AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

今、美肌目的の為ににんじんジュースを毎朝飲んでいます。
そのおかげか、お肌の調子も良いと感じているのですが…先日ネット上で同じく毎日にんじんジュースを飲んでいる方が肌が黄色くなってしまい元に戻らないという意見を拝見しました。
その方の摂取量は存じ上げないのですが、毎日飲むことはカロチンの過剰摂取になってしまうのでしょうか。
当方自身も指先や足の裏など、少し肌が黄みがかっているのがコンプレックスなのでさらに黄色くなるということだと飲むのを止めるか、青汁に切り替えるか、あるいは日替わりで青汁と交互に飲もうかなと考えているのですが…。
ちなみに当方のにんじんジュースのレシピは
にんじん50g(にんじん大の3分の1程度)をレンジで加熱したものと、りんご6分の1、豆乳150cc、レモン汁小さじ2杯、氷2個をミキサーで混ぜたものです。
実際に肌が黄色くなってしまった方、こういった飲み方がオススメなどご意見をお聞かせいただけたら幸いです。
どんな些細なことでもよろしいのでご回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 参考URLは、私自身が一昨年に立ち上げた質問ですが、人参ジュースや野菜ジュース、ミカンなどのかんきつ類の食べすぎで、肌が黄色くなることがあることはあるそうです。


 私の場合、独り者で普段から野菜不足が気になっていたため、900ミリリットルのペットボトルの野菜ジュースや人参ジュースを1日で飲み干すほど摂取していました。
 そのため、職場の同僚から黄疸と間違われ、一時は大騒ぎになったものでした。
 本当に黄疸なのか、カロテンを含む食品の過剰摂取で肌が黄色くなっているかの見分け方として、眼球の白目が黄色く染まっていないか、尿の色が濃くなっていないかで、ある程度の見分けが付くそうです。
 正確には、医療機関で血液検査をしてもらって、血中ビリルビンの値が1以下なら正常ですが、実際には3くらいにならないと、皮膚の色を見て黄疸とわかるくらいにはならないそうです。
 なお、先日、NHKの「おはよう日本」の1コーナーである「まちかど情報室」では、一般の鏡は、ガラスに含まれる鉄の成分などの影響により、黄色みを帯びて映し出されることがあるそうです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2217966.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます!
blue5586p様のご意見を参考に少し様子を見てみたいと思います。
また、総合病院に行く機会があるのでお医者様にもそういった体の変化が出てきた場合は診てもらいたいと思います。
大変参考になるご意見本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/07/01 13:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野菜ジュースを飲みつづけていたら、肌の色が…

肌が黄色くなってきました。(全身まんべんなく)

よくみかんの食べすぎで黄色くなるといいますが、
半年前くらいから2ヶ月位ほぼ毎日100%みかんジュースを飲んでいました。
それで大分黄色くなり、飲むのをやめました。

その後、野菜ジュースをほぼ毎日(カゴ●や伊●園の、1日分の野菜がとれるタイプのものや、野菜●活100など)をのんでいるのですが、
ますます黄色くなったようです…。

野菜ジュースを飲み続けると肌が黄色くなる、ということはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

それは柑皮症というやつです。
といっても別に病気じゃないのでしばらく飲むのをやめれば落ち着きますよ。

十分に栄養が摂れている証拠です。要するに体の各器官で栄養が満たされて余った分が肌に上がってきている状態です。(トマトのリコピンとか人参のβカロテンとかの色素です。)
同じ野菜ジュースを飲んでいてもタバコやストレスによってビタミンが消費されて肌にまで行かない人が多いんですけどね。

とりあえず頻度を減らせばいいと思いますよ。

ちなみに黄疸であれば白目も黄色くなります。目が白いままなら黄疸ではありません。

Q血中ビリルビン値が正常で黄疸

 40代男性です。
 先日、職場の同僚から「お前、顔が黄色いぞ」としきりに言われるようになり、私自身は、確かに数日前から黄色みを帯びているかな、とは感じていましたが
眼球結膜(白目)、尿や大便は全く正常で、さらに私は、野菜ジュースを毎日飲んでいるため(現在はコップ1杯/日程度ですが、以前は900ミリリットルボトルを半本~1本/日くらい飲んでいました)そのため黄色くなったのだろうとしか考えていませんでしたが、あまりにも頻繁に言われるため、先日病院を受診しました。
 血液検査と腹部CTの検査をしましたが、CTでは
肝臓の血管が太くなっている傾向があるが、特に異常は見当たらない、最初懸念されたガンを含む腫瘍などで胆管がふさがっている可能性もないとのこと、そしてなにより疑問なのが、血中の総ビリルビンが0.8
と正常値であること、主治医の先生も「確かに皮膚は黄色いが、これでは黄疸とは言えない」と、首を傾げておられました。
 このように、ビリルビン値が正常でも、黄疸が現れることはあるのでしょうか。
 なお、他の検査項目では、肝機能の数値が正常値よりやや高くなっているが、特に問題にするほどではないとのことでした。

 40代男性です。
 先日、職場の同僚から「お前、顔が黄色いぞ」としきりに言われるようになり、私自身は、確かに数日前から黄色みを帯びているかな、とは感じていましたが
眼球結膜(白目)、尿や大便は全く正常で、さらに私は、野菜ジュースを毎日飲んでいるため(現在はコップ1杯/日程度ですが、以前は900ミリリットルボトルを半本~1本/日くらい飲んでいました)そのため黄色くなったのだろうとしか考えていませんでしたが、あまりにも頻繁に言われるため、先日病院を受診しました。
 血液検査...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
おそらくカロチンの取りすぎによる柑皮症ではないでしょうか。
昔は蜜柑を食べ過ぎてまっ黄色になって病院に駆け込む人が結構いたので、そういう病名になってますが、全く病気ではありません。

これだったとすると、ジュースを止めても色があせるまで少しかかるでしょう。

Qカロチン過剰摂取?

カゴメの「野菜一日これ一本」という野菜ジュースを毎日1本(又は2本)(1年ぐらい)飲んでいたら、しらないウチに身体が少し黄色っぽくなっていて、調べてみたらどうやらカロチン過剰摂取(カロチン血症?)ではないかと思いました。(黄疸とも思ったのですが、眼球の白色部が黄色になっていなかったので・・・)
そして次はカロチン過剰摂取とかで調べてみたんですが、無害だとか発ガン性がUPするとか色々書かれていてどれが正しいのかよくわかりませんでした。
そこで、詳しくわかる方がいらっしゃいましたら教えてください。
本当にカロチン過剰摂取なのか?
カロチン過剰摂取すると危険なのか?
治すにはどうしたらよいか?
etc・・・
よろしくお願いします。

参考)http://www1.kagome.co.jp/cgi-bin/products/search.cgi?A=8482

Aベストアンサー

hassigoldと申します。薬剤師です。
専門で衛生薬学(栄養学)も教えているので回答します。

結論から申し上げますと、柑皮症です。

柑皮症はβ-カロテンの過剰摂取に起因しますが、
肌が黄色くなるほかは、主だった有害事象は無いので
安心してください。

油溶性ビタミンとして知られるビタミンAには
催奇形性、脳内圧亢進などの重篤な副作用がありますが、
ビタミンAの前駆物質であるβ-カロテンには、
このような症状は見られません。

β-カロテンは
『体内のビタミンAの不足に応じてビタミンAに変化する』
という、非常に面白い性質を持ち、
上記のように、有害な過剰症はありません。

が、しかし、柑皮症が確認されるまでの摂取は
明らかに摂り過ぎだと思いますので、
摂取を抑えてはどうでしょうか?

ちなみに、私の知っている範囲では
β-カロテンには抗酸化作用があり、
発がんを抑える作用があることが認められていますが、
発がん性がUPするというのは始めて聞きました。

教科書レベルでも、発がんを抑えること
が記述してあるので、
気にしなくて良いかと、思います。

参考URL:http://www.nms.co.jp/uso/uso51.html

hassigoldと申します。薬剤師です。
専門で衛生薬学(栄養学)も教えているので回答します。

結論から申し上げますと、柑皮症です。

柑皮症はβ-カロテンの過剰摂取に起因しますが、
肌が黄色くなるほかは、主だった有害事象は無いので
安心してください。

油溶性ビタミンとして知られるビタミンAには
催奇形性、脳内圧亢進などの重篤な副作用がありますが、
ビタミンAの前駆物質であるβ-カロテンには、
このような症状は見られません。

β-カロテンは
『体内のビタミンAの不足に応じてビタミンA...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Qニンジンジュースは野菜の代わりになりますか?

私の近所はニンジンの産地ですので安くて新鮮なニンジンが手に入ります。
先々月あたりから、この地元のニンジンをジューサーで絞ってジュースにして飲んでいます。
基本的にはリンゴも加えていますが、ニンジンだけのときもあります。それでも美味しいです。

1日に緑黄色野菜を350グラム以上摂りなさいと言われておりますが、ニンジンジュースだけで1日400グラムぐらいは摂っています。しぼりカスは捨てています。

この生のニンジンジュースは野菜の代わりになるでしょうか?
しぼったカスは捨てているので植物繊維などは摂れないと思いますが、それでも野菜の代わりになるでしょうか?

ジュース以外の野菜としは、主にホウレンソウを温野菜として多く摂っています。緑黄色野菜とは違いますが、キノコ類も多くとっているつもりです。1日に摂る野菜の量は多い方だと思っているのですが、ニンジンジュースが野菜の代わりになれば非常に多い野菜の摂取量になります。

そのあたり、ジュースにしてしまうとどうかなと思って質問させてもらいまいした。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは、栄養士です。

ニンジンをジュースにする利点と欠点を説明します。

ニンジンに限らず食物を細分化すると、栄養素の吸収率が上がります。
吸収率が上がると、食品としての栄養効率が高くなります。
また、消化が良いので胃腸に負担がかかりません。
胃腸の弱い乳幼児や老人、病人には良い食餌方法です。
これはとても良いことです。

逆に食物を細分化すると酸素と結びつきやすく、
栄養素が酸化され、栄養としての効果が低下します。
(ジューサーで搔き雑ぜる時に、泡が立ち、酸素に触れ、酸化されやすくなります。)
また、栄養素が一度に吸収されるため、一時的な高血糖や高脂血症状態を起こします。
そのため、胃腸のむかつき、イライラ、のぼせのような症状、
すい臓の疲れ(高負荷)などが起きやすくなります。

植物繊維は脂肪や糖質の吸収率を緩やかにし、
一時的な高血糖や高脂血症状態を防いでくれます。
ですので、できれば植物繊維も一緒にとることをおすすめします。
特に、普段から血糖値の高い糖尿病患者や一歩手前の糖尿病予備軍の人、
妊婦、子供、老人には、食物繊維を含む野菜ジュースが適しています。

(ただし、運動中に飲む場合は、吸収率の高いカスなし野菜ジュースが効果的です。)

また、ジュースにするならジューサー、ミキサーではなく、
圧搾機の方が泡立たないので、栄養素の酸化を抑制できます。
http://vegetafarm.jp/goods/1192436090649/
http://www.shizenkan.net/siborkn/index.htm
http://homepage2.nifty.com/sifuku/powerful.html

あと、食物繊維は腸内の善玉細菌の栄養源として、
悪玉細菌の捕獲役としての効果もあります。
もちろん便通も良くしてくれます。
また、海産物などに含まれる水銀や重金属の吸収を抑制します。
食物繊維は悪玉細菌の繁殖を防ぎ、体内毒素を排出してくれるので、
(間接的に)美肌効果もあります。

私のお勧めは、食物繊維を含む野菜ジュースや、(できれば圧搾した方)
野菜をみじん切りにしたおかずです。
しかも、数種類の素材を使うことで、栄養の偏りを防げます。
(例 牛乳)
みじん切りにすることで、胃腸の負担を減らし、かつ、吸収率を高め、
さらに栄養の酸化を少なくできます。

> しぼったカスは捨てているので植物繊維などは摂れないと思いますが、
それでも野菜の代わりになるでしょうか?

野菜を取らないよりは、野菜ジュースを飲む方が健康的です。
でも、カスを除いた野菜ジュースは高血糖状態を起こし、
高血糖は肥満の原因(血中の余分な糖質が肝臓で脂肪に変換され、
脂肪細胞に貯蓄される)になります。

それと、
ホウレンソウは茹でて灰汁抜きしていますか?
それても、蒸したり、電子レンジを使っていますか?
ホウレンソウにはシュウ酸が多く、シュウ酸は体内で結石を起こす原因物質になります。
ホウレンソウや里芋は灰汁抜きしてください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%A6%E9%85%B8

ちなみに、生ニンジンの糖度は8~10%前後です。
生リンゴの糖度は12~14%程度です。
(市販の濃縮還元リンゴジュースは糖度18%前後です。)

糖度8%のニンジンジュースを180cc(コップ1杯)飲んだとすると、
14.4gの砂糖を食べたのと同じになります。
0.08 x 180 = 14.4

砂糖のカロリーは1gが約4kcalですので、
糖度8%のニンジンジュースコップ1杯で57.6kcalになります。
14.4 x 4 = 57.6

糖度8%のニンジンジュース400ccには、約32gの糖質が含まれています。
0.08 x 400 = 32

こんにちは、栄養士です。

ニンジンをジュースにする利点と欠点を説明します。

ニンジンに限らず食物を細分化すると、栄養素の吸収率が上がります。
吸収率が上がると、食品としての栄養効率が高くなります。
また、消化が良いので胃腸に負担がかかりません。
胃腸の弱い乳幼児や老人、病人には良い食餌方法です。
これはとても良いことです。

逆に食物を細分化すると酸素と結びつきやすく、
栄養素が酸化され、栄養としての効果が低下します。
(ジューサーで搔き雑ぜる時に、泡が立ち、酸素に触れ、酸化されや...続きを読む

Q糖尿病ですが、にんじんジュースは飲用してもよいのでしょうか?

糖尿病ですが、にんじんジュースは飲用してもよいのでしょうか?

家族が糖尿病を患っています。健康のためと、以前は毎日冷凍の青汁を2パック(1パック90g)飲んでいました。その時は、特に変調はありませんでした。その後、飲用が青汁1パック/にんじんジュース1パック(どちらも冷凍タイプ1パックあたり90g)に変わりました。

しばらくすると、ふと尿が糖尿病独特のにおいをしているのに気づきました。気になって、にんじんジュースの飲用をストップしたところ、尿のにおいが正常になりました。飲んでいるにんじんジュースは砂糖などの入っていない、搾りたてのものを冷凍したジュースです。ただ甘味は結構あります。カロリーも1パックで26kcalほどです。

そこで、お聞きしたいのは現在糖尿病ですが、にんじんジュースはこのまま飲んでいても大丈夫なのでしょうか?量は変わらず1日1パックにしたいと思います。
どうか良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

純粋な人参ジュース90グラムだと、おそらく糖質量は6から8g程度だと思いますので、ご家族の方の糖尿病が2型だとすれば、飲んだ後の血糖値の上昇幅は20から30mg/dl程度だと思われます。
血糖値が180mg/dl以上になると、尿に糖が混ざり始めるそうですので、飲む前の血糖値が180mg/dlを少し下回るレベルなのかも知れません。
血糖値が180mg/dlを上回ると血管へのダメージが出始めると言われているようですので、もしそうならば避けた方がいいように思われます。
もちろん医師に相談されることが一番だと思います。
ちなみに、青汁はほとんど糖質を含んでいないと思います。

Q肌が黄色いのが突然治った!?

もうすぐ3歳になる子どものことです。
いつからかこの数ヶ月ほど肌が黄色くて、みかん、野菜ジュースをよく飲食すること、1ヶ月ほど毎日3回「ミヤリサンアイジ」という黄色い整腸剤(ビタミンが配合されている)を飲んでいたため、柑皮症のようで、医者にも目は黄色くないから大丈夫でしょうと言われていました。
でも色白だった子が、日焼けしたような浅黒い感じになってきて気になっていました。
ところが先日突然の38.5度の発熱と首が痛いと言うので(子どものことなのでノドが痛いの可能性もある)すぐ病院に行くと、「リンパがいくつか少し腫れてるものもあるけれど、ノドがちょっと赤いぐらいだし風邪でしょう」という感じで抗生剤を2日分処方され、2日飲みました。熱は翌日には下がり、元気になりました。そしてふと気づくと、肌の浅黒さが消え、色白になっているのです。足の裏などはまだ黄色味がありますが。
抗生剤が柑皮症に効いたのでしょうか?柑皮症の治療で抗生剤を使った方はいらっしゃいますか?
それとも黄色くなる原因が他にあり、それが抗生剤で治った?
それとも柑皮症の「毒出し」のような感じで熱が出た?
抗生剤以外にいつもと違ったことをしたのは、熱が出た後の食事で玄米ご飯を食べたことぐらいですが。
長々と書いて申し訳ありませんでしたが、かなり不思議で、いろいろ調べているのですが何もわかりませんので投稿いたします。

もうすぐ3歳になる子どものことです。
いつからかこの数ヶ月ほど肌が黄色くて、みかん、野菜ジュースをよく飲食すること、1ヶ月ほど毎日3回「ミヤリサンアイジ」という黄色い整腸剤(ビタミンが配合されている)を飲んでいたため、柑皮症のようで、医者にも目は黄色くないから大丈夫でしょうと言われていました。
でも色白だった子が、日焼けしたような浅黒い感じになってきて気になっていました。
ところが先日突然の38.5度の発熱と首が痛いと言うので(子どものことなのでノドが痛いの可能性もある)すぐ病院...続きを読む

Aベストアンサー

えっとですね。
強力な抗酸化物質のひとつであるβカロチンは、体の必要な部分に充分行き渡って余った分が皮膚の角質層に蓄えられます。この状態は、紫外線などの活性酸素に対して強い防御力となります。ですが、βカロチンは色素なので肌の色が黄色くなります。これがいわゆる柑皮症とよばれる状態です。つまり肌が黄色くなる以外特に害らしきものはなく、正確には病気ですらないのが柑皮症です。
おそらく高熱を出したときっていうのは栄養素を大量に使うので蓄積されてた分を消費したんじゃないですかね。足の裏だけ残ってるのはβカロチンが角質層に蓄積されるからです。(足の裏は角質層ぶあつい)

ということで、体の小さい子供に多めに蜜柑とか野菜ジュースとかをとらせると比較的簡単に柑皮症の状態になります。気になるのでしたらその2つを減らしてください。ビタミン入りの整腸剤は無関係かと思われます。

あ、ちなみにご存知とは思いますが目が黄色かったら黄疸で、肝臓の重度の疾患の結果です。同じ黄色でもえらい違いです。

※高熱の時にβカロチンがどう消費されるのか知らないので推量の域を出ません。ので参考意見にしておきます。

えっとですね。
強力な抗酸化物質のひとつであるβカロチンは、体の必要な部分に充分行き渡って余った分が皮膚の角質層に蓄えられます。この状態は、紫外線などの活性酸素に対して強い防御力となります。ですが、βカロチンは色素なので肌の色が黄色くなります。これがいわゆる柑皮症とよばれる状態です。つまり肌が黄色くなる以外特に害らしきものはなく、正確には病気ですらないのが柑皮症です。
おそらく高熱を出したときっていうのは栄養素を大量に使うので蓄積されてた分を消費したんじゃないですかね。足の...続きを読む

Q人参りんごジュースの搾りカスについて質問です。

人参りんごジュースの搾りカスについて質問です。

毎朝りんごと人参をジューサーで搾って飲んでいます。
りんごのカスは全部、人参のカスは大きいスプーンで
6杯くらいはいれて飲んでいます。そうすると食べるジュースみたいな
感じで美味しいのでずっとそうしていたのですが先日石原先生の本で
「搾りカスは栄養吸収を阻害するおそれがあるので搾り汁だけを
飲むこと」と書いてありました。

もともと低体温と便秘解消のために飲み始めたので
食物繊維たっぷりのカスも一緒にとった方が良いと思っていたのですが…。
ジュースはジュースだけで飲んで搾りカスはまた別に昼食や夕食でとった方が良いんでしょうか?
病気で吸収能力の弱まっている人ならともかく普通の人なら
カスも一緒にとって問題ないんじゃないか、という意見もありどうしようか迷ってます。

Aベストアンサー

この先生のいうことは、ある意味 正解です。

例えば、ダイエットをしている人とか、糖尿病の人は、
食物繊維を多くとるように勧められています。

なぜなら食物繊維は腸でのブドウ糖の吸収を穏やかにする働きがあり、
食物繊維を多く含む野菜は、固いもの(ごぼう、ニンジンなど)が多いので
良く噛みますから、食事に時間がかかり、
満腹中枢からお腹が一杯だという信号が出やすくなります。

結果、食べすぎを抑えてくれるという効果があります。

人参、りんごジュースは、主にりんごに含まれる甘みであるショ糖の吸収を腸で穏やかにしてくれます。

それと人参に含まれるカロテンは脂溶性ですから、水には溶けないため、
残念ながらこのままの状態では人参の栄養素は吸収されません。
意外にこれを知らない人が多いのに驚かされます。

オリーブオイルを2,3滴混ぜて飲んでみてください。

「食物繊維は栄養吸収を阻害する恐れがある」というのは、はっきり言って言い過ぎです。
であるなら、野菜、果物は食べられないと言うことになります。

そんなに気にする必要はありませんよ?絞りかすも一緒に飲んじゃってください。

絞り汁だけ飲むと、ショ糖(ブドウ糖)の吸収が早くなり、
甘いジュースを飲んだ時と同じ、血糖がすぐあがりますよ?

蛇足
「医食同源」と言う言葉がありますが、漢方の考え方では、
身体を冷やす食べ物、温める食べ物の分類があります。

漢方でなくても、暖かい地域で取れるものは身体を冷やすように働きます。
コーヒーも身体を冷やしますよ?

寒い地域で取れるものは身体を温めるように働きます。
根菜類やラム肉(羊肉)などです。

地球って上手く出来ていますね。

それと、アルコール類は体温を下げるように働きますよ。
最初は酔って暖かくなった感じがしますが、
酔って寝ちゃうのは体温が下がるからです。

突然体温が1℃下がると睡魔が襲ってくるように体は出来ています。
逆を言うと、睡魔が襲ってくると言うことは、体温が1℃ガクンと落ちた証拠です。

冷え性のあなたへの余計なおせっかいでした。

この先生のいうことは、ある意味 正解です。

例えば、ダイエットをしている人とか、糖尿病の人は、
食物繊維を多くとるように勧められています。

なぜなら食物繊維は腸でのブドウ糖の吸収を穏やかにする働きがあり、
食物繊維を多く含む野菜は、固いもの(ごぼう、ニンジンなど)が多いので
良く噛みますから、食事に時間がかかり、
満腹中枢からお腹が一杯だという信号が出やすくなります。

結果、食べすぎを抑えてくれるという効果があります。

人参、りんごジュースは、主にりんごに含まれる甘...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q肌の色が目立って黄色くなった

30代前半女性です。
ここ半年ほど前から肌の色が黄色くなった気がします・・・。
朝、起きたての顔でも自分で黄色いと思うくらいです。
手のひらだけでなく、顔、腕など全体的にです。
他の人と比べても明らかに黄色く、
「黄色いねー!」と驚かれることもしばしば。
しかし、黄色いといっても人と比べて黄色い程度(私より黄色い人は見たことがない)なので
黄疸のような白目が黄色い、爪が黄色い、など、そこまで病的な症状ではないのです。

自分で考えられる原因としては
・貧血気味(健康診断では数値がいつも正常値スレスレ前後。
・いつもお弁当でかぼちゃを2切れ(大)を食べている。
・加齢・・・?

一般的に考えられるのはみかんの食べすぎだと思いますが、
特に食べていない期間でも黄色いです。
また、お酒は2~3ヶ月に1度飲みに付き合うようなペースなので
肝臓が悪いとも考えにくいかと・・・。
たばこも全く吸いません。

このような状態でなにか他に原因はありますでしょうか?
なんとしてでも解消したいのです。
よろしくお願いします。

30代前半女性です。
ここ半年ほど前から肌の色が黄色くなった気がします・・・。
朝、起きたての顔でも自分で黄色いと思うくらいです。
手のひらだけでなく、顔、腕など全体的にです。
他の人と比べても明らかに黄色く、
「黄色いねー!」と驚かれることもしばしば。
しかし、黄色いといっても人と比べて黄色い程度(私より黄色い人は見たことがない)なので
黄疸のような白目が黄色い、爪が黄色い、など、そこまで病的な症状ではないのです。

自分で考えられる原因としては
・貧血気味(健康診断では...続きを読む

Aベストアンサー

私も黄色くなったことがあります。原因はマルチビタミンとカロチンの摂り過ぎ(血液検査で基準値の8倍あった)。

ビタミンAやカロチンは、脂溶性ビタミンなので、摂り過ぎると溜まってしまうそうです。

医師から指示された治療法と言えば、「ビタミンA、カロチンの多い物をしばらく食べない」と、皮膚の黄色みは角質に色素沈着しているので、「ビタミンCを摂る」事でした。

以上のことで心当たりがなければ、「女性ホルモン関係」も考えられます。ですが・・・

参考になったら嬉しく思います。


人気Q&Aランキング