お世話になります。質問タイトルにあるとおり、cast a bright haloの
解釈がわからずに困っています。

cast=投げかける/投じる
bright halo=明るい/まばゆいばかりの後光

上記を分散すると上記のような意味になるかと思いますが、次のような
文中に使用されています。

【英文】
Liszt’s high praise cast a bright halo over Bosendorfer for the better part of a century.

【日本語訳】
リストの激賞のおかげで、ベーゼンドルファー(のピアノ)はまばゆいばかりの後光を一世紀の半分以上に渡って浴びることができた(?)

ご存知の通り、リストはピアノニスト、ベーゼンドルファーはオーストリアの老舗ピアノメーカーです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

5/20のご質問以来ですね。

だいたい良くできている和訳です。以下の点に注意を要します。

1.Liszt’s high praise:

(1)Liszt’sとhigh praiseの間には、主語+述部の関係があります。

(2)従ってここでは「リストが高く賞賛した」と解釈します。

2.the better part of:

(1)ここは単純に「~の大半を」で結構です。

3.cast a bright halo:

(1)ご質問にあるような「~の後光を浴びる」というニュアンスでいいと思います。

(2)後は訳し方のテクニックになりますが、「後光を浴びる」の訳だとやや比喩的でわかりにくいので、もう少し具体化させた方がいいでしょう。

(3)主語はpraiseという無生物主語になっていますから、ご質問の訳のように、主語を「理由」にして、目的語(Bosendorfer)を主語にした訳はよくできています。

4.以上を踏まえて訳例は
(直訳)「リストが高く評価したおかげで、ベーゼンドルファーの名は、一世紀の大半を、まばゆいばかりの後光で照らされることになった」

(意訳)「リストが高く評価したおかげで、ベーゼンドルファーのピアノは、その名声をほぼ一世紀に渡ってとどろかせることとなった」

ぐらいになります。
ちなみにこの銘柄のグランドピアノを持っている人のお宅でこのピアノを弾かせてもらったことがあります。その時はリストと双璧のショパンを演奏しましたが、鍵盤の軽さと切れのいい音で、通常より上手に聞えるのが不思議でした(笑)。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもわかやすくて丁寧なご回答ありがとうございます。
毎回納得しながら読ませていただいております。
ベーゼンドルファーのグランドピアノは、実は私も高校時代に弾いた経験
があります。しかもショパンというところまで一緒です(笑)。
当時ピアノの先生のご自宅でカワイのグランドピアノを弾いていた私に
とって、ベーゼンドルファーのピアノの鍵盤は非常に軽い印象をうけ
たのと同時に飾り立てていない自然な音が出るピアノ―という印象を
受けました。ヤマハやスタインウェイと比べても違いますね。

お礼日時:2008/07/10 15:20

あまり考えてませんが、「栄光に包まれた」ぐらいでいかがでしょうか。

あとは事実関係を調べた上で適当な意訳をすることになりそうです。
    • good
    • 0

考えたのは「for the better part of a centry」



このピアノメーカーの歴史が100年とすると、最初の約50年間は日の目を見なかった、世間の評判にならなかった、しかし、リストが絶賛したお陰で後半は世間の評価が高まった、、、こんな風に解釈しました。結果として、私の訳は

リストが絶賛したお陰で、ベーゼンドルファーの一世紀に渡る歴史の後半は(やっと)世間の高い評価を受けるに至った。(やっと)は言外に含まれている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答いただきありがとうございます!参考にさせていただきました。

お礼日時:2008/07/10 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qまた英語に関してなのですが教えてください。 "Let's cast a glance at all

また英語に関してなのですが教えてください。 "Let's cast a glance at all those system of communication in which speech plays no part. First and foremost among them, of course, is writing."という文です。
「話し言葉がなんの役割も果たさないコミュニケーションシステムを見てみよう。」一文目は訳せました。
ですが、次の文をどう訳していいのかわかりません。訳をみると、「何よりもまず論じておくべきなのは、もちろん文字によるものである。」となっています。意訳されてるとは思うのですが、どうしたらこのような意味になるのでしょうか?
また、主語はどれになるのでしょうか?

解説をお願いします!

Aベストアンサー

こういうのは和訳を見ずに英語を感じ取ること。
たいてい、M(または C)is S. という倒置です、こういう英語は。

英語では名詞が主語なので、writing しか主語はありません。

first and foremost は the をつければ名詞的に主語になれなくもありませんが、
普通には副詞で among ~にかかります。
「~の間に一番真っ先に」
S がある。

日本語では主語でなくても、「~は」、特に「~には、~では」という表現は使います。
だから、英語と同じように、前から「それらの間に真っ先にあるのは、writing だ」
と訳せば、同じような流れになります。

こういう場所を表す表現は M で、be 動詞は「(~に)ある」とほとんどの日本人が思っていますが、
SVC と変わりません。
S = C だから、入れ替えて C is S としても大きく変わりません。

QStar light, star bright

子守唄などで歌われる、Star light, star bright, star,First atar L wish tonight.のフレーズですが、「きらきらの おほしさま。 こんばん はじめの おほしさま。」と訳すようです。Star light, star brightのStarは名詞の「星」ですが、light, broghtは形容詞ですか? とすると、本来は"Star is ight, star is ight,"のisを略したものと考えてよいでしょうか。文型がどうしても理解できません。よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

英語では名詞に形容詞(句)を掛けるとき、恒久的な性質をあらわすときは前から、一時的な状態を表すときは後ろから掛けます。

1 恒久的な性質
 a good book(良い本)
 very nice people(良い人々)
 a bright star(明るい星 a dark starと対比)

2 一時的な性質
 people present(出席者)
 books sold(売れた本)
 things interesting(興味を引くもの)
 stars bright(今明るく輝いている星)

一般的には、本来の形容詞は恒久的な性質を表し、現在分詞や過去分詞から派生した形容詞は一時的な状態を表すことが多いので、教科書などでは、それが本来の基準のように書かれている場合がありますが、上のように考えると特に省略とみる必要はないと思います。

Qbook a timeの意味を教えてください。 It's a big sky out there a

book a timeの意味を教えてください。
It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the really big scopes all of the time.Especially these days when all the astronomy professionals are booking time at the major observatories for their different projects.の一部です

Aベストアンサー

book a time という言葉は見つかりませんでした。
booking time でしたら、「受付時刻」だと思います。
bookには「予約する」という意味があり、
"book time at something" で "somethingを使う時間を予約する" という感じの意味になる・・・と思います。
"book time"で調べても"booking time"しか出てこなかったので、
不確実な内容ですが、まあ大丈夫でしょう。
一応全文訳してみます。翻訳おかしい点あるかもしれませんが・・・。

It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the really big scopes all of the time.
Especially these days when all the astronomy professionals are booking time at the major observatories for their different projects.

世の中の大きな空は,あなたがどれだけ大きなスコープを使ったとしても見渡すことはできない。
特に近頃は、全ての天文学の専門家達が大規模な観測所を彼らの異なった研究課題のために使う時間を予約している。
(なので、普通の人たちは使えない。)

こういった具合でしょうか?直訳なので文章がおかしいですが。

この文章って、前後にまだありますか?あったら教えて下さい。

book a time という言葉は見つかりませんでした。
booking time でしたら、「受付時刻」だと思います。
bookには「予約する」という意味があり、
"book time at something" で "somethingを使う時間を予約する" という感じの意味になる・・・と思います。
"book time"で調べても"booking time"しか出てこなかったので、
不確実な内容ですが、まあ大丈夫でしょう。
一応全文訳してみます。翻訳おかしい点あるかもしれませんが・・・。

It's a big sky out there and you can't be watching all of it with the rea...続きを読む

Qnot any better than

no better than は「~も同然」、not better thanは「~よりもよくない」と辞書にあるのですが、例えば、
He did not play the piano any better than the guitar.という文の場合、どういう意味になるのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

no better than ~ ~同様けっしてよくない。

質問の文の構文はnot ~ any 比較級 than -- で
~でないのは,--でないのと同じ、というような意味です。つまり前後とも否定の意味になります。

訳は#1の方のおっしゃるとおり、
彼はギター同様、ピアノを弾くのも決してうまくなかった。

これと似た構文でよく言われるのは
A whale is not a fish any more than a horse is.
鯨が魚でないのは、馬が魚でないのとおなじ。
=A whale is no more a fish than a horse is.

QThe Crop cast って・・?

●The Crop cast 02/03 East Europe barley production estimate is 10.57 MMT.
この文に出てくる「The Crop cast」とは、気象を扱う民間の会社「CROPCAST社」のことでしょうか?
(googleで調べてみました)
ということは、
「クロップキャスト社による2002/2003年度大麦の生産予測は10.57百万トンである」
でよいでしょうか?

実はこのレポートは「日本気象協会提供」のものなので、他の会社が出した予測として会社名が書いてあるのでは・・と考えています。
実際、このレポートには「Our initial estimate is..」のような「Our」という表現がよく出てくるのも、そのせいかと想像しています。
この場合の「our」は訳す必要はないのでしょうか?

もしこの質問がお目に止まったら、回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

大麦の生産量(収穫量)予測のことでしょう。
Weather cast, a business cast ⇒Crop cast
『2002/2003年度収穫予測  東欧大麦予測・・・ 』

大麦は秋に蒔いて春に収穫するので年度が跨ります(2002/2003)二年間の予測ではありません。

Ourは予測を立てた会社や協会を指すので「当社、当協会予測」となりますが、読み手がその協会の予測とわかる場合は何度も当協会と訳すこともないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報