「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

魚の缶詰(みそさばやいわしなど)には、中にあぶらが入っていますが、
あのあぶらは魚から出たものですか?それとも、保存用の油ですか?
前者なら問題ないのですが、後者なら太る原因になりますよね。
どちらのあぶらなのでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ツナ缶みたいな「油漬け」だと魚由来じゃないですね。


ツナ缶は、脂分が少ないビンチョウの背とかソーダ鰹が材料ですから
脂を足してやらないとモソモソで美味くないです。
オイルサーディンも、味のためにオリーブ油等を使います。

味噌煮とかの煮物系なら魚由来ですね。
脂が乗ってて旬=その魚が一番安い時期に作り置きする必要がありますし
わざわざ魚以外の脂を追加してたら、
何のために旬を狙ったコストダウンか判りませんw

太る太らないは、前の方も書かれてますが
脂の種類では変わりないかと。
食い過ぎれば何食っても太りますw
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/13 19:12

#1です。


すみません、お断りしておかなかったのですが、
私は栄養士でもありませんし、栄養士の資格も持っておりません。
お返事を拝見してびっくりしました。

私はご質問を拝見して気分を害したわけでも、
mstkさんが食べ物に悪意を持っているとも思っていません。
ただ、日頃から、いろんなサイトで「○○は食べると太る。」という表現をよく目にしていて鬱憤がたまっており、
そんな折りに今回のご質問でも同じ表現を見て爆発したといったほうがいいのですが(^^;A
たいへん私的なことで、質問者さんには関係はなかったことです。
すみません。
ご迷惑であるだけだと思いますが、時折ご質問を拝見していたので、
「この人なら言ってもわかってくれるかも。」と思いきって書きました。
正直、もっとお怒りのお返事が返ってくると思っていました…。
けっして、食べ物を粗末に扱っているなどとは思っておりません。
(食べ物とは別のところで、表現に腹を立てているからです。)

魚の缶詰に話を戻しますが、もし興味があれば以下もご覧ください。
サバやイワシは比較的脂肪分の多い魚で、医者によっては
生活習慣病などに罹患した患者には控えるように指導することがあるようです。
しかし、前述のオメガ3系を理想の割合で摂取しようと思ったらせっせと食べたほうがよい魚です。
特にイワシはオメガ3系脂肪酸以外にも亜鉛やマグネシウム等のミネラルに豊富だという理由で、
先日のザ・ニューヨークタイムスの健康欄の記事、「健康のためにもっと食べるべきだが、摂取されない食材11」の一つにも取り上げられました。
また、フランスの医者が書いた美容のための本ですが、もっとも優れた抗酸化作用を持つ摂取すべき魚として、
天然の鮭、サバ、マグロやイワシ、アジ、カツオ等の魚を勧めています。

缶詰も手軽で良いのですが、もし新鮮なこれらの魚が手に入りましたら、
お料理なさってみてください。
イワシの梅煮、アジの南蛮漬けなどは調理が簡単なのに味もよく、南蛮漬けは日持ちもしますからおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

え!?僕の質問を時折ご覧になってたんですか???
なんでまたーー?^^;
僕変な質問してます?^^;Yusuraさんがきになるなー^^

お礼日時:2008/07/06 23:08

缶詰によると思いますので、気になる缶詰の原材料の欄をご覧になってください。



ただ、一般的には、缶詰の油漬けの中に入っている油は、大豆油やサラダ油などの植物性の油ではないかと思います。
理由は、
・魚油は植物油より高価
・魚油はサラダ油など安価な植物油より酸化しやすい
・魚油だけだと魚くさい
→缶詰を、空気を抜くために魚油で満たしたら、とてつもなく魚くさいと思います。
ちなみに、最近、サッカーのベッカム選手が、健康のために摂取している魚油のサプリのために、
妻からも同僚選手からも「なんだか海の生物みたいな口臭がする。」と不満をもたれているそうです…。
DHAやEPAのサプリはだいたい、ゼラチン系のタブレットに入っていると思いますが、
もしお手許にあれば中を開けてみてください。
嚥下するのがためらわれるほど魚の強いにおいがします。

話がそれましたけれど、まぁ上記のような理由です。
ただし、缶詰の保存中に、身から魚本体の油もしみだしてきているものがほとんどだと思います。
実際に、魚の缶詰の中の油だけ、他の料理に混ぜるとはっきりその魚の風味がつきますから。



それから、こういうことでめくじらたてて申し訳ないんですけれど、
「○○は食べると太りますか」という表現は、すごく、
いいたいことはわかるんだけれど喉につっかえる表現です。
ある人がその人にとって必要なカロリー以上を接種すれば
体重は増加しますが、それは特定の食べ物のせいではありません。
それに、油ならば重量あたりのカロリーは変わりませんので、
魚の油ならば太らないが、植物油なら太る。といったこともありません。

ただ、魚の油はオメガ-3系の多価不飽和脂肪酸に富み、動物性脂肪の中では
優れた効能がいくつもあると思います。
でも、だからといって植物油がまったく不要というわけではありませんので、
できれば、正確な表現を心がけて頂きたいです。

すみません、ときどきお見かけするお名前なのでお願いしてみましたm(_ _)m
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございまいした。

栄養士の方でしょうか?
専門のかたからすると、いろいろな知識があるので厳密な分析ができ、
正しいこと、正しくないこと、その表現の正確さがわかるかもしれません。

ただ、僕は栄養の専門知識は持っていないので、間違った表現や語弊のある表現があったかもしれません。
すみませんでした。ただ悪気があったわけではなく、こうやって気にしているからこの質問をしたわけで、消して食べ物に対して悪意があるわけではありません。
気分を悪くしてしまいすみませんでした。

お礼日時:2008/07/06 17:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q魚の缶詰の油は、長期保存の為の油ですか?それとも魚自信の脂ですか?

魚の缶詰にはなぜあんなに油が多いのでしょうか?
長期保存できるようにするためでしょうか?

魚自体に含まれる脂は悪くないそうですが、
あの缶詰にある油って、魚自信からでてきた油ではないような気がするんですが。

魚自信の油なら問題ないですが、単なる油なら摂取しない方がいいですよね?

何のための油なのでしょうか?また、あの油は魚自信の油なのでしょうか?

宜しくお願いします

Aベストアンサー

缶詰はシーチキンですかシーチキンの油はサラダオイルです。食味をよくするためと酸化防止のために入れられています。いわしの油漬けにはオリーブオイルが使われています。いずれも植物性の不飽和脂肪酸のため悪影響はありませんがカロリーが高いので肥満の人は注意したほうがいいと思いますが。魚にはDHEといって良質の不飽和脂肪酸がいわし、さば、あじ。などの青さかなに多く含まれておりコレステロールを下げる働きあります。さばの水煮に含まれる油は魚自身の油です。

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q缶詰の体への害について

シーチキン缶、さば缶など、最近は缶詰の種類も豊富ですよね。
便利さもあってここ何年か2日に一回位缶詰を開けて料理に使っています。
健康への害はあるのでしょうか?
生死に関するような大きな害はないとは思うのですが、
美容的に良くないモノが蓄積されるとか、
そういうあまり気にしなくていいと言われそうなことでも
年単位で頻繁に使っているものなので将来的になんとなく知っておきたいです。
何かご存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

#1です。
そうそう、水銀を忘れてました。
厚生労働省の資料によれば、平均的な日本人が食べてしまってる水銀の量は、暫定的耐容週間摂取量の35%です。つまり、平均よりも3倍量取ってしまうと許容量超えるおそれはありますね。
http://www.mhlw.go.jp/topics/2003/06/tp0613-1.html#toi13
2日に1回の缶詰・・・平均的な食生活と比べてどうなんでしょうね。

もっとも、この計算はかなり安全率をみた大雑把な数字だし、ノンオイル食塩無添加タイプに使われてるのはキハダマグロで比較的水銀量少ないから、あんまり神経質にならなくてもいいのかもしれないけど。
ま、参考ということで。

Q脂質と炭水化物どっちを減らすほうがダイエットにはいい??

テレビで「脂質は1g9kcalで炭水化物が1g4kcalであり、脂質を控えることはダイエットにもっともいい。」というようなことを言っていました。

しかし炭水化物を控えるほうが有用なのではないかと思いました。理由としては以下のことを考えております。

・確かに脂質はエネルギーが高いと思うのですが、日本人の場合炭水化物に比べると摂取量は圧倒的に少なく炭水化物を控える方が有用なのではないか
・炭水化物(主に日本人の場合、お米)は単糖に分解しやすく吸収しやすいのではないか?

実際はどうなのでしょうか?もしわかりましたら教えて頂けたら幸いです。(ちなみに食生活は主食がお米の平均的な日本人の食生活をイメージしています。)

Aベストアンサー

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労省の栄養基準では、この基本量にアミノ酸スコアや吸収率と安全率を加算して
いますが、この安全率をはずして、ぎりぎりのダイエット法を考える場合は、
たとえば、仮に、あなたの体重が60Kgとすると、
60 * 0.64 = 38.4g が蛋白質の最小必要量です。

次に、脂質については、標準体重における基礎代謝の25%を摂るのが良いと思います。
すなわち、一般的な男性の基礎代謝を1600Kcalとすると、
脂質の最低必要量は、1600 * 0.25 / 9 = 44g となります。

次に炭水化物ですが、
脳のエネルギーはブドウ糖で1時間あたり6g消費します。
また、全身の細胞が1時間あたり1.5gのブドウ糖を消費します。
これらを合わせると、人体は1日に180gのブドウ糖を消費します。
炭水化物というのは、ブドウ糖と食物繊維の合計で、食物繊維の必要量が約20gですから、
結局、炭水化物の最小必要量はに200gということになります。

これらの栄養が1日の最小必要量です。
これらをカロリー比で表すと、1・3・6になります。

脂質と炭水化物のどちらが減らしやすいかということですが、
カロリー制限のテクニックについていえば、
脂身の多い肉やマーガリン、サラダ油など脂質を減らすのが最も簡単です。

もうすでに、脂質を減らした食事をしているのであれば、あとは炭水化物を減らすしかありません。
人体の炭水化物の必要量は200gですから、1日の摂取量が200gを切ると、
不足した炭水化物は体脂肪の消費で補われます。
たとえば、炭水化物の摂取量を200gから100gに減らすと、
不足分の400Kcalを補うために、1日あたり44gの体脂肪が減少します。

それでは、炭水化物をどんどん減らせば良いかというとそうではありません。
たとえば、今、若い女性の間で炭水化物抜きダイエットが流行っています。
炭水化物を減らすと、空腹感が働きにくくなるので、急激な体重減少も可能です。
そして、ダイエットが楽しくなり、どんどん体重を減らしていって最後には
拒食症になってしまいます。

炭水化物の制限すると、身体は体脂肪を燃やして不足分を補いますが、
摂取量が100gを切ると、身体は今度は筋肉をつぶして脳のエネルギー不足を補います。
そのような栄養状態を飢餓といいますが、飢餓を放置すると、身体は生命維持のために、
今度は過食をはじめます。

このように、無理なダイエットで摂食障害に陥る危険性がありますが、
身体に必要な最小限度の必要量を知っていれば、摂食障害になることなく、最大限の効果があげることができます。

ダイエットで重要なのは蛋白質、資質、炭水化物の三大栄養素です。
ビタミン、ミネラル、食物繊維も大切な栄養ですが、
それらは熱量が微量なのでダイエットでは考慮しません。

いろいろなサイトで栄養バランスについて書かれていますが、
それらは栄養バランスの簡便法にしかすぎません。
もしも、効果的なダイエット法を構築したいのでしたら、
その基本になっている栄養必要量を知っておく必要があると思います。

まず、蛋白質については、医学的に体重1Kgあたり0.64gが基本的な必要量です。
厚労...続きを読む

Q魚の缶詰は体に良いですか?

外食から魚と野菜の生活へ食質改善するために自炊を始めたのですが、
さかなの缶詰は体に良いですか?
(さんま、いわし、さば、紅ざけ)
味付けが濃く感じるのでどうかと思って質問しました。

例えば買ってきた魚を家で焼いて食べるのと比べるとどうでしょう?

Aベストアンサー

一概に言えませんが、缶詰は食品添加物が使用される事があります。
酸化防止剤、香料、増粘剤…
あるいは、貯蔵中の色変化や味の変化とか、缶の腐食を防ぐために缶の内側が加工されていたり、魚の産地も遠方になる可能性はあります。

遠方の魚の問題は、ここで書くと賛否両論になるのであえて書きませんが、缶詰を買うなら、食品添加物が無い物や、産地が近い物を選ぶ方がいいかもしれません。

個人的には魚を買って、調理する方がお勧めです。
出来れば近海の魚を自分なりに調理する方が、おいしく、栄養価も高いと思います。塩分や油分を調整できますので、健康にあった食事が可能かと思います。

Q毎日チョコを食べると 健康にどんな影響がある?

普通の板チョコ1枚分を毎日食べたとします。3年間(5年でもいいですが)そういう生活をすると、なにか影響あると考えられますか?

私はチョコが好きでして、平日は、朝ごはん代わりにチョコ、土日はウィスキー、ブランディーのおつまみにチョコと、チョコチョコ食べてますが、もしかして健康に害があるのかな?

尚、大量には食べません。子供のときに大量に食べてエライことになったので(笑)

Aベストアンサー

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は炭水化物・脂質に偏っていますので、糖分・脂質の代謝を助けるビタミンBや血中コレステロール値・中性脂肪を抑える働きのあるDHAを含む食品を意識的に摂ると身体にいいと思います。
ビタミンBを含む食品として知られるのは、米ぬか・大豆・納豆・鶏卵・豚肉・レバー・バナナ・ほうれん草などですが、チョコと相性のいいアーモンドなどのナッツ系からも摂取できます。
DHAはマグロや青魚に多く含まれています。
長期的な糖分摂取による健康被害を気になさるのであれば、あと心がけが必要なのは、低体温症の防止や歯科衛生かなと思います。
意外ですが、糖分には身体を冷やす働きがあります。
また、歯に付着した糖分はエナメル質を溶かしていくため、加齢と共に歯の白さが失われたり歯周ポケットの発生によって歯周病を発症しやすくなります。

…と色々書きましたが、実は私も無類のチョコ好きです。
上に書いたような健康対策を常にしているかといえば、歯科衛生以外はあまり実践しておりません…。m(_ _)m
学生時代から、毎日、板チョコ1枚~3枚分をちょこちょこかじる生活をかれこれ20年近く続けています。
夜間、小腹が空いて、チョコをつまむこともしょっちゅうです。もはや中毒です。
でも、今のところ、健康診断で、チョコの食べすぎによる健康リスク(高血圧・肥満・内臓脂肪・糖尿病etc)を指摘されたことはないので、わりと楽観視しています。
健康管理を意識し過ぎてチョコを我慢するストレスの方が身体に良くないと思うので、無理な摂取制限はせず、食べたい時に食べています。こういうのを得手勝手というんでしょうね~。

人間は老齢になるに従い、より甘味を好むようになります。
味覚が減退しても甘味を感じる部分だけは発達したままなのが原因で、若い頃に甘いものが苦手だったり健康を意識したりで甘味を受け付けたがらなかった老齢者が、急にお菓子好きになったりします。
質問者様や私のようなチョコ好きは、どういう余生を送るんでしょうね?
私の場合、たとえ痴呆症になったとしても、チョコの在り処だけは忘れず、更にチョコの大食いを続けそうな気がしています。

「まとめ買い」や「ながら食い」など大量摂取を招く要因に留意しながら、ご自分なりのチョコレートライフを楽しめばいいと思います☆

栄養学面では、板チョコ1枚分(約280kcal)程度なら、年単位で毎日摂取し続けても特に問題ないと言われています。むしろ健康効果を期待する学説もあるくらいです。
チョコレートに含まれるカカオには鉄分や食物繊維、抗酸化成分(がん・動脈硬化などの生活習慣病や老化を防ぐ働きをする成分)が多く含まれているし、独特の甘い香りにはリラクゼーション効果もあるようです。

ただ、質問者様の場合、チョコをご飯代わりにされる日もあるということで、心配なのは栄養バランスの乱れかと思います。
チョコの栄養成分は...続きを読む

Qカロリーって本当に太るんでしょうか?

 カロリーを多く取りすぎても太らないんじゃないかと疑問に思って質問させてもらいます。

 そう思った理由がケーキやお菓子をたくさん食べ、カロリーを多く取りすぎた日でも体重は0.2~0.3キロくらいしか増えなかったに対し、野菜やスープなど低カロリーの食事でも体重は2~3キロくらい増えます。高カロリーの食事をしたその2~3日後も体重は増えないし....それで本当に太る理由ってカロリーの取りすぎなのかな?と思い、低カロリーの食事を続けても痩せるどころか太っていくのではと思いました。

 分かり辛くてすいません(>_<)ヽどなたか教えてください!

Aベストアンサー

低カロリーの重い食事と、高カロリーの軽い食事で
どうして体重の増え方に違いがあるのか、という質問ですね?

これは余剰カロリーは何時の時点で体脂肪に変わるのかという問題と関係があります。
というのもある日に食べ過ぎて消費し切れなかった糖や脂肪は
そのままの形で体内にプールされ、
数日間はそのままの形で留め置かれるからです。
つまり体脂肪という重みのあるものに変わらずに
微粒子のまま体内に溜め込まれているということです。
このことが示しているのは、体重に即時に反映されるのは食事の「重量」であって、
その食事によって摂れる摂取カロリーではないということですね。

簡単な例で説明すると、500kclのケーキとお茶を少し飲んだ場合
ケーキの重量とお茶の重量、合わせて500g程度しか体重は重くなりません。
一方カロリーが全く含まれない水を1L飲んだ場合1kg体重は重くなります。
ケーキの摂取カロリーは体脂肪に変換されずに留まりますから、
数日後にようやく両者の体重の違いとなって表れてきます。
例えばこの日から3日間同じ食事同じ生活を続けた場合、
3日後には0.3kg程度の体重の差が生じるでしょう。
もちろんケーキの方が重くなっています。
また、野菜やスープのような水分の固まりなら体重はかなり増えるはずです。
ですが低カロリーであれば数日後には消化され切って、体重は元に戻りますね。

上記のことから考えると毎日体重計に乗るよりも、
毎日の摂取カロリーをしっかり記録することのほうが有効でしょう。
体重計は週に1回乗ればいい、毎日の増減は食べたものの重量によるものだ、
と考えておいた方が体重の増減に一喜一憂せずに済みます。
食事の後、トイレから出た後でも体重は変化するものだからです。

もし高カロリーの菓子パンなどをたくさん食べても体重があまり増えていないとか喜んでいたら数日後に泣きを見る羽目になったりしますから、摂取カロリーの把握は大事ですね。

低カロリーの重い食事と、高カロリーの軽い食事で
どうして体重の増え方に違いがあるのか、という質問ですね?

これは余剰カロリーは何時の時点で体脂肪に変わるのかという問題と関係があります。
というのもある日に食べ過ぎて消費し切れなかった糖や脂肪は
そのままの形で体内にプールされ、
数日間はそのままの形で留め置かれるからです。
つまり体脂肪という重みのあるものに変わらずに
微粒子のまま体内に溜め込まれているということです。
このことが示しているのは、体重に即時に反映されるのは食事の「重...続きを読む

Q何も食べたくない時は食べなくてよい?

167cm56kgの女性です。
体脂肪率が30%ほどあり、特にお腹のぶよぶよがすごいので、現在ダイエット中です。

運動はウォーキング1時間(通勤時、数駅分を歩く)と、ビリーズブートキャンプの腹筋プログラム(30分)で、食事は、大好きな炭水化物を極力控え、腹八分を心がける程度の制限です。

最初は常にお腹がグーグー鳴っていて空腹との戦いだったのですが、ダイエットを始めて2週間ぐらい経った今、胃が小さくなったのか、制限した量のご飯も入らなくなり、それどころか、お腹がまったく空かないことも増えてきました。

お腹が空かないので1日、固形物をほぼ何も食べないこともあります。

リバウンドが怖いので出来れば「食べないダイエット」はしたくないのですが、とにかく今は何も食べる気がしなくて・・・

そういう時は、何も食べなくてもよいのでしょうか?それとも、無理やりにでも何か口にしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、実は太っている人だけなんじゃないか、と感じ始めます。

逆に一日二食で過ごすと身体の調子がよくなることもあります。最近では「朝食を抜きなさい」のような健康法とか「一日一食健康法」のようなものがあり、関連書籍まで出ていますが、何も特別なことはない。要は一日三食というのは肉体労働者や職業アスリートではない普通の大人にとって食べ過ぎなんです。

ということで、お腹が空かなきゃ食べなくて全く問題ないですし、お腹が空かないのに無理に食べるのはむしろ健康によくないことです。

ちなみにですが、炭水化物を控えるとお腹は空きづらくなります。お腹が空く=空腹信号が発せられる、ということですが、これは血糖値の変動に密接に関係しているからです。食物を通じて炭水化物(糖質)を摂ると、直後に血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管がぼろぼろになるので、それを避けるためにあなたの身体は血糖値をすぐに下げようとしてインスリンというホルモンを大量に分泌します。その結果、今度は血糖値が急下降するのです。

血糖値の急下降を代謝中枢が検出すると、エネルギー不足に陥ったと勘違いして空腹信号が発生られ、「お腹が空いた~」という感じます。炭水化物を食べないと、この血糖値の急上昇・急下降が抑えられますから、空腹をあまり感じなくなるということです。こういうところも、炭水化物を食べないダイエット法は理にかなった(楽に痩せられる)ダイエット法である一つの理由です。

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、...続きを読む

Q卵は一日何個まで?

卵が大好き家族ですが、コレステロールの含有量から一日に1、2個までとか、10個まではへいきだとか、いろいろ言われて混乱してます。実際はどうなのでしょうか?卵の功罪、本当のところを教えてください。特にコレステロール値が現在高いわけではありません。

Aベストアンサー

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年に数回卵を10個食べる日があっても全く問題ないでしょう。

ただしこの調節機構が生まれつきうまくいかない人もいますし、加齢によってコレステロールの代謝量は低下します。

卵が一日1-2個というのは、子供から高齢者、健常者から病人までのいろんな条件のひとを含めて設定された目安です。高コレステロール血症の人は1日300mg以下に抑えるように指導されますので、卵1日1個までなら大丈夫です。卵は良質タンパク質やビタミン類の重要な供給源なので高齢者で食の細い方には、ぜひ1個は食べるようにしていただきたいです。

私は健康な人に同じ質問を投げかけられたら「1週間に7個前後が適性ですよ」とお答えするようにしています。つまり、1週間で毎日1個食べても良いし、3個、0個、0個、1個、2個、0個、1個…というように多少ならリズムを持たせてもOKです。もちろんたまにであれば1週間に10個とか14個の週があっても全然問題ないと思います。

ですが、若い方ならともかく1日5個とか10個とかの食生活が定着してしまうとと中年以降に影響が出てくる可能性は大です。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、生涯使える適切な食習慣を身につけて貰うためにも一日1-2個くらいと教えてあげて下さい。

管理栄養士です。日本人のコレステロール摂取量は一日あたり100-500mg、このうち卵は1個で250mgになりますので、卵の個数が一日のコレステロール摂取量を大きく左右すると言っても過言ではありません。

ただ、体内では肝臓で一日1000-1500mgのコレステロールが合成されていて、細胞膜の構成成分やホルモンの原料、神経伝達物質として使われています。コレステロールの摂取量が増えれば、肝臓での合成量を減らしてコレステロール量を調節する機構が生体には備わっています。

ですから、ある程度若い人が1年...続きを読む


人気Q&Aランキング