国家公務員の懲戒処分には、免職、停職、減給、戒告、訓告、厳重注意というものがあるようですが、これは地方公務員の場合も同じなのでしょうか?
これらの処分は、どのような場合に下されますか?(例えば、不起訴・起訴・有罪などの場合、どの処分に該当しますか?)
先日、公務員が執行猶予中であることを職場に隠していたというニュースがありましたが、警察から事情聴取を受けたことや、書類送検されたこと、執行猶予中であることなどの事実は、本人から職場に報告する義務があるのでしょうか?
また、公務員が民事訴訟で敗訴した場合も懲戒処分となりますか?職場に民事訴訟を提起されているや敗訴したことを職場に報告する義務があるのでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国家公務員には国家公務員法、地方公務員には地方公務員法があります。



国家公務員法
(懲戒の場合)
第82条 職員が、次の各号のいずれかに該当する場合においては、これに対し
懲戒処分として、免職、停職、減給又は戒告の処分をすることができる。
1.この法律若しくは国家公務員倫理法又はこれらの法律に基づく命令
(国家公務員倫理法第5条第3項の規定に基づく訓令及び同条第4項の規定に
基づく規則を含む。)に違反した場合
2.職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
3.国民全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合


地方公務員法
(懲戒)
第29条 職員が次の各号の一に該当する場合においては、これに対し懲戒処分
として戒告、減給、停職又は免職の処分をすることができる。
1.この法律若しくは第57条に規定する特例を定めた法律又はこれに基く条例、
地方公共団体の規則若しくは地方公共団体の機関の定める規程に違反した場合
2.職務上の義務に違反し、又は職務を怠つた場合
3.全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合


共に記載順序はことなりますが同様の処分があります。
処分根拠もほぼ同等言えるでしょう。
ではどの事件に対してじの処分をするのかはその長が決めることなのでなんとも
言えないです。


> 本人から職場に報告する義務があるのでしょうか?
「3.全体の奉仕者たるにふさわしくない非行のあつた場合」という処分該当事項
にあたりますので、報告義務はあると言えます。

> 公務員が民事訴訟で敗訴した場合も懲戒処分となりますか?
基本的に無いでしょうね。
民事というのは基本的に私人間の争いであり、直ちに社会的に非難される違法行為
ではありません。
例えば家の境界線で御隣さんと争って敗訴したら懲戒処分を受けるって言うのなら、
相手の言いなりになるしかありません。

> 職場に民事訴訟を提起されているや敗訴したことを職場に報告する義務があるのでしょうか?
基本的にあくまで個人のことなので民事については報告義務は無いでしょうね。
ただしマスコミが見つけて騒ぎ出すことはあるかもしれません。
その場合は、依願退職という道でしょうね。

また、法的には報告義務が無くてもその自治体の条例や職務規定で義務があるというところもあるかもしれませんが、そこまではちょっと記憶の範囲外です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
職場への報告義務があるということですが、「全体の奉仕者たるにふさわしくない非行」に当たるかどうかの判断は本人がする訳ですから、明らかにふさわしくない非行がない限り、報告義務を怠ったということにはならないということでしょうか?

お礼日時:2008/06/28 18:08

国家公務員と地方公務員とは別々の法律で、拘束されています。


地方公務員は地方公務員法で拘束されます。
地方公務員法の懲戒処分の種類は、戒告、減給、停職、免職の4種類です。

>先日、公務員が執行猶予中であることを職場に隠していたというニュースがありましたが<

少し意味不明のニュースの様な気がします。
執行猶予になるには、裁判手続きで有罪の判決が出なければならない筈です。
公務員が裁判にかけられる場合は、地方公務員法第28条2項2号で、分限休職されますので、職場に隠す事は絶対にできない筈です。
ですから、本人から報告するかどうかのレベルではなく、分限処分を受けてる事になります。
次に民事訴訟ですが、これは、公務員個人のプライベートな問題ですから、仮に裁判で敗訴しても懲戒処分の対象にはなりません。
ただし、裁判で何回かは休暇をとる事になりますから、職場への報告や連絡は必要かと思います。しかし、敗訴したことをわざわざ報告する義務はありません。
裁判で懲戒処分の対象になるのは、刑事事件による裁判です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに意味不明のニュースですね。警察や検察からは、職場に何の連絡もないということなんでしょうか??
それとも警察や検察もプライバシーの問題があるので報告できないということなのでしょうか?

お礼日時:2008/06/28 19:17

 質問の回答にはなってませんが、こんな一文が出てきました。


《環境局は覚せい剤に関係する職員逮捕が目立った一九九八年以降、啓発冊子の配布や府警捜査員の講演など研修強化に取り組み、二〇〇二年十月には懲戒免職の指針も定めた。》
 二〇〇二年十月以前は覚せい剤で捕まっても懲戒免職にならなっかたのでしょうか?

参考URL:http://www.kyoto-np.co.jp/info/special/07si_fusy …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確認してみます。

お礼日時:2008/06/28 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーナス支給日 (公務員&民間大手)

民間企業大手と公務員のボーナス支給日がいつになるのか、慣行をお教えください。
民間大手企業のボーナスは、夏は7月の第一金曜日、冬は12月の第一金曜日が普通ではないかと思います。それぞれ「10日」としている大企業もあるみたいです。公務員は上記より少し早く支給されると記憶しています。

Aベストアンサー

国家公務員は、人事院規則で6月30日、12月10日と規定されています。
土日の場合は繰り上がります。

http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8a%fa%96%96%8e%e8%93%96&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S38F04509040&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

Q公務員が懲戒免職されたとき、労働基準監督署へ不当処分だと言えますか。

公務員が懲戒免職されたとき、労働基準監督署へ不当処分だと言えますか。
 またまた質問です。懲戒免職されたことが、どうしても納得いきません。
 こういう場合、労働基準監督署へ相談に行くこともありでしょうか。

Aベストアンサー

大変そうですね。
皆さんにも経緯を知って貰った方が答え出やすいかも

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5979945.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6136909.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6172163.html

色々と頑張ってる見たいですが
一番の根本の問題はご質問者様が起こした「交通事故」で「怪我人が出た」ですよね。
それでたまたま酒気帯びが発覚!
で、公務員を懲戒解雇となった。

車で宴会会場に自身の判断で行き、帰りの途中で事故。
誰が聞いても「自分勝手な出来事」ですよ。
この件事故無ければバンバンザイですよね。
偶然の事故で懲戒解雇。
でも懲戒解雇に至る事を意図的に行ってる。
クビになって当然。
この経緯で何処に行っても相手してくれません。
どうしてもと言うなら、ご自身で弁護士雇って地方自治体と戦わないと。

不思議で理解できません。なぜ公務員の方は飲酒運転が好きなのか・・・

Q退職日 が ボーナス支給日の場合

一般的な解釈では、
(1) 退職辞令の日が、ボーナス支給日の場合、支給は受けれるのでしょうか?
(2) 退職日以降に、ボーナス支給日があった場合、ボーナス支給対象期間は在職していたことから、100%の受け取りは可能でしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちゃんとした組織体系と就業規則がある場合。
賞与支給は○月○日(受給資格確定日)に在籍していた者を対象とする、という規程があるはずです。そしてそれは支給日の前月末などになっているのではないでしょうか(事務手続きの時間が必要なため)。
ですから重要なのは支給日ではなく、受給資格確定日です。

賞与は報償的性格ですが、それは今後も同等の貢献をすることの期待を含みます。ですから対象期間に在籍していたからといって退職する者に必ずしも賞与を与える義務はない、というのが会社の言い分です。
実際は面倒なので退職者個別のケースごとに賞与をやるやらんなどといちいち判断しません。資格確定日に在籍しているかどうかで機械的に線を引きます。

仮に支給日=資格確定日だった場合。
(1) 当日付で在籍しなくなるのですから、支給されないと解釈される? ちょっと判断できません。
(2) 受給資格がなくなっていますから支給されません。

むろん会社や退職状況によっては支給されることもあるとは思いますが、それは運がいいケースでしょうね。

Q公務員の飲酒運転による懲戒免職

福岡の飲酒運転による大事故の後、市役所の懲罰規定で飲酒運転は懲戒免職となっています。
懲罰委員会でも満場一致で懲戒免職に決定、本人は罪が重すぎると言って裁判所に訴えこの度地裁で懲戒免職取り消しの判決がでました。
このような事を認めると重大な事故を誘発する危険性が非常に高い、
また、飲酒運転撲滅にも支障をきたします。
飲酒運転を許さないためにも行動したい。
控訴して争う中で市民はどこにどう訴えたらいいのか、厳罰に科すよう署名活動をして裁判所へ提出できるか、法律上はどうできるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

>本人は罪が重すぎると言って裁判所に訴えこの度地裁で懲戒免職取り消しの判決がでました。

非常に理解に苦しみますが、公務員の特権です。
どこの自治体でも、同様の対応をしますね。
福岡の件は、公になっただけの事。個人情報を縦に、一切非公開・非処分の自治体が多いのです。

○川県警の場合、同一現職警官の飲酒運転+当て逃げ+窃盗事件がありました。内部告発で、公になった事件です。
この警官は、処分が出る前に依願退職。県警は、何故か受理。退職金を貰い、安定した共済年金生活が待っています。
何故公表しないのか?という県議会の追求に対し「個人情報保護の観点から公表しない。正しい判断だ」と(キャリア組)本部長は述べています。

○川教育委員会の場合、教え子に性的暴行を働いた教師がいました。
内部告発で、公になった事件です。
何故公表しないのか?という県議会の追求に対し「被害者の保護者からの要望である。個人情報保護の観点から公表しない方が良い。今回は、保護者の同意(協力)が得たれなかった。力不足だ」と教育委員長は述べています。

これらは、氷山の一角です。
残念ですが、これが日本の地方自治制度の根幹です。
#1の回答どおり、公務員もただの一市民であり、公僕ではありません。

>厳罰に科すよう署名活動をして裁判所へ提出できるか

遺族・被害者関係者でない限り、「刑を重くしろ」と要望する事は出来ません。
世論を盛り上げて、福岡以外からの非難の声を強くするしかありません。
○知県警の白バイ事件でも、○知県以外からの非難の声で全国的に裁判の行方が注目されています。自動車雑誌・全国放送特番にも取り上げられています。(県警の事故調査書は捏造で、明らかに白バイ隊員の過失の疑い)
福岡の場合も、福岡以外からの声を大きくする必要があります。
全国版自動車雑誌・放送局に投書するのも一つの手段です。

>本人は罪が重すぎると言って裁判所に訴えこの度地裁で懲戒免職取り消しの判決がでました。

非常に理解に苦しみますが、公務員の特権です。
どこの自治体でも、同様の対応をしますね。
福岡の件は、公になっただけの事。個人情報を縦に、一切非公開・非処分の自治体が多いのです。

○川県警の場合、同一現職警官の飲酒運転+当て逃げ+窃盗事件がありました。内部告発で、公になった事件です。
この警官は、処分が出る前に依願退職。県警は、何故か受理。退職金を貰い、安定した共済年金生活が待っていま...続きを読む

Q冬のボーナス支給日は何時?

知人に質問され軽く回答可能かと安易に引受も難問なので皆さんのヘルプを!

民間大手(世間の目から。東証1・2部、その他上場とは無関連)で、『具体的な企業名とその2002年冬のボーナス支給日は何時?』

P.S.タイムリミットは明日朝まで、お世話のなった方なので敢えて理由は聞いてません!
どなたか教えて!(ボーナス回答では無く支給日の情報です)明日以降なら「自力調査」も可能と思うが…

Aベストアンサー

民間大手企業の冬のボーナス支給日は、原則として「12月の第一金曜日」
(今年の場合は6日)が一般的です。

Q逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

ある刑事事件で無罪判決の確定した元被告人が、捜査に違法があったとして国家賠償請求を起こしたというニュースが流れました。表向きとしては、例えば違法な自白強要がなされた、その精神的苦痛に対する慰藉料料を請求するとかいったことなのでしょう。しかしそれが真の趣旨であれば、有罪も無罪も関係ありませんから、判決確定を待つ必要などないはずです。実際の趣旨は、「自分は無実なのに、違法な捜査のおかげで身体拘束されて刑事裁判につきあわされて、たくさんの経済的不利益を受けた。どうしてくれる?!」といったものなのではないでしょうか。

ところで、少なくとも我が国においては、無罪推定の原則が、憲法上も刑事訴訟法上も確立しています。無罪推定の原則とは、狭義には刑事訴訟における立証責任の問題で、被告人は当初無罪と扱われ、検察官が有罪であることを証明して初めて有罪判決が下されるということです。そして広義には被告人は、有罪判決が確定するまでは、国は被告人を有罪ではなく無罪として扱われなければならない(ましてや起訴されてもいない単なる被疑者についてはなおさら)ということです。

確かに、無罪推定の原則は、本来直接的には国(行政機関や裁判所等)を拘束するものであり、私人を直接拘束するものではありません。

しかし上述の通り、裁判所は無罪という推定から刑事裁判を始めるのですから、当然無罪判決が下される可能性もあります。つまり、逮捕されようと、起訴されようと真実はよく分からないのであり、その人が犯罪を犯したということは全くできません。可能性なら、誰にでもあります。

したがって、企業の従業員が逮捕されたとしても、あるいは起訴されたとしても、企業に懲戒免職等の懲戒処分を認めるのは、おかしいのではないでしょうか?もちろん当該企業が、確かにその従業員はそのような懲戒処分に値する行為を行ったと証明するなら別ですが、このような罪状で逮捕された・起訴されたというだけで懲戒免職を認めるのは問題があるのではないでしょうか?なるほど従業員が殺人で逮捕されたりすれば、その企業に対する信用が低下するかもしれません。しかし逮捕・起訴されただけでは有罪とも無罪ともさっぱり分からない(どちらかと言えば無罪と推定されている)のですから、信用できないと考えるのは早計であり、間違いではないでしょうか。

冒頭述べたような訴訟が起きるのは、無罪判決を得てもそれまでに受けた不利益が不可逆的・致命的で大き過ぎるという背景があると思います。裁判所は逮捕・起訴されたことのみを理由とする懲戒処分を民事訴訟で否定して、無罪との推定を受けているはずの被告人の受ける不利益を、最小化すべきではないでしょうか?

逮捕または起訴されると懲戒免職等の懲戒処分が認められることについて

ある刑事事件で無罪判決の確定した元被告人が、捜査に違法があったとして国家賠償請求を起こしたというニュースが流れました。表向きとしては、例えば違法な自白強要がなされた、その精神的苦痛に対する慰藉料料を請求するとかいったことなのでしょう。しかしそれが真の趣旨であれば、有罪も無罪も関係ありませんから、判決確定を待つ必要などないはずです。実際の趣旨は、「自分は無実なのに、違法な捜査のおかげで身体拘束されて刑事裁判...続きを読む

Aベストアンサー

> 企業の従業員が逮捕されたとしても、あるいは起訴されたとしても、企業に懲戒免職等の懲戒処分を認めるのは、おかしいのではないでしょうか?
その通りだと思います。


この事件の場合、私はこんな悪いことをしましたと告白しています。
企業は、それが違法かどうかに関係なく、逮捕されているか起訴されているかに関係なく、本人の告白を元に、自社の取り決めた規則にによる懲戒処分を行うことをおかしいとは思いません。

Qボーナス支給日が知りたい。

新日本物流株式会社の夏季ボーナス支給日は7月何日かご存知の方ご教授願います。

当方昨年の12月15日に冬季ボーナスをいただいたので遅くても15日と想像してますが、
金欠病のため
早く正確な情報が知りたくて質問させて頂きました。

Aベストアンサー

 
19日です
 

Q公務員の懲戒処分に対する不服申立、裁判について

上司からの指示により不適正な事務処理を行ったことにより、懲戒処分を受けました。でも、その背景には上司の日常的なパワハラがあり、またこの上司は長年にわたり同部署に所属し、この上司の行い(中抜けなど)は管理部局も承知のことであり、このような上司を長年放置してきた管理部局の責任、日常的なパワハラで上司の指示にそむくことができなかったとし、市と争っています。今はまだ公平委員会による口頭審理の段階ですが、今後決着がつかず民事裁判などになった場合、勝ち目はあるのでしょうか?ちなみに今回の事象で複数の職員が懲戒処分を受け、元上司は懲戒免職となりました。

Aベストアンサー

元上司の行為が犯罪、つまり逆らおうと思っても逆らえなかった、事が証明されない限りあなたの行為は責任追求の対象になります。

Q今日はボーナス支給日・・・あれ、入ってない!

今日はボーナス支給日なので、9時頃確認しにコンビニへ行きました。
ところが、入っていませんでした!!
昨日確かに15日に振り込まれますと言われたのに・・・・

給料日は普通9時から入っているのですが、ボーナスはお昼から入っているのでしょうか?
今日は休みなので、朝に代引きを頼んでしまっていて、午後13時には病院に予約をとっているので困っています。
よろしくお願いします。

ちなみに銀行はJAバンクです。

Aベストアンサー

手続きの遅れ(会社側)のことが多いです。
額の算出を間違ったので訂正したとか、
算出に手間取ったとか。
前営業日までに出来ていれば朝1、
手続き遅れで当日なら当日中(15時頃まで?)に処理されると思います。

これは会社に聞いた方がいいです。

Q訓告、戒告、訓戒のちがい

 懲戒処分や分限処分の中に、訓告、戒告、訓戒といった類似した用語が出てきますが、この3つの用語は、どのような意味の違いがあるのですか。この3つの用語の定義とわかりやすい事例でこれらの用語の違いを説明してください。

Aベストアンサー

「法律学小事典 第3版」有斐閣 によりますと

「訓告」
 公務員の非違に対する上司の指導監督措置の一種。懲戒処分のような法的効果を有しないので法律の根拠に基づかずに行われている。国会公務員法、地方公務員法上の不利益処分にあたらない。

「戒告」
 公務員の職務上の義務違反に対する懲戒処分の一種。本人の責任を確認し、将来を戒める旨の申し渡しをする処分を言う(国家公務員法82条、地方公務員法29条、地方自治法135条など)。従来、この処分は譴責(けんせき)と呼ばれていた。公務員以外の者でも、船員・弁護士・税理士など職務の性質上、国の特別の監督の下にある者の職務上の義務違反に対し懲戒として監督行政機関により戒告が行われることがある(海難審判法5条1項3号、船員法23条、弁護士法57条1項、税理士法44条1項など)。

となっています。

「訓戒」とは、上記の「訓告」と「戒告」を総称して言う時に用いられるのではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報