グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

中学、高校、大学いずれかの書道の教師になりたいと思っています。
現在、32才で編集の仕事をしています。
大学は卒業していますが、経済学部で教員免許は持っていません。
書道の腕については、競書で二段レベルです。
今から、書道の専門学校に通って実技を学び、大学の通信講座で教員免許を取ることは可能でしょうか。
年齢的に教員免許は大丈夫かと、教員の需要があるか、もし、教員免許を取るとすると通信講座でどれくらいの期間が必要か、を教えてください。教育実習も必要でしょうか…。

書道を一生の職にしたいと考えているます。
教師になるか、書道塾を開きながら商業書道としてロゴなどをデザインする…という2つの道を考えています。
書道家として生きるにも収入に不安があるので教員免許を…と考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

書道を一生のお仕事にされたい方に言うのも恥ずかしいんですが、大学で、高校2種と中学1種の国語の免許を取りました。

中学1種の免許には書道を教える免許が含まれており、私は教えることが出来るのですが、実際は、大学で1年間書道の単位をどうにかとった程度で、まともに書道を究めたことはありません。
実際に(海外の在外指定校で)中等部の国語教員だったときは、他の国語の先生にお願いしていました。(私はその代わり、漢文・古文・小論文を一手に引き受けていました)。

選科であれば、非常勤職員の道はそれほど険しくないと思います。ただし地方公務員ではなく、区や市の職員扱いです。時給数千円になると思います。お近くの教育委員会のホームページなどをチェックしたり、非常勤講師、代講で登録しておくとよいと思います。非常勤として実績を積むことで、採用の際、実績に換算されますし、書道塾を開くにしても、~中学校教員というステータスは大きいと思います。また、やはり学校教育に携わるのは楽しいことで、塾とは違うやりがいがあります。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
非常勤職員になるにも、教員免許が必要で、ということは、やはり教育実習に行かなければいけないんですよね。

ただ非常勤として実績を積む…という方法は、私にはとてもあっている気がして、選択肢の一つとして考えてみたいと思います。

補足日時:2008/06/24 09:00
    • good
    • 0

#2です。

他の方の回答から、事実関係で誤解をしている部分があるようですので、補足します。ちなみに私は、教育委員会で非常勤を採用する立場にもいました。
>非常勤として実績を積む…という方法

これは現実的には不可能です。

中学の書道は、「書写」といって、あくまで国語の一部、独立した教科ではありません。
当然独立した免許はありません。こちらは、中学校国語の教員免許がなければ教えることができないのです。逆に言うと、#4さんが、中学で書道を教える資格があるのは、(技量に関係なく、失礼!)中学国語の免許を持っているからなのです。

もちろん、ボランティア・無償の外部講師としてなら教員免許の有無にかかわらずやれますが、非常勤講師としての採用は法律上(免許上)不可能なのです。
したがって、中学を対象とした「区や市の職員扱い」の非常勤講師の道はありません。これは間違った情報です。

ごくまれに、中学で教務主任・通院等の「時間数軽減措置」代替の非常勤講師として書写だけを教える方もおりますが、その場合でも中学国語の教員免許を持っているのが前提です。同じ事なら、小学校でもあります。こちらも実際には書写しか教えませんが、教員免許は小学校全科免許が必要です。

次に高校ですが、高校には芸術として「書道I、II、III」があります。書道の教員免許で教えることができるのはこちらです。が、こちらはその科目を開設するかどうかは高校の判断です。教員採用が少ないのは何故かというと、科目として開設されている高校が少ないからです。芸術で科目が開設されているのは、たいがい音楽と美術です。実はその他に「工芸」という科目もあるのですが、こちらもあまり見聞きしないでしょう?
簡単に言えば、先生のつぶしが利かないんですよ。音楽・美術なら中学校へ赴任することも可能ですが、書道・工芸は免許上それができませんから。

そうすると、都道府県単位(高校は原則都道府県立です)で、それでなくても開設されている高校が少ない科目で、たまたま年度途中に担当の教員が何らかの事情で休職をした、という偶然に偶然が重なるような事態でも起きない限り、非常勤講師の出番はありません。ここが他教科との違いなんです。国語や英語は、一校あたりの教員数が多いですし、女性もたくさんいますから、産・育休の代替講師の採用も活発です。でも書道は事情が全然違います。
その上、書の世界というのは、師弟関係があるようで、そのような場合には実際には休職する先生が紹介をして決まってしまったり、従来から実績のある非常勤講師で決まってしまうのが実態です。

意地悪なように聞こえるかもしれませんが、その点過剰な期待をして、職を失わない方が良いと思います。
    • good
    • 5

書道だけで、学校の教師になるというのは、物理的に難しいような気がしますが。

ご自宅で書道塾などをやりながら、課外などに学校に指導に行くのはどうでしょう。
もし、学校へ教師として書道を専門的に指導されるなら、国語科の免許を取得し、国語の教師として採用試験を受ければ可能かと思います。そのためにはもちろん教育実習も必要ですので、再度教職課程のある大学に編入し、学習される方が確実だと思います。
    • good
    • 0

1.年齢的に教員免許は大丈夫か


教員免許自体の取得に年齢制限はありません。したがって、32歳だろうが60歳だろうが取得自体は可能です。何故なら、免許を持っていることと、教員になることは別だからです。

2.教員の需要があるか
公立学校の教員、ということであれば「ほとんどありません」というのが回答です。中・高の教員になるためには各都道府県が実施する教員採用試験に合格することが必要です。実際に各地の採用状況を調べていただければ実感されると思いますが、採用自体が無い都道府県も普通にありますし、採用枠があるところでも「若干名」(概ね各県単位で1名)という程度です。

こう言っては失礼ですが、大学の教育学部書道課程に入ってくる人間は、あなた程度(競書で二段)の技量ではありません。高校時代に「全国学生書写書道展」全国大会入賞クラスが普通にいます。その上で、学校教育における書の指導法、書の歴史など専門の勉強を4年間続け、さらに連日書の練習に励んでも、採用が無いのが実態です。

それに、学校の教員は書を趣味としている人が結構多いですから、他教科の教員や小学校の教員でもあなたより段位・技量が上の人、師範クラスの人は一つの学校に1人程度は必ずいます。私もしばしば、流派作品展・個展のご招待を受けるくらいですから。

大学の教員の場合、資格はありませんし採用自体が大学独自ですから「何とも言えません」ということになりますが、通常、大学の書道教員の場合担当科目として実技以外に「古典鑑賞」「(学校における)書道指導法」などの講義を受け持つ必要があります。その上で、高校時代に全国大会で入賞するような学生を相手に、書を教えるのです。

先ほど述べた、大学教育学部の書道科の連中は、大学院(修士)まで行くのが普通ですし、大学によっては博士課程を設けている教育学部書道専攻もあります(東京学芸大学など)。
専門学校や書道教室ではないのですから「書く技量があればできる」という話では無いのです。

ということで、結論を言えば、
・学校で専門に教えるには、技量も知識も不足しています。また、採用枠自体がほとんどありませんから、教員になることは不可能だと思った方が正解です

3.教員免許を取るとすると通信講座でどれくらいの期間が必要か
通信で高等学校教諭1種普通免許状(書道)を取得できる大学はそれほど多くありませんが、東洋大学などいくつかあります。あなたの場合、経済学部ということですから、教員免許取得に必要な単位を全て取るためには、2年程度はかかると思います。3年次編入か、科目履修生でもいけるかもしれません。

ただし、教員免許取得には「教育実習」という難関があります。実習校自体は、見つかるでしょうが、3週間仕事を休んで通うことができますか?
それができなければ、退職をするしかありません。

4.教師になるか、書道塾を開きながら
書道教室を開くのに「資格」が必要かどうかは知りませんので、何とも言えませんが、教員になるよりははるかに門戸は広いでしょう。その際に教員免許を持っていることが、有利になることはあるかもしれません。

書写教員になることは、まず現状(採用枠・あなたの技量)では不可能だと思った方が良いです。どうしても教員になりたいという事であれば、同じ通信教育で小学校教員の免許を取得した方が正解です。
    • good
    • 4

それは専門学校と大学に直接問い合わせる事ですよ。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q師範と教員免許の違い

師範なるものと、書道の教員免許というものはどう違うのでしょうか??

どなたかご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

「師範免許」は、あくまでその人が習っていた流派で出すもの、「教員免許」はあくまで文科省が大学などで書道の講義単位を満たした者に学校での書道教育について授業する権利として発行する免許のことです。ただ、後述しますが「書道教室」は根本的に誰でも開くことができます。


ですので、
師範免許→ 学校×  書道教室○
教員免許→ 学校○  書道教室○
になります。

「師範免許もっています」という方に「その証書を見せてください」というと、「○○認定」とか、「○○団体」とか、かならずその流派の名前がどこかにあるはずです。流派を受け継ぐ師範の場合、その流派の字を基本目標としてシステムを組んでいきます。体制が整っている(通信制で支部がある)流派(~~協会、~~連盟のような)は、お手本を流派で発行しているためその手本を取り寄せて教えるということになります。
また、「書道教室」は、根本的には誰にでも開くことができます。書家になると多くの方が教室を開いてらっしゃいますが、「師範免許」というものは持っていない方が大勢いらっしゃいます。例えば日展入選者だったら、そこら辺の普通レベルの習字教室の先生などよりもよっぽど上手いわけです。その場合、「○○(名字が多い)書道教室」という教室を開けばよいのです。ただ、手本などは自分で用意しなくてはいけませんが、実力のある人は十分にできるでしょう。
つまり、「師範免許」とは、あくまで「その流派での指導であれば師範を名乗ってもよろしい」という程度の物です。

かわって教員免許は、「学校で教えることができる(今はシステムが変わったからかもしれませんが、今は、中学は「中学国語」の免許で「書写」を国語の授業の一環として教え、高校は「芸術」の選択科目として「書道」の授業を「高校書道」の免許を持っている人が教えます。)免許」です。()内のように教員免許によっても教えられる範囲が異なります。質問者様は「書道」の免許とおっしゃっているので「高校書道」のことであると思います。その場合は高校の書道の授業のみ教えられます。
ただ、教員免許を持っている人、特例で市で雇っている方々など以外は学校では教えられません。つまり、教員免許を持っている人は「学校で教えられる」、「勝手に個人として教室を開くことができる」という理由でどちらも○になるわけです☆

「師範免許」は、あくまでその人が習っていた流派で出すもの、「教員免許」はあくまで文科省が大学などで書道の講義単位を満たした者に学校での書道教育について授業する権利として発行する免許のことです。ただ、後述しますが「書道教室」は根本的に誰でも開くことができます。


ですので、
師範免許→ 学校×  書道教室○
教員免許→ 学校○  書道教室○
になります。

「師範免許もっています」という方に「その証書を見せてください」というと、「○○認定」とか、「○○団体」とか、かならずその流派の...続きを読む

Q小学校、中学校、高校などの書道の講師になるには?

小学校、中学校、高校などの書道の講師になるにはどうしたらよいのでしょうか?大学は卒業しておりますが、書道の専門学科の大学を卒業したわけではなく、現在書道教室を運営しております。もし今からでも私立などの学校の書道の講師になれる試験などがあれば。。。と思っています。ご存知の方、教えてください。教職免許はとっていません。講師なので教職免許はいらないとも聞いたことがあるのですが、実際のところはわかりません。。。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。
私の知人は、書道は師範ですが、学校教育にまつわる資格の類は何も持っていません。
その高校で働く方と、知人の書道の先生が親しかったようです。
知人の場合、本当に書道の授業がある日の授業の時間だけ勤務していましたので、私が先に回答した際に使った「非常勤講師」という表現は適切ではないかも。もう少しお手伝い的な立場かもしれません。

その知人が高校に教えに行き始めたのはずいぶん前のことで、今とは事情もちがうかもしれません。

Q国立 書道学科について

現在、高校二年の者です。
小さい頃からやっている大好きな書道で手に職をつけたいと考え、国立大学の書道学科を受験しようと考えています。
東京学芸大学、京都教育大学、福岡教育大学などがある中で、どこの書道科が全面的に秀いていますか?
秀いているというのは、優秀な人材が集まる。講師が良い。就職のサポート体制がしっかりしている。資格が取りやすい・・・などの観点から判断していただけるとありがたいです。
もし、国立の書道科より優れている書道科のある大学が私立にあれば、それも教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、高校の書道教員になりたいのかどうか?
教員の採用は極めて少数ですからどこの県にでもいく覚悟ですし、受かるかどうかは大学の選び方ではありません。
普通に教育学部の書道専修ならどこでもいいでしょう。
ただ、できることなら、筑波か奈良教育が良いかと思います。ともに昔から書道教員を多く輩出してきています。

教員は運もあるからなれなくても、書家として身を立てたいとなると、芸術としての書道です。
東京芸大と言いたい所ですが、芸大には書はありません。では、どこが芸術としての書を扱っているかと言えば、筑波です。

筑波の書道は教育学部ではなく、芸術学群に置かれてます。
大学はここしかないでしょうし、あとはあなたの精進で大家に認められるかどうかです。

Q教職に就かない人の教員免許の必要性について

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめていき、そういう人で取っている人はほとんどいません。
一方、親世代は「取れるものは取っとけ」みたいな感覚があるようで…。
気持ちとしてはやめたい方向に傾いています。
10年経つと失効しますし、今後やりたいことや人生計画(笑)を考えると、10年以内に教職に就くとも思えません。
資格なら他に取りたいものもたくさんあります。
あまり良いことではないと思いますが、建前上でも「教員になる!」という意志を表明すれば実習も免許の取得も許されはするみたいです。ただそこまでして取りたい気もしません。

現代において、教員にならなくても教員免許を持っていた方が有利な場面ってあるのでしょうか。
もしそういう場合があり、必要性を感じられたら続けたいとも思っています。

来年度大学卒業予定ですが、教員免許を取得するか辞めるか決断を迫られています。(提出物の関係で)
これまで教員免許の取得を目指して来ました。
教員になるつもりはなく、卒業に必要なわけでもなく、取れるものは取っとけという気持ちからです。

大学の教授や教職関係のスタッフからは、「なるつもりがないならやめた方がいい」という意味のことをよく言われます。教員になりたくてそれを最優先できる人こそ受けるべき、就職したいならそれを優先させるべきだと。
友達も、教員になる気のない人は次々とやめてい...続きを読む

Aベストアンサー

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
るものが全て受けられるわけではありません。受講対象者は下記の通りです。
(以下文科省hpより)

4.1 受講対象者(※新免許状・旧免許状共通)

 更新講習の受講対象者(講習を受講できる者)は、普通免許状又は特別免許
 状を有する者で、以下に該当する者です。
(1) 現職教員(校長、副校長、教頭を含む。ただし、指導改善研修中の者を除く)
(2) 実習助手、寄宿舎指導員、学校栄養職員、養護職員
(3) 教育長、指導主事、社会教育主事、その他教育委員会において学校教育
    又は社会教育に関する指導等を行う者
(4) (3)に準ずる者として免許管理者が定める者
(5) 文部科学大臣が指定した専修学校の高等課程の教員
(6) 上記に掲げる者のほか、文部科学大臣が別に定める者
(7) 教員採用内定者
(8) 教育委員会や学校法人などが作成した臨時任用(または非常勤)教員リスト
    に登載されている者
(9) 過去に教員として勤務した経験のある者
(10) 認定こども園で勤務する保育士
(11) 認可保育所で勤務する保育士
(12) 幼稚園を設置する者が設置する認可外保育施設で勤務している保育士

です。ですから普通で言えば一般サラリーマンは更新講習すら受講することが
できません。教員になりたいという意思が強ければいいのですが、そうでなけ
れば、時間の無駄です。

教員免許更新制(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/08051422.htm

元大学関係者です。みなさんが書かれていることについてですが、No6さんの
おっしゃっていることが全てです。

以前は教員免許は取得すればそのまま有効だったのですが、現在では10年た
てば失効します。失効を防ぐためには免許状の更新講習を受けなければなりま
せん。これは前の安倍内閣のときに改正されました。この更新講習は普通は5
日間、大学等の所定機関において講習を受けなければなりません。当然費用も
自己負担です。

それに受講対象者が限られています。普通運転免許状のように免許をもってい
る...続きを読む

Q複数の教員免許をとることは・・・

こんにちは。このカテゴリでいいかわかりませんが質問します。

私は大学の文学部に所属して、日本史を専攻しています。
将来は、教職に尽きたいと思っています。
なので、社会と地歴と公民の免許を取得しようと思っていましたが
最近になって考えが変わり、国語の教員もいいなと思えてきました。
単位をとるだけなら取れそうなのですが
日本史専攻で国語の教員、というのはおかしい、又は不利になりますでしょうか。
また、国語をとったとしても社会・地歴・公民も取得しようと思っているのですが、複数の免許をとることで何かメリット・デメリットはあるのでしょうか。
たくさん持っているのは便利だという人から、何が専門なのかよくわからないから良くないという人までいてよくわからないでいます。

教えていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高校の非常勤講師をしています。
免許は家庭の中と高、情報の高(中は存在しません)、まもなく美術の中と高を取得予定です。
一人でいくつも免許を持っていると大変重宝されます。たとえば、家庭科の講師を週2時間だけ採用したい場合、新しい人材を採用するより、もともと(情報を教えるため)いる私を使ったほうが事務手続きも楽ですし、交通費の支給も必要ありませんし。私としても、給料が増えるわけですから、一石二鳥です。
これは私のように非常勤講師の例ですが、正規採用の場合は少し違います。
公立の場合、(同じ日が試験ですから)1科目しか受験できません。ともかく合格すれば60歳まで安泰です。ただ、社会科は狭き門ですね。大体どの大学でも取れますから。他の免許を取れるチャンスがあるなら取っておいたほうがいいかと思います。きっと国語科のほうが倍率が低い気がしますから。
私は私学と公立を掛け持ちしていますが、この4月から私学の正規採用された方の中に、去年情報科で教育実習を受けていた子がいました。でも採用は社会科で採用されたようです。(その学校は5科目以外の採用は取りません)
ほとんどが社会科の授業を担当していますが、4時間だけ情報科も受け持っています。これは学校側としては都合がいいです。免許を2種類(地歴・公民は1科目として)もっていたからこそ採用されたのでしょう。
ただ(まあ本人は右も左も分からないでしょうが)、めちゃくちゃエライと思います。私ももう40過ぎですから違う科目の指導もなれてきましたが、彼は何もかもが初めてな上、全く種類の違う教科の教材研究を幾つもしなければならないのですから。

何が専門なのか分かる必要があるのかなー
もともと私は家庭科ですが、私学では情報しか教えていません。生徒にとってそんなこと関係ありませんから、(職員でも)私が家庭科だということはほとんど知られていません。
逆に、公立では家庭科しか教えていません。主に、食物の科目で調理実習の授業を受け持っていますが、大学の時には被服専攻でしたから、調理は苦手です。でもそんなこと関係ありません。
たとえば理科の人でも、「生物」だったから「物理」はちょっと・・・って人もたくさんいます。でも専門だからそれしかできない、では通りません。

一長一短ですが、社会科は今はあふれていて狭き門ですから、他の科目を保険として取っておいてもいいのでは・・・?と思います。
ちなみに、今不足しているのは数学科です。

あくまで参考意見としてお読みください。

高校の非常勤講師をしています。
免許は家庭の中と高、情報の高(中は存在しません)、まもなく美術の中と高を取得予定です。
一人でいくつも免許を持っていると大変重宝されます。たとえば、家庭科の講師を週2時間だけ採用したい場合、新しい人材を採用するより、もともと(情報を教えるため)いる私を使ったほうが事務手続きも楽ですし、交通費の支給も必要ありませんし。私としても、給料が増えるわけですから、一石二鳥です。
これは私のように非常勤講師の例ですが、正規採用の場合は少し違います。
公...続きを読む

Q書道について

最近、大学や短大に書道に関する学部があることを知りました。
小さい頃書道を習っていたんですが、小学生の高学年の時に辞めました。高校生になってから、何であの時辞めたんだろうと後悔し始めていたので、この進路に興味を持っています。今までは全く違う方面を考えていたので、まだあまり調べられていません。
私はかなりブランクがありますが、そういった学科に集まる人ってどんな人達ですか?
授業の内容や、就職のことなど、実際の学生さんなど(詳しい方)に教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

栄養学という話だったんですが、書道も気になりますか?(笑)
知ってる範囲で。


書道は、小学校で書写がある関係で国立の教育学部系でボチボチありますよ。

教育学部系の書道専修コースがある大学

北海道教育大学岩見沢校 教育学部 芸術課程 美術コース 書専攻
岩手大学 教育学部 学校教員養成課程 中学校(書道)
岩手大学 教育学部 芸術文化課程 造形コース(書道)
新潟大学 教育人間科学部 芸術環境創造課程 
筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 書コース
東京学芸大学 教育学部 教育系 中等教育教員養成課程 書道専攻
東京学芸大学 教育学部 教養系 芸術文化課程 書道専攻
静岡大学 教育学部 芸術文化課程 書文化専攻
京都教育大学 教育学部 美術領域専攻(書道分野)
奈良教育大学 教育学部 総合教育課程 文化財・書道芸術コース 書道芸術専修
大阪教育大学 教育学部 中学校教員養成課程 美術・書道専攻
福岡教育大学 教育学部 中等教育教員養成課程/教科コース 書道専攻
福岡教育大学 教育学部 生涯スポーツ芸術課程/芸術コース 書美領域

一番のお奨めは、筑波大、ついで、学芸大、奈良教育大


私立では、有名どころは、
二松学舎大学 文学部 中国文学科 書道コース
大東文化大学 文学部 書道学科
この2校が伝統があります。

後も、主に女子大などにもありますが、余りお勧めできそうなところがないです。
せいぜい、
仏教大学 人文学科 書道コース までかな?


進路としては、
1 国語の教職もとって義務教育の先生。
2 芸術系で、高校の書道の先生、但し、募集が極めて少ない。
3 本格的な書家になる。
それ以外では、特別な道はないので、
4 普通の民間企業就職です。
忘れてました、
5 書道教室を開く

栄養学という話だったんですが、書道も気になりますか?(笑)
知ってる範囲で。


書道は、小学校で書写がある関係で国立の教育学部系でボチボチありますよ。

教育学部系の書道専修コースがある大学

北海道教育大学岩見沢校 教育学部 芸術課程 美術コース 書専攻
岩手大学 教育学部 学校教員養成課程 中学校(書道)
岩手大学 教育学部 芸術文化課程 造形コース(書道)
新潟大学 教育人間科学部 芸術環境創造課程 
筑波大学 芸術専門学群 美術専攻 書コース
東京学芸大学 教育学部...続きを読む

Q何歳からでも書道家を目指せるものでしょうか

子供時代に習字を習い、高校を卒業するまでは学校でも習字をしていましたが、その後は筆を持つこともありませんでした。
38歳になり、新たな目標をたてようと、再び書道を始めたいと思っています。もちろん当面は週に一度程度、級や段を目指して学ぼうと考えているのですが、仮に少しずつ目標を達成していったとして、この年から書道家を目指す(なる)ことは可能なんでしょうか?
最近は若い書道家さん達が活躍されていますよね。やっぱり子供時代から地道にやってらっしゃる方々でないと実現出来ないものでしょうか?

また書道界もお金が動く世界と聞いておりますが、実際いくら位のお金が動くものなのでしょうか?

長くなりましたが、どなたかご返答いただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(プロの)書道家というものをどう解釈しているのか、で違ってくると思います。
マスコミでもてはやされてる、作品が何十万で売れる、お弟子が何百人もいる、
色々な揮毫を頼まれる、そういう人たちはやはり、両親が書家、十代の伸び盛りに
みっちり専門教育を受けた、本人たちが天才的センスを持っている、運に恵まれた
…こういう人が多いです。

そこまで行かなくても自分なりに上達したい、と言うなら、特に子ども時代に基礎を
習ってたら30代なんて十分若いです。
ピアノやバレエを今からやってプロになれますか、と訊かれたら、「ノー」なんでしょうが、
書道は割といくつになっても、みなさん努力する限り上達していますよ。
50過ぎて始めて、今80歳で審査員やっている人もいます。

ただそこで師範免状まで取れても、昔ほどお習字が稽古事の花型ではなくなった。
それで食えるほど生徒を抱えてる人は少ない、のが現状です。 


お金は、最初は月謝と消耗品と競書代くらいですが、上級に行くほど展覧会の出品料、表装代、
筆や紙も大型になるので安くない値段です。それは覚悟してください。
せめて「入賞したらお礼」「雅号つけたらお礼」と、やたらお金を取る教室を避けるくらいで
しょうか。

あと大人のための教室は、そこの教室で書くという形もありますが、偉い先生ほど
家で書いたものを見せて朱を入れてもらうだけです。家でどれだけ練習するかが勝負です。

(プロの)書道家というものをどう解釈しているのか、で違ってくると思います。
マスコミでもてはやされてる、作品が何十万で売れる、お弟子が何百人もいる、
色々な揮毫を頼まれる、そういう人たちはやはり、両親が書家、十代の伸び盛りに
みっちり専門教育を受けた、本人たちが天才的センスを持っている、運に恵まれた
…こういう人が多いです。

そこまで行かなくても自分なりに上達したい、と言うなら、特に子ども時代に基礎を
習ってたら30代なんて十分若いです。
ピアノやバレエを今からやってプロになれますか...続きを読む

Q大人の書道教室とはこんなものなのでしょうか?

私は字が下手なので、書道教室へ入会しました。
先日初めて通ったのですが、指導をほとんど教えてくれません。いや、既に通っている方には、それこそ、アドバイスひとつしていません。初日だから少しは(本当に少しだけです)教えてくれたのかな?などと思っております。
私の書道経験は、小学生のときに習った、僅か2年弱の期間だけです。ですから、筆遣いは多少知っておりますが、あくまでも多少です。それでほどんど指導も受けず、何十枚と書いているだけです。
入学前の見学の際、楷書をしっかりと書けるようになってから草書に移りたいのです、と念を押して聞いたにも係わらず、1、2ヶ月で草書をやらされそうです。
特定される可能性があるので詳細が書けないのですが、大人の書道教室とは、どこもこんな感じなのでしょうか?うまい人が更に腕に磨きをかけるための場であって、私のように字を書くことにコンプレックスを持っている者が通うべき場所ではないのでしょうか?
すみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょうね。上達するにつれて、行書に移り、そして草書や隷書なども取り組んでいくという流れが多いと思いますが、楷書は、どの段階の学習をする時にも常に並行して練習すべきものだと思っています。
確かに、行書や草書などは、実力の低い者が書いても、「何となく」かっこよく見えるものです。だから、日本人の学習者には、行書や草書が好き、けど楷書は苦手、という人が意外と多いのですよ。楷書はごまかしが効きませんし、素人が見ても善し悪しがわかってしまうからです。

あくまで楷書メインで練習しつつ、行書や草書にも挑戦していく、というのはいいと思いますが、ロクに書けないうちに草書メインで書かされるのは問題ではないかと思います。それでは、いつまでたっても、普段書くような字が上達したという実感は湧かないのではないかと思います。

私は楷書をしっかりと書けない、そして指導できない先生のもとで学びたいとは思いません。上級者やお気に入りの生徒だけをひいきするような先生のところにも行きたいとは思いません。いい先生とは、基本をしっかり教えてくれて、人柄が尊敬できるような先生だと思っています。

質問者様が書道教室へ入会したのは、それなりの決意を持って入会されたのだと思います。ある程度の期間も覚悟されていることと思います。それならば、今後数年習う先生として、自分には向いていないと思ったら、違う先生を探した方がいいのではないでしょうか。

質問の答えとしては、書道教室によって色々だ、ということでしょうね。
書道の大家で、弟子がたくさんいるような人だと、新規入会者はほとんど相手にされないかも知れません。私の通っている教室では、大人から子供まで、それぞれのレベルに合わせて指導をしてくれますし、毎週目の前で手本を書いてくれます。助言を求めたら喜んで応じてくれます。 色々な先生がいますので、大手や大家にこだわらず、探してみてはいかがでしょうか。お金と時間とやる気を無駄にしないためにも。

良い先生と巡り会えるよう祈っております。

確かに、自分のところにびっちりとついて、手取り足取り教えてくれるような書道教室はまずないとは思います。
だいたいは何枚か書いていいのが書けたら先生のところに持って行って指導をしてもらう、というようなスタイルが多いのではないかと思います。
また、先生の方が助言しながら巡回したり、生徒が巡回している先生に声をかけて見ていただく、というような教室もあります。

指導も受けずに何十枚書いても、初心者の場合はそれで上手くなるはずがありません。
また、やはり楷書からしっかりと学ぶべきでしょ...続きを読む

Qいい数学の先生ってどんな教え方をする先生でしょうか?

こんばんは。

いい数学の先生ってどんな教え方をする先生だと思いますか?

抽象的な質問ですみません。
例えば、
・公式はたくさん覚えるべきだ、と主張する先生
・とにかく問題はたくさんとくべきだという方針の先生
のような感じで答えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

『良い選手は良い監督になれない』では無いかなぁと思います。
中には王監督のように良い選手でありよい監督である事もありますよ。
ではその差は何か?と考える…

理論的な頭からすれば数学の目標はいち早く答えにたどり着く事かと思うんです。
そうなると途中の計算式や考え方ではなく、『こう言う問題はこう考えてこう答える』
これがマニュアル化してしまう可能性があるんですね。
ですから『わけ解らないまま答える』という事が大いにありうるんです…

確かに、実際の数学の試験では問題解決の方針を考えている余裕が無い事が多いです。
ですが、どう考えるのかどういうものかを、しっかり教える先生が良い先生かと思うんです。

私は数学が大好きで理系大学に入り、朝な夕な家庭教師をしていました。
私が良い教師であるかは、生徒にきかなければわからないでしょう。
ですが少なくとも、中学高校時代の数学教諭と比較して『解りやすい』とは言わていましたね。

何のためらいも無く公式を言う、『ここまで教えなさい』という事が頭から離れない教師と
自由奔放に以下に数学って面白いんだよを主張する私では比べてはいけないのでしょうけれど…
例えば2次関数
私は家庭教師時代とにかくグラフを書かせる事に徹しました。
展開や因数分解などしない、とにかく式からグラフを書かせるんです…
公式はその後でした。
式の変形は公式は必要ないんですね。きちんとどういうものかを見せる事により
計算結果が雰囲気で正誤判定ができるようになりました。
パズルのようなものです。算数は平気なのに数学になったと慌てるから駄目
算数と同じようにじっくり解るように教えれば、後は生徒に任せていても実に速く解けるようになるんですね。
待て!と言ってもどんどん次から次へ進んでしまう…
『良い点数を取らせる事』よりも『数学は楽しい』と言ってもらえる事を目指すのが良い先生かなぁなんて我ながら思いました…

と言いつつも、いまだに忘れない言葉があります。
『紫蘭先生のおかげで点数がが25倍になった!』
普段出来てもせいぜい一問、4点だった生徒が100点満点を取ったんだな…
あの時は驚いて次の瞬間、自分の事のように泣いてしまった…

もし宝くじで3億円当たったら家を建てて、その一室でもう一度、家庭教師をしたいなぁなんて思う紫蘭でした…
箇条書きになっていませんでしたね失礼しました…

・数学のイメージをきちんとつけてくれる先生
・数学は実は楽しいという事を気づかせる先生
と言う所でしょうか…

『良い選手は良い監督になれない』では無いかなぁと思います。
中には王監督のように良い選手でありよい監督である事もありますよ。
ではその差は何か?と考える…

理論的な頭からすれば数学の目標はいち早く答えにたどり着く事かと思うんです。
そうなると途中の計算式や考え方ではなく、『こう言う問題はこう考えてこう答える』
これがマニュアル化してしまう可能性があるんですね。
ですから『わけ解らないまま答える』という事が大いにありうるんです…

確かに、実際の数学の試験では問題解決の方針...続きを読む

Q中学校の国語の教師になる課程で

私は国語の先生になりたいと思っています。
その場合、大学は主に教育学部の何科に行けばいいんですか??
まだ、来年に高校受験を控えている身ですが、
この夢はきっと一生変わりません。
こんなに先走っていても、とも思いますがどうか回答お願いします。

また、その必要な科に行ったあと、どのような勉強をするんですか??
国語といってもいろいろな分野があるじゃないですか?
現代文だったり古典だったり・・・。
それともし、国語教員の教育実習を受けられた方がいましたら、
その時にした授業の内容をぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 教員免許を取得するには、教育学部にすすむよりも文学部の国文科、日本文学科に進んだほうが楽であることのほうが多いと思います。
 教員免許には大きくわけて、「教えかた」の単位と「教える内容」の単位があり、両者の関係が比率でいうと1:2か1:3くらいになっています(大学によって多少違う)。教育学部に在籍していれば「教えかた」の授業は卒業に必要な単位として認められますが、「教える内容」は認められない場合が多いのです。文学部ですとその逆。つまり、「卒業するために必要な単位以外の単位」を余分に取らなければならないわけですが、これが意外としんどいものです。特に教育学部に進むと、「2」か「3」の「卒業するために必要でない単位」を取らなくてはならないので、ひどい大学だと免許のために一留という教育学部もあるようです。文学部の場合には、たしかに「卒業するために必要でない単位」を受講しなくてはいけませんが、その量が少なくなるので助かります。
 教育学部で学ぶ利点は「どう教えるか」という方法論にくわしくなれることです。ですから小学校の先生を目指している人や学級経営、教育心理学、特殊学級などの問題に興味がある人はこちらのほうが実際的であるといえるでしょう。一方で文学部に進んだ場合には、大学にもよりけりですが「教える内容」についてより深く、専門的に学ぶことができます。多くの大学ではシステム上、あるいはその人の授業の選択の仕方によって、近代文学、古典作品、国語学などを幅広く、一通り学べるようになっています。むろん教育学部生でもそうした授業に出ないと免許を取れないわけですが、それはあくまで「最低限」の部分ですので、やはりなかなか力がつかないのが実情だと思います。
 中学校の先生をめざすのであれば、教育学部、文学部どちらにもそれなりの利点はありますが、できれば文学部でしっかりと勉強することをお勧めします。「どう教えるか」は、ありていにいってしまうと、大学で授業を受けて身につくものでもありませんし、学級経営などに特別な興味を持っていないかぎりはそれほど必要なものでもありません。むしろ塾などでアルバイトをして実際の経験をつむことのほうが役に立ったりします。
 最近は公立学校の教員採用が手控えられているので、就職はかなり大変だと思います。私立は割合活発に採用をおこなっているようですので、就職活動はそちらがおすすめですが、多くの場合、こうした就職口は大学の研究室や教授のところへ直接来ます。大学にはできるだまめにいって、研究室の人と仲良くなっておくといいでしょうね。ちなみに私立は中高一貫のところが多いですので、中学校の免許のほかに同じ教科で高校の免許を持っていると有利です。(なお中学校の免許には法律の改正で教育実習のほかに介護体験が必要になりましたので、大学3、4年はなかなかいそがしいと思います。)
 ちなみに国語の教員養成で定評があるのは国学院大学などです。高校は普通科などを選び、まじめに勉強すればけっしてかなわない夢ではありませんので、まずはがんばってみてください。ついでにいうと国語の教員をめざすにはまずなにより本をたくさん読んでおくことが大切です。若いうちにやっておかないとこれだけはとりかえしがつきませんので、こちらのほうも忘れずに努力してみてください。
 こまかい点は、いちど学校の国語の先生にくわしくうかがってみてはいかがでしょうか。

 教員免許を取得するには、教育学部にすすむよりも文学部の国文科、日本文学科に進んだほうが楽であることのほうが多いと思います。
 教員免許には大きくわけて、「教えかた」の単位と「教える内容」の単位があり、両者の関係が比率でいうと1:2か1:3くらいになっています(大学によって多少違う)。教育学部に在籍していれば「教えかた」の授業は卒業に必要な単位として認められますが、「教える内容」は認められない場合が多いのです。文学部ですとその逆。つまり、「卒業するために必要な単位以外の単...続きを読む


人気Q&Aランキング