「重戦機エルガイム」のヘビーメタルについてです。
スーパーロボット大戦などのゲームではヘビーメタルにビームコートが装備されていますが、アニメでそのような設定ってあったでしょうか?
たしかないように思うのですが、ゲームだとどうして「HMにビームコート」という発想が出てきたんでしょうね。
モビルスーツなどとの差別化を図るためだったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

最初からあります。



第2話で、エルガイムのシールドが「ビーム吸収式」のコーティングをされていることが語られていますし、第11話では、オージェのラウンドバインダーが「反射式」のシールドであることが語られています。

ペンタゴナ・ワールドのHMは、ソーラーバッテリーで稼動し、その実に受けるビームエネルギーですらある程度は変換して自身のエネルギーに出来るのです。
初回放送終了直後に発売した設定集に記載されてます。(昭和60年)
    • good
    • 0

HMでは最初から「そういうコーティング」は設定されていましたよ。


世界観として、我々の世界と違い「実弾の無い世界」なので、基本的に装甲はプラスチックでメタリック塗装に見えるコーティングが「パワーランチャー」のビームを跳ね返す。そういう世界でした。

スパロボなどでは「他の世界との兼ね合い」から「ビームコーティング」と言う形になったのだと思いますが、パワーランチャーなどの光学兵器に対する対策自体は、「元々あった設定」です。

逆に百式などのモビルスーツがコーティングをしていると言う設定が、HMからの「設定の流用」です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメ『ダンボール戦機ウォーズ』について

(1)法条ムラクが裏で接触していたサングラスの怪しい男は結局何者だったのか気になっています。
ゲームでは明かされているのでしょうか?
アニメでは明かされていない気がするのですが、もし見落としていたらすみません。

(2)総理(リクヤの父)はなぜ死んだのですか?
体調不良のきっかけが何かあったような気もするのですが、何話だったか思い出せず…。
また、大きな活躍をしたわけでもないのに最後の最後で死なせる意味はあったのでしょうか。
セレディの言う“支配層”が崩れるところを視聴者に見せたかっただけでしょうか。

かなり間を開けながらアニメを見ていたので、色々と記憶が曖昧で申し訳ありません。
個人的な見解でも構いませんのでご意見を聞かせていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

だいぶ視聴し終わって時間が経っていますので、明確なお答えではなく、私見と言った感じになるかもしれませんが、おぼろげな記憶を頼りにお答えしてみましょう。

(1)
ムラクの所属していたロシウスの軍事系の情報部などと想像されます。
つまり、公平且つ平等な代理戦争のはずが、実際の国家から、裏では最先端技術などが供与され、その技術でセカンドワールドで勝つことを強要されていたわけです。ムラクはその関係からセカンドウォーが代理戦争であり、現実の世界に影響が出ることを知っていたわけです。

(2)
リクヤと総理である父の関係はあまり良い状況ではないと描写されていましたが、総理は自らの身体の状況から、リクヤにキツく当たったとしても、自分が万が一の時には一人で対処できる強い精神力や判断力を持つ事を期待しての事だったと思われます。
リクヤはキーを持っているゆえに、部下を次々と身代わりで失い、精神的にもだいぶ参っていたわけですが、上に立つものというのはそういう状況にも対処していかねばならず、いわば後継者としての資質を求めて辛く当たっていたような感じを受けました。
明確な病気の兆候は、総理の出演しているシーンで、胸を押さえて苦しそうにするシーンがあったような気がしますが、申し訳ないですが、私も明確な話数などは覚えがありません。死ぬ必要があったかどうかについては、以前にもタイニーオービット社の社長があっさり死んだりする描写のあったアニメですから、父親や関係者の死を演出したものではないかと思われますが…。

だいぶ視聴し終わって時間が経っていますので、明確なお答えではなく、私見と言った感じになるかもしれませんが、おぼろげな記憶を頼りにお答えしてみましょう。

(1)
ムラクの所属していたロシウスの軍事系の情報部などと想像されます。
つまり、公平且つ平等な代理戦争のはずが、実際の国家から、裏では最先端技術などが供与され、その技術でセカンドワールドで勝つことを強要されていたわけです。ムラクはその関係からセカンドウォーが代理戦争であり、現実の世界に影響が出ることを知っていたわけです。

...続きを読む

Q「風のノーリプライ(エルガイム)」の歌詞の読み方

いつもお世話になっております。
質問します。

歌詞に「琥珀の砂時計」とありますが、
「きん」と読めば良いのですよね?。

いろいろなサイトを廻っていると、「銀の砂時計」と書いてあるものが多いので、すごく気になっています。

自信を持って大声で歌いたいので、どなたか琥珀=きんであるか正解を教えて下さい。

Aベストアンサー

シングルCDの歌詞にルビで「きん」と書いてます。
琥珀=きんで正解。

Qこのモビルスーツはなんでしょうか?

表題の通りです。

劇場版アニメ「機動戦士Zガンダム(星の鼓動は愛)」、開始22:52あたりに
ゼダンの門に取り付いているモブ出演のモビルスースがよくわかりません。
カラーリングからすると、ティターンズのものとはわかりますが、
背中のスラスターの様のものが不明です。
コシのあたりは、NT-1に見えなくもありませんし、足はジムスナイパーカスタム2
の様にも見えます。
もしご存知でしたら、きっかけだけでも良いので、教えてもらえませんでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フェーダインライフルを構えたマラサイを下から上になめて映るMSですよね?
ガンダムヘイズルです。
「アドバンス・オブ・ゼータ ティターンズの旗のもとに」に登場するティターンズのガンダムです。

Qエルガイムのアニメでは、アマンダラは「オリジナルオージェ」としか言っていないのに、何故それが「オージ

エルガイムのアニメでは、アマンダラは「オリジナルオージェ」としか言っていないのに、何故それが「オージ」が正式名称とされるのでしょうか?

Aベストアンサー

HMは「ガリ〇ン」のように「発掘」されるものではない。

ADスタック → ポセイダル軍での名称。
エルガイムMk-II → スタックをかっぱらって改造した機体の、反乱軍での名称


エルガイムの作中に出ているA級やらB級やらのヘビーメタルは、本物のヘビーメタルのレプリカに過ぎない。(A級はB級よりオリジナルの性能に近いだけ)
本物は過去の戦争でほとんどが失われている。
オリジナルの製造には莫大な資源や必要であり、エルガイムの時代には失伝している技術もある。



>アマンダラは「オリジナルオージェ」としか言っていないのに、何故それが「オージ」が正式名称とされるのでしょうか?

「オージ」とは「オリジナルオージェ」は同じ機体の「別名」ということになっている。

「オリジナルオージェ」はアマンダラがオリジナルに作成したオージェタイプのHMという意味で、「本来のオージ」という意味ではない。



オージェタイプの真のオリジナルは「プディンオージェ」と呼ばれている。
それらの関係は以下のようになっている。


プディン・オージェ:ポセイダルが第二次聖戦争時に使用したオリジナルのHM

オージェ:「プディン・オージェ」のレプリカ

オージ:以下の構成で作られている。
上半身→オージェ
右肩→ブラッド・テンプル(オリジナルのHM)
下半身→プディン・オージェ(オリジナルのHM)

以上から、「オージェ」と「オージ」の間には、オリジナルやレプリカという関係はない。



永野護氏の(脳内?)設定では以上のようになっているらしいです。

HMは「ガリ〇ン」のように「発掘」されるものではない。

ADスタック → ポセイダル軍での名称。
エルガイムMk-II → スタックをかっぱらって改造した機体の、反乱軍での名称


エルガイムの作中に出ているA級やらB級やらのヘビーメタルは、本物のヘビーメタルのレプリカに過ぎない。(A級はB級よりオリジナルの性能に近いだけ)
本物は過去の戦争でほとんどが失われている。
オリジナルの製造には莫大な資源や必要であり、エルガイムの時代には失伝している技術もある。



>アマンダラは「オリジナルオージェ...続きを読む

Qモビルスーツとモビルアーマー

モビルスーツとモビルアーマー何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

モビルスーツ ⇒ ガンダム、ザク、グフ、ドムなど
         の2足歩行兵器(人型)

モビルアーマー
       ⇒ 2足歩行はしないが、半飛翔体の
         形状で、腕型のマニュピレータや
         ニュータイプ専用の武器(サイコ
         ミュシステムなど)を有するもの
         。グラブロ、エルメスなど。

と、個人的には解釈してます。
ちなみに「ボール」もモビルアーマー?


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報