近頃、エコマネーや、地域通貨と言った使用方法が限定的な通貨のようなものが出回っているそうですが、通貨の様な物を勝手に作っても法律上の問題は無いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 法律により強制通用力が与えられるのはあくまで現金通貨(中央銀行の発行する銀行券+政府の発行する補助貨幣)だけです。

それ以外のものは強制通用力のない『おカネのようなもの』に過ぎません。
 また地域通貨というのがどのようなものを指しているかわかりませんが、例えばユーロであればEU加盟国(の一部)が通常の通貨と同様の強制通用力をユーロに付与したわけで、域内では通貨として用いられるわけですから特に問題はないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「強制通用力」がポイントなのですね。
質問が曖昧でした。質問したい「エコマネー」は、インパクにも出ているエコマネーネットワーク(http://www.ecomoney.net/ecoHP/top.html)が推進しているようなものです。「地域通貨」は、地域振興などを目的に日本の各地で行われている活動です。例えば、滋賀県草津市の「おうみ」(http://www.kusatsu.or.jp/coupon/)や、愛媛県のモデル事業(http://www.pref.ehime.jp/houdou/houdou1206/hou12 …)など、他にも、三重や愛知、千葉、北海道などで地域通貨の運動があると聞きました。

お礼日時:2001/02/17 09:28

「強制通用力」があれば問題ですが、おつりで渡すようなことをしなければ、特定の商店街の加盟店のみが使ったり、市で地元経済振興のため、同意する商店のみを対象として商品券なようなものを希望者に安くして、配布するのは問題ありません。

使いたくない人に強制すれば問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「強制通用力」の意味がわかりました。

お礼日時:2001/02/17 09:37

あるはずです。


最近のエコマネー等々について、なぜ日銀が何も言わないのか、私も不思議に思っています。少なくとも数年前までは、このような動きがあると、すぐに噛みついていたのに・・・

ご質問の通貨的なものについては、
(1)あちこちで使えるが、買える物が限られている(ビール券、図書券など)
(2)何でも買えるが、使える場所が限られている(デパートの商品券など)
のどちらかでないと、「通貨性がある」ということで、
日銀はすぐに「違法の疑いがある」というようなことを(少なくとも以前は)言っていました。
例えば、
(1)を逸脱して、「ビール券でビール以外の商品も買える」とか、
(2)を逸脱して、「商店街の全ての店で共通して使える金券」などです。

私も、他の方の回答を期待しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。通貨の管理は「日本銀行」の仕事ですよね。「買える物」「使える場所」が限定されていれば、「通貨性はない」と言うことですね。

お礼日時:2001/02/17 09:06

始めまして。

経済に関しては素人同然ですがお答えさせて頂きます。

よく昔は軍票とか出まわってたらしいですが、そんなもの出回るだけでインフレ整備に逆行してそうだし、第一何だか子供様のママゴトレベルの域で真に経済を理解している者のする所業では無いかと思いますが。

地方自治やら独立などが叫ばれる昨今ですが、経済に関しては別腹ではないかと考えます。情報流通が光の速さで伝わる現在にあって特に経済面での遣り取りを円滑に進める為には最終的には全世界規模での通貨統合が流れ的に必然として求められるものだと思います。EUのユーロはまだ不完全ですが、今後の世界の進むべき一つの指針として注目すべき物ではないでしょうか。

追伸:米ドルの世界蹂躙断固阻止!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ご指摘のとおり、世界規模の通貨統合は確実な流れだと思います。経済のグローバル化も、ロシア、マレーシア、インドネシア、イギリスを次々に襲った通貨危機を見ていると、マイナス面が有ると言えます。その反動がエコマネーや地域通貨の広がりに少なからず影響しているかもしれないと思い、注目しています。

お礼日時:2001/02/17 08:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地域通貨について教えて

世界中に地域通貨がありますが。日本でも多くの地域通貨が、使われていますが、どのような形態が、地域通貨にふさわしいのでしょうか。また、どのような使い方をすれば、地域通貨が友好的に使われていくのでしょうか?
なかには、一部の人の利益のために、ある、地域通貨もあるようですが。

Aベストアンサー

こんにちは。私は以前NHKで放送された「エンデ(ミヒャエル・エンデ)の遺言」を見て以来地域通貨に興味を持っています。
http://member.nifty.ne.jp/ORIGIN/ende/indexe.htm

それとこの方のHPはとてもよいと思います。(ご存知でしたらごめんなさい)
http://www.alles.or.jp/~morino/INDEX.HTML
シルビオ・ゲゼル(時間とともに価値の減っていくお金について研究していた方です。)についてはケインズの一般理論のなかでも紹介されています。

日本ではボランティアマネーとかいわれてまだそんなに注目されていませんよね。それとイサカアワーのように完全にお金に近い形で使うには法律的に問題があるそうです。

私個人としてはこれからお年寄りが増えていくので、今のお金では評価されないお年よりの力(色々な技術や趣味でやっている野菜作りなど)が経済的に認められるようなお金になればいいと思います。それがイサカシティのように有機農家が多くなる状況なんかにつながっていけば、なんて思っています。

地域通貨の形態は、それに加盟している人数によって向き不向きがあると思います。信頼できる仲間内でやるなら交換リング、使いやすさで言うなら紙幣を発行するのがいいと思います。ゲゼルが提唱した減価するお金については、お金には利子がつくのが当然だという今の風潮ではとても受け入れられないように思います。

地域通貨に感心のある方がいてうれしいです。
しかし、一部の人の利益のためにある地域通貨があるとは残念です。よければ補足で詳しく教えてください(って立場が逆ですね)。

参考URL:http://www.alles.or.jp/~morino/INDEX.HTML

こんにちは。私は以前NHKで放送された「エンデ(ミヒャエル・エンデ)の遺言」を見て以来地域通貨に興味を持っています。
http://member.nifty.ne.jp/ORIGIN/ende/indexe.htm

それとこの方のHPはとてもよいと思います。(ご存知でしたらごめんなさい)
http://www.alles.or.jp/~morino/INDEX.HTML
シルビオ・ゲゼル(時間とともに価値の減っていくお金について研究していた方です。)についてはケインズの一般理論のなかでも紹介されています。

日本ではボランティアマネーとかいわれてまだそんなに...続きを読む

Q地域限定商品を地域外で販売すると違法ですか?

キティちゃんのストラップなど「地域限定」または、「日本限定」で売られているキャラクターグッズを買ってきて海外むけにインターネットなどで売るのは違法ですか??
 もしそうであれば著作権なんかが関係しているんでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問は
「地域限定商品をどこかで買って第三者に転売したら違法でしょうか」
ということですか?

(1)質問者様が業者で、例えばサンリオと代理店契約を結んでおり、「仕入れた商品は**県内の当社店舗で販売する」という契約条件がある場合:
契約に違反したことによりサンリオから損害賠償金を請求される、あるいは契約を解消されるという民事上のペナルティを受けます。ただし、刑事事件には通常なりません。

(2)質問者様が一般人である場合:
自分が買ったもの(自分の財産)をどう処分するかは自由なので、何の制約もありません。

質問からすると(2)ですね。ならば、全く問題はありません。

Q地域通貨の利点と欠点

今日のグローバル社会にあって、なぜ地域通貨が注目されているのかが分かりません。そこまで注目される地域通貨の利点って何でしょうか?また、その地域通貨にもやっぱり欠点ってあるんですよね?それもなんなのか詳しく教えてください。
あと、地域通貨をより効率的に流通させるには、どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

EUROは国際通貨ではなく地域通貨だ。という学者も多々いますね。

地域通貨の利点は
1.為替変動リスクの軽減
2.金利の低下
3.貨幣発行利益
4.外為準備の節約
などですね。
欠点は
1.地域通貨採用域内におけるインフレ格差
2.経済調節手段の放棄
(3.競争による自国経済の停滞)
ですかね。

利点は、なんと言っても為替コストです。域外取引での為替レートの安定やコストの低下、域内では為替リスクがなくなります。
欠点は、景気の調節手段の放棄がでかいです。いくら自国経済が不況でも域内全体が好況なら通貨は買われますから。euroではドイツが苦しめられましたね。
同様に域内でのインフレ格差も問題になります。

地域通貨と国際通貨は別物です。地域通貨を流通させることは簡単というより、EUROを見れば明らかです。通貨がeuroのみになるので必然的に流通します。
その通貨が第3者間で使われるようになって初めて国際通貨と言えるのです。
国際通貨とするには、通貨の安定が最重要です。そのためには域内経済の安定成長が不可欠です。経済が安定しないのに通貨が安定する筈もありません。
次に、取引量。域内同士での貿易が活発であっても域外がさっぱりでは意味がありません。対外取引において使用される必要があります。またそれら貿易で得た通貨を第3国が第3国間貿易で使えなければ魅力は無いです。最近は中東諸国の石油取引なんかは徐々にeuro建て取引が増えています。もっとも、今はeuroの信任よりもドルの不信任という形なんですけどね・・。
取引で使われる為には、様々な投資環境を整えて行くしかないと思います。
最後は漠然とした回答になりましたが・・。

EUROは国際通貨ではなく地域通貨だ。という学者も多々いますね。

地域通貨の利点は
1.為替変動リスクの軽減
2.金利の低下
3.貨幣発行利益
4.外為準備の節約
などですね。
欠点は
1.地域通貨採用域内におけるインフレ格差
2.経済調節手段の放棄
(3.競争による自国経済の停滞)
ですかね。

利点は、なんと言っても為替コストです。域外取引での為替レートの安定やコストの低下、域内では為替リスクがなくなります。
欠点は、景気の調節手段の放棄がでかいです。いくら自国経済が不況...続きを読む

Q企業通貨(?)と法律

企業通貨と言っていいのかわからないのですが、従業員に対して「一日一善運動」のようなものをやりたいと考えています(食品を作っている小さな会社です)。
例えば、「自主的に事務所を掃除したら1ポイント」,「お客様に喜んでもらえるアイデアを出したら5ポイント」、ポイントが貯まると会社の商品と交換できるといった具合です。

この場合、「会社の商品を渡す」といった行為が税法等の法律に抵触するのでしょうか?

アドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ポイントの単価によりますね。
1ポイント10万であれば、給与の現物支給などとなりますし

1ポイント100円であれば、厚生費でよいかと思います。

Q地域通貨がもたらす影響について

最近、「エンデの遺言」と言うTV番組を見たのですが、海外では地域通貨が一般に普及していて、「地域通貨はお金と違って暖かいホットなマネーである。」と紹介されていたのですが、地域通貨が未来にもたらす影響とはどれほどのものと思いますか?

Aベストアンサー

限定的だと思います

有効範囲を地域に限定することにより富の流出や偏在に抵抗できるのが地域通貨の特色ですが、逆に言えば閉鎖的で自己完結した経済の中でしか普及できないということにもなります
かといって有効範囲を拡大していけば利便性とともに法定通貨の持つデメリットまで引き込むことになってしまいますので、普及が限定的にとどまることを運命付けられていると言えるかもしれません

また、標準価格の成立しにくさも、普及の足かせになるかもしれません
個人間の直接取引きが主たる使用環境ということになると思いますが、普及すれば普及するほど煩瑣な取引が増え、消費を停滞させる恐れもあるでしょう

企業間の取引には、法定通貨との兌換性がない以上、ほとんど使われないと思いますが、もし、あなたの勤め先で『今月から給与の半額は地域通貨で支給します』なんてことを言い出されたら容認できると思いますか?

Q「通貨の単位及び貨幣の発行に関する法律」第7条「貨幣は、額面価格の二十

「通貨の単位及び貨幣の発行に関する法律」第7条「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する。」の意味について疑問が沸きましたのでお聞きします。
この法律は、同一通貨(制限法貨)の額面20倍までなら強制通用力が効くという解釈で良かったでしょうか。
だとするなら、(例1)と(例2)はどちらの例も強制通用力が与えられると考えて良いのかどうか、それを確認させてください。
どうぞ宜しくお願いします。

(例1)200円のチョコレートの支払いに10円硬貨20枚を使う
(例2)13,320円のゲーム機本体の支払いに1円硬貨20枚と5円硬貨20枚と10円硬貨20枚と50円硬貨20枚と100円硬貨20枚と500円硬貨20枚を使う。合計枚数120枚、合計金額13,320円。

Aベストアンサー

両方ともにOKです

例1は、まず基本でOK

例2ですが、1種類の通貨につき20枚までなので、各通貨が20枚までですから、問題ありません

Q地域通貨のデメリット

今、地域通貨に興味があります。

いろいろな本やホームページなどを読んで、地域通貨の特徴や日本でどのような地域通貨があるのかなど、だいたいのことは大雑把ではありますが知ることが出来たと思います。
地域通貨には多くのメリットがあることはどの文献にも書いてありよく分かったのですが、その逆に「どのようなデメリットがあるのか?」ということに興味が出ており知りたいと思っています。
また、「デメリットを少しでも少なくする為にはどのような事をする必要があるのか?」など、デメリットに対する対策みたいなものもできれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

地域通貨に関しては、興味のある方とない方との対応が全く正反対です。

発行する限り、なるべく多くの方が参加していないとそのメリットも活かすことができませんよね。

通常の通貨と違い、発行に関しての宣伝がまず必要になります。それと参加者の確保も。その為の経費がかなりかかることになり、結局はメリットの部分も効果が薄れてしまうことになります。
自治体ぐるみであるとか、せめて商工会や商店会など、既存の組織が積極的に参加してくれなければ実現は難しいですよ。

実際、私の住んでいるところでも、先月初めて地域通貨らしきものを発行し始めましたが、市の広報などを通じて告知していても、宣伝用のポスターやビラを多量に発行していても、利用者はほんの一握りの人間だけですし、いまだに知らない人も多いです。

Q地域によって販売価格差をつけるのを抑制する法律は?

A地域では100個で100万円します。
しかしB地域では10個で20万円します。
それぞれの単価は、
A地域=1万円
B地位=2万円
ですね。

運送費や製造工程、材料仕入れ代など、地域差があるのはわかります。
しかし、A地域は全国対象(北海道~沖縄)で、B地域は○○県の場合は、納得できません。
あまり詳しく説明できませんが、本例の価格差について、法律違反に抵触するような条文などありましたら参考にご教示願いたいのですが。。。

あの~裁判を起こすとか、喧嘩をするとかそんあつもりではありません。
どんな法律を勉強すればよいのかなと思って投稿しております。

Aベストアンサー

>どんな法律を勉強すればよいのかなと思って投稿しております。

独占禁止法が参考になるかもしれません。

独占禁止法2条9項に、不公平な取引方法というのが
規定されています。その9項の2に
不当な対価を持って取引する事というのが
あり、これに該当するかもしれません。

Q地域通貨について

地域通貨が最近盛んですが法律違反ではないのですか?税金かからないようだし、大丈夫なのでしょうか?地域通貨の情報などあったら教えてください。

Aベストアンサー

>地域通貨が最近盛んですが法律違反ではないのですか?
→普通、通貨は国家もしくはそれに代わる組織(中央銀行)が独占的に発行するものです。つまり、国家の力と通貨の発行は密接な関係にあるわけです。
ただ、地域通貨が法律違反かどうかは法曹関係の方に聞かないと分りません。


●地域通貨を実際に使っている団体を紹介しておきます。

NAM(柄谷行人や坂本龍一などが参加・運営している団体)
http://www.nam21.org/~center-web/

レインボーリング
http://www.matsuri.net/rring/

NAMの方は少し理屈っぽくて分りにくいかもしれないので、最初はレインボーリングのHPの方から見たほうが良いと思います。

Q採用にあたって採用条件に居住地を限定することは、法律違反になりますか?

採用にあたって採用条件に居住地を限定することは、法律違反になりますか?。例えばA市から20km以内に住むことなどは法学的にみてどうですか。
居住地の自由は、基本的な人権だと思うのですが。
業務遂行上の特段の合理的理由はない場合はどうでしょうか。
また居住地の限定の合理的な理由と判断される場合があるとするとどういう場合でしょうか。

Aベストアンサー

なりません。

ですが、例えば入社後に家庭の事情等で転居したからと言って
即解雇にすることは難しいと思います。

「A市から20KM以内」と縛ること自体に
合理的な理由はないと思うので、裁判になれば恐らく負けます。

例えば、交通費を出さないとかA市に在住すれば
会社がバックアップするとか、労働者に良い条件で縛るのはどうでしょう?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報