『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

お世話になります。
立川談志師匠が弟子から上納金と称して謝礼を受け取っていることは有名ですが、
ある読み物で師匠の
「三味線だって踊りだって、他の芸事はみんな弟子が師匠に月謝払って教えてもらってるじゃねえか。
俺が弟子から金とって何が悪い!」
という主張を読んで、「なるほど!理にかなってる!」と思いました。

談志師匠の「師匠が弟子から月謝を受け取るのは当然。」という主張が正しいとするならば
なぜ他の落語の師匠は弟子に無料で稽古をつける上に、衣食住の面倒を見たりするのでしょうか?
(まあ、今時住み込みの弟子はあまりいないかもしれませんが)


くだらない質問かもしれませんがよろしくお願いします。

A 回答 (1件)

 別に落語に詳しいわけではないのですが、詳しい方の回答がつかないよう


なので。
 「ちりとてちん」というNHKの朝ドラでその辺のことが描かれていまし
たね。弟子入り志願者は師匠に何度も何度も頼み込んで、ようやく弟子入りを
許されるそうです。そして内弟子(住み込みの弟子)になると、師匠の家の
用事をすべてこなします。炊事洗濯掃除、買い物、師匠の仕事場への送り迎
え、犬の散歩などありとあらゆる家事を、無給でこなさなければいけませ
ん。家事ですから休日もありません。プライバシーもごく少ないでしょう。
そのかわり、住むところと食事の心配はいらない、ということです。
 そういう生活をしている間に、師匠の都合のいいときにケイコをつけ
てもらえる、ということだそうです。ですから、ひととおり駆け出しの落
語家になれるまでに、何年もの時間がかかります。しかもそれでも落語で
食べていけるようになれるかどうかは分かりません。だから、何度も断ら
れても落語をやりたい覚悟のある人だけを、弟子入りさせてくれるのだそ
うです。
 あくまで、一般人が落語家の世界について聞きかじった知識に過ぎませ
んが「無料で稽古をつける上に、衣食住の面倒を見たりする」という
"極楽生活"、とは少しイメージが違うような気がします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
師匠も弟子も大変なんですね。
今時の人はみな核家族家庭で育っているでしょうから内弟子になって師匠の家事を全てこなす事ができる人はあんまり居ないんでしょうね。

またよろしくお願いします。

お礼日時:2008/06/27 05:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング