『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

日本人の男性ピアニストの情報を集めています。
有名なところで、松永貴志さんや兄弟で活動されている、Les Freresさんなどを知っています。他に、どのような方がいらっしゃいますか?
できれば、若い方で、クラシカルすぎず、ファンキーで、子供にも聞きやすい楽曲を弾いている方がいたら…。
おすすめサイトやDVDなどがありましたら教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

若手で注目株の外山啓介さんはいかがでしょう。


(ファンキーというよりはかなり正統派だと思います。)

オフィシャルサイトです。
http://keisuke-toyama.com/

もうひとり若手で、清塚信也さん。
「のだめカンタービレ」ドラマで玉木さん演じる千秋の
ピアノ吹替えをなさったピアニストさんです。

オフィシャルブログ
http://www.ravenjam.com/kiyozuka/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

horokayanさん、とてもお詳しいですね。サイト、見させていただきました。どちらも、大変ご活躍の方なんですね。特に外山さんのショパンには、聞き惚れました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/08 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q超有名なピアニスト

ピアノのCDを図書館で借りようと思っているのですが
どんなピアニストが有名なのかぜんぜんしらないので困っています。
なるべく現役の方で世界的でトップクラスの実力を持つピアニストを教えてください。
外国人でも日本人でもいいです。

Aベストアンサー

現役でトップクラスのピアニストにもいろいろですが、とりあえず必ず図書館にありそうな人だと、以下のようなメンバーですかね。
・アルゲリッチ
・アシュケナージ(現役というより過去の演奏になりますが)
・キーシン
・小山実稚恵
・内田光子
故人になっていても図書館にたくさんありそうなトップクラスのピアニストもいいと思いますよ。
・ホロヴィッツ
・バックハウス(主にベートーヴェン)
・グールド
好みもあるでしょうから、知っている曲から演奏者にこだわらずにどんどん聴いてみるといいのではないでしょうか。

Q辻井伸行のリアルな実力はどんなもんでしょうか?

昨日奥さんと辻井伸行のコンサートに行ってきました。

奥さんは非常に感激しておりました。

私は、ジャズのピアノならある程度、好き嫌いとかわかるのですが、クラシックはさっぱりです。
もちろんコンサート自体は楽しいものでしたが。

ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか?
それとも、辻井氏はピアニストとして相当なレベルの人なのでしょうか?

クラシックに詳しいか、ピアノに詳しい方のご意見を宜しくお願いいたします。

ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。
一階は10000円以下だったそうです。

昨今、音楽以外の物語を音楽家に求める人や関係者が多い気がして、質問した次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなんかで芸術の評価が左右されるべきではない、と主に考えるのです。勿論「理想的には」の話ですが。)


辻井伸行の演奏を初めて観たのは自分が好きなラヴェルの曲か何かだったと思います。非常にマニュアル通りな演奏というか、アカデミックというか、世界的プロピアニストの演奏とはかなり傾向が違う・・・そういう印象が強かったです。

ヨーロッパの多くのピアノコンクールというのは、独自性のある演奏が重んじられるそうです。大家のクラシック曲を普通にうまく演奏するだけの演奏なんて過去にやり尽くされていますし、今となってはそんな演奏をするのは「プロ」もっと言うなら「アーティスト」にあらず、と判断される訳です。
(ただアメリカのコンクールではそうでもなく、今でも昔ながらの演奏スタイルが好まれる傾向にあるようです。ヨーロッパとアメリカの芸術に対する姿勢の違いかもしれません。)
こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。

彼の即興を聴いた限りだと・・・ジャズも本場を目指すならかなり、いえ相当に、厳しいかな。そんな感じでした。


大きなお金やメディアを動かせるということと、「一アーティスト」「一クリエイター」として成功するいうことは、全く別次元という現実をよく示してくれていると思います。まぁこれは今の時代に限ったことではないと思いますけどね。

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなん...続きを読む


人気Q&Aランキング