スイスについて知りたいことがあるのですけど、スイスについて詳しく扱っている
サイトなどご存知でしたら、おしえてください。
スイスは永世中立国で有名ですけど、生の国の模様など知りたいのですが、
スイス銀行にしかり伝統的な時計メイカーにしかり経済的にも強い国ですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

たとえば、歴史なら、読売新聞社から出版されている「世界歴史紀行 スイス」(鈴木 光子著)などお勧めです。

私自身、チューりッヒに住んでいたことがありますが、期間も短くあまりむずかしいことはわかりません。
永世中立国ということに関して言えば、各家庭に政府から配給された銃があり、1950年以降に建てられた家には防空壕を作ることが義務付けられていました。うちのアパートの地下も防空壕になっていて、普段は木の扉を使い、物置としていましたが、有事用の鉄の扉と換気用らしき機械があり、電話帳には有事(洪水や放射能漏れも含む)のサイレンの種類が書いてありました。(年に一度テストとしてならしますが、ドラマで聞いたことのある空襲警報に似ています。)備えあれば憂いなし。これはいろいろな国と国境を接していることから生まれた考えかもしれません。
生活面では、公立の小学校の子供が、お昼ご飯は家で食べることになっていて、一度家に帰ってまた午後から学校に帰っていたのが印象的でした。共働きのおうちはたいへんで、私立にいれるか、お友達にたのんでそこでお昼を食べさせてもらうかしていて、当時給食導入の運動があったのですが、反対が強かったようです。そういう、ちょっと保守的なところもあります。生活レベルは高く、うちのアパートの一階に住むおばあちゃまは、家政婦さん(毎日)と庭師さん(月一回)が来ていました。共働きの人も、お掃除は家政婦さんに頼む人が多かったです。雑学ばかりでごめんなさい。
    • good
    • 0

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「地球の歩き方;スイス」
「Switzerland」
http://www.embjapan.ch/
(在日スイス大使館)

もう少し質問の内容を補足お願いします。

参考URL:http://www.arukikata.co.jp/country/switzerland.h … http://www.switzerlandtourism.or.jp/Default.shtml
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際情勢:どこの国と国の関係が危険?

よく日本韓とか日中の関係はよくないってニュースとかで聞きますけど、アフリカとかイスラエルとパレスチナが今でも戦い合ってるのを見るとまだ平和的だな~って思いますw

もし皆さんが対立的関係トップ3をあげるとしたらどの国を挙げますか?

Aベストアンサー

1位 イスラエル対パレスチナ(というかアラブ諸国)
国連でも常に問題になるし、アメリカなどの西洋国がイスラエルに肩入れすることで、キリスト教とイスラム教の宗教対立になっている側面もある。このふたつは宗教人口の1位と2位なので、原理主義者テロ(イスラム経だけではないですよ)などを含めてもっとも危険な対立関係だと思う。

2位 インド対パキスタン
この二国はあまりにも仲が悪すぎて、ついにどちらも核兵器をもつまでに対立がエスカレートしている。インドは中国とともに同盟国をほとんど持たない独立主義なのに対して、パキスタンはイスラム国家でありながらアメリカと軍事同盟をむすんでいる。
米ソ冷戦時代のように、軍事同盟としての核の傘のように各国が米ソが核を持つことを支持したのと対照的に、この2国はお互いへの敵意だけで核兵器を保有することになった(パキスタンはアメリカの反対を押し切って保有した)
単なる2国間対立なのに、世界に与える影響がおおきすぎるのが2位の理由


3位 中国対環太平洋国家&ロシア
21世紀の諸問題はまちがいなく中国と関連して語られることになるだろう。
少し前のリポートに現在の中国の覇権主義が戦前の日本の覇権主義に似ている、といわれている。
場合によっては1位としてもよいぐらいなのだが、イスラム対パレスチナの宗教・文化・民族対立にくらべて、アジア対ヨーロッパという対立軸(戦前の日本対連合軍がそれに当たる)にはまだなってきていない。
そのため、現段階では日本を含めた近隣諸国がアメリカと協力しつつ中国の膨張主義を警戒するという構図になっている。

しかし21世紀の中盤ぐらいになって、明らかにアメリカの国力が落ち、中国が共産主義を捨てたときにアジア全体がヨーロッパと対立する構図に転換しても不思議は無いと思う。
そのときにロシアがどのように動くか(たぶん、どちらかに味方しつつ第3極を狙うだろう)という支店まで含めると、22世紀までかけて地球規模の三国志の状態になってもおかしくないと思う。

もちろん表面的には経済で協力し合い、表面では国交も友好的に行いながらであるが、どこかで均衡が壊れたときに、どのように動くかは予想が難しい。
現段階では北朝鮮が崩壊したときの、各国(特に6カ国協議国)の動き方で今世紀の枠組みが見えてくると思うし、その内容によっては1位に昇格すると思う。

1位 イスラエル対パレスチナ(というかアラブ諸国)
国連でも常に問題になるし、アメリカなどの西洋国がイスラエルに肩入れすることで、キリスト教とイスラム教の宗教対立になっている側面もある。このふたつは宗教人口の1位と2位なので、原理主義者テロ(イスラム経だけではないですよ)などを含めてもっとも危険な対立関係だと思う。

2位 インド対パキスタン
この二国はあまりにも仲が悪すぎて、ついにどちらも核兵器をもつまでに対立がエスカレートしている。インドは中国とともに同盟国をほとんど持たない...続きを読む

Qスイスについて

来週 スイスのサンモリッツとツエルマットへ行くんだけど
どこで食事をしたら良いのか迷ってます。気軽に入れて安い店など知っている方教えてください。ツエルマットでは チーズフォンドゥを食べようと思ってます。こちらは英語が話せません。フランス語が話せる人がゆういつ居ます。言葉は大丈夫か 不安で仕方ありません。詳しい情報など知っている方 教えてください。
あ・と・天気・・・寒いんでしょうかね?早く情報待ってます。お願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「Zermatt」
◎http://www.restaurants.com/World/WAlphabetResult.asp?Country=CH&City=Zurich
(ミシュラン レッドガイドシリーズ 2001:スイス)

●http://www3.big.or.jp/~kitamura/q-a-site/index-swiss.htm
(スイス編)

気軽に入れる店であれば「地球の歩き方」等のガイドブックに紹介されている店は如何でしょうか?

「チーズフォンドゥ」で思い出したのですが、相当以前にスイスに行ったとき(3月)は添乗員から日本人は「ミートフォンジュ」の方が食べやすいと言われました。今では、チーズも相当出回っているのでそうでもないでしょうが・・・(笑)?

天気に関しては、以下のサイトには関連質問がありますが、参考になりますでしょうか?
◎http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=9866
ここで#3で紹介したサイトのいずれかで出発直前なので天気予報も確認出来ます。

ご参考まで。

Have a nice trip!

参考URL:http://www.restaurants.com/World/WAlphabetResult.asp?Country=CH&City=Zermatt&PID=

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「Zermatt」
◎http://www.restaurants.com/World/WAlphabetResult.asp?Country=CH&City=Zurich
(ミシュラン レッドガイドシリーズ 2001:スイス)

●http://www3.big.or.jp/~kitamura/q-a-site/index-swiss.htm
(スイス編)

気軽に入れる店であれば「地球の歩き方」等のガイドブックに紹介されている店は如何でしょうか?

「チーズフォンドゥ」で思い出したのですが、相当以前にスイスに行ったとき(3月)は添乗員から日本人は「ミートフォンジュ」の...続きを読む

Qスイスのお勧めホテル

こんにちは
今年の夏、相方と二人でスイス旅行の計画を立てております。
予定としては、モントルー、グリンデルワルド、ルツェルンorベルンに宿泊する予定なのですが、これらの都市でお勧めのホテルがありましたら教えて下さい!
 大型高級ホテルでは無く、リーズナブルだけど清潔で家庭的なこじんまりとしたホテルを希望しております。又シャワーがあれば、バスがあれば構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その中ではモントルーには行っていませんが、あとは行きました。夏ならぜひユングフラウに行ってください。
行ったときはたしかインターラーケンからラウターブルンネン(Lauterbrunnen)で降りて、駅の観光案内所で紹介してもらった小さな宿に泊まりましたが、都市に泊まるのとはまた違ってとてもスイスらしくて良かったです。
ほかにはWengen(ヴェンゲン)やMurren(ミューレン)といったこじんまりとしたエリアも泊まるにはお勧めです。
観光地という雰囲気でやや賑やかな感じもあるグリンデルヴァルトとはまた違った雰囲気が楽しめると思います。

1さんと同じように、スイスの山岳部では駅を降りて雰囲気がよさそうだなと思ったら観光案内所で宿を紹介してもらったり、宿が何軒かかたまっているとそれぞれ見て歩きながら料金をチェックしてどこに泊まるか決めるのも楽しかったです。
ほかのヨーロッパの国と比べても、スイスはほんとうに宿のあたりはずれがなく、逆に安いほうがほっとするかんじです(チューリッヒやジュネーブはまた別ですが)。

Q行きたい国のレポート

高校の地理の課題で、自分が行きたい国を一つ挙げ、その理由と、その国の面白いことなんかをまとめたレポートを提出しなければならないのですが行きたい国が思いつきません。
その国に注目する理由が書きやすく、かつ面白い文化や遺産・観光名所があってそれが調べやすい国を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

行きたい国がなければ、一人旅でのセキュリティや感染症の不安を書いて、日本国内の行ってみたい所を書くというストラテジーが考えられますが、もう一つは、イマジネーションで架空の国をつくりあげ、その詳細を書くのもいいかもしれません。

後は、お母さまか、お婆ちゃま・お母さまの姉妹が行きたいと願っている国について書いて、正直に、自分には、いま行ってみたい国はないけれど、近い将来、ボディ・ガード兼通訳で同行したい旨を書くのも、ちょっとシャレていていいのではないでしょうか。行き気がなく興味のない国をチョイスするようは遥かにいいとおもいます。

3番目の方法をメインにして、2番目の方法を付け加えてみてはどうでしょう。

他、古代の国もテーマになり得ます。
以上、複眼の思考で考えて纏めてみてください。

QEU加盟国に三ヶ月以上滞在する場合

EU諸国では、それぞれの国に三ヶ月までVISAいらずで滞在できるのですか?
それとも、EU加盟国内に三ヶ月滞在できるということでしょうか。
その場合、UKとアイルランドや北欧も対象ですか?
でいまいちわからないので教えてください

Aベストアンサー

日本国籍(日本国旅券を持ってる)の人が観光や出張で行く場合の話ですが、

シェンゲン協定と似たような規則で、北欧5カ国内、合計3ヵ月までビザ無し滞在OK(3ヵ月滞在したら、次回まで6ヵ月あけること)というのがあります。
http://www.shantihtown.com/viza/europe.htm

アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの5つの国の合計滞在日数ですが、フィンランドだけで3ヵ月なども可能。

国ごとのルールがあって、なおかつ、シェンゲンとか北欧などの別ルールもあるのです。

それと、国によってパスポートの有効残存期間が必要なところも。
たとえば、フィンランドとスペインで比較してみると。
どちらもEUでなおかつシェンゲン協定に加盟しているのですが、パスポートの残存期間は、

スペイン⇒帰国時まで有効なパスポートがあれば滞在期間が90日以内に限りビザ不要。

フィンランド⇒フィンランドを含む海外での滞在日数+3ヶ月以上必要。日本国籍で、フィンランドとスカンジナビア諸国の滞在期間が3ヶ月以内であれば、ビザは不要。

と、国によって違います。

たとえば、英国はシェンゲン非加盟なので、

英国にビザ無し滞在できる期限いっぱいの6ヵ月滞在、
フランスへ渡ってそこからカウントして90日滞在(90日の間にドイツへ行ったりスペインetc.に行ったりが可能)=欧州に合計9ヵ月滞在、というのは可能なはず。

ただし、

(1)フランス+スペインで合計90日滞在
(2)一度英国に渡り、英国で1ヵ月過ごして
(3)その後すぐにドイツへ行く

というのはアウトですね。
フランス+スペインですでに90日滞在してしまったので、ドイツに行くまでに6ヵ月期間をあけないといけません。

現地で実際にどのくらい正確に運用しているか知らないのですが(自分で長期滞在経験もないし)、規則上はそのようになっています。

パスポートやビザの条件は、地球の歩き方の「各国基本情報」の<旅行情報>の項目が手っ取り早いかもしれません。
http://www.arukikata.co.jp/kunibetu_top.html

外務省海外安全HP、各国政府観光局または大使館HPでも見られます。
最新情報・詳細情報は各国の在日大使館へ確認を。
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/

日本国籍(日本国旅券を持ってる)の人が観光や出張で行く場合の話ですが、

シェンゲン協定と似たような規則で、北欧5カ国内、合計3ヵ月までビザ無し滞在OK(3ヵ月滞在したら、次回まで6ヵ月あけること)というのがあります。
http://www.shantihtown.com/viza/europe.htm

アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドの5つの国の合計滞在日数ですが、フィンランドだけで3ヵ月なども可能。

国ごとのルールがあって、なおかつ、シェンゲンとか北欧などの別ルールもあるの...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報