イメージとしてはF-15とかF-22のジェットエンジンの代わりに
レシプロエンジンが搭載されていて 排気口の代わりに
プロペラがついているような感じです
ラジコンか何かでそのようなものを見たことがあるのですが
それを実際の戦闘機のサイズで作って飛ばすことはできるのでしょうか
またこれのメリット・デメリットは何でしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実在します。

推進式のエンジン配置となるわけですが(普通のプロペラ機の配置を牽引式という)、そもそもライト・フライヤーからして推進式でしたから。
さて、戦闘機で有名どころでは
日本の試作戦闘機「震電」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%87%E9%9B%BB
サーブJ21http://military.sakura.ne.jp/world/w_saab21.htm

WW1にさかのぼれば
デ・ハビラントDH2 http://hobbyworld.aoshima-bk.co.jp/scripts/hw/se …
というものもあります。

震電は、一応(ぴょんとだけ、ですが)飛びましたしサーブのそれは戦闘にこそ使われませんでしたが、実用化しています。

メリットは
機種に機銃を集中的に配置できる
視界が良くなる
空力特性がよくなる(ことがある)

デメリットは
搭乗員の脱出がとても危険(普通に飛びおりるとペラに叩き切られる)
エンジンの冷却不良になりやすい
離着陸時にペラを地面にぶつけることがある

といったところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても強くて脱出する必要が無かったらいいんですが
思っていたとおり着地が厳しいですね!
ありがとうございました

お礼日時:2008/07/09 16:12

他の方の書いていないメリットをがあります。



プロペラ機とジェット機を同一の気体で作れる。
配管などを別にすれば、エンジンとプロペラを後ろに引き抜き、ジェットエンジンを後ろから入れればそれで終わりです。

上の話は理想論で、実際は空気取り入れ口のサイズなどの問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メリットとして活かすのが難しいかもしれないですね
それならジェットエンジンにしろと言われそうです

お礼日時:2008/07/28 12:21

戦闘機ではありませんが、大物だとコンヴェアB-36ピースメーカーがありますね。

一番成功しプッシャープロペラだとこれかもしれません。

震電やサーブJ21の他に、第二次大戦後期から戦後にかけて、ジェットエンジンの性能が安定して優勢になるまでは、いくつかの構想・試作機が出ています。P-38ライトニングの発展構想の中にもエンテ翼双発プッシャーの構想がありました(後にスカンク・ワークスを率いるケリー・ジョンソンのデザイン)。

西側の例だと

・ノースロップN-9MA/MB(全翼試作機、双発)
・ノースロップXB-35フライング・ウィング(全翼4発爆撃機)
ダグラスXB-42ミックス・マスター(大型爆撃機、二基のエンジンで機体後部の二重反転プロペラを回す)
・ヴァルチイXP-54スーズ・グース(単発双胴)
・カーチスXP-55アセンダー(震電と同じくエンテ翼、格好悪い震電のようなデザイン)
・ノースロップXP-56ブラック・フレット(全翼戦闘機)
・カーチスXP-71(双発プッシャー)
・ハンドレページ・マンクス(無尾翼双発戦闘機)
・ポテズ75(フランスのゲリラ掃討機)
・ドメニエDo29(プロペラを下向きにできるドイツのSTOL試作機)
・ドルニエDo335Aプファイル(串型双発プッシュプル)
・ヘンシェルP75(エンテ翼)

そのほかにリパブリック社のストラトスフィア・ファイター(成層圏戦闘機)構想では、両翼にプッシュプルプロペラを設置しています(エンジンは胴体内に設置して延長軸で駆動)。

また、戦後のスポーツ機にはいくつか例があります。Gyroflug SC01 Speed-Canard(桂文珍の愛機)などですね。あとは、バート・ルータンが何種類か作っています。

プッシャーのメリット・デメリットとして、既に出ているほかに

理屈ではプッシャーの方が運動性が良くなります。これは、翼がプロペラ後流の乱れた空気にさらされず、舵翼の効きが良くなるためとされています。
なお、エンジン大型化に伴い、胴体中央に配置して延長軸でプロペラを駆動するのなら、前(ベルP39エアロコブラが代表例)でも後ろでも手間や冷却効率は変わらないという発想もあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます すごいです
僕が知ってるのはP-38くらいですよ
どれもこれも見たことないような形でかっこいいですね

お礼日時:2008/07/09 16:15

推進式とかプッシャー式と呼ばれる形式の飛行機ですね。

戦闘機も日本の辰電とかいくつか試作はされたようです。

メリット、デメリットなどは以下のサイトが詳しいです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E9%80%B2% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお 推進式というのですか
思っていたより良い部分が多かったです
ありがとうございました

お礼日時:2008/07/09 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qipod nano第六世代 刻印について

こんにちは。
友人にipod nanoの第六世代をプレゼントしようとしていまして、
その際に刻印サービスを利用しようと思っております。

普通でしたら2行入力出来るかと思うのですが、なぜか1行しか表示されないんです。
これは私のパソコンが悪いのでしょうか?
もしくは、ipod nano第六世代が小さいので1行のみしか入力出来ないようになっているのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ipod nanoの第六世代というのが、最新のもののことなら、

アップルのホームページによると

iPod nanoとiPod shuffleは1行以内、1行あたり最大全角13文字または半角30文字以内です

とのことです。
なので、一行しか文字を刻めないようです。

ページの下の方に薄いグレイで、しかも、小さく書いてあるのでわかりづらいですね。

参考URL:http://store.apple.com/jp/browse/home/ipod/editorial/engraving_giftwrap?mco=MTM3NDcxMDk

Q航空機のジェットエンジンに鳥が入るとエンジンが壊れる?

(1)旅客機のジェットエンジン(にタービン?)に鳥が入るとエンジンが壊れると言うのは本当ですか?

(2)航空機のエンジンは複数あり一つ壊れても残りの生きているエンジンで飛べるそうですか、これも本当ですか?

(3)航空自衛隊やアメリカ空軍のジェット機(戦闘機?)でジェットエンジンが一つしかない機種があるそうですが、このジェット機の場合ジェットエンジンに鳥が入るとエンジンが壊れ墜落してしまうと言うのも本当ですか?

Aベストアンサー

>旅客機のジェットエンジン(にタービン?)に鳥が入るとエンジンが壊れると言うのは本当ですか?
あたり具合によりますが壊れることもあります。
タービンファンに当たってそれが折れてエンジン内に巻き込まれたときですね。
このときはエンジンブローします。
鳥のみがタービンファンをすり抜けてエンジン内に入ったらエンジンは壊れないです。ある程度の時間ほんのわずかな出力の低下があるようですが。
ちなみにそのときに「機長のかばん」というほんではキャビン内に香ばしいにおいがするそうです。
エアコンと連動しているからかもしれませんね。

>航空機のエンジンは複数あり一つ壊れても残りの生きているエンジンで飛べるそうですか、これも本当ですか?


本当です。4つの物でも1つ生きていればとりあえず高度を保って緊急着陸することが可能です。

>航空自衛隊やアメリカ空軍のジェット機(戦闘機?)でジェットエンジンが一つしかない機種があるそうですが、このジェット機の場合ジェットエンジンに鳥が入るとエンジンが壊れ墜落してしまうと言うのも本当ですか?

これも本当です。離陸の時などに特に巻き込みやすいですので空港などでは鳥対策をしています。
エンジン1つのばあいはバードアタックされると厳しいですね。

>旅客機のジェットエンジン(にタービン?)に鳥が入るとエンジンが壊れると言うのは本当ですか?
あたり具合によりますが壊れることもあります。
タービンファンに当たってそれが折れてエンジン内に巻き込まれたときですね。
このときはエンジンブローします。
鳥のみがタービンファンをすり抜けてエンジン内に入ったらエンジンは壊れないです。ある程度の時間ほんのわずかな出力の低下があるようですが。
ちなみにそのときに「機長のかばん」というほんではキャビン内に香ばしいにおいがするそうです。
...続きを読む

Q四式戦闘機、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?

四式戦闘機(疾風)、五式戦闘機、紫電改どれが最強だと思いますか?私は急降下速度と20ミリ機銃胴体装備の点で五式だと思うのですが・・・

Aベストアンサー

私の持っている本に、No.3の答えの記載とおなじで、「戦後の米軍の調査で日本の陸海軍戦闘機中で四式戦(疾風)が最優秀と評価された」と書かれています。
五式戦、紫電改の生産機数がそれぞれ約400機に対し、四式戦は約3300機と多く、実戦を経て改良が良くなされている為と思われます。
性能的にはたいした差はないでしょう。

Qプロペラ式飛行機。A400Mと言うプロペラ式の軍用飛行機ですが、民間の

プロペラ式飛行機。A400Mと言うプロペラ式の軍用飛行機ですが、民間の旅客機がほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

プロペラ式飛行機にはどういう利点があるのですか?
A400Mのプロペラの形状は潜水艦のスクリューのような形ですが、どういった長所があるプロペラなのですか?

Aベストアンサー

こんにちは

> ほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

理由は他の方が回答してる通りですが、それに加えて"燃費"。
今のご時世、やれチリだハイチだ、って世界中にモノ運ぶのが現代軍隊
の宿命になってしいまいましたんで、燃費は重要なファクターっす。
でも、こいつ(A400M)に限らず、現在の輸送機ってほとんどが"ターボ
プロップ"エンジンです。で、このターボプロップって実は中身(主要部)
はジェットとたいして差はありません。(^_^;)

> A400Mのプロペラの形状は潜水艦のスクリューのような形ですが、どう
> いった長所があるプロペラなのですか?

少しでも速くなるようにって"祈り"を込めて、じゃなかった(^^ゞ 推進
効率がいい(高速域でも落ちにくい)形状みたいですね。

あと隣同士のペラで回転逆なんですよん!(参考 URLをご覧下さい)
Down-Between-Engines (DBE)とかいうもので、トルク偏向が無くなるのと
ペラ同士の後流が干渉して強い流れとなって、揚力が増すってメリット
があるみたいですね。へぇ~~ですよね。

参考URL:http://www.a400m-countdown.com/index.php?v=2&spage=7

こんにちは

> ほとんどジェットエンジンの時代になぜプロペラ式なんですか?

理由は他の方が回答してる通りですが、それに加えて"燃費"。
今のご時世、やれチリだハイチだ、って世界中にモノ運ぶのが現代軍隊
の宿命になってしいまいましたんで、燃費は重要なファクターっす。
でも、こいつ(A400M)に限らず、現在の輸送機ってほとんどが"ターボ
プロップ"エンジンです。で、このターボプロップって実は中身(主要部)
はジェットとたいして差はありません。(^_^;)

> A400Mのプロペラの形状は潜水...続きを読む

Qソ連の前線戦闘機

ソ連の前線戦闘機

ソ連の戦闘機MiG23についてWiKipediaでは写真下の分類のところに、前線戦闘機、多目的戦闘機、迎撃戦闘機、戦闘爆撃機、練習戦闘機とあります。
前線戦闘機以外はWiKipediaに項目があるのでどういうものかはわかりました。
しかし前線戦闘機は項目がないので詳しい事がわかりません。
WiKipediaのMiG23の解説の中に「前線の制空権を確保するための前線戦闘機」という文があるのですが、これはF15が分類されている制空戦闘機と同じような意味にとれるように思えるのですが、前線戦闘機と制空戦闘機は同じようなものでしょうか?それとも大きな違いがあるのでしょうか?
知ってる方教えて下さい。お願いします。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MiG-23_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%81%E6%92%83%E6%A9%9F

これのソ連を見て

QF-86Aセイバーの最大エンジン出力はどのくらいだったのでしょうか?

F-86Aセイバーの最大エンジン出力はどのくらいだったのでしょうか?それと、F-86Aセイバーのターボジェットエンジンは、エンジンの燃焼室で発生するエネルギーの一部を割いて、コンプレッサーを回していますが、エネルギーの何割を割いてコンプレッサーを回していたのでしょうか?

Aベストアンサー

エンジン
J-47-GE
圧縮比 5:1
推力 2710kg
回転数 7953rpm
軸流12段、タービン1段式。

>エネルギーの何割を割いてコンプレッサーを回していたのでしょうか?
ちゃんと教わってきた。
でもおもいっきし忘れてきたし。^_^;

圧縮機の駆動に必要な軸動力 P
圧縮に必要な動力 PC
機械的摩擦損失動力 Pm(いずれも単位をkw換算)

駆動必要エネルギー(P)=PC+Pm
こんだけ。^^

Q第六世代 iPod

題にもある「iPod 第六世代」いつ頃登場し、どのような機能
を備えていると思いますか。
いま、iPodの購入で悩んでいるので、貴方の考えを聞かせてください。

Aベストアンサー

つい最近第五世代のipodの画面が明るくなりましたね。まぁ画質に関してはこれ以上は向上しないんじゃないかと。
第五世代から追加された動画再生機能ですが、シリーズ初導入ということだろうけども、大変使いにくい。
まず動画を見ていると電池がすぐ無くなってしまう(新品で2時間もたないくらい)。
あと見れる動画の形式が使いにくい。(DivXとかにしてほしい)

おそらくこの辺が改善されてくるのでは?(予想というより第五世代を持っている人の要望に近いですが……w)

Qプロペラのねじれ

プロペラには大抵根元から先端にかけて一様な角度では作られていませんよね?それはどうしてなんでしょうか?推力を増すためということはしっていますが、なぜ推力が増すのでしょうか。回答おねがいします。

Aベストアンサー

 根元と外側では、回転時の移動距離が同一ではないからです。
 プロペラは円運動をするものですので、根元のある1点と、先端の1点とでは移動距離が違います。
 よって、角度がもし一定であれば、同じ1回転でも外側よりも内側の方が推力が減ってしまい、結果としてプロペラ全体の合計推力が落ちてしまうのです。
 そこで、プロペラの内側の迎え角を大きくすることで、外と内とで均一に推力が発生するようにしてあるのです。

 あと、外と内とで推力に違いがあると、プロペラ表面に過負荷がかかるからという構造的な問題も一部あります。

Q現在配備されている世界最強の戦闘機は?

個人的にF14Dが好きですが、やはりF15Eが最強なのでしょうか?
戦闘機マニアの方、ぜひご回答を。

Aベストアンサー

これは難しいですね。
戦闘条件が違うとぜんぜん違いますから。
戦闘条件を指定すれば答えは出ますが・・・

たとえば、ステルス機(F22)だとレーダーに発見されずに先に攻撃しやすいですし、長距離の対空ミサイル戦であればAIM54フェニックスやAIM120を使用できるF14,15、16、18でしょうし、ドッグファイト(お互いの後ろを取り合う)だと運動性能が一番いいロシアのSU27ではないでしょうか?
 爆撃しつつ空中戦ができる戦闘機はF15Eが最強だとは思いますが。

後、個人的にはVF1バ○キリー、Xウイ○グ、Gファイ○ーですかね(笑)

Qプロペラ(ファン)の原理について

ご覧頂きありがとうございます。
早速質問に入らせて頂きます。

まず、環境の説明をさせて頂きますと
密封された箱のようなモノの中で、炎を燃やし、その熱により水を
熱し蒸気を出させて、その蒸気により「ファン」を回転させたい
のです。

そこで、皆様のお力を借りたいのですが、まず一つ目の質問です。

そのプロペラを回すのは、上記でも触れましたように「蒸気」のみ
です。その蒸気は、何かを介して、細い出口みたいなモノを設けて
そこから噴射した方が、勢いが増すと思うので、そのように一応
勢いのある蒸気を噴射するように、工夫は施してありますが
何せ、蒸気ですから、風のように勢いは出ないと思われます。

よって、あてる風(受ける風)が微風でもきちんと回転するように
工夫したいのですが、どのように工夫して良いか、検討がつかず
皆様のお力をお貸し頂きたいです。
・羽の枚数(多い方が良いetc…)
・羽と羽との空間の空け方(広い方が良いetc…)
・傾ける角度(角度がついてる方が良いetc…)
・ねじる角度
など、お教え頂けないでしょうか?

それと、もう一つ質問(質問というよりも疑問・不安)は、
密室の熱せられた空間でも、ファンというものは普通に部屋で
風を受けるように回転しますでしょうか?
いまいち科学的なことがわかっていないので、もしかしたら
気圧の変化などで、回転率が軽減されるのでは?と思い、少し
ご意見いただきたいです。

ありがたくも、ご回答下さる方は、上記をご覧になると
おわかりのように、所謂「理数系」の頭を持ち合わせていないので
どうか、「小学生に教える」お気持ちで、ご回答下さると大変
ありがたいです。

乱文で、理解し辛いとは存じますが、ご存知の参考になりそうな
HPなど、些細なコトでも構いませんので何卒、宜しくお願い致します。

ご覧頂きありがとうございます。
早速質問に入らせて頂きます。

まず、環境の説明をさせて頂きますと
密封された箱のようなモノの中で、炎を燃やし、その熱により水を
熱し蒸気を出させて、その蒸気により「ファン」を回転させたい
のです。

そこで、皆様のお力を借りたいのですが、まず一つ目の質問です。

そのプロペラを回すのは、上記でも触れましたように「蒸気」のみ
です。その蒸気は、何かを介して、細い出口みたいなモノを設けて
そこから噴射した方が、勢いが増すと思うので、そのように...続きを読む

Aベストアンサー

プロペラは一つ一つの翼の揚力によって動いています。
揚力とは翼の下の面と上の面での気圧の差によって生じる力です。
その気圧差は翼断面の上縁と下縁の長さに差異を作る事によって、流速の違いを生じさせ実現します。

まあ、基本的なところはこんな感じだと思います。最後の気圧差ですが、単なる一枚の平板に角度をつける事によっても実現できるようです。角度を変えてみるのは有効だと思います。それを計算する為の式もあるのですが・・・すみません。忘れてしまいました。
一応、Wikipediaで翼についてのページを見つけたので貼っておきます→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BF%BC
この中の『翼形』の項目も併せて見る事で理解の助けになると思います。


で、肝心の設計についてですが、
まず羽根の角度を変える事は有効だと思います。これによって一枚あたりの揚力の増大を図ります。
そして、羽根の枚数ですがあんまり枚数を増やすと羽根と羽根の間隔が狭くなってしまい、揚力において肝心な所である気圧差が薄れてしまう恐れがありますよね。つまり気圧の高い所であるべき翼の下の面と気圧の低い所であるべき翼の上の面が近づくと、結果的に気圧が一緒になってしまうのでは?って事です。流速にも依りますが、あんまり増やさないほうが良いと思います。これは実験してちょうど良い所を探すのが良いと思います。

こんなところでしょうか。とりあえずは実験してみないと分からないと思いますよ。

プロペラは一つ一つの翼の揚力によって動いています。
揚力とは翼の下の面と上の面での気圧の差によって生じる力です。
その気圧差は翼断面の上縁と下縁の長さに差異を作る事によって、流速の違いを生じさせ実現します。

まあ、基本的なところはこんな感じだと思います。最後の気圧差ですが、単なる一枚の平板に角度をつける事によっても実現できるようです。角度を変えてみるのは有効だと思います。それを計算する為の式もあるのですが・・・すみません。忘れてしまいました。
一応、Wikipediaで翼について...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報