最新閲覧日:

現在、代々木第1体育館で、フィギィアスケート国際競技会を開催中と報じていました。
この体育館には、時々バレーボールの試合を見に行くのですが、普段床の体育館がどう方法で、アイススケートリンクに変えられるのでしょうか?
仕組みをご存知のかた、教えて下さい。

A 回答 (2件)

体育館のなかに、まず、スケートリンクの形に枠(広告なんかの書いてある壁)を作ります。


その床に、アルミニウムで出来た冷却板(中には、冷媒(アンモニア)の通るパイプがあります。)を、敷いてゆきます。(一つ一つの大きさは、ベニヤ板ぐらいのものです。)
冷却板が、しき終わったら、冷媒を通し、しっかり冷やしておいて、その上から、水を少しづつ撒いて氷を作ります。(場合によって、水の中に染料を入れておいて、白や、青などの色を氷に付けることもあります。)
5cmの氷を作るのに大体丸2日くらいかかります。

開催が終わると、その氷を人力で割って、回収し、あとは、野ざらしで溶けるのを待つ。

・・・と、言うところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすい説明、有難うございます。
おかげさまで、子どもたちにも体育館の床がスケートリンクに変わる仕組みを説明することが出来ました。

お礼日時:2001/02/17 22:57

昔、スイミングクラブであそこに通っていましたが、


オリンピックプールって呼んでたプールがあるのって、
第2体育館でしたっけ? 隣にダイビングプールがあるところ。
あと、代々木競技場って今、駐車場のところに、
何やら仮設の建物を建てて、スケートリンクにしているっぽいんですが・・・。
あれとは関係無いのかな?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ