脳梗塞を脳腫瘍と診断されることはよくあるのでしょうか?脳腫瘍摘出手術として開頭後に、実は脳梗塞だったというケースです。CT・MRI・PET診断・血管造影などの結果から脳腫瘍と診断されてからの手術です。また、判断が難しい場合は組織を取って検査が必要だとした場合は、どのくらい開頭すれば組織採取が可能ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>脳梗塞を脳腫瘍と診断されることはよくあるのでしょうか?


比較的少ないことではないかと思います。
質問者さんの場合、最大限の検査が術前にされているようで、これでも判断がつかなかったのであれば、残される選択肢は「手術に踏み切る」ことと、「経過観察する」ことくらいでしょうか。後者ならば、進行して治療の機を逸する可能性もあります。だから、組織を採取することも可能な前者を選択されたのでしょう。

>どのくらい開頭すれば組織採取が可能ですか?
部位によっては通常の手術と変わらないくらいの開頭が必要になることもあるでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q子供の脳腫瘍について。

彼氏の(小学1.2年生位と思います)子供が、前々から頭が痛いと言っていたようなので病院に行きCTを取ると「白い影がある」「脳腫瘍の可能性がある」と診断されたようです。
後日、改めてMRIを受けるそうです。
私なりに色々と調べたのですが、よく理解できなかったので質問させてください。

(1)子供に多い脳腫瘍の種類(言い方が変かも・・)を教えてください。
(2)その脳腫瘍は、治癒率はどれくらいでしょうか?
(3)全般的に見て子供の脳腫瘍は、生存率は何年くらいで、どれくらいの確立で治るのでしょか?
(4)CTで「脳腫瘍の可能性がある」と言われても実際は何もないことも結構あるのでしょうか?

その他、ご存知のことがありましたら是非教えてください。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

リンク先が良くまとまっていると思います。(1)~(3)は羅列してもまとまりきらないので、リンクを参照してください。
(4)この確率は低いと思います。ある程度の確信がないと、患者を不安にさせるだけですから、ある程度は見当をつけての発言と思います。MRI検査で詳しく分かると思いますので、それで脳腫瘍の種類まで診断できるかもしれません。

参考URL:http://www014.upp.so-net.ne.jp/hideyuki/pilocytic_astrocytoma.htm

Q脳梗塞の慢性期か脳腫瘍と言われました

1月の後半のある土曜の夜後頭部から前に向かって頭痛があり月曜日に起床したら左の目に違和感と歩くと左に寄ってしまう。と言う感じで水曜日に眼科を受診したら「「なんでもっと早く来ないの」といわれ「脳神経外科にいきなさい」と言われびびりながら脳神経外科に行きました。
そのごCTを撮って診察室にいくとやはり脳の左側に陰が写っていました
そのときの医師は「脳梗塞か脳腫瘍の可能性がある」といわれ後日MRIを撮りさらに詳しい結果をききましたそのときの医師は前回の医師は研修医でこのときの医師は年配の医師でした。
「脳梗塞の慢性期か脳腫瘍」大きさは1センチ×5ミリだそうです。
このときのMRIでは造影剤注射したのですがそれでも「脳梗塞か脳腫瘍かはっきりしない、はっきりさせるには手術で組織を撮って検査するしかないのだけど陰のある場所が視床下部で下手にさわると後遺症がでるかもしれないので、このまま様子をみて2か月後にまたMRIでみましょう」って診断でした。私は「なんで解らないの??}って疑問が起きましたが言葉には出しませんでしたがこのまま放置でいいのか不安です薬はビタミン12がでてるだけです

他の病院に行った方がいいのでしょうか?
こういう診断がよくあることなのかアドバイス頂けるとうれしいです。
現在は目の方も通常の時と変わらずになってますし、
歩くのも問題なくて症状は何もありません

1月の後半のある土曜の夜後頭部から前に向かって頭痛があり月曜日に起床したら左の目に違和感と歩くと左に寄ってしまう。と言う感じで水曜日に眼科を受診したら「「なんでもっと早く来ないの」といわれ「脳神経外科にいきなさい」と言われびびりながら脳神経外科に行きました。
そのごCTを撮って診察室にいくとやはり脳の左側に陰が写っていました
そのときの医師は「脳梗塞か脳腫瘍の可能性がある」といわれ後日MRIを撮りさらに詳しい結果をききましたそのときの医師は前回の医師は研修医でこのときの医...続きを読む

Aベストアンサー

病巣部位が脳幹なので、それ以上の検査は難しいと言うことです。
年齢、性別とか、高血圧やコレステロールとか血液検査に異常がなかったか、など分からないので、判断材料に乏しいところです。健康診断や今回検査時にも諸検査を受けたはずですが、とくに異常はなかったのでしょうか。
これ以上の非侵襲性(身体にダメージのない)検査となると、SPECTやPETなどの大がかりな装置の検査になりますが、現在、症状が収まっているということで、経過観察は妥当だと思います。また、悪性の腫瘍が強く疑われるときのみ手術を前提に組織検査となるでしょう。これは脳が傷つくおそれがあるので、今そのリスクをとる意味はないと思います。
また、診断画像を見ないとはっきり言えませんが、結果を急がない理由はどちらの場合も手術適応(手術を実施した方がいい)がない可能性が高いということではないかと思います。その場合は化学療法や放射線治療など他の方法を選択します。
どうしてもはっきりさせたいのなら、上記のSPECTやPETなどですが、何処にでもある検査装置ではないことと、費用負担も大きいので今の段階でお奨めできるものではありません。
また、他の病院で再度検査をする場合でも、診断に大きな違いはでないように思います。

病巣部位が脳幹なので、それ以上の検査は難しいと言うことです。
年齢、性別とか、高血圧やコレステロールとか血液検査に異常がなかったか、など分からないので、判断材料に乏しいところです。健康診断や今回検査時にも諸検査を受けたはずですが、とくに異常はなかったのでしょうか。
これ以上の非侵襲性(身体にダメージのない)検査となると、SPECTやPETなどの大がかりな装置の検査になりますが、現在、症状が収まっているということで、経過観察は妥当だと思います。また、悪性の腫瘍が強く疑われるときのみ...続きを読む

Q脳腫瘍の予防

脳腫瘍がどのようなものか知りませんが、眼が痛く頭が変な感じです。で、自分にどのような病気になる可能性があるだろうと思ったら、この病気が思いつきました。脳腫瘍の前兆というものはあるでしょうか。予防策がありましたら、お願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、追加です。

目の奥が痛い、頭痛(違和感)ということですが、
可能性だけ挙げますと、
脳外科関連を抜きにすると多いのは……

・メガネの度が合わない

・慢性の眼精疲労、疲れ目

・偏頭痛

特に「偏頭痛」は、konnyakuさんの症状に合っています。
即断はできませんが、まず眼科を訪れると良いかもしれません。
眼圧なども測ってもらえますから、動脈硬化の有無や他の異常も発見できる
可能性があります。

参考サイトをどうぞ。



参考URL:http://www.aki-net.co.jp/senka/nayamu/zutsu1-part2-hen_zutsu-2-1.htm

Q乳腺繊維腫瘍、摘出手術迷っています。

3cm×3cmの乳腺繊維腫瘍があります。10ヶ月前に発見したのですが、そのときは2.1cm×3.0cmだったので少し大きくなっていました。

先生に手術するかどうか聞かれましたが、とても怖く、悩んでいます。これ以上大きくなったら手術ももっと大変になるだろうし、もしかして消える?!かも、と思ったりしています。
主治医は胸の形に沿って外側にメスを入れるといってました。
一番心配なのは、手術により胸の形が変わってしまったり、傷が残ってしまったり、、です。

手術した方いらっしゃいましたら、どのくらいの傷なのか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

私は質問者さまの半分もない大きさだったので、
あまり参考にならないかもしれませんが…

一度出来た乳腺繊腫は大きくなる可能性はあっても
消えてなくなるということはまず考えられません。
大きくなってから妊娠などのホルモンバランスの変化で
良性のものが悪性に変わったりしたら大変だから、
小さいうちに取ってしまった方がいいという考え方もあります。

私も乳腺繊腫を発見後、2年ほど半年毎に検査を受けていたのが、
ある時前回の検査時よりも大きくなっていることがわかり、
短期間で大きくなっているので悪性かもしれないけれど
組織を取って時間をかけて悪性かどうかの検査するくらいなら
取ってしまった方がいいだろうということで手術しました。
結果は良性だったのですが、もし切らずにいたら
大きくなる度に組織検査を受けることになり、
手間も時間もかかって大変だっただろうなと思っています。

胸の形は変わりませんでした。
手術直後は腫れて、何ともない方の倍くらいの大きさになりましたが、
腫れが段々引いていって、結局元の形に戻りました。
摘出された箇所がボコッとへこむようなことはなかったです。
人間の体は再生能力があるので、えぐったり削ったりすると
周りの組織が失った部分をを修復しようとする力が働くのだそうです。
傷は2cm弱、縫った上に術後にしっかりテーピングされます。
少々のことでは剥がれたりしない粘着力の強いテープが使われました。
傷は抜糸後しばらくは赤みがあり自分でも痛々しい感じでしたが
段々と色も薄くなり、今はちょっと盛り上がっているくだいです。
温泉などへ行っても全然気になりません

考え方があると思いますから強制する気はないですが
切ってしまった方が面倒が少なくて良かったと私は思っています。
切った後も半年に1度の検査は欠かせませんけどね。

私は質問者さまの半分もない大きさだったので、
あまり参考にならないかもしれませんが…

一度出来た乳腺繊腫は大きくなる可能性はあっても
消えてなくなるということはまず考えられません。
大きくなってから妊娠などのホルモンバランスの変化で
良性のものが悪性に変わったりしたら大変だから、
小さいうちに取ってしまった方がいいという考え方もあります。

私も乳腺繊腫を発見後、2年ほど半年毎に検査を受けていたのが、
ある時前回の検査時よりも大きくなっていることがわかり、
短期間で大きく...続きを読む

Q脳腫瘍はガンですか?

脳腫瘍はガンですか?

お世話になります。
本日、母(53歳)が脳腫瘍と診断されそのまま入院しました。

私は脳腫瘍とはどのような病気か分からず、検索したところ
「ガン」という文字がよく出てきます。

脳腫瘍とはガンなのでしょうか?
現在のところ、悪性か良性かわまだ分かりません。

入院費用、治療費などどのくらい掛かるのでしょうか?
恥ずかしながら、我が家は生活するだけで精一杯で
貯金は殆どありません。
生命保険や入院保険も加入していません。
府民共済は入っていますが死亡時にしかお金は出ません。

入院している病院は普通の?総合病院です。
*市民病院などではありません。

母の入院は初めての事で混乱していますので文章など
お見苦しい点はご容赦ください。

Aベストアンサー

悪性腫瘍が癌で、良性腫瘍は癌ではありません。

良性腫瘍は、その場で大きくなりますが、他に転移することはありません。
悪性腫瘍(癌)は、他に転移していき増殖をしていきます。

医療費は、悪性、良性など処置方法が違ってくると思いますので、一概にどのくらいかは分かりません。

健康保険は、国民保険でしょうか。
あらかじめ、限度額適用認定の手続きをしておけば、高額医療で支給される分を差し引いた費用を病院へ支払うことができるため、だいぶ軽減できることがあります。

Q脳腫瘍摘出後のリハビリにはり治療はしてもいい?

2月に左脳の髄膜腫の摘出手術を受けて早いもので3ヶ月。日常生活での箸の使用や字を書く上ではほとんど支障がないのですが、右腕(とくに上腕筋のあたり)にかすかな重さを感じます。今日、講師を勤める予定のセミナーのリハーサルで黒板に板書していたらチョークを持った右腕がすぐに疲れてしまい、まだ完治していないんだな・・・・
と複雑な気持ちになりました。シャドーボクシングの真似事をしてみると右腕の瞬発力が利き腕なのに明らかに落ちています。
また、時によっては左耳を触った感触と右耳を触ったときの"耳"の感触が左は普通なのに、右耳の方は紙を1枚挟んだような感覚のことがあります。やはり右半身の主に運動神経領域を圧迫した腫瘍だったので仕方ないようです。
さて私的にはプールで軽く水泳でもしながらゆっくり肩を回してリハビリと思っていましたが、知人が近所のはりの先生に聞いてくれたところ「ほとんど治ったように見えても神経のつながり具合を早く確かめてはりで処置した方が早く完治する」主旨のことを言われたそうです。
整体好きの私としては東洋医学的なものに抵抗があるわけではありませんが、なにせ脳神経の外科手術を受けて日も浅いのに針治療などして逆効果ということはないのかと思案しています。いかがなものでしょう?

ちなみにそのはりの先生は、1回の施術で花粉症を治したりするので近所では評判がいいのですが・・・

2月に左脳の髄膜腫の摘出手術を受けて早いもので3ヶ月。日常生活での箸の使用や字を書く上ではほとんど支障がないのですが、右腕(とくに上腕筋のあたり)にかすかな重さを感じます。今日、講師を勤める予定のセミナーのリハーサルで黒板に板書していたらチョークを持った右腕がすぐに疲れてしまい、まだ完治していないんだな・・・・
と複雑な気持ちになりました。シャドーボクシングの真似事をしてみると右腕の瞬発力が利き腕なのに明らかに落ちています。
また、時によっては左耳を触った感触と右耳を触った...続きを読む

Aベストアンサー

腕が確かな先生なら効果はあると思います。
ですが、どんなに腕の良い鍼灸師でもそれだけの大病後のリハビリを一回の施術で治せるはずがありません。

過剰な期待は治療効果を減退させます。
あせらずにゆっくり治してください。

鍼灸師でした。

Q脳腫瘍の特徴

脳腫瘍は頭の腫瘍が出来ている一部分に痛み、もしくは違和感があるのですか?私は24時間絶え間なく頭全体にピリピリとした締め付ける違和感があり、一定時間こめかみがギューと痛くなります。早朝頭痛や吐き気はありません。首、リンパ、肩も痛いです。こめかみの痛みが繋がっているような感覚です。脳腫瘍の可能性はありますか?レントゲンは異常なしでした。

Aベストアンサー

>脳腫瘍の可能性はありますか?レントゲンは異常なしでした。
●じゃあ、脳腫瘍じゃない。
あなた、いろいろ形を変えて脳腫瘍の質問をしているようですが、医師の診断よりもこのコーナーの診察もしていない回答者の方が信用できるとでも思っているのですか?

Q脳梗塞の診断書

保険金請求に要る医師が書く診断書の内容に明らかに誤りがある場合

先日脳梗塞の保険金請求をするために医師に診断書を書いてもらいました。が、内容に誤りが。ボケてると思ってなめられているのでしょうか?
このまま保険会社に提出すればきっと保険金はおりないでしょう。どうしても納得できないのですが、医師に直接問い合わせてもよいものでしょうか?(多忙でしょうし…)

内容は、5年前の8月に「モヤモヤ病と小さい脳梗塞が右脳に見つかったと」あり、その後、実際には9月に手術した後(4日後)、新たに右脳に大きな脳梗塞ができてしまい、事実左半身不随になってしまったのに、そのことが全く記されておらず、術後の合併症だとはっきりおっしゃられていたに関わらず、合併症欄のところも未記入だったことと、初診時からの経過欄には「脳梗塞を認め、軽いマヒ症状」と書かれているのに、初診時から60日以上経過後の後遺症欄には「後遺症あり」とし、『左不全、特に手指に強い麻痺』『左空間失認』とあります。
これでは、モヤモヤ病の手術前から退院後で、軽い麻痺から強い麻痺が残った、に変わる経過がまったくかかれておらず、保険会社にも合併症の脳梗塞は伝わらないでしょう。ちょっと文章がわかりづらくなってしまいましたが、私の聞きたいのは、医師にこんなつじつまが合わない診断書の内容を問いただしてもよいのかどうかです。こんなことはふつう気にしないものなのでしょうか?

保険金請求に要る医師が書く診断書の内容に明らかに誤りがある場合

先日脳梗塞の保険金請求をするために医師に診断書を書いてもらいました。が、内容に誤りが。ボケてると思ってなめられているのでしょうか?
このまま保険会社に提出すればきっと保険金はおりないでしょう。どうしても納得できないのですが、医師に直接問い合わせてもよいものでしょうか?(多忙でしょうし…)

内容は、5年前の8月に「モヤモヤ病と小さい脳梗塞が右脳に見つかったと」あり、その後、実際には9月に手術した後(4日後)、...続きを読む

Aベストアンサー

◆診断書の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

保険が下りるかどうかはわかりませんが、お書きになった状況ですと、やはり診断書には不備があるように思われます。

結論は:医師に何が足りないかを告げて、補足や訂正、あるいは追加文書を付けてもらってください。医師はそうする義務がありますし、そんなこと程度でヘソを曲げる医者だとしたら、100%ヤブ医者と断言してもよいとさえ思います。

診断書の内容は実は医者によって「ピンきり」です。非常に理論的に分かりやすく細大漏らさず書かれているものもあれば、いいかがんに矛盾も気にせず書かれているものまであります。

「医師は嘘は書きませんそして、オーバーにも書きません。それは、医師には正義があるからです。」というのは概ね真実なのですが、それはその医者が「有能であれば」という前提があっての話なのです。
つまり、医者でもバカ医者はいますから、診断書に医学的ウソや記述漏れ、オーバーな内容があっても「医者がその診断書の不合理さに気付かない」ということが実は頻繁にあるのです。

医者本人は正義にのっとって書いているつもりでも「真にお粗末」な診断書などいくらでもあります。

実は神様は、医者の書いた診断書を審査したり、評価したりする立場にある者なのです。

患者さんは不足のある診断書には堂々とクレームを言ってよいのです。むしろ言って頂いたほうが、その医者の今後の医療の改善につながります。医者も誤りや不足を知らされないで過ぎると「診断書はこんなもんでよい」「今まではこれでOKだった」と思い込んでしまい、更なる悲劇を繰り返すことにもなるのです。

医者は、患者さんが何か意図的な策略をもって、診断書の内容の改変を要求してきた場合には、断固として応じてはいけません。けれども事実経過についてはできるだけ事実に即して書く事です。

ご質問の場合「手術の合併症(手術のせい)である」という記載を要求することには無理がありますが、「モヤモヤ病の手術を受けたこと」「手術後・入院中に右脳に新たな脳梗塞が生じたこと」「術後新たに生じた右脳の脳梗塞による後遺症が残存していること」という事実経過のキーポイントは書かれるべきと考えます。

上記の点であれば普通に申し出れば、特に問題なく追加記載がなされると思います。神様はいつもそうしています。

◆診断書の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

保険が下りるかどうかはわかりませんが、お書きになった状況ですと、やはり診断書には不備があるように思われます。

結論は:医師に何が足りないかを告げて、補足や訂正、あるいは追加文書を付けてもらってください。医師はそうする義務がありますし、そんなこと程度でヘソを曲げる医者だとしたら、100%ヤブ医者と断言してもよいとさえ思います。

診断書の内容は実は医者によって「ピンきり」です。非常に理論的に分かりやすく細大漏らさず書...続きを読む

Q関西で脳腫瘍の手術のうまい病院を教えて下さい

今、父親が検査のため入院しています。
問診でおそらく脳腫瘍だと言われました。
術後の後遺症のことを考えると、手術のうまい先生にみてもらいたいのです。
関西で脳腫瘍の手術のうまい病院を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心配のことと胸中お察しいたします。
手術のうまい病院というのは、大変難しい質問です。医者は大学の医局の指示で病院を転々としますので、一般的な評判はあくまでその時々の風評です。
脳腫瘍の検査は、通常造影CTかMRIによる撮影で行ないます。また、悪性か良性かについては、頭に小さな穴をあけ患部の細胞を取り出し検査することにより行ないます。他方、転移の有無を調べるために内科的な検査も合わせて行なうのが普通です。
場所によっては手術できないこともありますので、その場合は免疫療法か「ガンマーナイフ」や「リニアック」による放射線治療を行なうことになります。
「ガンマーナイフ」「リニアック」を有している病院は、各県に数えるほどしかありませんのでこれらの名称でホームページを検索すると病院が特定できると思います。
また、各県には一箇所づつ成人病センターがあり、ここでは、当該設備を保有していると思います。
明確な回答でなくて申し訳ありません。

Q80歳代の脳梗塞の手術

父親が二度目の脳梗塞で入院しました。80歳を超えているので手術などは考えられないと主治医は言います。しかし、恒例で毎年のように動脈瘤の手術を受けている大学教授の例などを仄聞すると、どうなのかなと思ってしまいます。(あるいは、見た目よりもお若いのかも知れませんが)
北海道にはIP細胞を使った手術をする医者がいるとか聞きますが、80歳を超していると無理でしょうか。身体は農作業で鍛えられ、まだ若々しいのですがー。
主治医は、老人福祉担当者との相談を進めてきました。確かにまだら状の痴呆症状も前から少しずつ出ているので、もうそういう段階なのでしょうか。

Aベストアンサー

動脈瘤の治療は脳梗塞のためのものではありません

IPS細胞に関するものは全て研究段階で、実用段階ではありません

それを承知の上で臨床試験に参加なさる場合、札幌医大の条件は
 1 札幌近郊に在住している方
 2 「脳梗塞(のうこうそく)」になって「3週間以内」の方
 3 年齢が20歳から75歳の方
です


人気Q&Aランキング