【初月無料キャンペーン中】gooドクター

中学生の時に美術の授業でやったことのある、何層かに分かれているボードを掘って色の違いを出すボードを探しています
私の記憶では、いくつかの層かに分かれたボードで、一番上が白で下の層になるほど段々黒くなって行っていくボードです。(材質は厚手の紙か木のような変わった材質だったと思います)そのボードを彫刻刀で削っていくと深く削ると真っ黒になり、少し削ると灰色になる、と言う感じで、層による色の違いで白黒写真のような絵を描いていくというものです。久しぶりにやってみたくなりましたがネットで検索してもそのボードが見つかりませんでした。小学生が作った作品集みたいなのはあったのですがボードの名前はわかりませんでした。そのHPによると白黒だけじゃなくカラーのボードもあるみたいです。教材用で一般には販売していないのでしょうかね?そのボードの名前がわかる方がいたら教えてください。また、ボードを個人向けに通信販売しているお店がありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

gooドクター

A 回答 (1件)

スクラッチボードの一種ではないでしょうか。


私は中学校の時に美術で使ったのは表面が黒、土台が白いプラスチックのものでしたが、表面が白いものも市販されているんですね。
画材店で取り扱っていると思います。
http://www.yumegazai.com/default.asp?cd=5068000000
http://www.talens.co.jp/product/other/cray_board …

幼稚園の時は画用紙にクレヨンで色を塗って作ったなあ、なんて思い出しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スクラッチボードと言うのですね。
私が使用したのは何層かに分かれていて色の違いが表現できたんですけど普通は白黒の2色なんですね。それはそれで面白そうですね。チャレンジしてみたいと思います。
ありがとうございます!!

お礼日時:2008/06/28 19:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング