プロが教えるわが家の防犯対策術!

私設の電信柱が不用になり、撤去したいと考えてます。
どこに(何業者)に依頼すればよいのか教えてください。
また、大体の金額がお分かりでしたら教えて下さい。
*この電柱は、今住んでいる地域で共同テレビアンテナ用に建てたものでコンクリ製です。
撤去にはクレーンも必要ではないかと思われます。

A 回答 (2件)

前の回答者の方が仰るとおり、電力や通信の外線工事業者ですね。



車両が入れる所であれば簡単だと思います。
一時間掛かりません。

電柱の長さで値段が変わります。

神奈川周辺なら私が引き受けたいくらいですよっ
    • good
    • 4

>どこに(何業者)に依頼すればよいのか教えてください…



餅は餅屋です。
電気工事業者、特に外線工事を得意としているところです。
普通のクレーン車ではなく「建注車」という特装車両を持っているところへ頼めば、作業時間も短いですし、撤去品の再利用などの相談にも乗ってもらえるでしょう。

>今住んでいる地域で共同テレビアンテナ用に建てたもので…

地域一帯で何本もあるのをすべて撤去したいということですか。
それなら、今まで共同アンテナの維持管理をしていた会社に言えばよいでしょう。

自宅用の 1本だけなら、近くの電気屋さんから外線工事業者を紹介してもらうのが早道かと思います。

>大体の金額がお分かりでしたら教えて下さい…

特装車両が入れるところか人力だけで作業しなければならないところかなどで、値段は大幅に異なります。
事前におおよその値段を聞いてから注文してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

mukaiyama 様
ご丁寧なご回答、ありがとうございます。
早速、外線工事の会社を探してみます。

ちなみに、共同アンテナの電柱は1本で、特装車両も進入可能な場所です。
アンテナの維持管理をしていた業者はおりません。
分譲地の販売不動産会社に問い合わせしましたが、
『アンテナ撤去は始めてのケースなので分からない』と言われ困っていました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/06/30 23:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私設電柱の撤去費用について

私設電柱の撤去費用について

建築条件付きの土地を購入したのですが、前面道路に電柱がないため、
物件の上空には電力、NTT、ケーブルテレビの送電線が架線されていないので、
道路反対側送電線から接続することになり、私設柱を1~2本設置する必要があるとのことです。
区画整理の土地であり、将来前面道路に電柱設置される予定となっています。
設置されたら送電線の接続の切り替えと不要となった私設柱を撤去を自己負担でしなければなりません。
送電線の接続の切り替え費用と私設柱の撤去費用は幾らくらいかかるのでしょうか?
分かる方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

道路横断しているので高さを確保のため、または引き込みポイントが奥だった場合のために引き込み柱が必要とのことですね。

今の状態で引き込み柱を2本というのは広い土地でしょうか?旗竿地でしょうか?
一般的には1本でできる可能性が大きいと思います。


また、最初に引き込み柱を自宅に立てられた場合、道路に電柱が立ってもそのまま使われるかもしれません。
切り替えさえしないかもしれません。
きちんと話を付けておきましょう。
電気や電話会社として不要な工事はしないと思います。

また、引き込みポイントも設計段階できちんと決めておきましょう。
新築で凝ったデザインなのに配線のために残念な外観ということが結構ありますよ。
電力計や保安器などの取り付け場所もきちんと考えて設計しておきましょう。

Q電柱設置費用が自己負担になりそうで困ってます

 現在、団地に接した農地(農転)に平屋を新築中です。我が家の場合、電線を引く際に電柱の負担は電力会社ではなく、客の負担になると現地視察の電力会社に言われました。理由は、我が家以外に家が建つ予定がないからだそうです。
 電力会社は中部○力です。電線の距離は図面上で約34mあります。スッキリポールは予算の関係で設計時に諦めた経緯があります。そのため、カラーポール(L=6.3)を自費で立てる必要があります。
 過去の回答では、引き込み線の長さが 30mを超えれば、中間を支えるポールが必要になり、そのポールを立てる場所が、公用地や他人の土地なら電力会社持ち、お客さまの土地ならお客さま持ちが原則だそうですが・・・
(1) 中部○力の場合でもこの原則(法律?)に該当するのでしょうか。?
また、我が家の宅地及び周辺の土地は、義理の父の所有で、宅地は無償貸与で農転の手続きをしております。
(2) この場合では、他人の土地に該当しないのでしょうか。?
(3) 上記(1)(2)でダメな場合、恥ずかしながら予算が厳しいもので、何とか電力会社に設置してもらえる妙案はないのでしょうか。?
 よろしくお願いします。
 

 現在、団地に接した農地(農転)に平屋を新築中です。我が家の場合、電線を引く際に電柱の負担は電力会社ではなく、客の負担になると現地視察の電力会社に言われました。理由は、我が家以外に家が建つ予定がないからだそうです。
 電力会社は中部○力です。電線の距離は図面上で約34mあります。スッキリポールは予算の関係で設計時に諦めた経緯があります。そのため、カラーポール(L=6.3)を自費で立てる必要があります。
 過去の回答では、引き込み線の長さが 30mを超えれば、中間を支えるポールが必要にな...続きを読む

Aベストアンサー

>我が家の宅地及び周辺の土地は、義理の父の所有で、宅地は無償貸与…

ということで、家と周辺の土地が一体と見なされているのでしょう。

>この場合では、他人の土地に該当しないのでしょうか…

税法風にいえば「生計を一にする家族」であり、他人の土地ではないのですね。
逆に、一つの土地に親子がそれそれ別棟の家を建てても、メーターは一つしか付かないような規定もあります (電力会社によって違うところがあるかも)。
親子は他人ではないのです。

>何とか電力会社に設置してもらえる妙案はないのでしょうか…

町内会、自治会と掛け合って防犯灯を設置してもらうことです。
運が良ければ小柱を電力会社が持ってくれますし、悪くても自治会・町内会持ちです。

まあ、周りにほかの家がないのなら、自治会・町内会も難色を示すかとは思いますが、初期費用はあなた持ちで電気料と維持費を自治会・町内会にお願いすればよいでしょう。
20Wの蛍光灯が、工賃ともで 2万円程度です。
あとは小柱を電力会社が持ってくれれば万々歳ですね。

Qアスファルトの重さ(t)をm3に置き換えたい。。。

アスファルトの重さ(t)をm3に置き換えるにはどのような計算になるのでしょうか?
誰か詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

アスファルトは重量(t)で出荷します。基本的には体積を算出し、単位重量を掛けます。通常使用する密粒度13mm、舗装厚0.05m(50mm)とします。面積(m2)×厚さ(m)×2.35となりますが、さらに転圧減量として1.08を掛けます。これで算出された数量が使用重量(t)となります。
(以上引用)
 ですから、Xtのアスファルトは、X÷2.538(立方メートル)となります。
例によって、受け売りでした。(^_^;)

参考URL:http://www.setsubi-forum.jp/cgi-bin/c-board/data/construction/log/tree_105.htm

Q電柱移設費用は全額負担? 都内

電柱移設費用は全額負担? 都内

また教えて下さい。

杉並区に新築を施工中です。
敷地の前の公道に電柱があり、車の出し入れに邪魔な為に
東電に電柱移設の相談をしました。
東電は赤字経営の為に、全額の負担をお願いしますとのことで、
建築会社の現場監督の話しでは通常では折半でする案件だと言っています。
東電の言い分としては以下ような物です。

1、東電は赤字経営の為、お金を出せない。
2、現況でも車の出入りは何とか可能。
3、現況を把握の上、土地を買われた。

自分も納得がいかない為に、費用を折半にする方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

ひとつ良い事を教えます。

一般公道は電力会社の所有物ではありません。
道路所有者は各地区の自治体です。
電力会社はその自治体から公道上に電柱を建てさせてもらうための許可を得ています。
自治体はその際に地域住民の生活の支障にならないようにとの条件を付けて電力会社に建柱の許可を出します。
その条件にはどちらが後も先も関係ありません。
道路上のどこに電柱を建ててもいいというようなものではありません。
電柱付近の状況の変化に臨機応変に対応する事もその条件に含まれています。

実はこの許可は一度受けられれば未来永劫有効なものなどではなく、一定期間のみの期間限定措置であり、継続して電柱で道路占有するために定期的に自治体への道路占有の継続申請をしています。
それと公道に面する民地内の建物建築に関しては、道路所有者である自治体に道路に接する出入り口を設置する申請をしなければなりません。
その申請の際に電柱が支障となる旨を表記する事も有効となります。

道路に面する民地内の都合で道路上に建つ電柱を移動しなければならないような場合は、上記の地域住民の生活に支障という部分に該当します。
電力会社にはそういう状況になった際の保障をする事で、自治体から公道上への建柱が許可されているのです。
しかしその費用は全て電力会社で負担しなければならない事にはなっておりません。
そのような原因を作ったところに一部負担金という形で、移設費用の一部を請求する事ができます。
その一部が総額のうちのどれだけとはどこにも明記されていませんので、全額でも1%でも電力会社の言い分には従わなければなりません。
正直電力会社にそのような話を出した際に、どれだけ強気で交渉できるかで負担金の価格はどうにでも変わります。
その部分に関してはどこの行政に助けを求めてもどうにもなりません。

>1、東電は赤字経営の為、お金を出せない。

自治体から許可を得て公道上に建柱している以上、自治体が地域住民の生活を第一に尊重していますので、電力会社は道路所有者の許可条件を守る義務があります。
ただし電柱移設にかかる経費を全額負担しなければならない事にはなりません。

2、現況でも車の出入りは何とか可能。

現況とはいつのどの状況なのかが不明。
道路に面する民地内での建設工事によっては全く該当しない。
地域住民の生活に支障となる訴えがある以上、電柱移設を拒む理由にはなりえない。

3、現況を把握の上、土地を買われた。

全く持って説得力のない言葉。
確かにその電柱を避けるように出入り口などを建設すればさけられた問題ではあるが、敷地が狭ければ必ずしもそれが最善の解決方法とはなりえない。
電力会社は自治体からの道路占有の許可条件を重要視するべし。

電柱移設に関する費用を折半できるだけの根拠にはなりませんが、言われた事に対して言い返すくらいの役には立つ内容かと思います。
ただ常識的に考えても今回の事象に関しては、電柱移設に係わるその費用の半額は申請者が負担するのが一般的かと思います。

ひとつ良い事を教えます。

一般公道は電力会社の所有物ではありません。
道路所有者は各地区の自治体です。
電力会社はその自治体から公道上に電柱を建てさせてもらうための許可を得ています。
自治体はその際に地域住民の生活の支障にならないようにとの条件を付けて電力会社に建柱の許可を出します。
その条件にはどちらが後も先も関係ありません。
道路上のどこに電柱を建ててもいいというようなものではありません。
電柱付近の状況の変化に臨機応変に対応する事もその条件に含まれています。

実はこの許可...続きを読む

Q電柱の耐用年数は,何年?

住宅新築時に,敷設されたセメント電柱は何年で更新されるのでしょうか。塀,植木等あるのですが。

Aベストアンサー

電柱は設置者(電力・通信事業者等)は自主的に定期点検を実施しています。その点検で問題あり(傾斜・劣化・損傷等)と判断すれば、措置(建替・補修)をとります。点検周期は事業者によって異なると思います。目で見て不安だなぁと思える状況であれば設置した事業者に相談するのが良いでしょう。実際コンクリート電柱は通常30~40年程度は使用できますが、設置環境(架線の敷設状況・強風発生・海に近い等)に大きく左右されます。しかし、少なくとも設置後数年で危険な状態になるようなことはほぼないと思います。

敷地外に移設することに関しては、例えば国・県・市・町道等への移設は行政の許可(事業者経由で)が必要になりますが、最近はなかなか認められないため、電柱は宅地へ建てざろう得ない状況です。移設する場合は他の宅地や私道がターゲットとなると思います。

Qコンクリート電柱の引き抜き代を知りたいのですが。

約直径30センチのコンクリートアンテナ敷設の電柱の引き抜き代はいかほど掛かるものでしょうか(敷設物の取り外し代は一応除いて)。長さは約20メートルです。
ご存知の方、大体でよろしいですから教えて下さい。
また工事は電力会社か電気工事会社に依頼すればよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

  こんばんは。

 電気工事会社か建設工事会社にまずは見積りをもらってみましょう。

 クレーン車レンタル 1日 50000円
 人件費3人       100000円
 撤去・産業廃棄物処理代  30000円
 その他          20000円
 
 合計          200000円(消費税別)


 仮に私が請け負うのでしたらこれくらいを見積もりたいです。

 業者によっては、もっと高いかもしれません。
 


人気Q&Aランキング