並び替えの問題なんですけど、問題の答えに並びの順番が書いてないのでわかりません。
その問題は以下の通りです。

( service / I / station / can / lift / to / give / the / you / a)
at the next exit?

どなたかわかる方教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

車 CAN」に関するQ&A: 日本車初のCAN採用時期

A 回答 (1件)

Can I give you a lift to the service stationでしょうか。



Iをmeに変化させてもいいのなら、

Can you give me a lift to the service stationかもしれませんね。


give a lift は「車で送る」
service stationは「ガソリンスタンド」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

give a lift で「車で送る」って意味があったんですね。お恥ずかしながら勉強不足なもんで知りませんでした。だから「どうして冠詞が二つもあるのだろう?」と疑問に思っていたんです。
答えてくださって、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/16 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の質問です。 1 Can you pick me up at the station? I

英語の質問です。
1 Can you pick me up at the station?
It's ( rain / way / going / on / home / to /my /) from the office this morning.

2 Mary ( wanted to / where / idea / go / she / no /had ) during the holidays.

3 I heard you had a nice time in Tokyo.
Please ( see / took / you / me / let / the photos ).

かっこの中の並べ替えをお願いします!

Aベストアンサー

1 rain on my way going to home

2 had no idea where she wanted to go

3 let me see the photos you took

Q「I am c/service at the airport」の(c/)の意味は何ですか?

E-mailフレンドのサイトを見ていたら、「I am c/service at the airport」というのがありました。「私は空港でサービス業をしている」というようなことだと思いますが、ふとその前の「c/」が気になりました。空港内のサービス業といえば、空港の売店やレストラン等、想像していましたが、そこに気がついて何だろうと思いました。
セキュリティーかと思いましたが、辞書を見たら「Security」だったので、違うようだし・・・。「Counter」かとも思いましたが、このような表現を初めてみたのでわかりません。

実際はどういう意味なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは!!  また私なりに書いてみますね。

自分上達させるためには「知らないことは聞く」ですね。 

先輩にやれと言われましたがどうやったらいいのでしょうか、
上司にやれと言われましたが何からはじめたらいいのかわかりません。

と言う言うような人が日本には何でそんなにいるのか不思議でなりません。

先輩に言われたのであればその先輩には理由があるのでしょう。 その人を見ているわけですから、先輩しか知らない理由があるのかもしれませんね。 だったら先輩に聞く勇気を持って聞く必要があるのです。

上司に言われたら、確かに私はやり方がわかりません、とは言いにくいかもしれませんね。 そして、何から何まで手にとって教えなくてはならない部下は面倒くさいですね。 しかし、聞き方って言うものがありますよね。 こういう風に理解しましたがそれでよろしいのでしょうか、こういうブランでやりたいと思いますがコメントをいただければうれしいのですが、XXXと言う用語をお使いになりましたがどのような意味なのでしょうか。などこれからやるべきことへのヒントを上司その人から受ける事で信頼性やあなたの姿勢もわかってもらえるでしょう。 

そこに初心者としての、また、後輩・部下としての甘えも通せるわけですね。

英語に関しては「外人」なのですね。 40年もアメリカにいて普通の大人が知っていることを知らなくては「みっともない」と私は感じているから必要なことはその人から聞くようにしています。 その人だって知らないことはたくさんあるのですから、上司であろうと、先輩であろうと、お客さんであろうと、理解の確認を求めることは恥ずかしいことではないのです。 知ったかぶりして笑われるよりいいわけです。

今回の事だって、この表現を知らなくたってまったくおかしい、恥ずかしい、みっともないなんて事はまったくないのです。 (不定がないのがちょっと気になりますが)

c/serviceと言う肩書き・職名で空港であれば、

cargo service
customer service
crisis services
cab service
call service
cleaning service
clearance service
chapel/church service
civilian service
craft service
などたくさんありますね。

確かにcustomer serviceが一番よく知られているので多分これだとは思いますが、航空会社のcustomer service?それとも空港のcustomer service? わからないですね。 

わからないときは聞く、そして、わからない英語表現を使われたときにはその人に聞くことで、ただの推測ではなく、もっと奥深くこのc/serviceと言うものを教えてくれるでしょう。 それがI am c/service と言う表現でその人の職業(じゃないかもしれないけど)のことをよりイメージ出来ますね。 イメージできればこれからの話題のひとつとしても使えることになります。 イメージできなければ、もしかしたら話題からはずすような状況になってしまうかもしれませんね。

名前の読み方を知らずしてこのカテで聞いて間違った知識を得てしまい間違っていると言うことに気がつき、いまさら聞くのもなんですがその聞き方を教えてくださいと言う追加質問がむかーしありました。 もちろん結果として、そのような状況においての「聞き方」を知るいい機会にはなりましたが、何ヶ月もカタカナでその人の名前をメールで書いていたのはやはりまずかったですよね。 (その人の名前を推測に基づいた回答を信じてしまったのがまずかったわけです) How do you pronounce your name?とはじめにその人じかに聞けばよかったわけです。 日本人に同じ質問をしてもおかしくないわけですからこちらから聞くのもおかしくないわけです。 

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。 

Gです。 こんにちは!!  また私なりに書いてみますね。

自分上達させるためには「知らないことは聞く」ですね。 

先輩にやれと言われましたがどうやったらいいのでしょうか、
上司にやれと言われましたが何からはじめたらいいのかわかりません。

と言う言うような人が日本には何でそんなにいるのか不思議でなりません。

先輩に言われたのであればその先輩には理由があるのでしょう。 その人を見ているわけですから、先輩しか知らない理由があるのかもしれませんね。 だったら先輩に聞く勇気を...続きを読む

Qnextとthe next、話法の転換

直接話法→next
間接話法→the next

学生のころ、
next...→the next...
tomorrow→the next day
と機械的に変換すべし、と教えられました。

例えば、
He said, "I will meet her next Sunday."
↓[変換]
He said (that) he would meet her the next Sunday

★どうして間接話法にするとthe nextになるのでしょうか?
nextとthe nextの違いがよくわかりません。

そもそもthe(定冠詞)は名詞を限定しているとわけで、その役割は、
(1)すでに説明済みである
(2)後で説明するよ
(3)1つしかないよ、
を示唆すると理解しています。

話法の転換するとtheがついたり、はずれたりするのは、何故でしょうか?
ニュアンスを含めて教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たとえば,昨日,父が「明日は忙しい」と言ったとして,
直接話法では
My father said, "I'll be busy tomorrow."
となります。

この「明日」とは,書いている今からすると,「今日」にあたるわけです。

これを
My father said that he would be busy tomorrow.
とすると,明日になってしまいます。

the next day とすることで,昨日からみた翌日,すなわち今日と同じになります。

だから,機械的に tomorrow → the next day でなく,today にしてもいい場合もあります。

日本語はこのような直接話法・間接話法の別がないので,
「お父さん,昨日,明日は忙しいって言ってたよ」
というと,この「明日」は今日のことか,明日のことかわからない時があります。

英語では will が時制の一致で would になるように,間接話法では客観的にストーリーを語ることになります。

日本語で「翌日」というと,小説などで
「翌日,父は忙しくなるのであった」というくらいにしか使いません。
この「翌日」というのは,もちろん,今読んでいる今日からみて明日ではなく,
小説上での出来事があって,その次の日ということです。
英語の the next day というのは間接話法で普通に使われます。

たとえば,昨日,父が「明日は忙しい」と言ったとして,
直接話法では
My father said, "I'll be busy tomorrow."
となります。

この「明日」とは,書いている今からすると,「今日」にあたるわけです。

これを
My father said that he would be busy tomorrow.
とすると,明日になってしまいます。

the next day とすることで,昨日からみた翌日,すなわち今日と同じになります。

だから,機械的に tomorrow → the next day でなく,today にしてもいい場合もあります。

日本語はこのような直接話法・間接話...続きを読む

Qnextとthe nextの用法

next week, next month, next year等は来週、来月、来年ということで現在を起点にしていて、
the next week, the next month, the next yearは、話題に出たある時点を起点に、翌週、翌月、翌年を意味すると習いましたが、「次回の会議」などの場合、今が起点であっても

Let's meet at the next meeting.

などと、theを付けているのを耳にします。これも本来は、theを付けずに

Let's meet at next meeting.

とすべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

>それでは、逆のケースとして、「来月末に会いましょう」は、Let's meet at the end of next month.は誤りで、Let's meet at the end of the next month.ということになりますね。

1)●この場合は両方あると思います。正規の文法から言えば、

Let's meet at the end of the next month.

でしょうが、Let's meet next month.を可としていますので、それに at the end of をつけた形と思えば、

Let's meet at the end of next month.も可ということだと思います。

2)言いわすれていましたが、【時を表す】副詞のときに、この無冠詞化が生じるので、

at the next meeting のようなときに、at が省略されることはなく、Let's discuss it next meeting. のような副詞化も許されない、ということだと思います。

3)あと、似た例として、

They live next door. のようなとき、また、

(The) next time you come here, don't forget to bring your family.のような接続詞として使われるとき、無冠詞で使われると思います。しかし大半の例は、【時を表す】副詞のときです。

4)100%あてはまるような定式化ができませんので、申し訳ないですが、私の方からはこれくらいにいたします。

#2です。

>それでは、逆のケースとして、「来月末に会いましょう」は、Let's meet at the end of next month.は誤りで、Let's meet at the end of the next month.ということになりますね。

1)●この場合は両方あると思います。正規の文法から言えば、

Let's meet at the end of the next month.

でしょうが、Let's meet next month.を可としていますので、それに at the end of をつけた形と思えば、

Let's meet at the end of next month.も可ということだと思います。

2)言いわすれていましたが、...続きを読む

Qgive 人 the benefit of the doubtはどうして?

語彙の勉強をしていてどうしてこのような意味になるのか分かりません。

give 人 the benefit of the doubt  「人を大目に見る」「人を無罪とする」

「疑いという利益を与える」から何故このような意味になるのでしょうか。わかりやすい解説をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 benefit というのは「利益」すなわち「有利」ということです。
 doubt というのは「疑い」すなわち「100%黒」と決めつけないで灰色の解釈をする「まだ少し白の余地」があると見てやる。

 こういう考えを組み合わせると「100%有罪ではないと見て、被疑者に少しばかり有利な見方をしてやる」>「根っからの悪人と決めつけないで情状酌量の余地がある」という意味になったのだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報