、。特色を使うというのもありなのでしょうか?
出稿する印刷会社も迷っています。
とりあえず、データーを作ってと思っているのですが、色をどうするかで迷っています。ご回答、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

データの作成はイラストレータでするのでしょうか?
でしたら、スポットカラーで紺と緑の2色で作成すれば良いと思います。
印刷会社に出すときには、スポットカラーの色設定を紺→C100、緑→M100など、CMYKのどれかに当てはめれば、画面上でその2色に変わるはずです。そのデータを渡し、ゲラは紺と緑のものを渡し、紺100のところと緑100のところで色を指示すれば良いかと思います。
言葉足らずだったらすみません。

Qイラレで特色データを単色データに変換する方法

DTP初心者です。
MAC イラストレータCS4
DICの特色でつくられた、つまりCMYKの4色掛け合わせで作られたデータを、例えばスミ1色の単色データに変換する方法なんですが、編集~カラーを編集~オブジェクトを再配色を選んでKのスライダーを100%にし、他の3色は0にしてOKでいいのでしょうか。
他にもグレースケールに変換して、再度調整で濃度を100%にしても出来そうですが。
またはほかにもかんたんなやりかたがあるでしょうか。
変換することで元のアミ濃度とかのバランスが変わるのが心配で。
お願いします。

Aベストアンサー

DICの特色で作成しているなら、CMYKの4色掛け合わせではなく、特色箇所はスウォッチライブラリのDICカラーガイドで色を指定しているはずだと思うんですが・・・
特色使ってるのに、4色掛け合わせってどういう意味でしょう?

まあ、普通に特色のオブジェクトを選択して、「編集」→「カラーの編集」→「グレースケールに変換」でOKだと思います。

ただ、元の特色をそのままグレースケール化しますから、塗り100%のオブジェクトがK100%になる訳ではないですね。
元の濃度100%のオブジェクトをそのままK100%に変換したいなら、、「編集」→「カラーの編集」→「オブジェクトを再配色」で、変換先のカラーグループを「グレースケール」にし、「彩色方法」を「色調を維持」にして変換すればOKです。

ご参考まで。

Q1色刷りのデータをスミで作りたいのですが

初めまして。
1色刷りの印刷物のデータをイラストレーターCS5を使用してスミのみで作成したいのですが、気になる点があります。

まず、スミはK100のことでいいのでしょうか?
C100、M100、Y100、K100でスミにするべきでしょうか?

それと、psdのモノクロのイラストを配置するのですが、この場合フォトショップのモードはグレースケールで大丈夫ですか?

初歩的な質問で申し訳ありませんが、ご教授願います。

Aベストアンサー

K100で。

CMYKを使う黒はリッチブラックと言いますが、トータル300%くらいが紙にインクが載る限界です。
400%ではインクが載りきれず印刷不具合を起こします。リッチブラックの網濃度は印刷所によって推奨値が異なりますから、印刷所にお問い合わせください。

Photoshopのラスターデータの1Cは通常はグレースケールモードですが、万一ピンクマスター(紙版)印刷する場合だと中間階調が出せませんので、白黒2階調になります。印刷所やデータ提出先(編集者)に、印刷機やデータ色数・階調数の確認を取ってください。


この手の質問は、世間一般に問うのではなく印刷予定の印刷所に質問してください。我々は一般的な回答しか出来ません。もし一般的でない印刷を行おうしていたら、回答が「ウソ」になってしまいますから。
印刷所によって設備や機械やアプリやワークフローが違うので、正解を知っているのは印刷所だけです。

QIllustratorを使っているのですが、「特色」の扱い方がよくわかりません

Illustratorで版下を作成しているのですが、ある仕事で、「カラー:2色
(スミと特色)※特色の色はお任せします。」 と指定されました。
(使用することに決めた特色を、ここでは仮に「特色1」とします)

それで、上に特色1:40%の図形を、下に特色1:80%の同型の図形を重
ねて、両方を選択、ブレンドして立体的に見せようと思っているのです
が、こういう使い方はOKなのでしょうか? 出来たものを見てみると、上
の図形と下の図形の間がグラデーションになっています。

あと、暗い部分の表現などに、特色1に黒を混ぜたいときがあるのです
が、こういう使い方はOKなのでしょうか? もしOKなら、そうしたいの
ですが、カラーパレットには、特色1の濃度を変化させるスライダーしか
表示されていません。どうすればこれに黒を混ぜることができるのでしょ
うか?

自分なりに考えてみたのですが、まずCMYKに変換するのかと思って、カ
ラーパレットの横の▲のところからCMYKを選ぶと、黒を混ぜることは出来
るようになるのですが、今度は混ぜた後に、CMYK表示のままになってし
まって、元の特色の表示に戻せません。このままでもいいのでしょうか?

Illustratorで版下を作成しているのですが、ある仕事で、「カラー:2色
(スミと特色)※特色の色はお任せします。」 と指定されました。
(使用することに決めた特色を、ここでは仮に「特色1」とします)

それで、上に特色1:40%の図形を、下に特色1:80%の同型の図形を重
ねて、両方を選択、ブレンドして立体的に見せようと思っているのです
が、こういう使い方はOKなのでしょうか? 出来たものを見てみると、上
の図形と下の図形の間がグラデーションになっています。

あと、暗い部分の表現な...続きを読む

Aベストアンサー

オフセット印刷の仕組みを、簡単に調べてみるとよいかもしれません。

2色刷りは印刷時に2版のみを使用する印刷方法です。
この2版(ここでは特色版とK版)を作るためのデータを、Illustrator上で作成しなければなりません。カラーパレット上でCMYKすべてに値が入った状態は4版を使用した色の表現となり、画面上での色は仕上がりに近くても、2色刷りのためのデータにはなっていません。

すでに回答が出ていますが、スミと特色で同じ大きさのオブジェクトを重ね合わせることで、掛け合わせの表現ができます。また、Illustratorのバージョンにもよりますが、表示メニューからオーバープリントプレビューが選べるようなら、上のオブジェクトの塗りが透過して、仕上がりに近い色の状態も確認ができます(「属性」のオーバープリントにチェックが必要)。

別の方法として、少しややこしいやり方をすると、ドキュメントのカラー設定をいじって、CMYKの表示色を別の色に置き換えることもできます。例えば、カラーパレットの「C」の部分を「DIC○○番」で表示でき、「C」の掛け合わせ部分は、スウォッチもオブジェクトも「DIC○○番」との掛け合わせで表示されます。ただし、プリンターが受け取る情報としては「C」のままで、プリンター側へは別途設定が必要だったりと、少し面倒なのでお勧めはしません。

通常はやはり、特色を「C」や「M」などで置き換えて作成しておき、色を見たいときはPhotoshopで変換して確認、でしょうか。最終的には、特色は色校を見ないとわかりませんが。

どのようにデータを作るにしても、入稿先とよく相談することが間違いのない方法です。

オフセット印刷の仕組みを、簡単に調べてみるとよいかもしれません。

2色刷りは印刷時に2版のみを使用する印刷方法です。
この2版(ここでは特色版とK版)を作るためのデータを、Illustrator上で作成しなければなりません。カラーパレット上でCMYKすべてに値が入った状態は4版を使用した色の表現となり、画面上での色は仕上がりに近くても、2色刷りのためのデータにはなっていません。

すでに回答が出ていますが、スミと特色で同じ大きさのオブジェクトを重ね合わせることで、掛け合わせの表現ができ...続きを読む

Q4色使用のイラストレーターのデータを簡単に2色にする方法は?

CMYKの4色を使用したイラストレーターのデータがあるのですが、
このデータを二色刷りで使用する必要があります。

そこで、CとKのみを使用したいと思うのですが、
簡単にMとYを削除する方法はないでしょうか?

フォトショップですと、
MとYのチャンネルを削除することで
簡単にCとKだけにすることができますが、
イラストレーターではどのようにすればよいのでしょうか?

アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

イラストレータCS2で、CMYKの4色データのMYを削除してCKの2色にするには、

色変更したいオブジェクトを選択します。
メニューバーの「フィルタ」→カラー「カラー調整」で表示されるダイアログで、マゼンタ(M)とイエロー(Y)のスライダを左へ動かなくなるまでドラッグしてください。
このとき、「プレビュー」にチェックを入れておくと、効果の適用が目で見てわかるので便利です。
塗りと線が単色の塗りであるなら、この方法でOKです。

ただし、CS2までは、グラデーションやパターンの色変更はできないという制限があります。
グラデーションやパターンを地道に変更していくのが、イラスト資源の再利用という目的には無難ですが、時間がないときや作業が困難なときは、オブジェクトの分割・拡張をします。
オブジェクトの分割・拡張をすると、グラデーションは単色の塗りの集合体に、パターンは通常のイラストレータオブジェクトに変換されます。
この状態で「カラー調整」をかけると、色変換されます。
ただし、ものによってはかなり複雑なオブジェクトになるので、出力エラーにご注意を。

複雑化したグラデーションやパターンは、メニューバーの「オブジェクト」から「ラスタライズ」でビットマップ化します。
リンクパレットで埋め込み画像が増えていることをご確認ください。
効果メニューのラスタライズでは、見た目の効果だけで、データ的には画像にはなりません。

ちなみにCS3では、
「編集」→「カラー調整」→「カラーバランス調整」で同じ作業ができますが、こちらはパターンやグラデーションまで、一発変換で色変換してくれます。
CS2からCS3のバージョンアップで、一番うれしかった機能です。
ライブカラーの影に隠れて、あまり話題にもなりませんでしたが、地味にグッジョブな進化でした。

イラストレータCS2で、CMYKの4色データのMYを削除してCKの2色にするには、

色変更したいオブジェクトを選択します。
メニューバーの「フィルタ」→カラー「カラー調整」で表示されるダイアログで、マゼンタ(M)とイエロー(Y)のスライダを左へ動かなくなるまでドラッグしてください。
このとき、「プレビュー」にチェックを入れておくと、効果の適用が目で見てわかるので便利です。
塗りと線が単色の塗りであるなら、この方法でOKです。

ただし、CS2までは、グラデーションやパターンの色変更はできないとい...続きを読む

Qダックス掛け合わせ【ゴールド×レッド】はどう?

こんばんは。
ダックスを検討しているんですが、ペットショップでゴールドとても可愛い女の仔を見つけました。
ゴールド×レッドの掛け合わせで生まれた仔です。
父母はどっちがどの色かは確認し忘れました。
色素の薄い仔の掛け合わせは先天性遺伝が・・・と聞いたので
ペットショップのオーナーに確認したところ
「大丈夫です!今までそういう事例は無いし、信頼のある所の仔
なので。。もし何かあったら場合はうちが全面的に責任持ちますので」
と言われました。
とても可愛いかったので、出来れば迎えいれたいのですが。。
因みに、仔犬の鼻は真っ黒でした。

インターネットで掛け合わせを調べたところ、ゴールド×レッドの
掛け合わせはなかなか見つけることができず、こちらへ投稿しました。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO1です。
基本的に、鼻、アイライン、パッド、爪は黒です。

ゴールドにアイラインの黒を求めるのは難しいかなとは思います。

あとはNO2の方がおっしゃるように血統書の内容(毛色)の確認が出来ればベストですね。

色素の薄い者同士のかけ合わせが続いているのならイエローでしょう。
というかブリーダーの質を疑います。

ただあなたが今後交配をさせず、一生をペットとして迎えるのでしたらよいのかなとも思います。

くどいようですが皮膚疾患にはお気をつけ下さい

Q4色データを2色に

チラシ作成でフォトショップにて背景をグレーに商品をシアン1色にして2色のデータを作ってほしいと言われました。見た目で作成いたしましたが印刷業者さんから4色入っているといわれました。どうすれば2色データに置き換えることが出来る出そうか。お手数ですがお教えください。宜しくお願いいたします。商品部分のチャンネルを見るとマゼンタとイエロー,ブラック部分に白く形があります。

Aベストアンサー

へ!
1.背景・商品共に「グレー」にする。
2.商品部分だけ「切り抜き」をする。
3.新規書類をCMYKで作成。
4.背景を「ブラックチャンネル」に貼り付ける。
5.商品写真を「シアンチャンネル」に貼り付ける。
6.ななっなんと!!!2色データの完成やんけ!!

QPhotoshopの特色指定について。

  
Photoshopで特色3版の入稿データを作成したいと思っております。

たとえばPhotoshopファイルの上にある、◯、△、□、☆という4つの図形を、それぞれ、

◯=特色A
△=特色B
□=特色C
☆=特色A20%と特色B20%のかけあわせ

で指定する場合、どのような手順を踏むのがよいでしょうか?

実際に自分が制作している入稿データは、写真や手書き文字などが複数のレイヤーで混在したものですので、Illustratorではなく、あくまでPhotoshopでのテクニックを知りたく思っています。

「2色印刷」などで検索すると、ダブルトーンの指定ばかりが出てきてしまい、困っています。
画像を2色分解したいわけではないのです。

当方初心者ではありませんが、お恥ずかしいことに、今までCMYKでの入稿の経験しかなく、大変困っています。

アドバイスお待ちしております!
 

Aベストアンサー

Photoshopのバーションが分かりませんが
お使いのPhotoshopで「スポットカラーチャンネル」は使用できますか?

特色にしたい箇所(チャンネル)を複製して
チャンネルオプションでスポットカラーに指定したり
チャンネルパレットメニューから「新規スポットカラーチャンネル」で
新規にチャンネルを作り、直接そちらに描画するなりして指定出来ます。

http://help.adobe.com/ja_JP/photoshop/cs/using/WS9FD745D8-B3A1-4f3f-B6EA-15AF41749D34a.html#WSBFDB3D2F-A3E8-447f-A49A-787D27798562a

Q印刷所へ持ち込むためのデータの作り方(FireWorks)

看板のスクリーン印刷を印刷所でしてもらうことを考えています。
看板は3色で、60cm×60cmです。写真はありません。
ちなみに媒体はアクリル板です。

FireWorksでデータを作り、文字などをアウトライン化して、
FreeHand形式の「.ai」の拡張子のファイル(たぶんイラレ互換)
に書き出して、それを印刷所に持ち込もうと思っているの
ですが、600px×600pxで作ったファイルを持ち込んでも
よいものか、それともちゃんと60cm×60cmの原寸サイズで
作ったものを持ってゆけばよいのかどちらでしょうか?

またFireWorksでデータを作る際に、解像度は72ピクセル/インチ
でよいのでしょうか?

なんとかFireWorksを使える程度の全くの素人なのでお教えください。

Aベストアンサー

FireWorksでデザイン版下制作とは、めずらしいですね(^_^)。
Illustratorなら簡単なのですが・・・。

今、看板は大判出力とカッティングシートが主流になってしまったでしょうから、スクリーン印刷が出来るところは少ないかも知れません。

データの作り方は、60cm×60cmでは大きすぎてデザインし難いでしょうから、半分の(面積で4分の1)30cm×30cmで作ればいいと思います。600pxだと中途半端な寸法で紛らわしいです。2分の1で作ってあることを的確に伝える必要があります。スクリーン印刷の場合は、外注先で3色分の刷版を作ってもらう必要があるので、もれなく指示することのコミュニケーションが大切です。
いずれにせよ、大きさが分かって指定の色が分かって全体のデザインが分かれば、外注先で制作することは可能でしょう。

気を付けることは、FireWorksで付けたシャドウなどの効果は出力に反映されないことです。文字はすっかりアウトラインをとらないといけません。すべてベクターデータになっていれば72ppiで書き出ししてもかまわないと思います。

私はFireWorksを指定原稿に使ったことがないので、アドバイスはここまでです。間違いがあったらご容赦ください。

FireWorksでデザイン版下制作とは、めずらしいですね(^_^)。
Illustratorなら簡単なのですが・・・。

今、看板は大判出力とカッティングシートが主流になってしまったでしょうから、スクリーン印刷が出来るところは少ないかも知れません。

データの作り方は、60cm×60cmでは大きすぎてデザインし難いでしょうから、半分の(面積で4分の1)30cm×30cmで作ればいいと思います。600pxだと中途半端な寸法で紛らわしいです。2分の1で作ってあることを的確に伝える必要があります。スクリーン印刷の場合は、外注先...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング