今度会社で保有している売掛債権をファクタリングし、資金調
達することになりました。

しかし、○○ファクター社からは、売掛先の信用度によっては、
売掛先が倒産したら、うちの会社に請求するような契約となる
かもと言われています。また、その場合には、オフバラできない
とも。。。

そこで、質問なのですが、上記のような売掛債権を買い戻すよう
な契約の場合の仕訳はどのようになるのでしょうか?

また、完全に売り切りで、オフバラできる場合の仕訳も併せて
教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

まず、一般的な買戻請求権付ファクタリング契約の買戻請求権については、売掛債権譲渡人に対して非常に限定された場合においてのみ買戻義務を生じさせるものといえます。



この場合、金融商品会計に関するQ&AのQA10の第2段落から、ファクタリングされた売掛債権の支配は譲受人に移転しているものと見てよいように思います。すなわち、売掛債権が消滅したと見てよいのではないでしょうか。

そうすると、譲渡する売掛債権の時価の推定は困難と考えられることから、仕訳は、金融商品会計に関する実務指針37項、38項により、次のようになるものと考えられます(同設例2参照)。
(借方)
現金預金    入金額
買戻権     買戻権評価額
(貸方)
売掛金     譲渡した売掛金額
リコース義務  貸借差額

「買戻権」と「リコース義務」は、譲渡人の買戻権および譲受人の買戻請求権が法的または実質的に消滅したと考えられるとき(例えば原債務者が買掛債務をファクタリング会社に支払ったとき)に消滅の仕訳を切るとともに、貸借差額を後述の「売上債権売却損」などの科目で計上すれば良いように思います(この点については私自身きちんと検討をしていませんので、誤っているかもしれません)。また、「買戻権」や「リコース義務」が重要性に乏しいときは、買戻請求権のないファクタリング契約の場合と同様の仕訳で構わないのではないでしょうか。

なお、売掛債権が消滅していないと考えられる場合には、その譲渡は金融取引として扱われますから、仕訳は次のようになりましょう。
(借方)
現金預金    入金額
支払利息    貸借差額
(貸方)
借入金     譲渡した売掛金額

この場合、借入金の消滅の仕訳は、譲受人の買戻請求権が法的または実質的に消滅したと考えられるときに切るものと考えられます。そのときの相手科目を売掛金とすることにより、譲渡した売掛債権に対応する売掛金も消滅します。


以上のいずれになるのかについては、契約条件によるといえますから、契約内容を見て判断することになりましょう。


他方、買戻請求権のないファクタリング契約の場合には、No.1のminosenninさんご紹介のリンク先にもありますとおり、次のような仕訳になりましょう。
(借方)
現金預金    入金額
売上債権売却損 貸借差額
(貸方)
売掛金     譲渡した売掛金額

「売上債権売却損」は営業外費用区分の勘定科目であり、「売上債権譲渡損」などの科目名でも構いませんし、重要性に乏しければ「雑損失」などに計上しても構いません。
    • good
    • 0

こんにちは。



ちょっと疑問に思ったのですが、金融商品会計基準に買い戻す義務とは、「契約時」において買い戻す義務を負っている場合ではないでしょうか?例えば現先取引などがこれに該当すると思います。

今回の場合は貸倒リスクをファクタリング会社が負うのではなく、譲渡人が負うというだけですので、契約時になんらかの義務を負っているのではなく、偶発債務があるだけです。

イメージでいうと手形の割引や裏書きと同じです。手形が不渡りになった時に初めて買い戻す義務が生じます。

よって、金融資産(売掛金)の消滅の認識はすると思いますし、貸倒リスクがあってもなくても、ファクタリング取引自体の仕訳は変わりません。

ただ、偶発債務は注記として開示します。

参考までに、ネットで検索した企業の財務諸表のURLと現先取引については下記を。

参考URL:http://www.meisei.co.jp/ir/pdf/20080515.pdf,http …
    • good
    • 2

1.オフバラできない場合


(ファクタリング会社から入金時)
預金 1,000,000 仮受金 1,000,000

(債務者が決済時)
仮受金    1,000,000   売掛金 1,020,000
売上債権売却損 20,000

「金融商品に関する会計基準」において、金融資産の消滅の認識、支配が他に移転した場合の認識要件の1つとして「(3)譲渡人が譲渡した金融資産を当該金融資産の満期日前に買い戻す権利及び義務を実質的に有していないこと」があり、この「買い戻す義務」がある場合は、消滅を認識しない、つまり売掛金がそのまま残ることになると思います。

2.オフバラできる場合
下記ご参照ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3155015.html?ans_cou …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛残高と売掛債権の管理

売掛残高と売掛債権の管理について。
与信管理を始めようと準備しています。与信は「売掛残高」の管理が必要ですが、手形での支払を受けた場合、「売掛残高」の消しこみをかけるのは振出を基準にしますか。それとも満期日の入金を基準にしますか。
「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
この考え方は正しいでしょうか。
実務はどちらがスムースにおこなえるでしょうか。

Aベストアンサー

>「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。
>(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
>この考え方は正しいでしょうか。

売掛債権の定義
 売掛債権=売掛金
売掛金の消し込みであれば、受取手形を受領した時に売掛金が減少します。
よって、質問者さんの考え方は正しいと思われます。

しかし、与信が目的のようですから売上債権を管理する必要があります。

売上債権の定義
  売掛金+受取手形
http://www.nsspirit-cashf.com/yougo/yougo_urikake.html

与信管理の為に、売上債権管理の必要があります。
この場合の与信額は、取引先が潰れた場合最高でいくら損をするか。を事前に
決めておきます。
(潰れにくさを計数化したものが与信限度額です)
当該販売先が潰れた場合、売掛金であっても受取手形であっても原則的には
同じです。つまり与信的には受取手形が現金化して始めて管理が終わります。
 (勿論、廻手形は違いますが)

質問者さんは、上記の事から本質問をされたのかと思われます。

しかし、売掛金と受取手形は法的意味合いも管理方法も異なりますから、勘定
上は別々に管理した上で、与信限度額として合算して管理される事が合理的で
あろうと思われます。

>「売掛債権」の消しこみであれば手形の振出を基準とするのが良いと思いますが。
>(元帳上で受取手形/売掛金となるので)
>この考え方は正しいでしょうか。

売掛債権の定義
 売掛債権=売掛金
売掛金の消し込みであれば、受取手形を受領した時に売掛金が減少します。
よって、質問者さんの考え方は正しいと思われます。

しかし、与信が目的のようですから売上債権を管理する必要があります。

売上債権の定義
  売掛金+受取手形
http://www.nsspirit-cashf.com/yougo/yougo_urikake.html

...続きを読む

Q売掛債権を現物で回収した場合

その資産の帳簿価格をいくらで上げればよいのか教えて下さい。本来ならば1.相手の帳簿価格で受け入れる。2.売掛債権の額を取得価格とする。3.時価で受け入れる。と、思うのですが・・・
相手先が倒産し現金回収出来なかったので現物で回収しました。相手の帳簿価格はわかりません。現物で受け入れた資産は重機一台(平成6年車)とトラック一台(平成9年車)です。どちらも法定耐用年数は過ぎているのでたいした資産価値はないと思います。売掛債権は売掛金500万受取手形1,700万(不渡り)で合計2,200万になります。現物で受け入れた資産の価格を差し引き、残額を貸倒償却とする処理については理解しております。ただ、受け入れ資産の価格を設定する事が出来ずに悩んでおります。どうか皆さんのお力をお貸し下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

受け入れた機械は時価で評価し、債権に充当します。
残りの債権は、税務上の貸倒損失の規定に従って、貸倒処理をすることとなります。

問題は、時価の算定方法ですが、これは税務署に聞いても具体的にこうしなさいとは云いません。
あくまでも、自社で中古市場での価格などを参考にして評価します。
できる限り低めに評価しましょう。
低すぎれば税務署は指摘しますが、高く評価していても税務署は低くしろとは云いません。
結果的に貸倒損失が低額になってしまいます。

後は、税務調査の際に質問されたら説明が出来るように、評価の過程を記録しておくことです。

Q決算をまたぐ売掛・徴収税等の仕訳について

最近、個人でデザインの仕事を始めた者です。

在庫や仕入れなどが無い仕事ですし、
自分で青色申告しようと考えていますが最初は中々難しいです(汗

非常に基本的な質問だと思うので大変申し訳ありませんが、
可能であれば素人にも理解できそうな回答をお待ちしております。

質問は下記の一つです。

通常の仕事での請求は、

【例】デザイン料10万円の請求をした場合
■請求日 (借)売掛金 100,000 / (貸)売上高 100,000
■入金日 (借)普通預金 89500 / (貸)売掛金 100,000
(借)事業主貸 《源泉徴収税》 10,000
(借)支払手数料 500

といった感じに入力しているのですが、

例えば、12月31日決算で
「請求日」が12月(決算前・今期)
「入金日」が2月(決算後・次期)だった場合に
今期・次期それぞれにどのような仕訳にすれば良いのでしょうか?

あちこちサイトを覗いてみたのですが、私がよく分からないポイントは、
・売上は今期に所得として参入し、源泉徴収税も今期に算入する。
(でないと取引先から出る「支払調書」と食い違ってしまう・・というトコまでは理解)
・でもどうやって?手数料は?
・次期に口座に入金されてしまう金額を所得にしない方法は?

こんがらがってしまっています。
出来れば下の雛形に当てはめてご回答願えると非常に助かります。
(雛形が合っているかは不明です)

【今期】
■請求日 (借)○○○○○ 000,000/ (貸)○○○○○ 000,000
■決算時 (借)○○○○○ 000,000/ (貸)○○○○○ 000,000
(借)事業主貸 《源泉徴収税》 000,000
(借)支払手数料 000,000
【次期】
■入金日 (借)○○○○○ 000,000/ (貸)○○○○○ 000,000
■決算時 (借)○○○○○ 000,000/ (貸)○○○○○ 000,000

よろしくお願いいたします。

最近、個人でデザインの仕事を始めた者です。

在庫や仕入れなどが無い仕事ですし、
自分で青色申告しようと考えていますが最初は中々難しいです(汗

非常に基本的な質問だと思うので大変申し訳ありませんが、
可能であれば素人にも理解できそうな回答をお待ちしております。

質問は下記の一つです。

通常の仕事での請求は、

【例】デザイン料10万円の請求をした場合
■請求日 (借)売掛金 100,000 / (貸)売上高 100,000
■入金日 (借)普通預金 89500 / (貸)売掛金 100,000
(借)...続きを読む

Aベストアンサー

>(借)支払手数料 500 …

振込料を引かれたのだと思いますが、支払手数料になるのは自分が振り込んだときで、経費であることの証明として振込票の控えを手元に残します。
自分が振り込まれる立場で引かれてたのは、経費であることの証拠書類が残りませんから、支払手数料ではありません。
「売上値引」です。
集金に行ったとき「少し負けてよ」と言われたのと同じ扱いです。

>・売上は今期に所得として参入し、源泉徴収税も今期に算入する…

はい。

>・でもどうやって?手数料は…

翌年の売上値引。

>・次期に口座に入金されてしまう金額を所得にしない…

「売掛金」の入金は、事業の利益にもともと関係ありません。
利益 (所得) と認定されるのは、「売上」を計上した時点です。

【今期】
■請求日 (借)売掛金 100,000/ (貸)売上 100,000
(注) 厳密には、請求日でなくその仕事を完了した日。
■決算時 (借)事業主貸 《源泉徴収税》 10,000/ (貸)未収金 10,000

【次期】
■入金日 (借)普通預金 89,500/ (貸)売掛金 100,000
(借)売上値引 500/
(借)未収金 10,000/
■決算時 特になし

>(借)支払手数料 500 …

振込料を引かれたのだと思いますが、支払手数料になるのは自分が振り込んだときで、経費であることの証明として振込票の控えを手元に残します。
自分が振り込まれる立場で引かれてたのは、経費であることの証拠書類が残りませんから、支払手数料ではありません。
「売上値引」です。
集金に行ったとき「少し負けてよ」と言われたのと同じ扱いです。

>・売上は今期に所得として参入し、源泉徴収税も今期に算入する…

はい。

>・でもどうやって?手数料は…

翌年の売上...続きを読む

Qファクタリングにおける仕訳処理

近日中に手形受取をしていた得意先からの回収処理をファクタリング方式に変更予定ですが、実際の仕訳処理はどのようにするのでしょうか?
採用するファクタリング方式は個別方式です。また、ファクタリング会社は得意先の関連会社です。
従来なら、売掛金と受取手形で仕訳し、期日には受取手形と当座預金へ仕訳し、割引処理を実行した場合は、まず、通常通り、売掛金と受取手形に仕訳、その後、当座預金と割引手形に仕訳し、決済期日に割引手形と受取手形に仕訳しておりました。ファクタリングは債権をファクタリング会社に譲渡する契約なので、手形発行日に債権は売掛先ではなく、ファクタリング会社に移動しますよね。まず、割引処理を行わない(期日に振り込まれる)場合は、手形決済期日に銀行預金と売掛金の振り替えでしょうか?また、希望日に現金化を行う(いわゆる割引相当の処理)場合は、当社にとっては「受取手形の存在がない」のですがどのようにすればよいのでしょうか?ご教授願います。

Aベストアンサー

・期日に振込みの場合、売掛を残し振り込み時点で預金/売掛の仕訳
・期日前現金化する場合は、預金  ×××
                 支払利息 ××
                         売掛×××の仕訳になると思います。
以上当社では処理しております。

Q年度をまたいだ売掛金の扱いと、仕訳帳の始まりは

24年度初めて青色申告にして、税理士に教えてもらないながら何とか提出しました。
仕事が2社から請け負うライターで、月末に請求書発行→翌月または翌々月に入金されます。
※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています。

24年度内に請求書を発行したものの、年内に未入金だったものに関しては、税理士さんの指導通り、
●売掛金計上(売掛金/売上)&翌年分源泉所得税(仮払税金/売上)で、年末に入力
●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻しました。

25年度になりソフトに日々の仕分けを入力しようと思ったのですが、上記の●分の後、どこから始めたら良いのでしょう。

(1)●分は無視して、あとは今年請求書を送った分のものを記載していく(1月以降発行したもの→2~3月入金されるため1月は売上なしという状態になります)
(2)●分=今年入金されるに関しては25年度の仕分帳に記載していく(また同じ売掛金&源泉所得税を記載する?)

そもそも売掛金→戻すというのが、どうゆうことなのかがいまいち分かってないのです。
悩んでいたらますます分からなくなりました・・分かる方いれば教えて下さい。

24年度初めて青色申告にして、税理士に教えてもらないながら何とか提出しました。
仕事が2社から請け負うライターで、月末に請求書発行→翌月または翌々月に入金されます。
※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています。

24年度内に請求書を発行したものの、年内に未入金だったものに関しては、税理士さんの指導通り、
●売掛金計上(売掛金/売上)&翌年分源泉所得税(仮払税金/売上)で、年末に入力
●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻しました...続きを読む

Aベストアンサー

>24年度初めて…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています…

青色申告は、特に現金主義
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm
の届けでしたか。

普通の青色申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm
で届け出たなら、それは間違っていますよ。

>税理士さんの指導通り●売掛金計上(売掛金/売上)…

だから「実際の入金日」で売上計上にはなっていないです。

>●今年の帳簿の始まりに、前年末売上計上戻し(売上/売掛金)&前年末仮払税金戻し(売上/仮払税金)で戻…

違う違う。
24年 12月 (11月かも知れないけど) に、一つの仕事を終えた段階で、
【売掛金 100円/売上 100円】
【事業主貸 10円/ 売掛金 10円】・・・未納付の源泉税
と仕訳をし、大晦日までに入金されなかったら「売掛金」が残ってまま越年。
この仕訳をするのは、請求書を発行した日ではなく、あくまでも仕事を終えて顧客に引き渡した日です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

年が明けて入金されたら、
【現金 (or 普通預金) 90円/売掛金 90円】
で、これはあくまでも 24年分の売上であって、25年の収支とは関係ありません。

>)●分=今年入金されるに関しては25年度の仕分帳に記載していく…

入金は
【現金 (or 普通預金) /売掛金】
だけであって、「売上」ではありません。
「売上」は、入金された日ではなければ、請求書を発行した日でもありません。
仕事を終えて顧客に引き渡した日です。

>2~3月入金されるため1月は売上なしという状態になります…

前述の「現金主義」ではない限り、そのような考え方はだめです。

>そもそも売掛金→戻すというのが…

その考え方が根本から間違っています。
返品されたのでもない限り、売掛金の戻しなんてあり得ません。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>24年度初めて…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。

>※「実際の入金日」で仕訳帳を記載しています…

青色申告は、特に現金主義
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/10.htm
の届けでしたか。

普通の青色申告
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm
で届け出たなら、それは間違っていますよ。

>税理士さんの指導通り●売掛金計上(売掛金/売上)…

だから「実際の入金日」で売上計上にはなって...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報