お世話になります。
IT運用関係の会社に勤務しております。

今、財税務について講義を行ってくださる上司がいるのですが、どうしても理解できない言葉に「仕掛(しかかり)」があります。
「仕掛計上」でググってみても「製造業の未完成品」としか出てこず、情報産業系で言う「仕掛」の位置づけや意味がわかりません。

自分なりに表にしてみたり、上司に訊いてみたりするのですが、いまいちピンと来ません。

どなたか、「仕掛」を分かりやすく説明してくださる方はいらっしゃいませんでしょうか。
できれば、ケーススタディも付けていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

仕掛在庫、仕掛棚卸についてはこちらをご覧ください。



Lean Manufacturing Japan Home > J I T基本用語集 > 在庫管理 > 仕掛在庫
http://www.lean-manufacturing-japan.jp/jit/cat24 …

Wikipedia 仕掛品
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%95%E6%8E%9B …

A 回答 (4件)

ソフトウエアの開発(設計とプログラミング)には、建物の建築や船舶の建造と同じように日数を要します。

開発作業が始まって同一会計年度内に開発作業が終れば(完成すれば)問題ないのですが、決算日を迎えても作業が終了しないとき、その状態を会計では「仕掛かり」とよび、仕掛かり状態のソフトウエアは「仕掛品」に計上します。

ソフトウエアの「仕掛品」を計上するためには、ソフトウエアの開発原価計算を行う必要があります。(建設会社や造船会社なら、建物や船舶の製造原価計算です。)


例:
一人のITエンジニアが2ヶ月間の作業で完成するソフトウエアがあるとします。二人のITエンジニアなら1ヶ月の作業で完成します。このソフトウエアの開発には2人・月の工数(人工)を要する訳です。

ITエンジニアの月給を40万円とすれば、このソフトウエアを開発するのに80万円の人件費を要することになります。これを直接原価と呼んだりします。

さらに、ソフトウエア開発には、パソコンのリース料や減価償却費、電気代、プロバイダ料金、電話代、事務所の家賃などの細々とした諸経費(間接原価)が必要になります。これらを集計すると人件費を含めて100万円の原価になるとします。

もし、一人のITエンジニアが開発作業に取り掛かって、1ヶ月が経過したところで決算を迎えたとしたら、このソフトウエアは製品ではなく、仕掛品に計上することになります。この場合、仕掛品の金額は50万円です。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

例もつけてくださりありがとうございます。

開発途中のソフトウェアを仕掛品として計上して、国税局に申告しなくてはいけないと言うことですよね。
製品ではないから、利益が無いから申告しない、ではなく製造途中でも申告しなくてはいけないのが仕掛品、という理解でよろしいでしょうか。

お礼日時:2008/07/04 19:11

>仕掛とは何でしょうか



「仕掛」とは製造過程中ということです。これは業種に関わらずです。
そして、この場合において製造過程中にある未完製品のことを「仕掛品(work in process)」と呼びます。

製品というものは完成して初めて販売する事ができ、この製品を売上先に引き渡すことで会社は売上と売上原価を認識することが出来ます。
しかし、製品という完成品が出来るまでには様々な原価財が投入されます。
製造過程において、この投入中の原価財を金額的に集計したものを会計上仕掛品といい、同じ中間生産物であってもそのままでは販売も貯蔵も出来ないという点で半製品とも区別します。

会計では「費用と収益の対応」が重視されます。
会計では売上がたってはじめて、それに対応する原価・費用を計上することが求められます。
しかし決算時においてまだ製造中で未完成のものがある場合は、投入した原価財を材料費・労務費・経費などのような原価費用科目のままにしておくと、対応する売上が無いにもかかわらず原価・費用だけが計上されることになります。
これを避けるために原価費用科目を仕掛品という集計科目へ振り替えることで、投入した期の損益計算から除外することが出来ます。そして完成した期に完成品へ振り替え販売した期に売上原価とすることで正確な期間損益計算を行う事が出来るのです。
つまり仕掛品とは、適正な期間損益計算を行うにあたっての未完成品に投入した原価財を集計したもの(集計勘定かつ資産勘定)と言うことができます。
できるだけ簡単に説明すると、こういうことです。
    • good
    • 35

#2です。



>製品ではないから、利益が無いから申告しない、ではなく製造途中でも申告しなくてはいけないのが仕掛品、という理解でよろしいでしょうか。

正しい理解です。開発途中のソフトであっても、仕掛品として貸借対照表の「資産の部」に計上しなくてはならないということです。
    • good
    • 9

お気づきのとおり、「製造業の未完成品」『など』です。



IT関係ということでソフトウェアでググッてみました(笑)

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/special/147/index …

要するに、完成したら「製品」として販売できる状態になりますが、
それがまだ「未完成」の状態ということです。

不明な点があれば補足要求くださいませ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

URLを付けてくださりありがとうございます。

このサイトが言っていることは、製作途中のソフトウェアを仕掛品として決算月ごとに計上していると、いざ完成して売り上げ計上してみたら赤字だった、と言うことですよね。

仕掛の意味が少しだけわかったような気がします。

お礼日時:2008/07/04 19:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕掛品

工業簿記の仕訳に出てくる
【1】仕掛品  /材料
製造間接費



総合原価計算に出てくる

【2】月初仕掛品   50
当月投入      100
合計         150
【3】月末仕掛品   20
完成品        130

この3つの「仕掛品」について頭がごちゃごちゃです。

まず
【1】の
仕掛品     /材料
製造間接費
について

この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?

置き換えれば
月初仕掛品 /材料
月末仕掛品
製造間接費

ということになりますか?

Aベストアンサー

>この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?//

違います。この場合の仕掛品は当月投入のことです。

ご質問の【1】と【2】【3】の違いはなんでしょう?
それは、【1】が仕訳であるのに対して、【2】【3】は生産データであることです。異なる表現の物を持ち出してきて比較することは容易なことではありません。どちらもT字勘定で表わすと分かります;

【1】をT字勘定で表わすと(/は貸借の境目の縦線と考えて下さい)、

     材料                仕掛品         製造間接費
      / 仕掛品  100   又は  材料100/   および  材料 20/
      / 製造間接費 20  

ということです(便宜的に金額を入れました)。一方【2】【3】は、

     仕掛品
月初有高 50/製品  130
材料   100/月末有高 20

となります。
この【2】【3】の借方の「材料100」の部分が【1】の仕訳の借方仕掛品と同意(つまりT字勘定でみると材料勘定の貸方仕掛品100か、仕掛品勘定の借方材料100、特に【1】と【2】【3】を同じ仕掛品勘定で見れば正にどちらも借方にあります。)なのです。

工業簿記で大切なのは勘定連絡だと言われますし、実際その通りだと思います。T字勘定で理解できるようにしましょう。工業簿記は価値(材料などの資産)や費用(労務費や経費など)を集積して新たな価値(仕掛品や製品という資産)を作り出す行程ですから、大抵の勘定は、借方に資産や費用が集積し、新たな資産が貸方に出来ていきます。そしてそれがどんどん繋がっていきます。
とにかくT字勘定で理解できるようにしましょう。

>この場合の仕掛品は
仕掛品=月初仕掛品+月末仕掛品
ということでしょうか?//

違います。この場合の仕掛品は当月投入のことです。

ご質問の【1】と【2】【3】の違いはなんでしょう?
それは、【1】が仕訳であるのに対して、【2】【3】は生産データであることです。異なる表現の物を持ち出してきて比較することは容易なことではありません。どちらもT字勘定で表わすと分かります;

【1】をT字勘定で表わすと(/は貸借の境目の縦線と考えて下さい)、

     材料          ...続きを読む

Q一般税務と国際税務、税理士は国際税務OK?

そもそも、一般税務という言葉が税理士の皆さんの間に存在するか、否かわかりませんが、とりあえずここでは国際税務と比較する形でご質問させていただきます。

日本国にて税理士の資格をお持ちの皆様に、国際税務の依頼が来たとします。その場合、国内にて資格を取得する際に国際税務についても学ばれるのでしょうか?

そして、我々起業家、経営者はそのことを心配せずに税理士の皆さんに国際税務を含む税務顧問等を頼んでも構わないのでしょうか?

こちらとしては、できない分野まで頼みたくない。
税理士としては、できない分野まで依頼されたくない。

これを防ぎたいのです。

最近、MAPS経理コンサルティングのウェブサイトにて国際税務に関する事項を目にしましたが、外国送金(アメリカに限らず)に関する源泉等税が心配でして・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般税務や国際税務として分けている根拠がわかりませんので・・・

税理士の資格試験の内容から、簿記論、財務諸表論、消費税法又は酒税法、法人税法、相続税法、所得税法、固定資産税、国税徴収法、住民税又は事業税の科目の内、一定のルールに従って会計2科目、税法3科目合格し、実務経験を経てから税理士になることが出来ます。
したがって、税理士は自分の得意科目や合格しやすい科目を選択して税理士になり、すべての税目の専門家になります。
質問者が言われているように、国際税務を資格取得時に勉強していないといけないのなら、国内の資格で専門家は存在しません。
顧問先の業務で発生する国際税務?があれば、やっても問題ないと思います。その書類の提出先次第ですが・・・。
源泉税程度であれば、外国税と国内の源泉の調整程度だから、ほとんど勉強せず出来ると思います。

難しいですが、完全な専門家というなら、国際弁護士(国内と相手国で弁護士登録)で税理士登録又は通知弁護士制度により国内税務を行い、相手国の税務の知識のある弁護士を探すしかないと思います。国内において弁護士は登録や通知により税理士業務を含むほとんどの法律の専門家であり、弁護士資格はある一定の国際的法律の専門家になることが出来ます。但し、その場合も司法試験には税法はもとより国際法はほとんど無いと思いますので勉強していないと思います。

相手国や詳細な税目等により税理士会、弁護士会に紹介してもらうのが良いと思います。

以上、税理士になれなかった・諦めた、元税理士事務所職員でした。

一般税務や国際税務として分けている根拠がわかりませんので・・・

税理士の資格試験の内容から、簿記論、財務諸表論、消費税法又は酒税法、法人税法、相続税法、所得税法、固定資産税、国税徴収法、住民税又は事業税の科目の内、一定のルールに従って会計2科目、税法3科目合格し、実務経験を経てから税理士になることが出来ます。
したがって、税理士は自分の得意科目や合格しやすい科目を選択して税理士になり、すべての税目の専門家になります。
質問者が言われているように、国際税務を資格取得時に勉...続きを読む

Q工業簿記の”仕掛品””製品”勘定について教えてください

よろしくお願いします。
簿記の試験対策をしている間はあまり気にならなかったのですが、
”仕掛品””製品”という勘定は、資産?費用?なのでしょうか?

製品はおそらく資産勘定に当たると思うのですが、仕掛品は費用なのでしょうか?

しかし、月末仕掛品などは、資産っぽいし・・・。

でも、仕掛品10万が完成品になったとしたら

製品 10万  仕掛品 10万

となりますよね?

これは資産勘定が資産勘定に振り返られてる?

そんなことはないですよね。

費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。

仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?


教えてください。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。なお、経営サイクルの考え方からすれば、投下資本は
資本⇒資産⇒原価・費用⇒収益⇒資本(利益)⇒資産・・・
と循環するのであって、費用が資産になることは普通は無いと思います。

>仕掛品勘定は、材料費など、費用勘定を集める集合勘定なのでしょうか?
集合管上という言葉もはじめて聞きました。仕掛品は無から製品完成に至る製造過程において発生する原価を積み上げる勘定です。質問で材料費を「費用」と表現していますが、材料費は原価の一要素であり、原価と費用は別の概念です。混同してはいけません。

仕掛品も製品も資産です。貸借対照表を見てください。どちらも流動資産に計上されています。
>これは資産勘定が資産勘定に振り替えられてる?
そのとおりです。未完成品である仕掛品から完成品である製品に振り替える仕訳です。なぜ「そんなことはない」と考えるのでしょうか。現金で備品を購入するなど、資産から資産に振り替えられるのはよくあることです。

>費用が減って資産が増えてるならわかるのですが。
この考え方のほうが私にはわかりません。費用と資産では投下資本の意味合いが全く違います。...続きを読む

QITの運用の数字:原価率など

ITの運用を行っている場合での数字の概念を教えて頂きたく質問致します。

・受注予算90000

・広告費6000円

・人件費31860円
上記の場合の
原価
利益
原価率
利益率
をご教示頂けたら幸いです。

Aベストアンサー

受注予算90,000円で、実際に90,000円の売上げがあった場合の話です。そう仮定。
広告費、人件費の全てが90,000円の売上げの為のものと仮定。
原価率,利益率は売上げに対するものと仮定。

原価:6,000円+31,860円=37,860円
利益:売上げ-原価=90,000円-37,860円=52,140円
原価率:原価÷売上げ=37,860円÷90,000円=0.42=42%
利益率:利益÷売上げ=52,140円÷90,000円=0.58=58%
(原価率+利益率=100%)

Q工業簿記の仕掛品勘定は複数あるのですか?

工業簿記の勉強中です。仕掛品勘定はたくさんあるのでしょうか? 今まで勘定口座は1つで、原価計算表に明細があるのかと思っていたのですが、ネットスクールの「サクッと」を見ていると仕掛品Aとか仕掛品Bとあります。商品ごとに仕掛品勘定はあるのでしょうか? 頭が混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まとめて一個ですよ。
ただ、まとめるとゴチャゴチャになって分かりにくいのでバラバラに載せているだけです。
仕掛品Aと仕掛品Bの勘定をまとめれば普通に工場が使っている仕掛品勘定になります。
仕訳を切るときは(あんまり工業簿記では仕訳の問題は出ませんが)
仕掛品 100/材料 100
といったように普通に切ります

Q【税務調査】 税務調査ではどこまで確認されるのでしょうか?

【税務調査】 税務調査ではどこまで確認されるのでしょうか?

有限会社で初めて税務調査が入るのですが、
必要書類系(元帳、伝票、領収書、通帳、振込明細等)は必要なのでそろえるのですが、

社宅の部屋の中、社宅の備品、パソコンの中身など、現物を確認されたりするのでしょうか?

社宅の補修で購入した領収書などで、社宅照明代・社宅水栓代など
社宅の領収書が多かったりすると、
あやしまれて「社宅の中を見せて下さい。」と言われるのでしょうか?

パソコンで使っているソフトや会計ソフトの中身など、確認されたりするのでしょうか?

また、領収書等、証明する物がある場合、見せるのを拒否したりできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>必要書類系(元帳、伝票、領収書、通帳、振込明細等)は必要なのでそろえるのですが、

通常はこの範囲の資料で十分です。

特に費用の裏づけとなる証憑が重要ですが、それキチンとそろっていれば問題ないでしょう。
悪質な脱税が疑われるようなケースでは、机の中や金庫の中を見せろといわれることはあるかもしれませんが、基本的に適正な申告であればそのようなことはありません。

調査では、顧問税理士に同席してもらい、社内の調査の責任者を定めておきすべては彼らを通じて回答することです。

>また、領収書等、証明する物がある場合、見せるのを拒否したりできるのでしょうか?
これはかえって相手の心象を悪くするのでできれば避けたいところです。どうしてもならば税理士に相談して対応を任せましょう。

Q仕掛品の計算

製造業で仕掛品の計算をする時に、生産に携わった従業員や役員の給与を仕掛品に含めていません。というのも、その製品を作るのに誰が何時間携わっているかを把握するのは困難だからです。このような場合はどうやって仕掛品の計算をすればよいでしょうか?また、税務署が来たら、このような場合、仕掛品が過少と言われてしまうのでしょうか?その際、どのように金額を算定するのでしょうか?
製造業の経理の方は仕掛品の計算をどうされているのでしょうか?

Aベストアンサー

仕掛品の計算は、原価計算によることが原則ですが、ほとんどの中小企業では原価計算ができないので、売価還元法によっています。
売価還元法によれば、(期首仕掛品原価+当期製造費用(材料費+労務費+経費)+期首製品原価)/(当期売上高+期末製品売価+期末仕掛品売価)がみなし原価率となり、それぞれ期末製品売価及び期末仕掛品売価に原価率を掛ければ原価がでます。なお、中小企業の場合は、仕掛品は認識せず材料費のみで集計し、製品のみ売価還元法で計算することが多いと思います。

Q税務申告書が作成されまでの流れについて(財務、税務会計)

税務申告書ができるまでの流れについて財務会計、税務会計を交えて教えて下さい。
1.上場企業の税務申告書作成の場合、会計監査済みの財務諸表を元に税理士が税務会計に組み替えて作成するのでしょうか?
2.未上場会社の税務申告書作成プロセスについても財務、税務会計を交えて教えて下さい。
3.財務会計の知識は税務会計においてどのように生かされるのでしょうか?(例、監査法人で働いていた会計士が税理士法人に異動した場合など)

Aベストアンサー

1.通常、上場企業では会社の経理部の税務担当社員が申告書まで作成します。税理士は最終チェックだけのことが多いです。
上場企業の決算短信発表は決算日後4、5週間で行われます。この決算集計作業の中で細かな税務調整は別として、可能な限りの税務調整をした税額計算も行ないます。
公認会計士監査では、以前よりも税額計算の正確性を要求しますので、この税額計算はかなり精度の高いものでなければなりません。
会社のボリュームや税務調整の内容にもよりますが、この段階から法人税申告書システムを利用して提出可能なレベルまでにしてしまう会社もあります。が、多くの会社はこの段階ではスプレッドシートなどで税額計算をおこない、申告書は作成していません。
上場企業の子会社には税理士等が関与していて、親会社へ報告する財務諸表(連結会計の基礎データになります)を作成している場合があります。この場合は関与税理士が税額計算を行い決算日後概ね2週間程度で、正確な税額を計上した財務諸表を税理士が作成することになります。この場合は申告書も同時作成されていますが、申告書に添付する科目内訳書等はまだ作成されていないでしょう。
法人税の申告書は確定した決算に基づいて行うこととされていますので、実際の申告書の提出は株主総会終了後(3月決算なら6月)になります。法人税の法定申告納付期限は決算日後2ヶ月なので、上場企業は当然申告納付期限の1ヶ月延長の手続きをとっています。が、決算日後2ヶ月を過ぎての納付には利息が付加されますので、ほとんどの会社は2ヶ月以内にさきに計算した税額を納付してしまいます。
最終的に申告書がとりまとめられるのは、決算最終案確定後(会計士監査概ね終了した状態)で単体納税であれば5月半ばから6月はじめ、連結納税(7月末申告期限)であれば5月末から6月末頃かと思います。

2.未上場の中小企業であれば税務申告作成=財務諸表作成ということになります。これを担当するのは通常は顧問税理士です。
未上場中小企業にとっては、金商法は関係ありませんし、会社法計算規則も実質的に強制されるものではありません。強制されるのは税法だけです。そのため、会社計算規則による決算書と言うよりは、税務申告のためだけの(減価償却費を計上していなかったり、科目区分、勘定科目名が計算規則に則していない)決算書がままみられます。

3.財務会計の知識が税務会計に生かされるというのは実のところ多くありません。財務会計での処理を、税務ではどのように受けていくかと言うことが問題になります。ただ近年は、金融商品会計や組織再編会計などは、法人税法が会計基準を大幅に受け入れているところがあるので、財務会計の知識が税務の前提になる場合もあります。

1.通常、上場企業では会社の経理部の税務担当社員が申告書まで作成します。税理士は最終チェックだけのことが多いです。
上場企業の決算短信発表は決算日後4、5週間で行われます。この決算集計作業の中で細かな税務調整は別として、可能な限りの税務調整をした税額計算も行ないます。
公認会計士監査では、以前よりも税額計算の正確性を要求しますので、この税額計算はかなり精度の高いものでなければなりません。
会社のボリュームや税務調整の内容にもよりますが、この段階から法人税申告書システムを利...続きを読む

Q仕掛品の進捗率による原価計算について

現在仕事で労務管理のようなものを任されています。
簿記の知識はほぼない状態です。

原価計算を行う際、仕掛品については進捗率によって原価を算出する方法をとっているようです。
疑問なのが、仕掛品がその後複数のバリエーションによって使用される場合の進捗率です。
例えば後工程A、Bをもつ仕掛品Aがああり、後工程Aは残り1工程、後工程はB残り2工程で完成品が出来るとします。この場合、月末時点で仕掛品Aが存在していた場合、仕掛品Aがどの製品の仕掛品であるかが分からない場合、その仕掛品の進捗率が分からない為、原価を求めることが出来ないのではと思っています。

よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、アドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場合においても問われのが
  進捗率100%=「完成品」だが、後工程のA又はBへ投入を
  していないので、何れの『後工程』でも「投入分」として計上が
  できない。
これは『前工程』の「仕掛品」に計上しておく物ではありませんので、適切な勘定(「前工程完成品」)で別途計上して下さい。


> よく分かっていない事が多く、曖昧な質問になっているかもしれませんが、
> アドバイス頂ければ幸いです。
私も上手く説明できていないと思いますので、ご不明点を補足欄にご記入頂ければ幸いです。

御社が現在採用されている原価計算はどのようなものなのですか?
何方か知っている方は居りませんか??

ザットご質問文を拝読して思ったのが、「工程別原価計算(非累加法)」を採用為されては如何でしょうか?
  http://www25.tok2.com/home2/masatoru/boki/main98.html

採用していただけるとした上で・・・原価計算を『前工程』と『後工程(A)』『後工程(B)』に区別いたします。
> 後工程A、Bをもつ仕掛品A
これは『前工程』に属します。
後工程へ流せる状態になった時が進捗率100%
で、この場...続きを読む

Q税務署から説明会の案内が来たのですが・・・何故、今なのでしょう?

所得税についての、変更についての説明会のようなのですが。
毎年、年末調整の説明会がありますが、それと同じような内容なのでは?と思っています。

何か、今、特別に変更になったことがあるのでしょうか?
住民税の支払いが、始まる前に、説明会を行うのでしょうか?
出席すべきか、悩んでいます。
出席した方、出席しようと思っている方、また、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

所得税の変更に関する事務処理の説明会と思われます。出席すべきです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報