出産前後の痔にはご注意!

重油にはA重油、B重油、C重油等の種類がありますが、この等級分けは世界共通のものなのでしょうか?

また、それぞれ英語では何と表記するのでしょうか?よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

本来的なheavy oilといえるのはC重油だけです。


B重油は実際にはほとんど流通していません。
A重油は性状として軽油に近いものです。 軽油との大きな違いは税金です。
軽油は自動車用として道路財源を目的とした軽油取引税がかかりますが、A重油はボイラーや発電用ディーゼル、農業用トラクタなどに使われ、軽油取引税がかかりません。
    • good
    • 0

ABC重油は JIS規格であり、日本国内の規格です。



石油というか原油というのは、「水素と炭素の結合を中止として いろんなものが混じっているもの」程度の物であり、鉄 とか 酢酸 のようにはっきり定義できる物ではありません。
利用に際しての基準の定義程度の物です、石油類の定義というのは
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重油の種類について

A重油、C重油、HSC重油などの種類があるようですが、
これらの違いはなんですか?
それぞれ何を意味しているのでしょうか?


参考:https://stats.paj.gr.jp/guidance/sample/member/current_jp_e.html

Aベストアンサー

元製油所勤務者です。

各重油の違いについては、既出の回答者さんが詳しく書かれていますので、少し補足と言う事で、お願いします。

まず、HSCについて…。HSCのHはHi、SはSulfur(硫黄)、CはC重油の事です。(反対はLSCです。LはLow)

硫黄の含有量が異なるのは、原油その物の性質が産油国によって異なるからです。南スマトラ(通称「ミナス」)産の原油は、重質分が多く、常温ではほぼ固まっています。硫黄分が少ないのが特徴です。

アラビア方面の原油は、軽質分が多い反面、硫黄分が高くなります。常温でも固まりません。

中国産(大慶=ターチン)は、中間溜分(軽油になる分)が多く、緑色をしています。常温でも固まりません。

これら原油によっても、成分の含有率は異なりますので、当然、蒸留で得られる半製品(原油を蒸留しただけでは製品にはなりません。)にも関係します。製油所では、硫黄分を下げる事が命題とも言える課題となっています。(硫黄分が多いと、Noxなどが増える)

各サイドカット(蒸留塔の途中から出てくる各半製品)などは脱硫装置などを通して、硫黄分を下げていますが、減圧蒸留塔のボトムから出て来るC重油などは、「半製品=製品」となる所が多く、硫黄分を下げる為のコストはかけたくないのです。(重油は言うなれば、残り物扱いの半製品と言うことになります。)

重油の精製量を如何に少なくするかが、製油所における永久課題と言えると思います。

元製油所勤務者です。

各重油の違いについては、既出の回答者さんが詳しく書かれていますので、少し補足と言う事で、お願いします。

まず、HSCについて…。HSCのHはHi、SはSulfur(硫黄)、CはC重油の事です。(反対はLSCです。LはLow)

硫黄の含有量が異なるのは、原油その物の性質が産油国によって異なるからです。南スマトラ(通称「ミナス」)産の原油は、重質分が多く、常温ではほぼ固まっています。硫黄分が少ないのが特徴です。

アラビア方面の原油は、軽質分が多い反面、硫黄分が...続きを読む

Q質量パーセントと重量パーセント

質量パーセントと重量パーセントの単位はそれぞれ違うのでしょうか?
mass% wt%というのがありますが、それでしょうか?
また、このmass%とwt%の違いも教えていただけませんか?

Aベストアンサー

質量パーセント濃度と重量パーセント濃度は同じで、mass%とwt%も同じことを表わします。
でも、混ぜて使ってはいけません。
「質量」とmass%を使うほうが望ましいと思います。

Qas per your requestについて

メールのやりとりでよくあなたのリクエストに従い~といった意味で「as per your request」を使用するのですが、他にも「at your request」や「as you requested」を見かけます。
細かい意味の違いや使い方がよくわからず気になっておりました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) as per your request
(2) at your request
(3) as you requested

(1)(2)(3) 大まかな意味は全く同じで、(3)→(2)→(1)の順に古くさいというか、もったいぶったというか、大袈裟というか、かしこまったというか、そんな感じです。

も一つついでに

(4) according to your request
(5) in compliance with your request
(6) in complying with your request

達も仲間ハズレにせず入れておいて。

Q単位の何本とかってなんて訳せばいいんですか?

花1本の本、灯篭1本とかの本ってなんて訳せばいいんですか?ローソク1本とかの本って英語で何て訳しますか?

Aベストアンサー

普通「花1本」とは言いませんよね。「花1輪」です。
で、英語では「a (single) blossom」と言います。
つまり、1つ2つと数えることのできる物には、その単語の前に a か one を付ければいいのです。

英和辞典の見出し語と発音記号の次に「名詞」の(名)とその次に(U)とか(C)とか書いてありますよね。
これは、(U)は an uncountable noun =「不可算名詞」、(C)は an countable noun =「可算名詞」のことです。
ですから、(C)の付いている名詞には、a や one を付ければいいし、(U)の付いている名詞には、a cup of, a glass of, a bottle of, a piece of のようにそれらが数えられるようになっている状態で表せばいいのです。
でも、ネイティヴの人でも普段の会話の中では、
Please give me a beer.
と言ったりします。つまり、これは既にビールがジョッキでくるのか、瓶でくるのか分かっている場合にいちいち、a mug of beer とか a bottle of beer とか言わないで済むからです。

普通「花1本」とは言いませんよね。「花1輪」です。
で、英語では「a (single) blossom」と言います。
つまり、1つ2つと数えることのできる物には、その単語の前に a か one を付ければいいのです。

英和辞典の見出し語と発音記号の次に「名詞」の(名)とその次に(U)とか(C)とか書いてありますよね。
これは、(U)は an uncountable noun =「不可算名詞」、(C)は an countable noun =「可算名詞」のことです。
ですから、(C)の付いている名詞には、a や one を付ければいいし、(U)の付いている...続きを読む

Qチェックボックスの箱のサイズとフォントサイズは変更できるの?

こんにちわ。

エクセル2000でチェックボックスを作成したのですが、
やや、小さいのでサイズを大きくしたいのです。
ボックスサイズ、ボックスの横に入れる文字の
フォントサイズは大きくできるのでしょうか?
もし、できるのなら方法を教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

コントロールツールボックスのチェックボックスならプロパティにFontがあるので変更できます。

フォームのチェックボックスやオプションボタンのフォントサイズは変更できなかったと思いますが、変更したように見せかけはできます。使用上、特に問題はないと思います。(だからダイアログにフォントがない?)

チェックボックスの位置によって、
(1)チェックボックス(四角)がセルの中央にある場合
 チェックボックスのテキストを必要な長さの空白にしてしまいます。
 チェックボックス(四角)の右横のセルにチェックボックスの説明のテキストを入れます。
 セルの書式設定でフォントが変更できます。
(2)チェックボックス(四角)をセルの境目などにセットする場合
 チェックボックスのテキストを必要な長さの空白にしてしまいます。
 図形描写からテキストボックスを選択し、チェックボックスの説明のテキストを入れます。
 テキストボックスは『線なし』にしておきます。2行で表示したりもできます。
 チェックボックスとテキストボックスを重ねて、見た目を調節します。
 テキストボックスを選択し、右クリック→順序→最背面へ移動 とします。

ご参考に。

コントロールツールボックスのチェックボックスならプロパティにFontがあるので変更できます。

フォームのチェックボックスやオプションボタンのフォントサイズは変更できなかったと思いますが、変更したように見せかけはできます。使用上、特に問題はないと思います。(だからダイアログにフォントがない?)

チェックボックスの位置によって、
(1)チェックボックス(四角)がセルの中央にある場合
 チェックボックスのテキストを必要な長さの空白にしてしまいます。
 チェックボックス(四角)の右横のセ...続きを読む

Q「~の変化」は change in ~? change of ~?

「~の変化」を表現したくて change を辞書で引くと
・change in ~
・change of ~
の二つが出ています。これらの使い分けがよく分かりません。

辞書によると

the change of life (女性の)更年
a change of seasons 陽気の変わり目
the ~ of voice (思春期の)声変わり

a change in the weather 天候の変化
a change in working hours 就業時間の変更

となっています。

(1) これらはそれぞれ of, in のどちらでも良いということでしょうか?
(2) それとも、個々の状況について of, in の使い分けを丸暗記しないといけないのでしょうか?
(3) 覚えなくても、of, in の使い分けに何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は前置詞の研究をしているので、前置詞に関する疑問には関心があります。それで、他の回答者はどのように回答しているのか興味があります。なにしろ、前置詞の使い方にどこまで理解しているのかが、その人の英語の実力が計れますからね。

 No.1回答者の意見でもいいけれど、他の表現に出会ったら、困りますね? まず、「of」と「in」との違いはどこにあるのかが、質問者の疑問でしょう?

 これを理解するためには、英語の時間感覚を知る必要があります。日本語でもあるだろうと思われがちですが、そうでなく、キリスト教的時間感覚です。まあ、細かいことは別の機会にするとして、「of」は過去からの発生を意味します。これに対して、「in」は現在の発生を意味します。ですから、質問者の文例を借りて説明すると、

「the change of life (女性の)更年」とは、過去からの変化(つまり、過去から現在までの)全体の変化を意味しているのです。これに対して、「in」の方の例文を見ると、

 「a change in the weather 天候の変化」とは、現在の天気の変化(つまり、現在時点のみの変化)を指しているのです。たとえば、季節を表すとき、「in spring, in summer...」と表すこと知っていますね? このように、目の前の現象(天候の変化)を示したいとき、「in」を使うと覚えるのです。

 念のために、仮に「the ~ in voice 」だと、「うーん、昨日はカラオケで歌いすぎたわい、そのためか、のどがガラガラする」と言った「現在時点での変化」を意味しているのです。

 ですから、同じ「変化」でも、「全体での変化」なのか?「目の前の現象(=現在時点)の変化」なのか? と話し手の判断で変わります。ですから、文脈を見て使い分けてください。

 念のために、他の回答者の意見もよく読んで理解してくださいね。

 私は前置詞の研究をしているので、前置詞に関する疑問には関心があります。それで、他の回答者はどのように回答しているのか興味があります。なにしろ、前置詞の使い方にどこまで理解しているのかが、その人の英語の実力が計れますからね。

 No.1回答者の意見でもいいけれど、他の表現に出会ったら、困りますね? まず、「of」と「in」との違いはどこにあるのかが、質問者の疑問でしょう?

 これを理解するためには、英語の時間感覚を知る必要があります。日本語でもあるだろうと思われがちですが、そ...続きを読む

Q英語で「搬入口」ってどう表しますか?

イベント会場や、百貨店などの裏口でよく見かける
「搬入口」「資材出入り口」などの、
人間ではなく、資材や物品が出入りする場所はここよ、ということを
英語ではどう表すのでしょうか?
対象は人間ではないので、receptionを使うのには
何となく違和感があるのですが、
翻訳ソフトを使ったら、mouthなんて、「まんまやんけっ!」てな
単語が出てきてしまうし…(笑)。
詳しい方、いらっしゃいましたら
ナチュラルで、違和感のない表し方を教えてください。
以下に相当する言葉であれば何でも結構ですので…。
「資材(物品)受付」「資材(物品)出入り口」
「資材(物品)搬入・搬出口」

Aベストアンサー

こんばんは。

entrance と他の単語を組み合わせるようです。

carry-in entrance
carrying-in entrance
service entrance

QHeadquarters(HQ)はなぜ複数形?

タイトルのままですが、Headquatersは、会社で言えばいわゆる“本社”だと思うのですが、どうして複数形になるのでしょうか?また単数で使う場合もあるようですが、どのような違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

headquartersは、本来司令部の意味です。企業でいえば、指示系統のトップでしかなく、日本語の本社(多くの場合、たった1つのビル、たった1つの場所。ただし東京本社と大阪本社が両立する場合もある)とは異なります。

実際多国籍企業では、アジア地域のHQ、ヨーロッパ地域のHQなど複数のHQが存在しています。
また、軍の司令部でもあるので、たとえば戦時中日本軍がマレー半島に攻め入り、イギリスを追い出したあとの司令部の1つを(日本軍全体のか、あるいは南方部隊のものかは不明ですが)シンガポールに置いたのですが、それを現地の書籍が HQと呼んでいました。もちろん、総本山は、日本にあるわけなのですが。

司令部って、たった1人のリーダーの判断によるものでもなく、たった1つの部署名でもなく、内部に複数の部署や担当者がいて成りたつから、複数系のイメージはぴったりきます。

Qcountermeasures とmeasures

欠陥商品が出てしまったので、お詫びと今後の対策を書く場合、
今後の「対策」はmeasures ですか、それともcountermeasuresですか。
「対策」としては部品交換、品質管理の徹底などを挙げています。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問者の書かれる今回の書面の中では、「measures」を個々の措置、全体像を「countermeasures」と位置づけたら、わかりやすいのではないでしょうか。

「対策」となる「しかるべき措置や処置」のそれぞれ、あるいはそのグループが一般に「measures」であり、それが防御・防衛措置としての確固たる目的や用途のもとでとられる措置なのなら、特に「countermeasures」と呼べるでしょう。

お手紙やプレス・リリースの文面としては、欠陥を防ぐ、もしくは出てしまった欠陥に対処する措置として「countermeasures」の施行を謳うこととなり、そのなかで展開される具体的な措置が、個々の「measures」として箇条書きできていれば、きちんとした文面になると思います。それぞれの「measures」が、前に別の言葉がついた、たとえば「security measures」だったり、あるいは他の回答者が挙げられたまったく別の言葉だったりしてよいわけです。しかし、それら全体が、今後の欠陥を予防し対処する目的でかかげられているのだから、その全体像が「countermeasures」といえるわけです。

もっとも、こういったお手紙やプレス・リリースそのものを出すこと自体が、マスコミの報道や株価の落ち込みなどに対処するための有効な「countermeasures」として使えるわけです。「countermeasures」の意味、これならつかめますよね?

ネット上や業界内の他社の過去の資料などからも、こうしたプレス・リリースの目的で書かれた「countermeasures」についての文面は見つかると思います。

ご質問者の書かれる今回の書面の中では、「measures」を個々の措置、全体像を「countermeasures」と位置づけたら、わかりやすいのではないでしょうか。

「対策」となる「しかるべき措置や処置」のそれぞれ、あるいはそのグループが一般に「measures」であり、それが防御・防衛措置としての確固たる目的や用途のもとでとられる措置なのなら、特に「countermeasures」と呼べるでしょう。

お手紙やプレス・リリースの文面としては、欠陥を防ぐ、もしくは出てしまった欠陥に対処する措置として「countermeasures」の...続きを読む