今回の宝塚記念は、四位騎手のメチャクチャな騎乗で台無しになってしまったと思いますが、皆さんはどう思いますか?
パトロールビデオで見ると最後の直線で、アサクサキングスの四位騎手は、右側のインティライミにぶつかっていき、その後左に大きくよれてメイショウサムソンに当たっていきました。
最近あまり見られないくらいの蛇行でした。
全く周りが見えていない、ダービージョッキーとはとても思えない、自己チュウの乗り方にしか見えません。
佐藤哲チャンと武豊さんは相当怒っていたそうです。
高橋成忠調教師もG1はもっときれいなレースをしてもらいたいと言って痛そうです。
四位さんはもっと成長して頂き、ダービージョッキー…相撲界で言えば横綱、形としては騎手界の横綱です…アンちゃんみたいな恥ずか四位、乗り方はやめていただきましょう。
私たち馬券を買っている者にも迷惑です。
皆で注意してあげましょう。
皆さんの、この蛇行行為に対する見方、ご意見を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No1です。


確かに不利が無ければどちらかが勝っていたと思います。
>四位さんは自分の乗っているアサクサキングスのふらつき具合から
自馬のバテ具合は、把握できていたでしょう。

確かに左鞭に過剰に反応しているところを見るとある程度はばててかもしれませんが、4角ではばてきった状態でなく勝負になる手応えは残っていたと思います。
勝てる可能性があるのにふらつくからといって追わないわけには行かないでしょうし、
それにあそこまでふらつくなんて本人も分からないことなのですからね、
実際5着なのですからあそこで勝負を捨てるわけにも行かないし、寧ろそちらの方が問題になるかと思います。
なので、結果は別として最善は尽くしたということだと思います。

>武豊さんは言っています。「不利を受けるような位置にいたこともいけなかったのか」という意味のことを、これは四位君がこれほどまで大きく蛇行するとは考えられなかった…という精一杯の皮肉でしょう。

その通りだと思いますね、天皇賞の時は冗談ぽく本人に言ってましたけど、2回目なので相当怒ってそうですね、、

と、だらだらと書いてしまいましたが、(くどい文章ならすいません
結局言いたいことは、私もああいうことはないに越した事は無いと思いますが、
あくまでも馬ありきで、四位騎手の過失はあるけど、そこまでせめられない部分もあると思うということです。

因みにですが、四位騎手のやった行為についての制裁は、(斜行の程度は関係なく被害の程度)
合計8万の過怠金が課されました。(避け方次第で騎乗停止、ぎりぎりセーフ級)
これに深刻な走行妨害、修正動作が見られない、継続的な斜行などがあれば騎乗停止かなといったところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

四位騎手が自分の仕事をまっとうしようとして、懸命になっているのはよくわかります。
武騎手も想定外(以上)の蛇行だったと言う意味のことを言っています…まだまだ自分の読みが甘かったということで、まだまだ武騎手は伸びるのでしょう。
>結果は別として最善は尽くしたということだと思います
最善を尽くしたの意味がよくわかりません…蛇行を最小限にする最善は尽くしていないと思います。
勝ちたいというための最善は尽くしたのでしょう…他馬に対する迷惑は考えないで。
結果は別にしてもいい、というものでもないと思います。
大きく蛇行して邪魔をするのだったらせめて内ラチ沿いか、大外で被害馬が少なくて済むようなことも考えていただきたいものです。
ど真ん中で我が物顔に暴れまわられたら、溜まったものではありません…他の騎手もその馬券を買っているファンも。
やっぱり皆で四位騎手に厳しく注意してあげましょう。

お礼日時:2008/07/03 22:02

日本のトップジョッキーの武豊騎手だって、何回も降着になったり失格になったりしています。



有名(?)なところでは、メジロマックイーンの斜行。1位入線が18着になりました。

近年の重賞でいえば、去年の弥生賞。乗っていた馬(アドマイヤオーラ)がフラフラ走り、他の馬に迷惑をかけました。降着にはなりませんでしたがかなりの斜行でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。
弥生賞では武騎手はもっと非難されてもいいのにと思いました。本人もあまり自分のせいにはしていなかった印象があります。このくらいの人になれば、許されてしまうのか、と思いました。
本当に数え上げれば切りが無いくらい、あの時あの騎手が・・・という話はいっぱい出てくるでしょう。
今回の蛇行はまるでエイシンデピュティを逃がして勝たせるために、アサクサキングスが、追っ手に立ち向かっていったように見えまし・・・そんなことは100%無いでしょうが。
私はたまたまこのレースは、スタンドの3階から見ていました(関東から小旅行を兼ねて初めて阪神競馬場に倶楽部競馬しました)
スタンドから見ていると不利の状況はよくわかりませんでした(テレビの方がずっとよくわかることがあります)
帰ってきてからパトロールビデオを見るとガッカリです、いいレースを見たと思ったのが、とんでもない荒れたレースでした。
四位さん、変に頑張りすぎないでください。
このレース経験は今後に生かしてください。

お礼日時:2008/07/03 23:02

こんにちは



ケイリンや競艇と違って、馬が走るものですから、完全には制御出来ないと思います。四位騎手も制裁を受けているのだし。

武騎手の公式HPで本人のコメントとして「アサクサキングスは、道悪のときにフラフラするのがわかっていただけに・・・・・」と書かれていました。 他の騎手が乗っていてもそうなる可能性はあったということになります。

また、そういう癖があることは四位騎手も知っているはずですが、有力馬で直線で勝てるという位置で馬が故障しているわけではないのにが追わないわけにはいかないでしょう。 追うのをやめると今度は調教師やオーナーになぜ追わなかったのかと追求されるでしょう。

他の質問でも石橋騎手が乗っていたときは、先行気味に行っていたので、今のような不利は少なかったと書かれています。 

今回の事象で四位騎手だけを責めるのはいかがなものかと思います。

参考URL:http://sports.nifty.com/take/diary_top.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL見ました。
3~4コーナーでも、アサクサキングスに外の膨れる不利を受けていたのですね。
四位騎手もフラフラする癖はわかっていて、この大レースに、あのように大きく蛇行する馬を制御できなかったかということです。
せめてぶつかるのは、インティライミだけにして欲しかった・・・
インティライミ君ごめん。
せめて蛇行は半分の幅にして欲しかったと思います。
表題にダービージョッキーでも、馬を真直ぐ走らせられないのか、と、書きましたが、私の勘違いだったようですのでここで訂正させていただきます。
考えてみれば、ダービージョッキーだからといって馬の制御が取り立てててうまいと言うことも無いですよね。
石橋騎手のように、先行気味に乗っていれば良かったというのも、武騎手の反省点だと思います。

お礼日時:2008/07/03 22:29

確かにほめられた行為ではないですが、故意ではありませんし、


四位騎手自身も去年フェアプレー賞を取っているようにフェアな騎手です。
そもそもふらふらしない馬なんていないし、どんな一流騎手だってふらふらします、
それにアサクサキングスは斜行癖があります、
すべて四位騎手が乗っていたときですが菊花賞、天皇賞春で4角の出口でふらついています、
今回は道悪でばててふらついたんだと思いますが、明らかに故意ではないし、修正もしてます。
それに、よれることは皆分かっているので注意して乗ってますので、被害にあった騎手は相当運がないということなのでしょうね、、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難うございます。
四位さんの今回の騎乗に限っては、文句をつけさせていただきます。
最初に2頭分くらい右に斜行して、インティライミを妨害し、その後
3~4頭分位左に斜行してメイショウサムソンにぶつかって行きました。
この2頭は、不利を受けていなければ、優勝していた可能性はかなり高かったと思われます・・・ゴール位置での着差から(客観的に見て)
四位さんは自分の乗っているアサクサキングスのふらつき具合から
自馬のバテ具合は、把握できていたでしょう。
ここで私が言いたいのは、大きくS字によれて、制御が利かないほどバテているアサクサキングスを過剰と思われるほど追って、優勝争いをもしようという2頭の邪魔をしたということ。
つまりレースの見極めができず、自分の世界にのめり込んでしまった失態ではないでしょうかといいたいです。
武豊さんは言っています。「不利を受けるような位置にいたこともいけなかったのか」という意味のことを、これは四位君がこれほどまで大きく蛇行するとは考えられなかった…という精一杯の皮肉でしょう。

お礼日時:2008/07/03 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武豊の不調について

JRA騎手の武豊さんって、最近不調ですよね。あんなに勝ってたのに、何か理由があるんでしょうか。

Aベストアンサー

他の方々の回答にある大御所の馬主さんたちとの関係は
憶測にしかならないので書きませんが・・・。

年齢的な”衰え”は多少はあると思いますが、同年代の
エビショーさんやノリさんの勝ち星を見ると、
そうはいってられないと思います。

年間200勝とかしてたときと比べると、競争は
ホントに激しくなってるとおもいます。
一番変わったのはやっぱり地方のトップジョッキーが
相次いで移籍してきたことでしょう。

笠松の安藤勝己、園田の岩田、小牧、そして大井の内田・・・
移籍してきたこの4人だけでどれだけの勝ち星を吸い取ってるか・・・

外人騎手も、前より2,3人多くなった分身元引き受け馬主の
有力馬はそっちにいくでしょうから・・・

ユタカさん的に痛い現状なのは懇意にしてもらってる
メイショウさんの馬が絶不調なことや、
(G1はおろか重賞を勝てる馬がホントにいなくなりました)
運の悪いことに、よく乗っけてもらってる非社台の馬主の
トップどころの馬で”お手馬”になってるのが
スマートファルコンだけで・・・
(ノースヒルズの2トップは藤田さんとテツゾーさんで
 エイシンフラッシュは内田さんかルメールで・・・)
しかも、スマートファルコンは中央走ろうとしないしw

いまはほとんどなくなりましたが、少し前までは
誰が見ても”不可解”としか思えない乗り方をするときがあって
スタートして、とりあえず後方に下がってそのまま走り、
4コーナーで大外回してまくるんですが全然届かず・・・
というレースをどの馬主、馬の脚質関係なしにやってて・・・
あれで相当信頼を落としたと思います。

いまは、一頭の馬に何十人もの馬主が出資している
”クラブ馬”全盛の時代ですから、少しでも信頼を失うと、
勝ち星はガクッと減りますね。ただ、ひとたび信頼を得ると、
去年の田辺Jのように、若手でないにもかかわらず、一気に勝ち星が
増えるというケースも出てきます。彼のようなケースは
めずらしいのでは!?彼にはぜひリーディングを獲ってほしいものです。

ユタカさんの腕自体は去年後半の2ケタ人気を立て続けに
G1含む重賞で掲示板に持ってきてたことからも落ちてないと思いますが・・・。

あと、いまはJRA全体の騎手会長ですよね!?
前任のヨシトミ先生は会長になってから、成績がガクッと落ちたので
(先生は怪我があったりもしたけど)
会長職がちょっと負担になってるかも!?
(過去の騎手会長の会長時の成績見てるとそれほど影響はないみたいですが)

他の方々の回答にある大御所の馬主さんたちとの関係は
憶測にしかならないので書きませんが・・・。

年齢的な”衰え”は多少はあると思いますが、同年代の
エビショーさんやノリさんの勝ち星を見ると、
そうはいってられないと思います。

年間200勝とかしてたときと比べると、競争は
ホントに激しくなってるとおもいます。
一番変わったのはやっぱり地方のトップジョッキーが
相次いで移籍してきたことでしょう。

笠松の安藤勝己、園田の岩田、小牧、そして大井の内田・・・
移籍してきたこの4人だけでどれだ...続きを読む

Q同年でダービー、安田記念、宝塚記念を連覇か

2勝以上した馬は過去にいますか?

ダービー、安田記念、宝塚記念の3連覇
ダービー、安田記念、連覇
安田記念、宝塚記念、連覇
ダービー、宝塚記念、2勝

今年の宝塚記念は楽しみですね。

皆様、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、三歳で宝塚制覇が無い以上、
ダービー、安田記念、宝塚記念の3連覇
ダービー、宝塚記念、2勝
はありえません。

安田記念に関しては、3歳の勝利は過去2頭います。51年と52年です。しかし、共にダービー馬ではありません。ただし、52年はオークス馬が安田記念(当時は安田賞)を勝っています。

安田・宝塚の連覇ですが、パッと調べた限りではいません。(漏れがあるかも^^)
一番近いのは、グラスワンダーやスイープトウショウの安田2着、宝塚1着かな。

Q武豊が嫌がるジョッキー

森田駿輔 『殴る騎手・JRAジョッキーたちの裏舞台』(東邦出版)の中で、
武豊に「この騎手と同じレースにでるのは嫌」と言われているらし関東のジョッキーって誰のことでしょうか?

Aベストアンサー

僕もこの本を持っていますが、「イニシャル K」、「関東に所属」、「ローカルによく行く」、「ベテラン(武が○○さんと言ってるので少なくとも彼よりは上の年齢かと)」というのが情報でしょうか。
そこで関東所属のイニシャルKで武より年齢が上のジョッキーを、今現在ですが挙げてみると、
木幡初広
加藤和弘
の2人くらいなもんじゃないかと思います。(一応1年前まで遡ってみましたが同じでした)
今となっては両騎手とも関西にはほとんど乗りに行かず、新潟、福島では必ず見ますが、文章を読むと昔からあまり上手な騎手ではないイメージが強いので、僕は木幡初広騎手ではないかと思います(加藤和宏騎手ホウヨウボーイなどで活躍しているので)。また顔を見ても、ちょっとぼーっとしてる感じがしなくも、、、ない???どうでしょうか。

ただこの本。僕は話半分で読みました。一応「栗東トレーニングセンター厩務員」とは書いてあるもののプロフィールを見るとなんか非常にふわふわした感じがしたので。(「関西の某県出身」って本名出しておきながらなんでそこを隠すんでしょう?)パート2は違う人で出版されたし。
ま、楽しかったからよかったんですけど。

僕もこの本を持っていますが、「イニシャル K」、「関東に所属」、「ローカルによく行く」、「ベテラン(武が○○さんと言ってるので少なくとも彼よりは上の年齢かと)」というのが情報でしょうか。
そこで関東所属のイニシャルKで武より年齢が上のジョッキーを、今現在ですが挙げてみると、
木幡初広
加藤和弘
の2人くらいなもんじゃないかと思います。(一応1年前まで遡ってみましたが同じでした)
今となっては両騎手とも関西にはほとんど乗りに行かず、新潟、福島では必ず見ますが、文章を読むと昔か...続きを読む

Qウオッカ、何故四位ジョッキーのらない?

四位騎手は2年連続ダービー騎手。安田記念は何故長年コンビくんでくせもわかってるウオッカに騎乗依頼しないんでしょうか?

この馬は府中のような直線長いコース向きといわれてますが使える一瞬の脚は強烈ですが一瞬しかつかえない。だからむしろ京都内回りあたりがベストと感じますがこの感想は間違ってますか?

Aベストアンサー

昨年、武騎手に騎乗依頼した時点で、角居調教師には四位騎手を降ろしたという意識があったでしょうし、四位騎手も降ろされたという意識だったと思います。そういう経緯があって、安田記念のウオッカに武騎手が乗れないとしても、再び四位騎手に騎乗依頼することは出来ないのでしょう。四位騎手にもプライドがありますからね。また、ウオッカが一瞬の脚しか使えないというのは間違いです。一瞬の脚しか使えないような馬が、直線の長い東京コースのG1(しかも、牡馬に混じって)で圧勝することは有り得ません。一瞬の脚しか使えないような馬が、京都の内回りコースを割り合い得意とするというのは当たっていますが、ウオッカにとっては、むしろ苦手な部類のコースだと思います。この辺のことは、ラップタイムの勉強をすると解かると思います。

Q三浦皇成 武豊の記録更新 じゃあ、その前は?

「本日(10月25日(土))、福島競馬1Rで
16番アドバンスヘイロー号に騎乗し第1着となった
三浦 皇成騎手(美浦・河野 通文厩舎)は、JRA
での勝利数が70となり、1987(昭和62)年に
武 豊騎手が記録した69勝を上回る、JRA新人年
間最多勝記録を達成しました。」JRAホームページより

久しぶりの明るいニュースですね。
当方も応援の意味を込めて、このレースの単勝馬券を買った一人です。

まさか武豊騎手を超えるジョッキーが出現するとは…、

ところで、武騎手が20年以上保持していた記録。
まず破られないと言われていましたが、その前は?

つまり、武騎手が当時破った記録は、
どの騎手の何勝だったのでしょう? 気になります。

詳しい方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加賀武見氏の58勝がその前の記録です。
1960年のこの記録を、武豊騎手が1987年に更新しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E6%AD%A6%E8%A6%8B

競馬関係者の子弟が多い中、三浦皇成騎手は一般家庭の出身だそうですね。
これからも活躍を期待します。

Q佐藤哲三騎手は,2004年宝塚記念にて勝利の際,ゴーグル,鞭,ヘルメッ

佐藤哲三騎手は,2004年宝塚記念にて勝利の際,ゴーグル,鞭,ヘルメットを観客席に投げ入れたそうですが,そんなにたくさん投げてレース後の検量に影響出ないんでしょうか?


普通投げるとしてもゴーグルだけじゃないですかね?

Aベストアンサー

検量【けんりょう】
各レースの規程で定められた負担重量をきちんと背負っているか検査すること。

レース発走の約1時間前に行われる前検量、レース終了後に行われる後検量の2回の検量が行われ、前検量と後検量の差が1キロ以上あった場合には失格となる。

検量は鞭と帽子以外の装具(鞍やゼッケンなど)を含め、足りない分は100グラム~500グラムの5種類の鉛板で調節する。例えば負担重量が52キロの時は騎手の体重にそれらすべてを含めて52キロにならなくてはならない。ただし、レース中の降雨などで付着した水分などは対象外とされる。

前検量【まえけんりょう】
レースの約1時間前に騎手が行う検量のこと。

レース後の後検量との差が1キロ以上だと失格となってしまう

後検量【あとけんりょう】
レース後7着までに入った競走馬の騎手とJRAの採決委員が指定した騎手に課せられる検量のこと。前検量の数値から1キロ以内の増減が認められている。

テレビ中継などでレース終了後に競走馬から降りた騎手が鞍などを持って重量計に上がるシーンが見られる。


というわけで、ゴーグル、鞭、ヘルメットは検量の際には除外されます。

検量【けんりょう】
各レースの規程で定められた負担重量をきちんと背負っているか検査すること。

レース発走の約1時間前に行われる前検量、レース終了後に行われる後検量の2回の検量が行われ、前検量と後検量の差が1キロ以上あった場合には失格となる。

検量は鞭と帽子以外の装具(鞍やゼッケンなど)を含め、足りない分は100グラム~500グラムの5種類の鉛板で調節する。例えば負担重量が52キロの時は騎手の体重にそれらすべてを含めて52キロにならなくてはならない。ただし、レース中の降雨などで付着した水分な...続きを読む

Q武豊の騎手免許。

 武豊の騎手免許の事なんですが、平地とダートと障害ってのがあるみたいなんですが武豊はダートの免許持ってないっていうのは本当ですか?

Aベストアンサー

他の方の回答にもありますが、JRAの騎手免許は平地と障害の2種類ですので、ダートの免許を持っていない、ということ自体がありません。

ただ、中央競馬と地方競馬で免許が異なります。地方競馬は、盛岡以外ではすべてダートですので、それと勘違いされたのかも知れません。
武豊騎手…というか、中央競馬の騎手は地方競馬の免許を持っていませんし、反対に地方競馬の騎手は中央競馬の免許を持っていません。
武豊騎手が地方競馬に遠征したり、地方競馬の騎手が中央競馬に遠征することはありますが、これは、中央の競走馬が地方に遠征するとき、地方の競走馬が中央に遠征するときは、その日に限って他の馬にも騎乗できる、というルールによるものです。安藤勝己騎手や小牧太騎手らが中央の免許を取得していますが、彼らは地方の免許を返却しています。

Q騎手どうし及び騎手と馬主との関係

騎手間で仲のいい騎手悪い騎手、また仲のよい騎手と馬主など知っている方、教えてください。

Aベストアンサー

まず中央競馬の騎手界で中心となっているのが岡部騎手だと思います。その岡部騎手とまったく正反対の存在が引退した的場騎手(的場騎手は騎手は全てライバルだからといって親交関係を自ら断ったそうです)この2人はかなり仲が悪かったそうです。
あと有名なとこで同期の武豊騎手と蛯名騎手、師弟関係の田原調教師と藤田騎手は仲がいいそうです。
あと岡部騎手は新人の北村騎手をかわいがっているそうです。

Q武豊が52kgでハンデ戦に乗りますが。

9月19日(土)の中山10Rダート1800mハンデ戦に、52kgで
武豊が乗りますが、なぜ、どうして…?

騎乗馬のワールドブルーはハンデ51kgの馬の一つ上です。
57kgがトップハンデです。武豊はテン乗りです。
この馬は、地方交流線で大井と門別で各1勝していて、佐賀で3着。
中央は中山のダート3着と東京の芝10着で走っています。
武豊騎乗の経緯としてはどんなことが考えられるでしょうか?
1.調教師(森秀行)との関連で、馬に競馬を教えてもいらいたい
  と依頼があった。
2.調教師は武豊に乗ってもらえば、いい線(3着以内)位まで
  いけるのではないかと思った。
3.武豊もこの馬に、何かの将来性を感じて引き受けた。
4.たまたま武豊に依頼したら、52kgまでだったら乗れますよ
  ということで、たまたま引き受けた…深い考えは無い。
5.何らかの理由で、武豊の方から騎乗を依頼した…因みに
  この馬には、三浦皇成、川田将雅、戸崎圭太などが過去に
  乗っています。
6.いずれでもない…ほんとのことはよくわからないというのが
  正解なんでしょうが…それでは、面白くもなんとも無いので
  皆さんのお考えを、敢えて大胆に推理してみてください。

  宜しくお願いいたします。

9月19日(土)の中山10Rダート1800mハンデ戦に、52kgで
武豊が乗りますが、なぜ、どうして…?

騎乗馬のワールドブルーはハンデ51kgの馬の一つ上です。
57kgがトップハンデです。武豊はテン乗りです。
この馬は、地方交流線で大井と門別で各1勝していて、佐賀で3着。
中央は中山のダート3着と東京の芝10着で走っています。
武豊騎乗の経緯としてはどんなことが考えられるでしょうか?
1.調教師(森秀行)との関連で、馬に競馬を教えてもいらいたい
  と依頼があった。
2.調教師は武豊に乗って...続きを読む

Aベストアンサー

今週は2会場3日間の開催日程なので、ユタカさんが中山へ行くのは
自然な流れだと思います。
あと、52kgの斤量は夏の小倉でも良く乗っていたので問題ないと
思います。
肝心の馬ですが、これはなかなかな馬だと思いますよ。
時計のかかる地方のダートコースで最後の直線が平坦とはいえ
良馬場で1800mを1分54秒7・・・いいタイムだと思います。
門別はコースが広いですからこのタイムだと中山で激走しても
おかしくないと思いますよ!
ただ、馬体重が20kg以上プラスとかだったら勝負気配は
ないと思いますけどね・・・
それと、台風が来ているようなので当日は不良馬場が予想されます。
先週は500万条件、重馬場で1分52秒切ってましたから、
あまり時計が速くなるとって言う未知の部分はあると思いますが・・・

森厩舎は地方での交流レースをうまく使うことで有名ですから
わたしは軸にしても十分いけると思います。
森先生とユタカさんっていえばシーキングザダイヤ、アグネスワールド、
たしかエアシャカールも!?っていう名コンビで・・・
駄馬には乗せないはず・・・当日はおそらく1,2番人気では!?

今週は2会場3日間の開催日程なので、ユタカさんが中山へ行くのは
自然な流れだと思います。
あと、52kgの斤量は夏の小倉でも良く乗っていたので問題ないと
思います。
肝心の馬ですが、これはなかなかな馬だと思いますよ。
時計のかかる地方のダートコースで最後の直線が平坦とはいえ
良馬場で1800mを1分54秒7・・・いいタイムだと思います。
門別はコースが広いですからこのタイムだと中山で激走しても
おかしくないと思いますよ!
ただ、馬体重が20kg以上プラスとかだったら勝負気...続きを読む

Q地方ジョッキーで追えると思う騎手は・・・??

こんにちは。アンケートてきなものですが、地方騎手でみなさんがこいつは追える、追い方が派手と思う騎手は誰でしょうか??勝ち星などは全く気にしません。また逆に有名なのに追えないと思う騎手はいますか??私の個人的意見では、内田博幸、笠松の浜口、大井の的場文男が追い方が派手で好きです。逆に愛知の吉田稔は地方騎手の追い方に見えない気がします。内田博幸は左ステッキで叩く時はあまり追える感じはしません。逆に岩田康成は左ステッキはうまいが右ステッキはイマイチ・・・こんな勝手な印象を持っています。みなさんはどうでしょうか・?

Aベストアンサー

ものすごいと思ったのは、笠松時代の安勝さんです。(VTRのみですが)
以前オグリのレースを見ましたが3コーナー当たりでムチ入れっぱなしのような状態でしたよ。(それでもつオグリが異常かな)

生で見た範囲で言うと、南関しか分からないんですが、内田博幸さん・石崎隆之さん・今野忠成さんとかかな。JRAで走ったらという条件をつけると厳しいものになりますが、公営のみですと成績=追える騎手かと思います。(厳しい世界ですから)

将来性を考えると町田直希さんかと思います。昨年の東京ダービーはやられましたね。(まだ10代だよ^^)


人気Q&Aランキング