プロが教えるわが家の防犯対策術!

七夕で、願いを込めた短冊を吊るすのって「笹の葉」じゃないんですか?
普通、短冊を吊るされてるアレって、「竹・タケ」だとおもうんですが。

「さ~さの葉、サ~ラサラ」って歌われてるのに、実際は「竹」・・・。

まあ、似たようなモンだからどっちでもイイんでしょうか?
堅いコト言わないほうがイイのでしょうか?
植物学的には「ササ」と「タケ」はわけられてるのに。

「タケ」くらい大きい種類の「ササ」もあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

参考にこんな回答が以前あったみたいです。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3083163.html

個人的に・・・

そもそもそこまで厳密な儀式ではなさそうなので、どっちでもいい気がするのは私だけでしょうか・・・

最初はどういうことから始まったか知りません。しかし、例えば
竹が最初にしても、笹が最初にしても、大きさの需要によって
竹では大きすぎるので笹でいこう、とか
笹だとこの人数では飾るところが少ないので竹にしよう、とか
それとも身近なところにあったのか、竹(もしくは笹)だった、とか

っていうか、どっちだっけ?というこのような話がその家族や団体であって、結局、「ま、いいか」、とか

また、歌を作詞したのは「林柳波」をwikiで調べると出ています。
「柳波は、野口雨情の弟子、権藤花代の童謡詩『タナバタサマ』が選考に漏れたのを補作して委員会で再議し、採用された。」
この人の好みが笹だっただけで、もし竹が好みだったら
竹の葉サーラサラー
だったのでしょうね。最初にこれを聞いていたら、これはこれで成り立つとは思いますが、「ささ」と「さーらさらー」は「さ」で韻を踏んでいるようで響きがいい気はします。

ま、細かいことはおいといて、今年の七夕は晴れたところが多かったと思います。星を見ながら願い事を書くという風流な行事を楽しめば良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

リンク先のリンク先、とても参考になりました!
なぜ「七夕」と書いて「たなばた」と読むのか?
・・・こちらの方に興味が湧いてしまったくらいです。

http://okazarian.web.fc2.com/07_tanabata.html#1

・・・それによると、「笹竹」をもって祭る・・・となってますが、
「笹」や「竹」で祭ると理解していいんですね?
その時代、どちらで祭るかは もうどうでもよくなってるみたいですし。 (まあ、機織女が翌日流したのはササかも…ですが)

わたしも以前「七夕さま」で調べたら、「権藤花代」と「林柳波」が作詞者となっており、「どういうコト?」と思ってました。
「韻を踏んでいる」感、アリアリですね!

・・・七夕は7月7日にやって、「お盆」は8月ってのは、もう、むちゃくちゃですよね! (もちろん、七夕も今の暦の8月にやる所もあるようで、そちらの方が理にかなってますね。梅雨どきの七夕、ムリです!)

お礼日時:2008/07/08 21:50

suiran2ですが,厳しいことを前回書きましたが,七夕飾りは家の中でならタケに飾ろうが,ササに飾ろうがたいした違いはないと思います。

しかし,知らないで使用するのと,知っていて使用するのでは意味が違うのではないかと思います。

実は,今新盆の盆棚用のタケを探しているのです。前回の新盆の盆棚はササで代用しまして,偉く年配者からおしかりを受けました。「こんな事も知らないのか。」「これでは先祖が浮かばれない。」恥ずかしいことですが,タケを使用しなければならないことを知りませんでした。

家族だけで節句等の行事を行う場合には,何でも良いのではないかと思います。しかし,事が家族以外に及ぶ場合には知っていた方が良いと思います。老人の忠告でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの ご回答、ありがとうございます。

>知らないで使用するのと,知っていて使用するのでは意味が違う

・・・おっしゃる通りです。
知ってるけど仕方ないから、または あえて使う・・・こともありますよね。なにごとにおいても。

お盆の作法もいろいろあるようですね。 私のウチでは、全くナニモ無いのです。墓参りくらいですかね。
でも、その他の祭りの取り決めごとは、もうホントにたくさんあって・・・。 そのあたりは、個人で祭りするワケじゃないので、まわりに従わざるを得ません。

七夕飾りも、実はどちらでもイイ・・・というのが答えのようですね。
家族ウチでも、オオヤケであっても・・・。私がコダワリ過ぎてたようです。

お礼日時:2008/07/09 22:09

日本の野生植物(平凡社)によると、「タケ・ササの仲間は分類学上未解決の問題が多く、属や種の認識もまだ定説に達していない」とあります。


現在、軽く探しただけですが、タケやササの仲間は分子系統解析でもまだきれいに解けていないようです。1994年の論文ですと、例えば上記で出したマダケ属・ササ属・メダケ属だと、ササ属とマダケ属の方が近そうな感じでしたし。この辺の系統関係が解けるのは、まだ先ではないかと思います。(タケ亜科は、栽培の方は進んでいますが分類は後手に回っている印象です。)

>植物学的には「ササ」と「タケ」はわけられてるのに。
>大きくなっても「竹の子」時代の皮が残ってるのが「ササ」らしいです。
形態では、仰るような定義で「ササ類」「タケ類」という分け方もします。ただ、異なる解釈も存在します。個人のWebですが、
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4189/kitot …
によると、文科省では「稈を利用する」のが竹、「葉を利用する」のが笹という定義をしているようです。また、タケの語源は「高い木」、ササの語源が「サラサラと葉が触れ合う音」だそうです。何やら、書いていて混乱してきました…

個人的には、使う人の主観が入ってしまっても良いように思います。
たとえタケ類を使っていたとしても、文科省の定義を使えば稈を利用するわけではないので「笹」と言っても問題ないのではないかと思います。(逆に、物干し竿の場合は稈を使うので、ササ類であっても「竹」というのが文科省定義なのでしょう。)

ちょっと強引な解釈ですが、参考になりましたら。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「定義」に文部省…もとい、文科省のがあったとは!
それによると、「稈」を利用するのが「竹」とされてますが、その「稈」を利用してる「ヤダケ・矢竹」は、植物学的には「竹の子の皮」を残してるため、「笹」とみなされるそうです。
でも、「ヤダケ属」という科に属し、これでまた「ササともタケとも」言えなくなりました・・・。
やはりなんともアイマイな一群ですよね、「竹・笹族」。

文科省の定義なんて、学術的には無視されてるのでは?
「そんなトコまで首突っ込むなよ!文科省!」感あります。

お礼日時:2008/07/08 22:46

「さ~さの葉、サ~ラサラ」これ歌でしょう。

この歌自体が間違っていると何故考えないのでしょう。「タケの葉,サ~ラサラ」これでは歌になりません。それとも奈良時代の文献に「ササ」と記載があるのでしょうか。

七夕祭り自体の発祥は中国ですが,七夕飾りは日本独特のものと思います。日本の節句の飾りには身近なその時期特有の植物が使用されてきました。この時期はタケは筍から葉が広がりタケになります。江戸時代には七夕飾りはタケに行われていたようです。

ササの葉が開きますのは,端午の節句の5月です。笹団子やチマキを作って祝います。団子やチマキを作るように巨大な葉のササで七夕飾りは作れません。節句を祝う植物は当然一回のみです。端午と七夕の節句に同じ植物は使用しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ここでひと言申しておきます。
私の「お礼文」は、何通回答が来て貯まってようとも、まず、一人の回答者様の文を読み、お礼の返事を書き、それから次の回答者様の文を読む・・・というスタイルです。一度全て目を通してから…というやりかたはしません。
そのため、私が、自身の思いをつづった返事をした後、次の回答者様の文が、その前のかたに私が書いた返事とダブったり、チグハグなこととなったりする事がママあります。

すみません、前置き長くて。

suiran2様、同感です。 私も歌のほうに問題あると思います。
間違いとは言い切るチカラありませんが、「語感」や、「笹に対する想い」で「タケの葉」じゃなく、「ササの葉」になったのかと。

>日本の節句の飾りには身近なその時期特有の植物が使用されてきました。

・・・なるほど、気がつきませんでした。

>ササの葉が開きますのは,端午の節句の5月です。笹団子やチマキを作って祝います。団子やチマキを作るように巨大な葉のササで七夕飾りは作れません

・・・私がイメージする「ササ」は、せいぜい10cm程度の葉を付けた、高さ30~50cmほどのアレです。 ササと名が付くものにも、25cmくらいの葉のもの(クマザサとか)があり、そんなので七夕飾りは作らないとは 私も思ってました。風情ありませんから。
なので、ここで言う「ササ飾り」に巨大な葉を付けるものはふさわしくないとはおもいますが、「ササ」は全てチマキや笹団子を作れるほどの大きさの葉をしたものばかり・・・ではないんじゃないかと。

お礼日時:2008/07/08 20:42

ササにも大きくなるものがあります。

たとえば山菜で有名なネマガリタケは数メートルになります。

タケとササの簡単な見分け方は茎を見ればだいたい分かります。
生長した茎に、「タケノコの皮」がいつまでもくっついているのがササ、生長すればはがれ落ちるのがタケです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も、遅まきながら、その後しらべてみました。
やはり「イネ科・ササ属」で「笹」の仲間であっても、デカイヤツは「○○タケ」と名付けられてますね。
昔の人は デカイのは「笹」とは認めなかったのでしょう。 今、植物学的には「ササ属」に入れられてても、当時は「関係ねえ!」と。

なのに、「七夕さま」で歌われてる「笹の葉」、この歌ができた頃、実は「竹(ササ属を含んだ)」を飾ってたのでは?と思い始めました。
日本人は竹よりも笹を尊んだ・・・との説も知りました。
なので「タ~ケの葉ぁ、サーラサラ・・・」ではウマクないので「笹の葉・・・」にしたのかと。

お礼日時:2008/07/08 20:00

こんにちは。



>植物学的には「ササ」と「タケ」はわけられてるのに。

そうなんですか。生物学的には差はないそうですよ。
http://blog.zukan.net/blog/2006/06/26-post_14.php

>「タケ」くらい大きい種類の「ササ」もあるのでしょうか?

「タケのうち、小型で細いものをササと呼びます」とありますので、基本「タケ」で、七夕に使うくらいの手頃な大きさのや小型のタケを「ササ」と呼ぶだけではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そうなんですよ・・・たいした違いはありません。
でも、「マダケ属」「ササ属」と分けられてますよね?

大きくなっても「竹の子」時代の皮が残ってるのが「ササ」らしいです。

なので、「メダケ・雌竹・女竹」とよばれている種(2~5mくらいになるヤツだそうです)も、実は「ササ属」らしいです。

でも、古人は、これを「ササ」と認識してないからこそ、「メダケ」と名付けたのでしょう。
七夕で使う「笹」は、おそらく この「メダケ」では?

「行事」のカテで立てた質問の回答として、「江戸時代に広まった七夕祭りは、ササやタケに短冊を・・・」というのがありました。
童謡「七夕さま」の歌詞に惑わされていたかもしれない私です・・・。

お礼日時:2008/07/08 00:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七夕飾りの由来

友達が困っているので質問させてください。

幼稚園児に七夕飾りを作らせようと思っています。
作る前に由来を話そうと考えたとき。
七夕自体については今までにも話してきたことはあるし,短冊を書くのは「字が上手になるように」だった,とか,スイカやナスの飾りは「豊作祈願」だった,とか分かります。
しかし,その他の「ひし形つなぎ」や「あみ飾り」や「ちょうちん」などの由来は?と聞かれたとき,私も分かりませんでした。
どなたかご存知の方いませんか?

Aベストアンサー

 1年には5つの節句があり、それぞれ節句にはかかわる植物があります。
・1月7日:人日(じんじつ)…七草
・3月3日:上巳(じょうみ)…桃
・5月5日:端午(たんご)…菖蒲
・9月9日:重陽(ちょうよう)…菊
そして7月7日の七夕(しちせき)は竹の節句です。
 この七夕は、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の二星会合の祭りでした。またそれとは別に、裁縫の上達を願うための織女の祭りで、乞巧奠(きこうでん)という儀式がありました。これが二星会合と結びついて、唐代から七夕の日に行われるようになります。
 乞巧奠は日本でも宮中で行われるようになり、竹を立てて山海の幸を供え、五色の糸や布と灯明で飾り、雅楽を奏でて和歌を詠むなど、裁縫や芸事の巧みを乞う奠(まつ)りでした。それが江戸時代に民衆でも行うようになり、歌や願い事を書いた短冊を掛け、飾り糸などで竹を彩りました。

 ちなみに日本では七夕(しちせき)を「たなばた」と訓じるのは、日本古来からある祖霊を迎える祭り、「棚機女(たなばため)」からです。神の嫁となった女性が機織(はたお)りの建物にこもる儀式で、後に盆と結びついて旧暦7月15日に、祖霊が訪れる川や海のそばに竹を立てて、棚に供物を捧げ機を織りました。また旧暦7月7日は盆に入るため、仏や先祖を家に迎えるために身を清める日でもありました。つまり“たなばた(棚機)”は盆行事の一形態です。
 そもそも竹は根が強靱で生長が早く、また空洞になっているのでそこに神霊が宿るとされ、古くから神聖視されていました。このような日本の信仰が、支那の織女や雨の川の伝説、七夕(しちせき)、乞巧奠と結びついて、今のたなばたとなります。

 以上、たなばた(七夕・棚機)の大まかな歴史です。お子さんには難しい話かもしれませんが、上記を踏まえると以下のようになるでしょう。

 竹を立てる…神様やご先祖様が地上に降りる目印。空洞になっている部分に力が宿っている。

 短冊を掛ける・歌を歌う…字が上手になるように。習い事が上達するように。

 ひし形つなぎ・あみ飾り…もともとは布や飾り糸で、裁縫がうまくなるように。

 ちょうちん・野菜…神様やご先祖様へのお供え物。

参考
『荊楚歳時記』東洋文庫(平凡社)
『国史大辞典』「きこうでん」・「たなばた」項(吉川弘文館)

 1年には5つの節句があり、それぞれ節句にはかかわる植物があります。
・1月7日:人日(じんじつ)…七草
・3月3日:上巳(じょうみ)…桃
・5月5日:端午(たんご)…菖蒲
・9月9日:重陽(ちょうよう)…菊
そして7月7日の七夕(しちせき)は竹の節句です。
 この七夕は、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)の二星会合の祭りでした。またそれとは別に、裁縫の上達を願うための織女の祭りで、乞巧奠(きこうでん)という儀式がありました。これが二星会合と結びついて、唐代から七夕の日に...続きを読む

Q七夕に使う笹(大きいもの)はどこで買えますか?

当方、東京在住です。
自治会で、七夕会をやろうと思うのですが、笹はどこに行けば買えるのでしょうか>
できれば、高さが2mから3mはある多きな笹が買いたいのですが。

Aベストアンサー

 仕事柄、七夕の笹を買うんですが(児童館での親子サークルの季節行事)近くの花屋さんで相談して斡旋してもらっています。
 一度当たられると、良いですよ。

Q七夕の笹飾りの短冊について

笹飾りに飾る五色の短冊には願いごとを書きますが、その他にも「七夕」と
か「天の川」とか書いて沢山つるすといいと聞きます。
ネットなどで調べても「七夕」、「天の川」などと書いて飾る、とはありま
すがそれ以外の言葉が分かりません。
「七夕」、「天の川」以外にどんな言葉を書けば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、七夕の歴史から申し上げますと・・・
五色の短冊とは、もともとは中国の陰陽五行説によるもので、
赤・青・黄・白・黒のことでした。
しかし、これらの色を統一する色として紫が置かれ、
最上の色とされました。
その代わり黒がなくなりました。
七夕では最初は五色の糸が飾られましたが、
五色の絹布に代わり、やがてこの風習が庶民に広まり、
五色の短冊を笹飾りにつけるようになりました。
さらに、その短冊に字の上達を願い、
字を書くようになりました。
・・・ということで、本来は「字の上達を願う」行事なので、
そういったことを書くんですね。

七夕の歴史については、下記URL↓をご覧ください。
http://www.tsm.toyama.toyama.jp/curators/aroom/minzoku/77.htm

また、七夕は7月15日を中心とする
盆の行事の始まりの儀式として起こったものであり、
盆というのは、収穫を感謝するとともに
秋の実りを祈って祖先の霊を祭るという意味がありますので、
そういった内容を書くのが、本当なのでしょう。

しかし、最近では、izumi3さんの書かれているような言葉や、
一般的な「好きな願い事」を書くようになってますので、
何でもアリなのでは?
近くの子供たちや知り合いの人に短冊を渡し、
個々に好きな願い事をを書いてもらうってのはどうでしょう?

参考URLでは、仙台七夕まつりの七大飾りの形が見れます。
もし短冊に書く言葉に困ったら、
色々な形の飾りを付けられては如何でしょう?

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Keyaki/6412/tanabata.htm

まず、七夕の歴史から申し上げますと・・・
五色の短冊とは、もともとは中国の陰陽五行説によるもので、
赤・青・黄・白・黒のことでした。
しかし、これらの色を統一する色として紫が置かれ、
最上の色とされました。
その代わり黒がなくなりました。
七夕では最初は五色の糸が飾られましたが、
五色の絹布に代わり、やがてこの風習が庶民に広まり、
五色の短冊を笹飾りにつけるようになりました。
さらに、その短冊に字の上達を願い、
字を書くようになりました。
・・・ということで、本来は「字の...続きを読む

Q父の日のプレゼント、何をあげればいいの?

こんばんは。
タイトル通り父の日に何か贈りたいのですが、
みなさんにアドバイスいただければ…と思っております。

わたしの父は今日の朝 東京へ出張に行ってしまい、
帰ってくるのは4~6日後だそうです。
その間にプレゼントを買いに行きたいなぁと考えています!

今までには、父は煙草を吸うので(本当は健康のためにやめて欲しいのですが)煙草入れやライター、携帯灰皿などの煙草グッズ、財布、甘いものが好きなのでちょっと高めのお菓子、マッサージ券などを贈ったことがあります。

ちなみに、わたしは高校2年生、父は56歳です。
父はスーツではなく作業着でのお仕事が多いです。
お酒、特に焼酎が大好きで、読書などはしません。
(参考になれば…)

ちょっと遅めの父の日なんですが、出張疲れも少し吹っ飛ぶくらい喜んでもらいたいです。
「今年こんなものあげたよ」、「私(お父さんの立場の方)はこんなもの欲しいです」など、色々な方のご意見をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

父の日のプレゼント悩みますよね。
同性へのプレゼントは結構すんなり決められるのですが、私の場合は想像力不足なのかなかなか決められなかったりします。。それでも、街をぶらぶらしていると良いものが見つけられるものです。
今まであげたことのあるものは、
・トランクス(結構安くて種類が豊富)
・ひんやりする枕カバー(この時期にはもってこいです。デパートの寝具売り場にあります)
・甚平、シャツ
 (涼しいと評判でした。シャツは私服の少ない父に。姉妹で割勘して買いました。)
・ビールの泡立ちが細かくなる備前焼のタンブラー
 (岡山に住んでいたときに買いました。焼酎好きなら、グラスなんかもいいですね)
・絵入りの手紙(メッセージ程度ですが、忙しくて買えなかったときに。)
・鼻毛きり
・名刺入れ
・革製のイニシャル入りペンケース
 (ちなみに今年はこれです。今年はなかなか決まらなくてデパートを歩いていたら革細工の催事があって決めました)
等です。

下3つは、日常の中で欲しいとか言っていたのを聞いたりそろそろ新しいのが必要なのでは、などと思って購入したものです。日頃のお父さんの様子を思い浮かべてみるといいアイディアが浮かぶかもしれませんね。そんなに高い物ばかりではありませんが、高い物は姉妹で割勘していました。ご兄弟がいらっしゃるなら2人で出資してもいいですね。何か良い物見つかるといいですね。皆さんのおっしゃるとおり、何をあげても喜ばれると思いますので、楽しんでプレゼント選びをしてくださいね。

父の日のプレゼント悩みますよね。
同性へのプレゼントは結構すんなり決められるのですが、私の場合は想像力不足なのかなかなか決められなかったりします。。それでも、街をぶらぶらしていると良いものが見つけられるものです。
今まであげたことのあるものは、
・トランクス(結構安くて種類が豊富)
・ひんやりする枕カバー(この時期にはもってこいです。デパートの寝具売り場にあります)
・甚平、シャツ
 (涼しいと評判でした。シャツは私服の少ない父に。姉妹で割勘して買いました。)
・ビールの泡立ち...続きを読む

Q七夕の笹飾り

今日は七夕です。
ふと思ったのですが、七夕の笹飾り(短冊がぶら下がった皆さんご存知の例の奴)って固有名詞ありましたっけ?

Aベストアンサー

『笹飾り』でよろしいかと・・・。

参考URL:http://www.liveonce.co.jp/conts/dictionary/column/0107.html

Q笹と竹の違い

この時期、いつも思うのですが、笹と竹ってどう違うのでしょうか?見分ける方法ご存知でしたら、お願いします。

Aベストアンサー

「タケ」はイネ科の植物で、紙パルプ業界では「非木材」として分類されます。そこで「非木材紙関連用語の知識」という書籍に基づいて回答いたします。

(1)地下茎を有し、地下茎から地上棹が散生する温帯性のタケを「竹」と称する。

(2)地下茎がなく、株立ち状になって育ち、地上棹が群がって生える熱帯性のタケを「バンブー」と称する。

上記の竹とバンブーを総称して「タケ」といいます。

さて、ここで漸くご質問への回答です。

>笹と竹ってどう違うのでしょうか?見分ける方法ご存知でしたら、お願いします。>

「タケ」と「笹」の違いを認識するのは外見からも容易で、筍が成長後、皮が棹から脱落するのが「タケ」。棹が腐るまで皮が棹に付着しているのが「笹」です。

Q七夕の笹を長持ちさせる方法

毎年、本物の笹竹(下はカットしたもの)を購入して七夕飾りをしてます。
ただ仕方ない事ですが、しおれるのが早いです。

少しでも長持ちさせる秘訣はないでしょうか?
一応、水に着けてはいるんですが…。
なにか方法があれば教えてください!

Aベストアンサー

全体を水につけて同じく湿らせた新聞紙を上から掛けてみてください。

本当はとってきてすぐがいいんですが、お試し下さい!

Q七夕の笹

七夕には笹に短冊を吊り下げて願い事を書きますよね?
あれを家でやりたいのですが、笹ってどこで手に入るものなのですか?

Aベストアンサー

たぶん、笹ではなくて竹に短冊をつるすんですね、、
竹は竹やぶにありますが、切ると日持ちがしないのでどこかで切ってきたほうがいいですね。 切り口は水につけて。
もしくは、庭つくり用の竹で代用するか、、、
植木屋、園芸コーナーのあるホームセンター 辺りでしょうか?

Qなぜ、七夕で願い事を書くの

なぜ、七夕で願い事を書くの・・そして効果はあるの・・と中2の次男がいっていますが・・

Aベストアンサー

七夕は
 1.中国の牽牛織女の星祭
 2.お盆の準備
 3.農村の収穫祭
が混ざって今の七夕祭りになってるそうです。

 で、願い事の件は「収穫祈願」からの発展かと思われます

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/yhspot/ysc/izumo/tanabata.html

Q七夕のお飾りの始末

七夕の笹飾りは、いつまで飾っておくのでしょう?
 ・片付けるきっかけがありません。
飾り終わったあとは、どう処分するのでしょう?
 ・正月のお飾りみたいに、’どんと焼き’のような始末があるのでしょうか。

 てきとうなタイミングで燃えるゴミに出してしまうのも、躊躇します。 
 ちなみに我が家の窓には、未だに笹飾りが飾られています。 いつまでも飾っていられないので。
 

Aベストアンサー

参考URLの「七夕送り」の部分にはこのように書いてあります。

七夕飾りは七日の夜に軒先から下ろします。もともとは,この七夕飾りは海や川へ流して神様に持ち去ってもらう風習でした。これは「七夕送り」と言いますが,現在では海や川の汚れを防止するため,「七夕送り」の行事を行う地方も少なくなっています。とはいえ,七夕飾りを放っておくわけにはいきません。七日の夜には片づけて,燃やすのが無理な都心部であれば可燃ゴミとしてゴミ回収車などに任せるようにしましょう。
    
という事ですので、もう処分しても良いようですね。
さすがに川へは流せないでしょうから、庭などがあるのでしたら、燃やして処分してみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.suzuto.co.jp/kankon-index/saiji11.htm


人気Q&Aランキング