Aを正の整数で割ると余りがB。この整数のうち最小のものは何か。という問題です。誰かとき方を教えてください。あと、このようなかたちの問題は、何通りかありますが、考え方を教えていただければうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ymmasayan さんの解答では駄目なのでしょうか?


Aを割ってB余らせる数Cということは A = QC + B と表せます。
つまり、変形すると A-B = QC です。

つまり、Cを求めるには A-B の約数を求めれば良いことになります。
(ただし、A-B の約数のうちBより大きいもので最小の物が答え)

この「A-B の約数のうちBより大きいもので最小の物」を求める方法が
引っかかっておられるのでしょうか?
    • good
    • 0

「A-B」の約数の内、B以上で一番小さい物というのが答えです。



(AもBも正の整数で、A>Bであること、上記の約数も正であることを仮定しています。)

以上。
    • good
    • 0

すみません、意味がわからないんですが、「この整数」というのはAとBのことなんでしょうか。

A自体が正の整数であるという前提はないようですが・・。
そう前提して、3÷2=1あまり1だから、3と2なのか、Aが正の整数でなくてもいいなら、1÷2=0あまり1なのか、そういうレベルの問題でもないと思うのですが。
    • good
    • 0

これはA-Bに着目すればいいと思います。


C=A-Bと置いてみるとCを素因数分解して一番小さい素数が
答えということになりそうです。でも、この素数が余りよりも
小さいと話になりません。
結局、素因数分解した素数の積で余りにもっとも近くてしかも
大きい数というのが答えでしょうね。
くどいですが例をあげてみましょう。
A=218、B=8とします。(C=210です)
Cの素因数分解(素数の積の形)は2×3×5×7です。
素数の積は、2、3、5、6、7、10、14、15・・・
ですが、8より大きくて一番近いのは10ということになります。
一般的な考え方は専門の方にお願いしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/17 00:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

100までで3で割り切れる整数は100÷3=33個
100までの2と3の公倍数は100÷6=16個
33ー16=17個
となりますね。

Q6で割ると8余り、8で割ると5余る整数

6で割ると3余り、8で割ると5余る整数のうち、
最も小さい整数を求める問題があります。

6と8の最小公倍数24から3を引いた21が正解ですが、

この場合、
「3を引く」べきであって、
なぜ「5を引く」べきではないのかが分かりません。
(当然、19が正解にはならないことは分かりますw)

考え方を教えていただけますでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

8-5=3
6-3=3

余りの反対で割り切れる数になるには,どちらも3足りないという事。

Q次の整数Aを整数Bで割り、商Qと余りRを求めなさい。

次の整数Aを整数Bで割り、商Qと余りRを求めなさい。
そしてその結果をA=BQ+Rの形で書きなさい。
A=5X三乗-4X二乗+7X-8
B=5X二乗+x-1
の解き方がわかりません。 どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単純に、AをBで割ればよいのです。
筆算で解く方法がお勧めです。

よって答えは
商Q=x-1
余R=9x+9

A=(5x二乗+x-1)(x-1)+9x-9

Q7で割ると6余り、10で割ると5余る整数のうち、もっとも小さい数は?

初歩的ですが、どうしてもわからない問題がありましたので、わかる方、答えと解説をお願いします>_<

(1)7で割ると6余り、10で割ると5余る整数のうち、もっとも小さい数は?

(2)1つのアップルパイを、A、B、Cの3人で分けた。BはAの0.9倍の量を、CはAの0.5倍の量を貰った。このとき、Aがもらった量は全体の何分の何であるか、分数で答えよ。


すみません、まだまだあるのですが取り急ぎ・・・

Aベストアンサー

(1)7で割ると6余り、10で割ると5余る整数のうち、もっとも小さい数は?

 「10で割ると5余る整数」なので、求める整数の一の位は5になります。
 次に、この整数は「7で割ると6余」ることから、この整数から6を引くと7の倍数になりますが、この時の一の位は9になります。
 そこで、7の段の九九を考えて、一の位が9になる最も小さい整数は 7×7=49 です。
 従って、求める整数は、これに 6 を加えたものになります。


(2)1つのアップルパイを、A、B、Cの3人で分けた。BはAの0.9倍の量を、CはAの0.5倍の量を貰った。このとき、Aがもらった量は全体の何分の何であるか、分数で答えよ。

 単純に、Aがもらった量は全体の

  1/(1+0.9+0.5) = 5/12

となると思います。

Q41.59のどちらを割っても余りが5となる整数をすべて求めよ。 こちらの回答をよろしくお願いします

41.59のどちらを割っても余りが5となる整数をすべて求めよ。

こちらの回答をよろしくお願いします

Aベストアンサー

41-5=36
59-5=54
求める数は36と54のどちらも割り切れて、5よりも大きい数です。
(5より小さい数で割ったときはあまりも5より小さくなります)

36と54の公約数は1、2、3、6、9、18。
5より大きいのは6、9、18です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報