プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

こんにちは。
今,野球を見ていると,バッターの人が目の下に黒いくまみたいなのを描いていました。あれってなんですか?何のために描いてるんですか?
よろしくお願いします。

A 回答 (10件)

皆さん回答の通り、地面からの反射光の眩しさを緩和させる為です。


あれは白人系の様に、瞳が黒でなく色素が薄いと、陽光が眩しくなるそうです。元々は、サングラスがその為の保護メガネです。
しかし、日本人の殆どは瞳が黒ですから、白人ほど陽光は眩しくない筈です。
また、日本人のように丸顔には、あのシールは全く似合わず、まるで、寝不足の狸です。
本人は格好良いとか、ファッションのつもりでやってますが、見っとも無いです。
    • good
    • 24

太陽光の地面からの反射を和らげるために使用します。


ほりの深い外国人がはじめた技ですが、アメフトなどでも用いられています。
日本人でも実際効果はあり、決して無駄な努力ではありません。
昔はワインのコルクを焼いて冷ましたあと描いていました。「喝!」でおなじみの張本氏はよく利用していましたね。
    • good
    • 11

豆知識ですが、日本のプロ野球ファンの多くが初めてこれを目にしたのは、1971年秋に日米親善野球でボルチモア・オリオールズが来日した時の事でした。

当時9連覇の最中で日本プロ野球で無敵を誇った読売ジャイアンツがオリオールズには全く歯が立たず、親善試合なのに一つも勝てませんでした。(それ以降数年間、その時のオリオールズにあやかって、キャップはつばと本体を2色に染め分けたものに変えたり、ユニフォームをベルトレスに変えたりした球団が続出しました。)ブルックスとフランク、二人のロビンソン選手が当時のオリオールズの主力打者でしたが、そのブルックス・ロビンソン選手が眼の下の頬の膨らんだ辺りを眉毛でも書くように黒くしていたのが、強烈な印象を残し、あれは何なんだということで、話題になりました。他の回答者さんが既に説明されているとおり、まぶしさ除けなのですが、当時はろうそくを燃やしてできた墨を塗っているといわれていました。
    • good
    • 2

今はシールになったものが売られているようですが、


昔はよく「コルクを焼いたものを目の下に塗っている」と解説されていました。
本当にそうだったのかは定かではありません。
    • good
    • 3

目の下を黒くすることで、太陽光の眩しさを軽減出来るんです。


専用の物をペイントしたりシールを貼ったりしています。
良く外野の選手がしてますね。

http://iblack.jp/
    • good
    • 0

デーゲームで頬の汗による太陽の反射や照り返しを防ぐために専用のシールを貼り付けているんです。


特に彫りの深い選手や外国人の場合には効果があるようです☆
    • good
    • 11

 これは白人の野球選手がやり出した化粧法です。

これは彼等の眼が凹んでいるので、頬骨の上部に当った太陽光が眼球に入り込んで来るらしく、これが眩しく感じられるので、これを防禦するために目の下を黒く塗るのです。日本の選手も真似をしてやっているケースがありますが、日本人はそれほど目がくぼんでいないので、そんな光が目の中へ入って来ることはないので、無駄な努力ですね。いわばファッションということになります。
    • good
    • 3

あの黒いもので光を吸収して目に行かないようにしているんです。

(まぶしくないように)
    • good
    • 1

太陽光線が皮膚に反射して目の中に入らないようにするためです。


大リーグの選手が始めましたが彼らは顔のうぶげも金髪なので反射光がまぶしいのです。日本人はあまり関係ないと思いますが真似してるんでしょうね。
    • good
    • 3

あれは芝生等で反射して見にくくなるのを抑える役目がありますちなみにテープです

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング