48歳の主人のことです。
血圧が160-100で コニール錠4という薬を服用するようになって
3週間になります。(朝1錠だけ)
今のところ血圧は、そのままで さがっておりません。
薬があってないのでしょうか?
また副作用が心配です。
ご回答 宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一般論ですが、降圧薬の服用を始めてから効果が現れるまで1か月以上かかるのはザラだと言われています。

治療開始前に必要な検査を一通りして決めた薬なら、もう少し様子を見てもいいと思います。・・・が、3週間たって全く変化がないというの奈良、無効である可能性が次第に高くなりつつあると判断します。
 参考までに私のクリニックでは、40代男性でカルシウム拮抗薬という選択は結構珍しい方です。心電図で心肥大や狭心症があるとか、眼底検査で動脈硬化が進んでいるとか、といった例ぐらいです。それ以外は、血中レニン活性その他の検査結果を参考に、使う降圧薬(のグループ)を決めるようにしています。
 疑問であれば、どういう基準で薬を選んだのか、主治医に尋ねてみられてはどうでしょうか。

 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 大変参考になるご回答ありがとうございました。
実のところ主治医は、あまり詳しい説明はされないらしく
主人は、少々不信を感じているようです。
次回の診察時にいろいろ質問をしてみるよう主人にすすめます。
 

お礼日時:2001/02/18 20:44

もうほとんど出尽くした感はありますが・・・・


コニールの降圧作用は、他の多くのカルシウム拮抗剤に比べて緩徐(もっと緩徐なものもありますが)で持続的です。また、160/100という血圧は、軽症から中等症への入り口くらいの高血圧です。従って、高血圧による合併症が現在全くないのであれば、徐々に下げるべき程度のものです。また、コニールは高圧効果が不十分な場合には、8mgまで増量することが出来ます。あせらず、後1週間待って現在おかかりの先生に判断していただけばよいのではないでしょうか。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。
おっしゃられるように、もう少し様子をみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/18 20:26

jazzinさん達が薬のことを教えてくださったので、その他の事について・・・


あの、心臓、糖尿などの既往症はありますか?また、その薬をもらってますか?
それによってカルシウム拮抗剤、ACE阻害剤など処方が変わります。
あとは、血圧を測る時間で、相当上下します。朝高い人もいますし、夜高い人もいます。
薬を飲み続けながら、一日3,4回時間を決めて測ってみて、その資料を今度診察する時に持って行く事をお勧めします。また、冬に血圧は高くなりやすいのでそれも頭の片隅に入れておいてください。
この時期だけ、薬を増やす人もいるくらいですから・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。
今のところ糖尿は、でておりませんが、心臓のほうは、会社の検診で
ちょっと肥大しているといわれたようです。お薬は、服用しておりません。
 

お礼日時:2001/02/18 21:01

こんばんは hanasannさん。


えっと、体内にはカルシウムという物質がありますが、骨を形成する働きが有名ですよね。その他に、血管に作用して血管を収縮(血圧が上がる)させる働きがあります。そのカルシウムの働きを抑制して血管を拡張させて血圧を下げようとがんばるのが「コニール」ですよね。
コニールというお薬は、その他に狭心症(心臓の栄養血管という冠状動脈が何らかの原因で内腔が狭くなり血液の流れが悪くなって胸が痛くなる)の改善にも使われます。
コニールの副作用として、めまい、ふらつき、立ちくらみ、顔面紅潮、ほてり、便秘、顔や手足のむくみなどがあります。服薬中の車の運転には注意が必要です。
また、いきなり服薬を中断すると反射的に高血圧を招き、症状を悪化させることがあるお薬なので服薬を中止するときは担当医に相談してからにしたほうが良いです。 
血圧を下げるお薬には何種類かありまして、簡単に(1)おしっこの量をふやして血液の量を減らして血圧を下げる。
(2)交感神経の伝達(緊張すると心臓がドキドキしますよね。アドレナリンという物質がドキドキさせています。)
この伝達物質であるアドレナリンの作用を遮断することで、心臓の拍動数、収縮力を低下させて血圧を下げる。
ここにはたった2つしか書きませんでしたが、その他にもいろいろな方法があります。
と、いうことは、血圧が下がらないときは、「コニール」
をもう一錠増やして朝、夜飲むというように、今現在飲んでいる薬の増量、それでも下がらないか、副作用が強く出るときは、「コニール」(カルシウム拮抗薬)ではなく、
利尿薬((1)の説明) β遮断薬((2)の説明) アンギオテンシン変換酵素阻害薬(血圧を上げる物質アンギオテンシンが合成されるのを抑制して血圧が上がるのを阻止する)
などなど、効き方の違う薬に換えてみるということになります。
大体2週間服用して変化がなければ、先生も薬の増量、または薬の変更を考えると思います。
もうこれでいっぱいいっぱいです。これぐらいしかお話できませんが、少しでもお力になれればと思ってます。
それでは、またどこかで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 わかりやすく 詳しいご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/02/18 21:06

 カルシウム拮抗剤に分類される、一般的かつ比較的安全に使用される薬剤です。

臨床検査で副作用を認めた症例は、100人に5人足らず、主な副作用は、動悸や顔面紅潮(赤ら顔)、頭痛などと報告されています。

 降圧剤の、基本的な処方法は、少ない量より、だんだん増やして適切な量を決定すること、ですから信頼のおける高血圧の専門医におかかりでしたら、焦ること無く、治療を続けられてください。
 肝機能障害等の(稀ですが)深刻な副作用については、定期的な採血でチェックされるはずです。 
 お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございました。
比較的安全なお薬との事 安心致しました。

お礼日時:2001/02/18 20:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q血圧を下げる薬 コニール メインテート

母が通院する大学病院で、複数の科にかかっていますが、(他の病院には一切かかっていない)先日母から初めて聞かされ疑問と不安がわいてきたので質問します。
消化器科でコニールを数年間出されていて、半年前くらい?から循環器内科ではメインテート(これも血圧を下げる薬ですよね?)も出されていて、先日ふと、
薬局で薬剤師さんに、これ(メインテート)を飲んでいることは消化器科の先生は知っていますか?と言われたという。そこで私がお薬手帳を見させてもらうと、両方とも血圧を下げる作用があると薬の説明書にある。
これは担当医に質問せねばと母に同行すると、消化器科の担当医「ではコニールは出さないでおきます」とあっさり。それについての説明はしなかった。えっじゃ今までは何だったの?

疑問1.この二つはおなじ効果の薬なのかどうか?
もしそうだとしたら今まで両方飲んでいて問題はなかったのか?めまい・ふらつき・のぼせなど原因がわからない不調がときどきあった。旅行でも温泉で具合が悪くなり、もう温泉旅行は行けないと悲観している。私はこれらの薬の作用が二重に(強く)働いたせいではないかと思っているが。。。

疑問2.薬の重複があったとしたら総合病院に通う意味がないではないか?(怒)コンピューター管理されているにも関わらず気づかなかった。コンピューターで他の診療科が全て見られるにも関わらずお薬手帳を見せてくれと言われ驚いた。他の病院には一切かかっていなくて全てその病院で出す薬しか服用していないのだから、お薬手帳を見せることぐらい構わないがなぜ?と思った。こちらしか通院してませんよと何回も母が言ってるはず。縦割りシステムでお互い他の科には関知しないという総合病院が普通なのか?期待するほうが悪いのでしょうか?患者は自分で気づくべき&自分から質問すべき?(母に薬の詳しいことなどわかるはずもない。お医者さんの言うことは絶対だと信じて言われたとおりにきっちり服用する人だから)

今回、薬剤師さんが指摘してくれなかったらずっと気づかずそのまま疑問も持たず医師の処方するまま全部服用をつづけていただろう。
いろんな病院・医院にかかっている人は、お薬手帳と、何より薬剤師さんが頼りになりますね。

医療に対する素朴な疑問、のような質問ですが、どこもそんなものだという回答が多かったら、これからはそのつもりで構えていかなければと。自分たちも勉強しなければ、と。

母が通院する大学病院で、複数の科にかかっていますが、(他の病院には一切かかっていない)先日母から初めて聞かされ疑問と不安がわいてきたので質問します。
消化器科でコニールを数年間出されていて、半年前くらい?から循環器内科ではメインテート(これも血圧を下げる薬ですよね?)も出されていて、先日ふと、
薬局で薬剤師さんに、これ(メインテート)を飲んでいることは消化器科の先生は知っていますか?と言われたという。そこで私がお薬手帳を見させてもらうと、両方とも血圧を下げる作用があると薬...続きを読む

Aベストアンサー

医療の運営面での話はUSB99さんの回答のとおりです。ひとつ追加のご質問にお答えすると、日本ではたしかに循環器科が高血圧の専門と目されています。しかし血圧というのは心臓のほか脳、腎臓、足などさまざまな臓器と関係するので少し一面的な見方になってしまってもいます。

医学的な一般論としてのお話をします。高血圧症というのが一つの薬だけで改善することはあまりありません。ひとつの薬だけを大量に投与することは、(1)副作用の危険性が高まる、(2)保険適用にならない(実費での支払いをしていただかなくてはならなくなる)ため行われず、二剤以上の高血圧の治療薬を投与されることはきわめて通常の枠内の診療行為です(日本での体系的な調査はないと思いますが、アメリカにおいてほとんどの高血圧患者さんが複数の薬剤を投与されていることが分かっています)。

高血圧の薬で副作用が起こるかどうかというと、基本的にコニールというのはカルシウム受容体拮抗薬という種類の薬ですが副作用はあまりありません。これにメインテートというβ受容体遮断薬という種類の薬を加えて副作用が起こりやすくなるということも知りません。ただ血圧が下がりすぎればめまい・ふらつきなどはあります。これは別に組み合わせなくても一剤でも起こります。β受容体遮断薬自体は比較的副作用が多いほうの薬で、脈が遅くなったり、喘息がある人は喘息が悪化したりします。また心臓がきわめて悪い人には使ってはいけないが心臓がそれなりに悪い人にはよい薬という不思議な薬です。そのほかサイアザイド系利尿薬、α受容体遮断薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬などというのが現状よくつかわれている血圧を下げる薬です。ほとんどの高血圧患者さんはこれらを組み合わせて飲んでいらっしゃいます。組合せで副作用が起こるとすれば、アンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシン受容体拮抗薬との組合せで血液のカリウムの濃度が上がりやすいことが知られています。α受容体遮断薬は心不全をすこし起こしやすくするかもしれません。これはごく最近いわれはじめてきたことで、そろそろガイドラインに反映されるかもしれません。

これらにはそれぞれ得意、不得意があります。一般にβ受容体遮断薬とアンジオテンシン変換酵素阻害薬は血圧をさげるほか、心臓によい薬として知られています。アンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシン受容体拮抗薬は腎臓によいことがわかっています。アンジオテンシン変換酵素阻害薬は咳が出るという副作用があり(結構つらいです)、しかもこれは日本人などアジア人に多いことが分かっています。アンジオテンシン受容体拮抗薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬からこの副作用を除いた比較的新しい薬ですが、高いうえ、少し効果が弱いと考えられ始めています(ただしアンジオテンシン受容体拮抗薬のうち「ミカルディス」という薬はアンジオテンシン変換酵素阻害薬と同等の効果をもつかもしれません)。カルシウム受容体拮抗薬は先に書いたように副作用が少ないほか血圧を下げる作用が最も強いです。あと日本人に多いタイプの狭心症・心筋梗塞に効果があると考えられています。カルシウム受容体拮抗薬の中にも種類があり、非ジヒドロピリジン系と呼ばれるヘルベッサーという薬は心臓に良いことがわかっています(コニールはジヒドロピリジン系です)。ヘルベッサーやβ受容体遮断薬は心臓にブロックのある方は使ってはいけません。α受容体遮断薬は前立腺肥大症にも効果があるので、そういう方には一挙両得ではありますが前述の理由から最近は少し手控える傾向にあるかもしれません。めまい・ふらつきと言えばこの薬が一番起こしやすいと思います。サイアザイド系利尿薬のメリットといえば安いことです。サイアザイド系利尿薬には血糖値や尿酸値を高くしてしまう副作用があります。あとおしっこがよくでます。大規模な臨床試験によって他の薬と大きな差はないことがわかっているためアメリカをはじめ世界では現在サイアザイド系利尿薬が最も処方が多い薬となっています(安いから)。しかし日本では完全保険診療のもと、薬剤費をあまり重視しない傾向があり、この薬の処方数はあまり多くはありません。そのほか世界と比較した日本の診療の特徴として、たとえ効果がよくても副作用がある薬を使いたがらない傾向があるといわれています。今回のお話ではβ受容体遮断薬とアンジオテンシン変換酵素阻害薬はまさにそのような薬で、世界と比べて日本での処方量はとても少ないといわれています。ただ科学的に効果が証明されたいい薬なので海外、特にアメリカではよく処方されていると聞きます。

というわけで血圧の薬を組み合わせることには問題はないですし、この二剤の組合せというのもまれなものではありませんが、なんで処方をやめたのかについては担当の先生に聞いてみてください。

医療の運営面での話はUSB99さんの回答のとおりです。ひとつ追加のご質問にお答えすると、日本ではたしかに循環器科が高血圧の専門と目されています。しかし血圧というのは心臓のほか脳、腎臓、足などさまざまな臓器と関係するので少し一面的な見方になってしまってもいます。

医学的な一般論としてのお話をします。高血圧症というのが一つの薬だけで改善することはあまりありません。ひとつの薬だけを大量に投与することは、(1)副作用の危険性が高まる、(2)保険適用にならない(実費での支払いをしていただかな...続きを読む

Qフロモックス錠、ロキソニン錠の副作用について

中学2年の男の子です。目が腫れて、ものもらいだと思うんですが、病院に行きました。
フロモックス錠、ロキソニン錠の内服薬をもらいました。
もちろん点眼の薬ももらいました。
副作用が怖いことが書かれていたのですが、3日間飲み続けて大丈夫でしょうか?
知っている方、お願いします。

Aベストアンサー

怖い副作用が必ず起きるのであれば、なぜ病院は薬を出すのでしょうか?

副作用とは必ず起きるものではありません。ごくごくたまに起こる副作用を重要視し、今の異常が放置されてはどちらが健康なのかよくわかりません。

副作用が多いということは、それだけよく調べているということです。サプリメントはなどは薬品ではないので調べなくてもいいのですが、調べればいろいろなことが出てきます。それにロキソニンは最近市販も認められたので安全性の高いお薬と言えます。例えば関節リウマチ等では毎日飲んでいる方も、日本国内だけでなく全世界いるわけです。

処方通り服用され、早く治した方が健康と言えるでしょう。長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

Q三日で血糖値がさがる。血圧がさがる。ネックレスをするだけでやせる。

三日で血糖値がさがる。血圧がさがる。ネックレスをするだけでやせる。
など写真と本人の手紙、検査結果など載せてすごく効き目があるような広告がありますが、信じられません。インターネット口コミで検索しても悪い噂もあまりありません。痩せるネックレスなどは大きな新聞チラシが入っていたのにインターネットで検索しても全然いいことも悪いことも書いてありません。特に健康関連に関しての誇大広告みたいなものは問題ありと思いますが、何故悪い意見がないのでしょうか?

Aベストアンサー

業者は常に法的にもギリギリの騙しのテクニックを駆使して商売しています。一個でも多く売って利益を上げることが目的です。その業者のサイトでしたら販売にマイナスなる情報が出てくることはありえません。相手が見えない世界です。口コミだって、やらせ、でっち上げでいくらでも可能です。むしろそれが常套手段ではないでしょうか。仮にまともな口コミであったとてもその業者が取り上げるのは販売に繋がるものだけです。

悪い意見があるも、ないもそれをちゃんと知って、毅然としている人達はそういう業者は端から相手にしないでしょう。例えば、これは効果がない、とコメントの出しようもありませんね。

こんな効果がありえる!?となんとなく疑問を感じたり、胡散臭さを感じつつも色気を示す人に狙いを定めた商売でしょう。何回も騙された人が今度こそは!とまた騙されます。これで成り立つ商売です。こういう人は騙された、失敗した、と後で思っても、なんとなく胡散臭さを感じながら買って騙されたんだから自分が悪いと思うだけです。

Q緑色の尿が続いてます、 ほうちしてたらやばいですかね 市販薬100錠とか200錠飲んじゃったけど

緑色の尿が続いてます、
ほうちしてたらやばいですかね
市販薬100錠とか200錠飲んじゃったけど

Aベストアンサー

薬剤で死のうとしても、うまく死ねず障害だけ残る可能性が高いです。
後遺症が残るかもしれないので、明日でもいいので医者に行ってください。

Q血圧の薬。降圧薬を飲むと異様に無気力になったり、意気消沈したり、テンシ

血圧の薬。降圧薬を飲むと異様に無気力になったり、意気消沈したり、テンション激減したり、元気が出なくなったりしませんか??副作用なのでしょうか??

Aベストアンサー

一般的に処方される薬であるカルシューム拮抗剤やベータブロッカーはうつの副作用があるので、
その傾向がある方が使うとはっきりするのかもしれません。
降圧剤はいろいろな種類が有りますから、院内処方の医者でも3種類ぐらいは手持ちのはず。
替えてもらって様子をみてください。
そう簡単に自分に合う薬は見つからないものと思えば気が楽です。
病気によったら薬の選択ができないようなものもあるわけですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報