学生の時から、ずっとこの問題が頭にあります。(ちなみに私は36歳男性です。)本を読んだり、信仰を持ったりして、自分なりに一生懸命考えてきました。今のところ、「修行して人として成長していくこと」かなあと思っています。皆さんはどうお考えですか。生きている意味、人生の苦しみの意味、世の中に悪の存在する意味・・・・・について、思っていることを何でも教えてください。「意味なんかない!」という意見でもかまいません。自分の宗教では・・・とか、あの人はこの本でああ言ってたとか、何でも構いません。質問の性格上、面と向かってはなかなか話題にしづらく、この掲示板を使わせていただき、いろんな方の考えを聞きたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中11~20件)

 admirebossさんのコンピューターから回答しています。

fcompoです。
 僕は時々精神病院に行ったほうがいいのではないかと思うほどこの手のことに悩み、夜も眠れないことがしばしばあります。そしていろいろ考え、さまざまな本を読んでたどり着いたひとつの結論があります。その本は、
  森 博嗣
 さんの書いている本全般です。
 森博嗣さんは、ミステリー作家ですが、彼の作品には首尾一貫したひとつの哲学が貫かれています。僕はその哲学が大好きで、かつ納得のできるのもなので、ここにご紹介します。
 それは、人は名前のために生きているというものです。
 sakura99さんの悩みは、おそらく自分のすることに何の意味も見出せないという心の葛藤から来るものでしょう。誰もが抱えうる悩みだと僕は思っています。そこにこういうひとつの結論はつけられないでしょうか?「人生におけるすべてのものは装飾である・・・」と。
 自分はかっこよくあろうと躍起になる人がいます。彼は自分のうわべをよくしようと躍起になっていると見ることができます。つまり彼の外見、彼の装飾部分です。自分は名門校に行って研究者になると勉強ばかりする人もいます。彼は頭脳という装飾部分を磨こうとしていると見ることができます。家族の為と言って身を粉にして働く人がいます。彼は家族という彼の装飾部分のために働いていると考えることができるのです。
 さて、ここで話は飛びますが、人はいつ死ぬのでしょうか?脳が死んだとき?心臓が止まったとき?それとも体細胞がすべて死滅したとき?僕はすべて違うと思います。人が死ぬのは人から忘れ去られたときです。いかがでしょうか?人は人の記憶という媒体を通じて心の中で生きつづけるのではないでしょうか?
 僕の「死」の定義はこうです。すると人は長生きするために生きると考えることができると思います。すなわちその人の名前のために生きるということです。人を取り巻くものは精神、肉体もすべて装飾に過ぎません。人の根底を成すのは名前なのです。違うでしょうか?
 人は長い歴史の中で大きな頭脳を手に入れ、それに伴って「名詞」を手に入れることができたのです。世界中で名詞を使うのは人だけです。例えば飼い犬にポチと呼びかけたら呼ばれたと思って走り酔って来るではないかと思うかもしれませんが、犬はポチという単語はこっちへ来いという命令だというように理解しています。人の脳だけが高度な名詞の細分化という作業に耐えることができたのです。こうして人は名詞を手に入れ、名前のために生きるようになったのです。ある意味幸福な生物といえるでしょう。
人の寿命はそれによって飛躍的に伸びました。日本人で最も長生きなのは僕の知る限りでは卑弥呼です。彼女はすでに3000歳になります。

 いかがですか?人に覚えていてもらうように生きる。これが人の生きる意味ではないでしょうか。その意味で僕は某真理教の教祖などは一般人よりは長生きであるといえると思います。しかし、何らかの功績で名前を残したほうが長生きできるのは自明です。
 sakura99さんもこれから名前のために生きてみるというのはいかがでしょうか?
                               fcompo
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 名前に生きる、名を残す、というのも尊い生き方ですね。

お礼日時:2001/03/15 22:00

僕は来年に受験を控える17歳の男子高校生です。

僕は高校に入りそれまでやっていた野球部を1ヶ月でやめ、休日は友人との麻雀などで過ごすという生活を送ってきました。しかし、最近、周りが受験モードに入り、さらに自分で言うのもなんですが徐々に敬遠されるようになり、今は機械相手にギャンブルをしています。しかし負けたときはもちろん、勝っても気分が晴れないときがあるのです。「自分はこんなことをやっていていいのか?将来に向けての考えはないのか?」と自ら問いかけることがあります。しかしそれについてはいくら考えても答えが出ることはなく、むしろ好きな女の子のことや親の理想と正反対な自分の現実から逃げ出したくなります。自分は何のために生まれてきたのか?なにがしたいのか?そんなことを考えても別の考えにたどり着きストレスがたまるだけです。そもそも生物は自分の子孫を繁栄させること、自分のコピーを作ることを目的としていると聞いたことがあります。あなたがそれに賛同できないならそれもよいでしょう。ぼくも賛同はできません。そしてじぶんがどういうときが自分にとって「いい時」なのか・・・と考えると、やはり楽しい時、うれしいときです。どんなつらいことがあってもそういうことを目標に生きていくことが大切だと今は思います。今後この考えは変わるかも知れませんが今の僕の意見は「生きていくことの意味は楽しいこと、うれしいことを探して行き、自分でそれを思いっきり味わうこと」だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 「思いっきり味わうこと」という部分に共感します。
 これから、春のいい季節です、思いっきり味わいたいですね。

お礼日時:2001/03/15 21:51

sakura99さま、お待たせしました。

調べがつきました。

「わたしたちはどこから来て どこへいくのか?-科学が語る人間の意味-」
著者:佐倉 統 絵:木野鳥乎 出版社:ブロンズ新社 本体価格1500円
ISBN 4-89309-207-3 C0095

☆ 貸した人に会えず、オンライン書店の検索でも探せなかったんで・・・
リアル書店の丸善に電話で「こーでこういう本で・・・」と、相談して探してもらいました。貸したのも返ってこなさそうなので、わたしももう1冊買うことにしました。

訪問看護という仕事柄、利用者さんにもよくわたし自身が聞かれます。
「ねえ、看護婦さん、何で人って死ぬんだろう」
「なんで自分が死ななくちゃならないんだろう」
「なんで自分が」「生きてる意味ってあるの」・・・・毎日のことなので、わたしたち自身の頭がいっぱいになります。「葉っぱのフレディ」では「死」のネガティブさや、人と別れることの悲しさをフォローしきれません。自分が死んでも周りに何かを残す、影響を残す、それが、あえて存在するとすれば「死後の世界」なのだとはこの本でも著者が言ってますが、やっぱり自分が一番かわいいです。自分を失うのが人間一番こわい。死があるから生が輝くというよくある言い方もよくありますが、自分の身にせまった個人的な納得のレベルでは、決して「そうだね」とは言えない一人であります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわー、面白そうな本ですね!!
さっそく本屋さんに注文しました。
「葉っぱのフレディ」も本の名前ですか?
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/20 17:22

待ってくださるんですね、申し訳ありません・・・。


効率よくいきましょうか、うろ覚えの書名を書いておきます。

「ぼくたちはどこから来てどこへいくのか? こどものための哲学対話」
ハードカバーでサイズはA5くらい。イラストは木野鳥呼さんです。
ごめんなさい、ひとまず会社行きますーー・・・。
    • good
    • 0

わたしも「意味はない」派です。


そうしてそう考えるかと言いますと、「意味」とは出来事に、あとから
人間が付加するものだから・・・です。だいたいは、その前に生きちゃって、死んじゃってると思うんです(自殺は除く)。

宇宙も、地球も、人間がなくたってそのまま、ありますきっと。

それで、たくさんたくさん生まれて死んでいくマンボウは、きっと
大きくなる前に他の魚に捕食されるとき「死ぬのが怖い!」とは
考えないと思う、という学者さんもいるんですよね。
(↑これを書いてた本、ご質問されているような内容の本で、
面白いのでぜひ紹介したいんです!が今人に貸してて書名が不明・・・。根気があったら待ってて下さい、そうでなければ、また別のところで質問してくださいませんか?)

・・・・ただし、生きることに意味を与えるのも悪くないと思っています。
その方が、面白いでしょう?
こういうのは、ダメですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。本の名前、是非是非教えて欲しいので、気長に待たせてください。回答をくださった皆様、それまで、すみませんがポイントはお待ちください。すみません!!

 人間がいなくなっても宇宙は存在する・・・とは全くそのとおりですよね。わたしもそうだと思います。
 その一方で、先日、「人間が意識して初めて宇宙は存在する」という論旨の文章を読み、大変新鮮なショックを受けました。
 自分が生まれて宇宙を認識したときに、宇宙は存在を始め、自分が死んで認識ができなくなったときに宇宙は終わる・・・という意味のことだったと思います。確か、先月号の「諸君」の中の西尾幹二さんの文章だったと思うのですが・・・。
 いままで、科学的な認識論を学校教育でも、家庭環境でも受けてきました。でも、そういう認識の仕方とは全く違う仕方があるんですね。哲学でそういう認識論があるそうなんですが、詳しくはよく分かりません。

お礼日時:2001/02/19 09:06

次元の低い回答で恥ずかしいのですが、私は「幸せになるため」です。


そのために希望を捨てずに苦労もしますし、人の身にもなりますし、第一自分だけ幸せになるのはなかなか難しく、周りのもの全てが幸せに満ち満ちている世界なら、これほど素晴らしいことはないのではないかと思います。
お金持ちになって、おいしい物をたらふく食って、ということではなく(それも否定できない自分に苦笑)、探していた物がやっと見つかったときとか、痛かった部分が直ってきて痛みがましになってきたときとか、個人的には子供達を出産したときとか、ささやかでも幸せを感じる心は誰にでもあるので、それを繰り返して生を全うできるのではないかしら、と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「幸せになるため」ほんとにそうですね。結婚し、子供が生まれてから、生活の中の、小さな幸せ、というものがとても大切だということを、近頃強く感じます。

お礼日時:2001/02/18 16:26

前の#9で回答した者です。


このテーマについて何時間もsakura99さんとお話ししたい衝動を抑えつつ、言葉足らずになることを承知で端折って端折って書きます。
 
神が宇宙を創造された目的が、人間だけのためであるとか、神自身のためであるという論理は成立しません。神にも、人間にも、人間創造に協助した天使にも、万物にも共通する目的でなければなりません。

それは、「喜びを得ること」のためであり、極めて内的なものです。外的には人間には、知識、金、権力が必要ですが、それらは所有するのが目的ではないし、永遠の相対関係を結べるものではありません。

神にも人間にも天使にも万物にも共通に必要ですべてが喜べるもの、それは真の愛しかありません。愛は永遠不変であり、宇宙創造の起源や生命の発現地は、まさに真の愛です。

愛によって主体と対象が一つになれば力が生まれ、主体に対し、同位権、同参権、相続権をもつことになります。社長と結婚すれば普通の人が社長夫人になるように。

人間の一生は、腹中時代10ヶ月、肉身時代100年、そして霊界時代千年万年永遠を生きます。腹中ではへその緒が命の綱ですが、それを切ってこの世に生まれます。この世では肺で空気を呼吸して生きますが、肉身が死ぬときはその活動が停止し、霊界に生まれます。霊界では愛を感じて呼吸する世界であり、神の愛が光で表れる世界です。

ですから人間は愛を中心として心と身体を一つにし、愛を中心として家庭を完成し、愛を中心として万物を主管する、そのような経緯をたどるように創造され、またそれを実現していく過程において喜びを得るようになっています。

しかし悲しいかな人間は神の愛の圏内から逸脱し(堕落)、神の愛の圏内に戻る(復帰)途上にあるので宗教という、愛の訓練(為に生きること)の場が必要になったのです。神と人と愛が一つになれば宗教は必要ではなくなるわけですが。

以上、不足を承知で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「愛の訓練の場が必要になった」という部分に深く感じるものがありました。この世は愛の訓練の場だ、自分は愛の訓練をしているのだと思うと、生きるエネルギーが湧いてきます。もっとも、自分自身は愛の実践からはとて遠い、弱い人間なのですが。でも、自分なりに、迷いつつ、失敗しつつ、葛藤しつつ進んでいけばいいんじゃないかとも思います。

お礼日時:2001/02/18 16:21

 こんばんは。

#6にコメントありがとうございます。

 ここまでの回答を見た感じでは、私は結構少数派に属する見解を持っていると考えてよさそうですね。多くの人が生きている意味について悩んでいると知って正直驚きです。では百歩譲って人生に何らかの意味があるとして、それが分かったらなんか意味があるのでしょうか。ひょっとすると自分に意味を見いだして、ほっと安心したいということかな。それとも単なる知識欲で、知れば満足?後者であるならば、私の知りたいことと、他人の知りたいことのベクトルがずれているだけかも、とも思えますね。それとも全然違う何か?

 さてさて、コメントに対するさらなる私見です。そのとおりで、この宇宙の誕生からして偶然の産物と考えられるので、意味を見いだすほうが困難です。「この宇宙だけが唯一のもの」という特殊な状況よりも、「数多くの(ほとんど無数の)異なった法則に支配された宇宙が誕生してその内の一つがここ」という一般化された状況の方がしっくりくると思いませんか。もちろん証明または実証は現在のところ不可能です。でも、「創造主のおっちゃんがいて唯一この宇宙だけを作りはった」というめちゃめちゃ特殊な状況も同様に証明不能なのでいいですよね。どちらも人が頭で勝手に考えただけのことです。どれがいいと思うかはその人しだいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「私は結構少数派・・・」とおっしゃっていますが、私の今までの感じからいけば、masa1000rxさんの意見はそんなに少数派でもないかも知れません。この問題について、世論調査でもしてみたら面白そうですね。

お礼日時:2001/02/17 23:52

回答に対する意見を頂きましたが、その内容を読んでちょっと補足をしてみたいと思いましたので少し書かせていただきます。


息子さんがおられるそうですが、その事に対して「生命のバトンタッチに意味があるか・・・」とあります。あなたの息子さんにとっては、あなたは間違いなく意味がある存在です。生まれてきたわけですから。

社会に貢献する、というのも場合によっては迷惑になっている場合もあるわけです。ダイナマイトを発明したノーベルが社会に貢献したか、これは人間だけをとってみれば産業は発達もしたし貢献したと言えるでしょう。原子爆弾、クローンなどをとってみても同様です。しかし特定の対象に対して貢献しても別の何かには迷惑ということも随分あるはずです。気持ちの上で人に貢献したいというのは尊敬いたします。ただ、あまり意識をされるとご自身のできる範囲の狭さにストレスが溜まってきませんか?

ちょっと宗教じみてきて申し訳ないのですが(ちなみに私自身はどの宗教もやっておりません)、「生きている意味」というのを考えた場合、やはり生命体としてする事は子孫を残す、ただこれに尽きると思います。子供がいなければ自分の意思を別の誰かに託すなど、今のところ私にはこれ以上の答えは見出せていません。まだまだ未熟者かもしれませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。子供が生まれたとき、なんだか大きな責任を果たしたような気持ちになったことを思い出します。(育児はこれからではありますが。)子供から、いろんなことを教えられているような気がします。

お礼日時:2001/02/17 12:53

最近、『人生の目的』や『なぜ人を殺してはいけないか』等の質問設定はその設定自体間違っているうんぬんという説明がありますが、はっきり申し上げましてそれはご本人が知らない、わからないから逃げ、ごまかし、正当化しているだけです。


 
人間にはその存在目的があり、つまり明確な人生の目的があり、それを成就してこそ、人生の意味があると考えます。

ただ人間は結果的な存在のため、誰も自分の意志で生まれてきた存在ではないゆえ、いくら人間自体をひっくり返してみても分解してみてもわからないのは今までの人類歴史の証明するところです。それは原因である、創造主を知らずして絶対解決の不可能な問題なのです。

すみません、今出かけるところなのでまたあとで続きを書きたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。hngさんの回答を読んだら、なんだかドキドキしてきました。続きを楽しみにしています。

お礼日時:2001/02/17 11:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏教

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後、もっと仏教の正しい知識を勉強し、信心を深めていきたいとは思うのですが、世の中見渡すと怪しい宗教ばかりに感じます。
また、伝統的な宗派を装っていても、金ばかり要求する様な寺もある気がします。そもそも「お守りを買ったら救われる」的なご利益信仰そのものがばからしい気がします。

以下のような宗派はありますでしょうか。教えてください。

・伝統的な仏教の宗派(新興系は絶対嫌)のひとつ。
・宗派の教えというよりは、仏教(釈迦)の教えそのものを客観的に教 えてくれる宗派。
→例えば「不動明王を信じれば救われる」だけではなくて、実在した人間である釈迦が説いた哲学が仏教であるはずなのに、恐らく実在しなかったであろう不動明王をご本尊にする理由を教えてくれる。

・しつこく勧誘してこない。(来る者はこばまず、去る者は追わず。)
・あまりお金をかけずにできる(年2~3万円位)
・お金をかけたければかけられる。
・信者や檀家となって入信しなくても、請えば教えてくれる。
・寄付や機関紙の購読、集会への参加を強要されない。
・教えを受けるからと言って、勧誘活動は絶対絶対にしたくない。

勝手なことばかり申しますが、ご回答宜しくお願い致します。

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後...続きを読む

Aベストアンサー

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が或いは多いかもしれません。
日常の生活では、そんな感じなのです。
特殊な場合もあります。
急を要する大切な事や人生の大事といった事です。
お金で解決のつかない、どうにもならないといった事などです。
私も若い時に、そういった事を救って頂いた経験があって、信心が深まってきたのです。
地獄で仏という言葉がありますが確かに本当です。

仏様の慈悲心(大悲)に素直に感謝しながら、だいぶ安らかに生きていけるようにもなりました。

お不動様は破邪顕正の強さだけではなく、その怖いお顔の底には、万石の涙を含んだ熾烈な慈悲の心があるとも言われています。
絶対の慈悲心、絶対の優しさです。
そんな大きな心に少しでも近づいてください。
 
最後に
仏教や密教について分からない事がありましたら
織田隆弘という人の本を読んでみてください。
私を救ってくれた人の書いた本です。
以上です。

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が...続きを読む

Q死のうとか考えるのはやめにしました

以前ここで
「異常なほどひどい学歴コンプレックスがあるから自殺を考えてる」ってことでいろいろお世話になったものです。その節はすいませんでした。と感謝の気持ちです。

自殺するって選択肢は消しました
もう死にません本当にすいませんでした

でも、
まだまだ学歴の劣等感は消えてないんです
でも多くの方のアドバイスや本を読んでるうちにわかってきたのですが、
・「母の学歴価値観をまともに受けすぎてたこと(母は私の受験失敗を悲観していた・・・とにかくよその子の行った大学をうらやましがる言動が多かった)。ひとりっこだから特にきつかった」
・「やはり自分の出身大は大嫌いなんで(底辺地方国立・昼)、社会人しながら、土日夜間コースで行きたかった大学に通う」

できれば明治大学などの(夜)に行ってみたいと思うんです

私は自分の国立大を出身ということは=「死」だと思って生きてきました。

自分は思いました。
「自殺を考えるのはやめにしよう」
「でも、国立大を母校とおもうのはやめよう」って。
そして「これからいつか行くであろう夜間の私大を一生母校としよう」

・・・これだけで私は一生健やかに生きていけます

質問

1)夜間って行っても自分でお金貯めて働きながら行きますが、「母校」ではないんでしょうか?
・・・以前「夜間なんてたとえ早稲田であっても母校と思うなよ。同窓会にすら行く資格ないね。卒業アルバムには載るなよ」って言われたんですが、夜間ってそんなに存在価値のないものなんでしょうか?私は行けたら、はっきり明治の夜学が母校って言いますが。(とにかくその国立大を母校としたくないんです)

2)私は自分から出身大を言いませんが、大学卒業後に自分の出身大を毎回言ってるような人はどういう感じがしますか?
(先日もある方が「慶応、慶応」うるさかったんです。己の出たところらしいんですが。「もう知ってる」って言いたいですが。しかもその妻も「内のだんなは慶応BOYでしてね」ってもう30歳ちかいのに)

3)死を考えるのをやめました。ちょっと楽になりました。自分はこれから夜学に行く夢がある。・・・こんな生き方はバカなんでしょうか?むなしいんでしょうか?

これからは自殺なんて言葉を出さずに、学歴だけでなく困ってるしんどい方の力になれたらって思います。

以前ここで
「異常なほどひどい学歴コンプレックスがあるから自殺を考えてる」ってことでいろいろお世話になったものです。その節はすいませんでした。と感謝の気持ちです。

自殺するって選択肢は消しました
もう死にません本当にすいませんでした

でも、
まだまだ学歴の劣等感は消えてないんです
でも多くの方のアドバイスや本を読んでるうちにわかってきたのですが、
・「母の学歴価値観をまともに受けすぎてたこと(母は私の受験失敗を悲観していた・・・とにかくよその子の行った大学をうらやまし...続きを読む

Aベストアンサー

私も 地方国立大学出身です(夫も同じ学校)
ちょっとコンプレックスありますね。
もっと進学の時良く考えておけば良かったとか思います。

でも私はベビーブーマーで それでも結構大変でしたし
学部によりますが 私大は行こうと思えばいけたと思うので
選択は失敗だったかとは思いますが(同じ難しさとか 簡単な学部でも有名私大の方が聞こえがいいとか言う意味で)
その点ではコンプレックスはあまりないです。
有名国立大学の人には 正直ちょっとだけコンプレックスあります。
それに聞こえとかそいうのじゃなくて その大学の事業内容とか教授とかにも不満があったし (友達は別としたら)もう関わりたくないって気持ちです。

とは言え 私も夫も 今の生活に不満はないですし単なるちょっとした見栄というか ちょっとふざけて自虐的になってるだけですが。
でも 夫の会社は社員情報が(自分の分ですが) ネットで見れるのですが その最終学歴欄に あまり嬉しくない出身大学が書かれていて 退社までいやおうなしに目にはいるのです。

それから 去年私がとある資格を取ったときに卒業証明が必要だったのですが 危うく関わりたくない出身大学に証明書を出してもらわなくてはいけないところだったり(卒業証書コピーと名前が変わった証明で住んだので実際にはセーフ)したし 最終の学校とは 簡単には縁が切れないんだなって思いました。

で 私たちが考えているのは 有名私大の大学院の社会人枠に行くことです。
私たちは4大しか出ていないので 夜間だろうがなんだろうが院に行けばそれが最終学歴に間違いないし
夫の社員情報の最終学歴欄も書きかえることが出来ます!

誰も気にしないと思うので 単なる見栄というか気持ちの問題ですが
大学院に行って勉強するのは良いことなので いいかなー?って思っています。
実は4大卒ということも 最近はちょっとしょぼいのではないかという気もしてきていますので一石二鳥です。

質問者様もご一緒にいかがでしょうか?

私も 地方国立大学出身です(夫も同じ学校)
ちょっとコンプレックスありますね。
もっと進学の時良く考えておけば良かったとか思います。

でも私はベビーブーマーで それでも結構大変でしたし
学部によりますが 私大は行こうと思えばいけたと思うので
選択は失敗だったかとは思いますが(同じ難しさとか 簡単な学部でも有名私大の方が聞こえがいいとか言う意味で)
その点ではコンプレックスはあまりないです。
有名国立大学の人には 正直ちょっとだけコンプレックスあります。
それに聞こえとか...続きを読む

Q仏教の分類について

仏教は、観光仏教・民俗仏教・葬式仏教・信仰仏教に分類されるそうですが、具体的にはどのような違いがあるのですか?できれば、その成立の過程や、現在の日本仏教への影響についても教えてください。

Aベストアンサー

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心のお客さんを集めてお金にするという意味では善光寺や清水寺なんかは江戸時代からそうかもしれません。また巡礼も見方を変えれば観光仏教と言えるでしょう。
 民俗仏教というのは、お寺を離れて民俗信仰として息づいている仏教的なもののこと。京都の地蔵盆や各地に残っている百万念仏、あるいはお盆やお彼岸の地域的な風習といったものから、葬儀にかかわるその地域だけの習俗なども含まれると思います。山伏や修験も仏教的な要素を多く持っているという面で民俗仏教と言えるかもしれません。この起源はどこまでさかのぼれるか不明であるとしかいえませんが、多くの場合中世期に現在のかたちが完成しているようです。
 葬式仏教というのは、お寺もしくは仏教は葬式と法事だけをやればいい、という発想や信仰のこと。多くの日本人がそうであるように人が死んだときだけ仏教にかかわるという態度のことであり、一方お坊さんの側ではそうした人生の不幸に際して相手にたかるたちの悪い売僧への悪罵として用いられることもあるようです。これも今のような状況になったのは戦中から戦後にかけてですが、度合いこそ違え日本人は江戸時代ごろからそういう傾向がありました。幕府がキリシタン禁制を行うために、すべての日本人(神道者も含めて)はどこかのお寺に属し、そこで葬式をあげなくてはならない、という制度を作ったあたりに淵源があるといえます。
 信仰仏教は以上のいずれでもない、人間の苦しみを救うための信仰としての仏教のことでしょう。ここまでゆくとその淵源は聖徳太子あたりにさかのぼってしまいます。

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心の...続きを読む

Q予期不安の解消法について。 1か月前ほどに学校で初めて 動悸が起こりました。 自分なりに心当たりはあ

予期不安の解消法について。

1か月前ほどに学校で初めて
動悸が起こりました。
自分なりに心当たりはあります
( 話すと長くなるのでやめます )

動悸というのは初めてだったので
その時の胸が締め付けられる感覚を
体が覚えてしまって
ここ1か月、不安な時とかに起こります。

そして、症状が起きていない時でも
常に頭の中に不安があり、
楽しい時も頭の片隅に
不安があるので辛いです。
不安が大きくなると胸がざわざわして
動悸が起こります…

多分、不安が消えれば動悸や
胸の圧迫感も治ると思うんです。
予期不安ってどうやったら
良くなっていくのですか?
良くなった方いますか?
時間が経てば多少は良くなりますか?

精神科などは、親に反対されているのと
私自身も行きたくないので
かかりたくないです。
他でアドバイス頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を起こした時は、「あ、兄貴と一緒だ」と思ったし、物凄く辛かったのは確かだけど、すぐに「兄貴も死ななかったんだから大丈夫」と自分に言い聞かせました。

また、兄のその時期に、祖母がバスに轢かれて他界して、母が精神的におかしくなった時期でもあるので、部活が始まると過換気発作を起こすようになったの。
でも、当時は部活を休めばビンタだったし、そんな母に相談することもできなかったから過換気発作の間だけは体育倉庫に一人で隠れていました。

そういう経験もあったから、パニック障害でどんなに辛くても会社には行きました(行くことが出来ました)。

ただ、パニック障害になってからの丸18年通院していて、服薬もしています。
転居等もあって、今の医師が4人目で、この医師のおかげで発作は殆ど起こらなくなりました。
本来なら、もう減薬をして、いつかは薬を飲まずになるのを目標にすべきなんでしょうけど、30代後半に再婚しても、継子を引き取ったり、母が自殺の疑いのある死に方をしたりと、本当に色々あって、減薬にチャレンジする機会を逃してきた面もあるし、諦めというか、開き直りの心境ですね。
「薬を飲んでいても普通の生活ができるならそっちの方がいいや」という感じです。

私はいつからなのかは分かりませんが、不妊症で、妊娠することも一度も無かったので、薬を止めなければいけないということも無かったんですけどね。
(軽い安定剤を服薬しながら元気な赤ちゃんを産んでいる女性も沢山いますよ)

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を...続きを読む

Q「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由

「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由とは何ですか?

以前、仏教について「仏教は主に小乗仏教と大乗仏教に分類されるが、小乗仏教という言葉の使用は適切ではない」という話を聞きました。
イマイチこの意味がわからないのですが…。

小乗仏教は上座部仏教の蔑称であるから適切ではない、のでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もともと「大乗仏教」と「小乗仏教」が存在したわけではありません。
釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教というのがあり、
それに対し後から出てきた一派(つまり新興宗教)が自らを大乗(仏教)と名乗り、先に存在する上座部仏教のことを古くて小さな考えしか持たない小乗(仏教)だと罵った言い方をしたものです。

上座部仏教にすれば、大乗と名乗る団体こそ新参者に過ぎない軽蔑すべき団体ですが、いかにせん大衆を味方につけた大乗側の圧倒的な勝利に、上座部仏教は小乗との汚名を着せられた格好になったものです。

歴史的に考えても、釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教は決して低く見られる存在でなく、大乗側が勝手に付けた蔑称は好ましくないと言うことです。

Q近所の方でやたらと人の洋服を見て変なとか子供ぽいとか言ってくる人がいます。毎回、毎回嫌な気持ちになり

近所の方でやたらと人の洋服を見て変なとか子供ぽいとか言ってくる人がいます。毎回、毎回嫌な気持ちになります。
マイナスの言葉は力がありますが・・・マイナス志向の方はみなさんどんなおつきあいされていますか?

Aベストアンサー

○○のファッションチェックですかぁ~…と私ならとぼけるかもですね。
○○の中は 相手が嫌がる芸能人か芸人さんが適切かもです。
そう ブラックで返します。

大体 そんなに 詳しいなら本でも出せばいいですよね…どうせ売れないでしょうけど。

言われた方の身になってごらんなさい。せっかくのお出かけも パーティーも台無し…って気分になるんだから これもどうせ分かりっこない。

ねぇ…。

こんなやつ 相手にしたら あなたの時間がもったいないですよ。
出会いそうになるなら…今どき ヘッドホンってよく目にするのですが、それを見えるようにつけて 思いっきり無視…姿が目に入っても 会釈して素通りでもよさそうですが…いかがでしょうか。
そうですねぇ…サングラスがあると もっと 知らん顔出来そうですねぇ。
ここは 笑い飛ばすのが一番の切り替え法…かと 思います。
割っちゃいましょうよ…ね (^^)/

Qなぜ仏教は力を失ってしまったのか

 
問う人:
なぜ仏教は力を失ってしまった。

「人の道」:
それは仏教が本来の理念と哲学を失い、安々とビッグバン理論の上に居座り、一神教世界の仲間入りをしたからである。
これでもー仏教は仏教でなくなった。
これで仏教は理念と哲学を完全に失い、ただ南無妙法蓮華経とかお経を唱えるだけの安物になってしもーた。

問う人:
仏教が力を取戻すことはできるのか。

「人の道」:
いや、こーなってしまった以上、仏教が力を取戻すこと出来まい。
仏教は安々とビッグバン理論の上に居座り、宇宙の偉大さを忘れ、創造主を求めるよーなった。
もはや仏教は仏教ではなくなった。
仏教はミーハーになってしもーた。

問う人:
あ~、哀れ仏教。
皆はどー思う。
 

Aベストアンサー

とうほぐの被災地で、ある曹洞宗の寺の檀家が30名も亡くなったんだと。

で、30名に戒名付けて、ひとり当たり平均30万円として、「被災遺族から900万円もの戒名料を巻き上げんのかい?と友人に聞かれた坊主は、さすがに欲ボケ、焼け太りはイケないと戒名料を無料にしたとさ。

その話を聞いた、情動信州の葬式坊主がの、「そんな話を広められて、戒名料を取れなくなるのは困る」って談話を発表しただと。

これが、仏教の実態やで。たまたま曹洞宗が慈悲を持ち、浄土真宗が無慈悲ということになっちょるが、これは偶々じゃて。みんな、出家坊主の葬式ビジネスの話じゃ。

Q「不安なことを考えちゃいけない」とわかっていても、不安なことを考えるのが、強迫性障害なんですか?

「不安なことを考えちゃいけない」とわかっていても、不安なことを考えるのが、強迫性障害なんですか?

Aベストアンサー

いや、そんな単純には病名は付かないと思います。
医師は日頃の生活や考えなどを問診して、総合的に診て判断してると思います。

Qヒンズー教、バラモン教、仏教

インドは零の発見など文明として数々の発明発見をしてきた土地だと思います。また、宗教上でも多くの宗教が芽生え発展してきたように思います。

現在、ヒンズー教がインドで最も盛んな宗教のようですが、ヒンズー教の前身にバラモン教があると勉強しました。

質問:現在、日本で私を含め信仰の深い仏教もインドから中国、朝鮮を通じて日本に入ってきましたが、この仏教はヒンズー教より歴史は古いのでしょうか?

質問:今、仏教はインドではどうして多数派では無いのでしょうか?
昔から仏教を信仰してきた私には、発祥の地のインドで仏教が盛んではないないというのが残念です。

また、お隣の中国は逆に現在仏教に関してはかなり研究が盛んに行われているようです。
質問:チベットは密教として仏教が盛んのようですが、チベットの仏教とインドの仏教の接点を教えてください。

Aベストアンサー

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこんなに苦しまなきゃいけないの?」というものです。
現代の我々はそれが化学作用によるもので人間が原因だと理解できますが、
これに近い明確な答えを出したのがインド哲学です。
つまりこれらの原因を「業(カルマ)」であるとしました。



数百年後、仏教の開祖「シャカ」が誕生します。
彼はヴェーダの思想どおり、「殺すからその報いを受けている」と考えました。
ところが彼の思索はさらにその先に突き抜けてしまいます。つまり
「我々の食事は動物を殺して食べている。だから植物を食べて生きよう」
という凄まじい結論に達します。この<<不殺>>の考えはヴェーダの「業」を信じ、
環境被害に苦しんでいたインドの人々に広く受け入れられ、
急速に勢力を拡大していきます。




ここから様々な分派が生まれますがインドにおいてはヴェーダの思想が強く、
カーストを否定した仏教徒との対立が次第に多くなります。
とはいえ、「業」の思想に明確な答え<<不殺>>を出した仏教も支持され
カースト(前世の業による階級制)の思想と仏教の不殺の思想が融合していきます。
こうして成立したのがヒンドゥー教です。



一方で中国にわたった仏教は、儒教や道教の思想と出会い、
やはり融合をすることになります。この中国仏教が日本に伝わっている仏教です。
統治論としての政治手法や組織宗教としての完成度は高まっていますが
一方で最初の理想である<<不殺>>は大部分で失われており、ほぼ別物です。
つまり原始仏教の成立は早いものの、日本に伝来した中国仏教は
成立がかなり後期ということになります。



これ以外にも様々な宗教が仏教との融合により生まれています。
チベット土着の宗教であるボン教は巫女による神との交信を行っていた宗教ですが、
これが仏教と出会い儀式性の強いチベット仏教へと変化していったのです。

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこ...続きを読む

Q不安障害 何でもすぐ嫌になる

パニック障害、全般性不安障害、嘔吐恐怖で通院しています。
25歳女性です。結婚して今は家にいます。
今はパニック発作はそんなに出ません。ただ、嘔吐(自分・他人)をはじめいろんなこと(天災など)が怖いのは変わりません。

仕事でも趣味でも何事も長続きせず、すぐ嫌になるので、ほとほと自分が嫌になります。
仕事は今まで、医療関係や他職種のアルバイトなど色々しましたが、最高で続いたのは2年です(この職場はまあまあできそうだったのですが病気の悪化で辞めました)。だいたい数ヶ月しか続けられないのです。周りに怒られること、否定されることが怖くていつもビクビクしています。そのせいか仕事の覚えも悪く、メモをとったり復習をしたりしても、うっかりミスのようなものはしてしまい、そのうちに仕事そのものが嫌になり職場にいるのが辛くなって辞めてしまいます。
趣味にしても、これはと思って始めても、うまくいかなかったり誰かに否定されると途端にやる気がなくなり、投げ出してしまいます。
完璧主義なんだと思います。いろいろ本を買って読んでも、あまり変わりません。本に書いてある「こういう風に心がけよう」といったことも続けられないのです。
そんな努力も続かない自分が嫌です。袋小路に入った感じです。どうしたらいいかアドバイスを下さい。お叱りでも構いません。よろしくお願いします。

パニック障害、全般性不安障害、嘔吐恐怖で通院しています。
25歳女性です。結婚して今は家にいます。
今はパニック発作はそんなに出ません。ただ、嘔吐(自分・他人)をはじめいろんなこと(天災など)が怖いのは変わりません。

仕事でも趣味でも何事も長続きせず、すぐ嫌になるので、ほとほと自分が嫌になります。
仕事は今まで、医療関係や他職種のアルバイトなど色々しましたが、最高で続いたのは2年です(この職場はまあまあできそうだったのですが病気の悪化で辞めました)。だいたい数ヶ月しか続けら...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私も飽きっぽいですよ。そんな人は世の中にいっぱい居ますよ。安心して下さい。長続きするだけが良い訳じゃないですよ。

うちの主人は何でも長続きする方なんですが、それは慣れ親しんだ物が好きだからです。だから新しいことにチャレンジすることを嫌います。

私はどちらかと言うと、新しい刺激を求めてしまいます。だから、それが無くなって来たら物足りなさを感じ、色々な粗が見えてきます。そうすると嫌になるんですよね。。。

ただ私の場合は、主人に対してだけは飽きないんですよね。なので長くお付き合いして結婚しました。まあ、飽きないというより、自分の本拠地って感じで、そこを拠点に他の物に刺激を求めているって感じなんですが。

質問者様の場合はどうですか?本拠地さえあれば、あとはスパイス程度に考えて、色々チャレンジすれば良いと思いますよ。もうすでに、色々な職業を経験していらっしゃるようですが、世の中にはもっと沢山の職業があると思います。色々新しいものにチャレンジできることも才能ですよ。要は、色んな価値観があるということを自分の中で認めてあげれば良いんですよ。

私の持論ですが、人生に努力というのは必要ではないと思っています。先々を見通す想像力と、自分がやりたいことをやる行動力、なりふり構わず没頭する集中力、これさえあれば、辛い努力なんて無縁になると思っています。想像力があれば、自分が今やっていることの結果で先がどうなっていくか想像できますし、それをどうしたいかによって今取りたい行動は変ってきます。その行動を迷い無く行なう行動力があれば、チャンスを掴むことはできます。そして掴んだチャンスに飽きるまで没頭する集中力があれば、幸せを感じることは出来ます。

努力というと、嫌なことでも足を踏ん張って耐えるという意識がありませんか?だけど、やりたいことに没頭している姿は、回りから見ると「頑張っている」と評価されることが多いです。その場合、本人は辛い努力とは無縁でも、周りの評価は努力家ということになります。やりたくないなら目先を変えて、やりたいことに没頭する時間を持った方が有意義な時間が過ごせますよ。

没頭できる時間が限られているなら、より深く没頭すれば良いと思います。短距離ランナーはマラソンは走れません。短距離での記録を追及するのみです。

こんにちは。

私も飽きっぽいですよ。そんな人は世の中にいっぱい居ますよ。安心して下さい。長続きするだけが良い訳じゃないですよ。

うちの主人は何でも長続きする方なんですが、それは慣れ親しんだ物が好きだからです。だから新しいことにチャレンジすることを嫌います。

私はどちらかと言うと、新しい刺激を求めてしまいます。だから、それが無くなって来たら物足りなさを感じ、色々な粗が見えてきます。そうすると嫌になるんですよね。。。

ただ私の場合は、主人に対してだけは飽きないんですよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報