医学部への入学後、学閥はどんな影響があるんですか?
東大とか京大、慶應、阪大、九州大とか学閥が強いと言われていますが、ではこれらの大学を卒業するとどんな利点があるのですか?
そして、その他の医学部を卒業した場合は、医局や大学院でどんなマイナス面があり、医局や大学院などで挽回できないのですか?
詳しくお願いします。

A 回答 (7件)

No.4, 5の内科医です。



> 研究で、必要なのはなんですか?

語学はその道のプロがいるのでそこそこでも大丈夫です。
人脈は必要ですが、それはその業界での人脈でないと意味がありません。理想的なのは投稿することになるであろう医学雑誌の編集者や論文を審査するであろう同じ分野の研究者です。
資金は自己資金ではあまり評価されないでしょうね。できれば公的な研究費を獲得できることが望ましいです。

> 私は、現代の精神病、ストレスとか、うつについて研究を考えています。できれば、一人でしようと思っています。

質問者様はまだ高校生なんですよね。医師になって勉強していくうちにこの回答の意味がわかるようになると思いますが…。
臨床研究においては症例の集積、解析法には手順というかお作法があります。それに従っていない研究を発表しても残念ながら受け入れられません。従って、その分野で大成している研究者の元で研究をする必要があります。上でコメントした人脈も指導者をきっかけに広がっていくことが多いです。

> 例えば、病院の臨床で得た知識を発表したりすることです、どうですか?

厳しい意見ですが、病院の臨床で得た知識=もう既に知られている知識が大多数です。それを発表しても意味はありません。万が一、新しい疾患だったとしても初めはケースレポートとしての発表になるので、原著論文としてはカウントされません。またケースレポートは山ほど発表されているのでなかなか評価されないことが多いです。実際の臨床メインの一般病院の研究発表はその様なものも多いのは事実ですが…。その場合は国内学会での発表や国内の商業誌が限界でしょう。

研究で大成するためには、人脈、資金の面からも指導者の存在は大きいです。質問者様が研究をメインに考えるのであれば、一流と言われる大学(旧帝大など)に進むべきです。学部の時は他の大学でも目標とする旧帝大に入局すれば「おそらく」問題は無いと思います(私は問題ありませんでした)。臨床、研究いずれに進むにしても一流校である方がいいでしょうね。ただしNo.4の初めに書いたように将来働く地域の一流校でないと意味は無いのでよく考えてください。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

#3で回答したものです。


No4 and 5の回答者さんがかかれているパターンは懇切丁寧で正しいのですが、若干好意的に書いてくれています。実際には大学に残って激務薄給だけど研究などの好きなことをする、開業して経営に腐心するのどちらかに絞った方が成功します。

先日政府は公式に「医師不足であること」を認め、医学部定員数の増加にまで言及しました。これはこれから入学してくる医学生の開業適齢期には開業医は供給過多になることを暗示しています(勤務医は別)。
当然現役医師もそのことを感じていますからチャンスがあれば早く開業しようと考えますし、国自身が開業医よりも(激務でも文句を言わずに働いてくれる)勤務医を欲していますから、これから入学されるのであれば開業は大変厳しくなっていると推測されます(歯科医師の現状をみて頂ければわかるかと思います)。
尚、両親が資産家あるいは医院を継げるのなら話は別です、これも歯科医師と同じですね。

研究もお金にはかえられない魅力がありますし、日本人の平均給料+20%位は稼げますから、医局に所属し色々と教わるのもいいでしょう。
反対に将来の開業のことを考えるならば、借金は少ない方が良いに決まっているので開業までにどれだけ診療スキル(技術だけでなく、患者さんへの接し方やあしらい方も含めて)を高め、資金を貯めることができるかが勝負になります。となると研究よりも臨床・給料にウェイトをおいた職場選びが必要になります。
結局の所有名大学に入って損はありません、どちらの道も選べますから、ただし無理に両方を得ようとすると中途半端なところで彷徨ってしまいます。ちょっと生まれた時期が遅かったですね。
    • good
    • 0

No.4の内科医です。


1.初期研修について
国家試験に合格すれば医師免許が交付され医籍に登録されます。また各都道府県で保険医登録を行えば保険診療も可能です。研修を受けなかった場合の制限は現時点では、「医療施設の開設者になれない」だけだったと思います。ただ多くの拠点病院では初期研修を受けていることを採用条件にしていることが多いです。派遣業者に仲介してもらえばアルバイトは可能だと思いますが…。

2.医局
回答者の言う「医局」というのは大学の医局です。たとえば「東京大学 呼吸器内科学教室」などのことです。教授を頂点とする組織で各関連病院の医師もすべてこの組織の一員です。医局に所属する医師は医局の人事異動に従って病院を移動します。したがって病院に人事権はなく医局(教授)が人事権を持っています。
ちなみに各病院にも「医局」というものはありますがこれは組織ではなく「医者のオフィス」という意味合いで使われています。

初期研修については厚労省から通達があり年収300万円程度はあることになっています。これは大学病院でも同じです。健康保険も適応されます。その後は病院によって異なりますが、基幹病院(市民病院、日赤)では社会保障はしっかりしています。大学病院の医員の場合は健康保険は適応されますが原則非常勤扱いで、20万円/月(税込)程度です。

3.開業資金
土地・建物からすべてそろえると地方でも最低で1億です。都内は見当がつきません。また保険の算定は3ヶ月後なので約半年程度の資金(スタッフの給与、薬剤の購入、光熱費など)の準備も必要です。テナントの場合でも5000万円程度は必要です。

4.開業医は儲けているのですか?
これは聞いた話だけですが…。
開業医はケースバイケースです。ある知人は引き継ぎで開業したのはいいが患者さんがあまり来ないため、スタッフの給与を賄うため土日に他所でアルバイトをしているそうです。また別の知人は開業したら個人収入が3000万円になったとのことです。平日はとても忙しいが日曜日はゆっくりできるとのことです。
収入はすべて医療保険からです。そのため患者さんが来るか来ないかで天と地程の差があります。再診料+外来加算は約1200円ですが、診療所の場合は慢性疾患では指導料が2250円加算されます。大病院は再診料の700円のみです。現在の政策では診療所の開業医の方が儲かるようになっています。荒い計算ですが、1日に患者さんが40人くれば週に200人、月に800人です。実費のかからない再診料だけで100万円です。慢性疾患が半分いれば、プラス100万円です。ちなみに薬は院外処方がほとんどなので処方料の約500円のみです。1日40人ということは均等に患者さんが来ても1時間に6人は診る必要があります。それでこの程度です。儲かっている開業医さんはおそらく100人/日はみているそうです。金持ち暇なしか、貧乏で平日暇で休診日に忙しいという状況になるようです。

4.については体験した訳ではないので話半分で読んでください。
参考になれば幸いです。

この回答への補足

とても丁寧にありがとうございます。
研究で、必要なのはなんですか?
具体的には、語学(英語)?人脈?資金でしょうか?
私は、現代の精神病、ストレスとか、うつについて研究を考えています。できれば、一人でしようと思っています。例えば、病院の臨床で得た知識を発表したりすることです、どうですか?

補足日時:2008/07/03 21:42
    • good
    • 0

呼吸器内科医です。

地方国立大学卒業後、地元の旧帝大の医局に所属しています。現在は研究留学中です。

まず学閥についてはN0.3の方の回答が的を射ていると思います。とにかくいわゆる「学閥」というのは医局という関連病院も含めた組織の中だけでの話です。将来その大学の医局に入らないのであれば、無理に有名大学に行く必要はありません。たとえば私の大学の医局に東京大学や慶応大学の卒業生がきても「他大の先生」とみなされるだけです。もし有名大学に入れた場合に「学閥」というものを利用したければその大学の医局に入る方がいいでしょう。しかし、故郷に戻る場合はたとえ東京大学を卒業していても、あなたが駅弁と呼ぶ地元の大学の卒業生以下の存在になってしまいます。将来どうしたいかをよく考えてください。

No.3の補足についてです。
> (1)したい研究があるからです。(2)将来はその研究をやりながら、病院を開業したいです。(3)論文などを発表したり、本を出版したいです。

うーん、これはどうでしょう。(1)と(3)、または(2)と(3)は可能です。しかし研究をしながら開業は難しいかもしれないですね…。
(1)(2)(3)をすべてかなえる条件としては、
A:質問者様もしくは将来の配偶者が開院資金を出せるほどの資産家である。
これがあれば可能です。(1)(3)は努力で可能です。(2)はお金さえあれば可能です。また(3)も論文はいわゆる商業誌、本は自費出版であればお金で解決できます。本が世間に出回ってから突然注目されて本当に有名になる可能性もあります。
B:臨床をメインに行い、開業資金をためつつ臨床の腕を磨く。研究は開業してお金を稼いでから独学で行う。これも途中までは努力で達成可能だと思います。ただ基幹病院(市民病院や日赤など)の年収は税込みで、300~600万円(1~5年目)、500~1000万円(4~10年目)程度です。やはり開業には借金は必要ですので、開業後のセンス次第でしょう。

研究を大学院などで行う場合は指導者の研究に関連したものしかできません。理由は研究費です。通常の研究費は科研費という国や企業からの助成金で行います。教授などが応募した研究内容に対してのお金ですので、成果の報告義務がありますし、それに関する論文が出ないと次が通らなくなります。応募資格があるのは原則は助教(助手)以上の教官ですのでアカデミックポストに就くまでは「自分のしたい研究」というのは無理でしょうね。もし資産家であれば大学にお金を入れて自分のための寄附講座をつくることはできるかもしれません。製薬会社や財団をつくる必要があるかもしれませんが…。

医者出身の医学研究者の現状で知りたいことがあれば捕捉で質問してください。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます。
質問したい事柄がいくつかあります。
質問が多いので、回答してくださるなら誰でも構いません。

1.医学部卒業して、国家試験に合格しても医師になれないのですよね?研修(スーパーローテ?)は、全員が受けなければならないのですか?研修をしなかったり、研修途中でやめても医師になれるのですか?
2.医局と研修が自分の中で少しごちゃまぜですが、
医局って研修さきのことを指すのですよね?研修中は無給の所も存在するのですか?どの研修先も、研修中は健康保険も完備されている、いわゆる労働基準局の就労扱いなのですか?
3.将来、開業したいのですが、安くていくら開業資金がいるのですか?テナントで
4.以下は単純な(一言での)答えではなく、詳しく実情を知りたいです。
一般人は、医師は儲かると言われていますが、実際、開業医は儲けているのですか?だとしたら、どこからそんな収入を得ていますか?要因が何でしょうか?
なぜなら、私は農村部に住んでいますが、個人開業が最近目立っているからです。それも、一軒家の大きさの病院で設備もあまりない病院なのです。健康保険の収入で、診療報酬でそんなに数千万も儲けているのですか?

>医者出身の医学研究者の現状で知りたいことがあれば捕捉で質問してください。
聞きたい事が山ほどありますが、その件は後ほど・・・

どなたがお答えいただいても結構です。

補足日時:2008/06/22 19:50
    • good
    • 0

日本の基幹病院は人材派遣を医局に頼っており、医局が人事権を握っています。

こういった病院を関連病院、古くはジッツと呼びます。
伝統的に有名大学は様々な大学に教授を輩出していますから、何かと便利ですしアカデミックポストを得るのにも0からスタートではなく、便宜を図ってくれたりします。ぶっちゃけた話、強い大学は関連病院が豊富で、様々な所にコネクションが効くということです。

ただし派閥の中での序列は医局員(母校出身者)≧医局員(非母校出身者)>∞>非医局員(母校出身者)≒非医局員(非母校出身者)であり、これに人柄や業績等が加味されて決まっていきます。
つまり医局員にならなければ有名大学を卒業したメリットはほとんど0になります、「0」ですから忘れないで下さい。

この掲示板でも度々話題になっていますが医局制度というのは功罪併せ持った制度であり、若干揺らぎ始めている制度でもあります。
質問者さんがどの様な将来像を描いているかにもよりますが、医局員になると自由が効かなかったり、無給で過酷な労働&研究を押し付けられたり、学位授与後に金銭を要求されたり(これを突っぱねて虐められた女医さんが話題になりました)と「罪」の部分も随分とあることは忘れないで下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。自分で現在、医学部に進む明確な目標があります、それは、自分がしたい具体的な研究があるからです。
これすら自分自身で選択することができないor制限されるのでしょうか?そして、将来はその研究をやりながら、自分で病院を開業したいです。自分で論文などを発表したり、本を出版したいです。だから、ネームバリューのある大学の医学部に行きたいと思っています。本を出すと良い大学医学部出身(例えば、東大京大阪大九大や慶應)なら、一般人にも自分の研究内容を認めてくれやすいかなと思っています。これはどうでしょうか?
一応、地元(田舎に住んでます。)にも国立の中では、まだ、簡単な国立大学医学部があります、いわゆる駅弁大学(非旧帝大学)です。上記の理由で、この大学には、いきたくないですが、どうでしょうか?

補足日時:2008/06/21 21:05
    • good
    • 0

学閥ということばを聞いただけで質問されているようで、質問の意図をつかみかねます。



医学に入って将来どういう道を選びますか?

開業医、親の後継者
学閥まったく関係ありません。

医学の研究を深めたい
開業する金がないので、大病院を順番に経験したい
これは学閥と言うべきかどうか知りませんが、東大、慶應、医科歯科等をヘッドとするヒエラルキーが確立していますので、何の研究をするどこの大病院で仕事する等を自分で選択することは難しい。
その他の医学部を卒業して大学院に入った場合、6年間の蓄積がありませんので、コンテクスト欠乏症ですね。
これに耐えきれば、不都合はありません。
    • good
    • 1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学部偏差値ランキング(2012)

医学部偏差値ランキング(2012)のHPを見つけました。
http://daigaku.jyuken-goukaku.com/nyuushi-hensati-ranking/igakubu/
 誰でも知っている大学が上位を占めています。しかし不思議と防衛医大がランキングには入っていません?数年前の雑誌には”防衛医大”が
 東大を抜いて堂々一位で、医師の国家試験合格率100%でした、ちなみにその年の東大は2位で
95%でした。防衛医大の偏差値は全国の医学部で何番目ぐらいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。No.1です。

No.2さんの回答への補足ですが、東大・京大の薬剤師や医師国家試験の合格率が低いのは、極論すれば卒業生にとってそれらの国家資格が「大して大事ではないい」からです。

例えば薬学部卒業生でも、目指す先が「霞が関の官僚」なら薬剤師免許なんか不必要ですもん(笑。
実際、京大薬学部の卒業生に訊きましたが、卒業予定のかなりの人数は学生は国家公務員上級採用試験の勉強が忙しく、薬剤師国家試験は「お付き合いで受験」程度の認識しかないそうです。

Q医学部の学閥が研究や就職に与える影響

将来、医学部卒業して自分で研究したいと思っています。
まだ、自分の中では、まだ視野が定まっていません。ただ、将来自分が中心になってできる(自分ひとりでもできる設備や施設のあまり要らない)個人をメインに精神神経学の研究をしたいと考えています。その為には、これらの学閥はどんな影響するのですか?
やっぱ、旧帝大なら評価はされやすいのでしょうか?
絶対に東大でないと駄目ですか?どの大学医学部までならOKでしょうか?そこで、医学部の学閥の影響について教えてください。
そして、学閥とはどのような影響が(メリット・デメリット含め)あるのですか?

あと、東大の出身の医者は、名古屋や京都などの大都市や地方の田舎でも通用するのですか?
一方、これと反対に名古屋大卒や京都大卒の人が東京に行くと、病院就職先や、また東大の教授になれるのですか?(現実問題としてどうでしょうか?)
そして、上記と同様に私大の医学部卒では?

悩んでいます、真剣な気持ちで質問しました。
憶測とかではない、リアルな答えをお願いします。

Aベストアンサー

主に臨床系の研究者を相手に技術と毒舌ででメシを食ってます。

研究の現場にいると、誰かがどこの学部を出たかなんて全く話題に
なりません。それよりどこの院を出てどこの医局に属しているかの
方が大事です。医学部を卒業しただけじゃ、医師としても研究者と
しても全く役に立ちません。とくに研究ってことになると、講義を
聴いて暗記をして来ただけの医学部卒なんて工学部卒に劣ります。
研究者としての教育が始まるのは大学院で、専門知識を持つ医師と
しての訓練は医局が担います。そんな考え方だから、どんどん学部
教育が軽視されて、単なる国試対策の詰め込みに陥る悪循環なんだ
けど。

ちなみに医学研究において医師であるメリットは、病院でヒトのサ
ンプルを採取できることに尽きます。個人の研究所なんてクソの役
にも立たないのでやめておきなさい。あ、定年後の暇つぶしにはな
るかもね。そういう元教授を一人知ってる。

Q国公立大学と私立大学の医学部医学科の偏差値。

国公立大学医学部医学科の偏差値と私立大学医学部医学科の偏差値には何か数字的マジック、トリックが有る様にしか思えません。
僕は貧乏人なので模擬試験に国公立大学医学部医学科の希望は書きますが、私立大学医学部医学科の希望は書いた事が有りません。
此の偏差値の数字的マジック、トリックを教えて貰え無いでしょうか?

Aベストアンサー

読解力とか表現力とかは大丈夫ですか?

>予備校がやっている作業は、実際にその学校を受けて
>合格した人と不合格の人の偏差値を順に並べ
この文章で、母集団がその大学の受験者であることが
わかりませんか?そもそも母集団なくしては、いかなる
統計データも意味を持ちません。

それから、下表をごらんください。
九州大学医学部の国家試験合格率は全国平均を下回ります。
これならば、お金に余裕があれば試験前に手厚くケアをしてくれる
次第にメリットを感じるのも当然です。
https://www.tecomgroup.jp/igaku/topics/108.asp

Q医学界の学閥

医学界に学閥があるとテレビで紹介されていましたが、
(友人からも聞きました)
具体的にはどのような感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

医学界にもというよりも、医学界が一番学閥に縛られているのではないでしょうか?例えば、旧帝大やそれに順ずる歴史と規模のある大学医学部の教授は、ほとんどがその大学の出身者です。遠くから来た教授は肩身の狭い思いをする場合もあるようです。その他の地方大学の教授は、その大学の出身かもしくはその地方で影響力の強い大学(例えば、関東地方なら東大とか、東北地方なら東北大とか)の出身者が大半のようです。もっと身近な話では、規模の大きい病院(ごく稀に例外もありますが)はたいていどこかの大学の関連病院で、その大学の医局(医局とは●●大学眼科学教室とかそういったもののことです)の医者が勤務します。ほとんどの医者は、どこかの大学の医局に所属していて、そこの医局の関連病院に勤めることのなります。出身地から遠く離れた大学の医学部を卒業して、地元に帰って就職しようとしたら、地元の大学の医局に入局しなければなりません。途中から他の医局に移ることはほぼ不可能ですし、他大学の出身だと多少差別を受けるケースもあるようです。どこの大学のどの医局に所属するかが、医者にとっては人生を決める選択であるようです。

医学界にもというよりも、医学界が一番学閥に縛られているのではないでしょうか?例えば、旧帝大やそれに順ずる歴史と規模のある大学医学部の教授は、ほとんどがその大学の出身者です。遠くから来た教授は肩身の狭い思いをする場合もあるようです。その他の地方大学の教授は、その大学の出身かもしくはその地方で影響力の強い大学(例えば、関東地方なら東大とか、東北地方なら東北大とか)の出身者が大半のようです。もっと身近な話では、規模の大きい病院(ごく稀に例外もありますが)はたいていどこかの大学の関連...続きを読む

Q国公立大学と私大の医学部医学科の偏差値。

国公立大学医学部医学科の偏差値と私立大学医学部医学科の偏差値には何か数字的マジック、トリックが有る様にしか思えません。
僕は貧乏人なので模擬試験に国公立大学医学部医学科の希望は書いた事が有りますが、私立大学医学部医学科の希望は書いた事が有りません。
この辺りの偏差値に詳しい方、教えて貰え無いでしょうか?

Aベストアンサー

科目数が違うことは確かです。理系学生であれば国語や社会の成績まで含むと平均偏差値が低下するのが普通です。科目数が少ない方が準備が楽であるのも事実でしょう。また、そもそも母集団が違う可能性もあります。

また、最近では、私立医学部の授業料を払える人が増えていることもあり、難易度が上昇していることもあるでしょう。

いずれにせよ、一度、自分も模試の時に、私立を書いてみたらどうですか。それではっきりすると思いますよ。

Q阪大医学部系

どなたか知ってる方いらっしゃらないでしょうか?
大阪大学医学部系の病院を知ってる方
いらしたら病院名を教えて下さい

Aベストアンサー

天王寺区にある「大阪警察病院」は、バリバリ阪大系ですね。高学歴大好きオバサマ達からは、根強く信奉されています。

Q私立の医学部で一番偏差値の低い大学を教えてください

私立の医学部で一番偏差値の低い大学を教えてください それと医学部の偏差値の一覧表みたいのはありませんか?

Aベストアンサー

金沢医科大学ではないでしょうか。

Q現代医学とその他の医学

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと悲劇的なことを言われても、多くの人は現代医学の治療法を受けます。ほかの医学に目を向ければ何か道が開けるかも知れないのに、目の前には現代医学しかみえていません。

皆様、がん患者や、慢性の腰痛の患者、難病の患者、原因不明の病の患者の人たちが、医者に「治らない」といわれてもなお現代医学に頼るのはどうしてなのでしょうか?現代医学しか知らないからなのでしょうか?ほかの医学は、科学的証明に希薄なため信用がおけないからなのでしょうか?現代医学にだって解明できていないことはたくさんあるし、病に関することすべてが医学的、科学的な根拠で立証できるものではないのでは・・・?

ほとんどの人が現代医学だけにしか頼らない、という現状についてなにか意見を下さい。よろしくお願いします。

世界には現代医学以外にも、その他様々な医学があります。そしてそこにはいろいろな治し方、治療法が存在します。特に健康の先進国アメリカでは、メンタル的な部分から治療をする医学や、気の流れのようなもなで治療をする医学などたくさんあります。一部の医師の中で「現代医学では治らない病気を現代医学に頼るのは賢明ではない」という考え方があり、私自身もこの考え方に同意しています。

今世間いっぱんでは病気=現代医学という構図ができていて、どんな病気になっても、現代医学で治すことは不可能だと...続きを読む

Aベストアンサー

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科学雑誌片手ではないのでおそらく他の部分に原因があると思います。

私自身が考えるのは
『施術者の社会的な信用』だと思います。漠然とした言い方ですが『きちんとした教育と学問の上に成り立った施術』であれば多くの共感が得られるのでは?と思います。少なくともどんなバカな西洋医でも6年の期間を費やし、国家試験を通過しそれなりに名の通った先人に教えられて研鑚した結果でなければ『独自の』医療は展開できません。人の体について考える以上、西洋医学でも基礎とされる解剖学や生理学は全ての医療の基本となると思いますが、少なくともここ日本におけるその他の医療者…施術者がこれを身につけているとは考えられないところが不安の種です。解剖学で骨に関して熟知していない人間が骨のずれなどわかるわけがない…本当はわかるのかもしれないけれど普通はそうは考えない。他も同様です。体のバランスを整えるなどと宣伝するもののでは真のバランスとは如何に?と聞かれて答えられるものはいるのか?そこが問題です。中医の中には完璧な生理学を修めている方は山ほどいます。そういった人が行うものに関してなら信頼はおける…そういう理屈です。

現代医学にだけしか頼らないのではなく、信頼できる医者が(一般的には)現代医学にしかいない(確かに中には変なのもいるが・・)というだけのことだと思います。
健康食品の宣伝などで、玉石混交といってもコンマ1以下しか玉はない(ほんとにあるのか?)というところです。

西洋現代医学というカテゴリーとそれ以外という図式で考えることが多いのでそのように話しをすすめます。その他に入るものはhafizさんがかかれた医療も入りますし、一番の大物は「東洋医学」とか「中(国)医(学)」と呼ばれるものだと思います。

おっしゃるとおり、現代西洋医学では立証もされずまた治療法がないものは山ほどあります。また治療法があっても「何故効くか」わからないものの方が多いともいえます。
科学的根拠から言えば確かに西洋医学の方が抜きん出ていますが、患者が治療場所を選ぶのは科...続きを読む

Q大阪大学医学部って、偏差値いくつ

大阪大学医学部って、偏差値いくつ

Aベストアンサー

2017年前期試験での大阪大学医学部の偏差値は71です。医学部はどこでも偏差値は高くなっています。東京大学理科三類が74、京都大学医学部が72ですね。

QADLとかFIMとか何ですか?

理学療法士、作業療法士の方にお尋ねします。
学校で「ADLとは~があり、AADLは~があります。」みたいな
「あります」で終わる授業が続いています。

これで何をするのか、何を目的としているのか見えてきません。
「教科書よんどいて。プリント読んどいて。」が多くよくわかりません。
自分が質問下手なのか先生に質問をしても、何をいっているのか全然理解できません。

最終的に患者さんを評価をして、短期や中期の目標を設定することを、目的としているのでしょうか?
それとももっと実用的で深いものなのでしょうか?教えてください。
参考になる書籍やサイトの紹介でもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさんのは歩行や食事動作が問題があるので退院できません。具体的には、歩行は介助が必要ですし、食事は補助具が必要です」
これを「今、入院しているAさんのFIMは67点(適当な数字です)で、減点項目としては歩行は5点であり他のADLにも問題があります」
と言えば、なんとなくのイメージが共有できます。

また、数値化した方が、患者さんにも説明しやすいです。
「先月は67点だったけど、今月は73点に上がりました。良くなっていますね」
といった具合です。

質問者様の解釈ですと、「評価する理学療法士(作業療法士)のためにある」といった解釈のようですが、
医療職同士の共通語と考えてください。
(日本語に例えると、日本語では表現しにくい単語をカタカナ英語で表現するようなものです)

なお、ADLとFIMは「動作」と「評価方法」ですので、「大腿四頭筋」と「股関節屈曲」くらいの別次元の話です。
(↑逆に分かりにくいかもしれませんねw。「解剖学」と「運動学」くらい違います)

医療職に就いているものです。

ADLとは「日常生活動作」ですので、食事や入浴、歩行などといった、「人が日常で使う動作」のことです。
FIMはそのADLを評価する物差しと考えて頂ければいいと思います。
(FIMは数値化します)

ADLが「何を目的としているか?」というご質問に答えるなら、「日常で使う動作を専門用語で表現した」ということです。
医療用語は(ADLは医療用語とは言えませんが)専門用語が多いですが、専門用語にして簡略化しないと話の全体像が見えにくいです。
例えば、「今、入院しているAさん...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報