人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

信長のいいところってなんでしょうか!?!?
知っている人教えてください・・・

A 回答 (4件)

豊臣秀吉や徳川幕府のやり方を見れば分かるように、多くの日本の支配者たちは自分の地位を固定化することに腐心してきたといえるでしょう。


弱い者たちが上へと昇る手段を奪ってきたわけです。
それにより支配者たる自分の地位が恒久的に続くようなシステムをつくろうとしました。
しかし、信長は大変豪快な人物で、現在の地位にかかわらず、有能な人物が高い地位を得られるようにしました。
これは自分を脅かすものなど何もないという、ゆるぎない自信の現れかもしれません。
また、多くの支配者たちは経済活動を統制することで効率よく確実に自分が金を吸い上げる手段を確保することに努めてきました。
「搾取される側は餓えても知ったことじゃない、でもよこすもんはきっちりよこせ。びた一文まからないよ。」という態度でした。
それに対し信長は民衆が富むことで自分に対する見返りも増えるという大変合理的思考の持ち主でした。
自由な経済や流通を認め、民衆の暮らしぶりを良くしようとしました。
外来の、西洋の思想であるキリスト教を布教することを許可したのも信長でした。
支配者の側としては日支配者たちが自分以外のものをありがたがるなどもってのほかのはずです。
支配者たちはいつも自分だけへの崇拝と忠誠を強制しました。
しかし信長は自分への尊敬を強要するような者が尊敬されるはずなどないことをわかっていたのでしょう。
彼は全体を良くすればそれをもたらしてやった自分に対しそれなりの見返りがあるであろうと踏んでいたのでしょう。
そんじょそこいらのチンピラ支配者どもとは何もかも違います。
日本でこれほどの人物が日の光を浴びた例はあまりないでしょう。
日本においては崇高な理想を掲げて戦おうとした人物たちはたいてい早々に葬られてきました。
信長の政治がもっと続けば日本は欧米列強の仲間入りをしていたかもしれませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

とってもよく分かりました!!ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/06 16:52

信長の行って事で、一番良いことといえば、政教分離ですかね。


日本人は、あまりにも昔にこれが行われたので、ほとんど認識していませんが、
宗教と政治をこの時代に切り離せることができたのは快挙です。

比叡山の焼き討ちにしても、一向宗の焼き討ちにしても、宗教が政治に介入することを赦さなかった結果です。

未だに先進国の中には、政治と宗教が分離できていない国も多いようです。
それほどキリスト教は政治にしっかり食い込んでいますね。

政教分離が早く進んだおかげで、後の世代は純粋に政治の仕組みを考えられるようになりましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました!!ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/06 16:48

>信長のいいところってなんでしょうか!?!?



安土城を、入場料を取って武士・庶民に見学させた事でしよう。
残虐・革命児・合理主義者とかの評価が高いですが、おちゃめな一面もあります。
(信長公記・フロイス日本通信)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか! ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/06 16:50

実利主義。

バテレンに対しても、「あっち行って話つけてこい、」と脅迫まがいの台詞があります。(信長公記)
このあたりは、秀吉も家康も同じレベルですが。
 で、あなたの真意は?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇ~そうなんですか。私は3人の武将の中でも信長がいいと・・・
         あ、ありがとうございます。

お礼日時:2008/07/06 16:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q織田信長と徳川家康の弱点

織田信長と徳川家康の弱点を教えてください。
学校の授業で、討論をします。
私は、豊臣秀吉派です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 弱点というのは討論になりえるのでしょうか?ちょっとその辺りがピンと来ないのです。何故なら信長も秀吉も家康も歴史上では勝者です。弱点と言われて思いつきませんでした。欠点や失敗ならいくらでも出るのですが(笑)。
 何か参考になる部分があれば、そこだけ拾って下さいね。

 まず信長ですが、この人の欠点と言えば、気性や性格だったでしょう。小さい頃から負けず嫌いで、人を見下すことによってしか自我を保てない人だったと思われます。それは大人になっても続き、自分より強そうな信玄や謙信には強攻策を出さない代わりに、弱い大名や烏合の衆である百姓一揆、非戦闘員に対しての無差別の虐殺を多数行いました。それだけでなく、神仏を破壊し続け、将軍だけでなく天皇をないがしろにすることはなはだしかった等々の記録が多数残っています。それだけに留まらず、部下に対しては恐怖政治を行い、吝嗇家(ケチですね)であったようです。
 その結果、当たり前ではありますが、多数の人に恨みを買いまくり、非業の死を遂げました。自業自得ですね。

 秀吉はひょうきんで人に愛される人柄で、工夫上手であったことから、一介の農民から前代未聞の出世を遂げました。しかし、本人は名も亡き家出身ということを常にコンプレックスを持っていました。将軍になりたかったのに、それができなかったのは家柄のせいですね。実績は問題ありませんから。
 一番人気のある人に思われることが多いですが、それは太閤記という御用作家の書いた書物(曲げられて書かれた事実)と、没後十数年で豊臣家が滅亡したことに対しての同情があったものと思われます。
 この人の欠点は、やはり家柄コンプレックスだったと思われます。自分の出身階級である農民層に対する虐殺や、農民を非人間的目的で使った戦闘などの記録が残っています。また、全国統一した後に、信長の夢であった朝鮮・中国(明)支配目的とした出兵を行ってしまったこと・・・これは許されることではありません。これにより、戦乱で疲れていた国内はますます疲弊し、豊臣家の支配に対する疑念を各大名に与えることになりました。また、晩年は一子秀頼のことしか頭になく、為政者としての責任を果たしたとは言えなかったと思います。

 最後に家康ですが、幼年時より苦渋の人質生活を余儀なくされ、そんな中で強いものにうまく巻かれる生き方を学び、信長の同盟者として、秀吉の同盟者として、難しい時代を生き抜きました。この忍耐力はまことにすばらしいでしょう。大器晩成の見本のようです。
 豊臣秀吉の没した直後は、一応の天下統一が成った後とはいえ、まだ安定とは程遠い時代でもありました。そこで五大老の筆頭という立場にいながら、豊臣家家臣に相互不信の種をまき、戦乱で疲れた日本に、無駄な戦乱を起こしました。関が原の戦いや大阪の陣は、日本一の所領を持つ家康にとっては、避けて通れたものであったと私は考えます。家康が、そうまでして豊臣家を滅ぼしにかかったのは、「徳川家が政権をとる形で平和な日本を作ること」であって、「日本を平和にできるのなら、誰がそれを行ってもかまわない」という民百姓の心とは無縁なものでした。
 その証拠に、信長が実行して秀吉が模倣した民百姓への仕打ちを継承し、「民は生かさず殺さず」という江戸時代が出来上がっていったのです。戦乱の収まった平和な時代に士農工商制度が必要だったとは私は思いません。大勢の貧しい人の上にあぐらをかく武士、その上で更にのんびりしている将軍・・・そういった中で、民衆に不満が溜まり、いくつかの乱に発展したと思われます。
 また、徳川家の政治をひっくり返されることを恐れての鎖国政策もうなずけません。これがあったからこそ、明治の幕開けで、日本は西欧諸国に大きな遅れをとるのです。そして、その遅れが焦りにつながり、西欧諸国に負けないような国になろうと奔走した結果、朝鮮や中国への出兵となり、暴走した軍部がアメリカに戦争をしかけて敗戦となるわけです。
 敗戦の責任が徳川だけにあるとは言いませんが(笑)。

 弱点というのは討論になりえるのでしょうか?ちょっとその辺りがピンと来ないのです。何故なら信長も秀吉も家康も歴史上では勝者です。弱点と言われて思いつきませんでした。欠点や失敗ならいくらでも出るのですが(笑)。
 何か参考になる部分があれば、そこだけ拾って下さいね。

 まず信長ですが、この人の欠点と言えば、気性や性格だったでしょう。小さい頃から負けず嫌いで、人を見下すことによってしか自我を保てない人だったと思われます。それは大人になっても続き、自分より強そうな信玄や謙信に...続きを読む

Q織田信長と豊臣秀吉の悪い点と徳川家康の良い点を教えてください!!

織田信長と豊臣秀吉の悪い点と徳川家康の良い点を教えてください!!

Aベストアンサー

信長の悪いところは過激過ぎたこと、と
部下の心根を理解しようとしなかったこと
です。
だから、暗殺されたのです。

秀吉は、せっかく手にした天下を長続き
させられなかったことです。
そういう体制を創れなかったこと。

家康は、忍耐強いこと、いざというときには
命がけになれることが、良い点です。

関ヶ原では、秀頼はとうとう戦場に来ません
でしたが、家康は身体を張って戦場に乗り込んで
殺されそうになっています。


人気Q&Aランキング