延べ現金払いについて教えてください。
また売掛金に対する支払方法を知りたいのです。

A 回答 (2件)

現金、小切手、手形、郵便小為替


  集金に行く or 持ってきてくれる or 書留郵便で送ってくる
  郵便の場合は切手代を差し引かれる場合もあり
  後で領収証の発行もあり
  請求書発送時に小切手等の発送用封筒の同封も求める会社あり
  手形、小切手は日付に注意
  
銀行振込
  振込手数料を差し引かれる場合もあり
  相手の振込時間により、当日引き出せない場合もあり
  相手が振込に小切手を使用した場合、当日引き出せない場合あり
 
切手
  小額の場合は切手を送ってくるところもあり

相殺
  こちらからの支払残があれば現金の動きはなしで書類上だけで処理

現物(まさかね...)
  持ち合わせもなく、資金繰りがくるしいので、これで勘弁してといって高価そうな骨董品で支払う
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に詳しい説明ありがとうございます。
なんとなく分かっていても、説明できなかったり、文章化出来ないことなど、多すぎて・・・
もっと勉強しなくては・・・と思う今日この頃です。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/07/02 08:53

100万円請求しても、50万円しか払わず、後はチョット待ってねっていうのが 「延べ現金払い」 だと思います。

残高の管理が大変です。

売掛金は回収するもので支払うものではないと思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに、質問が変でした。
すみません。
債権者が支払いされる場合の方法について、
色々知りたかったのです・・・
小切手 や 為替手形等々・・・
また ご教授お願いします。

お礼日時:2008/07/01 17:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q買掛金の支払いの際、現金で支払う場合、支払い口座の相手は現金?買掛金?どちらになりますか?

買掛金の支払いの為に、口座から引き出して、引き出した日に現金で下請けさんに支払いをしました。
その場合、口座の相手勘定は買掛金でもよいのでしょうか?一度、口座の相手を現金にして、それから現金の相手を買掛金にするべきでしょうか?
経理初心者ですみません…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金(材料仕入れだけでなく外注・役務提供の下請への支払を含みます)50,000円を支払ったとして

ア)
現金 50,000 普通預金 50,000
買掛金50,000 現金   50,000

イ)
買掛金 50,000 普通預金 50,000

ア)の仕訳をへし折ってイ)にしてしまう方法もありますが、どちらかと言えば忠実にア)のほうがいいでしょう。振込でなく現金で支払ったという事実も記録できます。

Q売掛金に対して売上をまとめて記載する方法について

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの確定報酬
          売上1,000 会社Cの確定報酬

なお、下の通り、振り込みは分けて書いています。

2/15 借方    /貸方     摘要
   預金 3,000/売掛金3,000 会社Aから入金

2/22 借方    /貸方     摘要
   預金 2,000/売掛金2,000 会社Bから入金

2/28 借方    /貸方     摘要
   預金 1,000/売掛金1,000 会社Cから入金

私は青色申告をして今年からクラウド会計ソフトを使って複式簿記で記載していますが、私のしているネットビジネスでは複数の会社と取引きをしていますが、どの会社も毎月月末に売上が確定し、数日~1ヶ月後に振り込まれます。

本来は1社ごとに売掛金と売上を書かないといけないようですが、日付が同じなので、下のように月末にまとめて売掛金を書いてもいいのでしょうか?

1/31 借方    /貸方    摘要 
   売掛金6,000/売上3,000 会社Aの確定報酬
          売上2,000 会社Bの...続きを読む

Aベストアンサー

念のため、クラウド会計ソフトでしたら、決算書を表示・印刷なさるときは、仕訳ごとの(各社の)売掛金残高を合計し「売掛金」に一本化されたデータになっていることと思います。

この場合、仕訳段階でも会社別に売掛金を分けなくて差し支えありません。


もちろん、管理上必要かどうかをご検討なさり、必要と判断して会社別に売掛金を分けても、差し支えありません。

ただそれは、管理会計の話であって、税務会計などの制度会計に適用されうる明瞭性の原則が無関係であることには変わりありません。言い換えれば、会社別に売掛金を分けなくても税務会計などには何ら違反せず、この点についてはご質問者さんは気にしなくて大丈夫です。

Q弥生会計 現金出納帳上の売掛金の扱いについて

ご覧いただいてありがとうございます。
今年から青色申告に切替た為「弥生会計04」を導入しました。簿記の知識が全くないため、躓いてばかりでまったく入力がすすみません。本当に初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

2店舗で現金とカードの売上があるため科目リストで
勘定科目 補助科目 税区分
売上   A店現金  売上
売上   B店現金  売上
売掛金  A店カード 売上
売掛金  B店カード 売上

と設定して現金出納帳でそれぞれ入金し、カード会社からの入金時に

預金/売掛金
手数料/

と入力すればよいと理解しています。

現金出納帳では
カード売上分を売掛金で入金にしても、残金の部分に加算されます。
そうなると、手持ちの現金があわなくなってくるのですが、この手順でよいのでしょうか?そもそも現金出納帳とは実際の残金とあわないものなのですか?
また、設定方法も上記の方法でかまわないのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現金出納帳は、その名のとおり現金の動きだけを記録するものです。
掛けでの売買は、現金出納帳に載せてはいけません。
売上げを管理するのは「売上帳」、売掛金を管理するのは「売掛帳」です。

>と設定して現金出納帳でそれぞれ入金し、カード会社からの入金時に…

販売時の設定も、入金時の設定も間違っていません。
違うのは、【現金出納帳でそれぞれ入金】するからです。
設定のとおりに振替伝票を打ち込んでいけば、現金出納帳も売上帳や売掛帳も、すべてソフトが作ってくれます。

ソフトとは別に下書きのつもりで、あるいはソフトの確認のために、手書きの現金出納帳を作っておくのも良いことですが、その場合、あくまでも現金の出入りだけを記帳していってください。
そうすれば財布の残高と合わないことはなくなるはずです。

Q振り込まれた売掛金を現金で返金したときの仕訳

売掛金を普通預金口座に入金されたのですが、過入金されたので、現金で返金しました。その場合の仕訳を教えてください。

はじめの売掛金の仕訳は 売掛金/売上高
入金されたときの仕訳は ○○銀行普通預金/売掛金
その次、返金したときの仕訳がわかりません。
初心者なので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初から数字を仮定して入力したら解りやすいと思います
1.売上時  売掛金100/売上100
2.回収時  銀行 120/売掛金120
3.返金時  売掛金 20/現金 20
よって売掛金の 貸借 120/120でゼロになります
現金と銀行は無視して下さい残高のみ合えば問題ありません。

Q2年前の売掛金を現金回収した場合の処理について

個人事業主のもとで経理をしています。
21年度に請求した売掛金(総額約50万)を23年度に現金で回収しました。
事業用の口座には入れず、事業主がそのまま業務に使った(あるいは個人的に
使った)ようなので通帳への記載はありません。
回収時の領収書の複写は残っています。

会計ソフトには売上の入力がなく、貸倒の処理もありません。
(当時の経理担当者は退職し連絡がつきませんが、もしかしたら売上発生時点ではなく、
請求額が確実に振り込まれてから会計ソフトに入力するという方法をとっていたのかも
しれません。)

この場合、経理としてはどう処理すれば良いでしょうか?
ポンと湧いたようなお金、何もしないほうが良いのでしょうか?
請求書や領収書の写しが残っているため、なんとなくスッキリしません。
経理を始めて1年ほどですが、未だに不可解な(?)ことだらけで四苦八苦しています。
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>会計ソフトには売上の入力がなく・・

かりに平成23年12月15日に50万円を現金で回収し、事業主がそのまま自分の財布に入れたとします。平成23年12月15日付で次の仕訳を起します。

平成23年12月15日
〔借方〕事業主貸500,000/〔貸方〕売上高500,000

このように、平成23年の売上にするほかありません。また現金50万円は、事業主に貸したことにします。

以上。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報