アセトニトリルのHPLC用とチウラム測定用の違いは何でしょうか?チウラム用を使うと、チウラムの分解が遅れる様なのですが、具体的にはどこが違うのか、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

和光純薬の特許に高純度アセトニトリルの製造方法がありました。


この特許によると、アセトニトリル製造時の副生成物であるシアン化水素を完全に除去することで、モノチウラムとジメチルジチオカルバミン酸の生成を抑えるそうです。参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.patentjp.com/07/L/L100292/DA10012.html
    • good
    • 0

チラウム測定用に関しては良くわからないのですが、


HPLC用は不揮発分の量的には通常の特級とあまり変わらないはずですが、UV検出などに引っ掛かる不揮発分がほとんどなく、微量分析の際に邪魔しないのです。HPLC用の溶媒でも大量分取用の溶媒ではUV検出に影響する不揮発分は分析用の溶媒より多くなっています。
また、分析用では少量を分析するので、溶媒を留去した際に残る不揮発分も考慮されています。
こういう情報は、試薬屋に聞くのが一番なので、お気軽に聞いてみてください。やはり出入りの営業に聞くと親切に答えてくれるはずです。
    • good
    • 0

 最近では各メ-カ-のペ-ジにカタログがあって,そこで簡単な製品情報が得られる事が多いんですが,「和光純薬」のペ-ジ(参考 URL)のカタログでは違いはわかりませんでした。



 私の探し方が悪いかも知れませんので,一度覗いてみて下さい。その上で必要なら,このペ-ジから製品の問合わせも出来ますので,お尋ねになればよいと思います。

 他のメ-カ-でもカタログは別として,会社のペ-ジは大抵ありますから,そこからお尋ねになればよいと思います。

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/
    • good
    • 0

 ありますね。

確かにチウラム測定用と書いてある。

 チラウムの構造を見た感じでは、分解っていうのは還元されてS-Sが切れるのですよね、きっと。では、還元性の物質を積極的に除いた、またはあえて酸化剤を添加した、という所でしょう。

 どうしても気になるのであれば、代理店の人を通してワコーに直接聞いてみてはいかがでしょうか。

 HPLC用は MiJun さんが書いてらっしゃいますからいいですよね。用途別試薬というのは、その名の通り用途にあわせて必要な条件を満たした精製法をした試薬ということです。用途が合っていなければ、高価なだけで使う意味がないです。
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?



http://mm-53.m.ehime-u.ac.jp/CRL/news/newsVol.3/ …
(液体クロマトグラフィーについて)

ご参考まで。

参考URL:http://www.ymc.co.jp/ja/hplc/support/ekikuro/eki …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近有線で流れる、雨音で始まる…

タイトルのままですが、最近有線で流れている曲で、
『雨音が君の声や俺の思いを洗い流してく』というサビで始まるのですが、曲名とグループ名をご存知の方、ぜひ教えて頂きたいです。
たぶん若い男性3、4人のグループではないかと…サビ以外ではラップ調になっていましたので…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

nobody knows+の「アンダーレイン feat.プリメラ」ではないでしょうか。

↓下記URLで試聴できますのでご確認ください。

http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/AI/nobodyknows/AICL-1910/index.html

↓歌詞です。

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A02833

Q逆相系HPLCで測定物質のpKaと移動層のpHについて

逆相系のHPLCにおいて
測定物質がpKa6~7付近の時、移動相の緩衝液のpHが6~7だと不都合がありますか?
解離度がpKa=pHだと50%で、イオン型が半分だとカラムに保持
しなそうな気もするのですが、一緒に標準品でキャリブレーションを毎回かけていれば、検量線の条件も一緒なので問題ないですか?

Aベストアンサー

解離体と非解離体は平衡で存在します.
一方で固定相に対する親和性は解離体は低くなるでしょう.
しかし固定相に吸着した非解離体は脱着して移動相に戻ればまた解離するかもしれないわけです.
結果として,ピークは不必要にブロードになるでしょう.

Q盛り上がったときに、裏にストリングスが流れる曲

題名だけだと何の質問かわからないかと思います。文章力がなく申し訳ありません。

曲を探しています。
私の個人的な嗜好なのですが、曲の盛り上がったとき(大抵はサビのところ)で、メインのメロディーの裏ではまったく別なメロディーでストリングスが流れるような曲を探しています。
言葉で表現するととてもわかりにくく、こういった曲の表現方法に固有の名前があるのかもわかりません。
たまに同様の表現が使われる曲を聞く事がありますので、おそらくよく使われるアレンジの手法なのだと思いますが、ご存知の方がいましたら教えてください。

文書で書くとかなりわかりにくいので、サンプル曲を探してみました。
・奥華子 ガーネット(オーケストラ版)の最後のサビの部分

こういった曲をご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

J-POPにはぜんぜん詳しくないのですが、バックのストリングスアレンジがいいなぁと思って最近聴いた曲があります。

ガールズロックバンドSCANDALの
『ピンヒールサーファー』
http://www.youtube.com/watch?v=aNA8015TGcA

こういうのは作曲者よりも編曲者の腕によるんじゃないかないでしょうか。
ビートルズの曲にエリナーリグビーという曲がありますが、バックにバイオリンの弦楽八重奏のストリングスアレンジを加えたことで知られており、この曲以降、主旋律となるメロディ以外のストリングスが増えたんじゃないかと思います。
こんなのです。
http://www.youtube.com/watch?v=OaRNrDaoMqw



以下、洋楽ですけど女性ボーカルかつポップス史的に有名なものでいくつかあげてみますネ。

ジェーンバーキンで「哀しみの影」
http://www.youtube.com/watch?v=2AxSXKdcMQE

マリアンヌ・フェイスフル「涙あふれて」
http://www.youtube.com/watch?v=FhPPJ5dolxU

ジュディ・コリンズ「青春の光りと影」
http://www.youtube.com/watch?v=z8jGFu7ys64

メリー・ホプキン 「悲しき天使」
http://www.youtube.com/watch?v=h5P1NTNWgr8

シルヴィ・バルタン 「あなたのとりこ」
http://www.youtube.com/watch?v=AfiCbMXBoKE

オリビア・ニュートンジョン「そよ風の誘惑」
http://www.youtube.com/watch?v=nBWcZkuurQI

ミーナ「束の間に燃えつきて」
http://www.youtube.com/watch?v=uKSuG1LOaYI

ダスティ・スプリングフィールド「この胸のときめきを」
http://www.youtube.com/watch?v=QR4vE9xL3yk

J-POPにはぜんぜん詳しくないのですが、バックのストリングスアレンジがいいなぁと思って最近聴いた曲があります。

ガールズロックバンドSCANDALの
『ピンヒールサーファー』
http://www.youtube.com/watch?v=aNA8015TGcA

こういうのは作曲者よりも編曲者の腕によるんじゃないかないでしょうか。
ビートルズの曲にエリナーリグビーという曲がありますが、バックにバイオリンの弦楽八重奏のストリングスアレンジを加えたことで知られており、この曲以降、主旋律となるメロディ以外のストリングスが増えたんじゃ...続きを読む

QHPLC移動相(pH4.3)、低波長測定可能ですか?

こんにちは。よろしくお願いします。

HPLCで医薬品の成分分析を行っております。

ODSのカラムを用いて低波長(210nm)、pH4.3で使用できるバッファーを探しています。

リン酸は吸収が無いので使用できますが、pH4.3は作成不可能です。

酢酸、蟻酸、クエン酸等でしたら作成可能ですが、COOH-の影響で、210nmでは測定不可能ですよね・・・。

仕事で使うのですが、困っています。色々と調べたのですが、分かりません。。。

もし、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ないんじゃないですかね.

4 までいくと,有機酸類以外に適切な pKa を持つようなものは,ほとんどないような気がします.
以前,pH 3.0 が欲しくて,このときもずいぶん調べたのですが,結局,リン酸 (pKa1=2.15なのでこれでもぎりぎりに近い) しか見つからなかったので.4.3までいくと,さすがにリン酸では無理です (第1当量点付近だから最低) ね.

pH を変えられないか,あるいは検出を紫外以外にできないかを検討した方が早いかもしれません.

Qクラブで流れる洋楽の曲名

よくクラブで流れる洋楽なのですが
男性が歌っていて
サビの部分にみんなで
「イェーイ!なんちゃらマネー」
※イェーイなのかヘーイなのかわかりません
※なんちゃらの場所も英語です

と言う曲の曲名を知りたいです。
そんなにアップテンポの曲ではありません。

どなたかわかる方いらっしゃいましたら、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

"Hey, must be the money!"かな

曲名: Ride Wit Me
アーティスト: Nelly ft. St. Lunatics

https://www.youtube.com/watch?v=RtSDWq6HsJE&t=31s

QなぜHPLCはオープンカラムに比べて分解能が高いのですか?

HPLCはサンプルの溶け込んだ溶媒を高速で流すことによって、より高い分解能を得ることができると聞いたんですが、高速で流すことによりなぜ分解能があがるのでしょうか?
固定相と移動相の間の平衡が成立する前に流れてしまって逆にオープンカラムよりも分解能が悪くなりはしないんでしょうか?
ご存じの方がいればぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

理論段数が多くできるからです.
オープンカラムで理論段数を多くするととてつもない溶離時間がかかります.これを短時間ですませるためにいろいろな工夫をしたのがHPLCです.
もっとも効果的だったのは,充填剤を小さくしたこと.その結果,加圧しないと液が通らなくなってしまったため,high pressure liquid chromatography と呼ばれたのです.
ちなみに,充填剤表面での平衡というのは,ほんとうはかなり高速に達成されます.巨視的に見たときに足を引っ張っているのは,移動相から固定層表面に達するまでの拡散過程です(液液クロマト系は固定相内の拡散過程も重要).充填剤の粒径を小さくし,粒子間の隙間の大きさを小さくすることは,この移動相内の拡散過程の影響を小さくすることに相当し,その分,あるゾーンで見たときには高速で平衡になっているように見えるのです.

Q渦電流と金属探知機

渦電流について詳しく教えてください。
事典、ネットで調べましたが、
「渦電流は磁場にたいして垂直に流れる」という部分のイメージがわきません。

あと、渦電流を利用した、金属探知機の仕組みを教えてください。
磁場の変化をさまたげる電流、磁場について中心に回答いただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

>渦電流を利用した、金属探知機の仕組みを教えてください。
コイルを使った発振回路を作ります。
コイルを金属に近づけるとコイルのインダクタンスが変化するために周波数が変化します。
変化した周波数を検出して金属があることを検出します。

コイルに正弦波をかけてコイルのインダクタンスを測定します。
コイルを金属に近づけるとコイルのインダクタンスが変化するため金属があることが分かります。

周波数により反応しやすい金属(主に鉄と非鉄)が変わります。

何故コイルのインダクタンスが変化するのか?ですが、コイルに電圧をかけると磁界が出来ます。
磁界が出来ると金属には渦電流が発生し、その渦電流はコイルの磁界を打ち消す方向の磁界を作ります。(たしか)
コイルの磁界が打ち消されるため、何も無い状態よりもコイルのインダクタンスは大きくなります。

以上のことより、金属探知機とは一部のインダクタンス測定装置の事です。

Q酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラム

酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラムがあれば教えて下さい。Shodx Sugar SH1011のカラムを使っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

研究室に出入りの業者さんからカタログを取り寄せるかあるいは以下の参考URLサイトを参考にしてください。
「Shodex HP」
研究室の先輩は指導してくれないのでしょうかね・・・????

ご参考まで。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/content1.htm

Q流れる人並みにー♪   いつまでも変わらない♪  今日は帰らない

この曲が、街で聞こえることが最近あるんですが。サビは上のようなのところしか覚えていません。この曲がとても気に入ったのでわかった方は教えてください。たぶん最近の曲だとは思いますが,懐かしい感じがします。

Aベストアンサー

ケイタクのデビューシングル「小さな光」です。

参考URL:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B10008&title=%BE%AE%A4%B5%A4%CA%B8%F7&artist=%A5%B1%A5%A4%A5%BF%A5%AF&ss=%A5%B1%

QHPLCとHPLC/MSの違い

大学院で研究を行なっている学生です。
環境水中のある化学物質の分析を行いたいのですが、幾つかの論文では分析機器としてHPLC/MSが用いられていました。
で、当研究室にはHPLC/MSが無く、かわりにHPLCならあります。

この二つの違いというものはなんでしょうか?
HPLC/MSで検出されるものはHPLCでは検出されないのでしょうか?

勉強不足で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

HPLC は物質を分ける過程。
MS は物質を同定(質量を測定する)過程。
HPLCで分けたピークを手動でMSにかければ、問題無いでしょう。


人気Q&Aランキング