最新閲覧日:

今度会社で保有している売掛債権をファクタリングし、資金調
達することになりました。

しかし、○○ファクター社からは、売掛先の信用度によっては、
売掛先が倒産したら、うちの会社に請求するような契約となる
かもと言われています。また、その場合には、オフバラできない
とも。。。

そこで、質問なのですが、上記のような売掛債権を買い戻すよう
な契約の場合の仕訳はどのようになるのでしょうか?

また、完全に売り切りで、オフバラできる場合の仕訳も併せて
教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

まず、一般的な買戻請求権付ファクタリング契約の買戻請求権については、売掛債権譲渡人に対して非常に限定された場合においてのみ買戻義務を生じさせるものといえます。



この場合、金融商品会計に関するQ&AのQA10の第2段落から、ファクタリングされた売掛債権の支配は譲受人に移転しているものと見てよいように思います。すなわち、売掛債権が消滅したと見てよいのではないでしょうか。

そうすると、譲渡する売掛債権の時価の推定は困難と考えられることから、仕訳は、金融商品会計に関する実務指針37項、38項により、次のようになるものと考えられます(同設例2参照)。
(借方)
現金預金    入金額
買戻権     買戻権評価額
(貸方)
売掛金     譲渡した売掛金額
リコース義務  貸借差額

「買戻権」と「リコース義務」は、譲渡人の買戻権および譲受人の買戻請求権が法的または実質的に消滅したと考えられるとき(例えば原債務者が買掛債務をファクタリング会社に支払ったとき)に消滅の仕訳を切るとともに、貸借差額を後述の「売上債権売却損」などの科目で計上すれば良いように思います(この点については私自身きちんと検討をしていませんので、誤っているかもしれません)。また、「買戻権」や「リコース義務」が重要性に乏しいときは、買戻請求権のないファクタリング契約の場合と同様の仕訳で構わないのではないでしょうか。

なお、売掛債権が消滅していないと考えられる場合には、その譲渡は金融取引として扱われますから、仕訳は次のようになりましょう。
(借方)
現金預金    入金額
支払利息    貸借差額
(貸方)
借入金     譲渡した売掛金額

この場合、借入金の消滅の仕訳は、譲受人の買戻請求権が法的または実質的に消滅したと考えられるときに切るものと考えられます。そのときの相手科目を売掛金とすることにより、譲渡した売掛債権に対応する売掛金も消滅します。


以上のいずれになるのかについては、契約条件によるといえますから、契約内容を見て判断することになりましょう。


他方、買戻請求権のないファクタリング契約の場合には、No.1のminosenninさんご紹介のリンク先にもありますとおり、次のような仕訳になりましょう。
(借方)
現金預金    入金額
売上債権売却損 貸借差額
(貸方)
売掛金     譲渡した売掛金額

「売上債権売却損」は営業外費用区分の勘定科目であり、「売上債権譲渡損」などの科目名でも構いませんし、重要性に乏しければ「雑損失」などに計上しても構いません。
    • good
    • 0

こんにちは。



ちょっと疑問に思ったのですが、金融商品会計基準に買い戻す義務とは、「契約時」において買い戻す義務を負っている場合ではないでしょうか?例えば現先取引などがこれに該当すると思います。

今回の場合は貸倒リスクをファクタリング会社が負うのではなく、譲渡人が負うというだけですので、契約時になんらかの義務を負っているのではなく、偶発債務があるだけです。

イメージでいうと手形の割引や裏書きと同じです。手形が不渡りになった時に初めて買い戻す義務が生じます。

よって、金融資産(売掛金)の消滅の認識はすると思いますし、貸倒リスクがあってもなくても、ファクタリング取引自体の仕訳は変わりません。

ただ、偶発債務は注記として開示します。

参考までに、ネットで検索した企業の財務諸表のURLと現先取引については下記を。

参考URL:http://www.meisei.co.jp/ir/pdf/20080515.pdf,http …
    • good
    • 2

1.オフバラできない場合


(ファクタリング会社から入金時)
預金 1,000,000 仮受金 1,000,000

(債務者が決済時)
仮受金    1,000,000   売掛金 1,020,000
売上債権売却損 20,000

「金融商品に関する会計基準」において、金融資産の消滅の認識、支配が他に移転した場合の認識要件の1つとして「(3)譲渡人が譲渡した金融資産を当該金融資産の満期日前に買い戻す権利及び義務を実質的に有していないこと」があり、この「買い戻す義務」がある場合は、消滅を認識しない、つまり売掛金がそのまま残ることになると思います。

2.オフバラできる場合
下記ご参照ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3155015.html?ans_cou …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金回収の仕訳について

現金での売掛金回収の仕訳を教えて下さい。

50万円の売掛金(複数件で)を回収するのに、銀行から釣銭分引き出し4万円の釣銭を用意しました。

【仕訳】
(釣銭準備時の仕訳)
現金  4万円     銀行 4万円

(回収時の仕訳)
現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

上記?で悩んでいます。
釣銭時に仮払金等で仕訳をすればいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃうと、得意先が「大変ですね。これおつり用に使ってください」とくださって現金が4万円増えてることになっちゃいます。

「売掛金50万円回収してきて、どうして54万円あるんだ」という話になってます。
4万円はおつり用に持ってただけです。
おつり用と言ってピンとこない用なら「両替用」ですね。
両替用に別途持ってたお金4万円が「取引先で集金したら増えてしまった」のではないのです。

現金を数えるときに「おつり用に用意した4万円を入れて数えてしまってる」ので、疑問点が出てるんでしょう。
おつり用のお金は会社のものですから、わかりにくいかもしれません。

あなたの財布の中に入ってる小遣いを上記の額に足して「○○財布内現金」として、借り方に記載してしまってるのと同じです。
売掛金がいくら回収できたのか、それは現金なのか、振り込みを受けてるのか、はたまた小切手なのか、もしかしたら切手代用なのか(あまりない)を考えて仕訳するんですね。
この場合は「右が先」です。

現金 54万円(釣銭分)    売掛金 50万円
                 ?  4万円

じゃなくて

現金 50万円    売掛金 50万円

という仕訳になります。

この仕訳は、
「売掛金を現金で回収した。回収額は50万円」
ということです。

銀行からおろしたお金4万円は、回収した50万円と足して54万円になってはいますが、元々自分のお金なのです(すでに仕訳が起きてます)。売掛金の回収のために用意したお金ですが、売掛金を回収したお金ではないので、仕訳の借方(左側)に記入しちゃ...続きを読む

Q売掛金入金不足があった場合の勘定科目

小さな会社に勤めている経理初心者です。

売掛金の回収予定日に取引先から入金された金額が、予定金額の半分以下でした。
当社の担当者が該当取引先に確認したところ担当者は有休で不在。後日改めて確認したところ、
入金された以外の書類を経理に提出し忘れていたとのことでした。

残りのお金は後日きちんと振り込まれたので売掛金の回収自体は完了したのですが、
売掛金入金不足があった日の仕訳をどのようにしたらいいのか分かりません。
借方:普通預金(回収予定日振込金額)、?(勘定科目不明) / 貸方:売掛金
の、?の勘定科目が分かりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入金した金額だけ仕訳すればいいんですよ。

【例】

(1) 3/25  売掛金  100,000円 / 売上 100,000円

(2) 4/10  普通預金 40,000円 / 売掛金 40,000円

(3) 4/20  普通預金 60,000円 / 売掛金 60,000円


会計ソフトで入力しているでしょうから、「得意先元帳(売掛帳)」を確認してください。

(1)で、売掛金の残高が 10万円です。
(2)で、売掛金の残高は  6万円になります。
(3)で、売掛金の残高が  0円になり、集金完了ですね。

あと、念のために。
振込手数料分を「差し引いて」入金されることも多いと思います。
この場合、
  雑費 / 売掛金 ***円 (振込手数料相殺)
の仕訳を入力しないと、売掛金の残高が相殺された手数料の分だけ「未回収」になってしまいますので、ご注意くださいね。

経理の事務は、大部分が繰り返し発生する事例です。
馴れて来れば、なんてことはありません。
がんばってください。

Q源泉徴収の仕訳、雇用保険の仕訳、お手上げです!

個人事業主です
毎月預金口座①から引き出して給料を現金支給しています
給料100000、手取り額90000、源泉徴収5000、雇用保険(従業員負担額)2000、雇用保険(事業主負担分)3000の場合
給料100000/現金9000
       預り金(源泉)5000
       預り金(雇用)2000
       法定福利費(雇用)3000

上記の仕訳で正解ですか?
また、源泉・雇用保険料を預金口座②に別に分けていて(混ざらないように)
その仕訳はどのようにしたら良いですか?
預金出納帳で
預金10000/預り金(源泉)5000
      預り金(雇用)2000
      法定福利費(雇用)3000
としてしまってはおかしいような気がして・・・

源泉徴収を支払った時の仕訳と、雇用保険が預金口座①から引き落とされた時の仕訳も
どうやっていいかわかりません。
こんな時期に・・・
他の方の質問で似たようなものを探しましたが、まるきり同じ状況の質問がなかったので
どうか詳しいかた教えてください。

Aベストアンサー

まず、従業員の給与ですが、手取額はやはり93,000円になりますね。
仕訳としては現金出納帳で

給料100,000円 / 現金93,000円
          預り金(源泉)5,000円
          法定福利費(雇用)2,000円
となります。
預り金を預金口座②に移す仕訳は
預金口座② 5,000円 / 現金 5,000円

源泉徴収を支払ったときの仕訳は
預り金5,000円 / 預金口座② 5,000円

これで預り金は残高が0になります。

雇用保険については、預金口座①にお金を移す仕訳は
預金口座① 5,000円 / 現金5,000円

雇用保険を支払ったときは
法定福利費 5,000円 / 預金口座② 5,000円

とすることにより、会社負担分の3,000円が経費で計上されることになります。

Q仕訳について教えてください!! 中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について 12月に中古車を購入しま

仕訳について教えてください!!
中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について
12月に中古車を購入しました、個人事業主ですが、未払のまま確定申告をするので、質問です。
未払金/車両本体代
未払金/リサイクル料
の仕訳でよろしいのでしょうか?
減価償却は、定額法なので償却基礎金額に車両本体代を入れて、リサイクル料は、全く別勘定としておけばよろしいのでしょうか?

支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?
どうか、お知恵のある方教えて下さい

Aベストアンサー

>未払金/車両本体代
 未払金/リサイクル料
 の仕訳でよろしいのでしょうか?

いいえ、基本的に貸借(左右)逆です

・12月購入時
車両(本体)100万 未払金 100万
預託金    5万 未払金  5万

などとします

>支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?

支払ったときに「計上」すればよろしいですか、ということなら、

車両本体については支払ったときの計上は誤り(12月納車時に未払金等で計上します)、リサイクル費用については支払ったときの計上でもよいです。
(リサクル料金は「預託金」「長期前払費用」の類ですので、支払ったときの損金にはなりませんが)

Q一度雑損した商品を売り上げた場合の仕訳

前年度に仕入れた玩具を、前年度の決算時に雑損とさせています。
「雑損失100/商品100」
しかし、処分することなく置いてありました。

今年度、どうしても売ってほしいという客の要望によって、前年度と同じ価格(¥110)で販売しました。

一度雑損した商品を販売した場合、「現金110/売上110」としていいのか、
「現金110/雑収益110」にするべきか、それとも他にふさわしい仕訳があるのでしょうか?

Aベストアンサー

最低限、「現金110/売上110」の仕訳が必要です。「雑収益」ではありません。納税額計算だけを考えれば、これだけで足ります。

もう少しきちんとするためには、これに加えて前期の誤りを正す必要があります。「どうしても売ってほしい」との要望に応え前年度と同じ価格で販売できたということは、前期時点でも販売可能な商品だったということですから、前期の雑損失計上が誤っていたといわざるを得ないためです。

仕訳としては、「商品100/前期損益修正益100」を加えるのがいいでしょう。金額が小さければ、前期損益修正益の代わりに雑収益を使っても差し支えありませんし、前期の逆仕訳「商品100/雑損失100」でも差し支えありません。


ご参考に、簿記の原則的なやり方からいうと、ふたとおりの手法が混ぜこぜになっていらっしゃいます。

前年度の雑損の仕訳は分記法の手法ですが、分記法では、売上時には貸方に「売上」ではなく「商品」と「商品販売益」とを計上させます。

他方、売上時に「売上」を計上するのは三分法の手法ですが、三分法では、前年度の雑損の仕訳は商品を直接減額するのではなく「雑損失/他勘定振替高」などと仕訳をします。

ただ、決算書に不整合が生じなければ、お書きの仕訳でも差し支えありません。なお、分割法というものは存在しません。

最低限、「現金110/売上110」の仕訳が必要です。「雑収益」ではありません。納税額計算だけを考えれば、これだけで足ります。

もう少しきちんとするためには、これに加えて前期の誤りを正す必要があります。「どうしても売ってほしい」との要望に応え前年度と同じ価格で販売できたということは、前期時点でも販売可能な商品だったということですから、前期の雑損失計上が誤っていたといわざるを得ないためです。

仕訳としては、「商品100/前期損益修正益100」を加えるのがいいでしょう。金額が小さければ、前...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報