【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

NHKの番組で大阪城夏の陣で
勝利した徳川軍の下級武士たちが
大阪の民衆を1000人連れ去り
奴隷としたとありました。

その中には、3歳の子供もいたそうです。
この子供をなんの役につかせるのかも疑問ですし?

日本の長い歴史の中で奴隷があったとは
知りませんでした(海外と違い民度の高い日本人には、
ないと思っていました)

過去に日本の歴史で奴隷の「制度」は
あったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

確か、魏志倭人伝に「生口?十」と言う日本からの貢ぎ物があり、


生口とは奴隷のことであるからその頃からあったのでは。
 日本では戦闘員(武士)を殺しても、民衆を殺しません。
殊に戦国時代以降は戦闘員と生産員の区別がついていました。
生産員を殺しては、戦闘員は生きて行けません。
3才の子とはいえ、7年養えば十分な労働力となりますし、その母も、子を産む能力を実証した価値ある人です。家康の「子持ち好み」と言うのもこのへんから来ています。
なお、明治以前は「帳はずれ」(戸籍にのっていない)と言う人も多くいましたが、「納税義務がない」と言うことの様です。気楽だったようです。
 奴隷からぬける道も多々あり、これも民度の高い日本ならでは。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。

大規模の組織的な奴隷制度は
なかったのですね。

やはり欧米人とは全く違う
やり方ですね。

相対的にみて日本人は、民度が高いですね。

お礼日時:2008/06/26 20:35

>日本の近くの国のニュースをみるにつけ



#13です。敢えて補足を。あなたが想定されているであろう国の一つでは「○○の起源は、我が国である」という論調が盛んだそうですが、この発想と、あなた自身がおっしゃている「日本人は民度が高い」という論調は、主張の内容が異なるだけで、精神構造は全く同じですよ。つまり、全く同じような発想(自分の国は他国よりも優れている)から、根拠のない主張(日本には奴隷制度がなかった)をしているという点。

かの国の、そうした主張をする人達と同じように、他国や、歴史的事実を知っている人達から笑いものになるから、お止めなさいと言っているのです。母国を誇りに思う気持ちなんて、自分の中に持っていれば良いものだし、そもそも外国と比較してどうこういうものではありません。あなたは他国と比較しないと、自分の国に誇りが持てないのですか?

「民度」という言葉自体よく分からない言葉です。私は、2つの国で実際に、1年以上生活をしたことがあります。今も、アメリカで生活をしています(現在旅行先のテキサスから発信中)。それぞれの国民の有り様なんて、他国と比較の対象になるものじゃありません。ある面では、アメリカ人ってどうしようもない連中だな、と思うこともありますけれど、別の面では「日本人よりもはるかに優れているな」と思うこともあります。

ここまでは「前置き」。制度としての奴隷制が、日本でよく知られていない理由は簡単で、日本では律令制度(これは儒教的国家制度です)に基づく強力な中央政府が崩壊し、慣習法で生活する時代が長く続いたからです。江戸幕府だって、最初は「庄屋仕立て」と呼ばれる簡単な機構しかなかったし、成文法としての刑法が生まれたのは、8代将軍の時ですから。簡単に言えば、日本全国をカバーする成文化された法律そのものが無かった。

逆に、「あなたが想定しているであろう国」で奴隷制度が、制度として存続していたのは、律令制度に基づく中央政府が全土に対して「法による支配」をしていたからです。#13で述べた官奴司のような役所が、存続し「合理的に」名簿を管理していたわけですね。
ローマだってアメリカだってそうです。それらの国では法律が確立していたからこそ、財産としての奴隷の定義や所有者の権利などがはっきり規定されていたわけです。だから、証拠が明白に残っている。

一般論として言えば、「法整備」がされている国と、それが無く慣習法で生活する国のどちらが「民度」が高いかと言われれば、当然前者ということになるわけです。だけど、奴隷制度について、こんなことを言ったって、違和感があるでしょう? つまり、「民度」なんて関係ないと言うことですよ。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

ご持論の解説ありがとうございます。

やはり民度と奴隷制度は関係があると考えるのが
常識だと思います。

お礼日時:2008/06/28 21:01

>海外と違い民度の高い日本人


本当にこんな事思っているのだとしたら、奴隷制云々だけではなく、恥ずかしいから止めた方が良いです。別に日本人の民度が低いとは思いませんが、「海外に比べて高い」などというのは、夜郎自大というものです。

有無だけ言えば、当然ありました。
時代順に見ていくと、律令時代(奈良から平安初期まで)には、官奴司(やっこのつかさ)と呼ばれる役所があり、官奴婢と呼ばれる奴隷を管理していました。この役所自体は、比較的早く無くなりましたが、それは役所が合併されたためで、機能自体は当然引き継がれています。

平安中期には「下人・所従」と呼ばれる身分がありました。これはもっと分かり易く「奴婢雑人」などと呼ばれる場合もありました。私人が所有する奴隷は、私奴婢(奴は男の奴隷、婢は女の奴隷)と呼ばれ、もちろん代々相続することが可能でした。

次いで、中世ですが、きちんとした日本中世についての歴史の本を読めば、「人買い」という職業があったことは、どんな本にも書かれています。謡曲「隅田川」なんていうのは、そうした事実を背景にした物語ですし、もっとポピュラーなところでは、「安寿と厨子王」の話なんてのも、安寿と厨子王が欺されて人買いに売られていく話ですよね。
売られた人は当然、奴隷にされるわけです。

平安中期以降からは、統一政権(朝廷)の律令制度そのものが機能していませんし、中世になるとそもそも全国的な法律自体がありません。慣習法の世界です。ですから法律に基づく「制度」かどうかはともかく、社会制度としての人身売買・奴隷制度は日本中で機能していましたし、慣習法としては社会的な承認もされていたことは確かです。

で、奴隷制度は、織豊政権から江戸時代初期までは、ほぼ全国的に残っていました。だから「大阪の民衆を1000人連れ去り奴隷とした」ということも起こるのです。
「名子・被官制度」と呼ばれるものがそれで、名子とは「名主などに隷従する農民で,生産手段,住居などを貸与される代わりに名主などの命じる労役に従った。生活の全領域にわたってその管理下に置かれた」ものです。在地領主では下人と呼ばれる身分がそれです。当然、売買、譲渡、相続の対象ですから、奴隷としか言いようがないでしょう。

各藩は小規模自立農民の育成(その方が生産性が高いから)に努めましたので、名子・被官制度の解消は徐々に進みましたが、東北地方では幕末まで続いています(1860年の南山騒動など)。

奴隷、というとあなたは「鞭で打たれて苦役を強制される」というイメージしか持っていないのでしょうが、制度・身分としての奴隷制度と、仕事としての苦役はイコールではありません。例えば、ローマ時代、貴族の家庭教師は奴隷のギリシア人の仕事でした。彼らは、ギリシア語・哲学・弁論術などを貴族の姉弟に教えていましたが、身分はあくまでも奴隷です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。
よく日本の近くの国のニュースをみるにつけ
あくまでも相対比較ですが
やっぱり問題があるにせよ
日本が民度が高いと感じずにはいられません。

奴隷の歴史いろいろと参考になります。
もう一度読み返してみます。

お礼日時:2008/06/26 23:38

確かに日本でも奴隷制度は存在した時代があります。


この場合の奴隷とは売買の対象となる存在です。

おおくは戦争の際に捕虜として確保されて売買されたので、大阪の陣で戦闘員でない民衆を捉えて奴隷にしたというのは事実です。
戦争にあたり戦利品としての奴隷を売買する風習は認められていました。
森鴎外の「安寿と厨子王」にも兄弟が奴隷として売買された記述がある位です。  この場合も子供が対象です。

人的資源を売買の対象とする行為は全て奴隷制度と見て間違いないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

たしかに奴隷のような人の取り扱いはあったのでしょうね。

しかし、全国的な大規模で組織的でないと
いうのが外国とは異なりますね。

お礼日時:2008/06/26 23:42

制度として奴隷だったのは武士ですねw


君命は絶対順守。反抗すれば切腹ものですからね。
これほどの奴隷は世界でも稀じゃないでしょうか。
外国人は羨んでたそうですよ。
建前は立派に見えるが、内容は隷従ですからね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
少し拡大解釈をしすぎだと思います。

お礼日時:2008/06/26 20:34

日本人が民度が高いというのは同感です。


しかし、差別はしっかりありました

「制度」というのが社会の慣習も含めるのかはわかりませんが、
古代から、えた(穢多)、非人、河原者など社会身分制度としての奴隷のような立場の人は多くいましたよね。
明治4年の解放令までは、明確に差別されていて、同和問題なんかまだまだありますね。

法制度として奴隷は、身分上はあったとは思いますが、それはある一定の職業にしか就けないということを意味していたので、
いわゆる奴隷とはいえないかもしれませんが、えた、非人と呼ばれた人たちが、奴隷並みの扱いしか受けられなかったのは事実ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

日本以外の国では、あきらかに奴隷に対する取り扱い方が
違いますね。

日本の場合は、これを奴隷制度とよんでいいのかどうか
判断が難しいところです・・・

お礼日時:2008/06/26 23:40

? そんなこと言ってませんが・・・。

    • good
    • 4

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%9C%E4%BB%A3% …

江戸時代には上記にあるような譜代下人というものが存在した。
特に東日本では農業生産が大規模、つまり血縁関係もない「拡大家族」的な労働単位で行われており、その場合血縁関係のない人間が譜代下人と言われています。
江戸前期の各大名家の農民政策は、小規模での農家生産への転換推進であり、それにより、勧農させ、納税負担を上げる施策です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

あくまでも労働者としての扱いで
いちおう人間としての扱い方をしてきたわけですね。

お礼日時:2008/06/26 20:32

日本は異民族に占領され支配された歴史がないのは確ですから、奴隷といってもその意味内容からするニュアンスがかなり違うと思います。


例えば、ヨーロッパ、中東、中国では、何千も前から言葉も容貌も体つきも習慣も違う異民族が次々とやって来て武力で支配し、もとから住んでいた人々を奴隷として使役しました。それらの人々は生きていても将来に希望のない本当に過酷な境遇にあったことは容易に想像できます。
日本の場合は、同一血族ですから奴隷といっても、過酷な労働に従事させられたというだけだけです。先の希望がなかったわけではないと思うのです。
ご質問のとおり、日本に奴隷があったかどうかというのは学説でも争いがあるので、あったという人は、明治以後東大などで外人教師が奴隷のあつた自国の歴史を教えたので、教え子たちは一生懸命日本史のなかに奴隷を探しました、その流れを受け継いでいる人々です。古代史にある奴婢も奴隷かどうか争いがあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございました。

異国との戦いや異民族との戦いの経験の乏しい日本人には
奴隷という概念も発想もなかったのでしょうね。

大阪夏の陣で起こったことは
一時的なもので本来人間が持っている嫌な面が
でたのでしょうね。

お礼日時:2008/06/26 20:30

奈良時代に発布された「大宝律令」の頃には、#4さんのおっしゃる「奴婢(ぬひ)」という奴隷がはっきりと登場しています。



質問者さんも、大宝律令の「班田伝授法」というのを授業で聞かれた事があるでしょう?
6歳以上のすべての男女に、ある範囲の田を与え、死んだら返すというシステムの物です。

すべての男女とありますが、これは、「良民(りょうみん)」と呼ばれるあくまで戸籍のあるすべての男女・・・奈良時代には、貴族も含めて600万人くらいいたそうです。

その下に、戸籍の無い「賤民(せんみん)」と呼ばれる人たちがいましたが、その賤民にも、「家人(けにん)」と「奴婢(ぬひ)」とがいて、家人は、奴隷のように働かされはするものの、一応、家族で暮らし、一つ所で農業に従事する事ができましたが、奴婢は、生まれたその日から売買の対象となり、家族と暮らす事も許されていなかったそうです。

こういった制度は、頂点の支配者が変わるとともに、一旦は廃止されますが、#3さんのおっしゃる通り、形を変えて生き残り、幼い子供が身売りして奉公するというのがなくなるのは、太平洋戦争の後になってからです。
NHKで「おしん」というドラマがあったのはご存知ではありませんか?
http://www.nhk.or.jp/archives-blog/2008/06/oshin …

昨日のテレビでやっていた戦国の頃の奴隷は、フィリピンやタイなどの東南アジアに売られる事もあったようですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本の場合は、欧米人がやった奴隷のように
鎖にしばりつけてではない
緩やかな健全な労働者として使役したのですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/06/26 20:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本における奴隷制度

江戸時代には賎民という身分こそありましたが、幕府は制度としての奴隷・奴婢の制度や人身売買を否定していたようです。日本でも律令時代には奴婢の制度がありましたが、その後かなり早くから制度としての奴隷制は廃止されていたようです。
西欧諸国や中国・李氏朝鮮には近世になっても奴隷制度はまだあったと思います。
人身売買の実態は別として、なぜ日本は奴隷制度を早くから否定していたのでしょうか?
お考えを伺えれば幸いです。

Aベストアンサー

日本の制度上では、奴婢(ぬひ)が律令制の下に存在しましたが、公奴婢と私奴婢に別れていました。

公奴婢は朝廷に仕え、雑務に従事していて、66歳を過ぎると官戸に組み込まれ、76歳を越えると良民として解放されたようです(当時のことを考えるとこの年齢まで生きた人が何人いたのやら・・・)。8世紀頃には解放して今良民(ごんりょう)として畿内の諸役所に編入されたようです。
私奴婢は良民の1/3の口分田が支給されたようですが、豪族に所有され代々相続されていました。
律令制自体が平安時代の後半に機能しなくなってきた結果、10世紀初めの延喜年間(901‐923)にいたり全面的に廃止されました。

その後、身分が制度的(法的)に確定されるのは江戸時代になります。
江戸時代では、幕府は人身売買を禁じていますが、年貢上納のための娘の身売りは認め、性奴隷である遊女奉公が広がっています。また、前借金に縛られ拘束を受けて労働や家事に従事する年季奉公制度が生まれています。こうした制度は明治・大正・昭和と続き、第二次世界大戦前まで続いています。

こうして見ると、奴隷制度が日本になかったと言うのは、広義の意味では間違いだと思います。

農業生産における基本的制度としての奴隷制度は、江戸幕府や明治政府は農民からの税収が中心でしたので「奴隷が増える=税収低下+所有者の利益増大」になりますので、忌避していたのだと思います。税収の安定的確保の為に、年貢を納める自作農(良民)の数を増やす政策が行われています。

そう言う意味で、アメリカやロシアは国家が税収を直接農民からとる形の税制ではなく、また地主階級の勢力が強かった為に農奴制度や奴隷制度が生まれたと考えられます。

日本の制度上では、奴婢(ぬひ)が律令制の下に存在しましたが、公奴婢と私奴婢に別れていました。

公奴婢は朝廷に仕え、雑務に従事していて、66歳を過ぎると官戸に組み込まれ、76歳を越えると良民として解放されたようです(当時のことを考えるとこの年齢まで生きた人が何人いたのやら・・・)。8世紀頃には解放して今良民(ごんりょう)として畿内の諸役所に編入されたようです。
私奴婢は良民の1/3の口分田が支給されたようですが、豪族に所有され代々相続されていました。
律令制自体が平安時代の後半に...続きを読む

Q宣教師が日本人を奴隷として売り払ったのですか?

歴史に無知な者でございます。

今まで、聞いたことが無かったのですが、キリスト教の宣教師が日本人を奴隷として拉致・連行し、外国に売り払っていたという話を耳にはさみました。

これは歴史上の事実ですか?  
それとも、キリスト教嫌いの人が捏造した作り話なのでしょうか?

あるいは、キリスト教宣教師と緊密な関係を築いてた南蛮商人が独自に奴隷貿易を実施しただけで、宣教師は日本人の奴隷貿易には一切関与していなかったのでしょうか?

私が学校教育を受けた時代は、アメリカ人やキリスト教徒に遠慮しなければならない時代で、第二次大戦中に国際法違反で非人道的な原爆を投下したキリスト教徒たちを糾弾することもありませんでした。そんな時代の教育でしたので、キリスト教徒や南蛮商人が日本人を奴隷として輸出していたなど、キリスト教徒に失礼になる事実は教えてもらえなかったのかもしれません。

しかし、現在はアメリカによる占領は終わり、キリスト教を特別に崇める必要もない、自由な良い時代になりました。

今の時代になったからこそ、歴史の真実を知っておきたいと思います。

戦後の検閲教科書に書かれていない歴史の事実をご存じの方から、教えていただけるとありがたいです。

歴史に無知な者でございます。

今まで、聞いたことが無かったのですが、キリスト教の宣教師が日本人を奴隷として拉致・連行し、外国に売り払っていたという話を耳にはさみました。

これは歴史上の事実ですか?  
それとも、キリスト教嫌いの人が捏造した作り話なのでしょうか?

あるいは、キリスト教宣教師と緊密な関係を築いてた南蛮商人が独自に奴隷貿易を実施しただけで、宣教師は日本人の奴隷貿易には一切関与していなかったのでしょうか?

私が学校教育を受けた時代は、アメリカ人やキリスト教徒に遠慮...続きを読む

Aベストアンサー

16世紀の南蛮貿易というのは一般には

東南アジア交易圏に南蛮人も参加するようになった
と、ご理解ください。
南蛮人が来る前と来た後で交易の構造はそれほど大きく変わっていない。
商材として鉄砲が加わった
※ ちなみに日本にもたらされた鉄砲も西欧から持ってきたのではなく、東南アジアで製造されていたものがもたらされています。

人間を商材にすることは、世界中どこでも行われてきたことです。
この際に、人間を確保するのは現地の権力、交易の主体になるのは交易業者となります。
※ アフリカの奴隷貿易も人間確保はアフリカの現地権力です。

後期倭寇における禅僧の位置づけは、南蛮貿易におけるイエズス会士である。

ということで、他の方へのお礼の中の文章になりますが「まとめ」ということで書かれている文章に関して。

1.奴隷の調達は日本人がやっていた(奴隷狩り)。キリシタンは直接の奴隷狩りには手をださなかった。
※ 手を出さなかったのではなく、手を出せなかったと考えるのが妥当かと

2.奴隷売買は日本人の奴隷商人がやっていたことであるが、鎖国時代であったため国内売買だけで、輸出はできなかった。
※ 江戸時代に入って日本人の海外渡航禁止令がでるまでは、奴隷交易に参加していたと推測するほうが妥当かと。


3.日本人の奴隷商人から奴隷を購入したキリシタンの奴隷商人が独占的に日本人奴隷を貿易することができた。
※ この判断はできない。

4.世界各地のポルトガル人の街で日本人奴隷が観察され、レポートされているが、輸出された日本人奴隷の人数は定かでない。
※ メキシコはスペイン領ですので、ポルトガル人の街と限定する必要はないかと。

16世紀の南蛮貿易というのは一般には

東南アジア交易圏に南蛮人も参加するようになった
と、ご理解ください。
南蛮人が来る前と来た後で交易の構造はそれほど大きく変わっていない。
商材として鉄砲が加わった
※ ちなみに日本にもたらされた鉄砲も西欧から持ってきたのではなく、東南アジアで製造されていたものがもたらされています。

人間を商材にすることは、世界中どこでも行われてきたことです。
この際に、人間を確保するのは現地の権力、交易の主体になるのは交易業者となります。
※ アフリカの奴隷貿...続きを読む

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Q韓国人が一発で黙る歴史の真実

東アジアでは昔から「王」は「皇帝」の家来です。
従って朝鮮王と名のることは中国皇帝の家来ですと宣言することです。(日本は天皇がいた。)
このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

Aベストアンサー

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、李氏朝鮮は明や清に朝貢、冊封していた事は認めています。
もし、そう言う認識が韓国に無いのならばこのドラマを作った監督は韓国マスコミや民衆に袋叩きになっていると思います。

中国に対しても韓国5000年の歴史と大統領が発言したりして中国より歴史があると言ったりしています。歴史観でほんの少しでも日本寄りの発言をすると韓国メディアや国民から袋叩きにあって社会的に抹殺されます。
それがソウル大学の教授でもですよ!
まだ、社会的な抹殺で殺人でないだけ良いですが…
(添付YouTubeを見てください)

韓国の有識者は日本併合(植民地)時代の本当の歴史等を知っているとは思いますが全体としては臨時政府などと言い方を変えたり、テロリストを反日であれば英雄にしてしまうように都合のいい歴史観にしています。
考古学的に何の検証もしていない神話レベルの話で韓国5000年の歴史と大統領が発言してもはばからない国です。
現在は日本は、歴史は歴史で神話とは別というのが日本人の共通認識のはずですが韓国人がどこまで区別しているのか、全く分かりません。

何せ、韓国では日本は悪でなくてはならない国であり、韓国は常に正義であり善であると教えている国です。
今の韓国には日本人が何を言っても逆なでする事はあっても肯定する人はなく無駄な気がします。
多少の隠れ親日派は作れるかもしれませんが公に口にする人はいないと思います。
韓国で権威のある歴史学者、大学の教授の発言でも親日でなくとも日本を少しでも擁護する内容であれば叩かれます。

李氏朝鮮末期の記録は欧米の記録や写真などが多少なりとも存在しています。
そう言った物、資料を直視する韓国人は少ないのです。
今の韓国と日本で歴史観を埋めようとしても一方的に韓国の歴史観を押し付けられるだけです。
今のうちに、そう言った客観的な資料を集めておくとか、日本、中国の文献を集めておくとか準備しておくくらいしかないと思います。
あまり人の事を言える立場では無いですが慰安婦問題なら「韓国軍のベトナム人大虐殺」「米軍慰安婦」とかで対応するしかない。

添付YouTubeでも言っているように
韓国とは暫く距離を置いて付き合うのが無難だと思います。

【日韓問題】 韓国人から見ても異常な…韓国人ブロガー・シンシアリー氏 .
↓↓(YouTube)

https://www.youtube.com/watch?v=cluHbI5i7gU

失礼な表現、記載、誤記等ありましたら済みません。

>このことを韓国人に教えてあげれば韓国人は黙るしか無いと思いますがどうでしょうか?

私も激しくなる事はあっても黙らないと思います。
まず、李氏朝鮮は古くは明、後に清に冊封していた事は明らかです。
韓国でどういう歴史を教えているか知りませんが
嘘の多い韓国の大河ドラマですが「チャングムの誓い」「イ・サン」「トンイ」で世子(セジャ・次期朝鮮王)、世孫(セソン)を世継ぎとして明や清に認めてもらうと言う場面が多々あります。
少なくとも、...続きを読む

Q白人はどうして黒人を差別するのでしょうか?

アメリカで黒人が白人に差別されたと
デモや暴動が起きているそうです。

どうして白人は黒人を差別するのでしょうか?

日本では、ボビーオロゴンやビリー隊長とか
大人気だし。野球でも黒人が大人気なのに
どうして差別されちゃうのでしょうか?

私にはどうしても分からないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人系アメリカ人とはその立ち位置は大きく違います。
 アメリカでの黒人差別は様々な要素が複合的に絡まりあって成立しています。差別の原因となっている要素を幾つか列挙してみます。

・歴史的経緯
かつて白人は黒人をアフリカ大陸から連れ出し(多くの場合、奴隷化したのは現地のアフリカ人達なのですがややこしくなるので割愛します)奴隷として過酷な労働条件で使役してきました。これを根源的な原因として加害者だった自分達白人を黒人は憎悪しているのではないかと考え、それ故に黒人との共存や黒人の社会進出を苦々しく思う白人は常に一定数存在します。

・社会階層的経緯
多くの黒人系アメリカ人は依然として貧困層であり充分な社会進出を行えていません。白人全体における犯罪経験者の割合と黒人のそれを比べるのであれば前者が明らかに高い数値を示すでしょう。その黒人は非文化的で危険であるというイメージが一部のメディアによって増幅され、それに強く感化されてしまう白人が人種差別に走り、さらにそれがイメージに輪をかけるといった悪循環がアメリカ社会には存在します。

・文化的経緯
同じかつての黒人奴隷を導入した国でも南米などでは人種の混合が進み、人種差別などそもそもどれを差別すれば良いのか解らない程複雑になっている国もあり、これらの国では当然人種差別は殆どありません。
 これとは違いアメリカでは人種・文化の混合が行われませんでした。原因については不勉強なのでなんともいえませんが(カルバン主義やアングロサクソンの島国根性が関わっているのかもしれません)、一部の白人にとって黒人が“同じアメリカ人”では無く“国内に居住するよそもの”的な存在になってしまった事は否めません。

 まずアメリカは国土が広大で地方分権も進んでいるので地方によって人々の考え方が大きく異なり、アメリカと一口に言っても州や地方によって差別の現状は大きく異なる事と、アメリカにおける人種差別をもって白人全ての人種差別を語る事はできない事を申しあげておきます(北部ヨーロッパやイベリア半島では人種差別差別はまた違う様相を呈しています)。
 それとビリー・ブロンクスは大学教育を経て社会的に成功している黒人で、ボビー・オロゴンはナイジェリアの富裕層の出身です。一般的に差別を受ける黒人...続きを読む

Q夫が部落出身である可能性が高いです

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセールスで度々来ていました。
母は時々物を買っていて、私と知り合う2年前から夫を知っていました。
その間、彼氏がいなかった私の写真を見せていたのは知っています。よく母から、「面白いお兄さんがいて○○(私)に会ってみたいと言っているけれど、どうする?」と言われており、その一年後に初めて3人で食事に行きました。
付き合いはそこからです。
付きあってから度々悩まされたのは、他人に対して暴言を吐いたり道路の真ん中で車を止めて怒ったりすることでした。
(先日も駐車場の枠外にとめていた車の人に暴力団のような言葉を吐いていたので知らない顔をして子どもと逃げました。)
私にも暴言や暴力(年に数回)があり、何度も別れようと思ってきました。
しかし、夫にも優しい所があり、初めての人でしたので夫がすべてだという気持ちがあり、結局結婚に至りました。
何かがおかしいと思ってきたのは結婚してからのことです。
毎週夫の実家に行くごとに義父母から親戚の職業を耳にしてきましたが所謂部落の方が多い職業についており、部落の方と結婚している人がとても多いのです。
また、義父は自営業をしていますが暴力と酒癖が悪く部屋中のものを壊したり、年に数回は義母の顔にあざができるほど殴るので本当に恐ろしいです。
本人たちの口から「部落」という言葉は結婚してからは何度となく聞いていますが、自分たちは違うというニュアンスで話してきます。
差別があるから夫のいとこは子供をつくらないし、結婚もしないとも聞かされてきました。
私が少し調べた結果は義父が部落出身のようです。
調べるきっかけとなったのは私の職場に夫がやくざまがいの電話をしてきたことでした。
それは、私の仕事用携帯に職場の男性のアドレスがあっただけのことでした。私的なメールは一切しておらず、上司から同僚まで全ての電話番号とアドレスが入っています。
夫はそれを浮気だと勘違いして、会社に怒鳴りこみの電話をしてきました。しかも妊娠初期の事でした。
その後出産の為辞めることとなりましたが、会社の上司から夫のことをかなり詳しく聞かれた上でそれとなく言われました。
本当にショックで血の気が引きました。
その後、義父母や夫がよく口にする地区をネットで検索してみると、全て部落に当てはまる地区で自分が住んでいる地区も昔はそうだったと知りました。
本当にショックでした。
冒頭に「悔しい」と書いたのは騙されたと感じるからです。
結婚前に夫の性格や暴力のことで母や親戚から反対されながらも結婚を選んだのは私です。
でも、墓場まで持って行こうとした夫が許せません。
私に話していたら結婚は迷ったかもしれない。
でもきっと結婚していたと思うんです。
それなのに純粋な気持ちでずっと夫を思ってきたのに隠し通そうとしている夫は裏切り者です。大嘘つきです。
夫を許せません。
結婚するまでは部落の人がいるのかどうかも知りませんでした。そして、部落が何かもよくわかりませんでした。
しかし、少しずつ勉強したり地区や周りの人間を見ていく中で分かったことがあります。それは差別する人間だけが悪いのではなく、差別される側にも問題があるということです。
義父や夫の親戚の会話は人間の血が通っていなくて、私にはとても理解ができません。酷い言い方かも知れませんが、気が狂いそうになるほど見ず知らずの他人を悪く言ったり暴言を吐きます。
私が言われることもあります。
今、人生にとても悩んでいます。こどもが小さいので母子家庭は厳しいかもしれませんが、穏やかな暮らしがしたいです。
夫とも義父母とも一切の縁を切ってこの土地からも逃れたい・・普通の考えをした人間と関わりあって生きたい。これが正直な気持ちです。
簡単にはいきませんが、何も考えずに生活しようとしても夫や義父が何か言動を起こす度にうんざりしている自分がいます。
まとまりの無い文章ですみません。
経験談やアドバイスなど、皆さんの考えをお聞かせ下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。
最後まで読んで下さってありがとうございました。

悔しくて夜も眠れずこちらに辿り着きました。
(理解していただきたいので内容が細かく、長いです。申し訳ありません。)
出会った当時私は学生で、夫は県外の人間でしたが仕事の為に都心部に移り住んでいました。
結婚して4年です。子供が一人います。
夫が実家近くに転職したので、今は夫の実家の近くに住んでいます。
私は3人姉妹の末っ子で、父が中学生のときに亡くなったので母親に育てられましたが、祖父母が会社を経営していたので何一つ不自由なく育ちました。
出会った当時、夫は実家にルートセ...続きを読む

Aベストアンサー

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませんしね。

この事案からまったくかけ離れた所で生活している物が
当事者に対して簡単に「差別はいけません」とは言い難いです。

関わった物の苦しみは関わった者しか分かりませんね。

輪の中に身を置くという事で、私は単なる個人の人格だけの
問題でもない気がします。

生活の環境と言う物は、個人の主観に大きく影響します。

周りを取り囲む人々が同じ価値観で接してくれば、少なからず
感化されますからね。

さて、問題は今後ですよね。
離婚されるなら身を隠す必要があると思いますよ。

今までの言動・行動を見ても旦那様自身がこの事をかさに
人を威圧する性格が見受けられます。
そういう境遇が持たしたら性格かもしれませんが、実際問題
多少危険である事は覚悟する必要があると思います。

出来れば御実家のご両親にもきちんと相談されて、考えうる
対応を模索しておく必要があると思います。

それでも先を考えれば、行動する価値は十二分にあると思います。
今は×1も珍しくありません。
心穏やかな生活が迎えられると良いですね。

難しい問題ですね。 差別する事はいけない事だと倫理を
説いても、実際にはいろんな形で区別されている事も事実。

自分がその立場に立った時に、つゆほども気にせず過ごせるか?
と聞かれると自信がありません。

普通に・・・・と言う気持はよくわかります。

昨今は、まだ昔ほどの差別はないにしても、中には未だに
違った目で見る人がまだまだいる事も確かです。

そのうえ、いろんな事件が世間を騒がせますから、この事が
表だって知られるようになれば、なにがしかの弊害はあるやも
しれませ...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qユダヤ人はどうして嫌われているのでしょうか?

映画「ホテル・ニュー・ハンプシャー」で、
「このホテルにユダヤ人がいるんじゃあるまいな」という
発言がありました。
シェイクスピアの「ベニスの商人」もユダヤ人です。
チャップリンの初期の映画にもユダヤ人をばかにする人種差別的ギャグがあるそうです。
ヒットラーにも嫌われました。
どうしてユダヤ人は嫌われるのでしょうか?
イエス・キリストがユダヤ人なのですが、白人はそう思ってないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様です。気をつけたいものです)。

さらには独自コミュニティを形成してそれを崩そうとせず、あくまで頑なにユダヤであるということを固持してきました。
これは、キリスト教という緩やかなつながりでつながっていた西ヨーロッパ圏では、ユダヤという存在は異端という点がその場に存在しているようなものです。
日本でもそうですが・・・自身たちとは違う風貌、習慣を持つ人は少なからず煙たがられる傾向があります。
さらには、銀行業などの当時「卑しい」とされていた職業で設けていました。余所者に自身たちの金を吸い上げられるのですから、決して面白いわけはありません。

もう一つが、政治的要因。
政治で、国民の不満をそらす方法に、悪役をつくる、というのがあります。
簡単に言えば、こじつけでも「~が悪い」というのをつくれば、そこに国民の不満がいきますから、政府とかそういったお上に攻撃がこなくなります。
で、ユダヤはキリストを十字架送りにしたというのがありますから、非常に悪役に仕立てやすいのです。上に書いた民族的な特徴も仕立てやすい理由です。

大体、嫌われる、あるいは嫌われている人、民族には共通項があります。
1.お金にうるさい(理由はともあれお金をためる人全般)
2.異文化的である。または異文化の性質を強く持っている
3.異郷の地でがっぽり稼ぐ人
4.郷に入らば郷に従えを実践しない人
5.自分たちのほうが偉いと少なからず思っている人
などなど・・・
ただ、こうやって見るとわかるように、どこぞの民族も似たようなことをやっています(車をアメリカで売りまくって、ご当地の車会社から白い目で見られたりする国です。まあ、いまはあまりやらないのかな・・・?)。
結局、嫌われる民族か、そうでないかというのは、ある意味紙一重なところがあります。
ユダヤが嫌われているのは、これらを満たしてしまっているせいと、国を持たなかったという地政学的悲劇のためと考えています。

いくつかありますが・・・
ユダヤ教の中における考え方に「選民思想」があります。簡単に言えば自分たちが優勢人類だ、という代物なのですが・・・
これをもっている民族はたいがい他の民族と仲良く出来ません。
理由は簡単です。本来同等の立場であるにもかかわらず自分たちのほうが上であるという態度を取っているのですから、嫌われるのはある種当然といえましょう(この選民思想に近い思想を持っている民族はすべからく嫌われています。このごろは減りましたがまだそういったのを持っている日本人も同様で...続きを読む

Q日本の金、銀は枯れたの?

黄金の国ジパングとか言われた時代もあったくらいに昔は採掘されたてのですか?

それらは今はほぼ枯れたのですか?

今からはイメージ出来ません

Aベストアンサー

金鉱脈がどう生成されるかに付いては色々な意見が有ります。
最近有力な説は次の様なものです。
マントルの高熱で地下深くに閉じ込められた水が高温高圧になり、
それにイオン化した金が溶け出す。
この金イオンを含む高温高圧熱水が地層中の割れ目を通り地上に出る
過程で減圧冷却され、金として岩石中に析出し、金鉱脈が生成される。

火山国で地震国である日本には、当然金鉱脈が多く、それも比較的
地表に近い所にあります。見つけ易い所にあるわけです。
これを探して採掘していたのが、戦国時代から江戸時代末までの状況です。
当時の技術で見つけることができ、掘り起こせる範囲の金はほぼ取りつくされて
しまいました。あらゆる大名が自領地を掘ったわけですから。

現在は金鉱脈生成の過程も解明され、地質学的知見も深まり、探索
技術も進歩し、世界的な金鉱脈が日本で続々と発見されています。
一番有名なのは、鹿児島の菱刈鉱山(住友金属鉱山)ですが、
大分県九重、山形県大峠、北海道東部(釧路周辺)にも金鉱脈が
発見されています。
下記URLの【黄金の国ジパングは復活するか】を見てください。
http://www.iforum.jp/okuchika/t5713.html

菱刈鉱山の金品位は世界屈指ですが、他の鉱脈もそれに劣らない
と言われています。

さて、これ程の金鉱脈を持ちながら日本での生産は何故菱刈だけなのか
は次の理由からです。
掘って生産量を挙げても金相場が下がるだけで住友金属鉱山には
投資に合うメリットは無いのだそうです。それで現在の菱刈が枯れたら
次の鉱区を開発する予定だそうです(直接聞いた話)。
金鉱脈発見ラッシュから20年以上も経つのに、菱刈はまだ枯れそうも
ありません。

例外的に、日本政府が金本位制への復帰を宣言し住友金属鉱山から
増産分の金を定額で買う、住友金属鉱山が経営不振に陥り金の増産を
行わざるを得なくなる、等が起れば日本は再び「黄金の国ジパング」
に成るかもしれません。
現在は「赤金(借金)の国ジパング」です。

金鉱脈がどう生成されるかに付いては色々な意見が有ります。
最近有力な説は次の様なものです。
マントルの高熱で地下深くに閉じ込められた水が高温高圧になり、
それにイオン化した金が溶け出す。
この金イオンを含む高温高圧熱水が地層中の割れ目を通り地上に出る
過程で減圧冷却され、金として岩石中に析出し、金鉱脈が生成される。

火山国で地震国である日本には、当然金鉱脈が多く、それも比較的
地表に近い所にあります。見つけ易い所にあるわけです。
これを探して採掘していたのが、戦国時代から江戸時代...続きを読む

Q韓国は王朝時代の階級社会の影響が今もあるのですか?

日本でも昔、士農工商など階級制度がありましたが、韓国も王朝時代は階級が何段階もあったことをドラマなどで知りました。

このような階級社会は、現代の韓国でも残っているのでしょうか?

それとも過去の遺物としてなくなっているのでしょうか?

すみませんが、お教えくださいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

 ザックリ言って、昔の貴族階級を「両班階級」と言いましたが、いまでも韓国人はすさまじく詳細な家系図「族譜」を作り、自分たちの一族が両班階級であること、つまり階級社会であったころの話を何時までも自慢にしています。

 その一端が、夫婦別姓です。

 日本では、田中さんと佐藤さんが結婚したら、夫婦の姓は田中にしてもいいし佐藤でもいいわけです。しかし韓国でも北朝鮮でも、例えば「金」という姓の男と、「朴」という姓の女が結婚しても、金さんは金さん、朴さんは朴さん。変わりません。

 半可通(はんかつう)は、韓国の夫婦別姓を、欧米的な「男女平等思想の現れ」だと誤解していますが、「よその族の女ごときを、わが、名誉ある一族に加えて、我が族名(姓)を名乗らせるわけはにいかない」ということで、別姓なのです。

 考えようによっては、女性蔑視ですし、考えようによっては「他姓蔑視」です。それだけ階級社会を引きずっているということ。

 また、先日の船の沈没でも、某大臣が被害者家族を見舞いに行ったとき、事前に「○○大臣"様"がいらっしゃいました」と家族に伝え、敬意を表するよう求めたそうです。今でも官僚様(元両班)は、庶民・ヌヒより偉いという発想が今も残っているという証拠。

 また、韓国の大統領は王様と同じような絶対的な権限を持っていて、それを奇異なこととは考えないこともその1つ。

 さらに、昔は出世した一族の誰かに一族全員がよりかかって(寄生して)暮らしたように、いまは大統領に寄りかかっています。それが、親子親族による汚職となり、大統領が離任して前職になると、その前大統領が逮捕されたり自殺したりする原因になっています。

 そんなこんなの、昔の階級制の遺物、遺制が今でもたくさん残っています。


 韓国の王朝ドラマを見ていると、王様の下した王命が気に入らないと、重臣一同が王の居室の前に並んで、一番の重臣が「王様、・・・ で承服できません。王様、お考え直し下さい」というと他の重臣たちも声をそろえて「お考え直し下さい」、また一番が「王様、お考え直し下さい」というと、他が声をそろえて「王様、お考えなし下さい」というのを延々と続けるシーンが、度々、そして複数の王朝ドラマで出てきます。

 あれを見ていると、

 「IOC様、キムヨナが1位でないのは承服できません。IOC様、お考え直し下さい」、一同「IOC様、お考え直し下さい」、「IOC様、キムヨナが1位でないのは承服できません。IOC様、お考え直し下さい」、一同「IOC様、お考え直し下さい」、というのを延々と、相手がうんざりするまで、やるやるやる。閉口したIOC様?がルールがキムヨナ有利に変えたので、今、韓国は大喝采らしいです。

 領土主張の旗の問題で免責を求めた時も、慰安婦の問題でも、とにかく相手がうんざりするまで、声を揃えてシュプレヒコールを繰り返す繰り返す繰り返すというのは、階級社会以来の遺制なんだな、と思えます。
 

 ザックリ言って、昔の貴族階級を「両班階級」と言いましたが、いまでも韓国人はすさまじく詳細な家系図「族譜」を作り、自分たちの一族が両班階級であること、つまり階級社会であったころの話を何時までも自慢にしています。

 その一端が、夫婦別姓です。

 日本では、田中さんと佐藤さんが結婚したら、夫婦の姓は田中にしてもいいし佐藤でもいいわけです。しかし韓国でも北朝鮮でも、例えば「金」という姓の男と、「朴」という姓の女が結婚しても、金さんは金さん、朴さんは朴さん。変わりません。

 半可...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較