今なら家電が全品9%OFF!

キャンプ場やバーベキュー場ではなく、単なる川や山の中の一角、海辺のそばなど自然の近くでバーベキューができるところを知りませんか?
名古屋から1、2時間で行ける場所で・・
バーベキュー用品は用意できるので、場所さえあれば良いです。
すぐ横に車を停めれるところがベストで、川は浅く、きれいであればなおよしです。

お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

山や川でも海岸でも所有者や管理者が居ます。


必ず管理者の許可を得ないと不法侵入になりますし、焚き火やバーベキューも無許可ですると罰せられます。
仮に綺麗な川沿いに良い所があっても、管理者を見つけること自体も困難ですし、許可を得る事は不可能に近いです。

みつからなければ良い物ではありません。
ちゃんと決められた所でお金を支払って計画をして下さい。

無料で自然の中でと思う方ほど炭の後やゴミを放置して帰る方が多いようですから、皆さんが教えないって言うのも当然です。
    • good
    • 0

 あなたが完璧な環境対策が出来たとしても、これを見た第三者がやってきてゴミや後始末を滞ってしまって後々使えなくなる事を多々経験して

いますので、この手の公開の掲示板で穴場は教えられないんですよぉ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね・・
それは残念ですが、事実そうゆうことがあるのではしょうがないですよね。

お礼日時:2008/07/01 13:44

少し探せば幾らでも、有るんじゃないですか、お勧めは沢山在りますよ、秘境的な所で言えば三重県鈴鹿市の「小伎須渓谷」は最高ですよ、川の水は非常にきれいです、行き方は決定すれば詳しく教えさせてもらいます。

この回答への補足

ありがとうございます。
名古屋からだいたい何時間くらいかかるかご存知ですか?
2時間半くらいまででしたら、是非教えていただきたいです。

補足日時:2008/07/01 09:07
    • good
    • 0

質問者さんには申し訳ありませんが、知っていてもお教えできません。



自然破壊、ゴミ散乱を助長してしまうからです。
    • good
    • 1

バーベキューなら市街地からちょっと離れるとどこでもできるのでは…



ただし,使った燃料(炭とか)や食べ残しまできちんと持って帰ることのできる方でないと迷惑ですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ただ、適当にバーベキューができる場所ならどこでもいいのならみなさんにわざわざ質問しません(*_*;
ちょっとした穴場を教えていただきたく思ったのですが・・

あと、環境に対するマナー、モラルを心配される方もいますが、そのことはちゃんとやりますので心配なさらないでくださいね。

お礼日時:2008/07/01 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q河原でテントを張ってバーベキューするのに許可はいる?

ゴールデンウィークに近所の河原を歩いていたら、河原にテントを張って、家族や仲間でバーベキュー・パーティーをやっているグループがたくさんいました。

河原でテントを張ってバーベキューするときは、誰かの許可がいるのでしょうか、それとも、勝手にやっていいのでしょうか?

Aベストアンサー

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁止されていますが、特定の申請に基づいて河川管理者の許可を得た上で河川使用が認められる場合があります。さらに特許使用といって、土石や砂利の採取、土地の占用、流水の使用など特別に使用権を設定することで初めて河川使用が可能となるケースもあります。(管理釣り場等がこれに該当します)
また、河川には河川法の適用を受けない小規模な川(準用河川、普通河川)がありますが、その管理は地方公共団体の条例により行われています。
よって、河原でバーベキューを行うときには、一般的には許可はいらないと考えて良いでしょう。しかし、小規模な川などでの私有地や使用権が設定されている場合もありますので、立て札等に注意してください。
また、都道府県によっては、河川でキャンプ(宿泊?)する場合に届けでるよう指導している場合もありますが、あまり厳格(役人的)にいうと、野田知佑さんに川に投げ込まれるので、「川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。」ということです。
ただ、ダムの放流等、増水によって中州に取り残される事故もありますので、ゴミの処理も含め個人の責任において楽しむことが必要です。

参考URL:http://www.ob.hkd.mlit.go.jp/hp/madoguti/kasen-kyoninka/kasen-kyoninka-04.html

河川は河川法上では、一級及び二級河川に分類され、国又は都道府県が管理しています。
川はみんなの財産なので、他に迷惑をかけない一般的な用途であれば誰でも自由に利用することができます。個人が散策、ボート遊びやバーベキューなどをする場合は、自由使用として特に許可を必要としませんが、大規模なイベントなどを催されるときは、河川管理者(国土交通省の各河川出張所等)に相談してください。
河川に工作物を新築したり土地を掘削したりする行為などは、河川の効用に影響を及ぼす恐れから一般的には禁...続きを読む

Qキャンプ場以外でキャンプしているHP

キャンプに関するHPを色々見てみましたが、トイレ・給水所・売店・AC電源などの設備の整ったキャンプ場でのものがほとんどでした。

正直言って、それってキャンプ?それってアウトドア?と思います。人の手によって作られ用意された場所でテント張ったって、ディズニーランドに行くのと何の違いがあるの?って感じるのは私だけでしょうか?見ていて全然面白くもないし、全く参考にもなりません。

そこで、山岳キャンプなどの特殊なケースを除く、川原や海辺、平地などで既設のキャンプ場に頼らないキャンプを展開しているHPをご存知の方いらしたら教えてください。お礼のコメントは100%保証します。

Aベストアンサー

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどうか判りませんが紹介しました。

ところで、質問者様のキャンプにおける経験や技量、あるいはマナーはどれくらいのものなのでしょうか?
と申しますのは、これらの野宿旅には経験、技量そしてマナーが大切になるからです。

日本では自由にキャンプをして良い場所など、厳密には存在しません。私自身、キャンプサイトに電源まであるサイトはただの一度も利用していません。キャンプ場に電気炊飯器やカラオケ装置まで持ち込んでいるバカキャンパーをキャンパーだとは思っていません。

そんなアホばかり増えた昨今のキャンプ場など僕も行きたくはありません。
でも考えてみて下さい。今の日本で本当の自然なんてどこに残っているでしょうか。たしかに人の手によって作られた自然なんてと思う気持ちは判りますが、ではそこにいくまでに通る道路は誰が作ったのですか?

それにキャンプ場でも自然たっぷりの場所もありますよ。人の手は確かに入っていますが、必要最小限の設備しかない素晴らしいキャンプ場はいくらでもあります。

>見ていて面白くもないし
本当の情報を載せている人はいないんじゃ無いかな。僕もそういう場所は何か所も知っていますが、本当に良い場所は教えません。うっかりHPに載せたりでもして、沢山の人に来られてしまったりした日には、良い場所ではなくなりますから。だってトイレも無いような場所ですよ。水も沢水です。だから大小便をする場所は気を付けなければ大変な目に遭います。そこに沢山のマナーも技量も無いようなバカキャンパーが来て、そういうことも知らないで水場のそばに大小便をしたらどうなると思いますか? 他人の大小便が混じった水など僕は飲みたくないですね。

キャンパーに限らず、釣り人などもそうですが、自分の行為がどれだけ自然にダメージを与えているか、考え無い人が多いです。要はオーバーユースなのです。狭い国土に人が溢れているのですから。
そういった意味では、たとえ人工的でも、人が使ってもローインパクトになるように工夫されたキャンプ場を使う方が自然に優しいと思いませんか?

それから例えば河原などでキャンプしていて、雨後の増水などで取り残される事故のニュースがたまにありありますよね。
有名なところでは数年前の「玄倉川」遭難事故ですね。子供を含む十数人が死傷した痛ましい事故です。あれとて、もうすこし経験と技量があれば防げた事故です。はっきり言ってあれは人災です。経験不足の似非アウトドア愛好者が引き起こした人災です。

ですから、整備された場所以外でのキャンプはくれぐれもご注意下さい。

キャンプもTDLも違いがないというのはある意味当たってますね。所詮レジャーですから。違いはありませんよ。だって遊びでしょ。
どうしても人の手が入っていない自然に触れたければ、アラスカやカナダ、ニュージーランドをお奨めします。柔なキャンパーなど歯も立たないほどの自然が楽しめます。20km四方に誰もいない、熊よけ用に44マグナムが必要なキャンプです。

では良きアウトドアライフを!

20年来のキャンパーです。質問者様のご意向を伺えばキャンプというよりは野宿に近い感じがします。
それでしたら、なんといっても次の2つを一度御覧になって下さい。

寺崎組
http://homepage2.nifty.com/nojyuku/
野宿派ライダーの教祖的存在寺崎勉さんのサイトです。林道の突き当たりや山中での野宿がメインです。

サラリーマン野宿旅
http://nojyuku.hp.infoseek.co.jp/
同名の本も出ています。キャンプ場以外での野宿の情報などが載っています。

ということで、質問者様のご要望にかなうかどう...続きを読む

Qテント張るのに許可は要るのですか?

ちょっと気になったんですが
テントを張る時身近な機関・人から許可などはいるのでしょうか?
まあテントですから張るのは主にキャンプ場等かと思いますが
それ以外で公園の空き地とか高い山の中間等
回答お願いします

Aベストアンサー

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々あります。
・ハイキング、山登りの場合に予定の行程どおりに行かずに緊急避難で張るなら許されるでしょう。(計画時に可能性のある退避場所を調べておくのは常識)


許可をもらう場合とゲリラ的に泊まる場合に分けて書きます。

正式許可がとれるかどうか

河川敷
河川事務所が管理している。大規模キャンプは事前申請が必要。
河川敷に公園や野球場がある場合、管理者は別にいる。正式に許可を求めるなら、そこを探す。
いずれも個人が申請しても許可が出ない

海岸
多くの県では、キャンプ禁止になっている。

道の駅などの駐車場
許可は出ない

里山(農地のどん詰まりとか、林道の終点とか)
あらかじめ地主の許可を求めればOKとなることが多い。国有林は許可は出ない

廃校、公民館など
管理者(町内会など)次第

高い山の中
キャンプ地以外は許可が出ない。オフシーズンでキャンプ地が閉まっているようなときでも「あきらめてください」といわれるだけ。


ゲリラ的に泊まる場合

一般論
「不法侵入」と言われたら反論できないことを念頭に置いて自分の責任でおこなう。

目立たないところに張るか、普段テントが見られるところに短時間だけ張れば、多分問題にはならない。

人工の構造物(駐車場、道路、漁港、トンネル、高架道路、鉄道、学校、公園)を極力避けて、林とか林道、空き地など自然に近く人気のない場所を選定する。

日の高いうちからテントを張ったり、朝遅くまで張っていれば、誰かに何か言われる可能性が高まる。あらかじめあたりをつけておき、人気が無くなってから張る。

トイレなどのあるところにする。
暴走族などが来ることを念頭に置く。

あらかじめ地図・ガイドブック・ネットで研究し、現地(役所の観光課や観光協会)に電話をして様子を聞き、出来れば下見に行き、当日は早めに着いて場所を確認し、出来れば近隣の人に声をかけ、人気のない時間だけ張るというのがポイント。


河川敷・海岸
2-3人のグループがバーベキュー程度をするなら許可は要らない。
駐車場などの一番奥とかなら文句は言われない
洪水や暴走族などを念頭においておく。

海岸
オフシーズンに目立たないところで張るなら多分OK。
駐車場があればそこの脇がよい。荒天時に注意
砂浜ではなく、防風林などの脇がよい。

都市部の公園
大規模な緑地や築山のあるような公園なら目立たないところがあるかもしれないが、リスクは大きい。

地方都市の人里離れた公園や野球場
夜間も自由に出入りできる場所なら多分OK.

道の駅や観光地の駐車場
深夜管理人がいないあいだに目立たない場所の緑地に張る。オフシーズンに自分の停車している車の横に張るくらいなら、文句は言われないないだろう。
交通事故に注意

林道・農道の終点
日没後、交通が無いことが確実なら泊まることが出来る。未明からトラックが通ることがあるので注意

林の中(低山)
テントを張るには下草を刈ったりする必要がある。雑草なら良いかもしれないが、キャンプには不適当

林の中(高山)
土壌を踏み固めるという行為の影響や、トイレなどの始末方法を理解してなければ勧めない。(生物で分解されないし、生態系を乱す)
管理された人工林なら可能性があるが、国立公園内では緊急退避以外でキャンプをしてはならない

山頂近くなどに山小屋があれば、キャンプ出来る場合は場所を指定してくれる。あらかじめ問い合わせておくこと。

そのほか
教育目的でやる場合は、警察、消防に計画を連絡しておきます。パトロールしてくれます

過去の経験からですが、「下見」「事前調査」「問い合わせ」「場数」がポイントです。

なぜ、キャンプ場以外で野宿をするのかという点を良く考えてから実施してください。
・社会人が、キャンプ地の料金をケチるためならお止めください
・学生が貧乏旅行するなら大目にみられるでしょう
・青少年にキャンプ地以外での野宿(ビバーク)の経験をさせると言う教育目的でやるなら(ボーイスカウトなどで)周到な準備と計画がいるでしょう。地元と連絡をよく取り、サポート体制を組んで実施することが多々ありま...続きを読む

Qキャンプってどこでも勝手にしていいの?

キャンプってどこでも勝手にしていいの?

質問なのですが、キャンプというのは、どこでも勝手にしていいものなのですか?
もちろん道路上とかは論外として考えてください。

ちょっとした川辺とか、たとえば金八先生のOPの荒川の土手とかで、勝手にテント貼って、キャンプ道具で米たいたりお湯を沸かしたりしてもいいものなんですか?
もちろんゴミとかは持ち帰る前提でs。

Aベストアンサー

基本的に、河原などはキャンプ場として認められているところ以外では条例などで禁止されていると思っていいでしょう。その他の土地は大抵誰か所有者がいるか、公園(国立から地域運営まで形態はいろいろ)になっていて、勝手なキャンプはできません。私有地なら所有者の許可を得れば大丈夫でしょうが、公園では河原と同様にキャンプ可以外のところは禁止だと思ったほうがいいです。その場所にキャンプ禁止と書いてないとしても、条例などに禁止規定があれば当然そっちが有効です。
なお、根拠は確認できませんが、日本では北海道以外はキャンプ場以外でのキャンプは禁止、ということを昔からよく聞きました。北海道なら大丈夫かもしれません。

とりあえず、「キャンプ場以外でのキャンプ」といったキーワードでネット検索すればいろいろ情報がありますので、ご自身で確認してみてください。基本的にどれも「やめたほうがいい」というような内容です。
例えば↓
http://qanda.rakuten.ne.jp/qa126335.html
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa869819.html

わざわざ問題のありそうな場所でやるのではなく、無料や料金の安いキャンプ場を探すほうが現実的だと思います。
http://www.hatinosu.net/camp/

基本的に、河原などはキャンプ場として認められているところ以外では条例などで禁止されていると思っていいでしょう。その他の土地は大抵誰か所有者がいるか、公園(国立から地域運営まで形態はいろいろ)になっていて、勝手なキャンプはできません。私有地なら所有者の許可を得れば大丈夫でしょうが、公園では河原と同様にキャンプ可以外のところは禁止だと思ったほうがいいです。その場所にキャンプ禁止と書いてないとしても、条例などに禁止規定があれば当然そっちが有効です。
なお、根拠は確認できませんが...続きを読む

Qキャンプ場以外でのキャンプ

よく浜辺等で「キャンプ禁止」の看板がありますが、
それ以外の場所ではテントを張ってもいいのでしょうか?
山や河原、浜辺等です。
また、それらの場所でのバーベキュー等 火を使うのはどうなんでしょうか?
法律や条令等でテン場以外は無理なんでしょうか?

知ってる方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 BE-PALで見たような気がしたのですが・・・ 
 自然公園の特別地域の中では、たとえテントであっても「工作物の新築」ということで、許可を得なければなりません。特別保護地区だと焚き火も規制されているそうです。
 同じように解釈をすれば、河川敷も河川使用許可及び工作物の新築許可が必要になるでしょう。
 公園も法的には同じ扱いになるでしょうね。

 もっとも、好き勝手にめちゃくちゃやって、後にゴミや炭が散乱していたり、樹木が傷が付いていたりして、怒りを買うようなことをするからいけないのだろうね。
「キャンプをして何が悪い」とか、「法律でやっちゃいけないって決まっているのか」という輩がたくさんいるから、困った市町村が条例で禁止しているところも出てきます。妙な権利を振りかざさず、あくまで、キャンプをやらさせてもらっているんだという謙虚な気持ちでいれば、それほど邪魔者扱いされないと思いますよ。
 

Q山の中でテントで野宿してて怖くありませんか。

カブでツーリングに行った時に野宿しようとテントを持ってって
田舎でなるべく人が来ない静かな場所を選んでテント張って寝てみたのですが
静かでいいのにどうしても寝られずウトウト程度で夜が明けました。
もしも、襲われたらどうしようとか気になって寝れませんでした。

山の中でテント張って野宿してる人って怖くないのですか。
何かよく寝れるコツって有るのですか。

熊に襲われたらどうしようとか考えないのですか。
http://w.livedoor.jp/book-wiki/d/%ca%a1%b2%ac%c2%e7%b3%d8%a5%ef%a5%f3%a5%c0%a1%bc%a5%d5%a5%a9%a1%bc%a5%b2%a5%eb%c6%b1%b9%a5%b2%f1%e6%b1%bd%b1%b7%e2%bb%f6%b7%ef

Aベストアンサー

山林にも所有者が存在しますから、所有者の許可を得ずに無断でテントを設営すると咎められることがあります。

国有地か私有地なのか、どのような基準で判断してるのですか?

私も若い頃は無知で所構わず気に入った場所にテントを設営してキャンプをしてた時期がありますが、私有地だったことを知らずに所有者の関係者から強く注意され撤退したことがあります。

以来、キャンピングでテントを設営する時はキャンプ場や管理者(所有者)が明確な場所の時は事前にテント設営の許可を得てます。

従って、無断で私有地にテントを張って寝てたら夜中に所有者や管理者から撤退を命じられることが怖いです。

なお、国有地でも管轄省庁(国土交通省)の許可を得ないと注意されることになります。


人気Q&Aランキング