・建設業では、工事の収益に計上方法として、工事完成基準、工事進行基準があると思います。今、おおむね工事の進行に応じ入金いただいている実態があるときにも、「工事完成基準」で、工事完了時に売上計上していいものでしょうか?(入金分は前受金とも考えられますが、普通に考えると収益が「確定」しているとも思われ、決算時に「売上計上=0」でいいのか疑問に感じています。)
・一方、「進行基準」の場合は、当然、「材料費」と「外注費」は進行度合いに応じ、計上できると思います。ただし、たとえば「材料費」に関し、現実に現場に投入されているものをすべて棚卸することは困難なこともあり、上記のような「進行基準」(進んだなりにお金を受け取る)であれば、経費計上する材料費は下記算式で簡便的に計算してもいいのでしょうか?
・経費計上分の材料費=材料費x前受金/請負金額(概ね進行度合いに応じお金を受け取る前提)
上記2点アドバイスお願いします。以上

A 回答 (2件)

こんにちは。


今回のご質問は財務会計じゃなく税金のカテゴリーなので、法人税の立場に立ってお答えしますね。(長くなりますが、私自身の確認も含めてですのでお許し下さい)

まず、法人税法では工事の請負による損益は、原則「工事完成基準」で認識します。
しかし、これに従うと損益が完成時の一時期にのみ計上する事になり期間損益上偏りが生じます。
そこで損益の平準化と会計慣行との調整を目的として一定の長期大規模工事については「工事進行基準」を強制適用し、長期大規模工事以外の工事については「工事完成基準」と「工事進行基準」の選択適用を認めてます。

この長期大規模工事以外の工事について「工事進行基準」が認められるためには次の要件を満たす必要があります。
 (1)長期大規模工事及び着工事業年度中に目的物の引渡しが行われる工事以外の工事の請負であること(2年未満でも可)
 (2)利益が生ずると見込まれるもの
 (3)毎期継続適用すること
 (4)確定決算において工事進行基準で経理すること

つまり、単純に進んだなりにお金を受け取ることが「工事進行基準」ではないということです。
長期大規模工事以外の工事については、あくまで原則は「工事完成基準」であり、一定の要件を満たした場合に限り「工事進行基準」を認めるということです。
 
参考
 本法 第64条第2項
  http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …
 通達 第2章収益並びに費用及び損失の計算 第2款請負による収益
  http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …
 通達 第4節収益及び費用の帰属時期の特例 第2款 工事の請負
  http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/ts …

そして、実務上も長期大規模工事以外の工事について「工事進行基準」が認められるためには社内においても[工期が○年を超え請負金額が○円を超えるものにつき工事進行基準を採用する]とする経理規定などを定めておく事が求められます。これを定めない場合は両基準を恣意的に使い分ける利益操作と取られる場合もあるようです。


これらを踏まえての回答となりますが、今回のご質問は長期大規模工事以外の工事についてのご相談だと解釈しての回答となります。

>今、おおむね工事の進行に応じ入金いただいている実態があるときにも、「工事完成基準」で、工事完了時に売上計上していいものでしょうか?

入金の形は契約上のこともあるでしょうが、規定等で明確に「工事進行基準」とされるもの意外は全て「工事完成基準」を採ることとなります。
ですので、工事完了時にしか売上は計上出来ないことになります。
つまり、入金分はすべて「工事中間金である未成工事前受金」となります。

>ただし、たとえば「材料費」に関し、現実に現場に投入されているものをすべて棚卸することは困難なこともあり、上記のような「進行基準」(進んだなりにお金を受け取る)であれば、経費計上する材料費は下記算式で簡便的に計算してもいいのでしょうか?

工事進行基準を採用した場合の具体的な計算については法人税法施行令第百二十九条に定められております。
そして、ここで表されている工事進行割合とは、合理的に見積もられるものをいうとされておりますが、この合理的にとは「極めて正確に」という意味を持っているものとされているようです。
棚卸は困難とありますが、適正な計算である根拠を示さないと否認されるおそれもあるため、せめて帳簿棚卸などで客観的対抗力を備えておく必要があると思います。

法人税法施行令
 http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX …


なお、以前に私もここで指摘を受け知ったのですが、会計上は「工事契約に関する会計基準」が来年4月以降の開始事業年度より適用されることにより、従来の選択適用に替えて「工事進行基準」が原則となるようなので、税務もこれに追随すると思われます。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、誠にありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2008/06/19 09:09

担当現場ごとに基準を変えることはできません。

いったん方法を決めたら合理的な理由がなければ変更できません。計算方法も同じです。

この回答への補足

説明不足恐縮です。現場ごとに変える、ということはなく、すべての現場を、たとえば、「工事完成基準に統一する」ということを考えていますが、その場合であれば、いかがでしょうか?

補足日時:2008/06/14 19:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/19 09:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特定建設業許可と一般建設業許可の違いはなんですか

特定建設業許可と一般建設業許可の違いについて調べているのですが、以下の内容についてよく分かりません。具体的にはどのようなことか教えていただけませんでしょうか?

-----------------------------
特定建設業許可が必要となるのは、元請契約により受注した場合に限ります。特定建設業許可と一般建設業許可の違いは、元請として受注した1件の工事を、下請業者に合計3,000万円(建築一式工事は4,500万円)以上の発注をするかどうかです。
-----------------------------

Aベストアンサー

建設業では、500万円以上の工事を受注するには、一般建設業の許可が必要です。
500万円未満の工事は「軽微な建設工事」と呼ばれ、建設業の許可は不要です。
そのため、かつては1,000万円の工事を、300万・300万・400万の別工事のように
名目を分けて受注し、一般建設業の許可なしに500万円以上の工事を行う業者も少なくありませんでしたが、
昨今の企業はコンプライアンスを重視するため、ちゃんと許可を取る傾向にあります。
ある程度以上の規模の工事を間違いなく施工できる会社ですよ、というお墨付きのようなものです。

建設業では、受注した工事を下請に出すことが普通にありますが、
その業者が元請(発注者から直接工事を請け負った会社)であり、
かつ、下請発注額の合計が3,000万円(建築一式工事は4,500万円)以上になる場合、
その業者は特定建設業の許可を受けていることが必要になります。

下請発注額の「合計」ですから、A社に2,000万円、B社に1,500万円で下請発注する場合も、
特定建設業の許可が必要になります。

一方、前提は「元請」であることですから、
元請から1億円の工事を受注したA社が、B社に3,000万円以上で下請発注する場合は、
A社に特定建設業の許可は必要ありません。

つまり、元請という請負業者を束ねる立場の会社が、3,000万円という多額の下請発注する場合は、
財政的にも施工・安全管理的にもきちんとした会社である、というお上のお墨付きを貰っておきなさいよ、
というのが、特定建設業の許可である、と理解すればOKです。

建設業では、500万円以上の工事を受注するには、一般建設業の許可が必要です。
500万円未満の工事は「軽微な建設工事」と呼ばれ、建設業の許可は不要です。
そのため、かつては1,000万円の工事を、300万・300万・400万の別工事のように
名目を分けて受注し、一般建設業の許可なしに500万円以上の工事を行う業者も少なくありませんでしたが、
昨今の企業はコンプライアンスを重視するため、ちゃんと許可を取る傾向にあります。
ある程度以上の規模の工事を間違いなく施工できる会社ですよ、というお墨付きのような...続きを読む

Q◎個人事務所建設費の税金上の計上について

◎個人事務所建設費の税金上の計上について

東京で印刷関係の個人事業をやっています。
青色申告です。
老後故郷に移住する予定で、以前からある地方都市の土地に、小さい建物を建てました。
建設費用は1000万円以下です。

その建物を、当面、2階を仕事の出張所、1階を店舗用賃貸にしたいと考えています。

1、この場合、建設費は、経費のどういう項目に計上するのですか。
  例えば自動車の購入などと同じに考えていいのでしょうか。
2、建設にかかったもろもろの費用も、建設費とみなして一括で処理していいのでしょうか。
3、あるいは、賃貸なら不動産の取得と言うことになるのでしょうか。

税の知識が皆無で質問するのは失礼で、見当外れの質問かもしれませんが、手がかりを教えて下さいますようお願い申しあげます。

Aベストアンサー

>1、この場合、建設費は、経費のどういう項目に計上するのですか。
 ●本体工事部分は「建物」として固定資産に計上します。
  電気設備、給排水衛生設備等は「建物付属設備」として固定資産
  に計上します。

>2、建設にかかったもろもろの費用も、建設費とみなして一括で
処理していいのでしょうか。
 ●上記のいずれかに振り分けて資産計上します。
 ●不動産取得税、登録免許税は経費処理も可能です。

>3、賃貸なら不動産の取得と言うことになるのでしょうか。
 ●賃貸は不動産所得となります。従って一階部分の減価償却費は
  不動産所得の経費になります。
 ●二階部分の減価償却費は事業所得の経費になります。
 ●実務的には、減価償却費、固定資産税、火災保険料などは床面積

以上、簡単ですが。
  に応じて按分計算します。
 

Q建設業許可の要否について

建設業許可の要否について教えてください。

建設業法によれば、一定額未満(建築一式は1500万円など)の工事のみを受注する者は、建設業許可を受ける必要はありません。そうであれば、建設業許可を受けている者が、一定額未満の工事を受注する場合は、建築業法に基づく体制等による施行は不要なのでしょうか?

 例えば、本社のみが県知事の建設業許可を受けている(建設業法の営業所として登録されている)会社が、建築一式で100万円の工事を他県にある営業所(建設業法の営業所として登録されていない)で受注(契約締結等)をすることは可能なのでしょうか??

このような例(県知事許可の会社が、建築一式100万円の工事を他県にある建築業未許可の常設の営業所で契約・施工する)では、国交大臣許可を取得し、本社および他県の営業所を建設業法の営業所とし登録したうえで、営業所には専任の技術者を配置し、現場には標識を掲げる必要はないのでしょうか?

建設業法を読むと、建設業許可を持つ者は、例え一定額未満の工事をする場合でも、建設業法に基き受注・施工をしなくてはならないように思えるのですが、いかがでしょうか

よろしくお願いいたします。

建設業許可の要否について教えてください。

建設業法によれば、一定額未満(建築一式は1500万円など)の工事のみを受注する者は、建設業許可を受ける必要はありません。そうであれば、建設業許可を受けている者が、一定額未満の工事を受注する場合は、建築業法に基づく体制等による施行は不要なのでしょうか?

 例えば、本社のみが県知事の建設業許可を受けている(建設業法の営業所として登録されている)会社が、建築一式で100万円の工事を他県にある営業所(建設業法の営業所として登録されていない)で受注...続きを読む

Aベストアンサー

お答えいたします。

結論から申し上げますと、知事許可のみを受けた会社が、他の都道府県の支店で軽微な工事を請け負うことは「できません」。

建設業許可は、本社と支社を一体として付与される為、無登録の支社が存在することがそもそも問題であり、その支社が工事を受けると、無登録営業(言葉は異なるかもしれませんが)となることから、請け負うことができない、とされている模様です。

逆に言いますと、その支社が独立した会社である場合や、独立した個人事業者である場合であれば問題ありません。また、建設業許可を受けた業種以外(で、500万円以下の工事)を請け負うのであれば、これまた問題ありません。

http://www.kensetsu-gyou.com/yogo/ex3.htm

Q部屋の防音工事を確定申告の経費計上に使うときの項目

部屋の防音工事を確定申告の経費計上に使うときの項目

自由業をしています。
マンションの一室を仕事のために防音工事したのですが、
確定申告する際にどのように経費計上すればよいのかわからないので教えていただけると助かります。
「外注」という項目かなとも思ったのですが、家の改装などの場合減価償却として計上できるものもあり、
どれにあたるのかサッパリ見当がつきません。
ちなみに工事内容は部屋の床、天井、壁に防音材を入れて厚くし、ロスナイ取り付け、防音ドア取り付けです。

いつも確定申告は頭を悩ませているのですが、今回は初めてのケースなので、どなたかお知恵を拝借できればうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>工事内容は部屋の床、天井、壁に防音材を入れて厚くし、ロスナイ取り付け、防音ドア取り付け…

それだけの仕事なら 10万円以下ということはないでしょうから、
「建物付属設備―防音工事」
として減価償却資産です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q建設業許可証明書

建設業の許可を取ると、「建設業の許可について(通知)」と言う書類が来ますが、その他に「建設業許可証明書」と言う書類も有料で発行してもらえるみたいです。
この2つの書類は同じ効力があるものでしょうか?
例えば元請さんから、建設業許可の書類のコピーが欲しいと言われた場合、どちらの書類を渡せば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>この2つの書類は同じ効力があるものでしょうか?
効力は同じです。

建設業の許可について(通知)は5年に一度の許可申請です。
その間、原本をなくされた場合は再発行はしてくれません。
そういった場合に知事許可であれば管轄内の県土木事務所で
大臣許可なら県庁担当課へ「建設業許可証明書」を発行してもらい、
提出するようになります。

>元請さんから、建設業許可の書類のコピーが欲しいと言われた場合・・
「建設業の許可について(通知)」の原本がお手元におありなら
元請さんへの提出は原本のコピーで充分です。
「建設業許可証明書」を提出したらかえってルーズさを露呈するようなものです。

http://www.pref.ishikawa.jp/kanri/kyokasyoumei.htm

Q贈与は経費として計上できますか?

個人事業を営んでいます。

現金を贈与したいのですが経費として計上できますでしょうか?
金額は110万円です。贈与するのは妻です。
その場合 銀行通帳の記載だけで特に手続きは必要ないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>現金を贈与したいのですが経費として計上できますでしょうか?
いいえ。
できません。
「経費」とは、その収入を得るためにかかった費用です。
そこからすれば、おのずと答えはでます。

>その場合 銀行通帳の記載だけで特に手続きは必要ないでしょうか?
必要ありません。
贈与そのものについては、そのとおりです。

Q建設業の許可票について

建設業の許可票を全社的に新しくしようと思うのですが、建設業許可のない事務所に掲げると、違法になるのでしょうか?
もしくは、最下部の「この店鋪で営業している建設業」を空白にしておいたらOKですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLを参考に!

事業行為をする拠点ごとに専任の管理技術者が必要です。対象となる人材がいるのであれば許可申請をすれば取得できるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.ins-ss.com/tamaken/2.html

Q確定申告で前年度経費を今年度分として計上できますか?

今年(平成16年)に個人事業主として新規事業を始めました。それまでは何も事業をしておりませんでした。平成15年にフランチャイズの開設認可料を支払いました(事業を始めたのは平成16年からです)。この場合、平成15年の開設認可料や、平成15年に支払い済みの内装費(テーブル、椅子などなど・・・)は平成16年の確定申告に経費として計上できるのでしょうか?可能な場合、その際の経費項目は開設準備金などの項目として一括計上してよいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「開業費 繰延資産」のキーワードでネット上を検索してみてください。参考となる資料が得られますよ。

Q建設業許可の専任技術者名を調べる方法

建設業許可を取っている企業が
建設業許可申請をした際申告した
専任技術者の名前を調べる方法はありますか?

Aベストアンサー

建設業の許可申請の際に提出した申請書は、都道府県建設業課で閲覧できますよ。
申請書を見れば一目瞭然です。

Q個人事業では未収金は計上しないのでしょうか?

個人事業を始めました。
決算前に未収金を次のようにたてました。
  未収金90  /  売上100
  源泉所得税10
そうすると源泉所得税10は確定申告で納税額からマイナスすることになります。
しかし考えて見ますと、相手の会社は私に支払ってないので、源泉税も税務署に納めてないと思います。
従って支払調書も発行していません。
それなのに私の納税額が少なくなることは正しくないように思います。
未収金の上記のような計上で問題はないのでしょうか?未収金を100にしてしまうのも正しくありません。
個人事業では一般に未収金はあまり計上しないのでしょうか?
 

Aベストアンサー

未収金100  / 売上100
で決算はしましょう。
決算以後未収金が回収された時点で
現金90    / 未収金100
源泉所得税10
で源泉所得税を発生させます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報