【映画】『グリーンブック』アカデミー賞作品賞!!傑作の理由 >>

この掲示板で質問・回答を見ていて、個人名の間違いに辟易しています。
2ちゃんねるで故意に違う漢字で表記するのとは訳が違います。
名前は個人の人格であり、私は間違いは許されないと思います。
私は質問・回答にて、名前が少し不安なら検索して正しい名前を確認してから投稿しています。
熟語・単語の間違いなら、誤変換で許容できますが。
芸能関係の質問で、誰々のファンですと言ってて、名前が間違ってるのは何なのかと思うし。
その筆頭は橋本徹府知事(正しくは橋下徹)いつまで経っても間違いがなくなりません。
あと最近目についたのが、(  )内が正しい名前
島田紳輔、紳介(島田紳助)、白鳳、白鴎(白鵬)、中田英俊(中田英寿)、管野美穂、菅野美保(菅野美穂)、山本麻衣子アナ(舞衣子)、高畑小百合アナ(百合子)、古賀美保(古閑美保)、サッカー・中村俊介(正しくは中村俊輔、俳優が中村俊介)などなど。
どんなに立派な質問(回答)でも名前が間違っていたら説得力ないと思います。

質問ですが、この件に関して
(1)間違いは絶対に許されない
(2)許されないが、仕方ない。
(3)別に何とも感じない。目くじら立てるほうがおかしい。
どれですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (24件中1~10件)

ANo.21です。


いただきました補足に反応。

私の回答を理解してくださったようで、ありがとうございます。

いつの時代の事か私もよく知りません。
そんな時代があっただけの事です。
あんまり昔でもなかったと思います。
苗字をつけ始めたのは平安時代ぐらいだと思います。
漢字が使われるようになったのは古いですが、
日本で使う漢字はこれこれだと決めたのはもっと最近です。

ご質問にはどんな理由をも求めてはおられなかったと思います。
ですので、あれは、なんの理由を述べたわけでもなく、
そんな時代から違う時代になった時に、
こうしたらよかったのではないかと言ったのです。

私はいつの時代だろうと間違いは許しません。
そんな昔の事ならまだしも、と思われたのでしたら、
私の書き方がいけませんでした。
今も昔も関係なく、私はすべての間違いを許さない、と言う思いです。
その一方で、間違えようと間違えまいと、感情的には何とも感じません。
なぜなら、直せと言って直るものではないからです。
直すよう努力してもらったところで、間違えたら無意味です。
無駄な努力は要求しません。
何よりも、私が誰だか判別できれば、何の問題もない。

誰か改名した後、そのとたんは、多くの人が間違える可能性があります。
このしばらくの期間は、失礼とされる人が一時的にも多くなります。
この頃なら間違えてもいいのかと言われたら、やっぱり間違いは許せません。
データ化された文字列も、改名されたら、検索云々の話ではありません。
間違いは許さない。

誰も間違えないで済ます事ができる可能性がゼロでないにも関わらず、
間違える可能性が高いのなら、これを放置せざるを得ない、と思う。

ご質問への回答は、1、2、3のいずれでもありませんでした。
ご指示の回答でなくてすみませんでした。
「間違いは許さないが仕方がないので何とも感じない」ですが、
全部をまぜたようで、そうでもありません。
「目くじらを立てるのは当たり前」を追加いたします。
    • good
    • 0

私なら(3)です。



間違うのは、人間だからこそですよね。

「名前」に関わらず、人の存在や行いを軽視し否定するような
書き込みは見てて悲しいですが、ちょっとしたタイプミスなら
人間による人間のためのOkwebだからこそ、起こりうる事と思います。
    • good
    • 0



やさしく訂正してあげればいい。「橋本知事」という表記をみて誰のことか分からない人はいないと思います。それにもかかわらずわざと「誰ですかそれ」とか「そんな人いません」など意地悪な質問をするのはどうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
でもねえ、茨城は「橋本昌知事」なんですよ。
「橋下」を「橋本」といい続けたら、茨城県知事の立場がない、つまり名前を間違えるのは故意でなくても、この場合は双方に失礼だと私は思います。

お礼日時:2008/07/09 15:08

間違いは許さないが仕方がないので何とも感じない。



間違えている人は、その名前そのものに興味がないか、
そう言う文字だと思っているので間違いだとは思っていない。

漢字を間違われた対象のご本人は小気味悪く、
「こうではありません。正しくはこうです。みなさん間違えないでください。」と言う。
本人が間違われるのがいやでいやで我慢がならなければ、訂正すると思う。
本人が何とも思っていなければ、他人が訂正するまでもないと思う。

漢字がわからないのでひらがなで書いた。
これはどうなるのか。
漢字で構成された名称をひらがなで書く事は間違いだと私は思う。
子供がまだ漢字が書けないからと言ってひらがなで書かせる事も間違いだと私は思う。
これはあくまで「読み方」であってその人の本来の名前である漢字ではない。
あるいは、ただの手抜き。
間違いに他ならない。

漢字の違う名前を、間違って書いても「読み方」は同じ。
「読み方」が同じなら、文字を使わず口頭での会話では間違いは発生しない。
誰だかわかるから、ここに漢字の正しさは必要ない。

文字での表現は間違っていても、誰だかわかれば問題ではない。
個人を可能な限り特定するためだけに名前があるに過ぎない。
人の名前にそれ以上の意味はないと私は考える。

パソコンのフォントが持ち合わせていない漢字の人はどうなのか。
表現しようがないのに、それを間違いだと言われても困ると思う。
でも、間違いなのは確か。
これも責められるのか。
私は許さない。

「正しい漢字はわかっているが、ないのでそうした」と、
「正しい漢字はわかっているが、たまたま間違えた」と、
間違いである事にはかわらず、これを区別する気はない。

間違いは間違いだから、私は許さない。
しかし、仕方がないので、何とも思わない。

そもそも、漢字を多用していなかった時代もあるし、
また、苗字のない人もいた時代もある。
漢字を名前に使いはじめた時に、
また、苗字をつけ始めた時に、
使える文字を限定すべきであったと私は思う。
そして、そのルールのひとつに、
「読み方ひとつに漢字ひとつしかあてがってはならない」と言うのがあれば、
このような問題も起こらなかった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>>そもそも、漢字を多用していなかった時代もあるし、また、苗字のない人もいた時代もある。

おっしゃることは理解できますが、いつの時代のことですか。
現代において、この理由は理由になりません。

お礼日時:2008/07/09 15:10

(2)ですね。


 このサイトは、質問・回答したあとに気づいても、訂正ができませんからねえ・・・。
 間違っていることが全くわからない、なら問題外、ですけど・・・。
 この場合、文章のなかに、へんてこな言葉使いとかもあったりして、ああ、本当に知らないんだなあ、間違って憶えているんだなあと思いながら、自分はこうならないようきちんと書こう、と思ったりしますね。
 
    • good
    • 0

こんにちは。



自分自身に対しては(1)。他人に対しては(2)ですね。

私も実名はけっこうめずらしい苗字なせいか、
ネットどころか現実世界の病院や会社など、
「そこは間違えちゃいかんだろう」という場面でも
しょっちゅう間違えられます。子供の頃からずっと。

間違えられすぎて、慣れてしまったのでしょうか(^^;。
最近は、たまに笑い話にする程度で、スルーしています。

そのため、自分自身は人の名前を間違えないように気をつけますが、
人の間違いは、気にはなるけど、基本的には訂正しません。

正直、人の名前を間違えるなんて失礼な話なんですけどね。
昔はいちいち「違います」と訂正していたのですけれども。
最近は、誰かが困るとかでもない限り、まぁいいか、と思います。

残念ながら、ネットでは、人名に限らず、
誤字脱字が、腐るほど転がっていることですし。。。
どちらかというと、日本人の国語力の行く末の方が心配です。

ご参考までに。
    • good
    • 0

あえて選択肢から選ぶとすれば(2)でしょうか。


(ただ「許されない」ではなく「少し気になる」程度ですが…)

たとえば、自分の好きな芸能人の名前の表記が間違っていたら
「本当はこうなのに…」とは思いますが「許せない」とまでは思いません。
仮に自分の名前が間違われても「人格を否定された」とまでは思いません。

明らかに故意に(悪意を込めて)間違えているのなら別ですが
ほとんどの場合はそうではない(悪意が無い)と思っているからです。

ただ、一部の検索エンジンでは表記間違いの可能性を指摘してくれますので
(「橋本徹」で検索すると「橋下徹ではありませんか?」のように指摘してくれる)
そこで初めて間違いに気付く人も結構いらっしゃるような気がしますね。
    • good
    • 0

1ですね。


自分自身変換ミス以外で有名人の名前は間違えないので何処であろうと間違っていると気になるので気付けば必ず指摘します。
    • good
    • 0

みなさんのご意見(ご質問も含め)とはちょっと違った視点から回答させてください。



ここはQ&Aサイトで、1対多のコミュニケーションに終始しています。
しかし(忘れられがちではあるけれど)、蓄積された疑問や問題の解決法などの知識を再利用できる形で提供することもこのサイトのひとつの目的だと思います。 (実際にそういう使い方をする人が多いかどうか、そもそも意図したように機能しているかどうか、は別の話です)

そこで固有名詞を間違った表記で投稿すると、あとからその名前で検索をかけた人の目には止まらない可能性が高まるんじゃないでしょうか。 
元質問文にある例から拝借すると、例えば、お気に入りの俳優さんに関するQ&Aを探したいのにサッカーの話ばっかり検索に引っかかっても役に立たないわけです。

しかしながら認知度が十分に高くない固有名詞はえてして誤記されやすく、また、いろんな人がそれぞれに文章を記述するわけですから、多少の誤記・誤表現(言葉の誤用)はあって然りだと思うわけです。

これらのことからこのアンケートへ対する私の答えは 
(2.1) 間違いは許すべきではないが、仕方ない  です。

誤記されたものは、正しいものを回答に含めると検索機能にとってはいい結果を出しやすくなるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃる通りです。
このサイトも問題点?は訂正できないことです。(事務局経由で例外的に出来るそうですが)
間違った名前、間違っているのに良回答、思い出しても恥ずかしい回答(質問)などもアーカイブとして蓄積されてしまうことです。
回答者さんおっしゃる通り、俳優・中村俊介で検索したいのに、間違ったままのサッカー・中村俊介(正しくは俊輔)がヒットしてしまうことになります。
橋下知事の改革の経緯を調べようとして、数年後に「橋下知事」で検索しても半分しかヒットしないでしょう。「橋本知事」で検索したらいいだろうという単純な問題ではないと思います。

お礼日時:2008/07/06 22:12

 1,2,3どれにも当てはまるし、どれともぴったりは一致しないというところでしょうか。


「表記を間違っていたら信頼度が数段下がるが、間違いはあり得ることなので仕方がないし、その文中で本人が誤字脱字を責めているのでもなければ、指摘はしても責めはしない」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あるスポーツのカテの質問で、ある選手の名前を間違っている質問者さんがいて、その質問者さんは相当の見識があり、全ての回答にも長文で丁寧なお礼を返しているのを見ましたが、質問者さんは最後まで間違った名前のままで通していました。回答者さんはみんな正しい名前で解答していました。読んでいて、何だかなあと思いましたね。

お礼日時:2008/07/06 23:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング