「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

最近「頚椎症性脊髄症」という診断をされました。
あまりこの病気について情報と知識がありません。
どのような手術なのか?その後の後遺症、手術以外に治療法はないのか分かる方が居たらお教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

○頚椎症性脊髄症とは


http://hilltp-c.hp.infoseek.co.jp/cs1.htm

○手術について
http://akm.jp/qa/c_spine/mye.html

○手術以外の治療法
・牽引療法
・低周波治療
・温熱療法
・鍼灸治療
・炎症を抑えたり筋肉のしこりをほぐすための薬物治療
・頚椎固定装具
・入院しての持続牽引
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有難うございました。
また、何か情報がありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/12/09 00:28

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「首の軟骨の老化と手足のしびれ」
http://www.nikkansports.com/news2/health/17/he17 …
(肩や腕にしびれを感じたら即検査を)
http://www.nikkansports.com/news2/health/17/he17 …
(現場復帰は完治してから)

ご参考まで。

参考URL:http://www.hyogo.med.or.jp/hac/advice54.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変有難うございました。
なかなかURL見つけられなく苦戦しておりました。
また、何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2002/12/09 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頚椎症性脊髄症になりました。

頚椎症性脊髄症になりました。

ずっと肩周辺のコリに悩まされていましたが耐え切れず病院に行ったら
頚椎症性脊髄症の初期との事でした。

枕があっていない様で寝て起きても腕がだるくなるような日々を送っています。

少しでも改善または保持するためには、どんな工夫がありますか?

私は肥満なのですが過体重は頚椎症には良くないのでしょうか?

憂鬱です。

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


>一番最初にメチコバールを処方された時にロキソニンテープも一緒に
頂きました。

あまりにも痛い様ならテープじゃ効果が薄いと思います。飲み薬もたく
さん種類がありますので、医師と相談してみてください。


>別件でカトレップもたくさん頂いているのですが使っても良いので
しょうか?

貼り薬ですよね?
ここでは法律にかかわるので明言できませんが、医師に確認してはいか
がでしょうか?


>米国で国家資格を取得された方に担当してもらっていたのですが

アメリカの法律でアメリカで行うなら問題ないのだと思いますが、ここ
は日本であり、日本の法律が条件で行う必要があります。

何がいいたいかというと、彼らにはレントゲンが取れないのです。日本
の法律では病院以外でレントゲンを撮ることは許されていません。カイ
ロプラクティックとはご存知の通り 「骨格矯正」 ですよね。でもおかし
いと思いませんか?レントゲンを撮らないで、どこが、どのくらいずれて
いるなんか、わかると思いますか?これらは解剖学上、絶対に外からで
は分かりません。


>病院は大学病院に行っていますが

まずは病院を探しからではないでしょうか。大学病院など大きな病院は
手術にしか興味がありません。手術に適さない症例には力を入れません。
お薬を処方してハイ終わりだと思います。リハビリ科のある街の整形外
科クリニックを受診してください。お薬の処方、リハビリなど総合的に
治療してくれると思います。


>30歳前から・・・。
すでに老化が始まっていたのですね・・・。

そうなんですよね。皆さん若いつもりでも、体の中はそれ相応に歳をと
ります。レントゲンを比べれば一目瞭然です。

No.1です。補足ありがとうございます。


>一番最初にメチコバールを処方された時にロキソニンテープも一緒に
頂きました。

あまりにも痛い様ならテープじゃ効果が薄いと思います。飲み薬もたく
さん種類がありますので、医師と相談してみてください。


>別件でカトレップもたくさん頂いているのですが使っても良いので
しょうか?

貼り薬ですよね?
ここでは法律にかかわるので明言できませんが、医師に確認してはいか
がでしょうか?


>米国で国家資格を取得された方に担当してもらっ...続きを読む

Q頚椎症性脊髄症のリハビリは?

3月に義父が頚椎症性脊髄症の手術を受け、約1ヶ月ほど入院し無事退院、自宅療養しています。
術前の症状は、
・歩けないというほどではないが、足元がおぼつかなく躓きやすい
・右手の親指と人差し指がしびれている
・首周辺が傷む
・他人は気が付かない程度だが、本人曰く話すときに発音がしにくい
などでした。

手術は成功し、MRIで見る限り素人目にもすっきりしたのがわかるほどになりました。
ただ、麻痺については、手術しかたらといってにわかに良くなるものではなく、徐々に改善の方向に向かうでしょうということでした。
実際、義父の症状も、歩行に関しては術前に比べればややマシになり、発音の違和感に関しては気にならなくなったそうです。ただ指の麻痺はまだ変わらず残っているそうです。

まだ首があまり動かせないので車の運転ができず休職中なのですが、2ヶ月近く休んでいるので本人もあせり始めています。
入院中も退院後の診察時も、写真や傷口、問診により経過観察するのみで、特にリハビリ方法などの指導がありません。
義父は早く良くなりたい一心で、リハビリ方法を医師に尋ねましたが、特に必要は無いと言われるばかりで、今では自己流で体操をしてみたり、歩行訓練などをしています。
それを見ていると、素人判断で間違ったリハビリをして逆に悪くさせてしまうことはないのだろうか?と心配になります。
通常、頚椎症性脊髄症ではリハビリというものはしないのでしょうか?
もしするとしたら、どういったメニューが効果的なのでしょうか?
また、手術した病院は遠方で大きな病院のため大変混んでいて、じっくり医師と話すことができないようなのですが(定期的に投薬)、地元(田舎)の病院で見てもらったり、地元のリハビリ専門施設で指導を受けるのは良くないでしょうか?

長くなってしまいましたが、経験者、専門家のご意見よろしくお願いします。

3月に義父が頚椎症性脊髄症の手術を受け、約1ヶ月ほど入院し無事退院、自宅療養しています。
術前の症状は、
・歩けないというほどではないが、足元がおぼつかなく躓きやすい
・右手の親指と人差し指がしびれている
・首周辺が傷む
・他人は気が付かない程度だが、本人曰く話すときに発音がしにくい
などでした。

手術は成功し、MRIで見る限り素人目にもすっきりしたのがわかるほどになりました。
ただ、麻痺については、手術しかたらといってにわかに良くなるものではなく、徐々に改善の方向に向かう...続きを読む

Aベストアンサー

 術前の症状を読ませていただきましたが比較的軽い症状のうちに手術を受けられてとても良かったと思います。この程度の症状では手術もうまく神経圧迫が取り除かれている様ですので特にリハビリは必要ないと思われます。1年程度かかります(私の執刀医としての経験では症状の最大回復まで2年程度かかった方もいらっしゃいます)が、おそらくは相当よくなるのではないかと推察します。
 こうした手術の大きな目的の一つは「転倒などで重度の頸髄損傷を起こさないようにしておく」ということです。これはお義父様の場合、100%の結果が得られたと思われます。
 特別なリハビリが必要となるのは手などに明らかな麻痺が残り、残された機能で訓練することで失われた体の機能を取り戻すことや、今後運動麻痺が回復するにせよ麻痺が比較的高度で回復するまでの間に少しでも筋肉の状態を良好に維持したりする必要があったりする場合です。リハビリをしても神経麻痺の回復の速度はそれほど変わらないかと思われますので。ただ、何らかのリハビリをすることでご本人の精神的な支えになる場合もありますので、個人差はありますがこうした考えからは一概にリハビリが無駄であるとは言えません。
 お仕事の内容がわかりませんので、職場復帰の時期につきましては主治医(執刀医)に「私の職種は○○ですが、いつ頃になったら復職して良いでしょうか」などの質問をして判断されるのが良いと思われます。
 今はまだ若干のふらつきなどがあるようですので、あやまって転倒したりしないように、そして体力が少し落ちていらっしゃるでしょうからむちゃな筋力強化などをし過ぎないように注意することが大切かと考えます。
 ご存じかと思いますが、もしお勤めで社会保険にご加入なら6ヶ月間の傷病手当金の支給があります。あるいは職場のことを気になさっていらっしゃるようならかえって「あわてて復帰せず、休めるだけゆっくり休んで少しでも体調を整えてからやりましょう」とアドバイスされるのがよいでしょう。
 早く、復職できますようお祈り申し上げます。

 術前の症状を読ませていただきましたが比較的軽い症状のうちに手術を受けられてとても良かったと思います。この程度の症状では手術もうまく神経圧迫が取り除かれている様ですので特にリハビリは必要ないと思われます。1年程度かかります(私の執刀医としての経験では症状の最大回復まで2年程度かかった方もいらっしゃいます)が、おそらくは相当よくなるのではないかと推察します。
 こうした手術の大きな目的の一つは「転倒などで重度の頸髄損傷を起こさないようにしておく」ということです。これはお義父...続きを読む

Q2年前に頚椎症性脊髄症で手術。今も痛みが酷い。治らないのでしょうか?

叔父が頚椎症性脊髄症で、2年前手術しました。
術前の症状は、足の痺れで躓きやすいが歩行はでき、手も指2本ほどが痺れているという状態でした。
他には、腰や首に痛みがあり、全身に倦怠感がありました。
手術は成功しましたが、この手術は進行を抑えるのが第一で、急激に良くなる事は無いので、気長に様子を見るようにと言われ、定期的に通院しています。
しかし、2年経っても症状はよくならず、むしろ、首の動きが悪くなり、さらに手術し長期入院の成果がないことにガッカリし最近は塞ぎこむことも多くなりました。
主治医に相談しても、それは仕方ないと言われるみたいで、解決にならないようです。

叔父は60代で、独り暮らしで、現役で働いていますが、体調がおもわしくないことと、精神的に気力を失っているために、仕事をやめたいと考えているようです。
退職してゆっくりして欲しい気持ちもありますが、今の叔父は友達に誘われても出かけようとしないし、家にいても読書などもせず、食べることにも楽しみが無く、ただ憂鬱に時が過ぎるのを待っているような状態なので、仕事をやめて、独りで家にいたらどうなるのだろうと心配しています。
うつ病なのかもと心配し、それとなく精神科や心療内科に行ってみてはと言ってみたのですが、その気になりそうにありません。

とにかく、今はまず、身体の痛みをどうにかできないものかと思っているのですが、叔父が手術した病院は、頚椎症性脊髄症に関してはこの地域で一番と言われている所で、手術するまであちこち病院に行った末にたどり着いたところなので、近場の他の病院に行っても解決しそうにありません。
全国的に見たら、解決できる方法はあるのでしょうか?
それとも、上手く付き合っていくしかない病気なのでしょうか?
教えてください。

叔父が頚椎症性脊髄症で、2年前手術しました。
術前の症状は、足の痺れで躓きやすいが歩行はでき、手も指2本ほどが痺れているという状態でした。
他には、腰や首に痛みがあり、全身に倦怠感がありました。
手術は成功しましたが、この手術は進行を抑えるのが第一で、急激に良くなる事は無いので、気長に様子を見るようにと言われ、定期的に通院しています。
しかし、2年経っても症状はよくならず、むしろ、首の動きが悪くなり、さらに手術し長期入院の成果がないことにガッカリし最近は塞ぎこむことも多く...続きを読む

Aベストアンサー

脊椎のオペは症状改善の最終手段として行われるもので、
他の治療法で改善せず、悪化してきて初めて選択されます。
なぜかを2点ほど挙げると、
背骨には神経の束が集まっていて手術には危険を伴うということ。
もう1つは手術をして改善するという確率が低いことです。
ただ、年齢、症状的にオペを選択されたのは間違いではない
と思います。その可能性に多くの人が期待して実際に少しでも回復
されている方は沢山います。
長い間圧迫されてきた神経自体が痛んでいるため、除圧しても
なかなか改善せず、むしろ手術の侵襲によって組織の癒着などで
術後のほうが辛く感じる方もいます。
結論は、まず選択された病院は問題ないと思います。それが今の
医療の限界です。
つまり付き合っていくと思っていたほうがいいと思います。
そういう辛い思いしてる方は大勢いらっしゃいます。
叔父さまは術後の改善をきっと期待されていたのでしょう。本人が
一番辛いですから。
今できることはやはりメンタル面での周りの支えと、ご本人が
前向きになるよりほかしかたないと思います。
残念ですが病院を変えればどうこうなるものではないですからね。

脊椎のオペは症状改善の最終手段として行われるもので、
他の治療法で改善せず、悪化してきて初めて選択されます。
なぜかを2点ほど挙げると、
背骨には神経の束が集まっていて手術には危険を伴うということ。
もう1つは手術をして改善するという確率が低いことです。
ただ、年齢、症状的にオペを選択されたのは間違いではない
と思います。その可能性に多くの人が期待して実際に少しでも回復
されている方は沢山います。
長い間圧迫されてきた神経自体が痛んでいるため、除圧しても
なかなか改善せず...続きを読む

Q頚椎症の疑いによる手の痺れ

お世話になります。
50代後半男性ですが、今年2月頃から寝ると両手先が痺れるので、整形外科で
レントゲンとMRIの検査で頚椎症と頚椎性神経根症の
疑いありと診断されました。
ロキソニンテープとデパス錠(首の筋肉をほぐす作用もありで頚椎症に)と
メチコバール錠を処方していただきましたがなかなか改善しません。
ほかによい方法がありましたら教えて下さいませ。

Aベストアンサー

NO3です。
他の方の回答にも有りましたが頚椎症性神経根症で両手が痺れると言うのは余り聞いた事が有りません、神経根症は痺れより痛みの症状の方が強くでます。痛みは首を中心とした肩、腕、等で痺れもありますが、しかし神経根症ではなく頚椎症性脊髄症になりますと痛みより痺れとか巧緻傷害が中心になります。3番目と6番目が狭窄を受けていると言うのもチョット3番目~6番目に掛けて狭窄が有ると言うのなら話は分かりますが3から6にいきなり飛ぶのは余り少ないです。又頸椎の6番目と言うのは椎間板の事を言っているのか?骨自体(6番目の骨)か理解できませんが頸椎にて一番多いのは頚椎C6/7間の神経根症は多いです上のC3/4は神経根症より脊髄症の方が多いです。多分先生に判断はC3/4間が頚椎症性脊髄症、C6/7間が頚椎症性神経根症だと思います(脊髄症とは言わないで頚椎症と言う医者もいると聞いていますので)、同じ病院内に脊椎の専門医の先生が居ると思いますのでその先生の意見を聞くのも良いですね(言いにくいとは思いますのでその時はセカンドオピニオンを受けましょう、データーは全て今の病院が提供してくれます)、テープ、デバス、メチコバールの処方なら軽度中の軽度ですね、普段保存療法をする様にと先生の指導は無かったのですか?薬以外の治療の事です。大きな病院ではなく町の整形外科にてです。脳神経外科でも同じ様な診察をしています、その場合はhttp://square.umin.ac.jp/jsss-hp/system/coach/ になります、やはり指導医か認定医の診察を受けましょう。今は軽傷中の軽傷ですので問題有りませんが、転倒に気を付けましょう、頸椎は厄介ですので、もし手術となったら頸椎の場合は脳神経外科の方が良いですよ。参考までに。

NO3です。
他の方の回答にも有りましたが頚椎症性神経根症で両手が痺れると言うのは余り聞いた事が有りません、神経根症は痺れより痛みの症状の方が強くでます。痛みは首を中心とした肩、腕、等で痺れもありますが、しかし神経根症ではなく頚椎症性脊髄症になりますと痛みより痺れとか巧緻傷害が中心になります。3番目と6番目が狭窄を受けていると言うのもチョット3番目~6番目に掛けて狭窄が有ると言うのなら話は分かりますが3から6にいきなり飛ぶのは余り少ないです。又頸椎の6番目と言うのは椎間板の事...続きを読む

Q頸椎症性脊髄症になられた方に教えて頂きたいのですが、私は大阪の北野病院での手術をすすめられています。

頸椎症性脊髄症になられた方に教えて頂きたいのですが、私は大阪の北野病院での手術をすすめられています。ネット上では手術に対して、いいことがせんぜん書かれていません。今すごく落ち込んでいます。手術経験者の方、どうか詳しく教えていただけないでしょうか⁉

Aベストアンサー

北野病院ですか?頸椎の手術の件数は年間で約60件位ですから普通の規模の病院ですね。今の貴殿の症状は巧緻障害(箸等が持てないとか)とか下肢のツッパリ感とかが有るのですか?階段を普通に降りる事は可能ですか?頸椎の手術は慎重に判断しましょう、サカンドオピニオンも必要ですよ。日本では頸椎症性脊髄症の手術は整形外科と脳神経外科とが実施しています、比率は7:3で整形外科の方が多いです、脊柱・脊髄・指導医で検索しますと、整形外科、脳神経外科の専門医を見る事が出来ますよ。腰と違い頸椎には首から下の全部の神経が入っていますので、整形外科よりも脳神経外科での手術の方が良いと思いますがね。


人気Q&Aランキング