食塩水の電気分解の実験について、わからないことがあり、解説を見ても理解できません。
問は「両極での反応式を反応の段階を追って書け。」というものです。
できれば、反応式と観察された色変化との関連についても教えていただきたいです。
どなたかわかる方がいらっしゃったら解説していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

実験の手順は以下の通りです。
1.大型試験管にフェノールフタレイン入りの食塩水を半分程入れ、鉄線入りビニル管を差し込む。
2.脱脂綿を溶液に浸る程度まで詰めて、上側との仕切りとする。
3.試験管の上側にヨウ化カリウム水溶液とデンプンの入った水溶液を入れる。
4.鉄線を電源装置のマイナス端子につなぐ。
5.電源装置のプラス端子につないだリード線に炭素棒をつなぎ、試験管上側の溶液に浸す。
6.電源装置のスイッチを入れる。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 教科書の電気分解の所を見ればのっていそうです,下の参考 URL を紹介しようと思ったのですが,間違いを含んでいるようですので,簡単にヒントを。



陰極側(鉄線側):食塩水中の陽イオンが電子を受け取ります。どの陽イオンが受け取るかはイオン化傾向で,最もイオン化しにくいものです。
その結果,溶液中に残るイオンは何でしょうか?溶液は酸性?中性?塩基性?(色変化は起こるか?)

陽極側(炭素側):ヨウ化カリウム溶液中の陰イオンが電子を出して(酸化されて)分子になります。この分子が出来る場所にはデンプンがあります。さあ,色の変化は?

以上ですが,いかがでしょうか。

参考URL:http://www3.justnet.ne.jp/~konan/waku/a-0521.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。ヨウ素はイオンの状態から分子にならないとデンプンと反応しない(色の変化を起こさない)ということが分かっていなかってことが一番の問題だったようです(基本的なことですみません)。なんとか理解できました。
 あと、おもしろそうなURLの紹介もありがとうございました。

お礼日時:2001/02/16 22:10

これは実験のレポートでしょうか?


だとすると、答えを書いちゃちょっとまずいかも知れないのでヒントだけ。
あ、その前に、実験したときの変化の様子などはちゃんとメモしてありますよね?
それがないとお話にならないですよ。

では、フェノールフタレインというのは、アルカリ性になると赤紫色になる薬ですね。pH指示薬と呼ばれる薬です。
ヨウ化カリウムでんぷん液というのは、酸化されるとヨウ化カリウムから、ヨウ素ができます。するとそこにあるでんぷんと反応します。いわゆるヨウ素でんぷん反応というやつですね。青くなります。

これらの指示薬が使われたということは、そういう反応が起こる可能性があるということではないでしょうか?

では、どうしてそういうpHが変化したり、ヨウ化ナトリウムを酸化するような反応が起こるのか考えてみてください。

このヒントは、食塩水を電気分解すると何ができるのかということです。
逆にいうと、できるはずの物はそういう性質を持つともいえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。お蔭様でなんとか理解できそうです。

お礼日時:2001/02/16 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鉄+硫黄→硫化鉄 (試験管に脱脂綿?)

中学2年の理科の質問を子供に受けました。

一応、化学式・化学反応式。燃焼等の説明はでき子供も納得?してくれましたが・・・。

「混合物を加熱する試験管に脱脂綿で口を閉じる」と教科書にあり、その理由がわかりません。
考えられるのは・・
酸素を使用していない。を示すため?
燃焼中に有毒ガスが発生?(あり得ないと思いますが・・)

だれか、教えてください。

Aベストアンサー

多分反応熱で「沸騰」したイオウ顆粒やそれに伴ってはじけ飛ぶ鉄粉による被害を防ぐためでしょう。
適切な実験方法だと思います。

Qヨウ素ーヨウ化カリウム溶液の規定度について質問です

ヨウ素ーヨウ化カリウム溶液の規定度について質問です。
ヨウ化カリウム1gに脱イオン水5mlを加えて溶かしてからヨウ素0,625gを加えてよく溶かしてから,脱イオン水を45ml加えて混和させた時の規定度の計算方法がわかりません。
規定度とは1000ml中のグラム当量数であることがわかったので、自分なりに計算をしてみたのですが、答えと異なった数値が出てしまいます。
答えの数値は0,1Nだそうです。計算方法をぜひ教えていただけたら嬉しいです

Aベストアンサー

規定度という濃度は、"どの物質"を"どのような種類"の物質として考えるかによって決めるもので、1つの溶液でも、その見方によって、複数の規定度となります。このように、紛らわしいので、余り使わなくなってきている濃度と聞きます。

今の場合、"ヨウ素I2"に着目したのだと思います。
0.625[g]=0.625/254
=0.00246[mol]
ですから、I2を対象としてみたときの本溶液(出来上がった溶液の体積が5+45=50[mL]だとして)の体積モル濃度は
0.00246/0.050=0.0492[mol/L]
です。
このヨウ素I2を"酸化剤"としてみると、
I2+2e→2I-
を想定して、1[mol]のI2は、2[mol]の電子を吸収できますから、0.0492[mol]のI2は、
0.0492・2=0.0984=0.10[mol]の電子を吸収できます。
つまり、本溶液が1[L]あれば、電子を0.10モル(酸化還元反応としては、電子を0.10グラム当量)消費できます。
以上から、本溶液は、酸化剤としてのI2の作用を想定して、0.10[N]だと考えて良いでしょう。

規定度という濃度は、"どの物質"を"どのような種類"の物質として考えるかによって決めるもので、1つの溶液でも、その見方によって、複数の規定度となります。このように、紛らわしいので、余り使わなくなってきている濃度と聞きます。

今の場合、"ヨウ素I2"に着目したのだと思います。
0.625[g]=0.625/254
=0.00246[mol]
ですから、I2を対象としてみたときの本溶液(出来上がった溶液の体積が5+45=50[mL]だとして)の体積モル濃度は
0.00246/0.050=0.0492[mol/L]
です。
このヨウ素I2を"酸化剤"としてみると、
I2...続きを読む

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Q水溶液が入った試験管の正しい使い方にあてはまるも

選択問題で正解は、試験管を加熱するときは1/4以下にするでした。
本当は1/4程度にするではないでしょうか?
また1/4にする理由は、多すぎると沸騰するのに時間がかかるから、少なすぎると、突沸の恐れがあるからでしょうか?

Aベストアンサー

実際に大学行って実験したらわかりますが、量が少ない溶液を加熱するときもあります。
中学や高校の教科書に出てくるのは○○溶液のように成分がわかっていて、試薬ビンから取り分けて使うものばかり。もちろん好きなだけ試験管に注げられます。
しかし、大学のような研究の場では、少しずつ集めた貴重な物質や抽出した物質を加熱するときがあるんです。もちろん量が限られているので、全部試験管に入れても1/4ないなんてあります。

また、溶液を入れすぎると確かに加熱が進みませんし、吹きこぼれる危険があります。逆に少ないと水分が蒸発してしまうのでは?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報