アセンブラとコンパイラについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

assemblerは常に命令を1対1で機械語コードに変換します


大してcompilerではソースコードを構文解析した後、各命令の前後関係から最適化処理をし、機械語コードに変換します(最適化処理は省く事も出来る)

違いとしてはassemblerでは常にコードは自分の作った通りに動く(コードの実行効率は全てプログラマの責任となる)のに対し、Compilerは最適化処理によって効率が変わる可能性があります

また、Compilerは高度な構文解析機能を持っているので自然言語に近い構文でソースコードを書く事が出来ます(Assemberでは通常Opcode一つとOplandが数個で一命令が構成されます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2001/02/17 11:17

プログラミング言語には機械語と自然言語が両極端に有ります。


機械語はコンピュータに一番都合のいい言語です。
自然言語は人間には都合がいいですが、コンピュータには難しすぎます。
そこで、機械語と自然言語の中間に人口の言語を作って、機械にも人間にも
出来るだけ都合の良いようにします。
アセンブラー言語は機械語の1命令ををそのまま人間の理解しやすい記号に
置き換えただけであくまでも機械語寄りです。
それに対し、コンパイラー言語は普通の英文に近い形で記述でき、日本語の
使えるものも有ります。高級言語とも言います。
アセンブラー言語もコンパイラー言語も機械語に直す(翻訳する)事で実行可能に
なります。
この翻訳をする事を「アセンブル」「コンパイル」といい、翻訳プログラム
の事を「アセンブラー」「コンパイラー」といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2001/02/17 11:17

アセンブラは、機械語に近い言語で書かれたソースを機械語にする事です。


関連URL
  ↓
http://hp.vector.co.jp/authors/VA004474/zaurus/z …

コンパイラは、BASIC,COBOL,VBAなど人間の言語に近いソースを機械語にすることです。
関連URL
  ↓
http://webbase.ntts.co.jp/technical/wbspman/step …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にします。

お礼日時:2001/02/17 11:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ