3歳になる息子とスキーにいきました。とりあえず、スキーを履かせたところ、やる気はあるようです。でも、スキーの先端をハの字にすることができません。はっきり言って、3歳前の息子にどう説明したら理解できるか?と悩んでしまいました。『ここを三角にするのよ~』と言ってみたのですが・・・難しいようです。スキースクールにはまだ早いような気もするのです。どのように教えて行ったらよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

まずポーゲンを教える前にスキー板に慣れることが必要だと思います。


板と靴を履かせ スキー場で軽く鬼ごっこなどで30分ほど雪の上を走り回ります。次にほとんど斜度がないようなところでお父さんは自分のスキーを脱ぎ子供の下につき 子供のスキーの先端を掴みます。子供のスキーをハの字にに開かせゆっくりと滑らせます。このときあくまでもスピード方向はお父さんがコントロールします。 子供に注意することは 膝を内側にくっつけること そうすれば自分でスピードが自由にできることを体感させます。膝を内側に入れられる用になれば徐々に手を離していってもよいと思います。まっすぐ滑れるようになれば お母さんとお父さんが広めに距離をとり 真ん中に子供を滑らせます。滑りながら「ほら お父さんが呼んでるよ あっちへ行ってみて」「お母さんがこっちへおいでっていってるよ」と声をかけるだけで子供は勝手に曲がることを覚えると思います。
    • good
    • 0

幼児にスキーを教えるには、スキーで滑ることに慣れさせることです。


そのためには子どもの腰にベルトを巻き、それに2m程度のロープをつけ親が持ち、スピード調整しながら滑らせるのが一番いい方法かと思います。
安全は確保されながら子どもは割と自由に滑ることができます。
そうすると、滑るということや、スピードに慣れてきます。慣れてきたら親の言うことをやってみる余裕ができます。
私はこの方法で二人の子どもにスキーをおしえましたが、延べにして3~4回(一回あたり2、3時間)くらい続けるとボーゲンができるようになりました。
しかし、3歳児程度でしたらボーゲンまでで、これ以上は体ができていないので教えても無理です。
私の男の子の方はその後、ほおっておいても勝手に上手くなり、小学校高学年になってからアドバイス程度のことをしてあげると今では、スキー場を暴走族のように駆け巡ってます。(笑)
    • good
    • 0

良い道具があります!


スキーの先に取り付けるだけで簡単にボーゲンが出来てしまうボーゲン強制マシーンがあります。三年前スキーのインストラクターをしているとき、どうしてもボーゲンが出来なかった小学生に使ったことがあります。
インストラクターとしてはそんな邪道な道具は使いたくなかったのですが、その道具を付けただけで、かなりついてこれるようになりました。
注意点
1、リフトに乗る前に外さなければならない
2、歩けない(スケーティングができない)
3、パラレルは出来ない
4、何処に売っているかわからない・・・(値段は1,000円以内だと思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ぜひ探して試してみたいと思います。
その道具をはずすタイミングは難しくないですか?「はずしたら全然すべれない」ということはありませんか?その辺、少し心配ですが・・・

お礼日時:2001/02/19 10:19

(10年近く前ですがよかったら参考に)幼稚園児も教えた事があります。

まず、masayoさんのスキーのレベルにもよると思います。要は人の面倒まで見れるか、です。時にはふぶく中、足元の悪いところで相手に細心の注意を払ってあげられるか。ある程度クリアしてるなら、私は、スクールに入れなくてもいいと思います。体の出来上がってない子供に、大人と同じようなフォームを教えるのは、よくありません。まずは、基本的なこと(スキーの着脱法、止まり方、ゲレンデでのマナー、など)だけをきちんと教えて、あとは自由に好きなように滑らせてあげれば、おのずと上達していきます。あとは、天候や道具を選んで、いやな思い出を作らせないようにしてあげるのも大事です。関心を持っていただけたなら、もっと詳しくお答えしますよ。(^o^)丿
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私ごとですが、以前、SJAの2級を取得して、1級は2回落ちて断念・・・というくらいです。子供を生んでから少しのブランクありましたが・・・
スクールに入れるのが一番、というのもよくわかっているのですが、自分で教えてあげたいのです。onkunさんのおっしゃるように、基本的なことから、ゆっくりと教えてみようと思います。

お礼日時:2001/02/19 10:25

 スキースクールに任せるのがいいと思います。

スキースクールのインストラクターはプロですから、子どもが飽きずに楽しくレッスンしてくれますよ。3歳くらいでスクールに入るのは、そんなに珍しい事じゃないです。それに最初の段階で(自己流の癖が付く前に)スクールできちんと教えてもらった方が後々上達も早いですし。
 
 子ども対象のコースがなくても、たいてい対応してくれると思います。プライベートでなくグループレッスンで申し込んでも大丈夫です。おそらく結果的にプライベートかセミプライベートになるでしょう。
 
    • good
    • 0

小さい子対象のものがあれば、迷わずスクールに入れた方が良いと思います。


私も子供がいるので経験済みですが、親子だと子供に甘えが出てしまうし、親も感情的になり余計な口出し、手出しをしてしまうので上手く教えられません。専門家にお任せすれば遊びを取り入れたりしてくれるので、楽しみながら覚えることができると思います。でも、3歳前のお子さまの場合、ママと離れる事が第一の難関でしょうかね・・・
子供のスキーの先端をキャップのような物をかぶせ、左右つなげて滑らせているのをゲレンデで見かけます。(こうするとイヤでも先端が開かないのですね。)
子供の体につけたロープを、親が後ろで持って・・・スキーショップにちゃんと売ってました。
    • good
    • 0

昔はいわゆるボーゲンといわれるハの字からスキーを始めるのが常識でしたが、最近(といっても10年以上前から)ははじめからパラレルで覚える方法が良いと言われています。

これはボーゲンを先に覚えてしまうと、ちょっと怖くなったり制動しようとしたときにボーゲンの癖が抜けず、パラレルの状態からハの字になってスキーの先端が重なり転んでしまい更に恐怖感が増すので上達が遅くなるからです。
まず最初からパラレルで斜滑降と横滑りを教え、パラレルのままエッジを効かせて制動することを教え、次に体重移動とスキーの横滑りで回転を教えてパラレルターンを覚えさせるいうのが効率の良い教え方です。
特にお子さんでしたら大人より恐怖感も少なく、体重が軽いのと体が柔らかいのですぐ覚えてしまうと思いますよ。
    • good
    • 0

子供の喜ぶよう遊び方をしながら教えるのが良いと思います。

3歳前の子供にエッジがどうしたとか言っても、理解は出来ないですから、体に感覚として教え込めるような教え方をするのがよいと思います。
ブルーガイドスキーという雑誌の中で、本間綾美さんという方のキッズレッスンのコーナーがあるので参考にするのも良いと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー中級レベルでチューンナップって関係あるのよ?

 よく板のチュ-ンナップっていうけど、上級者やレースに出る人はとにかく、2級も取れないような、年間滑走10日程度のゲレンデスキーヤーにどれくらい影響あるの?
 小学生の子供たちはポールをやるし、1-2年で板が変わるのでいいのですが、親の分まで手間暇とお金が回りませんし、高いチューンナップ代出すくらいなら3-4シーズンで親の板も買い換えた方がいいような気がします。Hotwaxはくらいは家でやっています。
 (単なるショップの回し者的発言はご遠慮下さいませ。)

Aベストアンサー

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、シュテムターンを練習している頃かと思いますが、手入れをしていないと足が揃わなくても、きちんと手入れをした板なら足を揃えて回れますよ。

★手入れの方法
シーズンが終わったら、水分を取って、滑走面のワックスをきれいに落します。(専用のスプレーもある)
傷や穴があったら、補修材で埋めておきます。
エッジと滑走面に専用のヤスリをかけておきます。
エッジにミシン油などを塗って、板を新聞紙にくるんで、重ねずに保管します。
シーズン初めの使用開始前に、保管の時に塗った油をきれいにふき取ります。
白のベースワックスをかけ、削って、コルクでよ~くおさえます。
後は、スキーに行く度に、その雪質にあったワックスをかけて滑ります。

ワックスは必ずコテで溶かしながら塗り、余分なワックスをスクイーパで限界まで薄く削り落として、コルクでなめらかになるまでおさえます。

それと、スキー板の寿命は、ベンドが半分くらいになった時です。
つまり、板を平らなところに置くと、真ん中が膨れ上がっていますよね?
そのバネ状のものが、使うとだんだんたるんできて、バネ力がなくなってきます。
そして半分くらいになったら限界です。
目安としては50日くらい使った時ですが、板の固さなどによっても違います。

また、エッジが必要なのは、中央と後だけですから、エッジを研ぐ時に、板の先端から1/3くらいは角をとって、エッジを丸くしておいた方がよいですよ。
回転がものすごくやりやすくなります。

意味が違うんじゃないでしょうか?
naokio2000OKさんが言っているチューンナップと、スポーツ用品店が言うチューンナップは全然違いますよ。
スキー板のチュ-ンナップは、滑走面をしなければ意味がないのですが、店でやってくれるのは上側だけです。
つまり、傷だらけになった表面をきれいにして、メーカ名が良く見えるようになるだけです。

滑走面はチューンナップではなく、毎年の手入れが必要です。
手入れをするのとしないのでは、滑った時に初心者と中級者ほどの差が出ます。
例えば、中級ならば、...続きを読む

Qスキースクールについて

軽井沢で五歳の子供をスキーデビューさせようと思っていますが、スキースクールについて下記の事を教えてください。
(二泊三日のスキー旅行で、初日に入れようと思っています)

(1)軽井沢プリンスと軽井沢スノーパークどちらのスクールがお勧めですか?
(2)軽井沢プリンスには、「軽井沢スキー学校」と「岡部哲也スキースクール」があるみたいですが、どのような違いがあり、五歳児を入れるとしたら、どちらがお勧めですか?
(3)上記以外でお勧めのスキースクールはありますか?(軽井沢から車で一時間以内が希望です)

 以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(3)のみの回答です

軽井沢から1時間圏内と言うには若干遠いですが、ブランシュたかやまスキー場はキッズスキーに力を入れておりお勧めです。
スノーボード禁止な点もスキーデビューにはお勧めポイントです。

私の娘も4歳よりここのキッズスクールでレッスンを受けています。
http://www.blanche-ski.com/lesson/kidsschool.html

参考URL:http://www.blanche-ski.com/

Qスキーボードのスクール

スキーボードのスクールに通いたいと思っているのですが、どこでやっているのかがわかりません。スキーボードのスクールを知っている方がいましたら教えてください。できれば東北地方、もし東北になければ東北に近い地域でお願いします。

Aベストアンサー

私は以前こちらのスクールに入った事があります。
場所は群馬県の奥利根スキー場の為東北地方ではありませんが、スキーボード界第一人者の白川大介氏率いる白川塾の指導が受けられます。
レベルも初心者からエキスパートまで幅広く対応してくれます。
シーズンオフは神奈川県の屋内パークでスクールを開催しています。
私はエアとジブのレッスンを受けた事がありますが非常に丁寧な指導で充実したレッスン内容でした。
講師陣にはBravo Ski等のフリーライド誌に登場する方々もおりますので、彼らの滑りが見れるだけでも大満足ですヨ!

参考URL:http://www.skiboard-japan.org/dai/

Qスキーボード、身長が低いと危険?(ショートスキー、ファンスキー)

ネットショップなんかでスキーボード(ショートスキー・ファンスキー)等を探すと注意事項に『150cm以下の方には適していません』と書かれているのをよく目にします。
あれはどんな理由からなのでしょうか?
140センチ半ばの女性(成人)がやりたがっているのですが身長の低い人がやると危険なのでしょうか?

※『何年か前までサロモンのHPに《150cm以下の方には適していません》という注意書きがあった』という話は聞いたことがありますが、その注意書きには適さない理由は書かれていなかったそうです。

↑自分で見たわけではないので違ってたらすみません(^^;)

Aベストアンサー

こんにちは。
http://www.rakuten.co.jp/real/1553770/1414728/1575273/?scid=products#1240151

非開放ビンディングで、規定ギリギリの99cmを求めてしまったからだと思います。
テコの原理で足に負担がかかるわけですが、小柄な人にとっての99cmは、中肉中背の男性に換算すると130~140cmに相当することになります。

スキーボードの中でも、開放式ビンディングが付いたモデルがあります。
http://item.rakuten.co.jp/websports/200sal-9sbgr/?scid=products
非開放の簡易ビンディングに比べると重いですが、これなら大丈夫ではないでしょうか?
また、最近はスキーボードが下火で、120~140cmくらいの「MIDスキー」に移行しています。
このレンジだと全て開放式のビンディングです。

ただ、小柄な女性で初心者だと開放値3前後の場合があり、3から始まる大人用ビンディングでは下限ギリギリというケースがあります。
板の硬さ的にも、開放値2-7くらいのビンディングが付いたジュニアフリースタイル板も良いかも。

こんにちは。
http://www.rakuten.co.jp/real/1553770/1414728/1575273/?scid=products#1240151

非開放ビンディングで、規定ギリギリの99cmを求めてしまったからだと思います。
テコの原理で足に負担がかかるわけですが、小柄な人にとっての99cmは、中肉中背の男性に換算すると130~140cmに相当することになります。

スキーボードの中でも、開放式ビンディングが付いたモデルがあります。
http://item.rakuten.co.jp/websports/200sal-9sbgr/?scid=products
非開放の簡易ビンディングに比べると重いです...続きを読む

Q知的障害者を受け入れてくれるスキースクールは?

はじめまして。茨城県南部在住の者です。
先日、ARAI(新潟県妙高市)で初スキーを楽しんできました。自分には中学3年になる重度の知的障害のある子供(身体障害はありません)がいるのですが、思い切ってスキーに挑戦させてみました。
このスキー場は障害者向けスキースクールがあって、長男も2時間マンツーマンの付きっ切りで教えてもらいました。足をV字型にして停まることがどうしても理解できなかったようですが、とても楽しそうでした。インストラクターの話では、「身体で覚えれば何とかなりそう」とのです。
ただ、ARAIまでは片道5時間以上かかり、アクセスが大変なので、磐梯とか湯沢あたりで受け入れてくれるスキースクールがあればいいのですが…どなたかご存知でしたらお教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

こちらのHPをご参照ください。
ファクトリースマイルです。

湯沢(や津南)を中心に活躍されているグループで障害者対象のスキー講習が中心のメニューです。スキーに関しては湯沢中里スキー場での講習かと思います。

夏に湯沢高原でのトレッキングのガイドを毎日されていてその講習に参加したことがあります。

参考URL:http://www.factorysmile.com/fssctopippan.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報