私は22歳の女性です。お尻のほくろを除去したいのですが、なにせ場所が場所だけになかなか意を決して取りに行けません。男の先生にお尻を見せるだなんて恥ずかしいしほくろを取る時先生もやっぱり手をお尻に添えなきゃできないじゃないですか。ですので大阪近辺で女医さんがやってくれる皮膚科か整形外科はないものかなと思いまして。もしご存知の方がいらっしゃいましたらご回答の程宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

皮膚科でしたらJR塚本駅前に「ササセ皮膚科」というのがあります。

但し時間帯、曜日によっては男医の場合もあります。

ほくろの除去は整形外科ではなく形成外科だと思うのですが地下鉄中津駅近くにある大阪府済生会中津病院の形成外科に女医さんがいます。これも時間帯によっては男医の場合があります。

大阪府済生会中津病院の形成外科は私達夫婦二人ともお世話になりました。腕はいいと思います。

連絡先についてはbreezeさんのご回答のURLを参考にしてみてください。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有難うございました。
大阪府済生会中津病院の形成外科、連絡をとって女医さんの担当されてる時間帯を聞き、1度行かせて頂こうと思います。
女医さんがいるということを知れてホッとしました。
心より感謝しております。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/02/19 20:22

ホクロ除去は形成外科受診が望ましいと思います。

私の知り合いに関西医大形成外科女医さんがいます。私も顔のホクロを除去してもらいました。時間にして約10分です。局所麻酔も全然痛くありませんよ。初診で大学病院にかかるのは、難しいので、近所の医院で事情話して紹介状を書いてもらって、受診するてもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問へのご回答どうも有難うございました。
良い情報をご提供くださいましたことを心より感謝致します。
本当に有難うございました。

お礼日時:2001/02/19 20:01

#2の補足です。



ほくろの除去、ということになると開業医では出来ない可能性がありますので、やはり先ほど紹介した中津病院のようなところがいいと思います。
    • good
    • 1

下記サイトで、検索すると、たくさん出てきますよ!


女医さんがおられる診療所には、“女性医師在勤”の表示がありますので、
一度お尋ねになってみられてはいかがですか?

参考URL:http://www.10man-doc.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答どうも有難うございました。
breezeさんが教えてくださったサイトで回答者のYouyouさんが教えてくださった中津医院を検索することができました。
連携プレーですね♪本当にどうも有難うございました。

お礼日時:2001/02/19 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医学博士だけが持つメリットは?

私は医学博士課程進学を志している獣医学科の学生です。
私の志望している研究内容はウイルス学なのですが、この分野は別に医学博士でなくても研究をする事が可能です。理学でもいいし、生物系の他の学問でも。そして獣医学科修了生は修士と同じ扱いなので他の分野の博士課程に進む事も可能です。
私がわざわざ医学博士を選んだ理由は、せっかく獣医学科を卒業するんだから、獣医学博士か医学博士じゃないと勿体無いというだけのことです。特に明確な理由を持っている訳ではありません。
医学博士だけが持つメリットって何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の所属している医学部の大学院では医科学研究科というのもあり、これは他学部の学生で医学研究をしたい人対象に開設されたものです。
さて、この課程を卒業したら、「医学博士」か「理学博士」か選べます。

そういう意味では、「医学博士」であるから「理学博士」と違ってメリットがあることはないと思いませんでしょうか?

ちなみに、文字通り「お医者さま」と「医学博士」は違うってことは大丈夫ですよね?

「工学博士」「農学博士」「理学博士」と比べて「医学博士」のメリットという考え方はマトを得ていないと思います。私は理学博士ですが、そんな考え方したことありません。
ただ、「工学博士」というと、「何か工学に関係することで博士を取ったんだなぁ」
「農学博士」というと、「何か農学に関係する(植物?かな?)ことで博士をとったんだろうなぁ」
と思うくらいです。

初めて会う人に雑談くらいでは、「何を専攻していたんですか?」と聞きますけどね。同じ「医学博士」といっても「専門は全く違う」場合がありますので、実際に何をやっているか聞かないと一概にわかりませんので。

長々と書いてしまいましたが、他の博士と比べて「医学博士」であるというメリットがあるという考え方自体(個別の博士に存在するほかの博士と比べたときにメリットがあるいう考え方)、私には意味がないというか、ピンときません。

No3様がおっしゃるように、「お医者様」があくまで「箔付け」で医学博士をお取りになって、名刺に「医学博士」と書けるという意味ではメリットです。しかし、学会で権威という権威はつきません。「見栄」はつきます。

では、「博士」を取ること自体のメリットですが、私は「運転免許」のようなものだと思います。
誰でも取れる。車があれば運転できる。しかし、車が買えるかどうかはわからない。車もピンキリである。
ここで言う「車」とは「研究職」にあたります。「博士」という「免許」がなければ「研究職」という「車」があっても「運転」(=「就職」)はできません。しかし、「車」があるか(「研究職(特に大学)」の求人があるか)はわかりません。「免許」を取って「車」運転ができるようになっても1年間は初心者であるように、「博士」を取っても、すぐに「研究職」で一人前ではありません。1年間どころか数年以上、初心者として修業の日々です。

「箔付け」で「医学博士」を取るという先生を面倒見たこともあります(給料が上がるとかもあるそうです)。こういう先生などは論外として、何の博士をとったとしても、それがゴールではありません。

むしろ、「博士」を取ってから、やっと研究がスタートするのです。
「博士」取ったメリットは研究することを仕事にできるかもって可能性であって、それだけでメリットを考えることは「箔付け」とそう変わらないと思います。

参考までに。

私の所属している医学部の大学院では医科学研究科というのもあり、これは他学部の学生で医学研究をしたい人対象に開設されたものです。
さて、この課程を卒業したら、「医学博士」か「理学博士」か選べます。

そういう意味では、「医学博士」であるから「理学博士」と違ってメリットがあることはないと思いませんでしょうか?

ちなみに、文字通り「お医者さま」と「医学博士」は違うってことは大丈夫ですよね?

「工学博士」「農学博士」「理学博士」と比べて「医学博士」のメリットという考え方はマト...続きを読む

Q医療費って変じゃないですか?

私と娘は花粉症の為、耳鼻科に通ってします。しかし、何か変?と言うことが・・
この時期耳鼻科は非常に混むので薬だけもらっています。
いつもは、耳鼻科で処方箋だけもらって私も子供も各620円。
先日子供が鼻づまりがひどく吸入だけやってもらって270円。
しかし、昨日処方箋と子供の吸入で子供470円、私580円!!
これって処方箋だけもらう時よりも、お得じゃん!!って思ったんですが・・単純に考えたら、処方箋620円と吸入270円で890円だと思いませんか?しかも、私の分まで安くなってるのは???
いろいろ難しい計算があるのでしょうか?

Aベストアンサー

医療費について疑問をお持ちなのですね。

医療費(保険診療)については細かく点数が決められていて、その算定の仕方にもこまかーくルールが決められているので、知らない方には「なんで!?」と思うことが多いと思います。

さて、yuko4さんの場合はお薬(処方せん)をもらうだけより、治療(処置)をした方が安いのはおかしいと感じられたのですね。

一つ、理解して頂きたいのは、お薬(処方せん)をもらうだけでも、診察をされたことになります。それは、医師は診察なしでお薬を出すことは本当はできないからです。
診察されてないのに診察に点数が書かれていたのは、そういう訳です。

そして、#4さんも書かれてるように、再診料を算定する場合は、通常、外来管理加算が算定できます。しかし、処置や手術、特定の検査を行った場合などはこの外来管理加算が算定不可になります。(これはルールです)
更に、その月の最初の診察が再診ならば、継続管理加算もセットで算定できます。これは月に1回だけです。
処方料については、質問の内容から、通われてる医院は院外処方なのですね。その場合は。処方料は0です。その代わり処方せん料が算定されます。明細には「その他」の欄に書かれてるのではないでしょうか。

以上のことを念頭において、私なりに質問者さんの診療を算定してみました。

まず、鼻の吸入だけ270円。この日は月の最初だったのでは?そうすると継続管理加算(5点)がプラスされます。
73(再診)+12(鼻処置)+5(継続)=90点
  →90点×10=900円  3割でちょうど270円になります。

鼻の吸入と処方せん(処方せん料は出すお薬によって69点と71点のどちらかを算定します)
73(再診)+12(鼻処置)+71(処方せん)=156点
  →156点×10=1560円 3割で470円(1円単位は四捨五入)

処方せんだけ
73(再診)+52(外来管理)+69(処方せん)=194点
  →194点×10=1940円 3割で580円

となります。で、いつもの620円なのですが、これはぴったりの組み合わせを見つけることができませんでした…。すみません。600円前後になることは間違いないんですが。上の580円に何かがプラスされてるのだと思います。中途半端ですみません。

とにかく、医療費は奥が深いです。勉強していくと結構楽しいんですけどね。保険点数が載ってるHPもありますので、時間があればご覧になってはいかがでしょうか。

医療費について疑問をお持ちなのですね。

医療費(保険診療)については細かく点数が決められていて、その算定の仕方にもこまかーくルールが決められているので、知らない方には「なんで!?」と思うことが多いと思います。

さて、yuko4さんの場合はお薬(処方せん)をもらうだけより、治療(処置)をした方が安いのはおかしいと感じられたのですね。

一つ、理解して頂きたいのは、お薬(処方せん)をもらうだけでも、診察をされたことになります。それは、医師は診察なしでお薬を出すことは本当はできないからで...続きを読む

Q早稲田大学医学博士…?

あるスポーツトレーナーの経歴欄を見たら"早稲田大学・医学博士"と書いてありました。
早稲田大学を卒業したあとに、どこか別の大学で医学博士になったのだろうと思っていたのですが、
そうではなくて早稲田大学にて医学博士号をとったようです。

けれども早稲田大学で医学博士号って取れるものなのですか?
早稲田大学には医学部自体が存在しなかったと思うのですが…

Aベストアンサー

医学部を卒業し国家試験に受からなければ医師にはなれません。
しかし医師でなくとも博士(医学)は取れます。
理工学部を卒業した博士(医学)はたくさんいます。
医師でなくとも医学系大学院で博士(医学)を取ることが出来ますし、
医学系大学院に行かずとも論文審査で合格した論文博士もいます。
最近では医師の間では博士より学会認定医のほうが重視されており、
あと何年か経つと博士(医学)は医師より、医師でない人のほうが
多くなるだろうと予想されています。

Q顔のほくろを取れるものならば取りたい!

顔ってとっても気になります。
レーザーや何かで取れると聞きますが
実際に取ったことのあるかたが
身近にいません。
皮膚科にでも行ってみたら良いのでしょうか?
実際に取ったことのある方、
また、詳しい方、
ぜひ、教えてくださいm(. .)m
どこへ行ったらよいのか?
お薬の塗布のみでも取れるのか?
料金はおいくらほどかかってしまうのか?
やっぱり保険はききませんか?
いろいろききたいです。
顔には目立つほくろが4つあります。。。
出来ることならば取りたい。。。

Aベストアンサー

こんばんは。
私はほくろを取った経験はないのですが 母親が皮膚科で何度か除去しています。
赤黒いほくろのときは 大学病院でとってもらったそうで、病理検査料をあわせて7000円くらいだったそうです。皮膚癌の疑いという名目がきき、保険もききました。消毒に一週間通っていました。これは根元からとったらしいです。

顔にできたうすいほくろをとったときは 近所の皮膚科でレーザー光線でとりました。
保険がきかなかったのですが¥5000(1cm四方)で2箇所あったのですが おまけしてくれて2箇所で7000円だったそうです。
一瞬バチ!と音がしてチクリとしたといってました。
それから一週間かさぶたがはがれたら 綺麗になってました。
ほくろがないだけで 顔の印象がかわって明るくなりました

Q医学博士について

医学博士について
よろしくお願いいたします。
よく、論文博士という言葉を聞きますが、お医者さんの場合、医学博士は、医学部を卒業していなくても、
論文だけで博士になれるのでしょうか?
論文博士は、6年間医学部で学んできた方とはまったく異質ですよね。

Aベストアンサー

医学博士に限らず博士号は論文だけで取得することができます。
現に、私の友人は医学部出身ではありませんが、論文による医学博士です。ただし、医学部出身ではないため、医師免許は持っていません。したがって医者になる(医療行為をする)ことはできません。

このような事例は研究者の場合は結構あります。公衆衛生学だとか運動生理学など他分野からの研究者が論文を提出して、学位を取った場合が多いですね。

私自身も医学ではありませんが、自分の専門と学位は全く違う分野でして、名刺を出すと「え、どうして」と質問されることが結構あります。

Q言語聴覚士の先生にご意見を伺いたいです。

自分は言語聴覚士の養成校で勉強している学生です
以前より悩んでいることがあったのですが、人に相談できずにおり、こちらで質問させていただきました
自分は幼い頃から極度の偏食です
食べられるものを数えるのに両手で足りる程です
摂食嚥下障害の勉強をしている時に、「偏食の自分が食べる支援が出来るのか、しても良いのか」と疑問に感じました
そのため偏食を克服できないかと思い、様々な食品を試みたのですが、手の震えや吐き気等の様々な症状を感じ、未だに克服できておりません
このような状態の人間が言語聴覚士になってもよいのかと不安に感じております
もしよろしければご意見の方をいただきたいと思い投稿させていただきました

また、来月より評価実習が行われます
見学実習では偏食により困ることは無かったのですが、知人のなかには嚥下食を食べる機会があったとのことです
残りの実習ではそのようなことがある可能性を考えると不安になってしまいます
そのような場合に備えて指導してくださる先生にはお伝えしようと考えておりますが、偏食のため実習が受けられないということはあるのでしょうか
また、養成校の先生にもお伝えできておりません
このようなことはお伝えするべき内容でしょうか

もしよろしければご意見いただきたいと思います
よろしくお願いいたします

自分は言語聴覚士の養成校で勉強している学生です
以前より悩んでいることがあったのですが、人に相談できずにおり、こちらで質問させていただきました
自分は幼い頃から極度の偏食です
食べられるものを数えるのに両手で足りる程です
摂食嚥下障害の勉強をしている時に、「偏食の自分が食べる支援が出来るのか、しても良いのか」と疑問に感じました
そのため偏食を克服できないかと思い、様々な食品を試みたのですが、手の震えや吐き気等の様々な症状を感じ、未だに克服できておりません
このような状態の...続きを読む

Aベストアンサー

10年目STです。

どうしても食べられない旨をバイザーに伝えればいいのではないのでしょうか?
とりあえず、アレルギーとでも言っておけばよいのでは?

もちろん、食形態の検討の際には実際に食べてみて、口腔内での状態や送り込みのしやすさや嚥下のしやすさなどを確認することもありますが、しなくてもいいのでは?

実習中は理由を「私、偏食なんです」と言うと、よく思われないかと思いますので、アレルギーとか伝えておいたらいいですよ。
臨床に出た後に、周りには伝えればいいと思います。

Q医師と医学博士

ジャガー横田さんの旦那様の木下博勝が医学博士を取ったというのを聞きました。  そこで私は木下さんって「お医者さんだったよね」と思ってしまいました。  私はお医者さんはみんな医学博士の学位があるものだと思っていたのですが、そうではないんですか?  お医者様と医学博士の違いを教えてください。

Aベストアンサー

博士は、大学院の博士課程を修了することで取得するものです。一般的には、博士論文を書いて、審査に合格しなければなりません。
医者は、医師免許さえ取得すればなることができます。

Q女医さんのいる婦人科を教えてください

女性の体に関する情報が増え、子宮内膜症や子宮筋腫などは他人事ではないんだな、と実感して、婦人科で診察してもらうことにしました。
初めてのことですし、女医さんに見ていただきたいと思っています。
そこで、新潟市で女医さんがいる婦人科を教えてください。
ご推薦の理由も教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

直接の回答ではないのですが、ひとことアドバイスを申させてください。
私も女性ですので、お気持ちはよく解りますよ!同じように感じます。
ですが、以前に知人に、そういった話をしたら、
その方も同じような思いで女医の婦人科にかかったことがあったそうです。
ですが、(彼女が言うには)同姓どうしということもあるようで、
かえって、えげつなくショックな言い方をされたようで、イヤな思いをされたようです。
彼女は、やはり女医さんを望む一方で、男性でも昔ながらの評判が良い医師や、信頼できる医師はいる、と言ってましたよ。
自分にあった医師を見つける、ってなかなか難しいですよね。
まあ、もっともその前に、健康であることが何よりですけどね。

Q医学博士?どうやって取得?

なんとなく、昔から疑問に思っていたことですが、医学博士はどうやって取得するのですか?医師でなくても取得できるそうですが?どうやって?
医学部に行かれた方は、大学を卒業して、医師免許をとって、研修医をやって、また学校(大学院)行くのですか?その間は無収入になるのですか?または、学会に出席をして、論文書いたら、大学院に行かなくても、医学博士は取得できるのですか?また、博士、修士の違いを教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
医学博士修得には、2つの道があります。
1つ目は、医学部を卒業して、大学院に進み、そこで医学博士号を取得する。
2つ目は、医学部を卒業して、病院や医院等で医師として勤務をしながら、研究論文を作成して、医学博士号を取得する。

医学部・薬学部・獣医学部の場合には、文部科学省令によって、大学院前期課程(修士課程)卒業と同等の資格とされています。なぜならば、6ヵ年に及ぶ学業生活を送らなければならないためであるとされています。

一般に、修士号と博士号の違いは、修士号がプロフェッショナル資格であるという点。具体的には、ある専門分野で研鑽を終えたという称号なのです。例としては、理学修士、工学修士、経済学修士(MBA)、文学修士などが挙げられます。

博士号の場合には、学術に関してある業績を挙げたことによって贈られる称号です。具体的には、「ある細胞内の分子課程を明らかにした」とか「新しい実験装置を開発した」、「新しい手術方式を開発した」などによって贈呈されます。

学会に出席してというのは難しいかも知れません。大抵の場合には、指導教官と一緒にある研究グループに所属することで、研究を行う例が多いためです。しかしながら、有る程度の規模の病院を経営している医学士の場合には、費用等の余裕があるため、専門の技官を雇用して、研究を行い、論文博士となる場合もあります(国立の場合には、却下します)。

21世紀現在の、博士号、修士号についての説明です。

こんばんは。
医学博士修得には、2つの道があります。
1つ目は、医学部を卒業して、大学院に進み、そこで医学博士号を取得する。
2つ目は、医学部を卒業して、病院や医院等で医師として勤務をしながら、研究論文を作成して、医学博士号を取得する。

医学部・薬学部・獣医学部の場合には、文部科学省令によって、大学院前期課程(修士課程)卒業と同等の資格とされています。なぜならば、6ヵ年に及ぶ学業生活を送らなければならないためであるとされています。

一般に、修士号と博士号の違いは、修士号が...続きを読む

Q婦人科・女医にかかったことのある方・・

最近、婦人科系の気になる症状が続き、初めて婦人科を受診しました。開院間もないのが気にはなりましたが、比較的近所のレディスクリニックに行きました。(30代後半くらいの女性院長と全スタッフが女性)明るく清潔で感じの良いクリニックでしたが、なかなか緊張は緩むものではありませんでした。簡単な問診のあと、診察台で検査を受けましたが、『最近の診察室はよく出来てるもんだな・・』と感心するほど、配慮された仕組みになっていました。
で、前置きが長くなってしまったのですが、具体的に婦人科にかかる、ということで、ここ数日の自覚症状とか気になる点を伝えることになるだろう、と考えていたのですが、思いのほか何も突っ込んだことを聞かれることもなく、あっさりしたのものでした。『アノことは?コノことは?』と一人で頭をグルグルしてしまいました。今だからこそ、あれこれハッキリ聞いておけばよかった、と思いますが、そのときは初めての受診・検査にかなり動揺していたので、気持ちを落ち着かせるので精一杯でした。
今時点は1週間後の結果待ちです。結局、先日の時点では、私の訴える症状も確たるモノがなく、すべては結果を見なければ対処の仕様がなく、先生もあまり言わず・聞かずだったのかな、と思うのですが・・ただ、今までどの科にかかっても、もう少し医師からいろんな質問をされるような気がしました。でも、婦人科はデリケートな部分が多いので、あえて、この段階だから余計なことをいっさい言わないのか?それが最近のスタイルなのか?いろいろ考えてしまいました。治療が必要になれば、そのクリニックで受けるつもりで、その女医さんに不信感、、とかそういったことではないのですが、婦人科ってこういうものなのでしょうか?初めてで比較するものがないので、みなさまの感想を聞かせていただけると心強いです。

最近、婦人科系の気になる症状が続き、初めて婦人科を受診しました。開院間もないのが気にはなりましたが、比較的近所のレディスクリニックに行きました。(30代後半くらいの女性院長と全スタッフが女性)明るく清潔で感じの良いクリニックでしたが、なかなか緊張は緩むものではありませんでした。簡単な問診のあと、診察台で検査を受けましたが、『最近の診察室はよく出来てるもんだな・・』と感心するほど、配慮された仕組みになっていました。
で、前置きが長くなってしまったのですが、具体的に婦人科にかか...続きを読む

Aベストアンサー

文面から察するに不妊、妊娠、生理不順といった類のものではないようで、恐らく検査結果にて科学的根拠がなければ、判断できない類のものだったのでしょう。よって患者さんからの聞き取り情報から判断するようなものでなかったのではないでしょうか?通常産婦人科では、基礎体温表は、貴重な情報源ですが、恐らく述べたように血液や分泌物などから得られる科学的根拠がない限り、診断できない種類のものだったのだと思います。
例えば妊娠関連のものであれば、過去の生理の状態、行為時期なども重要な判断要素となり詳しく聞かなければ、わかりません。ホルモン検査では、今日の今、反応が陽性か陰性かと言う結果ですので・・・陰性でも翌日に陽性になることだってありますので。
詳しい話は、最近の産婦人科の傾向とかデリケートなものだからあまり聞かないと言うことはないでしょう。もちろん不必要なことは聞かないでしょうが・・・女医さんで女性スタッフのクリニックでしょ。必要であれば、聞きやすい環境にあるように思いますので、信頼して結果を待って見て下さい。


人気Q&Aランキング