仕事で近赤外分光分析を用いていて、ケモメトリックスという言葉に打つかってしまいました。解析のときに、主成分回帰分析法や部分最小自乗回帰分析(PLS)法を用いるとあったのですが、全く理解できませんでした。
ど素人なので、優しく簡単にご教授して頂ければとおもいます。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

統計学を用いて「一見,何の関連もないような大量のデータ(近赤外スペクトルデータ及び従来法値)」から「何か有益なデータ」を抽出する方法のことをケモメトリックスと言います。


ただ,この言葉に厳密な定義はありませんので,人によっては,別の定義を思い浮かべるかもしれません。

近赤外分光法で,ケモメトリックスは非常に有効な解析手段であります。
まだ,良く分からないとおっしゃっている主成分分析法やPLS法はまさに,ケモメトリックスの中心となる統計的解析法です。

私も,近赤外分光法を仕事の一つとしておりますので,これを勉強してきました。
近赤外分光法関連の学会に行くと,かならずPLS回帰分析法での解析事例に行き当たりますので,近赤を仕事としてこれからやっていくのであれば,しっかりマスターされることをオススメします。

まずは,重回帰分析法,主成分分析法,そして最後にPLS回帰分析法(実は,PLS回帰分析法は主成分分析法の発展版なのです。)という順番で勉強されると,だんだんとケモメトリックスが理解できるようになってきます。

がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご声援ありがとうございます。
専門が粉屋(粉体工学)なので、分析はこれからなのですが、
頭の中が????になりながら楽しんでいます。

お礼日時:2001/02/22 09:40

この場で簡単にというのは困難ですので,以下の本は参考になると思います。

私が以前参考にした本です。

・ケモメトリックス -化学パタ-ン認識と多変量解析-
 宮下芳勝,佐々木慎一 著,共立出版
・化学者のためのパタ-ン認識序説
 佐々木慎一,阿部英次,高橋由雅,高山千代蔵,宮下芳勝 著,東京化学同人
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速読んでみます。

お礼日時:2001/02/22 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主成分分析でのばらつき

主成分分析において、因子のばらつきが多いところを見つけるには出力結果の何を見ればよいのでしょうか?

例えば、月を変数として、ある商品の価格を全国の都道府県ごとに主成分分析すると、
結果として、固有値、寄与率、固有ベクトル(各月に対して)がでますよね?ここで、全国の都道府県間の価格のばらつきが多い月は何月か見るためには、主成分分析の結果のどこに着目して解釈すればよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう目的ならそもそも主成分分析をする必要がありません。
月ごとに都道府県別の価格の分散をとればよいです。

Q原子吸光分析法と原子吸光分光分析法の違いについて

機器分析初心者です。
機器分析の教科書などを見ていると、「原子吸光分析法」と「原子吸光分光分析法」というのがありました。
この両者には、どのような違いがあるのか良く分かりません。もし、よろしければ教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

定義なのであまり答えたくないのですが.
素人の範囲ならば.同じ物です。

分析の言葉は.「関係する機能を並べる」という癖があり.「原子急行」を使った「分析方法」が原子きゅうこうほうです。
この途中に分光器が入っていれば.「原始きゅうこう分光分析」となります。
が.最近の原子急行系で.フィルター式とか全光分せきなんて.まず.見かけません。大体の機械に分光器が入っています。
ですから.素人の範囲ならば同じ者です。

Q統計、主成分分析について

 すいません。
 勉強中の身なのですが、まだあまり理解度は低いと思われます。

 統計学の主成分分析なのですが、
 分析内容は
 「グループ毎のデータを用意し、そのデータからグループ毎の違いを導き出すことができるか。つまりデータ→グループ分けをして元のグループのようになるか。」
 で正しいでしょうか?
 
 例えば、プロ野球選手を
 身長、体重、握力、50m走タイム、遠投
 などのデータを入れ、
 を統計ソフトにかけ、
 球団別にうまく分かれるか。

 というのは主成分分析ですよね…?

 また、上のような主成分分析を試行するのに
 考えられる例はどのようなものがあるでしょうか?
 データもあれば嬉しいのですが…。

Aベストアンサー

> 球団別にうまく分かれるか。

というのは、どちらかというと判別分析やクラスター分析のほうに近いのではないでしょうかね。

重回帰分析は理解できていますか?重回帰分析の場合は目的変数となる変数が「観測変数」であるのに対して、主成分分析では「潜在変数」であるわけです。つまり、架空の(分析者自身が仮定する)変数が目的変数であるというだけで、結果の解釈の仕方は重回帰分析とほぼ同じですね。

> グループ毎のデータを用意し、そのデータからグループ毎の違いを導き出すことができるか。つまりデータ→グループ分けをして元のグループのようになるか。

よく分かりません(^_^;)

> 主成分分析を試行するのに考えられる例はどのようなものがあるでしょうか?

データとその解析例が載っている参考書はたくさんあります。「多変量解析」の名の付く本をいくつか読んでみては(すでに読んでいるのでしょうが、本にもその人との相性があるのでいくつか違うものを読んでみた方がよいということです)?

Q赤外分光

絶対零度まで冷やすと赤外分光はおこりますか?
教えてください。

Aベストアンサー

> 絶対零度になると赤外光吸収は起こるのか

起こります。絶対零度でも、室温と同じように、赤外光が吸収されて結晶の格子振動や分子振動が励起されます。

> 絶対零度になると赤外分光は可能なのか

可能です。可能なのですけど、絶対零度って、温度無限大と同じように、絶対に到達できない温度です。ですので実現可能なのは、「絶対零度に近い極低温で、赤外分光光度計を使って分子または結晶の振動スペクトルを測定する」ことです。

Q主成分分析について

主成分分析について

現在、主成分分析の計算方法を勉強をしているのですが、主成分得点の求め方がわかりません。

例をあげて説明させていただくと、
x1x2x3
8 9 4
2 5 7
8 5 6
3 5 4
7 4 9
4 3 4
3 6 8
6 8 2
5 4 5
6 7 6
このようなデータを分析するとして、各変数の相関係数(X1X2 X2X3 X1X3)の値はわかりますし、計算方法もわかります。
またここから固有値もわかります。
しかしここからどうやって、主成分得点を求めればよいかわかりません。
どのように計算するのですか?よろしければご回答下さい。

Aベストアンサー

主成分得点には、分散共分散行列主成分分析と相関行列主成分分析の2種類がありますが、相関行列主成分分析の主成分得点でよろしいでしょうか?

まず、固有ベクトルを求めます。
仮に、以下のようになったとします。(A,B,C・・・は主成分の数値)

・・主成分1 主成分2
X1 A     D
X2 B     E
X3 C     F

これより、相関行列主成分分析の関係式は、

Z1=A・X1+B・X2+C・X3
Z2=D・X1+E・X2+F・X3

この式に、X1,X2、X3の値を入れて計算します。
このZ1、Z2が主成分得点です。

ちなみに、分散共分散行列主成分分析の場合は、ここまで同じで、
Z1,Z2の平均を求めて、Z1およびZ2からその平均を引いたものになります。

Q近赤外分光法 で pH 測定

近赤外スペクトルを使ってpHの測定は可能でしょうか。
pHは測定できなくても、pHをよそうすることはできますか?

Aベストアンサー

確かにpHによってコンフォメーションが変わって、吸収帯がシフトするものもあります。
しかし「high and low」で予想できても、具体的な数値を予想することは困難でしょう。

可視光の例で恐縮ですが、フェノールフタレインを使ったとき、pH1とpH6で区別することはできませんよね?
分かるのは変色域前後です。
(つまり変色域に対してhigh and lowならわかる)

Q主成分分析について

街頭アンケートを行い統計学的に分析しようと思い、主成分分析を利用しようと考えています。しかし、少々難しいく、困っています。「主成分の決め方」みたいなコツを教えてくれると幸いです。

Aベストアンサー

主成分分析は、単に分散の大きな軸を取り出して、なるべくデータ間の差異を際立たせるようにするのが目的です。その際に、元のデータからの情報損失を少なくするようにしないと、元のデータを再現していないということになります。その情報損失の度合いを見るのが寄与率です。
No.2の方が回答されているように、大体80%あれば元の情報を損失なく表現できていると考えてよいでしょう。

その際の注意点は、全ての軸が同じ方向を向いているような場合は、第一主成分に意味がない可能性があります。これは、全体の大きさに関する軸だったりしてという可能性もあります。その場合は正規化等を行うことで除去することが出来ます。

また、主成分分析では、分散を大きくするように主成分を決めているので、当然外れ値には敏感です。マッピングをして明らかに外れている値があるようなら、それに引っ張られているだけなので、その点を除いてから再度主成分分析をするなどしたほうがよいです。


最終的な軸の解釈が出来ることも重要になりますが、この辺りは主観的な問題もはらむので、色々な角度からの考察が必要になります。

元のデータのデータ間の差異を際立たせることによりデータを見るという観点からは、実際のマッピングをみて、そこにあるグループ構造(クラスタ構造)が見られる稼動かで判断することも重要です。クラスタ構造が見られるなら、そのグループの特性を別に分析するなどです。

主成分分析は、単に分散の大きな軸を取り出して、なるべくデータ間の差異を際立たせるようにするのが目的です。その際に、元のデータからの情報損失を少なくするようにしないと、元のデータを再現していないということになります。その情報損失の度合いを見るのが寄与率です。
No.2の方が回答されているように、大体80%あれば元の情報を損失なく表現できていると考えてよいでしょう。

その際の注意点は、全ての軸が同じ方向を向いているような場合は、第一主成分に意味がない可能性があります。これは、全体の...続きを読む

Q赤外分光法の簡単な解説

門外漢なのですが、赤外分光法に興味を持っています。
特に有機物質の同定に興味を持っています。
そこで伺いたいのですが、「このようなスペクトルが出たから」「こういう官能基があって」「いろいろ検討した結果」「この物質だと同定された」という具体的な流れを、高卒程度の知識で分かるように簡単に説明してください。もしくはそのようなウェブサイトを紹介してください。もしくは書籍を紹介してください。
どなたかお願いします。

Aベストアンサー

残念ですが、最近はIRから物質の構造を推定することは「流行らなく」なりました。「指紋領域」から物質をを同定することは相変わらず有力ですが、1H、13Cnmr及びその二次元解析、(GC/)MSの高分解能分析が容易に・安価になったため、IRはホコリをかぶっています。有機化学の論文の実験の部にも書かれないことが多いです。

Q「主成分分析の結果から一次元構造が確認される」とは分かりやすく言うとど

「主成分分析の結果から一次元構造が確認される」とは分かりやすく言うとどういう意味なんでしょうか?

今扱っている論文に「主成分分析の結果から一次元構造が確認される」という言葉が何度か出てきます。
何となく研究の正当性を主張するのに使っているというのは分かるのですが、詳しい意味がよく分かりません。
結局一次元構造とは何なのでしょうか?
分かる方、教えてください><!

Aベストアンサー

私は数学を普段から使う専門家です。全体の文章を読まずにこれだけの文章では情報が少な過ぎて、正確な意味は分かりません。しかしながら、これだけの文章で想像出来ることは、以下の通りです。

普通、ある量(変数とかパラメーターと呼ばれる)を横軸に取って変化させるとそれに対してある量が変化するとき、その値を縦軸に取った平面内で、その図が大体一本の直線や曲線の上に乗っている場合に、それは一次元的構造を持つと言います。ところが、直線や曲線ではなく、平面的にぼーっと広がって分布してしまう場合、それは最早一次元的ではなく、2次元以上の多次元的構造を持つと言います。多分、主成分をそのようにある変数なりパラメーターを変えて図示してみたら、直線ないし曲線上に乗っているように分布していたということではないでしょうか。


具体的には例えば、ある集団の人間の身長を年齢を変数と考えて図示してみると、もし身長のその集団での平均値を画くと、年齢を大きくして行くと最初は右上がりに直線状に増えて行きますがそのうち成長が止まって平になって行く。従って全体の図は上に凸向きな一本の曲線を画くはずです。従って、この場合この図は一次元的構造を持っています。ところが、身長の平均値ではなくて、各々の人の身長をその集団に対して一枚の図の中に画くと、与えられた年齢で皆の身長は平均値の回りにばらつきがあるので、一本の曲線上には乗らず、その平均値の回りにぼーっと広がった図になります。この時には、その図は一次元的構造を持っていないと言います。

この説明は、果たしてお役に立っているでしょうか。

私は数学を普段から使う専門家です。全体の文章を読まずにこれだけの文章では情報が少な過ぎて、正確な意味は分かりません。しかしながら、これだけの文章で想像出来ることは、以下の通りです。

普通、ある量(変数とかパラメーターと呼ばれる)を横軸に取って変化させるとそれに対してある量が変化するとき、その値を縦軸に取った平面内で、その図が大体一本の直線や曲線の上に乗っている場合に、それは一次元的構造を持つと言います。ところが、直線や曲線ではなく、平面的にぼーっと広がって分布してしまう場...続きを読む

Q赤外分光法

解析学を学び始めたばかりで分からないことだらけなのですが、赤外分光法を使って有機物以外を調べる場合(たとえばA型のゼオライト)スペクトルの波数はどのように見たらよいのでしょうか。
色々なページを見ましたがほとんど炭素の結合関係なのですが、波数の数値は何を見て比較すればよいのでしょうか。
教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>波数の数値は何を見て比較すればよいのでしょうか。

これについては文献などを見て、としか言いようがありません。多くのwebサイトや教科書類などは、有機系の物質が主に扱われていますので・・・。文献検索などをすれば有機物以外のものも多く出てきます。


>スペクトルの波数はどのように見たらよいのでしょうか。

どのように見るのか、というのが難しい質問なのですが・・・。
質問者様が述べられているゼオライトについて、自分の知っていることを分かる範囲で答えます。
例えば、ゼオライトは酸性OH基、すなわちSi-(OH)-AlのOHの部分、を持っています(プロトン型ゼオライトの場合)。そしてこのOH基はIRにおいて、3610cm-1付近にピークが観察されます。(これについてはゼオライトの分野ではごく一般的に知られております。)つまりあるゼオライトについてIR測定を行った場合、このピークが観察されれば、そのゼオライトは酸性OH基を持っていることが分かります。
では観察されなければどうなのか、というと、OH基の部分がほかのものになっている、ということが分かります。すなわち、ゼオライトのOH部分がSi-(ONa)-Alなど、Naなどに置き換わっているということです。
ゼオライトの分野では、IRはこのような使われ方をします。上記に述べた以外にも、B酸点、L酸点の量を求めるために使われたりもします。

>波数の数値は何を見て比較すればよいのでしょうか。

これについては文献などを見て、としか言いようがありません。多くのwebサイトや教科書類などは、有機系の物質が主に扱われていますので・・・。文献検索などをすれば有機物以外のものも多く出てきます。


>スペクトルの波数はどのように見たらよいのでしょうか。

どのように見るのか、というのが難しい質問なのですが・・・。
質問者様が述べられているゼオライトについて、自分の知っていることを分かる範囲で答えます。
例えば、ゼオライトは酸性OH基、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報