ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

私はキックボクシングをやってる知人の付き合いで首相撲を
やったりしてるのですが、キャリアの長い彼女に敵わず、
首相撲では、毎度なぎ倒されてばかりいます。
それについては少し悔しいと思ってるのですが、最近健康面に
おいて変化があったので説明させて頂きます。

まず首相撲をやるようになってから、片足を上げた状態で
靴下を履けるようになりました(以前は片足を上げるとフラフラ
したのですが、それがあまりなくなったのです)
あともう一つ変化を書くと、もともと頭痛持ちだったのですが、
最近は頭痛を訴えることが少なくなりました。

以上を考えると無理の無い範囲で格闘技や武道をやることは
健康にもつながるのではないか?と思ってるのですが、
皆様はどう思われますか?

A 回答 (3件)

こんにちは。


首相撲では、意識しないと思いますけど、下半身の筋肉が重要で、これが鍛えられると片足立ちが上手になります。

頭痛は恐らく背筋が弱っていて過負荷になっていたのでしょう。
背筋から首筋に筋肉が繋がっており、これらが凝ると、肩こりと同じ理屈で頭痛になります。

スポーツ、武道は一般に健康によいですよ。
私は子供の頃、朝礼で必ずひっくり返る貧血の子でしたが剣道で治りました。
    • good
    • 0

>無理の無い範囲で格闘技や武道をやることは


>健康にもつながるのではないか?と思ってる

はい、至極当然な話だと思います
本気でやる(プロを目指すとか、大会優勝等)と怪我との戦いとなり、正直健康とは言いにくくなりますが、程よくやれば体が鍛えられ健康に繋がります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ご回答ありがとうございました

お礼日時:2008/06/17 16:34

「良い指導者に恵まれる」と、体だけでなく「心」も健康になります。



「試合の勝ち負けだけがすべて」では、ありません。

「思いやり」の精神を身につけることができます。
身内に、そういう子がいました。

体は、「使って、手入れをしてこそ」健康になります。
体を大事にするというのは、「ずっと、休ませる」ことではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング