人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

本日、予定納税通知書というのが税務署から送られてきました。こういう通知は始めてでよくわからないのですが、どうやらまだ収入もない分の所得税を先に納めなければならないようです。

以下は質問です。

質問1.
私はサラリーマンで副業もしているので、副業分の所得税を今年3月の確定申告で納めました(会社給与分は天引きです)。その額と同じ金額の所得税を予定納税で今回納めるようなのですが、なぜこのようなことをするのでしょうか?

質問2.
おそらく、去年の副業の収入と今年の収入には差があると思います。そうなった場合はその差額分を確定申告するのでしょうか?何か、二重の手続きのような気がして面倒なのですが・・・。

質問3.
予定納税せずに確定申告で所得税を計算して収めることはできないのでしょうか?

すみませんがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちは。



 予定納税の仕組みについては,お答えが出ていますので,違った観点から書かせていただきます。

◇なぜ予定納税という制度があるのか

・「税務署は納税者を信用してません。」も一つの理由(本当の理由?)かもしれませんが…
 お勤めの方は,毎月,源泉徴収という形で,所得税を給与から天引きされ,勤務先が納税します。一方,自営業などの方は,確定申告で納税するわけなのですが,予定納税がないと翌年まで所得税を納税する必要がなくなりますから,不公平感があります。
 また,税,すなわち財源の確保の観点からも,早い時期に納税をしてもらう必要があります。
 ということで,この制度があります。

・ちなみに,法人についても中間申告という,同様の制度があります。
 これは,事業年度の中間で,前年度の法人税の納税額の半額,もしくは仮決算をして納税します。

◇還付加算金
・こうした,予定納税や中間申告は,税の仮払いですから,当然,確定申告の結果,本来の納税額が仮払いの金額を下回れば,差額の還付が受けられます。

・還付の際は,延滞金と逆の発想で,還付加算金という利息?をつけて還付がされます。
 還付加算金は,年利「(旧)公定歩合+4%」ですから,銀行預金より圧倒的に有利ですから,予定納税をされるとメリットがある場合がありますよ。

http://allabout.co.jp/finance/savemoney/closeup/ …

参考URL:http://allabout.co.jp/finance/savemoney/closeup/ …
    • good
    • 3

以前、減額申請を出したことがあります。



6月30日時点での年間売上予想を算出した資料と一緒に申請を提出したら簡単に免除されました。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …
    • good
    • 0

>1.


 ・副業分の納税額が15万以上の場合に予定納税の対象になります
>2.
 ・普通に確定申告をします
 ・実際に予定納税された金額を記載する事になります、確定納税金額と調整されます
>3.
 ・予定納税額の減額申請は可能です
・サラリーマンの源泉徴収と年末調整の様なものですね
詳しくは下記をご覧下さい:予定納税(国税庁)
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2040.htm
    • good
    • 1

私も予定納税をしてますが、予定納税の通知書と一緒に”予定納税について”という8ページの説明書が入っていたと思います。


それを読まれましたか? それに詳しく書いてありますけど。

質問1.税金が高額(年15万円以上)になる人が確定申告までにお金を使いすぎて納税できないのを防ぐためです。
税務署は納税者を信用してません。(実際納税しない人がいるからこういう制度になった)

質問2.
”予定納税について”の3ページ目”III予定納税の減額申請”をご覧下さい。

質問3.予定納税の減額申請をすれば予定納税は必要ないかもしれません。

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shi …
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q予定納税した場合の確定申告の記載は?

 給与を2か所でもらっているため確定申告を例年しております。
 平成14年度の確定申告では、例年とほとんど収入がほとんど変わらなかったにもかかわらず納税額が何故かかなり増えて、そのため春と秋の2期に分けて平成15年分の予定納税をしなければなりませんでした。
 この場合、当然この予定納税額分は平成15年度の納税額より差し引かれるものと思いますが、確定申告の書類には「予定納税額」を記載する欄はないように思うのですが、どのような記載をするのでしょうか?

Aベストアンサー

ありますよ。

参考URL(確定申告書の雛形です)の一頁目の39番に「予定納税額」を記載する欄があります。

確定申告書の「A」には予定納税の記載欄がなかったと思います。この申告書は基本的に、申告する所得が給与所得や雑所得、配当所得、一時所得だけの方で、予定納税額のない方が使用しますので。

確定申告書の「B」には、所得の種類にかかわらず、だれでも使用できますが、予定納税額のある人はこちらの申告書を使用します。

確定申告時期の少し前に、確定申告書が郵送されていきますが、予定納税額のある人の確定申告書には、予定納税額が「予定納税額」欄に自動的に印字になって郵送されます。(管轄税務署によっては違いはあります)

Q予定納税について教えてください。

私はサラリーマンですが、年末調整をし忘れて、今年確定申告をしました。今回、予定納税の通知が来ました。給料で所得税が毎月引かれていますが、これと予定納税というものは別物でしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

○予定納税とは

・これは、前年に一定の所得があった人で確定申告をされた方に対し、税務署で前年の所得などを基にして計算した予定納税額が通知され、それを7月と11月に納めることです。
 最終的に確定申告をして、税額を決定して、予定納税で収めすぎていれば還付されますし、足りなければ不足分を支払うことになります。

・多分、確定申告をされたので通知が来たのだと思います。

○源泉徴収と確定申告

・会社にお勤めの給与所得者は、通常は所得税を毎月会社が「源泉徴収」(天引きですね)して、年末調整したうえで、会社が税務署に支払ってくれますから、(他に所得がなければ)ご自身で直接税務署に支払う必要はありません。

・一方、自営業の方などは、自分で所得税を計算して、税務署に確定申告して納税することになります。

○結論

>給料で所得税が毎月引かれていますが、これと予定納税というものは別物でしょうか?

・両方とも、所得税の納税方法です。
 会社で源泉徴収されているわけですから、税務署に支払う必要はありませんので、税務署に事情(去年はたまたま確定申告をしたことですね)をお話になって、予定納税の対象者ではないことを説明してください。
 放っておかれると、税務署から支払の催促が来ますので。

○何故、予定納税の制度があるのか

・以下参考なのですが、確定申告だけで税金を集めると、その時期にしか税金が国に入ってきません。それでは困りますから、その年の中間で半分ぐらい納税してもらい、国の財源にするために設けられているわけです。

 こんにちは。

○予定納税とは

・これは、前年に一定の所得があった人で確定申告をされた方に対し、税務署で前年の所得などを基にして計算した予定納税額が通知され、それを7月と11月に納めることです。
 最終的に確定申告をして、税額を決定して、予定納税で収めすぎていれば還付されますし、足りなければ不足分を支払うことになります。

・多分、確定申告をされたので通知が来たのだと思います。

○源泉徴収と確定申告

・会社にお勤めの給与所得者は、通常は所得税を毎月会社が「源泉徴収」(...続きを読む

Q予定納税が来るか来ないか

予定納税基準額の計算方法について、国税庁のHPはもちろん、その他検索もしてみたのですが、正直よくわかりません。

現在、平成20年分の所得税申告書を作成しているわけですが
この書面のどの金額から計算、判断できるのでしょうか。

因みに所得は「事業」と「雑(年金)」のみです。

Aベストアンサー

No2です。
No3さんの「よって、素人の私の認識では年間に納めるべき税額が15万円以上という表現は違うと思う。」
 専門家として回答した私の顔をたてて素人とおっしゃって下さりありがとうです。
 No3の言うとおり、私の表現だと違います。

 正確には「年税額マイナス源泉徴収税額」が基準額です。というのも間違いです。

「申告期限までに納める金額」です。というのも間違いです。

今年の所得の中で「およそ来年には所得とならないだろう」という一時所得や雑所得など、つまり今年の収入から臨時所得を引いた場合の所得で計算をした所得税額が基準額になります。

結局、国税局のホームページが一番正確なのですが、(たぶん)それでは質問者様が「一言で教えてくれ」と言われると思い、先の回答になりました。

「申告期限までに納める額が15万円以上だと予定納税の納税義務が発生する」と大まかに覚えていただき、資金繰りされればいいと思う次第です。

Qなぜ予定納税?

 給与所得者です。
 2か所で給与をもらっており、「雑収入」が一定額以上あるため毎年確定申告をしております(=義務)。
 H17年分は、確定申告して65000円ほど税金を納めました。

 昨日、「予定納税」の通知が来ました。I期・II期ともに53000円程度です。15万円を超えると予想される場合は「予定納税」となることは知っています。
 ただ、収入が上がる見込みはないのに何故こんなにもH18年分の税金が上がるのかよく分かりません。
 何か大きな税制改定がありその影響を受けるのでしょうか?
 アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答でもアドバイスでもなのですが、ちょっと不思議でしたので。

予定納税の質問が増えているようですが、まず、予定納税の計算の概略を書いておきます。
「譲渡・一時・雑所得以外の所得にかかる所得税」から「譲渡・一時・雑所得以外の所得から引かれた源泉所得税」を引いた金額が”15万円以上の場合”に予定申告を行います。
ですから、ご質問の場合、予定納税は発生しないはずですが、考えられる事として、
(1)確定申告(本人)に誤りがある
(2)源泉所得税(会社)の徴収方法に誤りがある
(3)税務署が間違えている
などですが、今回は納付額から言って(2)はないと思われます。

で、恐らくここまでは質問者さんもお分かりと思います。
それで、税務署が間違える原因を確定申告で行っている事は無いでしょうか?

つまり計算上「譲渡・一時・雑所得以外の所得から引かれた源泉所得税」がいるわけですが、確定申告のときに「所得の内訳(源泉徴収税額)」の欄の記載に誤りが有る場合や記載を省略した場合に、税務署が誤る可能性は少しは高くなると思われます。
(それでも源泉徴収票など証憑をつけているでしょうから、間違える可能性は少し高くなるとはいえ、考えにくいですが。)
しかし書かれた内容を見る限りでは、予定納税が発生しないはずですよね。

回答でもアドバイスでもなのですが、ちょっと不思議でしたので。

予定納税の質問が増えているようですが、まず、予定納税の計算の概略を書いておきます。
「譲渡・一時・雑所得以外の所得にかかる所得税」から「譲渡・一時・雑所得以外の所得から引かれた源泉所得税」を引いた金額が”15万円以上の場合”に予定申告を行います。
ですから、ご質問の場合、予定納税は発生しないはずですが、考えられる事として、
(1)確定申告(本人)に誤りがある
(2)源泉所得税(会社)の徴収方法に誤りがある
(3)税務署が...続きを読む

Q予定納税の督促状が来ました

払うと生活費がなくなるのですが、分割とか出来るのでしょうか?
仕事が決まれば一括で払えます。
また、今年の収入が大幅に減るのですが(去年の1/3ぐらい)予定納税で払った分は戻ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

予定納税が出るということは、20年分の所得税が基準額以上あったということでしょう。
その収入が本年21年にもあるという前提で、昨年の年税額の3分の1づつを二回納めるようになってるのが予定納税制度です。

NO2様の回答にあるように、21年分の確定申告によって、予定納税額は精算されます。納めてあれば還付され、未納でしたら、納めてるものとして還付される金額が、未納額に充当されるという手続きになります。

21年の所得が前年20年だけないことなどを理由にして「予定納税額の減額申請」が税務署長に対してすることができます。
ご質問者はこの手続きをされてなかったように推察します。

具体的に今後の話を。

予定納税額には、還付されるさいに還付加算金がついて還付されます。現在利息が4.5%です。
資金的に余裕があれば、納めておいて、来年銀行預金よりも高い利息を受け取るという方法も選択枝ですが、資金的にそれどころではないというなら、ほかっておいて、確定申告で「納めなくても良いことになりました」(国税還付金充当通知書)という通知を受け取ればよい話です。

予定納税2期分についても同様です。

ただし、今回のように「早く払ってくれ」という督促状は送達されます。

確定申告をした際に、納税額が出たとします。
納税額のうち、一期分と二期分にあたる額については、それぞれの納期限の翌日から延滞税がつきます。

例示します。

予定納税額額が一期二期それぞれ8万円とします。

資金繰りがつかないので未納で、予定納税額一期分二期分合計16万円が未納だとします。

確定申告によって納める年税額が4万円になったとします。

確定申告書の提出時には、予定納税は「納めてある」ものとして還付金が12万円発生しますが、未納が16万円有るので、そこに充当されます。
残り4万円は「予定納税一期分の未納」として残ります。

予定納税額一期分の納期限は7月末ですので、8月1日からの延滞税とともに4万円を支払うことになります。

資金繰的に厳しいなら、21年分の所得税(年税)はこの程度だろうという額まで払っておいて、後は「未納にしておく」というのも手です。

予定納税額の減額申請は、昨年よりも収入が減少したという状況を帳簿の写しなどを添付して行えばできます。
面倒くさければ、しなければいいだけですが、督促状が来るというだけです。

なお、予定納税の滞納だけで滞納処分が執行されることは稀ですのでそちらの方は心配無用です。

予定納税が出るということは、20年分の所得税が基準額以上あったということでしょう。
その収入が本年21年にもあるという前提で、昨年の年税額の3分の1づつを二回納めるようになってるのが予定納税制度です。

NO2様の回答にあるように、21年分の確定申告によって、予定納税額は精算されます。納めてあれば還付され、未納でしたら、納めてるものとして還付される金額が、未納額に充当されるという手続きになります。

21年の所得が前年20年だけないことなどを理由にして「予定納税額の減額申請」が税務署...続きを読む

Q源泉徴収税額とは・・・・・

現在、派遣社員として某企業で働いています。「給与所得の源泉徴収票」というのが送られてきました。源泉徴収税額のところに、97360円とか書いてあったのですが、これってこれから払わないといけないでしょうか?ちなみに源泉徴収税って何ですか?

Aベストアンサー

源泉徴収税って所得税ですよ。年収に応じて所得税を
払います。

ちなみに所得税は月々の給料で少しずつ仮に引かれて
います。で、年末調整でそれを再計算して正しい年間
の所得税額を計算します。

で、senta200さんからみて月々払っているのが多ければ
還付(戻ってくる)されるし、払っている額が少な
ければ徴収されます。

源泉徴収税額のところに97360円とかいてあるのは
年間のsenta2003さんの所得税ですよ。
だからこれに毎月払っている額を照らし合わせて
差額が還付か納付になります。

Q税務調査で自宅に税務署のかたがきます。。。

21日に税務署のかたがきます。

「税務調査の協力をお願いします。」っと言われました。
「資料を用意して欲しい」と言われました。

きっと領収書、通帳などかなって思いましたが
領収書は捨ててしまい、通帳も記帳が終わっていたので捨ててしまいました。
帳簿?っというのも全くつけておりません。

どなたか詳しい方はいらっしゃいますでしょうか?

確定申告は、2年前からやっておりますが、自己流で間違っていることが
多いとおもいますが。。。

間違えていた場合は、税金を多く支払うことで許してもらえるのでしょうか?

補足白色申告、個人です。昨年は1000万円はありません。700万円でした。
前回、申告した領収書も捨てております。
通帳は銀行に行って、記帳したものをいただいてきたほうがいいでしょうか?
その場合、22年度のものだけでいいのか、もっと前のものからの記帳があったほうがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

はじめまして。

回答では無いのですが、私も先日の14日に税務調査がありました。(白色 個人)

1000万円以上の売り上げ除外(その分の仕入除外や経費の未算入がある状態)を指摘され、過去7年間の銀行取引の明細を提出するように言われて、向こうからの連絡待ちです。

自分が悪いのは重々承知ですが、生きた心地はしないです。


自分も初めてだったので、何をされるか分からない恐怖心で、税理士の方に立ち会ってもらいました。

他の方も仰っている様に、余計な事は言わずに、聞かれた事だけ話すのがベストだと思います。

ネットで、人当たりの良さそうな調査官だと注意と書いてありましたが、来た調査官も人当たりが良く、指摘箇所を見つけて人が変わってました。

キチンと申告していなかった自分を猛省し、命までは取られない、家族を守らないといけないと、思いながら、少しでも前を見るようにしています。

21日なので明日ですね。がんばって下さいという言い方も変ですが、頑張ってください!!!

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q所得税って分割払いできますか

以前から持っていた株を売って利益がでました。ただ、税金のことを考えておらず、所得税が一度には払えそうもありません。。
分割払いとかできるんでしょうか。
また、確定申告を3月にして税金の払いはいつまでにしなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

所得税については、分割払いと言うか、延納は、制度上は、#3の方が書かれている延納制度しかありません。
それ以外の場合は、個別に税務署の徴収担当と相談して、分割払いにしてもらう事になります。

延納制度について、詳しく説明しますと、確定申告による税額の2分の1以上を3月15日までに納めて、残りについては、5月31日までに納める事になります。

その期間で納められそうであれば、振替納税を利用されればなおさら良いと思います。
今年の例で言えば、現金納付であれば3月15日が納付期限ですが、振替納税の場合は、4月16日が引き落とし日です。
(この分については利子税等はかかりません。)

延納分については、現金納付と同じ5月31日に引き落とされます。

ただ、上記の期間で無理であれば、基本的に振替納税は、きちんと引き落とされるのが前提ですので、やはり個別に徴収担当に相談するしかないと思います。

上記の延納については、申告期限の翌日から5/31までの期間に対して、現在は年利4.1%(前年11月末日の公定歩合+年4%)が利子税として、税額に対してかかってきます。

延納制度ではなく、徴収担当に相談して分割払いにした場合は、申告期限の翌日から2ヶ月間については、上記と同じ年4.1%の延滞税がかかり、それ以降の期間については年14.6%の延滞税となります。

延滞税については、計算の結果、千円未満であれば課せられませんので、税額によっては、早めに納付すればかからないケースもあります。

所得税については、分割払いと言うか、延納は、制度上は、#3の方が書かれている延納制度しかありません。
それ以外の場合は、個別に税務署の徴収担当と相談して、分割払いにしてもらう事になります。

延納制度について、詳しく説明しますと、確定申告による税額の2分の1以上を3月15日までに納めて、残りについては、5月31日までに納める事になります。

その期間で納められそうであれば、振替納税を利用されればなおさら良いと思います。
今年の例で言えば、現金納付であれば3月15日が納付期...続きを読む

Q納付書が送られてこない

都民税、区民税についてお聞きします。
税金の納付書が自宅に送られてきません。
どのような事が考えられますか????
社会保険に加入済みです。

昨年3月、新しい派遣先に変わりました。
その前のほぼ一年は未収入です。
都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

今、同じ派遣先で一年間働き続けています。
まだ、税金の納付書が送られてきません。

同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?
もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をしておらず,またkoike333さんも確定申告をしておられない。つまり,どこからも申告していないので課税できない。
・5月末が住民税の当初課税の期限ですから,もうすぐ来る。(自治体によって納付書の来る時期が多少違います。)

などが考えられます。

>社会保険に加入済みです。

これは,特に関係はないです。

>昨年3月、新しい派遣先に変わりました。その前のほぼ一年は未収入です。都民税の納付書が送られてこないので、納付していません。

・住民税は,前年の収入に課税されますので,一昨年に課税されるだけの収入がなかった場合は,昨年は非課税であったものと思われます。

>今、同じ派遣先で一年間働き続けています。まだ、税金の納付書が送られてきません。同じ派遣の人は都民ではありませんが、市民税の納付書が届いたと言っていました。

・一概には言えませんが,人口の少ない自治体ほど早く処理(住民税の計算)ができますから,早く納付書が来ます。

>昨年分を払っていない事に不安を感じているのですが、このままで良いのでしょうか?

・上記のとおり,一昨年は収入が少なかったようですので,昨年は住民税が非課税だったのではないでしょうか。

・具体的には,自治体によりますが,年収100万円(もう少し基準額が低い自治体もあります)以下ですと,多くの自治体では住民税は非課税です。平成18年1月1日から平成18年12月31日の収入が100万円以下ですと,平成19年度は住民税は非課税です。

>もう少し待てば、納付書は送られてくるのでしょうか?

・平成19年1月1日から平成19年12月31日の収入が100万円以上ですと課税されますから,そろそろ来ると思います。

---------------
 念のためなのですが,派遣先は給与支払い時にkoike333さんのお住まいの自治体に給与支払い報告はしてくれているんですよね?
 してくれない場合は,koike333さん自身で確定申告をしないと住民税が計算できません…

 補足が必要でしたらどうぞ。

 こんにちは。

 住民税の納付方法には,「特別徴収」と「普通徴収」があります。「特別徴収」とは給与天引き,「普通徴収」とは納付書による納付です。
 納付書が来るのを待っておられるようですので,「普通徴収」の対象になっておられるものとして,以下,書かせて頂きます。

---------------
>税金の納付書が自宅に送られてきません。どのような事が考えられますか????

・前年の収入が少ないため非課税である。
・前年に課税されるだけの収入はあったが,会社が自治体に給与支払い報告をし...続きを読む


人気Q&Aランキング