イメージとしてはF-15とかF-22のジェットエンジンの代わりに
レシプロエンジンが搭載されていて 排気口の代わりに
プロペラがついているような感じです
ラジコンか何かでそのようなものを見たことがあるのですが
それを実際の戦闘機のサイズで作って飛ばすことはできるのでしょうか
またこれのメリット・デメリットは何でしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

実在します。

推進式のエンジン配置となるわけですが(普通のプロペラ機の配置を牽引式という)、そもそもライト・フライヤーからして推進式でしたから。
さて、戦闘機で有名どころでは
日本の試作戦闘機「震電」http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%87%E9%9B%BB
サーブJ21http://military.sakura.ne.jp/world/w_saab21.htm

WW1にさかのぼれば
デ・ハビラントDH2 http://hobbyworld.aoshima-bk.co.jp/scripts/hw/se …
というものもあります。

震電は、一応(ぴょんとだけ、ですが)飛びましたしサーブのそれは戦闘にこそ使われませんでしたが、実用化しています。

メリットは
機種に機銃を集中的に配置できる
視界が良くなる
空力特性がよくなる(ことがある)

デメリットは
搭乗員の脱出がとても危険(普通に飛びおりるとペラに叩き切られる)
エンジンの冷却不良になりやすい
離着陸時にペラを地面にぶつけることがある

といったところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても強くて脱出する必要が無かったらいいんですが
思っていたとおり着地が厳しいですね!
ありがとうございました

お礼日時:2008/07/09 16:12

他の方の書いていないメリットをがあります。



プロペラ機とジェット機を同一の気体で作れる。
配管などを別にすれば、エンジンとプロペラを後ろに引き抜き、ジェットエンジンを後ろから入れればそれで終わりです。

上の話は理想論で、実際は空気取り入れ口のサイズなどの問題があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

メリットとして活かすのが難しいかもしれないですね
それならジェットエンジンにしろと言われそうです

お礼日時:2008/07/28 12:21

戦闘機ではありませんが、大物だとコンヴェアB-36ピースメーカーがありますね。

一番成功しプッシャープロペラだとこれかもしれません。

震電やサーブJ21の他に、第二次大戦後期から戦後にかけて、ジェットエンジンの性能が安定して優勢になるまでは、いくつかの構想・試作機が出ています。P-38ライトニングの発展構想の中にもエンテ翼双発プッシャーの構想がありました(後にスカンク・ワークスを率いるケリー・ジョンソンのデザイン)。

西側の例だと

・ノースロップN-9MA/MB(全翼試作機、双発)
・ノースロップXB-35フライング・ウィング(全翼4発爆撃機)
ダグラスXB-42ミックス・マスター(大型爆撃機、二基のエンジンで機体後部の二重反転プロペラを回す)
・ヴァルチイXP-54スーズ・グース(単発双胴)
・カーチスXP-55アセンダー(震電と同じくエンテ翼、格好悪い震電のようなデザイン)
・ノースロップXP-56ブラック・フレット(全翼戦闘機)
・カーチスXP-71(双発プッシャー)
・ハンドレページ・マンクス(無尾翼双発戦闘機)
・ポテズ75(フランスのゲリラ掃討機)
・ドメニエDo29(プロペラを下向きにできるドイツのSTOL試作機)
・ドルニエDo335Aプファイル(串型双発プッシュプル)
・ヘンシェルP75(エンテ翼)

そのほかにリパブリック社のストラトスフィア・ファイター(成層圏戦闘機)構想では、両翼にプッシュプルプロペラを設置しています(エンジンは胴体内に設置して延長軸で駆動)。

また、戦後のスポーツ機にはいくつか例があります。Gyroflug SC01 Speed-Canard(桂文珍の愛機)などですね。あとは、バート・ルータンが何種類か作っています。

プッシャーのメリット・デメリットとして、既に出ているほかに

理屈ではプッシャーの方が運動性が良くなります。これは、翼がプロペラ後流の乱れた空気にさらされず、舵翼の効きが良くなるためとされています。
なお、エンジン大型化に伴い、胴体中央に配置して延長軸でプロペラを駆動するのなら、前(ベルP39エアロコブラが代表例)でも後ろでも手間や冷却効率は変わらないという発想もあったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます すごいです
僕が知ってるのはP-38くらいですよ
どれもこれも見たことないような形でかっこいいですね

お礼日時:2008/07/09 16:15

推進式とかプッシャー式と呼ばれる形式の飛行機ですね。

戦闘機も日本の辰電とかいくつか試作はされたようです。

メリット、デメリットなどは以下のサイトが詳しいです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A8%E9%80%B2% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお 推進式というのですか
思っていたより良い部分が多かったです
ありがとうございました

お礼日時:2008/07/09 16:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人類(あるいは他の知的生命体)が滅亡する前にそのような技術レベルに到達する可能性は、ドレイクの方程式

人類(あるいは他の知的生命体)が滅亡する前にそのような技術レベルに到達する可能性は、ドレイクの方程式の値に大きく依存している。ドレイクの方程式は、ある時点で星間通信可能な技術レベルに達している宇宙における知的種族の数を与えるものである。この方程式を解くと、人類以上に進んだ文明が存在するという結果が得られる。実際の宇宙とシミュレートされた宇宙の全ての平均値が 1 以上であれば、そのような文明が歴史上必ず存在するということになり、そのような文明がシミュレーションを行う意志を持っていれば、平均的な文明がシミュレーション内にある可能性は非常に高くなる。

この文での知的種族は他宇宙の生物も入っていますか? この文を見るとシミュレーション仮説は有力に見えるのですがやっぱり有力なのでしょうか?

Aベストアンサー

面白い考えですね。
そう考えたら、地球に住んでるんだから、宇宙からきた宇宙人では絶対にないか?も考えます。
言葉や髪の色、目の色が違うのは、そもそも、同じ地球人では宇宙から来た宇宙人だから違うのかも知れないですね。戦争しないで、みんな仲良くして欲しいですね。子供の時に地球に預けられたら、宇宙から来たことなんて、子供自身の記憶から消えてしまいそうですね。移り住むにはその方法しかないでしょうけど。
滅亡しないために送り込まれた宇宙から来た宇宙人がすでに地球で活動中だとしたら面白いです。

Qジェット機が急角度で上昇していったら、大気圏外に出れますか?

ジェット機が急角度で上昇していったら、大気圏外に出れますか?

Aベストアンサー

よく言われている「ジェット機の何倍もの速度」とは「大気圏脱出速度」のことですが、それは「初速」であって、巡航速度ではありません。

【宇宙速度】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%80%9F%E5%BA%A6
(第二宇宙速度とは、地球の重力を振り切るために必要な、地表における初速度である。)

一瞬でも大気圏外に出れば良いなら、重力以上の上昇力さえ維持し続ければ、到達できます。(現在の科学ではそちらの方が困難ですが)



>ジェット機が急角度で上昇していったら、大気圏外に出れますか?

誤:出れますか
正:出られますか


回答:出られません。

この回答の「ジェット機」の定義ですが、ジェットエンジンを推力に使用して、翼で揚力を得るシステムの航空機としています。


「急角度」の程度が不明ですが、そもそも、ジェット機が高度を上げるのに「急角度」で上昇する必要はありません。
機体の重量以上の【揚力】を発生させられれば、水平方向に飛んでいても、高度は上がっていきます。
また、揚力の性格上、限度を超えた急角度はかえって逆効果です。


しかし、高度が上がる程、空気が薄くなるので「揚力」は減っていきます。
燃料と混合する為の酸素の吸入も困難になります。
なのでジェット機では「大気圏外」には行けないと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=GS0xyLskB5c

よく言われている「ジェット機の何倍もの速度」とは「大気圏脱出速度」のことですが、それは「初速」であって、巡航速度ではありません。

【宇宙速度】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E9%80%9F%E5%BA%A6
(第二宇宙速度とは、地球の重力を振り切るために必要な、地表における初速度である。)

一瞬でも大気圏外に出れば良いなら、重力以上の上昇力さえ維持し続ければ、到達できます。(現在の科学ではそちらの方が困難ですが)



>ジェット機が急角度で上昇していったら、大気圏外に出れ...続きを読む

Q日常生活の中で時計の代わりになる周期的現象はあるか

水時計や砂時計や日時計以外に何かありますか。

Aベストアンサー

砂時計と日時計は別物と考えたほうがいいでしょうね。

砂時計はカウントダウンタイマーとしては使えますが、時刻が分かりません。

タイマーとして使えるものはたくさんあると思います。
蚊取り線香とかロウソク。
インターバルタイマーとして使うならシシオドシ。
巨大なシシオドシを作れば一時間ごとに音を立てるものも作れるでしょうね。
これらのインターバルタイマーを応用すると時刻を表す時計が作れるかもしれません。

自然のもので時刻を表すには日周に依存したものを探す必要があります。
生き物の行動や植物の変化などです。
潮の満ち引きは月の影響も受けるので、時刻を表すには向きません。

Qハヤブサのイオンエンジン

 簡潔に教えて頂けませんでしょうか?
なぜ 飛び続けられるか
 ふしぎです。
識者様!教えてくださいませ。

Aベストアンサー

アメリカの北海道に住んでいて言語が「英語」とプロフィールにある方に、私の日本語で通じるものか不安ですが(笑)
とりあえず、中学生レベルの説明で、イオンエンジンの機能に絞ってやってみます・・・

まず、
1)宇宙空間には空気すらないので、物の移動を止めようとする「抵抗」がほとんどない。
2)地球や月、太陽といった重力源から遠く離れているので、重力による影響もあまり受けない。
この2点がポイントです。
宇宙にあるものは1方向に「飛び続ける」ことができます。そのこと自体にはイオンエンジンは関係ないのです。
イオンエンジンを停止しているときのはやぶさは、ほぼ一定の速さで1方向に移動をし続ける「等速度運動」をしていることになります。ゲームセンターのエアホッケーのパックのようなもの。壁のように「止める物」が無ければ、最初の速さと同じ速さでそのまま同じ方向に同じ速さで動き続けることになるのです。


イオンエンジンは、加速・減速のために使います。
ただし、イオンエンジンは他の化学燃料ロケットとは異なり、「燃料」はありません。何も燃やさないんです。

ハヤブサの場合、キセノンという物質を液化してタンクに入れて「推進剤」として使用していました。
このタンクの栓を開けてガス状のキセノンを少いずつ取り出し、マイクロ波をあてて(電子レンジの原理と同じようなもの)、「プラズマ」と呼ばれる「プラスの電気を持った粒」の状態をつくりだします。

そして、エンジンの吹き出し口側には強くマイナスの電気を帯びさせた「網」を置きます。
プラスの電気を帯びたものはマイナスの電気を帯びたものに引き寄せられる性質があるので、プラズマとなったキセノンは網の方に吸い寄せられ、幾らかは網にぶつかりますが、ほとんどは勢い余って網の隙間を通って外に飛び出すことになります。飛び出す粒子の速さは、なんと1秒間に30kmの速さ。時速にすると約11万km/hですね。
ハヤブサはその反動で噴き出し口とは反対側、つまり「前」に進んでいたのです。
ちなみに電源は太陽電池です。
減速するときは後ろを向いて、つまり噴射口を前に向けます。


他の回答にもあるように、イオンエンジンの出す力は非常に小さなものです。
いかに高速で噴射しようとプラズマのサイズは極小ですから、エネルギー(=重さ×速さ)の値は小さく、短時間でゴー&ストップを繰り返すような用途には向いていません。細く長く使うものなんですね。しかしその「効率」は高く、つまりは推進剤を無駄なく使えます。

「止める物が無い」宇宙空間では小さな力でも前に向かって「加速」することができます。
1秒間に1gのものを1mm動かすのがやっとという小さな力であっても、「止める物」がなければその力は積み重なっていき、速度がどんどん早くなります。

1秒間に1gのものを1mm動かせるだけの力を1kgの重さのものに作用させた場合、初めの1秒間では1/1000mmしか動きません。しかし、次の1秒間では2/1000mm動き、その次の1秒間で3/1000mm動き、4/1000mm、5/1000mm・・・とだんだんと「1秒間に移動する距離」つまり『速度』が早くなっていき、1時間後には1秒間に3.6mm、24時間後には1秒間に86mmの速さになり、そのまま1年間加速を続けたら、時速は1,000km/hを越えます。

そんな感じで、長い時間の運転をすることで最終速度を稼ぐことができるのが、イオンエンジンです。
ハヤブサも1年以上かけて加速を続け、イトカワとランデブーしてまた帰ってきました。


ふう。
これ以上を絵も使わずに説明するのは難しいです。
特にハヤブサの道程は、アニメーションで見ないとイメージしにくい。ハヤブサが動いている間にも、地球もイトカワもそれぞれの軌道で動いてますから、絵にもしにくいのです。

アメリカの北海道に住んでいて言語が「英語」とプロフィールにある方に、私の日本語で通じるものか不安ですが(笑)
とりあえず、中学生レベルの説明で、イオンエンジンの機能に絞ってやってみます・・・

まず、
1)宇宙空間には空気すらないので、物の移動を止めようとする「抵抗」がほとんどない。
2)地球や月、太陽といった重力源から遠く離れているので、重力による影響もあまり受けない。
この2点がポイントです。
宇宙にあるものは1方向に「飛び続ける」ことができます。そのこと自体にはイオンエンジン...続きを読む

Q奇想天外なメカニズムのスターリングエンジン

実用的な動力用でなく、本体がただ回転することが分かればよいのですが、専門的な工具や技術を必要としない、誰でも簡単に作れるものはないでしょうか。

Aベストアンサー

「空き缶 スターリングエンジン」などをキーワードに検索を。
空き缶、ローソク、割りばし、ゴム風船、端材で作れ、中学生の工作レベルです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報