退社と退職の違いを教えてください。 今まで20年、帰るときは退社、会社をやめたら退職として使っていました。 ただ最近履歴書他いくつかの書類、パンフなどで会社をやめても退社 と表記されているのを見ました。 どちらが正しいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

他回答者の方も仰ってるように、退社は退職の意味も持っているようですね。


「goo求人&転職」でも、退社と退職の違いをまとめた記事を公開しています。

【goo求人&転職 退社と退職の違いって?】
https://job.goo.ne.jp/topics/oshiete_column/care …

A 回答 (5件)

確かに、意味だぶってますよね。



私は、電話の受け答えのときに紛らわしいので、退社ではなく、帰宅と言うようにしてます。

国語辞典(大辞林)を見ると、退社には、会社を辞める/会社をひきあげるの二つが書いてあり、
退職には、職場をやめるとありました。

ちなみに、反対語を見ると、退社は入社、退職は就職なんだそうな。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

そうですか、退社=退職の場合もあることはあるんですね。 今まで使い分けてきてたのでやめた人を退社と表現するにはまだ違和感があります。 早々のご回答ありがとうございます

お礼日時:2002/11/27 18:53

会社を辞めることは退職でいいと思うのですが、退社は確かに辞めることと帰宅するという2つの意味があるようです。



私も電話をかけて「○○は退社しました」と言われたので「昨日会ったのに、辞めちゃったんだ」と勘違いしたことありました。

気をつけるのは退社を帰宅のことで退職のことではないと勘違いされないようにすることです。

「○○は本日は退社しました」とか帰宅という言葉を使うかですね。
    • good
    • 2

NO.1の方も書いていらっしゃるとおり、“退社”という言葉を辞典で引くと、2通りの意味があって、会社を帰るときでも辞めるときでも”退社”という言葉を使えるかと思われます。

実際、“退社時間”という言葉もありますから。
私は社会人生活十数年になりますが、マナーとして、以下のように習いました。
社外の方から、帰った人間に電話があった場合は
「申し訳ございませんが、○○は、本日は退社しております」
又、辞めた人間に対しての場合は、
「申し訳ございませんが、○○は、退職しまして、現在こちらには在籍しておりません」
現在、その時と違う会社におりますが、そこでも、皆さんやはり同じような使い方をしています。

どちらが正しいか、ということであれば、どちらも辞める、という場合に使用できる、ということでしょう。
が、イメージは、退社=帰る、退職=辞める、ですね。
    • good
    • 2

いやあ帰るときに「退社」と使われる方がいらっしゃるとは知りませんでした。


たぶん電話で聞いたら「えっ!おやめになったんですか」って言ってしまうと思います。
若い人は使わないかも。。。。です。

帰ってしまったことを相手にご連絡するときは、
「すみません、本日は帰らせていただいたんですが。。。。」と言っています。

あとは、退職ということばのイメージですが、
正しいかどうかはともかく、定年までまっとうされたとか、妊娠して自分から辞職してしまった方とかに使うような感覚を持っています。
    • good
    • 2

私も疑問に思っていたことがあります。


私がその件で受けた説明は、退社は単純にその会社を辞めること。つまりA社を辞めたがB社、C社に行きたい希望があること。
退職は、職をやめてしまうこと。もう、再就職しないこと・・・だそうで。
???でしたけど、そのような説明を受けました。マナー講習でのことです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険料1年に満たない場合の 自己退社は失業保険の手続きをしても意味ないですか。 仕事は探しており

雇用保険料1年に満たない場合の
自己退社は失業保険の手続きをしても意味ないですか。
仕事は探しておりますが、ハローワークには行っていません。

Aベストアンサー

>雇用保険料1年に満たない場合
>自己退社

雇用保険に加入していた期間がその会社しかなくて自己都合退職なら、求職者給付はありませんね…

Q日本生命についての質問です。 日本生命は5年目で自己退社しました。 退社日から、どのくらいで退職金は

日本生命についての質問です。
日本生命は5年目で自己退社しました。
退社日から、どのくらいで退職金ははいりますか?
詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

同業他社を数年前に退職しました。
退社日が年末(12/31)で、退職金は2月末に振り込まれていたと思います。

Q“退社”という言い方、どういう意味で使うことが多いですか?

その日の仕事を終えて会社から退出することを、「退社」と言いますね。
例えば時間外に会社に電話すると、“○○は本日は退社させて頂きました・・・”みたいな感じです。

一方、勤めている会社を辞めることも「退社」という言い方をして、仕事を終えて会社から退出することを、「帰社」と言うんだそうです。

さて皆さんは、“退社”という言い方はどっちで使うことが多いですか?
私は、帰社と言ったことはありません。

Aベストアンサー

「○○は本日は退社いたしました」ですね。

帰社は外回りの人が会社に戻るときに「これから帰社します」だと思います。

辞めた人の場合、「○○は退職いたしました」ですね。

履歴書に自分で書く場合は「一身上の都合により退社」と書きますが・・・・

参考までに
https://kotobank.jp/word/%E5%87%BA%E7%A4%BE%E3%83%BB%E5%B8%B0%E7%A4%BE%E3%83%BB%E9%80%80%E7%A4%BE-179243

Q1回7月末退社と言って上の人と合意してしまった場合は取り消し出来ますか?まだ退職願や退職届は出してい

1回7月末退社と言って上の人と合意してしまった場合は取り消し出来ますか?まだ退職願や退職届は出していません。
また、月の途中で退社は可能ですか?

Aベストアンサー

月の途中での退職は社会保険料などは多少面倒臭くなります。
月末に加入している保険に保険料を払う必要があるからです。

私もこの7月末に退職しますが、7/31が日曜なので、7/29
に退職し、8/1から次の職場となると、7月の社会保険の
保険料支払い先が空白となってしまいます。
年金も健康保険も未納となってしまいます。

この場合、7/30-31のために国民年金と国民健康保険に
加入して、保険料を払わなければいけません。

現職での状況を考えて円満退社を念頭にするなら、
あまり動かさない方がよいでしょう。
例えば上司とよい関係で、まだ、数ヶ月先という
ことであれば、軽く相談してもよいかもしれません。

あなたの心がけ次第といったところですかね。

Q帰社 退社?

表現方法について質問があります。
ある客が会社に同僚のAを訪ねてきました。Aはすでに帰っていました。その時はなんと言えばいいでしょうか?
『Aはすでに帰社しました』でしょうか?でも辞書に“帰社”は出先から自宅に帰るの意味と書いてありました。普通に会社から帰る意味では使えないということですよね?

“退社”はどうでしょうか?でも退社は会社を辞めるという意味もあり間違って捉えられる可能性もありますよね?

どのように言えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「退社」で良いと思います。
しかし、使い方が微妙です。

「Aは本日は退社いたしました」なら○です。
しかし、「Aは本日退社いたしました」「Aは既に退社いたしました」「Aは本日で退社いたしました」は退職を意味します。

「帰社」は仕事先から会社に戻ってきている、または戻ってきたことを意味します。
「Aは既に帰社しておりますので少々お待ちください」
「Aは先ほど帰社いたしました」
「Aはただいま帰社いたしました」
「Aは先ほど帰社いたしましたが、すぐに部長と退社いたしました」
などなど。

Q自主退社 自主退職を希望するときに退職届は必要?

お世話になります。
自分の勤めている会社で、自主退職を希望する人がいます。

一応 明記しますが、会社からの解雇を自主退職とする物ではなく
あくまで本人が希望して退職したいといっております。

在籍は3月いっぱいなので、あと半月ほどです。

特に退職届があったわけではなく、社長に直接辞めたい旨を
口頭にて話しただけです。

この場合、退職届は出してもらうべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

労働者の意思表示による退職ということだよな。その事実を書面で残すべく、退職届を出してもらうのがいいだろう。

例えば期限の定めのない雇用契約でいわゆる日給月給制なら14日前までに告げるなど、法律上の要件を満たしていれば、会社の同意等がなくても、労働者はその意思表示を口頭でするだけで労働契約を一方的に終了させることができるんだよ。要件を満たしていなくても、会社が同意すれば、やはり労働契約は終了する。

質問のケースが要件を満たしているかどうかは分からないけど、満たしていれば口頭で告げた時点で法律上認められる日以降に退職できるし、満たしていなくても社長が了解などと告げれば退職できる。おそらくは、退職することは法律上確定しているだろう。

ただ、退職する場合、その経緯を書面で残しておかないと、後でトラブルになるおそれがある。退職届を出してもらったほうが断然いいぜ。


それと、間違いだらけの回答があって、さすがに放置するのはまずいと思ったので念のため。

>退職届(願)は、退職を希望する者が会社または社長宛に出すものです

本来誰宛に出すものかといえば、代表取締役宛に出すものだ。

>質問のことから 手続きは 退職願を出して、許可が出て 退職になります

上記のとおり、法律上の要件を充足していれば労働者からの一方的意思表示により退職できる。「退職願」である必要性はどこにもなく、また「許可」も不要だ。そして、質問内容からは、要件充足性を判断できない。

>口頭で申し入れて承認があったとしても文書で出すのが原則です(個人経営や零細企業であれば口頭のみで済むかもしれません)

法律上、口頭が原則となっている。文書を推奨する根拠は法律や規程から見出せるが、文書が原則とする根拠は、規程にその旨の定めが置かれていない限り、どこにも存在しない。

>退職後 離職票、源泉徴収票、健康保険・年金関係の書類の発行が必要です

離職票は、公共職業安定所が発行するものであり、会社が発行するものではない。会社は離職票を安定所から受け取り労働者に交付する。

>1ヶ月前までに申し出ることが規程の場合に、半月前の申し出で、希望日以降出社しなかった場合には、無断欠勤で懲戒解雇という選択も可能になります

これは違法な解雇処分、違法な懲戒処分となるおそれがある。法律上の要件を満たす退職の意思表示については、これよりも労働者に不利な規程類の定めは無効となる。例えば、14日前までの意思表示で退職できる場合に、これよりも長期の意思表示ないし届け出を求める規程の定めは無効となる。無効な定めに基づいて懲戒処分や解雇をした場合には、違法な処分・違法な解雇であり、それもまた無効となる。

労働者の意思表示による退職ということだよな。その事実を書面で残すべく、退職届を出してもらうのがいいだろう。

例えば期限の定めのない雇用契約でいわゆる日給月給制なら14日前までに告げるなど、法律上の要件を満たしていれば、会社の同意等がなくても、労働者はその意思表示を口頭でするだけで労働契約を一方的に終了させることができるんだよ。要件を満たしていなくても、会社が同意すれば、やはり労働契約は終了する。

質問のケースが要件を満たしているかどうかは分からないけど、満たしていれば口頭で...続きを読む

Q出勤、出社、退勤、退社についていろいろ

日本語を勉強中の中国人です。「出勤」と「出社」、「退勤」と「退社」の違いは何でしょうか。「出勤」の反対語は「退勤」でしょうか。それとも「退社」でしょうか。「出社」の反対語は何でしょうか。

「毎日に何時に出勤していますか」の「出勤」を「出社」に変えてもよろしいでしょうか。それと反対の意味を表す文は「退社」を使うでしょうか。それとも「退勤」を使うでしょうか。ちなみに、この「何時に」という時間は家を出る時間ですか。それとも会社に入る時間でしょうか。「退社」は仕事をやめる意味もありますか。

この一連の表現は全部頭の中でごちゃごちゃになっているので、どなたか説明していただけませんか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

極めて習慣的な使い分けですので、辞書などにはないことから混乱されたのかと思います。

日本のサラリーマンが「会社」という言葉を使うときには、勤務している会社という法人組織よりも、会社が所在している事務所や建物、あるいは工場などの施設のイメージが根底にあります。
このイメージをご理解いただきませんと非常に分かり難いかと思います。
「家に帰って仕事をするか会社で仕事をするかどちらにしようか」
「営業は会社の外で仕事をしているが、総務は会社の中で仕事をしている」
などという使い方をします。
この意識に基づいた発言としての「出社」「退社」は建物や施設への出入りの意味だとご理解ください。
従いまして 「毎日何時に出勤していますか」という質問と「何時に出社していますか」という質問に対する答えが各々違ってきます。
   注)ご質問の「毎日に何時に出勤していますか」の毎日の後の「に」は不要です。
「出勤していますか」は「勤めに出ていますか」ということになり、家を出る時間になります。
TVのニュースなどでも「今朝は出勤のサラリーマンで混雑しています」という言い方がされます。
これに対して「出社」は、会社の所属する建物や施設に出頭することとなりますから、つまり到着した時間を答えることになります。
この混乱を避けるために「出社するときには何時に家をでるか」と敢えて具体的に聞きます。

この逆で、会社の所在する建物や施設から出て家に帰ることを「退社」といいます。
勤務時間中に出る場合は勤務時間内に戻ってきますので、単に外出と言います。
営業のように、常時、建物や施設の外で働く場合には外勤という言葉が使われることがあります。

「退勤」は「勤めを退く(つとめをしりぞく)」ということになり「勤務をやめた=会社を辞めた」という意味と重なってしまいます。
これを嫌って習慣的に使いません。
更に、「会社を辞める」ことを言う場合には「退職」という言葉が使われます。
これは退職金などと公用語としても使われています。

以上のようにいずれの場合にも習慣的には退勤という言葉はつかわれません。

「退社」という言葉は日常的には上記のように使われますが、他に使われることもあります。
定年後の人に向かって定年になった時期を聞く際に「何時退社されましたか」と使われます。
「A社を3年前に退社したが、今はB社で働いている」という回答になります。
この場合にも若干ニアンスが含まれています。
定年満了まで働いた場合は「退社」を使いますが、途中で辞めた場合は「辞めた」と言います。
「オレは首になった訳ではない、定年で辞めたのだ」というニアンスが含まれています。
「辞めた」という言い方のニアンスに首になって辞めさせらた場合と自発的に辞めた場合の二つのケースがあります。
いずれにせよ、「退社」「辞めた」の使い分けは非常に微妙です。

なにかあれば補足質問をお願いします。

蛇足
日本は歴史的に長い間、言葉の異なる民族と接触したことがありません。
結果として文法よりも慣用的な使い分けが多い言語です。
もしご興味があればドラマや演劇の戯曲をお読みになられることをお勧めします。
庶民の言葉使いとしては、長編でギネスの記録を持つ、「男はつらいよ」というシリーズがあります。
これはDVDと文庫本がAmazonで販売されていますので、一度ご覧になられると良いかと思います。

極めて習慣的な使い分けですので、辞書などにはないことから混乱されたのかと思います。

日本のサラリーマンが「会社」という言葉を使うときには、勤務している会社という法人組織よりも、会社が所在している事務所や建物、あるいは工場などの施設のイメージが根底にあります。
このイメージをご理解いただきませんと非常に分かり難いかと思います。
「家に帰って仕事をするか会社で仕事をするかどちらにしようか」
「営業は会社の外で仕事をしているが、総務は会社の中で仕事をしている」
などという使い方をし...続きを読む

Q9月末で退職した職場から雇用保険被保険者離職票が届いたのですがこれはどうゆう書類ですか?この書類は

9月末で退職した職場から雇用保険被保険者離職票が届いたのですがこれはどうゆう書類ですか?
この書類はどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

離職票①、離職票②の二枚ありますよね。

もし違うものだったら遠慮なく会社に離職票の郵送でも催促してよい場面ですからね。

言っても中々出さない会社は多いんですよ。

離職票は居住区管轄のハローワークで失業給付金受給の申請するときに提出する書類です。

前職での雇用保険加入期間や退職理由などで各等級に振り分けられ

貰える給付額や受給期間は人によって違いますが、

働き先がまだ見つかってないなら、即日のうちに管轄のハローワークで

手続きをした方がいいですよ。受給有効期間は離職日から一年ですから。

それと離職票の有効期間も離職日から一年間なので、すぐに再就職できても

思いもよらず数か月で倒産した、とか思いもよらず解雇になったでも前職から

一年以内なら離職票は生きてますのでハローワークでまだ受給申請に使えますよ。

再就職がスムーズにできても一年間は保管しておくのも良いかと思います。

離職票の使い道はこんなところでそれ以外にはないです。

因みに申請時に必要な物は、離職票①②・雇用保険被保険者証・

普通貯金通帳・印鑑・身分証明証・写真(縦3センチ、横2.5センチ)です。

離職票①、離職票②の二枚ありますよね。

もし違うものだったら遠慮なく会社に離職票の郵送でも催促してよい場面ですからね。

言っても中々出さない会社は多いんですよ。

離職票は居住区管轄のハローワークで失業給付金受給の申請するときに提出する書類です。

前職での雇用保険加入期間や退職理由などで各等級に振り分けられ

貰える給付額や受給期間は人によって違いますが、

働き先がまだ見つかってないなら、即日のうちに管轄のハローワークで

手続きをした方がいいですよ。受給有効期間は離職日から一年...続きを読む

Q[転職] 会社都合の退社の場合、履歴書にはどう書く?

現在、転職活動中です。履歴書に書く職歴欄のことで迷っています。
一番最近の職歴についてです。
1年間毎の更新契約のアルバイトとして働き始めましたが、経営悪化により1年が経つ前に退社を余儀なくされました。
アルバイトとしての契約ですが、入社時には社員登用も視野に入れた採用でした。しょうがないとは理解しつつも、やりきれない点もあります。
働いた期間も短いですし、職歴に“退社”→自分の都合で退社した、という意味にとられるようには出来れば書きたくありません。この場合、どのように書くと自主退社ではないとわかり易く伝えることが出来るでしょうか。

Aベストアンサー

初めまして
履歴書に書くのであれば
経営悪化により会社都合で退社と書けばよいと思います。
リーマンショックで日本全体で不景気になったのは周知の事実でありますから問題ないと思います。

Q退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なく

退職金について。最近10年勤務していた会社を退職しました。退職金が60万円程度でした。これって少なくないですか?給料の手取りは18万程度です。

Aベストアンサー

それぞれの企業がどういう仕組みで退職金制度を組んでいるかによる。
中小零細企業なら退職金制度があるだけマシな場合もある。
その金額だとおそらく中退共(中小企業退職金共済事業)かなんかだと思う。
10年で60万だったら、おそらく最初は2000円の毎月の掛け金からのスタートで、年数重ねるごとに増やして最終的に5000円とか6000円の掛け金になってるっぽい。
給料手取りで18万ってことは総支給で22万〜23万くらいだろうから、その給料でだったら掛け金としては結構かけてもらってる方かも。

中小企業はこんな感じで中退金を利用してるとこも多い。
この中退金と同時に会社でも積立して、中退金からのお金と会社の積立を合わせて出すところもある。
そうなるともっと退職金も増えるんだけどね。

少ないか少なくないかは、一概には言えない。
会社に対して高い貢献度だったのなら安い気もするけど、そうでもないのなら妥当なとこ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報