医学部への入学後、学閥はどんな影響があるんですか?
東大とか京大、慶應、阪大、九州大とか学閥が強いと言われていますが、ではこれらの大学を卒業するとどんな利点があるのですか?
そして、その他の医学部を卒業した場合は、医局や大学院でどんなマイナス面があり、医局や大学院などで挽回できないのですか?
詳しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

No.4, 5の内科医です。



> 研究で、必要なのはなんですか?

語学はその道のプロがいるのでそこそこでも大丈夫です。
人脈は必要ですが、それはその業界での人脈でないと意味がありません。理想的なのは投稿することになるであろう医学雑誌の編集者や論文を審査するであろう同じ分野の研究者です。
資金は自己資金ではあまり評価されないでしょうね。できれば公的な研究費を獲得できることが望ましいです。

> 私は、現代の精神病、ストレスとか、うつについて研究を考えています。できれば、一人でしようと思っています。

質問者様はまだ高校生なんですよね。医師になって勉強していくうちにこの回答の意味がわかるようになると思いますが…。
臨床研究においては症例の集積、解析法には手順というかお作法があります。それに従っていない研究を発表しても残念ながら受け入れられません。従って、その分野で大成している研究者の元で研究をする必要があります。上でコメントした人脈も指導者をきっかけに広がっていくことが多いです。

> 例えば、病院の臨床で得た知識を発表したりすることです、どうですか?

厳しい意見ですが、病院の臨床で得た知識=もう既に知られている知識が大多数です。それを発表しても意味はありません。万が一、新しい疾患だったとしても初めはケースレポートとしての発表になるので、原著論文としてはカウントされません。またケースレポートは山ほど発表されているのでなかなか評価されないことが多いです。実際の臨床メインの一般病院の研究発表はその様なものも多いのは事実ですが…。その場合は国内学会での発表や国内の商業誌が限界でしょう。

研究で大成するためには、人脈、資金の面からも指導者の存在は大きいです。質問者様が研究をメインに考えるのであれば、一流と言われる大学(旧帝大など)に進むべきです。学部の時は他の大学でも目標とする旧帝大に入局すれば「おそらく」問題は無いと思います(私は問題ありませんでした)。臨床、研究いずれに進むにしても一流校である方がいいでしょうね。ただしNo.4の初めに書いたように将来働く地域の一流校でないと意味は無いのでよく考えてください。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

#3で回答したものです。


No4 and 5の回答者さんがかかれているパターンは懇切丁寧で正しいのですが、若干好意的に書いてくれています。実際には大学に残って激務薄給だけど研究などの好きなことをする、開業して経営に腐心するのどちらかに絞った方が成功します。

先日政府は公式に「医師不足であること」を認め、医学部定員数の増加にまで言及しました。これはこれから入学してくる医学生の開業適齢期には開業医は供給過多になることを暗示しています(勤務医は別)。
当然現役医師もそのことを感じていますからチャンスがあれば早く開業しようと考えますし、国自身が開業医よりも(激務でも文句を言わずに働いてくれる)勤務医を欲していますから、これから入学されるのであれば開業は大変厳しくなっていると推測されます(歯科医師の現状をみて頂ければわかるかと思います)。
尚、両親が資産家あるいは医院を継げるのなら話は別です、これも歯科医師と同じですね。

研究もお金にはかえられない魅力がありますし、日本人の平均給料+20%位は稼げますから、医局に所属し色々と教わるのもいいでしょう。
反対に将来の開業のことを考えるならば、借金は少ない方が良いに決まっているので開業までにどれだけ診療スキル(技術だけでなく、患者さんへの接し方やあしらい方も含めて)を高め、資金を貯めることができるかが勝負になります。となると研究よりも臨床・給料にウェイトをおいた職場選びが必要になります。
結局の所有名大学に入って損はありません、どちらの道も選べますから、ただし無理に両方を得ようとすると中途半端なところで彷徨ってしまいます。ちょっと生まれた時期が遅かったですね。
    • good
    • 0

No.4の内科医です。


1.初期研修について
国家試験に合格すれば医師免許が交付され医籍に登録されます。また各都道府県で保険医登録を行えば保険診療も可能です。研修を受けなかった場合の制限は現時点では、「医療施設の開設者になれない」だけだったと思います。ただ多くの拠点病院では初期研修を受けていることを採用条件にしていることが多いです。派遣業者に仲介してもらえばアルバイトは可能だと思いますが…。

2.医局
回答者の言う「医局」というのは大学の医局です。たとえば「東京大学 呼吸器内科学教室」などのことです。教授を頂点とする組織で各関連病院の医師もすべてこの組織の一員です。医局に所属する医師は医局の人事異動に従って病院を移動します。したがって病院に人事権はなく医局(教授)が人事権を持っています。
ちなみに各病院にも「医局」というものはありますがこれは組織ではなく「医者のオフィス」という意味合いで使われています。

初期研修については厚労省から通達があり年収300万円程度はあることになっています。これは大学病院でも同じです。健康保険も適応されます。その後は病院によって異なりますが、基幹病院(市民病院、日赤)では社会保障はしっかりしています。大学病院の医員の場合は健康保険は適応されますが原則非常勤扱いで、20万円/月(税込)程度です。

3.開業資金
土地・建物からすべてそろえると地方でも最低で1億です。都内は見当がつきません。また保険の算定は3ヶ月後なので約半年程度の資金(スタッフの給与、薬剤の購入、光熱費など)の準備も必要です。テナントの場合でも5000万円程度は必要です。

4.開業医は儲けているのですか?
これは聞いた話だけですが…。
開業医はケースバイケースです。ある知人は引き継ぎで開業したのはいいが患者さんがあまり来ないため、スタッフの給与を賄うため土日に他所でアルバイトをしているそうです。また別の知人は開業したら個人収入が3000万円になったとのことです。平日はとても忙しいが日曜日はゆっくりできるとのことです。
収入はすべて医療保険からです。そのため患者さんが来るか来ないかで天と地程の差があります。再診料+外来加算は約1200円ですが、診療所の場合は慢性疾患では指導料が2250円加算されます。大病院は再診料の700円のみです。現在の政策では診療所の開業医の方が儲かるようになっています。荒い計算ですが、1日に患者さんが40人くれば週に200人、月に800人です。実費のかからない再診料だけで100万円です。慢性疾患が半分いれば、プラス100万円です。ちなみに薬は院外処方がほとんどなので処方料の約500円のみです。1日40人ということは均等に患者さんが来ても1時間に6人は診る必要があります。それでこの程度です。儲かっている開業医さんはおそらく100人/日はみているそうです。金持ち暇なしか、貧乏で平日暇で休診日に忙しいという状況になるようです。

4.については体験した訳ではないので話半分で読んでください。
参考になれば幸いです。

この回答への補足

とても丁寧にありがとうございます。
研究で、必要なのはなんですか?
具体的には、語学(英語)?人脈?資金でしょうか?
私は、現代の精神病、ストレスとか、うつについて研究を考えています。できれば、一人でしようと思っています。例えば、病院の臨床で得た知識を発表したりすることです、どうですか?

補足日時:2008/07/03 21:42
    • good
    • 0

呼吸器内科医です。

地方国立大学卒業後、地元の旧帝大の医局に所属しています。現在は研究留学中です。

まず学閥についてはN0.3の方の回答が的を射ていると思います。とにかくいわゆる「学閥」というのは医局という関連病院も含めた組織の中だけでの話です。将来その大学の医局に入らないのであれば、無理に有名大学に行く必要はありません。たとえば私の大学の医局に東京大学や慶応大学の卒業生がきても「他大の先生」とみなされるだけです。もし有名大学に入れた場合に「学閥」というものを利用したければその大学の医局に入る方がいいでしょう。しかし、故郷に戻る場合はたとえ東京大学を卒業していても、あなたが駅弁と呼ぶ地元の大学の卒業生以下の存在になってしまいます。将来どうしたいかをよく考えてください。

No.3の補足についてです。
> (1)したい研究があるからです。(2)将来はその研究をやりながら、病院を開業したいです。(3)論文などを発表したり、本を出版したいです。

うーん、これはどうでしょう。(1)と(3)、または(2)と(3)は可能です。しかし研究をしながら開業は難しいかもしれないですね…。
(1)(2)(3)をすべてかなえる条件としては、
A:質問者様もしくは将来の配偶者が開院資金を出せるほどの資産家である。
これがあれば可能です。(1)(3)は努力で可能です。(2)はお金さえあれば可能です。また(3)も論文はいわゆる商業誌、本は自費出版であればお金で解決できます。本が世間に出回ってから突然注目されて本当に有名になる可能性もあります。
B:臨床をメインに行い、開業資金をためつつ臨床の腕を磨く。研究は開業してお金を稼いでから独学で行う。これも途中までは努力で達成可能だと思います。ただ基幹病院(市民病院や日赤など)の年収は税込みで、300~600万円(1~5年目)、500~1000万円(4~10年目)程度です。やはり開業には借金は必要ですので、開業後のセンス次第でしょう。

研究を大学院などで行う場合は指導者の研究に関連したものしかできません。理由は研究費です。通常の研究費は科研費という国や企業からの助成金で行います。教授などが応募した研究内容に対してのお金ですので、成果の報告義務がありますし、それに関する論文が出ないと次が通らなくなります。応募資格があるのは原則は助教(助手)以上の教官ですのでアカデミックポストに就くまでは「自分のしたい研究」というのは無理でしょうね。もし資産家であれば大学にお金を入れて自分のための寄附講座をつくることはできるかもしれません。製薬会社や財団をつくる必要があるかもしれませんが…。

医者出身の医学研究者の現状で知りたいことがあれば捕捉で質問してください。

この回答への補足

ご丁寧にありがとうございます。
質問したい事柄がいくつかあります。
質問が多いので、回答してくださるなら誰でも構いません。

1.医学部卒業して、国家試験に合格しても医師になれないのですよね?研修(スーパーローテ?)は、全員が受けなければならないのですか?研修をしなかったり、研修途中でやめても医師になれるのですか?
2.医局と研修が自分の中で少しごちゃまぜですが、
医局って研修さきのことを指すのですよね?研修中は無給の所も存在するのですか?どの研修先も、研修中は健康保険も完備されている、いわゆる労働基準局の就労扱いなのですか?
3.将来、開業したいのですが、安くていくら開業資金がいるのですか?テナントで
4.以下は単純な(一言での)答えではなく、詳しく実情を知りたいです。
一般人は、医師は儲かると言われていますが、実際、開業医は儲けているのですか?だとしたら、どこからそんな収入を得ていますか?要因が何でしょうか?
なぜなら、私は農村部に住んでいますが、個人開業が最近目立っているからです。それも、一軒家の大きさの病院で設備もあまりない病院なのです。健康保険の収入で、診療報酬でそんなに数千万も儲けているのですか?

>医者出身の医学研究者の現状で知りたいことがあれば捕捉で質問してください。
聞きたい事が山ほどありますが、その件は後ほど・・・

どなたがお答えいただいても結構です。

補足日時:2008/06/22 19:50
    • good
    • 0

日本の基幹病院は人材派遣を医局に頼っており、医局が人事権を握っています。

こういった病院を関連病院、古くはジッツと呼びます。
伝統的に有名大学は様々な大学に教授を輩出していますから、何かと便利ですしアカデミックポストを得るのにも0からスタートではなく、便宜を図ってくれたりします。ぶっちゃけた話、強い大学は関連病院が豊富で、様々な所にコネクションが効くということです。

ただし派閥の中での序列は医局員(母校出身者)≧医局員(非母校出身者)>∞>非医局員(母校出身者)≒非医局員(非母校出身者)であり、これに人柄や業績等が加味されて決まっていきます。
つまり医局員にならなければ有名大学を卒業したメリットはほとんど0になります、「0」ですから忘れないで下さい。

この掲示板でも度々話題になっていますが医局制度というのは功罪併せ持った制度であり、若干揺らぎ始めている制度でもあります。
質問者さんがどの様な将来像を描いているかにもよりますが、医局員になると自由が効かなかったり、無給で過酷な労働&研究を押し付けられたり、学位授与後に金銭を要求されたり(これを突っぱねて虐められた女医さんが話題になりました)と「罪」の部分も随分とあることは忘れないで下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。自分で現在、医学部に進む明確な目標があります、それは、自分がしたい具体的な研究があるからです。
これすら自分自身で選択することができないor制限されるのでしょうか?そして、将来はその研究をやりながら、自分で病院を開業したいです。自分で論文などを発表したり、本を出版したいです。だから、ネームバリューのある大学の医学部に行きたいと思っています。本を出すと良い大学医学部出身(例えば、東大京大阪大九大や慶應)なら、一般人にも自分の研究内容を認めてくれやすいかなと思っています。これはどうでしょうか?
一応、地元(田舎に住んでます。)にも国立の中では、まだ、簡単な国立大学医学部があります、いわゆる駅弁大学(非旧帝大学)です。上記の理由で、この大学には、いきたくないですが、どうでしょうか?

補足日時:2008/06/21 21:05
    • good
    • 0

学閥ということばを聞いただけで質問されているようで、質問の意図をつかみかねます。



医学に入って将来どういう道を選びますか?

開業医、親の後継者
学閥まったく関係ありません。

医学の研究を深めたい
開業する金がないので、大病院を順番に経験したい
これは学閥と言うべきかどうか知りませんが、東大、慶應、医科歯科等をヘッドとするヒエラルキーが確立していますので、何の研究をするどこの大病院で仕事する等を自分で選択することは難しい。
その他の医学部を卒業して大学院に入った場合、6年間の蓄積がありませんので、コンテクスト欠乏症ですね。
これに耐えきれば、不都合はありません。
    • good
    • 1
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q旧帝大の医学部と慶應医学部

医学部受験者です。
旧帝大(東大以外)の医学部と慶應の医学部に合格してしましました。

国立の方を第一希望として頑張った結果ですが、親戚・友人・先生などほとんどの方から慶應への進学を勧められています。

慶應は実家から通学圏内ですが、国立の方はアパート暮らしをしなくてはなりません。

慶應を薦める人は大学としての格が上と言います。また、実家から離れた国立大学へ進学すると関東に戻って来れないとも言います。

借金してでも慶應に入るべきと言われ、本当に迷っています。

・そんなに慶應大学の医学部の格が上なのでしょうか?自分にとっては学費のかかる私立大学がそんなに優秀とは思えないのです。

・大学所在地での勤務を余儀なくされる。又は関東に戻ってきても、立場が弱いというのは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、入れば分かりますが慶應の医学部には三四会というOB組織があり、卒後のバックアップなども良くも悪くも慶應特有の連帯感で国立大学よりも強いです。

慶應の力がどの程度かということですが、国立大学医学部、中でも旧帝国大学医学部を各地域の医学界の頂点ととらえる考え方の中でも慶應医の力は別格です。そりゃあ国立大学より学費が高いですから東大理三とダブル合格すれば理三に行くのが当たり前ですが、過去には理三に行かずに慶應医に行った人間もいるぐらいのレベルです。もちろんこれは極めてレアなケースではありますが、入学時点で将来臨床医になると決めており、尚且つ慶應医出身者が親戚などにいる人にとってはあり得る選択だと思います。

私も貴方と同じで国立第一志望で旧帝に受かり最初はそっちに行こうかと思いましたが、親の意見、予備校関係者の意見などを総合して結局慶應医に行きました。ちなみにその時の予備校の人の意見としては、どちらでもよい、研究医になるなら旧帝へ、関東の人間なら縁もゆかりも無い土地に行くより地元の慶應、などのものがありました。私はその時点では研究に行く可能性も視野に入れていたので迷いはしましたが、結局のところ、将来的に関東圏で働く予定であったことが決定的でした。

もちろん、実際は地方の旧帝に行っても卒後関東圏に戻ってくることは可能です。ただ、その場合、関東の大学の医局に所属する形が一般的ですからそこでの立場は当たり前ながらその大学生え抜きの人間よりは弱いです。誰だって他校出身者より自分とこの後輩の方が可愛いもんですから。特に慶應の医局に所属した場合、医局構成員の多くは慶應生え抜きであり、教授もほとんど慶應出身者という状況です。慶應という組織は医学部に限らず全般的に慶應命、排他的な部分が非常に強いですから、外の人間から見たら嫌な感じということも多々あると思います。。よって将来関東で働くつもりなら慶應医がいいでしょう。

逆に旧帝医に行くメリットは何か。

第一にお金ですね、学費。これは確かに大きいことは大きい。ただ、貴方の場合、自宅通学が不可能になりますからいくらアルバイトするといっても親の仕送りに頼る部分もあるのが普通です。そうなると結局のところ、学費の差がそのまま慶應に行った場合との金額の差にはなりません。日々の生活で親に負担してもらう部分は自宅を離れた場合の方が当然上がりますから、実際には6年間で1千万弱ぐらいの差に縮まるでしょう。もちろんお家の経済状態にも寄りますが、この金額の差は将来のことを考えるならば必ずしも高すぎる金額ではないと思います。

それから、次のメリットとして一般的なのが研究ですか。
確かに研究面でのバックアップは国立の旧帝の方が受けやすいという部分はあると思います。ただどれほどの差なのか。慶應がまったく研究していないかと言えばそんなことはありませんし、新聞に載るような研究をしている先生方もたくさんいます。そして優秀な研究をしている先生の研究室には国や企業からのバックアップはかなりあります。結局、いかに研究費のバックアップを受けられるかどうかは国立、私立の差よりも研究の内容であると感じます。

まあ、最終的な結論としてはどちらに行ってもいいと思います。どっちに行っても将来的に後悔するようなことになることはない大学間での選択ですから。
私はもう一度同じ状況に置かれて考えるならばやっぱり慶應を選ぶと思いますが、選ぶのは貴方ですからね。

最後に参考までに慶應入って良かったと思えること、逆に良くなかったと思うことを書いておきます。
まず、良かったこと。
卒業試験がありません。各大学、国公私立問わず医学部ではどこも卒業試験がありますが、慶應にはありません。よって卒業は極めて楽です。毎年全員卒業であり、卒留(卒業留年)はいません。
出席、特に臨床系の出席が甘い。基本的に学生の自主性任せなのでかなり遊べます。もちろん最低限、きっちりと試験を通さなければ進級していけませんが、効率よい学習が出来る人なら高学年になっても相当遊べます。自分もかなり遊んでました。

良くなかったこと。
部活に入らない人間への風当たりが強い。これは慶應に限らないかもしれませんが、慶應では特にその傾向が強い気がします。入学早々、絶対に部活(それも運動系の部活が望ましい)に入れと命令されます。興味の無い人間には苦痛な気がしますが、将来的にも部活がどこだったかははじめましての次に来る慶應出身者同士の挨拶代わりみたいなものですからどこかの部活に一度は所属しておいたほうがいいとは思います。基本的に途中でやめる分には平気です。6年間ずっとは部活に所属し続けず、途中でやめる人間もけっこういますから。
ポリクリ(5~6年次に行われる病院での臨床実習)が長い。これは苦痛です。国家試験の準備したい時にしつこくポリクリがつきまといます。他大では6年の夏前でポリクリが終わり、9月以降は卒試と国家試験という流れが普通ですが、慶應では国家試験にはほとんど何の役にも立たないポリクリが延々と6年の11月末まで続きます。。ちなみに国家試験は翌年2月ですのでポリクリの間も計画的にやっていかないときついです。ただ、これは毎年学生側から文句行ってますので貴方が慶應に入学してポリクリやる頃にはもっと短縮されるかもしれません。

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、...続きを読む

Q東京大学と国立医学部どっちがむずかしいのですか?

きになってみたので質問しました。
どちらのほうがむずかしいのでしょうか?
東京大学なら理三は抜きでおねがいします。

Aベストアンサー

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験事情を考えるとこの倍率の面の差が大きく、国立医学部がより難しいということになります。

まあ、医学部というところ自体が特殊なところで、ずっとA判定が出ている医学部を受験しても落ちることはざらにあります。さらに旧帝大系の医学部、千葉などの旧医大系、その他では東京医科歯科大などの難関校のようにほぼ毎年難易度が上位で安定している大学を除けば、どの国立大学医学部もその年のセンター試験の動向次第で志願者の増減の変動が激しく、相当難易度が浮き沈みしますので単純に偏差値的に下位の国立大学医学部は東大より簡単とも言えませんし、逆に年によっては“結果的に”東大理系よりも入るのが簡単だったのではないか、と思える国立大学医学部もあります。

最後に5ランクでかなり大雑把にまとめると、

S、東大理三、京大医
A、その他旧帝大系医学部
B、千葉大などの旧医大系・東京医科歯科などの難関校
C、(特に首都圏近辺にある)公立大学医学部
D、東京大学理一・ニ、その他国(公)立大学医学部(年により変動の可能性有り)

というランクわけになると思います。
(昔から医学部には“旧帝大、旧医大、旧医専、その他”の順のランク分けがありますが、このランク分けに加えて首都圏近辺の国公立大医学部の人気が地方国公立大学医学部に比べて高くなるという事実があり、例えば、医科歯科は旧医専ですが、東京にあるため、地方の旧医大系よりも難易度が高かったりします。)

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験...続きを読む

Q医学部の学閥について

今度医学部を受験するものですが、
よく聞かれるものに「学閥」がありますが、
東大や京大などの帝大系が強いとかはわかるのですが、他の国立や私立大がどういう学閥に属するか詳しく知りたいです。
学閥によって就職やその後の医師としての活動に制限が出来ることもある、ということを耳にしたことがありますので、、

詳しく知っている方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

学閥は今も存在し、それにより就職先等の制限を受ける場合もあるのは事実です。しかし、学閥というのは患者中心の医療という観点からは百害あって一理なしです。このことは、厚生労働省も充分認識しており、学閥、医局制度を壊すために新臨床研修制度が始まりました。あなたが医者になるころには、出身医局ではなく実力により選ばれる時代になっていると信じています。
私はある臨床研修指定病院の指導医をやっているものです。一昔前は優秀な病院ほど帝大系の医局から人材を派遣してもらう構造でした。しかし今は優秀な病院ほど自前で研修医を育て、大学医局の押し付け人事を嫌う傾向にあります。
あなたの学力にあった大学を選んで下さい。卒後の臨床研修が勝負だと思います。あなたに実力があればどうにでもなります。ただ、不幸にしてあなたがやぶ医者になってしまった場合は大学医局にいた方がどこぞの病院にごり押しであてがってくれるかも・・・。

Q千葉大医学部か慶應大医学部か

千葉大学医学部と慶應大学医学部の両方に合格してしまいました。
慶應を第一志望にして勉強してきたのですが、ここに来て、経済的な問題が大きくのしかかって来ました。

我が家は、はっきりいって平均以下の経済状態でして、もし慶應に行くなら、
学費全額(二千万)を自分で奨学金とローンで工面しなければなりません。

しかも一年目は自宅から通えますが、二年~六年は学生寮がアパートに住まなければならず、家賃がかかります。

全てを合計して、慶應大学の教育ローンと奨学金で何とかギリギリで暮らせることは分かりましたが、やっぱり教科書代とかかかるし、心配です。
返済も大変です。結婚や自分の子供が出来た時を考えると、負担が大きすぎないか心配です。(ちなみに当方、女です。)

一方千葉は国立なので、下宿代は同様にかかりますが学費が圧倒的に安く(四百万くらい)すみます。

しかし私は、せっかく受かった慶應を手放す覚悟がなかなかできません。
入試難易度では慶應の方が上で、受かった時は本当に嬉しかったですから。

入学手続き締め切りが近づいており、決断できず困っています。
皆さんならどうするか、ご意見をお聞かせください。
将来性や、お金の返済に

千葉大学医学部と慶應大学医学部の両方に合格してしまいました。
慶應を第一志望にして勉強してきたのですが、ここに来て、経済的な問題が大きくのしかかって来ました。

我が家は、はっきりいって平均以下の経済状態でして、もし慶應に行くなら、
学費全額(二千万)を自分で奨学金とローンで工面しなければなりません。

しかも一年目は自宅から通えますが、二年~六年は学生寮がアパートに住まなければならず、家賃がかかります。

全てを合計して、慶應大学の教育ローンと奨学金で何とかギリギリで暮ら...続きを読む

Aベストアンサー

もし 千葉大学がどうしょうもない医学部だったら。
そりゃ慶應でしょうが、千葉大で将来何ら問題ないかなと。

1 医者になれる
※ まぁ早い話が、医学部であればどこでもいいわけです。

2 なんせ千葉だし
白い巨塔のモデルは大阪大だとか千葉大だとか言われています。東大が研究者志向に対して、千葉大が「医専」の伝統から関東では開業医関係に強烈だそうだ、まぁもうそんな時代ではないでしょうが。

Q医学部受験の厳しさ、、?

医学部受験の厳しさを教えてください。(私大、国公立含めて)


早稲田、慶應の理系学部に普通に受かるような偏差値を持った人でも、私大医学部に落ちていることや、
浪人生、しかも多浪生が多いのが現状くらいしか分かりません。



私の考えですと、一年間浪人してダメだったら、もう見込みはないと思うんですが、
これほどまで医学部を志す多浪生がいるのはどうしてなのでしょうか。



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一浪して早稲田商卒です。

<医学部受験の厳しさを教えてください。>

もし、生まれ変わって医学部目指すとしたら、たぶんどこにも

受かりません。3浪してもしかしたら、かな。

それくらい度を越して超難関です。私文頂点こそ受験最激戦の

はずですが、医学部受験に比したら、早慶文系合格なんて

遊びみたいなもんです。だって理系のくせに、古文や漢文が

得意とかありえない世界でしたわ、見てると。

たぶん高2か高校受験を控えている人とお見受けしますが、

覚悟してくださいね。目指すなら。

<これほどまで医学部を志す多浪生がいるのは>

いうまでもないです。就職状況です。

もし、私が将来 東大京大間違いなしと言われてる中学生なら

東大なんて目指さない。医学部目指します。

どこでもいい。沖縄だろうが網走だろうが。

国立どころか公立大学でもいいから、医学部目指します。

将来 安泰だもん。

<一年間浪人してダメだったら、もう見込みはない>

うん。一浪の段階で見えると思います。2浪に突入する

価値があるのかどうかが。

がんばってね。

Q慶應大医学部か九州大医学部か

私は今年高校を卒業した男です。
前期で阪大医学部に落ち、慶應医学部に合格し、後期の九州大学の発表待ちです。
もう浪人は考えていないので、慶應か九州に進学することになりますが、この二つはどちらがいいのでしょうか?
・卒業後に勤めることになる関連病院は慶應が充実している
・九州は旧帝大なので国立大と連携できる
など聞くのですが、ほんとうはどうなのでしょうか?
また、学生の質も気になります。
慶應の学生もまじめですよね?

まだ後期の結果がわからない状態で聞くのは拙速ですが、選ぶのに残された時間は少ないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療関係者です。

お金の話は、先の回答者様が書かれていますので別の視点から。

特に医学部に顕著ですが、
歴然とした学閥が存在します。


質問者様が、臨床系に進まれるのか、基礎系に進まれるのかに
よっても多少異なるとは思いますが、挙げられている二校を
比較するのであれば、間違いなく九州大学の医学部に進学すべきです。

追伸>前期の大阪大学は残念な結果だったということですが、
もし合格していたとしても、将来のことを考えると、なぜもうひとがんばりして
もう一つある関西の旧帝大の医学部に行かなかったのか、
医者になってから後悔する可能性が高かったと思われます。

Q国立医学部に序列は本当にないんですか?

よくどこの大学を出たかではなくどういう医師かが大切といわれますが、ほんとうでしょうか?

何年浪人をしてでも旧帝大を目指す人はプライドだけで踊らされているとは思えません。やっぱり出身は上であればよいようにおもいます。でないと東大などにリスクをしょって受ける必要はないように思うからです。

実際研究は設備のいい旧帝大にいければいいんですが、臨床でもいい大学のいい教授に教わるかどうかで変わってくるんでしょうか?

プライドはなく(医学部というプライドは無しで)医者になりたいので地方を目指すのですが、もしなにか不利益があるなら意地でも上位を目指したいです。どうなんでしょう?

Aベストアンサー

でた大学だけでは何も決まりません。
医師として求められる、人格、患者の権利への理解、技術と知識、それらの相互評価の上で形成される人脈、あとからついてくるいろいろな業績、そして過失賞罰、といったものが、いろいろなことを決定する要因になります。医学部卒業校の差は確かにそれらの因子の背景に影響します。同級生の多くが地域の開業医を目指したり、あるいは大学教員・研究者になったり、または指導的立場になろうとする環境がそれぞれ違えば、あなたは違った影響を受けるでしょう。また、非常に排他的な社会では、非卒業生はデメリットがあるでしょう(こういうところでは業績は伸びていません)。地方を目指しても、はっきり、デメリットがあるわけではありません。医学部は、さらに細かな講座群にわかれ、それぞれに、特色がありますから、あなたにふさわしい環境を提供できる講座は、どこにいってもあるでしょう(できない講座も)。地方でのメリットは、生活環境などでは大きいかも知れません。デメリットは出会える人材などの数が少ないので、多くに出会うには、接触を自分から積極的にしなければいけないということです。公開講座や海外の研究者の公開ゼミの数において、格段の違いがあります。しかし、米国の一流病院に比べると、どんぐりへ比べなんです。より大きな、世界から、の目で見ると、地方なんて、あまり関係ありませんから。働く地域、のことが、下に書いていますが、母校で得するタイプとニューフェースで得するタイプの両方がありますね。あまり、狭い視野でものを考えないことです。

でた大学だけでは何も決まりません。
医師として求められる、人格、患者の権利への理解、技術と知識、それらの相互評価の上で形成される人脈、あとからついてくるいろいろな業績、そして過失賞罰、といったものが、いろいろなことを決定する要因になります。医学部卒業校の差は確かにそれらの因子の背景に影響します。同級生の多くが地域の開業医を目指したり、あるいは大学教員・研究者になったり、または指導的立場になろうとする環境がそれぞれ違えば、あなたは違った影響を受けるでしょう。また、非常に排他...続きを読む

Q東北医か名古屋医か。医学部志望ですが大学を迷っています。

当方高2で、身の丈に合わず国立医学部を目指しています。

しかし私はスタートも遅く、頭の才能も良いほうとはいえませんので、今から勉強し、旧帝大レベルの医学部に合格するには、いわゆる「大学力」、その大学の出題傾向などにマッチした学力を身につけることが不可欠だと考えています。
そのためには過去問研究から受験勉強を始めなければならないのですが、いまだに志望校が決まっていないのです。

その点を相談したく、質問させていただきます。

まず、候補にあるのは、タイトルの通り、名古屋大、東北大、加えて千葉大です。
その理由は、やはり今から目指すからにはそれなりのレベルの大学であるほうがいいことというのが1つ。
関東の田舎在住で、気が弱いので関西や九州地方まで飛んで行くというのは気が引けるのが1つ。
しかしながら東京の大学というと、東大、慶大と、学力的に不可能なのが1つ。

それくらいです。

それでは、この3大学について、以下の質問をさせてください。
(答えられるものだけで結構です。)

1、
あなたは医者にならなければいけないとして、名大、東北大、千葉大、のどこにでも行けるとしたら、どの大学の医学部に進学しますか?

2、
その理由はなぜですか?
(例:立地、生活環境、治安、卒業後医者になってからの有利不利、地元の人たちの感じ・人柄、男女比率、大学の雰囲気、設備、授業内容、 etc.)

3、
旧帝大理系の偏差値(=難易度)って、一般的にどういう感じなのでしょう。
上位3校は、順に東大、京大、阪大、だと思うのですが、その他の名大、東北大、九州大の順番がわかりません。

4、
例えば東北大医学部に進学したとすると、医学部を卒業してからは事実上、東北(地元)でしか仕事できないのでしょうか?
(医局?とかの関係で。)

以上です。
尚、回答する際に以下の点にも留意してくれるとうれしいです。

・現在、地方の公立校の男子校に通っています。
・学校が比較的近く、内向的で、小心者のため、家の半径3km以上外にほとんど出ません。ファッションや流行に疎く、制服を奪われたら着るものに苦労するくらいです。ですから大学生になってから都会に住むことにやや不安を感じている反面、大学生になったら都会での一人暮らしを経験してみたいという気持ちがあります。

大学はわからんけど、名古屋はこんな場所、東北はこんなイメージ、という情報だけでもありがたいです。
よろしくお願いします。

当方高2で、身の丈に合わず国立医学部を目指しています。

しかし私はスタートも遅く、頭の才能も良いほうとはいえませんので、今から勉強し、旧帝大レベルの医学部に合格するには、いわゆる「大学力」、その大学の出題傾向などにマッチした学力を身につけることが不可欠だと考えています。
そのためには過去問研究から受験勉強を始めなければならないのですが、いまだに志望校が決まっていないのです。

その点を相談したく、質問させていただきます。

まず、候補にあるのは、タイトルの通り、名古屋大、...続きを読む

Aベストアンサー

医師です。非旧帝大の国立医学部を卒業後、地元の旧帝大の医局に所属しています。
質問者様が医師になりたいのであれば基本的に理解しておかないことがあります。
多くの基幹病院は大学病院の関連病院となっており人事権は大学医局にあります。そのため自分の働きたい地域の病院がどこの大学の医局に所属しているかを確認する必要があります。しかし、現在ではすべての医師の基礎研修が義務化されたために、研修病院を自分で選ぶことができます(マッチング)。そのため卒業大学=所属医局という図式は崩れています。
また地方の多くの公立病院の院長or部長は、医局員以外を採用するケースはあまりありません。理由としては「問題のある医師」であっても公務員は犯罪行為でなければ問題があってもクビにできません。しかし医局所属であれば医局人事で別の医師に交替してもらうことができるからです。しかし関東・京阪神地区はまた事情が異なります。病院も多ければ医学部も多いため求人は多く、医局に所属していなくても仕事はあるそうです。中部、東北、九州の基幹病院はほとんどが公立病院です。

1.名大、東北大、千葉大、どの大学の医学部に進学しますか?
私なら自分が将来働くであろう地域で選びます。

2.その理由
医局を辞めることはあっても、変わるケースはまずありません。つまり初めに所属した医局の地域で一生を終えることがほとんどです。質問者様が関東在住であれば関東の大学を選ぶべきです。もちろん故郷に戻らないor両親をこちらへ呼ぶのであれば問題ありません。

3.旧帝大理系の偏差値(名大、東北大、九州大)
東大・京大を除いたら、名古屋の人は名大以外は眼中にないでしょう。東北、九州も同様です。まのでそれぞれの地区の東大・京大受験者を除いた成績優秀者が受験すると考えてください。偏差値はその結果論です。

4.例えば東北大医学部に進学したとすると、東北(地元)でしか仕事できない?
東北大学の医局に所属したらそうなるでしょう。しかし卒業後に医局を選ぶことは可能ですので、所属した医局の地方だけで仕事をすることになると理解してください。医局所属以外の病院に行くには医局を辞めるor変わる必要があります。

医学部受験に際して…
私の時代の旧帝大の入試問題は他の理系と共通で比較的簡単な問題が多かったため、医学部合格者の平均点は90点以上だったようです。つまりセンターで失敗すると挽回不可能になります。なのであまり早い時期から大学を絞って勉強するとセンターの結果では無駄な努力になる恐れがあります。私はセンターの点が思わしくなかったので、二次試験での逆転を狙って出願校を変更しました。現役合格して卒業後に旧帝大(もともとの志望校)の医局に所属しています。
また旧帝大の入試問題は基本的な理解をみる問題が多いので、点に差が出にくく、ミスが命取りになります。まず付け焼刃は通用しないと思っていてください。逆に地方国立では配点が偏っていたり、出題範囲に偏りがある傾向があります。特に単科大学でその傾向が強いです。
センターまでまだ1年あるのでじっくり頑張ってみてください。

医師です。非旧帝大の国立医学部を卒業後、地元の旧帝大の医局に所属しています。
質問者様が医師になりたいのであれば基本的に理解しておかないことがあります。
多くの基幹病院は大学病院の関連病院となっており人事権は大学医局にあります。そのため自分の働きたい地域の病院がどこの大学の医局に所属しているかを確認する必要があります。しかし、現在ではすべての医師の基礎研修が義務化されたために、研修病院を自分で選ぶことができます(マッチング)。そのため卒業大学=所属医局という図式は崩れてい...続きを読む

Q出身医学部と研修先のマッチング

進学する医学部を選択する上で、卒業後、入試の偏差値が高い大学出身の方が、研修先のマッチングの時、有利でしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大学関連病院ならその大学出身者が優遇されたりしますし、関連病院を沢山持っているのは有名大学なんで、その点では有利です。
反対に言えばその程度であり、大学名の影響力は一般的な就職活動に比べて極めて小さいと言って良いでしょう。

正直な所、マッチングは初期研修2年間のみ(しかも各科数ヶ月しか回らない)です。最初の2年ですから重要でないとは言いませんが、病院選びに失敗しても大きな痛手にはなりません。さらに医師3年目以降は医局に所属する人がやはり多く、初期研修の時は超難関だったのが、後期研修ではすんなり就職なんてこともあります。
さらに数年後にこのマッチング制度が現行のまま残っているとは限らないので、今から考えても仕方ないだろ~な~と思います。

ただし以下私見ですが、地方の医師不足がこれだけ騒がれているので国としても何らかの行動を起こしてくることが考えられます(別に都会で充足しているわけではないのですが)。
・初期研修を3年間として最後の1年間を僻地医療へ
・都会の病院の受け入れ人数を制限して研修医を地方に行かせる
・マッチング登録できる数を制限する(就職活動自体が停滞化し、結果的に母校に残る人数が増えます=地方大学にも人が残る)
などいくつか考えられますが、「地方大学の人はその地方に御礼奉公を」という考えが軸になると推測されます。まあ、あくまでも推測ですが。

マッチング制度を予想して進学する医学部を選択する必要はありません。今後の医療制度改革を考えると地方医療にしばられそうな大学よりは都会の大学に進学した方が良いかも知れない、その程度です。

大学関連病院ならその大学出身者が優遇されたりしますし、関連病院を沢山持っているのは有名大学なんで、その点では有利です。
反対に言えばその程度であり、大学名の影響力は一般的な就職活動に比べて極めて小さいと言って良いでしょう。

正直な所、マッチングは初期研修2年間のみ(しかも各科数ヶ月しか回らない)です。最初の2年ですから重要でないとは言いませんが、病院選びに失敗しても大きな痛手にはなりません。さらに医師3年目以降は医局に所属する人がやはり多く、初期研修の時は超難関だったのが...続きを読む

Q私立大医学部の難易度と風評について(地方国立大医学部との比較)首都圏での慈恵医大や日本医科大のイメージ・位置づけは?

地方国立医大出身の医者です。

最初にお断りしておきますが、あくまで一般社会ではどうか、という質問であり、
学問的に実態はどうかという質問ではありません。イメージでお答え頂けると幸いです。

今まで勤務したのが、首都圏だったためか、(偏見かも知れませんが)私立医学部の
評価が高く、地方国立大医学部の評価が低いような気がします。
僕の家庭は私立医大に行くだけの財力がなかったので(笑)私立医大への進学は
考えたこともありませんでしたし、私立の受験勉強もしていないので、どれだけの
難易度かというのは正確には分かりません。

しかし、慶應大以外が地方国立大(偏差値的には中位)を上回って難しいとは
考えたことがありませんでした(イメージ的に)。
母校も偏差値的には東大の理2程度で、倍率は常に5倍以上で、
まさか首都圏の上位と言われている私立とはいえ母校を超えて入学するのが難しいと
いうことはないだろうと思っていました。

ところが、首都圏での実生活上は(あくまで医者の世界ではなく)地方医大のイメージが
あんまり良くない気がします。実態より評価されていないような気がして否めません。

例えば、
患者さんで「先生のように子供を慈恵医大に入れたいです!」
と親子二代で慈恵医大卒の医師に言う人がいました。
「どうやったらそんなに(慈恵に入れられるくらい)頭が良く育てられるんですか?」とも。
それほど慈恵医大は難しいのでしょうか?

また、日本医科出身の医師で
「日大卒業と思われて、不愉快だった。全然違うのに!」
と言う方がいました。
全然違う、くらい日本医科大学は難しいのでしょうか?

テレビで西川女史が
「頭が良い」風なことを言っているのにも違和感があります。
聖マリが頭が良いと自称出来る程度とは思えません(毒舌すみません)。

これは僕の性格がメインだと予防線を張りますが、
合コンでも特に私立大学出身の女の子にウケが悪い気がします。
出身大学を男性陣が一人ずつ言った時に、僕のところで
しーんとなってしまった時は、ちょっと無情を感じました(笑)
その時の残りの男性陣は帝京、東邦、杏林でした。

臨床能力については一概に言えませんが、やや難ありの医師の
数は私立出身の方が多いような気がしますし、
どういう基準かにもよるでしょうが、総合力に優れているのは
やはり国立大出身の医者の方が多い気がします。
しかし、例えば首都圏では○○大(母校)と名を出しても
「あ~らお気の毒でしたね」というような反応が多く(!)
ちょっと違和感を感じています。

慶應は別格だと思いますが、それらと並び称される場合もある
慈恵医大や日本医科大はそんなに難しいのでしょうか?
地方の中位国立より入るのが難しいのでしょうか?(受験テクニックなどは抜きに純粋に地頭の良さで考えて)
あと、首都圏ではこれらの私立医大のイメージがやはり総じて良いのでしょうか?
○○大(母校)がある田舎はむしろ私立医大と言うと
返答に窮するような対応が多かった気がするのですが、
首都圏だと正反対な気がします。

純粋に不思議で聞いているので、特定の大学を攻撃しているわけでは
ありませんし、僕も私立出身の尊敬出来る医師をたくさん知っているので
他意はありません。不愉快な表現があったら、すみません、
あくまでそれらは僕が毒舌なせいで、当該医大が嫌いな訳では断じてありません。
むしろ母校が不当に差別されている気がして残念なのです。

皆さん、よろしければお答え下さい。よろしくお願いします。

地方国立医大出身の医者です。

最初にお断りしておきますが、あくまで一般社会ではどうか、という質問であり、
学問的に実態はどうかという質問ではありません。イメージでお答え頂けると幸いです。

今まで勤務したのが、首都圏だったためか、(偏見かも知れませんが)私立医学部の
評価が高く、地方国立大医学部の評価が低いような気がします。
僕の家庭は私立医大に行くだけの財力がなかったので(笑)私立医大への進学は
考えたこともありませんでしたし、私立の受験勉強もしていないので、どれだけ...続きを読む

Aベストアンサー

団塊のおじさんです。
文科系の人間なので医学部のことはよくわかりませんが、私の頃と今を比較しますと、昔は地方国立大学の評価がすごく高かった。たとえば同級生の秀才達は東大を落ちて早稲田には行かず埼玉大学などに流れていました。昔は貧しかったから学費が安い官立は評価が高かったのでしょう。ところが豊かな世の中になり、学費が安いことにあまり魅力を感じなくなった。そして偏差値最優先ではなくなりました。つまり地方の大学は偏差値は高いかもしれないけど勉強だけであまり遊べない。東京の私立なら遊ぶところはたくさんある。少しくらい偏差値で差があっても楽しいほうがいいやということになったのではないかと思います。この傾向が医学部においても例外ではないということでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報