あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

教えてください
警察、JR、私鉄などで落し物があった場合どこかのセンターに集合されるのでしょうが、その後最終的に落とし主が見つからない場合は、廃棄されるもの、どこかでまとめて競売でもされるのでしょうか。
まとめて買って仕事につなげようと思いますが、システムがさっぱり分かりません。  どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

質問者の意図には関係ないかもしれませんが・・・・。


拾得から3ヶ月経っても、落とし主も現れず拾った人も取りに来ない場合、都道府県の物になるようです。
警視庁のホームページが参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no …
    • good
    • 0

以前、TVでやっていたのを見たらまとめて競売にかけられるそうです。

今はどうか分かりませんが、以前は例えばJR東日本・東京資材センターで保管・売却されていたみたいです。
ただ、一般の競売と違って中身の細かい内容が分からないまま「全部まとめて引き取ってね」なので(そりゃ、売る側からしたら、余っても困る)買う側も大変なんだとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
参考にさせて頂きます

お礼日時:2008/06/30 13:13

鉄道会社が落とし物を勝手に処分できませんから、数日保管したら、警察に届けます。

三ヶ月間落とし主が現れなければ、届けた人(鉄道会社)のものになります(携帯電話などプライバシーのあるものは除く)。
その後、#1の方の書いたように売られたりするケースがありますが、おそらく業者が一括して安く買って、売っているものと思います。この業者の買い取りに参入したいと言うことですよね。
このあたりになると知っているひとはほとんどいないのでは?鉄道会社に聞いてみるしかないと思いますよ。

あと、警察に届けたときに「権利放棄」・・・落とし主が現れなかった場合でも要らない・・・した物が三ヶ月後にどうなるのか。これも気になりますが、拾った人が要らないといった物なのでおそらく商売に出来る物は少ないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
参考になりました
きっと裏のルートがあるのでしょうね

お礼日時:2008/06/27 10:57

警察は1年しか預かってくれませんから1年経つと鉄道会社に返還されます。

その大部分が傘ですが、雨の日に使われて列車内に放置されたものを干しもせずに1年間倉庫に寝かせておいた状態はどんなものか想像がつくでしょう。その中から売れそうなものを選別して売れる状態にして売りに出すというのは結構な手間ですから、一部ではANo.1さんご指摘のように売りに出されているようですが、大多数の会社はそのまま廃棄していると思います。
鉄道会社に問い合わせれば、廃棄するものを譲ってくれるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
参考にさせて頂きます

お礼日時:2008/06/27 10:59

JRは忘れ物を機関区やデパートの催事などで安く売ってますね。


私もそこで傘を何本か購入した経験があります。
列車内に忘れた傘の本数はそれ以上ですけど。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

意見ありがとうございます

お礼日時:2008/06/27 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察の盗難品オークション 鉄道会社の忘れ物オークション

以前本などで、鉄道会社の忘れ物オークション、警察の盗難品オークションのことを知りました。
それで実際に行って見たいなと思いましたが、いつどこでやっているかが全くわかりません。
いろいろネットなどで探してみましたがそれらしきものはありませんでした。
時々入札制度の競り市が開かれているらしいのですが・・・。
古物商免許がいるのかな?と思いましたが調べてみると、個人使用のためならば問題がないと聞きました。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
どんな些細なことでもかまいません。
ちなみに私は神奈川在住の者です。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

この記事を読んで、新聞でみた催しを思い出しました。
JR忘れ物がリセールされているようです。
オークションではないのですが、横浜在住の方ということ
ですので御参考までに・・・

横浜リセールショウ2002
パシフィコ横浜で1/12-13開催です。
出展されているものは下記の通り(HPより)です。

ブランド品(バッグ・シューズ・ウェア・コスメなど)/家具・家電製品/ゴルフ用品/古着(ヨーロッパ古着及び子供服)/JR東日本忘れ物品/スピードメガネ/玩具/アンティーク品/オリジナルインテリア絵画/ノンブランド品(ウェア)/テーブルウェア・インテリア関係/貴金属(アクセサリー・時計など)/ベビー・子供服/和服/紳士服/その他コンサルタント業務/フランチャイズチェーンPR/リサイクル情報誌

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/mihon-ichi/

QJR落し物の引き取り業者になるにはどうしたら良いのでしょうか?

JRで落とし物をした場合、遺失物センターに移動し、警視庁遺失物センターに移動し、6ヶ月以上経過後、「旅客権利放棄」とされたものは、権利のある電鉄会社に戻され、電鉄会社ではそれを専門の業者さんに売却されますが、専門の業者になるには、どうすれば良いのでしょうか?

わかる方いらっしゃいましたら、どうか教えて下さい。

ちなみにJRに問い合わせましたが、管轄外とのことで、そこまでは教えてくれませんでした。

Aベストアンサー

古物商になれば良いです。
手続きは、警察に出向いて聞いてください。

ただ、入札になりかなりまとまった単位でのみになり、1つだけと言うのは相手にされない。 たとえば、都内で傘なら3m四方の篭に一杯でいくらと言う感じ。
また、入札時に一部入金しないと参加できなかった気が。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む


人気Q&Aランキング