【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

PVの製作協力料を頂くのに請求書を出さなくてはいけないのですが、消費税や源泉についてどうすればよいのか分かりません。

状況としては、
私は開業届けを出していない、個人です。
交通費等を含めて製作協力として一括で請求するように言われています。
事前に消費税等の話はしておりません。
2年の売上は1000万以下でして、いわゆる免税業者です。

色々と他の掲示板などを拝見したのですが、いくつか疑問点が解決できずに困っていまして、ぜひ皆さんの知恵を貸していただければと思います。
まず、具体的には、
・製作協力として請求する立場の場合、源泉は徴収されるべきでしょうか?
・消費税は皆さん請求する方が多いようですが、免税業者の場合益税があり、結果的には得をする。ただ、消費税を請求しない場合に、免税者は損をするのでしょうか?消費税は自動的に徴収されるといいますが、実際のお金の流れでは、クライアント側からは税込み金額でも請求し支払ってもらう額面は10万円の場合、10万円を頂けるわけですよね?その中に消費税分が含まれていて、本当は支払うべきところですが、免税者は結局それを免除されるので、どういった問題や損をするのかが分らないのですが・・・
・もう1つ経費で消費税を支払っているという中に、交通費のような経費の場合はどうなんでしょうか?

もちろん、税込みにしたければ、それで請求すればよいとのお声もあるかと思いますが、仮に最初から10万円を頂ける話なのに、税金等で最終的に手元に残る金額が下回ってしまうのであれば、強く交渉をしたいと思っております。
ただ、結果的に話し合った金額が手元に残るのであれば、そこまで頑固にならなくても良いのかなと思っているのですが・・・

長々と申し訳ないですが、知識不足な私に教えていただければと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

免税事業者は消費税を納めることが免除されているだけで、自分が受け取るときは消費税を請求してかまいません。



事業でやっているなら免税事業者であっても請求しないといけません。なぜなら、受け取った消費税と自分が支払った消費税(モノを買うだけでなく、通信費、交通費などほとんどすべてに消費税がかかっています)の差額を納めるのが消費税の仕組みだからです。クライアントがあなたに払った消費税金額がそのまま丸儲けになるのではありません。

> 交通費等を含めて製作協力として一括で請求するように言われています。

この場合は、交通費の立て替えではなく、"交通費相当の追加料金"になります。請求書には交通費の行は不要です。

協力費 100円
消費税(5%) 5円

請求金額合計 105円

参考までに、「消費税込」と「消費税なし」で請求金額合計がどちらも105円であった場合、クライアントは消費税込みと書いてあった方が得をします。
消費税をすでに5円払ったということになって、クライアントが納める消費税がその分少なくなるからです。

あなたにとってベストなのは、10万の約束で、10万+消費税を請求して、銀行振込手数料先方負担で払ってもらえることです。

とは言え、契約の最初に、価格に消費税を含む/含まないのか、銀行振込手数料をどちらが負担するか、を決めておかないと、後でトラブルになりかねません。クライアントが素直に払ってくれればよし、ダメそうでしたら値引きと思ってあきらめるしかないですね。

参考URL:http://allabout.co.jp/career/freelance/closeup/C …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

technecoさん

ご回答ありがとうございます。

やはり、交通費なども金額的に入っているということは消費税を払っているのですから、当然、こちらも請求するときには消費税込みというのがベストですよね。

銀行手数料に関しては、大丈夫そうですが、消費税は最初に決めていないので、色々と調べていると中々後付けは難しそうですね。
その際にはいわゆる勉強代としてあきらめます。

URlありがとうございます。早速、こちらもチェックしてみます。

お礼日時:2008/06/19 13:55

8823kinが再登場します。

通常(私の場合)は上段が税込合計金額を記入します。私の場合は請求書がそうなっています。中段は製作費の料金と消費税の覧にそれぞれ記入し、合計をだします。この金額は上段の税込合計金額と同じになります。一番下には自分の振り込み口座を記入します。
源泉される金額は書きません。数字の調整は自分の出納帳で行います。口座に入金された実際の金額に源泉分と手数料を合わせて記入していきます。そういう方法で月々の帳簿を作成していきます。
あと、領収書は全部とっておいてください。例えば領収書の無いモノに関しては、自分で小さな紙に記入して領収書替わりにします。電車代・バス代・香典代などは、このたぐいですよね。嘘やいつわりのないようにするためにも、毎日の日報の記入をお勧めします。◯月◯日、電車で◯◯まで行き◯◯社の◯◯氏と打ち合わせ。◯月◯日、◯◯家の葬儀に出席。香典代◯◯◯円。などです。領収書が手に入らないケースも多いので、認めてもらう(税務署に対して)には、しっかりと記録しておくように心掛けてください。あと心配なのは、決算の事に関してですね。誰か専門の方がみえるのでしょうか?自力では、正直大変ですよ。税理士に依頼できれば良いのですが、何分にもお金が高いです。私の場合は商工会議所の会員になり、月々の帳簿のチェックと決算業務を手助けしてもらっています。年間6~7万円で済みますよ。(ちなみに税理士さんなら20万くらいは必要でしょう。)伝票の類は、すぐたまります。1月でもさぼると、しわ寄せがすぐ扉をノックします。今日、私も5月分の「出納帳」を作りました。慣れてきてはいますが、それでも3~4時間はかかります。まだ、その辺(決算業務など)が具体的になってないのでしたら、商工会議所等に聞いて協力してもらった方が最善かと考えます。私は開業届けを、税務署に提出した際、その税務署で紹介されました。少なくても、分からない事への不安は、ここで解決できますよ。決算に関してはほぼ万全です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

8823kin さん

丁寧なご回答ありがとうございます。

源泉は向こうの責任範囲ということで、請求書にはとりあえず書くことはないようですね。なんとなく、クリアになってきました。ありがとうございます。

源泉徴収された場合には、それを出納帳に記入すれば良いのですね。なるほどです。
領収書は基本的に全部取っております。交通費なんかも一応大丈夫かと思います。日報はないですが、手帳に書いてありますので、出納帳にもう少し詳しく記載するようにしてみます。

決算は開業届けを出して、商工会議所を考えておりました。色々と調べていたら、やはり会員になったほうが、他の会員さんとの交流もありそうですし、安いですしね。

色々と細かく教えていただまして、本当にありがとうございました。

また、ご質問したときには、よろしくお願いします!

お礼日時:2008/06/17 21:38

>製作協力として請求する立場の場合、源泉は徴収されるべきでしょうか…



個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されるわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。

「PVの製作協力料」とは具体的にどんなお仕事でしょうか。
もう少し他人に分かるようにお書きください。
いずれにしても、ともかく下記にあなたの職種が載っているかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

下の方のように、個人への支払いはすべて源泉徴収しなければならないと、誤解している人・企業が多々あります。
ご注意ください。

もし、源泉徴収の対象になる職種だとしても、源泉徴収は支払い側の責任で行うものです。
請求書に、○○円を源泉徴収してくださいなどと書くものではありません。

>消費税は皆さん請求する方が多いようですが、免税業者の場合益税があり…

「益税」の意味までご存じなら話は簡単です。
免税事業者だからといって、消費税をもらうことに何ら法的問題はありません。
もらった消費税は売上に含め、所得税の課税対象にすれば良いだけです。
「税込経理」と言います。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6375.htm
しかし、

>事前に消費税等の話はしておりません…

それでは支払い側の都合の良いように解釈されてしまいます。

>クライアント側からは税込み金額でも請求し支払ってもらう額面は10万円の場合、10万円を頂けるわけですよね…

よくお分かりになっているじゃないですか。
消費税について特に断りがなければ、支払い側は税込と考え、請求額ちょうどしか払ってくれませんよ。

事前に、「消費税は別途」あるいは「税別価格」などと話がついていれば、10万円の契約に対し 10万 5千円の請求書を書くことができます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mukaiyamaさん

ご回答ありがとうございます。

>「PVの製作協力料」とは具体的にどんなお仕事でしょうか。
>もう少し他人に分かるようにお書きください。
私の説明不足で申し訳ございません。
今回は色々と複雑な事情なので、一番近い仕事内容ですと、通訳に近いかもしれません。ただ、先方が通訳として処理するかどうかは分かりません。

源泉については、こちらから書くものではなく、先方が徴収すれば、勝手に引いた金額が振り込まれ、後は源泉徴収票を送付するよう依頼し、最終的に還元するように手続きをすれば良いだけのことなんですかね。。。

また、消費税に関しても、実際に得はしても損はしないということですかね。。。

なんとなく、みなさんにご回答をいただき、自分が取り越し苦労というか、ややこしく考えすぎだったような、気がしています。。。

お礼日時:2008/06/17 21:31

8823kinです。

決算を今年からやられる、と言うことで安心しました。私がそんな事まで気苦労する必要もないのにね(笑)。貧乏性ですかね?
あと、追加事項ですが、請求が100万円を越した場合
例えば製作費が110万円だった場合は、100万円に対して10%、100万円を超してしまった10万円にたいしては20%の源泉を引かれます。
先に引かれるだけで、貯金みたいなモノくらいに思っていてください。決算の内容次第で、戻ってきますから。これは、得した気分ですよ。個人事業主へのボーナスみたいな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

8823kinさん

ご心配してくださってありがとうございます。
初心者には嬉しい気遣いです。^^

先ほどのご回答と照らし合わせると、1つご確認があるのですが、
請求書内では、(上方部分の)請求金額には協力費+消費税を入れて、内容部分の(下方合計部分)振込み金額には源泉金額を引いた金額を書くということになると、請求金額と振込み請求金額が違ってくるのは問題ないのでしょうか?
また、消費税を請求し、仮に他の掲示板で言われているように、支払いがなかった場合、実際に損することは後ほど出てきますでしょうか?小売でないので、特に仕入れ経費的なものはないのですが・・・

もし、まだこちらを見てくださいましたら、お教えくださいませ。

お礼日時:2008/06/17 19:26

あなたが個人事業主で、相手が会社組織なら、請求は製作費+消費税が合計請求金額になります。

そこから製作費の10%が源泉として引かれます。それは会社側が先に税務署へ収める仕組みになっているからです。通常でしたら、あなたの口座へ入金される場合にも、手数料が引かれてから入金になるはずです。
ただ、開業届けを出していない……これはいかがなものでしょうか?いわゆる免税業者です。……ともありますが、あなたは決算業務(白・青)をしていないと言う事ですか?それの方が大問題ですよ。
税務署から「何かとんでもない事」をつきつけられそうですね。脱税している…と思われたら、累積で計算されると思います。
ご心配なら、税務署に聞いてみてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

8823kinさん
ご回答ありがとうございました。

分かりました、源泉は引かれて振り込まれるのですね。
請求書には書かないということなのでしょうか・・

今年から個人で動いているので、免税業者の範囲に含まれる(はず)という意味で、決算は次回は初になります。
説明不足で申し訳ありませんでした。

お礼日時:2008/06/17 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q消費税をとらない場合の請求書の書き方

売上が1000万を超えないので消費税をとらない場合があるのですが、その場合請求書(請求書には消費税の金額を書く項目があります)には消費税の項目は無記入でもよいのでしょうか?
0なら0と書いたほうが処理しやすい又は、合計金額を変えずに消費税の項目に金額を書いたほうがよいのか
どっちでも良いならそれでも良いのですが、こうやった方がいいよっていうのがあればアドバイス下さいm(_ _"m)

Aベストアンサー

>売上が1000万を超えないので消費税をとらない場合…

それは、あなたが取らないと思っているだけで、支払い側は内税と判断します。
例えば、10,000円に消費税 500円で 10,500円請求するところを、10,000円しか請求しなかったら、受け取った人は、
・商品代 9,524円
・消費税 476円
・合計請求額 10,000円
として経理処理します。

支払者が、請求者が課税事業者か免税事業者か区別することはありませんし、免税事業者であることを理由に消費税の支払いを拒否したりしたら、税法違反となります。

>どっちでも良いならそれでも良いのですが、こうやった方がいいよっていうのがあれば…

どっちでも良いですが、あなたに消費税の申告義務がないとしても、仕入れや経費に含まれる消費税は支払っているわけで、これを売価に転嫁しないということは、あなたが損をしていることになります。

消費税の仕組みについて、本質的な部分で認識誤りがあるようです。

Q税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

税込5万円の請求書を作成したいと思っています。

ところが、
(1)本体価格を47,619円にすると、消費税が2,380円で、合計49,999円
(2)本体価格を47,620円にすると、消費税が2,381円で、合計50,001円
となってしまいます。

この場合、請求書の表記はどのようにすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

本体価格 47,619円4銭76厘1毛  消費税 2,380円95銭23厘9毛

合計 50,000円 請求致し申す


・・・・・・


なんてね。

もともと税込み5万なのだから、端数が出るのは当たり前

どちらかを切り上げどちらかを切り下げて5万にしておけばいいのです。

個別の請求で1円程度の端数表示にあまりこだわる必要なし。

納付消費税=仮受消費税-仮払消費税

と、決算期間における会社全体の取引額での計算が求められますから。

Q個人への報酬支払いと消費税について

いつもお世話になります。
個人の方に技術を教えていただき報酬をお支払いしたいのですが、その方は年収は1000万円以下の方です。
この場合、消費税は当社及びその方にとってどのような処理をした方が良いでしょうか。
技術指導は随時発生する予定です。
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

消費税は、非課税取引/不課税取引/免税取引以外は、
相手が消費税の課税事業者該当するかどうかにかかわらず、取引時に消費税が発生します。

技術に対しての報酬とのことですので、
会社側はその個人の方に支払った報酬には税込で処理します。

個人の方は、税込みの売上で処理します。
個人の方の前々年の課税売上高が1000万円以下の場合は、
免税事業者となるため、消費税を申告して納税する必要はありません。

税務署でもらえる、消費税のあらましのパンフレットがわかりやすいです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/shohi/aramashi/01.htm

Q消費税請求していますか?(フリーランス)

※「法的に正しいのはどっちか」が聞きたいのではありません。その手の回答はお控えください。

フリーランスの方にお伺いしたいのですが、消費税は請求していますか?

ネットで検索すると「年収がいくらであろうと請求するのが正しい」とあります。
が、「現実問題として請求できるかどうか」は別の話だと思っています。

私は今まで消費税を請求していなかったのですが、あるときふと疑問になり、
試しに嫌いな担当者がいるギャラの安いクライアントへの請求書に消費税を入れて送ってみました。
そしたら激怒した感じで「ギャラは税込みです!早急に書き直してください!」と返事が来ました。
そして二度と仕事は来ませんでした(笑)

依頼時には、ギャラが税込みであることはまったく伝えられていませんでした。
なので、消費税を上乗せして請求されたことでイラッとして咄嗟に言った言い訳みたいに聞こえてしまいました。
また、世間的に「1000万以上の年収がない場合は取っちゃダメなんだよね?」と思ってる人も多いので、そのタイプだったのかもしれません。

考えてみると、ギャラの話で消費税のことを言われたことはありません。
ですが、以前社員だったときに外部に出していた請求書には当たり前に消費税の欄がありました。

私みたいに請求して怒られた(笑)方もいらっしゃったらお話聞かせてください。
また、依頼する側の方からの「そもそもギャラは消費税込みで計算してます」などのご意見もあれば、教えていただきたいです。

※「法的に正しいのはどっちか」が聞きたいのではありません。その手の回答はお控えください。

フリーランスの方にお伺いしたいのですが、消費税は請求していますか?

ネットで検索すると「年収がいくらであろうと請求するのが正しい」とあります。
が、「現実問題として請求できるかどうか」は別の話だと思っています。

私は今まで消費税を請求していなかったのですが、あるときふと疑問になり、
試しに嫌いな担当者がいるギャラの安いクライアントへの請求書に消費税を入れて送ってみました。
そしたら激怒し...続きを読む

Aベストアンサー

それは単純に契約内容しだいです。契約内容に税込みと書いてあるのか、税別と書いてあるのか。明記されていない契約書なら明記すべきです。

私の場合、最初提示された契約書に消費税のことが何も書いていなかったので、明記するよう書き直してもらったことはあります。また、年間の売り上げが1000万円以上か未満かにかかわらずもらっていますよ。

契約内容で書いているわけでもなく、事前の相談もなく今までとっていなかったのに、ある日突然上乗せしたら誰だって怒るでしょう。そういう自分勝手なことはしない方がいいと思います。

Q源泉徴収がある場合の報酬請求書の書き方

税抜き3万円の報酬に対して10.21%の源泉徴収をしてもらう場合、請求書の書き方についてお尋ねします。

報酬 30000円
消費税  2400円
源泉税  3063円

請求額 29337円
※源泉税は御社にて納付願います

と書くのはおかしいでしょうか。
源泉徴収漏れを防ぎたいのですが、どのような表記が一般的なのか教えてください。

Aベストアンサー

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を忘れて32400円を振り込んでくれればうれしいじゃないですか?

私の請求書:
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
=================
請求額合計   32400円


しかし、もし顧客との間で、「請求書には源泉所得税額を表示する」との合意があるのであれば、やはり【標準的な表記法】がいいですね。

それと、私の請求書には欠点もあります。顧客の経理担当者が源泉所得税額の計算を間違えて、

報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3308円
=================
差引き請求額  29092円

報酬額(本体)30000円に所得税率10.21%を掛けるのではなく、消費税込金額32400円に所得税率10.21%を掛けるという間違いをするかもしれないので、【標準的な表記法】はその間違いを防止する効果を期待できますね。

【標準的な表記法】
報酬額(本体) 30000円
消費税等の額   2400円
源泉所得税額(△)3063円
=================
差引き請求額  29337円

「※源泉税は御社にて納付願います」は余計です。顧客によっては「そんなことは言われなくても解っているよ」と不愉快に思うかもしれませんよ。


そもそも、なぜ源泉徴収漏れを防ぎたいと考えるのですか。私があなたの立場なら、源泉徴収を忘れてくれないかな。忘れてくれればラッキーなのだが………と考えますね。だって、源泉徴収を...続きを読む

Q交通費請求に消費税はかかる?

出張型のサービスをしております。
お客様にはサービス料金と交通費を合算しそこに消費税をかけて請求しています。

今更の質問なのですが、交通費に消費税をかけて請求していいのでしょうか?

Aベストアンサー

多くの場合はよくないです。
電車代やガソリン代などはすでに消費税が含まれているものです。
それを1.08倍するkとおは消費税の二重取りになって許されません。

例外は、ガソリンなどの経費計算が内税でされている場合ですが、
そういうケースは希でしょう。

サービス料金に消費税率をかけ、そこに交通費を合算するようにしてください。

Q業務委託の個人契約では消費税がなしなのか?

個人事業で、講師の仕事しております。

新しく、契約した会社で講習を実施して請求書(報酬金額に5%の消費税を加えた請求料金)を
発行したところ、

「請求書には消費税が記載されているが、業務委託の個人契約なので報酬という形になり
これは消費税なしである。」

という通知が来ました。これは正しいのでしょうか?

これまで、他社では普通に消費税を請求し支払ってもらっていました。

Aベストアンサー

>業務委託の個人契約なので報酬という形になりこれは消費税なしである…

消費税の課税要件を復習してみましょう。

1. 事業者による国内での取引
2. 対価を得て行う
3. 資産の譲渡、役務の提供など

の 3つを同時に満たすことです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

1. については、法人であることなどとは書いてありません。個人事業者も消費税に関しては立派な「事業者」です。

2. については、対価の名目までは記載されていません。仕事をしてお金をもらうならすべて 2. に該当します。

3. については、「役務の提供」で何ら問題ありません。

>という通知が来ました。これは正しいのでしょうか…

正しくありません。
消費税法を盾に、追加請求しましょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q請求書の消費税

フリーランスになりたてのものです。
初歩的な質問かと思いますが、すみません。

請求書に、先方の業務担当者から言われたままの額を記載し提出しました。
そうしたところ、経理の方から伝電話があり、
「他の方は消費税を書いていたりしますが、それはいいのですか?」と聞かれました。
私は、フリーになって間もない請求で、主張するのが怖かったせいもあり、
担当者の方には何も言われてないからと、その際には税込みということにしてしまいました。

そして、しばらく経ち、同じクライアントで、別件でギャラの話になった時に、
担当者の方に、思いきって
「前回、経理の方から、消費税はどうするのか聞かれたのですが? 皆さん請求しているようですが?」と言ってみました。
そうしたところ、収入は1000万を越しているのかと聞かれ、そうではないと答えたところ、
「あなたは、収入が1000万を越していないから、消費税を取られない。
よって税別で書く必要はない」と言われてしまいました。

でも、後で考えてみると、予測で1000万は越さないと分かっていても、
その年の締めにならないと年収額はでないし、
よって消費税を納めるか否かも分からないしなぁ・・・、と疑問もわきました。
経理の方が、消費税は?と聞いてきたのも気になります。

ちなみに、別のクライアントに、消費税はどうすればいいですか?と尋ねた際には、
付けていいですよ、とのことでした。

そこで質問なのですが、前のクライアントのような考えで、
ギャランティには、消費税は別途請求しないということでいいのでしょうか?
このクライアントとは、一度「税別ではない」ということにしてしまったので、
もう、別途消費税をくださいとは、言い出せない状況かと思います。
それと、経費の節約を念頭に置いていそうな会社で、すんなり受け入れてもらうのは難しそうです。

ですが、今後の参考にしたいので、よろしくお願いします。

フリーランスになりたてのものです。
初歩的な質問かと思いますが、すみません。

請求書に、先方の業務担当者から言われたままの額を記載し提出しました。
そうしたところ、経理の方から伝電話があり、
「他の方は消費税を書いていたりしますが、それはいいのですか?」と聞かれました。
私は、フリーになって間もない請求で、主張するのが怖かったせいもあり、
担当者の方には何も言われてないからと、その際には税込みということにしてしまいました。

そして、しばらく経ち、同じクライアントで、別件でギャラ...続きを読む

Aベストアンサー

詳しい話がいろいろと出ていますね。


>納税の義務はないが、消費税をもらう権利(?)はあり、もらわないと損するということなんですね?

>お仕事の内容が書かれていませんが
説明不足で、すみません。仕事はデザイン業です。
>「非課税取引」や「不課税取引」、「免税取引」に該当する職種でない限り
この辺になると、訳が分かりません・・・。
ザイン業は、どういう取引になるでしょうか。

デザイン業・・・課税取引です。
非課税でもなく(生命保険はじつは消費税かかっていません。あとアパートの家賃も。医療もね)
不課税でもなく(代表的なものは税金)
免税取引(免税店)
でもありません。
マッサージやさんにいって料金を払うとき、これは消費税はらってます。
コンビニで「物」を購入する、マッサージで「サービス」を受ける、一般的な消費行動を消費税では、
財の譲渡、役務の提供、これらに対する「対価の支払い」。とよびます。



消費税のトライアングル
お客様(先方の会社)・・・事業者(あなた自身です)・・・税務署(所得税、消費税)

お金は左から右に流れます。
これが延々とつづいて成り立っています。あなたがコンビニで買い物すれば「お客様」、コンビニは「事業者」と立場がかわります。
が!!今回は、事業者としてのおはなしです。

1、請求書について

消費税を請求書に、別建てでのっける場合、込みでのっける場合、のっけ忘れた場合が想定されます。あなたの場合は、忘れたケースですが、みなさんおっしゃるように、損しています。
なお、ここが大事なのですが、消費税を請求するしないは、任意ですが、ふつうはのせますよね。
「当店では消費税はとりません」というお店がある場合、そのお店は「消費税の免税事業者」です。
おととしの売上高が1,000万円越えなかったからです。その見合いで、わざわざ消費税とらなくても損はしないのです。

でも、ふつうはのせます。ぜひ、載せてください。
あくまでも、この時点では、これは、先方とあなたの間の話です。


2、税務署とあなた

論点は1、納付義務があるのかどうか?
2、じゃあ金額は?
のふたつ。

消費税を納めるのは、事業者の義務です。うけとった消費税分は、差し引き計算で納付する「義務があります」

さて、この差し引き計算ですが、消費税を払った・もらった、もらったが多いから差し引きを納付する。まちがいじゃありません。
じゃあ、消費税を請求し忘れたら、その分は「納めなくてよいの?」と疑問がわかないでしょうか。
答えは、そんなのかんけえねえ、払え、です。
なぜかというと、消費税のやりとりは、あくまで民間同士のものとなっているためです。
税務署の関知するところではありません。

消費税分を含めた受取総額がまず大事で、そこから逆算して受取消費税を算出し、差し引き計算にもっていくわけです。
差し引きに用いる消費税金額は、まず受取分、支払い分各々の総額から逆算してはじき出します。


納付義務があるかどうかは、ややこしいですが、おととしの売上総額をみて判断します。
1000万円こえてたら、納付義務あり(今年の予測は関係ない。今年の分は再来年の話、再来年どうなるかに影響してくるだけ)、

1000万円未満なら、納付義務なし。



3、コンビニやスーパーでの消費税は、いただきませんセール

結局、消費税はうけとっていないようにおもえますが(お客様からうけっといないのはたしかですが)、
税金の上ではそんなの関係ないので受取総額に対して、5割る105したところが、受取消費税になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

消費税のっけるのっけないは、当事者のことがら。
消費税の受取金額は、総額からはじきだす。
だから、消費税は本体分と一緒に入金されたとしても、べつに考えておかないと(分けて管理しないと)、納税資金がなくなる。

ただ、納付義務があるかどうかは、おととしによって決まり、今年は関係ない。
毎年ころころ変わるひともいる。混乱する人も多い。


消費税分、できることならもらってください。納付義務あるなしにかかわらず、請求していいのです。それが当たり前というか、そういうものなのです。
納付義務があるかどうかはあなたと税務署との話であって、先方は関係ないのです。

かなりおおまかに書きました。
もし、1000万円こえるようなら税理士にお願いしたほうがいいし、そうでなくて面倒だって思えばそうしてもいいでしょう。。。

詳しい話がいろいろと出ていますね。


>納税の義務はないが、消費税をもらう権利(?)はあり、もらわないと損するということなんですね?

>お仕事の内容が書かれていませんが
説明不足で、すみません。仕事はデザイン業です。
>「非課税取引」や「不課税取引」、「免税取引」に該当する職種でない限り
この辺になると、訳が分かりません・・・。
ザイン業は、どういう取引になるでしょうか。

デザイン業・・・課税取引です。
非課税でもなく(生命保険はじつは消費税かかっていません。あとアパートの家賃...続きを読む

Q請求書の消費税の書き方、計算方法を教えてください

請求書の消費税の書き方、計算方法を教えてください。

この度、フリーで初めてホームページ制作のお仕事を依頼されたのですが、
請求書の書き方でわからない部分があったのでどなたか教えていただけないでしょうか?

以前見積書をクライアントに送った際、「お見積金額 (税込み)」として\100,000の金額を記載した場合、
請求書には
「小計」→\95,000
「消費税等」→\5,000
「合計金額」→\100,000

このような書き方で問題ないのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

問題大有りです。
消費税は5%ですよ、法律で決まっています。
もらったお客様も正式な書類として使えません。
仕事は間違っても何とかなりますが、お金は間違うと信用問題で命取りにもなります。
そもそも、見積りの時に金額を計算したはずです、どういう計算でその金額にしたのでしょうか?
全て税別で計算して合計に5%かけて総合計が見積もり金額として出したならそのまま請求書も同じ内容でいいことになります。
見積りを税込み総額表示で出す場合は、見積もり書フォームには必ず合計欄と消費税欄と総合計欄が必要だと思いますし、そういう風に計算すれば請求も同じですみ簡単ですからお勧めします。
小技ですが、5%足した金額が整数になるような金額にすると(端数は値引きとかで調整)計算も簡単です。
ネットでフリー素材でエクセルの見積もり書フォームなどがたくさん手に入りますので参考にしてみてください。
今回の場合は他の方の計算で請求するのが正解だと思います。

Q請求書における「内税」「外税」の明記

こんにちわ。
一般事務の仕事で経理処理の仕事をしているものです。毎月お取引先から頂いた領収証を伝票処理して、本社へ送付してお取引先に入金・・・というような流れで処理しています。
このお取引先からの請求書にはエクセルで作成された「明細書」が別途添付されます。請求書本伝票と明細書がセットで受け取るような形なのですが、今回は先方様の事情で「明細書」を請求書として扱うことになり、担当の方が明細書を請求書として作成され、本日請求書を頂きました。
いつもこの明細書は税抜き金額が書かれております。先方様も請求書発行の際に慌てたのか、頂いた請求書には消費税がかかっておらず、税抜きで請求されてたんですね。多分明細書をそのまま「請求書」として作成されたので、確認しなかったのだろうと思いますが・・・。その際、こちらとしては消費税分請求されていないので安く済むということでありがたいのですが、気になったので「内税か外税なのか」たずねましたら、やはり「消費税分計算して出しなおす」ことになりました。
正直、このいただいた請求書は高額なもので、本社締め日が迫っている為、このまま内税として処理したいと思ったりしたのですが、もし仮にこのまま内税として処理するにしても、請求書には「内、消費税○○円」と明記されていないといけないのでしょうか?それとも明記されてなくてもいいのでしょうか?

このようなミスは初めてなので、知識がありません。

どなたか教えてください!

こんにちわ。
一般事務の仕事で経理処理の仕事をしているものです。毎月お取引先から頂いた領収証を伝票処理して、本社へ送付してお取引先に入金・・・というような流れで処理しています。
このお取引先からの請求書にはエクセルで作成された「明細書」が別途添付されます。請求書本伝票と明細書がセットで受け取るような形なのですが、今回は先方様の事情で「明細書」を請求書として扱うことになり、担当の方が明細書を請求書として作成され、本日請求書を頂きました。
いつもこの明細書は税抜き金額が書かれ...続きを読む

Aベストアンサー

>請求書には「内、消費税○○円」と明記されていないといけないの…

ご質問の主旨はここですか。
商慣習として、事業者間取引においては、消費税を別途記載しなければならないなどという決め事はありません。
請求書に書かれた総額だけを支払えばよいのであって、税額が記載されていなければそれは内税と考えます。
うち○○円と書かれていなくても、それが課税取引であるなら、105分の 5が消費税なのです。

合計請求書を添付せず納品書だけで請求してしまったのが先方の事情によるものなら、あなたの会社に余分な支払いをする理由はないでしょう。

とはいえ、今後ともその会社と円満に取引を進めていきたいなら、先方の非は非として認め、早急に請求書を出し直してもらうような配慮はあってしかるべしでしょう。


人気Q&Aランキング