学生の時から、ずっとこの問題が頭にあります。(ちなみに私は36歳男性です。)本を読んだり、信仰を持ったりして、自分なりに一生懸命考えてきました。今のところ、「修行して人として成長していくこと」かなあと思っています。皆さんはどうお考えですか。生きている意味、人生の苦しみの意味、世の中に悪の存在する意味・・・・・について、思っていることを何でも教えてください。「意味なんかない!」という意見でもかまいません。自分の宗教では・・・とか、あの人はこの本でああ言ってたとか、何でも構いません。質問の性格上、面と向かってはなかなか話題にしづらく、この掲示板を使わせていただき、いろんな方の考えを聞きたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中21~28件)

お子さんはお持ちなのでしょうか?もしいらっしゃるのであれば、あなたはその子供にとってはいなくてはならない存在だったわけです。

つまり、子供が生まれた時点であなたはもういつ死んでもいいんですよ。もしいなくても、いつのまにか他人に一生を変えるような影響を与えているかもしれません。その場合だって生まれてきた意味があったと言えなくもありません。ただ、自分の行動全てが相手にどう影響しているかなんていちいち意識はしていないでしょう。気がついてみたらこんなに人を動かしていたという事もあるんですから。

先日、東京で電車にはねられて亡くなった2人の勇敢な方がいましたが、あの事件で(いい方向に)人生を変えられた人もいるはずです。

こういう風に考えると、人間誰しも誰かの為に生きていると考えられなくもありません。あまり「生きている意味」というのを意識しなくてはいいのではないかと思います。
参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。子供は、3ヶ月の息子が1人います。生命をバトンタッチする、ということに意味があったのでしょうか。その他にも、人に影響を与えてきたのでしょうか。迷惑かけたことなら無数にあるのですが。自分の職業を通じて社会に貢献したい、とは、いつも意識しています。そういうようなことが、生きる意味かもしれません。

お礼日時:2001/02/17 11:27

この手の問題は、悩み始めたらきりが無いですよね。



物事を割り切って考える人であれば「強引に」自分なりの答えを見つけて、次の問題に取り組めるのでしょうが、私のような、物事を突き詰めて考えるタイプの人間にとっては、いつまでたっても答えが出ず、人生の永遠の課題になってしまう場合があるようで…。

私にとっては、「そもそも、生きること(人生)とは何か。」という設問ですら、きちんと定義づけることが難しいです。
「人生」という言葉を使う局面ごとに、それが意味するニュアンスは変わってきますし、場合によっては180度違う内容を、「人生」という単語に置き換えて語っていたりします。

「人生とは何か?」「人生の意味は?」「生きることって?」これを機会に改めて考え直してみました。

私のこれまでの考えは、「これらの問題は、設問の定義自体が不可能だったり、自己矛盾を含んでいたりするために答えることは出来ない。 これらは、多くの『答えの無い問題』の内のひとつである。(答えが無くたって、それはそれでええやんか。そういうものや)」というものでした。

が、私自身、この答えには納得していませんでした。
「そんなこと言うたって、人生には絶対何かしらの意味があるはずや。」という思い(願望?)が拭いきれずにいました。

で、私が今感じているのは、「人生の意味とは、自分がこれまで生きてきた人生の中にこそあるのではないか」ということです。

私の主観によれば、自分の人生は現時点では、内容的に見てかなり希薄なものだと感じています。
そして多分、このことが人生に意味を見出せずにいることの原因なんじゃないかと思います。

だから、これから生きていく上で、より多くの内容、より強い味や匂いを自分の人生に詰め込んでいくことが出来れば、そのうちきっと、自分のこれまで生きてきた人生に意味を感じることが出来るのだと信じています。

※今回の答えは、自分でもなんだか納得の出来るものになりました。過去の経験ではそのうち、この答えにも満足できない日がくるはずですが、それはまた先の話。

最終的にsakura99さんがどういう答えをくだすのかは分かりませんが、私の回答がその一助にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。強い味、匂いを人生に詰め込んでいく、ということ、参考になりました。私にとって、それは、もっと人と関わっていく、ということのように思います。

お礼日時:2001/02/17 12:19

 生きている意味なんてなんにもないですよ。

単に生きてるだけ。

 これを考えましょう。うちの猫が生きている意味はの何か?ごはんを食べるためか、こたつで丸まるためか、はたまたノミを部屋にばらまくためか。池のおたまじゃくしが生きている意味は何か?池で群れて泳ぐのためか、おおきくなって蛙として過ごすためか。大腸菌の生きている意味は何か?ひとのおなかで消化を助けるためか。意味なんかなんにもないですよね。人は彼らと共通の祖先をもって進化してきています。だからいっしょです。人も生きてる意味なんかない。

 もし人だけに意味があるに違いないとお考えなら、かなり思い上がっていると言えるでしょう。人ってそんなにえらいものですか?そんなに特別なものですか?

 もし生命すべてに意味があるとお考えなら、それはそれでいいです。(まさか、すべては人のため、ではないですよね。)すばらしい。では、もっとも単純な生命である、細菌の生きている意味から考えましょう。単純だからきっと簡単でしょう。

 人生に意味を見いださなくては生きていけないのですか?

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自分だけの問題ではなく、猫の生きている意味、細菌の生きている意味、と考えていくと益々わけがわからなくなってきます。それらすべてをひっくるめると、宇宙の意味は?となりますね。進化論に基づく宇宙観では、宇宙に意味はなく、ただの偶然の集積だ、ということになるのでしょうか。

お礼日時:2001/02/17 12:26

生きている意味・・・あるのかなあ。

あって欲しいし、その意味があるなら知りたいですが、恐らくないでしょうねえ。人類そのものは地球や他の動物にとって迷惑なものでしょうし、その人間の悪行や善行がどんなものであろうとも、しょせん人間の中だけのものだしねえ。

そしてこの宇宙の歴史から見ればゴミ以下の存在でしかない人間な訳だし・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ゴミ以下の存在でしかない人間・・・というのはそうかもしれませんね。宇宙から見たら、我々はなんと小さな存在でしょう。

お礼日時:2001/02/17 12:33

ウーン、話し合いながらなら、もっと言葉に出来るのに、一方通行で答えるのが難しいヨナ?私もやっぱり「成長」かなと思っています。


苦しみの意味は、本来なら成長に結びつく為のチャンスでは?と苦労をする内に、思えるように成りました。チャンスを生かせないで居る方が、つまり苦労を感じない、悩まない、もしくは感じてない振りをしたまま生きている人の方が、気の毒なのかもしれません。
苦を知らないと、楽しみも分らないし、悪が無いと良が分らない、またはその反対もありで。
楽しみも苦しみも感じず生きていく事と、たくさんの傷みや喜びを知る事と、どちらが幸せなんでしょうね?ものすごく辛い事が続いた時は、前者の方が羨ましかったけれど、それでは幾つに成っても成長もしないのかも?過ぎてみると、まぁー私の身に必要だったから起きたのかな?と思っています。
取りとめも無く、独り言のようで、答には成りませんが・・・いえ、答などそもそも一人ずつ皆違って当然で、それでいいんじゃあないでしょうか?いろんな人が居るから、世の中いろいろ趣があっていいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「あの苦しみはには、こういう意味・価値があったんだなあ。」と思えるのは、その苦しみをやっと乗り越えた頃ですよね。苦を知らないと、楽しみも分からない、ということ、同感です。

お礼日時:2001/02/17 12:36

正解などないという前提で私見を述べます。

「修行して人として成長していくこと」というのは私も長年同じことを考えてきました。でも今は少し違っています。
つまり、一歩進んで、更に、「リレーのランナーのごとく、1区間を全力を尽くして走り抜き次の世代にバトンを渡すことと」思うようになりました。月並みですが、苦労するから楽しみもある。「悪」は「善」の引き立て役だというと割り切り過ぎでしょうか。次の世代にバトンを渡すのがそんなに価値が有るのかといえば、絶滅しそうな動物や植物、世界遺産を守ることがなぜ、価値があるのかという問と同じになるのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。バトンタッチ、というと、子供に、ということですよね。最近子供が生まれてそれは強く感じます。子供だけでなく、仕事を通して社会的にもそういうことができたらなあ、と思います。

お礼日時:2001/02/17 12:43

以前こんな質問がありました。

参考になるんじゃないでしょうか。
先ず、メンタルヘルス板で、「何で生きているのか」わからないという質問。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=38326
それから、哲学板で、「自殺とは何か」という質問。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=35688
どちらも、興味深い話が山盛りです。目を通しておくのもいいかと思います。ちなみに僕は、「生きていることの意味」について、既成物は存在しないと考えています。「意味」って、人工物ですからねぇ。何のために生きるか、結局、自分で作らなければならないんじゃないでしょうか? サルトルの「人間は自由の刑に処せられている」という言葉も、なるほどという感じです。人間は何でも出来る代わりに、あらかじめ決められたものは何も無い、という意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。自由の刑、とは面白い言葉ですね。昔の掲示板、早速見てみます。

お礼日時:2001/02/17 12:39

 神様ではあるまいし、生きる事の意味なんてそうそう理解できるものではないと思います。

何十年も生きて人生の大半を追えた後、或いは死の直前に自分の生に対する意味を自分なりに評価する事はできるかもしれませんが、生きる事とは、我々人間と言う動物がこの世に生を受けて存在している、という事実のみで十分ではないでしょうか。生きる事の意味について人間があれこれ脚色したがるのは、人間が他の生物よりも多少優れた知能を持っているがために他ならないと思います。人間様も楽ではありませんね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。「神様ではあるまいし・・・」そうなんです、こんな答え、神様しかわからない、ということは重々承知の上なのですが、問わずにいられないわがまま者なのです。あまり深く考えず、神様を信頼して、おのれの正業に精励するのが人生の価値かもしれません。

お礼日時:2001/02/17 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仏教

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後、もっと仏教の正しい知識を勉強し、信心を深めていきたいとは思うのですが、世の中見渡すと怪しい宗教ばかりに感じます。
また、伝統的な宗派を装っていても、金ばかり要求する様な寺もある気がします。そもそも「お守りを買ったら救われる」的なご利益信仰そのものがばからしい気がします。

以下のような宗派はありますでしょうか。教えてください。

・伝統的な仏教の宗派(新興系は絶対嫌)のひとつ。
・宗派の教えというよりは、仏教(釈迦)の教えそのものを客観的に教 えてくれる宗派。
→例えば「不動明王を信じれば救われる」だけではなくて、実在した人間である釈迦が説いた哲学が仏教であるはずなのに、恐らく実在しなかったであろう不動明王をご本尊にする理由を教えてくれる。

・しつこく勧誘してこない。(来る者はこばまず、去る者は追わず。)
・あまりお金をかけずにできる(年2~3万円位)
・お金をかけたければかけられる。
・信者や檀家となって入信しなくても、請えば教えてくれる。
・寄付や機関紙の購読、集会への参加を強要されない。
・教えを受けるからと言って、勧誘活動は絶対絶対にしたくない。

勝手なことばかり申しますが、ご回答宜しくお願い致します。

私は仏教に興味があり信仰を深めたいと思っていますが、どういう宗派の教えを受けたら良いかわからず困っています。

私は人との関わりあいや妄想・欲望からくる苦しみ、仕事の上の苦しみ等々で色々苦しい思いをする中で、仏教的なものに興味を持ち始めました。
般若心経や十句観音経、ご真言(不動明王、地蔵菩薩、観音菩薩)等は本やCD、インターネット、寺社参拝等で覚えて日常的によく唱えています。特に般若心経をありがたく感じています。また、お遍路や坐禅にも興味を持ち始めた今日この頃です。
今後...続きを読む

Aベストアンサー

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が或いは多いかもしれません。
日常の生活では、そんな感じなのです。
特殊な場合もあります。
急を要する大切な事や人生の大事といった事です。
お金で解決のつかない、どうにもならないといった事などです。
私も若い時に、そういった事を救って頂いた経験があって、信心が深まってきたのです。
地獄で仏という言葉がありますが確かに本当です。

仏様の慈悲心(大悲)に素直に感謝しながら、だいぶ安らかに生きていけるようにもなりました。

お不動様は破邪顕正の強さだけではなく、その怖いお顔の底には、万石の涙を含んだ熾烈な慈悲の心があるとも言われています。
絶対の慈悲心、絶対の優しさです。
そんな大きな心に少しでも近づいてください。
 
最後に
仏教や密教について分からない事がありましたら
織田隆弘という人の本を読んでみてください。
私を救ってくれた人の書いた本です。
以上です。

在家信者で教えを説く資格も無いまま、僭越ながら幾度も説法じみたアドバイスを差し上げた事をご容赦下さい。
また、心に不安や迷いを与えてしまったとしたならば、重ねてお詫び申し上げます。

私のいままでの信仰の体験や遍歴をお話するすべもありませんが、最後に、あなたにとって有益と思われる事をお話させていただきます。

仏のご加護とは(お導きとは)
自分では知らず知らずのうちに頂いているものです。
後になって、気がついて、ありがたいと思う事がほとんどです。
気がつかずにいる事の方が...続きを読む

Q死のうとか考えるのはやめにしました

以前ここで
「異常なほどひどい学歴コンプレックスがあるから自殺を考えてる」ってことでいろいろお世話になったものです。その節はすいませんでした。と感謝の気持ちです。

自殺するって選択肢は消しました
もう死にません本当にすいませんでした

でも、
まだまだ学歴の劣等感は消えてないんです
でも多くの方のアドバイスや本を読んでるうちにわかってきたのですが、
・「母の学歴価値観をまともに受けすぎてたこと(母は私の受験失敗を悲観していた・・・とにかくよその子の行った大学をうらやましがる言動が多かった)。ひとりっこだから特にきつかった」
・「やはり自分の出身大は大嫌いなんで(底辺地方国立・昼)、社会人しながら、土日夜間コースで行きたかった大学に通う」

できれば明治大学などの(夜)に行ってみたいと思うんです

私は自分の国立大を出身ということは=「死」だと思って生きてきました。

自分は思いました。
「自殺を考えるのはやめにしよう」
「でも、国立大を母校とおもうのはやめよう」って。
そして「これからいつか行くであろう夜間の私大を一生母校としよう」

・・・これだけで私は一生健やかに生きていけます

質問

1)夜間って行っても自分でお金貯めて働きながら行きますが、「母校」ではないんでしょうか?
・・・以前「夜間なんてたとえ早稲田であっても母校と思うなよ。同窓会にすら行く資格ないね。卒業アルバムには載るなよ」って言われたんですが、夜間ってそんなに存在価値のないものなんでしょうか?私は行けたら、はっきり明治の夜学が母校って言いますが。(とにかくその国立大を母校としたくないんです)

2)私は自分から出身大を言いませんが、大学卒業後に自分の出身大を毎回言ってるような人はどういう感じがしますか?
(先日もある方が「慶応、慶応」うるさかったんです。己の出たところらしいんですが。「もう知ってる」って言いたいですが。しかもその妻も「内のだんなは慶応BOYでしてね」ってもう30歳ちかいのに)

3)死を考えるのをやめました。ちょっと楽になりました。自分はこれから夜学に行く夢がある。・・・こんな生き方はバカなんでしょうか?むなしいんでしょうか?

これからは自殺なんて言葉を出さずに、学歴だけでなく困ってるしんどい方の力になれたらって思います。

以前ここで
「異常なほどひどい学歴コンプレックスがあるから自殺を考えてる」ってことでいろいろお世話になったものです。その節はすいませんでした。と感謝の気持ちです。

自殺するって選択肢は消しました
もう死にません本当にすいませんでした

でも、
まだまだ学歴の劣等感は消えてないんです
でも多くの方のアドバイスや本を読んでるうちにわかってきたのですが、
・「母の学歴価値観をまともに受けすぎてたこと(母は私の受験失敗を悲観していた・・・とにかくよその子の行った大学をうらやまし...続きを読む

Aベストアンサー

私も 地方国立大学出身です(夫も同じ学校)
ちょっとコンプレックスありますね。
もっと進学の時良く考えておけば良かったとか思います。

でも私はベビーブーマーで それでも結構大変でしたし
学部によりますが 私大は行こうと思えばいけたと思うので
選択は失敗だったかとは思いますが(同じ難しさとか 簡単な学部でも有名私大の方が聞こえがいいとか言う意味で)
その点ではコンプレックスはあまりないです。
有名国立大学の人には 正直ちょっとだけコンプレックスあります。
それに聞こえとかそいうのじゃなくて その大学の事業内容とか教授とかにも不満があったし (友達は別としたら)もう関わりたくないって気持ちです。

とは言え 私も夫も 今の生活に不満はないですし単なるちょっとした見栄というか ちょっとふざけて自虐的になってるだけですが。
でも 夫の会社は社員情報が(自分の分ですが) ネットで見れるのですが その最終学歴欄に あまり嬉しくない出身大学が書かれていて 退社までいやおうなしに目にはいるのです。

それから 去年私がとある資格を取ったときに卒業証明が必要だったのですが 危うく関わりたくない出身大学に証明書を出してもらわなくてはいけないところだったり(卒業証書コピーと名前が変わった証明で住んだので実際にはセーフ)したし 最終の学校とは 簡単には縁が切れないんだなって思いました。

で 私たちが考えているのは 有名私大の大学院の社会人枠に行くことです。
私たちは4大しか出ていないので 夜間だろうがなんだろうが院に行けばそれが最終学歴に間違いないし
夫の社員情報の最終学歴欄も書きかえることが出来ます!

誰も気にしないと思うので 単なる見栄というか気持ちの問題ですが
大学院に行って勉強するのは良いことなので いいかなー?って思っています。
実は4大卒ということも 最近はちょっとしょぼいのではないかという気もしてきていますので一石二鳥です。

質問者様もご一緒にいかがでしょうか?

私も 地方国立大学出身です(夫も同じ学校)
ちょっとコンプレックスありますね。
もっと進学の時良く考えておけば良かったとか思います。

でも私はベビーブーマーで それでも結構大変でしたし
学部によりますが 私大は行こうと思えばいけたと思うので
選択は失敗だったかとは思いますが(同じ難しさとか 簡単な学部でも有名私大の方が聞こえがいいとか言う意味で)
その点ではコンプレックスはあまりないです。
有名国立大学の人には 正直ちょっとだけコンプレックスあります。
それに聞こえとか...続きを読む

Q仏教の分類について

仏教は、観光仏教・民俗仏教・葬式仏教・信仰仏教に分類されるそうですが、具体的にはどのような違いがあるのですか?できれば、その成立の過程や、現在の日本仏教への影響についても教えてください。

Aベストアンサー

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心のお客さんを集めてお金にするという意味では善光寺や清水寺なんかは江戸時代からそうかもしれません。また巡礼も見方を変えれば観光仏教と言えるでしょう。
 民俗仏教というのは、お寺を離れて民俗信仰として息づいている仏教的なもののこと。京都の地蔵盆や各地に残っている百万念仏、あるいはお盆やお彼岸の地域的な風習といったものから、葬儀にかかわるその地域だけの習俗なども含まれると思います。山伏や修験も仏教的な要素を多く持っているという面で民俗仏教と言えるかもしれません。この起源はどこまでさかのぼれるか不明であるとしかいえませんが、多くの場合中世期に現在のかたちが完成しているようです。
 葬式仏教というのは、お寺もしくは仏教は葬式と法事だけをやればいい、という発想や信仰のこと。多くの日本人がそうであるように人が死んだときだけ仏教にかかわるという態度のことであり、一方お坊さんの側ではそうした人生の不幸に際して相手にたかるたちの悪い売僧への悪罵として用いられることもあるようです。これも今のような状況になったのは戦中から戦後にかけてですが、度合いこそ違え日本人は江戸時代ごろからそういう傾向がありました。幕府がキリシタン禁制を行うために、すべての日本人(神道者も含めて)はどこかのお寺に属し、そこで葬式をあげなくてはならない、という制度を作ったあたりに淵源があるといえます。
 信仰仏教は以上のいずれでもない、人間の苦しみを救うための信仰としての仏教のことでしょう。ここまでゆくとその淵源は聖徳太子あたりにさかのぼってしまいます。

 これは仏教の内容による分類というよりは、位相による分類だと思います。成立の過程や影響もなにも、現在の日本仏教をさまざまなレベルで区切るとこういったものに分類できる、ということでしょう。
 観光仏教というのは、京都や奈良の有名な寺院のように観光客集めの目玉として仏教を利用すること。拝観料と称して入場料を取ったり、縁結びのお守りを出したり、写経ツアーを組んだり、といったことでしょう。今のようにひどくなったのは戦後、ことに高度経済成長期以降旅行が手軽になってからですが、信心の...続きを読む

Q予期不安の解消法について。 1か月前ほどに学校で初めて 動悸が起こりました。 自分なりに心当たりはあ

予期不安の解消法について。

1か月前ほどに学校で初めて
動悸が起こりました。
自分なりに心当たりはあります
( 話すと長くなるのでやめます )

動悸というのは初めてだったので
その時の胸が締め付けられる感覚を
体が覚えてしまって
ここ1か月、不安な時とかに起こります。

そして、症状が起きていない時でも
常に頭の中に不安があり、
楽しい時も頭の片隅に
不安があるので辛いです。
不安が大きくなると胸がざわざわして
動悸が起こります…

多分、不安が消えれば動悸や
胸の圧迫感も治ると思うんです。
予期不安ってどうやったら
良くなっていくのですか?
良くなった方いますか?
時間が経てば多少は良くなりますか?

精神科などは、親に反対されているのと
私自身も行きたくないので
かかりたくないです。
他でアドバイス頂ければ嬉しいです。

Aベストアンサー

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を起こした時は、「あ、兄貴と一緒だ」と思ったし、物凄く辛かったのは確かだけど、すぐに「兄貴も死ななかったんだから大丈夫」と自分に言い聞かせました。

また、兄のその時期に、祖母がバスに轢かれて他界して、母が精神的におかしくなった時期でもあるので、部活が始まると過換気発作を起こすようになったの。
でも、当時は部活を休めばビンタだったし、そんな母に相談することもできなかったから過換気発作の間だけは体育倉庫に一人で隠れていました。

そういう経験もあったから、パニック障害でどんなに辛くても会社には行きました(行くことが出来ました)。

ただ、パニック障害になってからの丸18年通院していて、服薬もしています。
転居等もあって、今の医師が4人目で、この医師のおかげで発作は殆ど起こらなくなりました。
本来なら、もう減薬をして、いつかは薬を飲まずになるのを目標にすべきなんでしょうけど、30代後半に再婚しても、継子を引き取ったり、母が自殺の疑いのある死に方をしたりと、本当に色々あって、減薬にチャレンジする機会を逃してきた面もあるし、諦めというか、開き直りの心境ですね。
「薬を飲んでいても普通の生活ができるならそっちの方がいいや」という感じです。

私はいつからなのかは分かりませんが、不妊症で、妊娠することも一度も無かったので、薬を止めなければいけないということも無かったんですけどね。
(軽い安定剤を服薬しながら元気な赤ちゃんを産んでいる女性も沢山いますよ)

>回答者さまは現在
発作の方は大丈夫ですか?

私の兄も10代後半にパニック障害になり、私は30歳頃です。
兄の時は、パニック障害自体が日本の医学界で認知されていなかったので、予期不安という言葉も無かったし、ちゃんと見てくれる医師もいなくてね。
私は中学生だったんだけど、その兄が私に向かって「俺はもうダメだ」と、本当に棒きれが倒れるようにバタンと倒れたり、入院しても医師から酷いことを言われたり、凄く強い薬を飲まされて寝たきりになったこともあったの。
だから、私が初めてパニック発作を...続きを読む

Q「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由

「小乗仏教」という言葉の使用が適切でない理由とは何ですか?

以前、仏教について「仏教は主に小乗仏教と大乗仏教に分類されるが、小乗仏教という言葉の使用は適切ではない」という話を聞きました。
イマイチこの意味がわからないのですが…。

小乗仏教は上座部仏教の蔑称であるから適切ではない、のでしょうか?

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

もともと「大乗仏教」と「小乗仏教」が存在したわけではありません。
釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教というのがあり、
それに対し後から出てきた一派(つまり新興宗教)が自らを大乗(仏教)と名乗り、先に存在する上座部仏教のことを古くて小さな考えしか持たない小乗(仏教)だと罵った言い方をしたものです。

上座部仏教にすれば、大乗と名乗る団体こそ新参者に過ぎない軽蔑すべき団体ですが、いかにせん大衆を味方につけた大乗側の圧倒的な勝利に、上座部仏教は小乗との汚名を着せられた格好になったものです。

歴史的に考えても、釈迦の教えを忠実に守る上座部仏教は決して低く見られる存在でなく、大乗側が勝手に付けた蔑称は好ましくないと言うことです。

Q近所の方でやたらと人の洋服を見て変なとか子供ぽいとか言ってくる人がいます。毎回、毎回嫌な気持ちになり

近所の方でやたらと人の洋服を見て変なとか子供ぽいとか言ってくる人がいます。毎回、毎回嫌な気持ちになります。
マイナスの言葉は力がありますが・・・マイナス志向の方はみなさんどんなおつきあいされていますか?

Aベストアンサー

○○のファッションチェックですかぁ~…と私ならとぼけるかもですね。
○○の中は 相手が嫌がる芸能人か芸人さんが適切かもです。
そう ブラックで返します。

大体 そんなに 詳しいなら本でも出せばいいですよね…どうせ売れないでしょうけど。

言われた方の身になってごらんなさい。せっかくのお出かけも パーティーも台無し…って気分になるんだから これもどうせ分かりっこない。

ねぇ…。

こんなやつ 相手にしたら あなたの時間がもったいないですよ。
出会いそうになるなら…今どき ヘッドホンってよく目にするのですが、それを見えるようにつけて 思いっきり無視…姿が目に入っても 会釈して素通りでもよさそうですが…いかがでしょうか。
そうですねぇ…サングラスがあると もっと 知らん顔出来そうですねぇ。
ここは 笑い飛ばすのが一番の切り替え法…かと 思います。
割っちゃいましょうよ…ね (^^)/

Qなぜ仏教は力を失ってしまったのか

 
問う人:
なぜ仏教は力を失ってしまった。

「人の道」:
それは仏教が本来の理念と哲学を失い、安々とビッグバン理論の上に居座り、一神教世界の仲間入りをしたからである。
これでもー仏教は仏教でなくなった。
これで仏教は理念と哲学を完全に失い、ただ南無妙法蓮華経とかお経を唱えるだけの安物になってしもーた。

問う人:
仏教が力を取戻すことはできるのか。

「人の道」:
いや、こーなってしまった以上、仏教が力を取戻すこと出来まい。
仏教は安々とビッグバン理論の上に居座り、宇宙の偉大さを忘れ、創造主を求めるよーなった。
もはや仏教は仏教ではなくなった。
仏教はミーハーになってしもーた。

問う人:
あ~、哀れ仏教。
皆はどー思う。
 

Aベストアンサー

とうほぐの被災地で、ある曹洞宗の寺の檀家が30名も亡くなったんだと。

で、30名に戒名付けて、ひとり当たり平均30万円として、「被災遺族から900万円もの戒名料を巻き上げんのかい?と友人に聞かれた坊主は、さすがに欲ボケ、焼け太りはイケないと戒名料を無料にしたとさ。

その話を聞いた、情動信州の葬式坊主がの、「そんな話を広められて、戒名料を取れなくなるのは困る」って談話を発表しただと。

これが、仏教の実態やで。たまたま曹洞宗が慈悲を持ち、浄土真宗が無慈悲ということになっちょるが、これは偶々じゃて。みんな、出家坊主の葬式ビジネスの話じゃ。

Q「不安なことを考えちゃいけない」とわかっていても、不安なことを考えるのが、強迫性障害なんですか?

「不安なことを考えちゃいけない」とわかっていても、不安なことを考えるのが、強迫性障害なんですか?

Aベストアンサー

いや、そんな単純には病名は付かないと思います。
医師は日頃の生活や考えなどを問診して、総合的に診て判断してると思います。

Qヒンズー教、バラモン教、仏教

インドは零の発見など文明として数々の発明発見をしてきた土地だと思います。また、宗教上でも多くの宗教が芽生え発展してきたように思います。

現在、ヒンズー教がインドで最も盛んな宗教のようですが、ヒンズー教の前身にバラモン教があると勉強しました。

質問:現在、日本で私を含め信仰の深い仏教もインドから中国、朝鮮を通じて日本に入ってきましたが、この仏教はヒンズー教より歴史は古いのでしょうか?

質問:今、仏教はインドではどうして多数派では無いのでしょうか?
昔から仏教を信仰してきた私には、発祥の地のインドで仏教が盛んではないないというのが残念です。

また、お隣の中国は逆に現在仏教に関してはかなり研究が盛んに行われているようです。
質問:チベットは密教として仏教が盛んのようですが、チベットの仏教とインドの仏教の接点を教えてください。

Aベストアンサー

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこんなに苦しまなきゃいけないの?」というものです。
現代の我々はそれが化学作用によるもので人間が原因だと理解できますが、
これに近い明確な答えを出したのがインド哲学です。
つまりこれらの原因を「業(カルマ)」であるとしました。



数百年後、仏教の開祖「シャカ」が誕生します。
彼はヴェーダの思想どおり、「殺すからその報いを受けている」と考えました。
ところが彼の思索はさらにその先に突き抜けてしまいます。つまり
「我々の食事は動物を殺して食べている。だから植物を食べて生きよう」
という凄まじい結論に達します。この<<不殺>>の考えはヴェーダの「業」を信じ、
環境被害に苦しんでいたインドの人々に広く受け入れられ、
急速に勢力を拡大していきます。




ここから様々な分派が生まれますがインドにおいてはヴェーダの思想が強く、
カーストを否定した仏教徒との対立が次第に多くなります。
とはいえ、「業」の思想に明確な答え<<不殺>>を出した仏教も支持され
カースト(前世の業による階級制)の思想と仏教の不殺の思想が融合していきます。
こうして成立したのがヒンドゥー教です。



一方で中国にわたった仏教は、儒教や道教の思想と出会い、
やはり融合をすることになります。この中国仏教が日本に伝わっている仏教です。
統治論としての政治手法や組織宗教としての完成度は高まっていますが
一方で最初の理想である<<不殺>>は大部分で失われており、ほぼ別物です。
つまり原始仏教の成立は早いものの、日本に伝来した中国仏教は
成立がかなり後期ということになります。



これ以外にも様々な宗教が仏教との融合により生まれています。
チベット土着の宗教であるボン教は巫女による神との交信を行っていた宗教ですが、
これが仏教と出会い儀式性の強いチベット仏教へと変化していったのです。

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこ...続きを読む

Q不安障害 何でもすぐ嫌になる

パニック障害、全般性不安障害、嘔吐恐怖で通院しています。
25歳女性です。結婚して今は家にいます。
今はパニック発作はそんなに出ません。ただ、嘔吐(自分・他人)をはじめいろんなこと(天災など)が怖いのは変わりません。

仕事でも趣味でも何事も長続きせず、すぐ嫌になるので、ほとほと自分が嫌になります。
仕事は今まで、医療関係や他職種のアルバイトなど色々しましたが、最高で続いたのは2年です(この職場はまあまあできそうだったのですが病気の悪化で辞めました)。だいたい数ヶ月しか続けられないのです。周りに怒られること、否定されることが怖くていつもビクビクしています。そのせいか仕事の覚えも悪く、メモをとったり復習をしたりしても、うっかりミスのようなものはしてしまい、そのうちに仕事そのものが嫌になり職場にいるのが辛くなって辞めてしまいます。
趣味にしても、これはと思って始めても、うまくいかなかったり誰かに否定されると途端にやる気がなくなり、投げ出してしまいます。
完璧主義なんだと思います。いろいろ本を買って読んでも、あまり変わりません。本に書いてある「こういう風に心がけよう」といったことも続けられないのです。
そんな努力も続かない自分が嫌です。袋小路に入った感じです。どうしたらいいかアドバイスを下さい。お叱りでも構いません。よろしくお願いします。

パニック障害、全般性不安障害、嘔吐恐怖で通院しています。
25歳女性です。結婚して今は家にいます。
今はパニック発作はそんなに出ません。ただ、嘔吐(自分・他人)をはじめいろんなこと(天災など)が怖いのは変わりません。

仕事でも趣味でも何事も長続きせず、すぐ嫌になるので、ほとほと自分が嫌になります。
仕事は今まで、医療関係や他職種のアルバイトなど色々しましたが、最高で続いたのは2年です(この職場はまあまあできそうだったのですが病気の悪化で辞めました)。だいたい数ヶ月しか続けら...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私も飽きっぽいですよ。そんな人は世の中にいっぱい居ますよ。安心して下さい。長続きするだけが良い訳じゃないですよ。

うちの主人は何でも長続きする方なんですが、それは慣れ親しんだ物が好きだからです。だから新しいことにチャレンジすることを嫌います。

私はどちらかと言うと、新しい刺激を求めてしまいます。だから、それが無くなって来たら物足りなさを感じ、色々な粗が見えてきます。そうすると嫌になるんですよね。。。

ただ私の場合は、主人に対してだけは飽きないんですよね。なので長くお付き合いして結婚しました。まあ、飽きないというより、自分の本拠地って感じで、そこを拠点に他の物に刺激を求めているって感じなんですが。

質問者様の場合はどうですか?本拠地さえあれば、あとはスパイス程度に考えて、色々チャレンジすれば良いと思いますよ。もうすでに、色々な職業を経験していらっしゃるようですが、世の中にはもっと沢山の職業があると思います。色々新しいものにチャレンジできることも才能ですよ。要は、色んな価値観があるということを自分の中で認めてあげれば良いんですよ。

私の持論ですが、人生に努力というのは必要ではないと思っています。先々を見通す想像力と、自分がやりたいことをやる行動力、なりふり構わず没頭する集中力、これさえあれば、辛い努力なんて無縁になると思っています。想像力があれば、自分が今やっていることの結果で先がどうなっていくか想像できますし、それをどうしたいかによって今取りたい行動は変ってきます。その行動を迷い無く行なう行動力があれば、チャンスを掴むことはできます。そして掴んだチャンスに飽きるまで没頭する集中力があれば、幸せを感じることは出来ます。

努力というと、嫌なことでも足を踏ん張って耐えるという意識がありませんか?だけど、やりたいことに没頭している姿は、回りから見ると「頑張っている」と評価されることが多いです。その場合、本人は辛い努力とは無縁でも、周りの評価は努力家ということになります。やりたくないなら目先を変えて、やりたいことに没頭する時間を持った方が有意義な時間が過ごせますよ。

没頭できる時間が限られているなら、より深く没頭すれば良いと思います。短距離ランナーはマラソンは走れません。短距離での記録を追及するのみです。

こんにちは。

私も飽きっぽいですよ。そんな人は世の中にいっぱい居ますよ。安心して下さい。長続きするだけが良い訳じゃないですよ。

うちの主人は何でも長続きする方なんですが、それは慣れ親しんだ物が好きだからです。だから新しいことにチャレンジすることを嫌います。

私はどちらかと言うと、新しい刺激を求めてしまいます。だから、それが無くなって来たら物足りなさを感じ、色々な粗が見えてきます。そうすると嫌になるんですよね。。。

ただ私の場合は、主人に対してだけは飽きないんですよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報