私は今、・・・推進委員会というのを立ち上げ メンバー4人
 で活動しています。そこそこ大きなプロジェクトで、市に協力
 要請はだしていますが、スポンサーを見つけたいのです。
 スポンサー探しはどうゆうふうにすればよいでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

学生時代,イベントのため広告集めをしました。


同じことをすれば良いのです。

金を出してくれそうな会社,個人のところをまわって,趣旨を説明し,出資を募る。

インターネットでスポンサー募集と広告してみるのもいいかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速 やってみます。

お礼日時:2001/02/17 17:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q委員会 委員に支払う謝金について

公益法人です。
委員会を開催し
委員の方に謝金を支払うのですが
委員会開催の前日に謝金を支払うことはできるでしょうか?
謝金の前渡は可能なのでしょうか?
よろしくお願い致します。
また、謝金について詳しく書かれているHPなどご存知でしたら、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

 謝金の前払い自体には何の問題もないでしょう。
 但し、実際に費用として計上するのは、役務の提供を受けたときなので、仕訳としては
 (借方)前渡金 (貸方)現金
              預り金(源泉所得税)
 として、委員会開催日付けで
 (借方)諸謝金 (貸方)前渡金
 で良いのではないですか。
 注意すべきことは、謝金に係る源泉税が発生する場合、報酬料金の源泉税の納付は、「支払った月の翌月10日までの納付」になりますから、期ずれの問題に気をつけるべきです。

Qプロジェクト発足前のプロジェクト費用の計上の仕方

私はある不動産会社の社員です。

マンション等を建てるプロジェクトで、
プロジェクト発足前の、プロジェクトのための費用
(例えば、プロジェクト立上げ前に該当土地の周辺地価を調べた際の費用等)
を、どのように仕訳すれば良いのかわかりません。
例えば、10月から調査を開始し、11月になってからプロジェクト発足(Aプロジェクトと記述します)となった場合、
10月に
調査費 100万円 / 預金 100万円
という仕訳を切ることになりますが、
10月時点ではこの調査がプロジェクトに繋がるかわかりませんから、
Aプロジェクトだと認識すること(プロジェクトコードを付与すること)はできません。
そして11月になり、プロジェクトが発足した場合、
当然、上記の調査費100万円はプロジェクト原価として把握したいですが、
10月の締めはもう終わってしまっていますから、
逆仕訳を切るなりして、
上記の仕訳を消して再度Aプロジェクトとしての調査費100万円を
計上することはできなくなってしまいまうと思います。

このような問題がある場合、一般の会社さんではどのように処理しているのでしょうか。

私はある不動産会社の社員です。

マンション等を建てるプロジェクトで、
プロジェクト発足前の、プロジェクトのための費用
(例えば、プロジェクト立上げ前に該当土地の周辺地価を調べた際の費用等)
を、どのように仕訳すれば良いのかわかりません。
例えば、10月から調査を開始し、11月になってからプロジェクト発足(Aプロジェクトと記述します)となった場合、
10月に
調査費 100万円 / 預金 100万円
という仕訳を切ることになりますが、
10月時点ではこの調査がプロジェクトに繋がるかわかりませ...続きを読む

Aベストアンサー

プロジェクト別会計は、基本的に管理会計の範疇です。そのため、各社の判断に委ねられます。

ただし、年次決算を跨ぐ場合や月跨ぎでありかつ月次決算を公表しているなど決算書が外部と関係する場合で、かつ販管費と製造原価を跨いだり勘定科目を跨いだりするなどで決算書に影響するときは、金額が小さくない限り(重要性の原則)慎重な対応を要します。

Q売り上げそこそこで、粗利がマイナス。総資産額アップ、債務&負債が大幅減の解釈

税金対策で、何かしらして純利がマイナスなのか、それとも一万円で仕入れたものを千円で売るようなバカな真似をして、マイナスにしたのか? 決算書から読み解く場合はどうすればよいでしょうか?

例えば、売り上げはそこそこあるものの、粗利益がマイナス、キャッシュフローもマイナスなのに、毎年少しずつ現金資産&総資産が増えて、負債額も減っている会社があります。 これは、税金対策のために何かしらしたって事ですよね?(もう、魔法としか思えませんが。)

一万円で仕入れたものを千円で売ってるような会社ではこんなこと起き得ませんよね?

当たり前の事かと思うのですが、ちょっと不安になって質問しました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

キャッシュフローがマイナスというのは、借入金の返済があるから。
そして、負債は減っていきます。
という説明をつけることが可能です。

当初借金をして減価償却資産の購入をしたので、その返済でキャッシュフローはマイナスになってる。
現金が足りないぜって毎月言ってるわけです。
しかし、売上があれば、とりあえずは借入金の返済資金が手元にありますので、支払いはできます。

決算では減価償却費という「実際には今季支払をしてない費用」を損金経理しますので、同額以上の利益(正確にはこの用語は使い方が違いますが。わかりやすくするために使ってます。この筋の専門家の方、突っ込まないでください)がないと「赤字決算」になります。

決算書のマイナス額に減価償却費を加えてみてください。
それでもマイナスであって、負債が減っていて、資産が増えてるというならば、貸倒損失を加えてみます。
無論、もっと別の要因も絡みますので、決算書を見るだけで、税金対策でなにかしてるとかなどは、なかなかわかるものではありません。

そもそも、決算書が人目に触れるような企業は「鑑賞に耐える決算書」「審理に耐える決算書」を専門家を交えて作成してるものですから、素人や少々会計や財務諸表を勉強したことがある程度ですと、おかしな点を具体的に見つけることは至難です。

キャッシュフローがマイナスというのは、借入金の返済があるから。
そして、負債は減っていきます。
という説明をつけることが可能です。

当初借金をして減価償却資産の購入をしたので、その返済でキャッシュフローはマイナスになってる。
現金が足りないぜって毎月言ってるわけです。
しかし、売上があれば、とりあえずは借入金の返済資金が手元にありますので、支払いはできます。

決算では減価償却費という「実際には今季支払をしてない費用」を損金経理しますので、同額以上の利益(正確にはこの用語は使い...続きを読む

Q振込み入金で領収書発行の要請があった場合

取引先から銀行振込みで400万入金があったのですが、振込み主が立て替えて振り込んだそうで、領収書の発行の要請があったのですが、
この場合収入印紙は貼らなくてはいけないのでしょうか。
受け取りましたという証明書のようなものを発行するとか、収入印紙を貼らなくていい方法はないでしょうか。

Aベストアンサー

>受け取りましたという証明書のようなものを発行するとか…

名目は何であれ、金銭授受を証する内容であれば、印紙税の対象です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7100.htm

印紙を貼りたくなかったら、領収証の発行を断ることです。
送金した人が持っている振込票の控えに、あなたの口座番号等が載っているのですから、あなたに送金したことの事実はじゅうぶん証明できます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q営業プロジェクト会議

営業のセミナーを、コンサルの講師の先生にお願いして開催するのですが、コンサル事務所からの請求金額の仕訳を、

借方)福利厚生費
で処理しようかと思っています。
少しおかしいような気もしますが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

間違いではないと思います。

勘定科目は内容を誤解なくできるだけ正確に判断できるものにすべきだと思いますので、この場合もセミナーの目的と内容によると思います。

ぼくでしたら「採用教育費(福利厚生費)」または「支払手数料」にします。
教育計画に基づく性格のものであれば「福利厚生費」にします(ほとんどはこれに該当します)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報