京都きもの友禅はさんは、
入社した際に自分で着物を買ったり、親戚に買わせることは”ない”と言っていますが実際のところはどうなのでしょうか?

内定は頂きましたが、呉服業界の評判が悪いだけにかなり不安で、断ろうか悩んでいます。 少しの情報でも良いので、どなたか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前、勤めてました 確かに買わなくても良いのはずでしたが…


今はしりません。

でも、やはり商品が魅力てきなので、
ついつい購入してしますのが女心です。

とうほうもついついと言いながら…
いつもまにいやら、すご事に、しかし当方の浪費癖なので、
しかたがありません。

自己管理能力しだいだと思います。
    • good
    • 0

 その会社のことは知りませんが、


着物屋に勤めるのに着物を買わないですむわけがないじゃないですか。
最低限のものはそろえなくてはならないはずです。
完全に内勤なんですか?
それにしたって、着物が好きでない人が社内にいることにいい気持ちは持たれないでしょう。
好きなら自然と購入する、別に強制はしませんが、ということだと思います。

 親戚に買わせる、これはノルマの達成ですよね。
親戚に買わせなくてもいいくらいの販売成績を上げればいいだけです。
販売成績が上がらなければ能力がないとみなされ、
いづらくなって退社する羽目になるでしょう。
着物というものは、来店してくれた方の接客だけでそうそう売れるものではありません。
だから親戚、友人関係に声をかけて売りまくるのです。
母は着物好きなので呉服屋に勤め始めたのですが
扱いには慣れているものの、人脈がないので売り上げが上がらず
同僚の方は元幼稚園教諭を生かして教え子に声をかけて販売できたので差がついてしまい
やさしい店主さんに慰留されたもののすぐにやめてしまいました。
まあ普通は、能力がないと判断されれば肩をたたかれるでしょう。
新しく採用すれば、その人が必死になって知り合いに声をかけて売り上げが上がるのですから。
そして売り上げがとまれば、また新しい人を採用する
そういうシステムは呉服業界に限らず存在しているものです。
いとこは「商品に自信があるので無理に売らなくても結構です」という言葉を信じて健康器具の会社に勤めたのですが
勤めて1ヶ月の間に1台も売ることができずくびを言い渡されました。
親戚じゃなくてもいいので売ればいいんですけど、着物を売る自信がありますか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物に詳しい方、着物・小物・帯について教えてください

最近着付け教室に通いだして、色々買ってみたいのですが、知識がないため、わかりません。

まずは、着物を買いたいのですが、小紋という着物を買わなければなりません。

20代前半なのですが、歳相応の着物ってどんな感じでしょうか??

裏地のついているもの、ついていないものがあるみたいで、どちらを買えばいいのか解りません。

先生には、透ける素材のものは、買わないように言われました。

また、身長が162cmなのですが、身丈とか着丈とかの表示がいまいちわかりません。

仕立上がりのものを買う予定です。

帯は、名古屋帯を買います。

あと、合わせて帯上げも買う予定です。

帯締めは、先生にいただいた、薄いオレンジとピンクの中間くらいのくすんだ色のものを持っています。

購入のアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
ですので、着物を買うときには、私は丈よりも
裄の合うものを購入してみます。
(くわしいサイズがわからなくても、実際に羽織れば
長いか短いかはわかります)
丈は、腰のあたりでいったんヒモで結んだ後、
おはしょりを取りますので、腰の部分が重なる分
長さが必要です。
つまり、自分の身長よりも短ければ、腰の部分を
二重に折ると、膝丈のスカートのようになってしまいます。
ですので、通常は自分の身長よりもかなり長いです。
(羽織っただけでは裾をひきずってしまいます)
ただし、人間の体のバランス的に、
裄(手の長さ)が合えば、丈も大抵はあいますし
おはしょり部分は、腰ヒモを止める位置をずらしたり
重なる部分を多く取ったり少なく取ったりすることで
かなり調整できますので、羽織った時に
丈は床に引きずる位のものなら、裄が合えば大丈夫
だと思います。
ちなみにリサイクル着物の場合、昔の人は
今の人よりも手足が短く、また作業がしやすいように
裄を短めに作っていたので
裄が長い着物は(今の162cmの女性なら
かなり裄が長めの着物になると思います)丈も
ものすごく長いです。
身幅も、太っている人用と痩せている人用では
違うのですが、タオルなどで補正しますので
あまりにもだぶだぶでなければそれほど気にされる
必要はないと思います。
ちなみに私の場合は、仕立て上がりのリサイクル着物を
買うときは、裄の長さは見ますが(きちんとしたお店なら、サイズが表示されています。なければ、その場で
測っていただくことも可能です)
丈の長さは床についてひきずっていれば大丈夫だと
思って、みていません。
なので、丈の長さはわからないまま着ていますが
特に問題はありません。
ただし、試着は必ずさせてもらいます。
子供用のものであったり、どこかを切ってしまって
いたりした場合は、(裾の方を切ってバッグなんかを
作ってしまっている場合など)
広げて着てみないとわからないからです。

洋服のように厳密にはサイズを測らなくてもいいのですが
どれくらいあれば調整できる範囲なのかは
基準がないと判断は難しいと思いますので
着付け教室のお友達や先生などで、自分と同じくらいの
体型の方に、着物を借りてみて、羽織ってみたかんじを
覚えておかれれば、よりわかりやすいと思います。
また、仕立て上がりの場合は、お店でヒモを使って
着せてもらえますので、お店の人にサイズを測ってもらって
とりあえずサイズの合うものを着せてもらって
確かめてみることもできます。

参考にしていただけましたら幸いです。

No4でアドバイスさせていただいたものです。

サイズですが、一度は呉服屋さんで、
自分の寸法を測っていただくことが必要です。
(リサイクル着物のコーナーでも寸法は測って
いただけます)
その上で、多少の誤差はあっても大丈夫だと思います。
ご存知の通り、着物は着付けの仕方で修正が可能
だからです。
ですが、丈は何とかなっても、裄(背中心から袖口まで)は調整するとなると、襟の抜き方などで調整
せざるを得ませんので、教室で習うような正しい着付け
からは外れてくると思います。
です...続きを読む

Q★着物 ★   どこで買いますか?

最近着物を着るようになりました。
着付けを習ってどうにか一人で着られるようになってきました。
自分の着物が欲しくなり、B反市などで少しずつ購入してきましたが、ここに来てやはり職人さんが作ったちゃんとした伝統的な着物が欲しくなってきました。
でもどこで買えばいいのか、わかりません。
デパートは高いので東京から遠く京都まで買いに行くという人の話もきいたこともあります。
リサイクルも構わないのですが、身長があるのでサイズ探しだけで大変です。

箪笥の肥やしではなく、気軽に着ていけて、なおかつ目利きに見られても恥ずかしくないような、紬か小紋が欲しいのですが・・・・

私自身が見る目が無いので、どう動いていいのかわかりません。呉服屋さんは、無理に買わされそうで入りにくいですし・・・
予算は2~30万くらいを予定してます。

そんなに急いではおりませんので、どんな風に探したらよいか、アドバイス頂けたら嬉しいです・

Aベストアンサー

こればかりは出会いであり巡り合わせというべきでお気に入りのお店やアドバイザーに早く出会えた人はラッキーという事になります。
お見合いじゃないけど本当に自分の感性に合う店に出会うのは実はなかなか至難の業。
老舗であればいいという事もありません。

でも私個人の経験からの見解を述べさせていただきますとデパートとチェーン店はおすすめできません。
着物というのは買って納品された所からおつき合いが始まります。
その後のお手入れなどの相談に気軽にのってもらえる事が大事な条件。デパートなどはそこの所が弱いです。
また仕立てにも差が出ます。
いい店はいい和裁士さんに恵まれています。
素人さんにはなかなかわからない比較しづらい所ですが着心地や丈夫さに確かな違いが出ます。
腕がいいと料金が高いという事はありません。
どうせなら信頼できる店で信頼できる仕立ての着物を着て頂きたいものです。
この点がチェーン店ですと個人の体型を無視したようなサイズ票から機械的に割り出される数字でしか仕立ててもらえません。
これがとても着づらい物になる原因です。

まずは地元から近い所から地道にリサーチしてご自分のお気に入りの店を見つけられるといいですね。
いい店は何度「見るだけ」を繰り返しても嫌われないものです。
もしそこで嫌な態度をとるような店なら迷わず切り捨て、その店には二度と行かない事です。
そのような店は品揃えもサービスもタカの知れた二流店です。
どうぞ老舗の店にこそ堂々と「ちょっと見せてください」と言って入りましょう。
見たいものを存分に見せてもらって「ありがとうございました。また来ます」と言って躊躇なく何も買わずに帰ります。
これを何度か繰り返し、お気に入りの目星をつけたら次は本番で買いにいきます。
その時は更にじっくりどんな事でも遠慮なく質問して納得の行く買い物をしましょう。

とにかく飛び込みでいきなり買うような事はしないでください。
よほど気に入ったものでもあれば別ですけどね。

こればかりは出会いであり巡り合わせというべきでお気に入りのお店やアドバイザーに早く出会えた人はラッキーという事になります。
お見合いじゃないけど本当に自分の感性に合う店に出会うのは実はなかなか至難の業。
老舗であればいいという事もありません。

でも私個人の経験からの見解を述べさせていただきますとデパートとチェーン店はおすすめできません。
着物というのは買って納品された所からおつき合いが始まります。
その後のお手入れなどの相談に気軽にのってもらえる事が大事な条件。デパート...続きを読む

Qファースト着物に何を買えばいい?

こんにちは。
30代未婚の女性ですが、今年の夏に浴衣で出かける楽しさに目覚め、着付けを習い始めました。
一人で着られるようになったら、初詣に着て行きたいと思っているのですが、最初の着物に何を買えばいいでしょうか?
(小紋?訪問着?など)
結婚して子供がいたりすれば、着物を着る機会も多いのでしょうが、今はせいぜい友達の結婚式か、初詣くらいしか着られる機会がありません。
(振袖は持っていますが、30を過ぎたのでさすがに親に止められました(T_T))
本当は、友達との食事会に気軽に着て行ったり、京都を着物で観光したりしてみたいんですが・・・

Aベストアンサー

ファーストは、フォーマルな場面でもっとも着る頻度の高い訪問着がいいかと思います。
結婚式やパーティー、などは全部訪問着ですね。(お子さんの結婚式などにはまた違ってきて黒留袖になりますが、その他卒業式や入学式などは訪問着です)

欲を言えば式用に訪問着1枚と、普段使いのできる小紋1枚。
両方ともきちんとした呉服屋でそろえるのをお勧めしますが、お金がかかるものですので、訪問着はきちんとした呉服屋で、小紋はリサイクル着物屋などで求めるという方法もあります。普段着は安く&枚数多く欲しいですしね!

また、色無地をおすすめしている方がいたので忠告いたしますが、色無地ははっきりいって使用範囲の狭い着物です。「格式が高く無地だからどの様な場面にも合う・・・」と勘違いされている方が多いのですが、実際は、結婚式には地味ゆえに不適当で、紋付なので普段使いはできないし、たとえ紋無しにして格を下げても普段使いするには面白みがなくまるで女中さんのようになってしまいます。
習い事をされてる方にはぴったりなのですが、何も習い事されていないのでしたら用意しなくていい種類の着物だと思いますよ。

何はともあれ、着物好き仲間が増えたことはとても嬉しいです!
これからどんどん素敵な着物姿を披露して、着物好きを増やしてくださいね。

ファーストは、フォーマルな場面でもっとも着る頻度の高い訪問着がいいかと思います。
結婚式やパーティー、などは全部訪問着ですね。(お子さんの結婚式などにはまた違ってきて黒留袖になりますが、その他卒業式や入学式などは訪問着です)

欲を言えば式用に訪問着1枚と、普段使いのできる小紋1枚。
両方ともきちんとした呉服屋でそろえるのをお勧めしますが、お金がかかるものですので、訪問着はきちんとした呉服屋で、小紋はリサイクル着物屋などで求めるという方法もあります。普段着は安く&枚数多く欲...続きを読む

Q【着物】色無地を買ったのに「小紋」?

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを聞いた私は「え!?色無地じゃないの?」とビックリしてしまいした。
そこでオバ様店員に色々と聞けば良かったのですが、怖くて何も言えず。。

この色無地はわりと地味な色(カラシ色)なので念のため姉からも着物を借りてみようと思い、姉宅に行った際に色無地の端切れを持参して見てもらったのですが、姉も「一瞬小紋かと思った」と言っていました。

この色無地は着付け教室に通っていたときに呉服屋見学に行きその呉服屋で「色無地」として買ったものです。

気になったのでその色無地の端切れに書かれていた「柿本市郎」という名前でネット検索してみたら私が買った色無地とほぼ同じタイプの色無地がありました。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/yumekimono/m-0009.html#

布のアップ写真のように少し明るい色(白っぽい)糸で梅などの花がところどころに入っています。
このサイトでも色無地としてでているので私が買ったものも色無地だと思うのですが、これを小紋と思われる方も多いのかな?と思ったのでこちらで質問させていただきました。

一応姉から借りた付け下げがあるのでそちらを着ていこうか色無地にしようか迷っています。
仮に、この色無地に1つ紋を入れて結婚式などに出席したら小紋を着てきたと思われる可能性もあるのかなと不安なのですが。。

9年前に買った色無地があり一度も着ていなかったのですが、4月に友人の結婚式に出席するにあたり、1つ紋を入れて来て出席しようと思ったので呉服店に色無地を持参しました。
最初若い男性店員に担当してもらっていたら後からオバ様店員が出てきていろいろと男性社員に「紋は聞いたの?」「お値段はお伝えした?」などとかなり手厳しく接していたのを遠巻きに見ていたのですが、男性社員が「色無地なんですけど・・・」と言ったらオバ様店員が「これは小紋よ!」とこれまた手厳しい口調でキッパリ言っていたのを...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。25年ほど和装の道にいる者です。
写真を拝見しました。これは色無地です。
見る人によっては小紋に見えるかも知れません。
でも、いわゆる友禅や型染めによる染め技法でほどこした柄付けではなく、縫い取りという手法で織り込んである柄です。
ですから厳密に言うと「色無地」です。
そのオバ様店員の無知かそそっかしさか、ごきげんでも悪かったのか…とにかく気にすることないです。
色無地としては上等の品ですから紋を入れて上等の袋帯を締めればお友達の結婚式に堂々と着て結構です、
「それ小紋じゃないの?」という人がいたら「色無地なのよ」と教えてあげましょう。
ただし、会場によっては色無地では地味に映ってしまう場合もありますので、披露宴の格やほかの列席者とのバランスがとれるようできるだけリサーチして色無地か付下げか決めてください。

Q着物や帯はどこで買っていますか?

質問です。皆さんは着物や帯はどこで買っていますか?

たとえばデパートや呉服店に並んでいる着物や袋帯が、オークションや
ネットショップで半額以下で売られています。

また、近頃は呉服の展示会などでの販売方法が問題になっており、展示会などで購入する人も少ないと聞きました。

そのような状況の中で呉服を愛する皆様は、着物や袋帯をどこでどのように購入しておられるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
<皆さんは着物や帯はどこで買っていますか?
地元の呉服店さんです。

なんとも単純明快な答えで申し訳ないほどですが、本当に幸運なことに心から惚れ込める店が地元にあったからなんです。
20歳の頃に着物に目覚めまして、着付けを習いながらまずどこで買ったらいいだろう?とウロウロとして、当時の駅ビル内にあった「きもの やまと」から私の着物人生がスタートしました。
まずは応用範囲が広いとされる江戸小紋を買おうと思って行ったのですが
「一枚目なら付け下げ訪問着がおすすめです」と強引。
不本意に思いながらも惹かれる一点に出会ってしまいまして、帯着物長襦袢に小物一式というお得意のセット売りに身を任せました。
OLのお給料で払えるギリギリのローンを組みました。
妥当な買い物であったのかどうか、ずっと考え続けましたが、自分で惚れ込んで清水の舞台から降りる覚悟をした買い物。無駄にはするまいと思いました。
結果10回は友人の結婚式に着まして、最後は娘の七五三に着て着納めとしました。
着物だと毎回同じでも「あらまたおんなじ」と見下げられる事はありません。
少しずつコーディネートを変える工夫もしました。洋服10枚買うよりは安くあがったと思います。

それ以外は今のようにネットオークションなどありませんでしたから、ボロ市で見つけた物を1000円とか2000円とかで手に入れて普段着にしたり、友人の家の箪笥が文字通り宝の山で、「好きなのを持って行って」と言われる事もありましたし、日頃着物なんか着て歩いていると珍しがられて、お婆さんが亡くなったあと整理した着物をくださる方も近所にいました。
でも、ちゃんとした場に着られる着物、欲しいと思う着物を安心して買える、またいろいろな相談に応じてくれる「行きつけ」を作りたいと長年希望していましたが、なかなか見つかりません。
銀座の老舗に行ったこともあります。
老舗と言う割りには予想したよりリーズナブルにすすめてくれて、悪くはなかったのですが、どうもお決まりで無難な商品ラインにイマイチ惹かれなくて、常連にはなりませんでした。

着物というとこう着なければならない的なお仕着せな提案しかしてくれない店が多くて、「こんなものなのかな」とあきらめてもいました。
そうして着物を着始めて15年も経ったころ、着物雑誌に掲載されてる協力店となっている店が地元にある事を知りました。
「へえ、近所だから行ってみるか」とさして期待もせずに行きました。
行ってみて、もう初回から惚れ込みました。
商品センスのよさも、今まで見てきた物は何だったの?!と浅くはない経験値と価値観をガラガラと足元から崩される思い。目からウロコがぼろぼろ!
そしてまたすすめてくれた若い女将さん(同年代)の素敵な着こなしにノックアウトでした。
「こういうのを求めていたのよ!」という店に出会えたのです。灯台元暗しとはこのことです。
こんな事ってあるんだなあ、と半ば冷めかけていた着物への情熱がふつふつと沸き上がってくる思いをしました。
「まあこんなもんかな」という妥協をもうしなくていいんだ!と思いました。

とは言いつつその後の着物ブーム再到来の時代を迎えて、勉強のためにも他の店にも足を運び続けました。
アンティークやリサイクルも見て歩きました。
だけど、やっぱり私にはあの店しかない。商品もそれを売る人のセンスも心意気も丸ごと、惚れ込み続けています。
着物は決してお安くはありません。けれどその行程を理解できている私にはそれでも高いとは思えない。
少しずつ少しずつ揃える楽しみもまた格別です。
何年もかかってワードローブが完成する着物。そんな楽しみは洋服では味わえません。
欲しいと思ったら即、店頭で買い、いいだけ着たら2~3年で飽きる。そんな洋服とはまったく異なるもので、そこが着物文化たる所以です。
必要以上の大枚を出すことなく自分大のいい物を一点一点吟味し揃えて行く、それは真剣勝負。
これによって何より女性として研鑚されて行く自分を感じます。

古い着物には古い物のよさがたしかにあるけれど、私が求めるのは現代に生きる着物なのでアンティーク着物には私の必要な物はほとんど見つかりません。
個性が強すぎて自分が消えてしまうからです。
ブランドバッグを持つとそのロゴマークの印象しか残らないのに似ています。
あ、脱線もほどほどにしますね。

ところで最初に買った「やまと」の着物はきちんと手入れしてとってあります。
娘がお嫁に行く時持たせるためです。十分に娘にも着てもらえる物を選べた若かった自分の目をほめてやりたいと思います。
参考までに私の着物談でした。

こんにちは。
<皆さんは着物や帯はどこで買っていますか?
地元の呉服店さんです。

なんとも単純明快な答えで申し訳ないほどですが、本当に幸運なことに心から惚れ込める店が地元にあったからなんです。
20歳の頃に着物に目覚めまして、着付けを習いながらまずどこで買ったらいいだろう?とウロウロとして、当時の駅ビル内にあった「きもの やまと」から私の着物人生がスタートしました。
まずは応用範囲が広いとされる江戸小紋を買おうと思って行ったのですが
「一枚目なら付け下げ訪問着がおすすめ...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報