会員登録で5000円分が当たります

こんにちは。
大学で学校教育についての講義を受けていて、
習熟度別学習についての説明を聴いていたのですが、
そのときはそのメリットが多くあるように聴いたのですが、
では逆にそのデメリットはないのかなと思いました。
そこで質問があります。

習熟度別のデメリットとは何ですか?

どうぞ教えてください。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

理論的・理念的な問題はともかくとして、おそらく多くの教員が実感しているのは、



1.「分かる生徒の分かり方は一様だが、分からない生徒の困難は個別で多様だ」ということ。

例えば、小学校4年生の算数「わり算の筆算」で「習熟度別編成」をして、実際に教えてみれば分かりますが、分からない子が「どうして分からないか」という理由は実際、本当に個別バラバラなんです。その単元の内容が分からない、前の学年の内容(あまりのあるわり算の暗算)が定着していない、抽象概念の理解力が劣る(商を立てることができない)、そもそも九九が怪しい、イヤもっと前の繰り下がりの引き算が・・・原因は様々で結局のところ個別に指導をするしか方策は無い、というのが実感です。

もちろん「習熟度」ということを細分化して対応すれば可能でしょうが、そうなると「習熟度別」ではなくて「個別」です。で、#1さんが書いておられるように、そこまで対応できるキャパは学校にはありません。結果的に、「分からない子」は分からないままで、「できる子」だけが高度な内容をどんどん進める、ということになります。

これは、理論や理念の問題ではなく、現実の学校現場の物的・人的な限界から来るものです。

2.学習に対する刺激・励まし合いが減り、「中程度の子ども」でモチベーションが下がるということ
教室の学習というのは、先生から教えてもらうだけではありません。友達の答えを先生がほめたり、友達が間違いを指摘されたり、「優れた子」の発言を聞いて納得したりということで理解を深めていくことは、例えば算数の場合でも普通にあります。

また、「あいつが計算テストで100点取ったから、俺も負けないで頑張ろう」とか「あの子が、ドリルで○ページまでやったんなら、私も家に帰ってそこまでやろう」というような意欲を受ける場面も教室では見られます。特に「中程度の子」は上位の子から、そのような刺激を受けてモチベーションが高まります。

反対に、「分からない子」の間違いから、自分の間違いや勘違いに気付いたり、その子達にちょっと教えることで理解を深めたりすることもあります。

ところが、習熟度別では、特に中程度の子どもは「ドングリの身体検査」ですから、刺激を受けたり理解や思考を深めたりする機会が少なくなってしまうのです。結果的に、その子達は習熟度別でも通常の学級編成でも効果に差が見られない、なんてのは現場の実感でしょう。

指導に問題があるのだ、と言われればそれまでですが、教室でのダイナミックな学び合い、というのは多様な子どもがいるからこそできる、というのはたぶん多くの先生の実感だろうと思いますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>「分かる生徒の分かり方は一様だが、分からない生徒の困難は個別で多様だ」ということ。

これにはとても納得いきました。

>学習に対する刺激・励まし合いが減り、「中程度の子ども」でモチベーションが下がるということ

こちらについても確かに他人からの刺激を受けることは
人間の成長にはとても必要な要素ですよね。

いろんな人がいるからこそゆえのメリットで、
今考えるととても希望を与えられる感じがします。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/22 02:35

いろいろ回答が出ておりますので、それら以外の点について。



組合がうるさいと言うことです(笑)

連中は、レベルの低いクラスに配属になった生徒に、劣等性のレッテルを貼るだのと言ってきます。
学校のクラスというのは、行事や休み時間、学校生活全般の活動を共にする一つのグループ、と捉えるため、成績だけでクラスを分けることには難色を示す人たちもいると言うわけです(ま、何をやっても、組合は文句を言ってくるものですが)。
この論議のとき、反対派?にとって不都合なネタが、憲法です。憲法では、「能力に応じて」教育を受ける権利を保障しているため、どうしても強く反対はできないでいます(笑)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

確かに憲法の教育の項目に書いてありますよね。

そこまでのことが絡んでくるんですね。

参考になりました。

お礼日時:2009/01/22 02:37

実施上、問題にされるのは、教員数不足です。

並行して同じ教科を実施する必要があるため、ある程度の教員数を確保しないと、実施自体が難しいということがあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

なるほど、確かにそうですよね。

お礼日時:2009/01/22 02:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q少人数教育のメリットとデメリットを教えてください

非常に質問が抽象的であるのと、ここでよいのかどうかわからなかったのですが、宜しくお願いします。
学校教育において現在どんどん少人数教育が導入されていますが、メリットは(当たり前ですが)思い浮かぶのですが、デメリットがあまり思い浮かびません。あえていうなら教室がたくさん必要である、とか先生がたくさん必要になるということくらいかな、、と思います。
もう少し踏み込んだメリット、デメリットをご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

実際に導入されている私立中学の先生に話を聞いたことがあります。

理科や英語・作文は、少人数教育が向いているという話を聞きました。
理科は人数が少ないほうが自分で実験できるということ、英語はロールプレイなどの実習の際には人数が少ないほうが向いている、作文は細やかな添削が必要だから、少人数ではないと先生が見きれない、などですね。

逆に、大人数授業を継続している難関中学校の先生にも話を聞いたことがあります。
「人生のある時期においては、大人数のなかでもまれていく時期も必要」
「できる子もできない子も、いろいろな子がいるからできる教育もある。」
など、ちょっと漠然としていますが・・・ただ、そういった学校でも、理科の実験や英会話では2学級に分割、というケースが私学は多いようですね。

個人的には、少人数という「制度」よりも、その中でどう教えていくかということの方が大切だと思います。
最近公立でも習熟度や少人数といった「制度」を導入し始めていますが、結局はそういった制度をどううまく活用できるか、ということのほうが、気になっています。

すみません。ちょっと質問の内容が漠然としていて、ご参考になったかどうかわかりませんが。

実際に導入されている私立中学の先生に話を聞いたことがあります。

理科や英語・作文は、少人数教育が向いているという話を聞きました。
理科は人数が少ないほうが自分で実験できるということ、英語はロールプレイなどの実習の際には人数が少ないほうが向いている、作文は細やかな添削が必要だから、少人数ではないと先生が見きれない、などですね。

逆に、大人数授業を継続している難関中学校の先生にも話を聞いたことがあります。
「人生のある時期においては、大人数のなかでもまれていく時期も必要」
...続きを読む

Q評価基準と評価規準のちがいを教えてください。

 最近、評価基準と評価規準という言葉を目にします。
本を読んでも分かったような分からないような・・・
 素人でも分かるように例をあげて、具体的に説明していただけるとありがたいのですが。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何かを評価する場合には「ものさし」が必要です。
評価規準(俗に「ノリジュン」と呼ばれます)というのは、ものさしの種類だと思ってください。
一方、評価基準(俗に「モトジュン」と呼ばれます)は、ものさしの目盛りです。

たとえば、「パソコンの授業」というのがあったとして、その授業の目標がいくつか決められます。
「キーボードの操作を覚える」「ワープロが使えるようになる」「メールが使えるようになる」等々で、さらにワープロの操作は「文字を打ち込む」「カット&ペーストが使える」「文字飾りができる」「マクロが使える」のように細分化し、いくつもの評価観点を作る、これが「規準(ノリジュン)」です。

これに対し、それぞれの「規準」をどれだけ達成したかを測るのが「基準(モトジュン)」です。「文字を打ち込む」というものさし(規準)に対し、それが1分間に50字か、100字か、という「目盛り」を与えるのが「基準」です。

したがってこの場合、成績というのは、一つの教科であっても、○○の観点からは5,△△の観点からは3、といった調子でつけられます。つまり、観点を与えるものが規準、数字をはじき出すものが基準ということです。

何かを評価する場合には「ものさし」が必要です。
評価規準(俗に「ノリジュン」と呼ばれます)というのは、ものさしの種類だと思ってください。
一方、評価基準(俗に「モトジュン」と呼ばれます)は、ものさしの目盛りです。

たとえば、「パソコンの授業」というのがあったとして、その授業の目標がいくつか決められます。
「キーボードの操作を覚える」「ワープロが使えるようになる」「メールが使えるようになる」等々で、さらにワープロの操作は「文字を打ち込む」「カット&ペーストが使える」「文字...続きを読む

Q教員採用試験不合格

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面接官です。)

1問目の質問に答えた時点ですぐに採点される。
それ以降はメモすら取ってもらえない。
頬杖をついて、横を向いた状態で、質問を聞いている・・・など
今思うと、真剣に内容を聞いてもらっている気はしませんでした。

ちなみに、私の大学から受けて落ちた人は10%もいません。
周りの友人はほとんどみんな受かっています。


たんに私の態度が悪かったか、能力が劣っていたのでしょうか?
面接官が悪かったのでしょうか?
私の不合格は初めから決まっていたのでしょうか?

不合格という事実は受け止めなければならないことですが、腑に落ちない点が多々あります。

今日、教員採用試験の不合格通知が届きました。

筆記テストも合格圏内に入っていたはずですし、面接も練習通りに行いました。
面接の練習時に「そのような態度・内容では危ないのではないか」などと指摘されることもほとんどありませんでしたし、本番は練習以上に笑顔ではきはきと話すよう心がけました。


しかし、総合得点は下から数えたほうが早いような順位で、面接に関しては120点中10点しかありませんでした。

インターネットでの合格発表では、前後15人ほど全員が落とされていました。
(15人全員が同じ面...続きを読む

Aベストアンサー

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言われました。

そこでもはや就職するつもりのない
私は現場を押さえるしかない、
と考え、

今年はすべて同じ番号に解答し、
面接で何点がついているのか
厳密に計算することにしました。

で、口で何点取ったなんて言っても
しょうがないので、
録音、録画を残しました。

私は面接120点分の5点です。
他の県の採用試験にも合格し、
12年講師をし、
同じ学校で10年働いていました。

合格を手放したのは親の介護のため。

で、人でなしの評価は許せません。

どういうことになるか
分かりませんが、
できたら、私に便乗してもらいたい。

私も力になりたいと思います。

まずは、ビデオを見てください。

面接の模様は中途半端だったので
もう一度アップしなおします。

http://www.youtube.com/user/kikakugai1?feature=mhee

似たようなことで悩んでいる人と
交流することで
大分の時のように
何かが変わるかもしれません。

私はいま同じような件で民事で争っています。

ただ、弁護士によると
就職は点数があっても
あなたきらいではねてもいいそうです。
そこに情状が入る余地はあるそうです。

まあ、この弁護士腹立つけど、
それはさておき、

私が争う争点は採用といっても
ずばり、採用では争っていません。
採用妨害可能か可能でないかということに
争点をおくしかありません。
それと不正が行われている事実を
間接的に証明するしか出来ません。
本当は以上のことですら
ずばりは争点になりません。

メディアを動かすことだと言...続きを読む

Q茶髪の生徒に何と指導したらよいのでしょう?

 私の勤務する高校では、髪の毛の指導を厳しく行っています。
ただ、生徒たちはまわりの高校が頭髪指導にあまり厳しくないこと
に不満をもっていたり、根本的に黒い髪をダサいと思っているよう
です。
 どうして、黒い髪でなくてはいけないのか?生徒が納得できる理
由はないものでしょうか?
 高校生らしさとか、会社では許されないとか、そういった理由で
は納得してはくれません。何か良い指導をされている高校の先生方
がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

自由には責任が伴います。
茶髪には茶髪の、黒髪には黒髪のリスクがあるわけで、
それをきちんと理解して覚悟の上で茶髪にするならともかく、
自由ばかりを主張して、
「何で茶髪だと不真面目だと決め付けるんだ!」
と言うのは身勝手です。

私は高校の時は黒髪でしたが、大学生になった今は茶髪です。
私の通っていた高校は他と比べるとかなり自由な学校で、
夏服が自由服だったり、校則が無かったりしました。
頭髪に関しても、先生達は一応指導するという感じで、
勉強をきちんとするなら少々遊ぶのは大いに結構という感じでした。
ただ、自由な分、自分の行動の結果に責任を持つ事については
かなり口うるさく指導されていました。
常識ある「大人」として行動するよう指導されていたのだと思います。
「非常識な格好をするのなら夏の自由服は取りやめにする。」
とよく言われました。
それはつまり、「大人」として行動出来ないのなら自由は与えられない
という意味だったのだと思います。
生徒の行動や服装を見て、外部の人間はその学校のことを判断するわけで、
「もし悪い印象を持たれたらその責任を取れるのか?」
と生徒に聞いてやればいいと思います。
生徒には学校という団体に所属する以上、団体の一員としての責任があるのです。
生徒が「自分はこうやって責任をとる。」という納得のいく説明を
ちゃんと出来るのであれば、自由にさせてやってよいと思います。

「子供を扱うのに困った時は、子供を大人として扱え。」
という言葉を聞いたことがあります。
未成年とは言え、高校生が子供かどうかは疑問ですが、
これから大学に行ったり、社会に出たりして、
今までよりも自由な世界に出て大人として扱われた時に、
自分の責任も果たせない駄目な大人にならないように、
高校生である今のうちから一社会人としての責任感を養うべきだと思います。

ちなみに私の場合、高校生の時は黒髪だったわけですが、
黒髪なために生真面目な子だと思われることによるメリットもデメリットも
自分なりに理解したうえでの黒髪であって、
決して先生に叱られない為ではありませんでした。
大学生になった今、茶髪なのは、ファッションとしてですが、
茶髪なために不真面目に見られる事のないよう、
服装や行動にも気を使っていますし、学業も怠ってはいないつもりです。

自由には責任が伴います。
茶髪には茶髪の、黒髪には黒髪のリスクがあるわけで、
それをきちんと理解して覚悟の上で茶髪にするならともかく、
自由ばかりを主張して、
「何で茶髪だと不真面目だと決め付けるんだ!」
と言うのは身勝手です。

私は高校の時は黒髪でしたが、大学生になった今は茶髪です。
私の通っていた高校は他と比べるとかなり自由な学校で、
夏服が自由服だったり、校則が無かったりしました。
頭髪に関しても、先生達は一応指導するという感じで、
勉強をきちんとするなら少々遊ぶ...続きを読む

Q教員の任命権者

公立小中学校は市町村が経費を負担していますが、教員の任命権は誰になるのでしょうか。

Aベストアンサー

 公立小中学校は市町村立学校ですので、設置者は市町村ですが、そこに勤務する教職員は都道府県の職員で地方公務員です。したがって、人事なども含めた任命権者は都道府県教育委員会の教育長です。

 又、政令指定都市の公立小中学校は、都道府県職員ではなくてその市の職員となりますので、任命権者はその市の教育委員会教育長です。

Q教員採用試験で他県を受けますが・・・

教員採用試験や就職活動などで他県を受ける際、
面接で「何故、地元でなくてこの県を受けたのですか?」などの質問をされると思いますが、
このような回答にはどう答えるのがベストなのでしょうか?

正直に言うと、
今は滋賀に住んでいますが、彼氏が静岡で就職しているので、
将来静岡に住むことを考えているため静岡を受けました。
なのですが駄目ですよね。

なにか参考にしたいので回答お願いします!

Aベストアンサー

私の習った先生に、生まれて高校までは高知県の地方都市、大学は東京都、就職は京都市(教育委員会の採用試験)という人がいました。
静岡県か静岡市なのか知りませんが、教育委員会のHPを参考にして研究してください。静岡の良い面を発見してください。

Q教師の専門性とは?

教師は専門職って言われてますが、
私にはどんな所が専門性なのかよくわかりません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

「教師は専門職」は、「製造業のスタッフのように、時間が来たら仕事が終わるのではなく、24時間、いつでも教育の仕事のことを考えるべきである」という意味で使われることがあります。

確かに、いじめ事件で泣いている被害者の生徒を目の前にして「時間ですから帰ります」という教員はいませんね。

そういう意味では、「時間で区切れる単純作業」ではなく、「時として、勤務時間を弾力的にとらえなければならない専門職」ということは間違っていません。

しかし、だからといって、その専門性に見合う給料は全く与えられていないし、過労死するまで実際問題休めない職場が多すぎると思います。

多くの教師は、医療関係者や消防士と同じように「使命感」で、何とか激務をこなしています。
実態を知ると「美しい行為」と感動してくれる人もいます。
しかし、感動してくれる人がいなくても、過労死や仕事が理由での家庭崩壊がないほうが良いと私は思っています。

Q教員の方教えてください。なぜ小学校(中学・高校)を志願されましたか

教員を目指している30歳女性です。

免許は中学・高校の英語1種をもっています。

現在、海外で日系の小学生と高校生を教えていて、授業はもちろんお遊戯会などの準備に携わるうちに小学生がとてもかわいいと感じるようになり、小学校の先生もいいなと思うようになりました。新たに免許をとらなくてはならないので、それを行動に移すかどうか迷っています。

しかし、上司からは、あなたは子供に手取り足取り教えるよりも、教材研究が好きなようなので、高校の先生のほうが向いているのではないかしら、と言われました。 今は担当の授業コマ数は小・高同じなのですが、小学生にほとんどの神経を集中させていて、親とのやりとりや学級運営、お遊戯など様々なことに追われるうちに、疲れた顔が見えていたのもそうアドバイスされた原因かもしれません。

一方、高校生を教えていると、彼らの知的好奇心にうれしくなり、次の授業内容を考えるのが楽しく、のめりこんでいる自分がいます。ただ、いろいろな難しさも感じます。 

小・中・高どちらを対象に教えるのが自分に向いているのか、悩んでいます。
私は教員を始めて経験したのが海外でしたので、日本での状況はまた違うとも思います。

こんな状態でまだまだ教員としての深さを知っておりませんが、教員の方に教えていただきです。 なぜ小学生(中学・高校)を教える対象として選んだか、そしてめいめい必要な適性とはどんなことでしょうか。

教員を目指している30歳女性です。

免許は中学・高校の英語1種をもっています。

現在、海外で日系の小学生と高校生を教えていて、授業はもちろんお遊戯会などの準備に携わるうちに小学生がとてもかわいいと感じるようになり、小学校の先生もいいなと思うようになりました。新たに免許をとらなくてはならないので、それを行動に移すかどうか迷っています。

しかし、上司からは、あなたは子供に手取り足取り教えるよりも、教材研究が好きなようなので、高校の先生のほうが向いているのではないかしら、と言...続きを読む

Aベストアンサー

いま大学の教員をしている者です(教育系)。最初は小学校教員志望、のち中学志望、卒業時は高校志望、結局大学院をへて今日に至りました。

小学校は、「こども」という生き物を相手にする感じですね。この生き物はピュアで、素直で、わがままで、意地悪で、要するに千変万化。いちばん「教育」の効果が出やすいと思います。仕事は、質問者さんも書かれているように何でも屋さん的な面も大きいので大変。でも自分の仕事の意味や価値を実感する瞬間も多く、幸せな経験をすることも多い。

中学校は、授業と部活と生活指導。心と心の触れあいが教師としての幸福をもたらしてくれることも多々ありますが、心身ともに変化の大きい生徒たちを前にして、自分の意に染まぬ厳しい指導が求められることも多いと思います。塾などで勉強するからといって学校でだらける生徒もいるし、何もしないで何もわからない、という生徒もいる。私の実感では、中学教員を志望する学生の最大の動機は部活を指導したいということです (^o^)

高校は、一般化できません。制服が違えば住んでいる世界が違う、と言いますが、勉強ができて生活上の問題など何もない高校と、勉強とはまるで縁がなくて、、という高校と、全然違います。公立高校に勤務する場合、当然ですがあちこちへ異動します。ある学校で人気者だった先生が、他校へ行くと役立たずの嫌われ者になり自信を喪失、なんてことはよくあります。高校志望者は、部活志向とその科目が好きだっていうのと、半々くらいでしょうか。私立校出身者には、母校に勤めたいっていうのもよくあります(現実には難しいですが)。

あとは蛇足です。現在の質問者さんの目の前にいる生徒さんたちは、たぶん上流ないしアッパーミドル・クラスの人たちでしょう。親についても子についても、一般に日本の公立の学校でその環境は望めないと思います。一番近いのは、都市部の私立の中高がくっついたタイプの、わりと出来のいい学校のように思われます。日本で教職を志望されるのであれば、そんな点も考慮されてはいかがでしょう? あまり参考になっていませんね... ごめんなさい m(__)m

いま大学の教員をしている者です(教育系)。最初は小学校教員志望、のち中学志望、卒業時は高校志望、結局大学院をへて今日に至りました。

小学校は、「こども」という生き物を相手にする感じですね。この生き物はピュアで、素直で、わがままで、意地悪で、要するに千変万化。いちばん「教育」の効果が出やすいと思います。仕事は、質問者さんも書かれているように何でも屋さん的な面も大きいので大変。でも自分の仕事の意味や価値を実感する瞬間も多く、幸せな経験をすることも多い。

中学校は、授業と部...続きを読む

Q教員採用試験自己PR 

今回何とか中学校 保健体育の教員採用試験の1次に受かりました
次は二次なのですが、自己PRが苦手で煮詰まってしまいました。
何度も、二次試験には落ちているので、なんとしても今回は合格したいと思いこちらのサイトに相談させていただきました。
諸先輩方にアドバイスをいただきたいです。
私がおもうには、どうも、熱意のようなものが、伝わらないように感じるのですが、どうでしょうか?

「私は,どうしても教師になりたいという思いから,現在まで講師として小学校や中学校の担任,副担任,特別支援学級の担当を経験してきました。その中で,たくさんの子どもたちに出会い,教師としての生きがいや難しさを感じました。

 教師として1番の生きがいは子どもたちの笑顔を見ることができるということです。私は,毎日多くの子どもに声をかけ,コミュニケーションをとることを心がけています。また,授業では,私も子どもと一緒になって活動するようにしています。そうすることで,子どもたちの目線で物事を考え,今後の支援の方法を工夫するように努めています。

 私自身も毎日,子どもたちからたくさんのことを学んでいます。子どもたちの「できた」「やったぁ」という笑顔は,私への最高の贈り物です。

 逆に,難しいと感じる時は,どうしたらできるようになるのか,どうしたら意欲的に取り組めるのかなど,なかなか解決の糸口が見つからないときです。そのような時は,まず,自分の取り組みをしっかり見つめ直し,周りの先生方に相談をして,アドバイスを参考に教材研究に取り組みます。

 また,保護者から子育てをしていくうえでの不安や悩みの相談をうけることがあります。私自身も一児の母親として,試行錯誤の日々を送っています。親の立場として,教師の立場として,共に歩んでいく姿勢を大切にしていきたいと考えます。

 最後に,私はいつも明朗快活で,体を動かすことが大好きです。小学校でバスケットボール,中学校でバレーボール,高校・大学で陸上競技に取り組んできました。陸上競技では,インターハイや国体に出場し,県選手権では優勝もしました。大学卒業後も時間がある限り母校へ行き,陸上の指導をしています。運動を続けてきた理由には体を動かすことの楽しさや喜びを経験したからです。また,努力することの大切さや,やればできることの自信を教えてくれた様々な先生と,周りの人たちの励ましやささえがあったからです。

 これらの経験を生かし,子どもたちにたくさんのことを経験させ,自分への自信や周りへの感謝の気持ちを身につけてほしいと思います。そして,「学校って楽しいな」「**先生がいるから学校に行きたいな」と言ってもらえるように,私は,子どもたちと真っ正面から向き合い,気持ちをうけとめます。また,子どもと一緒に成長できる教師になります。
以上です。
添削お願いいたします。

今回何とか中学校 保健体育の教員採用試験の1次に受かりました
次は二次なのですが、自己PRが苦手で煮詰まってしまいました。
何度も、二次試験には落ちているので、なんとしても今回は合格したいと思いこちらのサイトに相談させていただきました。
諸先輩方にアドバイスをいただきたいです。
私がおもうには、どうも、熱意のようなものが、伝わらないように感じるのですが、どうでしょうか?

「私は,どうしても教師になりたいという思いから,現在まで講師として小学校や中学校の担任,副担任,特別...続きを読む

Aベストアンサー

構造分析。
あなたの自己PRは7つの段落に分かれています。

(1)「どうしても教師になりたいという思い」と
 「現在までの経歴概要」と
 「教師としての生きがいと難しさ」というタイトルの提示
(2)「教師としての生きがい」の具体例と「現状の職業的こころがけ」
(3)「子どもたちの笑顔…私への最高の贈り物」論
(4)「教師としての難しさ」の具体例と「解決への手だて」
(5)「保護者対応」と「自身の母親としての立場」との関連づけ
(6)「自己の特徴」説明と「スポーツ経歴」と「現状の関わり」
(7)「教師という仕事への決意表明」

字数は1000字ですね。
1000字にしては盛り沢山すぎです。
(2)~(4)はほぼ全ての受検者に共通する一般論。
読む側は「またか」と思うだけ。
バッサリ捨てましょう。

アナタという唯一無二の存在をアピールできるのは
(1)と(5)と(6)です。
(余談ですが私も大学まで陸上競技者でした。
現在は外国語の教員ですが。
学校教育相談も勉強しています)

(1)「講師として小学校や中学校の担任、副担任、特別支援学級の担当を経験」
アナタの教員経験の中で一番の教訓を得たエピソードをひとつだけ、
同業者に過不足なく理解して貰えるよう簡潔に描写する。
例)小4のSクンは授業に集中できず、いきなり友達を叩く癖があり、クラスの皆が
困っていたが、本人との面談や保護者面談・学校教育相談担当者との連携を通じて
本人理解を深め、学級委員の協力を得て徐々にクラスに受け入れられるようになった。
ひとりの子どもを多面的に理解する大切さを知った。

(5)「私自身も一児の母親として、試行錯誤の日々」
子育て苦労の具体例を簡潔に描写。
「親の立場として、教師の立場として、共に歩んでいく姿勢を大切に」
などと抽象論に逃げず、家庭教育と学校教育の連携方策を具体性を持って提案する。

(6)「高校・大学で陸上競技」「インターハイや国体に出場」「県選手権では優勝」
《合宿で炎天下に200mを10本》とかいう具体的体験を披露し《その成果が県選手権優勝に結びついた》などと敷衍する。その上で
「努力することの大切さや、やればできることの自信を教えてくれた様々な先生」
「周りの人たちの励ましやささえ」
という価値意識を自己の教育観として披瀝する。
また
「大学卒業後も時間がある限り母校へ行き、陸上の指導をして」
「体を動かすことの楽しさや喜び」
を自己の指導理念として主張する。

以上、
アナタの自己PRに足りないのは
アナタが言うような「熱意のようなもの」
といった抽象概念ではない。
必要なのは
「具体的事例の描写」と
「そこから得た教訓」と
「自分なりの教育観」を
借り物の一般論的表現ではなく
自前の具体的体験に基づいた自前の言葉で綴ることです。

健闘を祈ります。

構造分析。
あなたの自己PRは7つの段落に分かれています。

(1)「どうしても教師になりたいという思い」と
 「現在までの経歴概要」と
 「教師としての生きがいと難しさ」というタイトルの提示
(2)「教師としての生きがい」の具体例と「現状の職業的こころがけ」
(3)「子どもたちの笑顔…私への最高の贈り物」論
(4)「教師としての難しさ」の具体例と「解決への手だて」
(5)「保護者対応」と「自身の母親としての立場」との関連づけ
(6)「自己の特徴」説明と「スポーツ経歴」と「現状の関わり」
(7...続きを読む

Q新任の挨拶について

3月に大学を卒業し、5月から小学校で非常勤講師をすることになりました。非常勤とも言えども新任当日は全校生徒の前で挨拶をしなければなりません。
いったいどのような挨拶をしたらいいんでしょう。
あまり短くてもいけないでしょうし長くても退屈になるでしょう・・・

Aベストアンサー

「おはようございます。
 今度みなさんに○○を教えることになりました○○○と言います。
 とても元気な子が多い(あいさつがしっかりしている、勉強も運動もがんばる子ばかり、音楽にあふれた学校、など第一印象)と思いました。
 大学を出たばかりですので、一番みなさんの年齢に近い先生としてがんばりたいと思います。
 よろしくお願いします。」

などのように短くまとめると良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング